縁側 > 家電 > AV・情報家電 > プリメインアンプ > 気ままにオーディオを♪
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

メインSPはB&W・800系D3シリーズから、設置のしやすい804D3を使用。
クオリティの高いニュートラルな質感で、アンプ、プレーヤーの持ち味をストレートに引き出しています。

アンプはマーク・レヴィンソンのNo380SL&No332Lから、アキュフエーズのE-650に変更。
804D3との音質的なマッチングもありますが、このスピーカーにはプリメインアンプが似合います。

CDプレーヤーはVRDSメカが特徴的なエソテリックのK-03X。
情報量の多さと、飾り気のないナチュラルな音質は、ジャンルを問わず安定感のある音が楽しめます。

ネットプレーヤーはマランツのNA-11S1とパイオニアのN-70AEを使用。
再生のメインは、CDプレーヤーからNetプレーヤーへ移ってきました。
NA-11S1はTI/DSD1792A、N-70AEはESS/ES9016S、
CDPのK-03Xは旭化成/AK4495Sと、それぞれのDACの違いを楽しんでいます。


  • 気ままにオーディオを♪の掲示板
  • 気ままにオーディオを♪の伝言板
  • 気ままにオーディオを♪の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

ソニーのHAP-Z1ESが、アップデートでメディアサーバー機能とUSBデジタル出力が可能になりました。
Z1ESのオーディオ設定は、USBデジタル出力をAUTO、DSD/DoPはONです。

ネットプレーヤーはマランツのNA-11S1を使用しています。
LAN接続では付属のリモコンとマランツのアプリで操作が出来ます。
早速、使用中のNAS、RockDiskNext/3TB(I-O・DATA)をZ1ESに置き換えました。
NASのRockDiskNextは、低価格モデルながら評価を得ている製品で、今まで特に不満を感じる事もありませんでした。

しかし、RockDiskNextからZ1ESに繋ぎ換えたNA-11S1は、今までの音質を超えて来ました。
極端に言えば、プレーヤーがワンランクが上がった雰囲気です。
RockDiskNextは軽快感はありましたが、Z1ESは音に余裕が感じられます。
立体感と深みが増し、BGM的に聴いていた音楽にも、耳を傾けさせてくれました。



2016/11/6 00:17  [1345-64]   

購入当初から、Z1ESにデジタル出力が欲しいと思っていましたが、アップデートと言う思わぬ形で望みが叶いました。

USB端子(Z1ES)は、エソテリックのK-03X(USB・DACとして)に繋ぎましたが、ハイレゾ(DSDを含む)の再生は注意が必要です。
ノーマル(44.1KHz)再生は問題ありませんが、ハイレゾに切り替えるとノイズが発生します。
対処方法として、ノーマル再生の後、直ぐにハイレゾ再生に切り替えず、一旦再生を止めてからハイレゾ再生を行うとノイズの発生が無くなります。
(K-03Xの再生はソニー・アプリ)

K-03X単体の軽やかで密度感のある音と、穏やかで厚みのあるUSB(Z1ES使用)の音・・・
同じDACを使っているのに、音の違いは大きいですね。



2016/11/6 00:42  [1345-65]   


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
気ままにオーディオを♪
気ままにオーディオを♪をお気に入り登録
運営者:
ごんちゃんだよさん
設立日:
2013年6月23日
  • 注目度:

    204(お気に入り登録数:4件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ