縁側 > 家電 > AV・情報家電 > その他オーディオ機器 > オーディオなんでも談話室
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

オーディオねたならデジタルからアナログまで何でもOK。
好きなネタをふってください。
喧嘩も上等ですが、決着が見えなくなったら諦めてください(笑)。
一見、不毛な喧嘩からも気付かされる事はある物です。

今まで縁側の新規作成ボタンが見つからなかったので初立ち上げです(笑)

  • オーディオなんでも談話室の掲示板
  • オーディオなんでも談話室の伝言板
  • オーディオなんでも談話室の投稿画像
オーディオなんでも談話室の掲示板に
オーディオなんでも談話室の掲示板に新規書き込み

ついにオーディオテクニカAT-HA21のボリュームを撤去しました!
このアンプの最大の弱点を克服です。
デフォルトのALPSボリュームは貧弱でCDプレイヤーのように出力の大きな機器に繋ぐと
ボリューム最小でも音が聴こえてしまうほどでした。
そこで苦労の末にボリュームを撤去して東京光音のRN65E100KΩを代わりに直列で入れました。
20Ω〜30Ωのヘッドフォンには出力有り過ぎだったのと使いまわしの抵抗でいいやという感じで選択しました。

これにより本機はボリューム無しのパワーアンプになった訳ですが、パッシブアッテネータで調整しやすくなり、音質は前段のプリやパッシブプリ次第で素晴らしい物になりました。

次世代DAC兼ヘッドフォンアンプ導入までコイツで粘ろうと思います。

一番苦労したのはボリュームを外すところです。
半田吸い取り器で吸い取った後に吸い取り線でさらに丁寧に仕上げて、最後は細いラジオペンチを基盤裏面とボリュームの間に突っ込んでてこの原理でボリュームを取り外して、仕上げに裏表から半田ごてと吸い取り器で挟んで半田を除去しました。

基盤を壊さないことが最大のコツというシンプルさ(笑)

2014/9/16 00:24  [1364-1101]   

DACはESS9018基盤キットとか、金田式真空管DACとかどうですか?笑
ESS9018搭載デジタル基盤にアナログを真空管バッファで組むとか。
ヘッドホンならカソフォロ出力に繋ぐだけで使えますし。

2014/9/16 08:04  [1364-1104]   

ふうせんかずらさん今日は。

どうせなら9018にとか思いますよね。
AITLABOのキットとか気になりますが、結構なお値段するんですよ。
ただ、よく考えるとAITの最終出力のS/Nは117dBでU-05と同じなんです。
流石にTHDはAITが0.0003でU05が0.0007なので大分差がありますが。

9018と9016の仕様上の差に前者はMOMOモードがあるけれども9016は無い点が上げられます。
でもU05はSTEREOモードをパラッてMONOモード風にしているようです。
値段と作りを考えるとU05がコスパで上回ると思いますが、弱点はDSD変換機能をソフトウェアに依存している点です。
USBは長くすると性能ががた落ちなので私の部屋だとPC周辺に設置してRCAケーブルを5m以上引かないといけないので萎えます(笑)
Thermaxは安いけどその長さだと結構なお値段になるし、3芯は高いんだよね。

ソニーのHDD搭載DACはPCM1795だし、技術力はあるけど根性が無いから今後の製品は期待できなそうなんだよなー。
ソニーのDSEEっていう高音質化技術とESSの9018が合体すれば最高なんですけどね。
ソニーにそこまでの気概は無いだろうな〜。

あとはヤマハがDAC作らないかな。
ヤマハは洗練されたCDプレイヤーやアンプを作るのにこちらの分野は力が入って無いんですよね。

金田式真空管DACってこんな感じですかね。
http://yanasoft.jp/yana/dc_amp3.html

時間があったらやってみたいけど今は春日魔改真空管バッファで我慢かな。

>ヘッドホンならカソフォロ出力に繋ぐだけで使えますし。
カソフォロ出力も実用上は250Ω以上になるからハイインピーダンスヘッドフォンか出力トランスが必要ですね。
そうでないとフワフワとぼやけた音になってしまいます。

最近うちのシステムも随分向上したからしばらく聴き専になって次世代製品を待とうかな〜とか。

2014/9/16 15:39  [1364-1108]   

本機に直列で入れた100KΩ抵抗、ホントは10K直で20Kパラにするとかして単段アッテネーターを構成すると良かったとは思うけど向上するかな〜。
大差ないかな〜。
抵抗は小さいほど高音質だからな〜。
でもRN65Eだから100Kと10Kでも大差ないかな〜。
ラインレベルだしな〜。

以上Tweetです(笑)

2014/9/16 15:46  [1364-1109]   

金田式真空管DACいいよなぁ
持ってる人いたらちょいと貸しておくれ〜

偏人さん、アッテニュエーションは、やっぱりトランス式の誘惑。笑

以上、Tweetでした。

2014/9/16 15:50  [1364-1110]   

あっ!そちらもお休みでしたか?

トランス式アッテネータ!
諦めてすっかり忘れていたワードです(笑)
抵抗より力があるけどトランス固有の歪み感が付きそうですよね。
結局は好みの問題。

そういえば、ふうせんさんなら管球王国の73号に載ってたみたいな350Bプッシュプルの前段トランス増幅というのも面白いんじゃないですか?
プリ管の交換不要なのはいいけど増圧用のトランス代が高い!

2014/9/16 16:49  [1364-1112]   

えー、入力トランスですか?
自分で移動できないアンプを作るなよ、っていう声もあり。笑
300BPPが頑丈なシャーシと500VA電源トランスと大きなチョークのせいで、もはや自力移動がかなりしんどいのですよね。本当にぎっくり腰しかけるんですよ。大物アンプ作ったあと。
いや、7241プッシュプルとか、しょうことなく考えてるんですけど、我が腰と引き換えかも。。。

2014/9/16 17:03  [1364-1114]   

fig.1 fig.2 fig.3

前回100kΩの抵抗を入れてかなりの改善を見た訳ですが、春日アンプを改造したら再逆転でオーテクがつまらなくなってしまいました。
やはり使いまわしでしかも100kはでか過ぎと思って今回は同じく東京光音のRN65Eの10kΩで単段アッテネータを構成することにしました。

スピーカー自作派の人には解りやすいと思いますが、単純に直列10kの後に並列10kを入れる事で余分なエネルギーを迂回させる訳です。

今回は真空管と同様にアルバム1枚聴いたら電源を切って冷やしてからリスタートという方法で10時間ほど慣らしました。
やはり一度に10時間慣らすより効果的なようです。
最初は心理的要因で10時間連続で慣らすと徐々に慣らしが進むから違いが判らないのかも知れないとも思いましたが、よく考えると10時間聴きっぱなしの人など居ないし間違いなさそうです。

結果的に音量は10k×10kのアッテネータだと100k直列より大分音量が大きいのでパッシブアッテネータで細かい調整ができなくてFoobar2000側で‐5dBほど調整する必要がありました。
音質の方は100kの時より低域と高域が伸びて情報量が増えて力強さも増しました。
バックミュージックが良く聴こえます。
またも春日アンプを逆転しました。

後は春日アンプの残りの配線をThermaxにするくらいだな。
再逆転はあるのか。

注意点を上げておきます。
・基盤の切り欠きに抵抗が飛び出すとケースの出っ張りに当たって収まらなくなる
・抵抗の足が写真に見えるでかいコンデンサを超えるとケースに接触する
・縦の抵抗は本機のバックプレートを下に入れて抵抗を浮かせた状態で半田付けした
・抵抗の足が2本穴に入る部分は穴を精密ヤスリで広げる必要がある

足が基盤に接触しないように立体的に足を曲げないといけないのでセンスが要るかも知れません。
今回もヤスリがけで基盤を壊さないように気をつけないといけないですね。

本機にこれ以上の改造は無意味かも知れませんね。
ノイズカット用の電源トランスを使っているし、アダプターの先にはフェライトコアを二個付けているのでアダプターのノイズもかなり減っているでしょう。

高級機でも載せられない高級アッテネータを使ったことにより高級機に迫る音質になったと思います。

2014/9/29 23:46  [1364-1183]   

そういえば半田付けが難しかったな。
かなり慣れないと厳しいです。
ちょっと汚い半田になってしまった。

2014/9/29 23:48  [1364-1184]   

先ほど10時間ほど慣らしたと書きましたが、カウントしていた訳ではなかったので実際は7時間ほどでしょうか。
Webを見ながら聴いていたのですが、30分ほど前から「ん!?なんかやけに音楽が私の邪魔をする!」といった感覚が。
どうやら抵抗の慣らしが進んで来たみたいで、今までより情報量というかリアルさが物凄くなってきて慣らしの過程で一度失われた透明感が出てきた。
お陰でニュースを見ていたのに音楽に引き戻されてしまった。
ヤバイなこの音は。
この先さらに熟成が進むとどうなるのだろうか。

やはり定番とはいえ2kΩ負荷で歪み率0.00008、600Ω負荷で0.00015(1kHz)を誇るOPA2134だから、入り口で低品質なボリュームで劣化させなければ凄まじい力を発揮するのかも知れない。

それにしてもRN65Eはけっこう足が細いので他の抵抗を付ける人は基盤の穴だけでなく足も削らないといけないかも知れない。

それにしてもRN65Eの威力は大したもので、50年代のジャズや40年代のクラシックも音質改善処理でもしたのかというくらいリアルによみがえっていますね。
ただし、ビンテージファンには全くお勧めできないタイプです。
また、ヘッドフォンやスピーカーにライブの熱気に近いものを再現できるくらいの低音再生能力が無い場合も高音過多になるのでお勧めできません。
それでもトーンコントロールがあればバランスを取れるので大丈夫です。
音質劣化の元凶の一つとも言われるトーンコントロールですが、それがあれば多くの人がオーディオ泥沼にはまらずに済んだでしょう。

それにしてもソニーのヘッドフォンMDR-Z1000はトーンコントロール無しで十分な低音が得られるので大した物です。
スタジオ用だけあって本当にフラットです。
もっともクラシックやジャズのライブみたいな低音は強すぎて耐えられないという人や中高音に焦点を当てて聴きたいという人にはお勧めできません。
そうでないのに低音過多とかブカブカと感じた場合はシステム全体の再考をお勧めします(笑)

2014/9/30 02:21  [1364-1185]   

RN65Eの慣らしが進んできたら、あまりにも音がリアルになり過ぎて主力であるはずのスピーカーの音が安っぽく聴こえるようになってしまいました!
安いアンプとMDR-Z1000の組み合わせでこんな音が出るとは驚きです。
元々ソニーのヘッドフォンにはネガティブな印象があったのですがZ1000によって凄い技術を持っている事を思い知らされました。
昔はソニーのヘッドフォンは耳をつぶされるからそれだけで使い物にならないと思っていました。
会社の同僚にヘッドフォンを頭から否定する人が居て何故か聞いたら「耳が潰されるから」と答えました。「ソニーだ!」と思いました。
Z1000は耳が潰されることは無いです。
ただ、思い返せばノイズキャンセリングイヤホンは電車通勤で本当に役に立ちました。
電車ではどんなブランドよりノイズキャンセリングが付いていることが最優先ではないでしょうか。

長くなりましたがヘッドフォンに抜かれた私のメインシステムでしたが、実は奥の手が引き出しに入っていたのでした。
海神無線で購入したシルバーディップド・マイカコンデンサです。
コイツを3Wayユニットの全てのコンデンサにパラッテやったところ、みごとに再逆転して極めればスピーカーの方が上という事を証明してくれました。

しかし、普通の人はこう素早く対応できないので良いヘッドフォンとアンプを買ってしまうとスピーカーが使い物にならなくなって泣くことになるかも知れません(笑)

2014/10/1 01:58  [1364-1188]   

あれから音が少し落ち着いてさらに綺麗な音になって喜んでいますが、もしMDR-Z7を買ってまたもメインシステムが抜かれたらどう逆転すれば良いか解らないので恐ろしさもあります。
音場だけは抜かれようがありませんが音質が抜かれると寂しいものがあります。

2014/10/2 22:14  [1364-1196]   

そろそろ安定しだしたようですが、やはり高級機並みの音質です。
ちなみにパッシブアッテネータには自作のDale NS-2B使用の物を使っています。
10kΩ×2のアッテネータを構成した場合、24Ωの高能率ヘッドフォンだとボリュームを9時以上には上げられない感じです。32Ωだと10時くらいまで行くかな。
低インピーダンスのヘッドフォンを使う人は並列側の抵抗を5Ωにしても良いと思います。

2014/10/5 20:41  [1364-1210]   

電源ケーブルを2回巻いてフェライトコアを二個付けていたのですが、一つ増やしたところ更に高域が伸びてリアルさが増しました。
大体どこの部分も4個付けても変わらないんですよね。

シンバル等の金属楽器が凄い迫力に。
アニソン歌手のサ行の音がキツクなった。
試しにセリーヌ・ディオンを聴いたところ全然キツクない。
バイオリンもOK!
小じわも見えるほどの解像度という事でしょう。

50年代のアートブレイキーも熱い!

ちなみに低音は3dB〜5dB上げています。
ヘッドフォンがフラットだとするとそれで正しいと思います。

本当はファインメットビーズを付けるとかアナログ電源にするとかすれば良いでしょうが、
こいつでそこまでやらんでもと思います。

2014/10/6 14:27  [1364-1214]   

細かいですが、更に追加情報。

D/DコンバータとPCを繋ぐUSBケーブルに付けていたフェライトコア2個を取り外したら音のキツサが無くなって伸びやかな音になりました。
そういえば何処かのメーカーがUSBやHDMIは高周波を使うから信号がビット落ちする可能性もあるから気をつけろとか書いていたような。

たまに瞬間的に再生が途切れる現象があったのはフェライトコアの悪影響か!?

2014/10/6 16:02  [1364-1215]   

 菊池米さん  

偏人さん
失礼いたします。
フェライトコアに飽きられたらこんなのは如何でしょうか?
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=17608
114/#17781994

USBの別電源化+アイソレータです。
USBのアースラインがきちんと管理できるとちょっと・・面白いですよ。
上記の最後の部分にまとめを書いてますのでご参考までに。

2014/10/7 11:34  [1364-1216]   

菊池米さん今晩は。

面白い情報ありがとうございます!
USBの別電源化は以前自作で挑戦しようと思ったのですが、ろくなプラグが無いしUSB規格に相当する特性インピーダンス90Ωのケーブルが手に入らなかったので諦めた経緯があります。
早速パイオニアのケーブルとUSB充電器を注文しました。

デジタルアイソレータはRUDD24に入っているから今回はいいかな。
菊池米のスレを見てもデジタルアイソレータの製品を発見できなかったのですが、なんと言う製品でしょうか?

2014/10/7 23:55  [1364-1217]   

 菊池米さん  

http://it-densi.ocnk.net/product/150
こちらですね。
USB充電器は安いもので構わないので複数お試しいただくと面白いですよ。
位相が合うもの合わないものコロコロ変わります。
ケーブル自作ではアースラインに私は潤工社のジュンフロン銀メッキ線使って好結果得ました。

2014/10/8 13:19  [1364-1218]   

菊池米さん今晩は。

アイソレーターありがとうございます。
多分RUDD24に入っているのもそんな感じのだと思います。
電子ボリュームも気になります。
海神無線でも良さそうな電子ボリュームが売っていましたが、
アッテネータを作ろうとしても高品質な抵抗が徐々に入手困難になっているし高価
なのでそのうちそっちに行くしかないのかと思っています。

ジュンフロンは良さそうですね。
私はThermaxというブランドのテフロン銀メッキケーブルを紹介されて買ったので
それを使っていますが、単線は使い切ったらジュンフロンにしようと思っています。
テフロンとはフッ素を使ったデュポン社の商標だそうで同じ物です。
RCAケーブルはThermaxの2芯が安いし高品質なのでこれからも使おうと思っています。
以下の22AWGのやつです。
http://www.soundparts.jp/cablewire/tefro
n_shield/tefron_shield.htm

2014/10/9 01:05  [1364-1221]   

あれからD/Dコンバータの電源ノイズ対策強化や電源クリーナーにファインメットやフェライトコアを仕込むなどノイズ対策を徹底し、本機の電源ケーブルにも同様の対策を施したところ、トーンコントロールで低音を増強する必要も無くなり、高音は繊細で美しくなりました。

春日のヘッドフォンアンプをプリにして本機をパワーとすれば真空管とFETのハイブリッドになって好バランスです。

店頭では高級機でもここまでの音は出ないですよ。

2014/10/18 04:05  [1364-1273]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
オーディオなんでも談話室
オーディオなんでも談話室をお気に入り登録
運営者:
偏人さん
設立日:
2013年8月2日
  • 注目度:

    83(お気に入り登録数:10件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ