「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

MRオープン2シーターの世界

風を感じ、エンジン音を背中で聴き、MTを操る

荷物なんて何も積めない

載せるのは男のロマンだけ





  • HONDA S660の掲示板
  • HONDA S660の投稿画像
HONDA S660の掲示板に
HONDA S660の掲示板に新規書き込み

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

なんと横柄なタイトルだろうと思ったかもしれませんが、これは「ローリング・ストーンズを聴け」(中山康樹著)という本のタイトルです。
これからストーンズを聴こうと思っている方には絶好のアルバムガイド本ですからお勧めです。

このスレッドでは、私の持っているストーンズのアルバムを年代順に紹介しながらストーンズについて語っていこうと思います。

2015/9/5 09:16  [1362-3727]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

ストーンズは1962年4月に英国で結成されました。
ビートルズはメジャーデビューする前でしたが、既にリバプールではナンバー1の人気バンドになっていましたから、英国のロック胎動期というような時期だったようです。
レコードデビューは2年後の1964年1月。DECCAからです。

DECCAはビートルズが最初にオーディションを受けて落ちたレコード会社です。のちにビートルズはEMIからデビューして大成功を収めたのでDECCAはその悔しさを晴らすべくストーンズにかけたのかもしれません。

1stアルバムは、1964年4月発売の『ザ・ローリング・ストーンズ』 。
ジャケットには、グループ名もタイトル名も無い非常にシンプルなものです。サイド光を受けた5人の写真はビートルズの「With The Beatles」のジャケットを意識したのかもしれません。

収録曲は殆ど当時のR&Bのカバーですが、オリジナルの「テルミー」は名曲です。

2015/9/5 09:34  [1362-3728]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

2ndアルバムは、1965年1月発売の『ザ・ローリング・ストーンズ No.2』。

このアルバムは、現在ではCD化もされずに廃盤となっています。
私のLPは1960年代に英国で販売されたMONO盤です。これからはレコードでしか聴けないので貴重だと思います。

DECCAは赤いレーベルがMONO、青いレーベルがSTEREOです。
更に、DECCAの文字が四角で囲ってあるものはブロックドデッカと呼ばれて1970年代に販売されたもので、四角の囲いがないものはオープンデッカと呼ばれて1960年代に販売されたものです。

ですから、私の持っているこのLPは60年代のMONO盤ということになります。

2015/9/5 09:46  [1362-3729]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

3rdアルバムは、1965年9月発売の『アウト・オブ・アワ・ヘッズ』。

私がストーンズに興味を持ったのは、学生時代の1983年に公開された『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』というライブ映画を観てからです。
とにかくかっこいい!というのが第一印象でした。
それからシングルカットされたヒット曲だけを聴いていましたが、昨年からアルバムを一つの”作品”として興味を持って、オリジナルレコードを集めるようになったのです。


青ラベルのブロックドデッカですから、70年代に再発されたSTEREO盤です。

2015/9/5 10:05  [1362-3730]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

私は、ビートルズほどストーンズについて詳しくないのでおかしな個所があるかもしれません。

ROMしている方で指摘があればどうぞ遠慮なく書き込みしてくださいね。

2015/9/5 10:32  [1362-3731]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

4作目は、1966年4月発売の『アフターマス』 。

初めて全曲をミックとキースの共作で作ったという記念すべきアルバムです。
1stから3rdアルバムはカバーが殆どで、曲作りに悩んでいたミックとキースはビートルズのレコーディングスタジオを何度も訪れジョンやポールと交友を持ったようです。
そこでレノン=マッカトニーの曲作りの手法に影響を受けたといわれています。

このアルバムはそれまでの3枚とは雰囲気がガラリと換わりストーンズの形が作られたといっていいでしょう。
しかし、私は1stから3rdまでの泥臭いR&Bも非常に好きです。この3枚をレコードで聴くと60年代初期の雰囲気が部屋中に満ち溢れるのです。

私の『アフターマス』 は、残念ながら日本キングレコード盤です。
UKオリジナルが欲しいです。

2015/9/5 10:49  [1362-3732]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

5作目は、1967年1月発売の『ビトウィーン・ザ・バトンズ』。

残念ながら私の持っているものはUK盤ではなくUS盤のロンドンレーベルです。UK盤とは若干曲構成が違います。

初期のストーンズはUKとUSとではアルバムが別構成でした。
UK盤のほうはLPとシングルを別扱いにしてLPの中にはシングル曲は入れていませんでしたが、US盤ではよりファンに受け入れやすくするためにシングル曲も積極的に入れていたようです。そのために同じタイトルのLPでもUS盤は別物になっています。
「ローリング・ストーンズを聴け」の著者中山康樹氏は、UK盤こそストーンズが目指したものだからUK盤でストーンズは聴くべきだと述べています。
これには私も賛成です。

2015/9/5 11:09  [1362-3733]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

6作目は、1967年12月発売の『サタニック・マジェスティーズ』。

問題作
その年の7月に発表されたビートルズのSgtの影響を明らかに受けたと思われるジャケット写真、そして曲。
このアルバムが発表されるや音楽評論家からは悪評の嵐。

最もストーンズらしくない駄作という評価の裏では傑作と評する人もいる。
A面は完全にダメだがB面は悪くはないと思う。次の傑作『ベガーズ・バンケット』に繋がる部分はあると思う。


まぁ、Sgtがいかに当時の音楽界にとってセンセーショナルだったかという証でもある。

2015/9/5 13:24  [1362-3734]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

7作目は、1968年12月発売の『ベガーズ・バンケット』。

このアルバムから1972年の『メイン・ストリートのならず者』までがストーンズの全盛期である。
『ベガーズ・バンケット』はストーンズのアルバムの中で一番好きなアルバムである。『サタニック・マジェスティーズ』で自分たちの曲作りを見失ったストーンズが誰にも真似できないソウルブルース系ロックを確立させたと言っていいでしょう。

A-1の「悪魔を憐れむ歌」、B-1の「ストリート・ファイティング・マン」はとにかく最高である。それに続く曲構成も素晴らしい。
ビートルズのSgtやアビーロードと並ぶ60年代の名盤である。

2015/9/5 13:39  [1362-3735]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

8作目は、1969年12月発売の『レット・イット・ブリード』。

『ベガーズ・バンケット』につづくこちらも傑作である。
タイトルのレット・イット・ブリードはビートルズのLet It Beのパロディとも言われている。また、前作の『ベガーズ・バンケット』のジャケットはビートルズのホワイトアルバムの影響を受けて急遽替えられたと言われている。
やはり、ストーンズはずっとビートルズの背中を追ってきたのであろうか?

2015/9/5 15:00  [1362-3736]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

9作目は、1971年4月発売の『スティッキー・フィンガーズ』。

ストーンズの中で一番有名なジャケット、そして中身も勿論名盤である。
独自のローリングストーンズレーベルを立ち上げての第1作となる。
ビートルズが解散し、名実ともにロック界のトップリーダーとなったストーンズサウンドの完成形と言ってもいいのではなかろうか。

2015/9/5 15:12  [1362-3737]   

undercover of the night

kyonki師匠、お晩です♪

ストーンズ・・・ツレがファンでした。先輩から「この曲を聴け」と強要されたのがこの曲です。


https://www.youtube.com/watch?v=nrIPxlFz
Di0


「自主的に」よく聴いてた曲のをアップ&リンクしときますね。


https://www.youtube.com/watch?v=pP1UbJ2i
KLw





ps.スレ汚しでしたら遠慮なく削除して下さいね。


2015/9/6 22:34  [1362-3746]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

電弱者さん

いらっしゃい
サティスファクションは間違いなく名曲ですね。
むか〜し(笑)、セリカのCMに使われてとてもかっこいい曲だなと思ったことがありました。

アンダーカバーは私的にはかなり新しいアルバムという位置づけです。
ストーンズは60年代〜70年代前半がいいですよ。

2015/9/7 08:59  [1362-3747]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

「ローリング・ストーンズを聴け」の後半は、『メインストリートのならず者』から『刺青の男』までです。

時間が出来次第やりますので、しばらくお待ちを

2015/9/8 09:04  [1362-3757]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

こんにちは、日にちが開きましたが続けます。

しかし、ここから先のストーンズはよく知りません。
私の中でのストーンズは、スティッキーフィンガーズがピークと思っていますので。

2015/9/19 08:53  [1362-3801]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

『メイン・ストリートのならず者』 1972年5月発売

2枚組、フランス南部の別荘を購入してメンバーがどんちゃん騒ぎをしながら作ったとか(間違っていたrごめんなさい)。
このアルバムをストーンズのベストアルバムと評する人も多い。私的にはイマイチよく分からないが。

私のLPは1990年代の再発盤です。

2015/9/19 08:59  [1362-3802]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

『山羊の頭のスープ』 1973年8月発売

前作メインストリートまでがストーンズの全盛時代でこのアルバムからは低迷期に入ると言われている。

確かにそれまでと曲調がかなり換わる。
大人のムードポップスのような感じ(?)

しかし、こんなストーンズも悪くはないと思う。夜中に静かに聴く時はかなり良い。
激しいロックばかりだと飽きるのでこういう曲もいいのではないかとう思う。これも私が歳をとった証拠かな(笑)

2015/9/19 09:05  [1362-3803]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

『イッツ・オンリー・ロックン・ロール』 1974年10月発売

取り立ててコメントするアルバムでもない。
タイトルから激しいロックを想像するが、中身はそうでもない。

2015/9/19 10:05  [1362-3806]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

『ブラック・アンド・ブルー』1976年4月発売

聴きやすいロックナンバーが並ぶがそれ以上の感動はない。

2015/9/19 10:09  [1362-3807]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

『女たち』1978年6月発売

70年代後半になるとディスコサウンドやヒップホップなど新たな音楽が台頭してきた。
その中でのストーンズのアルバム、賛否両論はあったようだが私は悪くない思っている。

2015/9/19 10:23  [1362-3808]   

スレ主&運営者 kyonkiさん  kyonkiの縁側掲示板HONDA S660

『刺青の男』 1981年8月発売

以前に録音した曲が数曲あるらしいが傑作だと思う。
A面の1曲目はスタートミーアップ。
当時、ライブのオープニングで必ず使われていた曲だ。

他にもストーンズらしいノリの良い曲が並ぶ。
生きの良いステージ上のメンバーの姿が目に浮かぶようだ。

2015/9/19 10:29  [1362-3809]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
HONDA S660
HONDA S660をお気に入り登録
運営者:
kyonkiさん
設立日:
2013年7月29日
  • 注目度:

    35(お気に入り登録数:24件)

ページの先頭へ