縁側 > 家電 > AV・情報家電 > その他オーディオ機器 > オーディオなんでも談話室
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

オーディオねたならデジタルからアナログまで何でもOK。
好きなネタをふってください。
喧嘩も上等ですが、決着が見えなくなったら諦めてください(笑)。
一見、不毛な喧嘩からも気付かされる事はある物です。

今まで縁側の新規作成ボタンが見つからなかったので初立ち上げです(笑)

  • オーディオなんでも談話室の掲示板
  • オーディオなんでも談話室の伝言板
  • オーディオなんでも談話室の投稿画像
オーディオなんでも談話室の掲示板に
オーディオなんでも談話室の掲示板に新規書き込み

おそらく最終形態(Zバージョン)

春日無線のヘッドフォンアンプKA-10SH MK2の改造記録をアップしようと思います。
と、いいつつも雑談コーナーでさんざん書いたので面倒くさい。
結論をサクッと紹介しようと思います。

元々真空管とトランスの味たっぷりの本機をHiFi機にしてプリとしても使おうと邪道な改造を繰り返し、ついには増幅無しのパラレルカソード出力の言わば真空管バッファにしてしまいました。
ノーマルではカソード出力インピーダンス138Ωほどだったのがパラレル化と電流出力の最大化を計ったことにより95Ωまで強化しました。
さらにパーツを高級品だらけとし、電源の平滑コンデンサも大型化、内部配線も出来る限りThermaxのテフロン被覆銀メッキケーブルとしました。

増幅はノーマルのままとし、パーツとケーブルの交換だけでも相当な高音質になると思います。
HiFi指向の球アンプが欲しい人はバッファ化した方がいいです。
それでも球の味はしっかり在ります。

それにしてもRCAジャックからアッテネーターまでの配線をThermax22AWG2芯にしたのも効きましたが、アッテネータから球までのツイストケーブルをThermax22AWG単線にしたのはかなり効きました。
ステレオ感アップで音に透明感がでるし、低音の力強さ躍動感が凄く出てきました。
発振しやすい球ということもあってノーマルではきついツイストケーブルを使用していたと思いますが、単線の方がステレオ感が向上し、発振も有りませんでした。
加えて高い強度のThermaxは振動が少ない為か低域の躍動感を生み出し、高域も打ち消されず伸びるのでしょう。

現在はJJのE88CC−Goldを使っているので高性能な中にもキラキラした透明感のあるガラス質の歪み感を少々感じます。
これは感動物の音質です。

ちなみに数々の改造とトランスの負荷抵抗を2KΩから15KΩ(東京光音RN75E)に変更したこともあってかノーマルでは120Ω以上対応だったハイインピーダンス側出力に24ΩのソニーMDR-Z1000を繋いでも締まった音が聴けます。
また、プリアンプとしても素晴らしい音を聴かせてくれます。

2014/9/22 02:40  [1364-1167]   

続報です。

先日アッテネータから球までのツイストペアケーブルをThermaxに交換したら、交換して1日は低音が出過ぎの状態でしたが、しばらくすると締まって来ました。
やはり24Ωのヘッドフォンでもハイインピーダンス端子で行けますが、誤算だったのは今までツイストペアケーブルで高域が抑えられていたので、ハイインピーダンス側の出力トランスの7kΩというインピーダンスに対して15kの抵抗を入れて無理やりバランスを取っていたのが、ケーブルが正常になったせいで高域が伸びすぎになった事です。
定石通り7kの1.5倍くらいの抵抗を付ければ良いのではないかと思います。
幸い10kのRN75Eも持っているので交換しようと思います。
ついでにローインピーダンス端子を廃止して両方ハイインピーダンス出力とし、片方をヘッドフォン用、もう片方をプリアウト用としたいです。

2014/9/24 12:11  [1364-1177]   

訂正です!(泣)

前回確かに高域が伸びすぎて変な音になっていたのに、今日聴いたら綺麗に低音が出てくる!
私の耳がおかしかったのか!?
しかし人の声が甲高く聴こえるとか耳鳴りがするとか異常はなかった。
セレクターがおかしいのか!?
配線不良か?
東京光音のアッテネーターに繰り返し半田付けを行ったからいかれたか?
解らない・・・。
ただ一つ、先ほど音が出ないと思ったらRastameのD/DコンバータRUDD24のボリュームが通常100のところ5に落ちていた。
PC側でなにかやらかしたか!

システムはシンプルに限りますな。
また、1日調子が悪かったからといってすぐに報告した私が浅はかだったか。

業務用システムだったら大変だなこれ。
遊びで良かった。

結局15KΩで丁度良かったか。
8Ω端子を廃止するかは考え物かも。
改造したお陰で十分ワイドレンジになったし、流石にこちらの方が切れがある。
残りのケーブルもThermaxに換えればさらにワイドレンジになるかも知れないし。
やはり選択肢は多いに越したことないな。

それにしても真空管としては極限まで低歪みなカソフォロのパラレル駆動でも十分に真空管の味があるな。トランスの味もシッカリある。
コンデンサ出力よりいいんじゃないでしょうかね。

これだけ改造して楽しめるのも全ては基盤無しの空中配線で本機が作られていたからで、
本当に良い物を買ったと思います。
またそのうち古い球も味わってみようかな。

DCD-1650SEもようやく実力を発揮してくれたような。
まあ、あれの本懐はSACDプレイヤーとしての物だから新型DACを買ったら元箱備品完備でSACDファンの元に送り出すとしようか。

2014/9/26 00:36  [1364-1180]   

あれからD/Dコンバータの電源ノイズ対策強化や電源クリーナーにファインメットやフェライトコアを仕込むなどノイズ対策を徹底したら8Ω端子でも十分重低音から高音までカバーできるようになって、トーンコントロールは不要、ハイインピーダンス端子はプリ専用になりました。
残りのケーブルをテフロンに張り替える必要性も感じなくなりました。

ノイズ対策をする前は音に曖昧さがあったのでテフロンケーブルにしようかとか前段に昇圧ライントランスを入れようかとか考えていましたが、今ではそのままで最高です。
やはり真空管はジャズやクラシックに良いです。

ここまで春日の音作りを無視してHiFi方向に振ってもやはり真空管の味はちゃんとあります。
コイツとは長く付き合って行けそうです。

2014/10/18 02:23  [1364-1272]   

あれからオーテクのアンプをフェライトコアで強化したら再び本機の音に緩さというか曖昧さを感じてしまったのですが、電源のPL-8Cを強化してPCとD/Dコンバータのノイズ対策をしたら大分改善しました。
トドメに本機の電源ケーブルをミルスペック銀メッキ2芯シールド付き16AWGに換えたら電源ケーブル由来の歪み感が無くなり、低音が引き締まり強く出て、高域はさらに心地よく伸びるようになりました。
最後はRCAケーブルをミルスペック同軸ケーブルを片ch2本使ったケーブルにして最高のステレオ感を得て完成の域に達しました。
片側1本だしケーブルでステレオ感が少ないソニーのMDR-Z1000でもかなりのステレオ感が出て驚きです。

次世代DACを導入したらMDR-Z7を買いたいと思います。
あのヘッドフォンはスマホで聴くとショボイのですが、ソニー推奨のフルセットで聴くとベートーベンの交響曲9番が本物のコンサート張りの驚異の高音質で聴けました。

2014/11/24 23:46  [1364-1314]   


この掲示板の新着スレッド

ページの先頭へ