縁側 > 家電 > AV・情報家電 > プリメインアンプ > 気ままにオーディオを♪
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

メインSPはB&W・800系D3シリーズから、設置のしやすい804D3を使用。
クオリティの高いニュートラルな質感で、アンプ、プレーヤーの持ち味をストレートに引き出しています。

アンプはマーク・レヴィンソンのNo380SL&No332Lから、アキュフエーズのE-650に変更。
804D3との音質的なマッチングもありますが、このスピーカーにはプリメインアンプが似合います。

CDプレーヤーはVRDSメカが特徴的なエソテリックのK-03X。
情報量の多さと、飾り気のないナチュラルな音質は、ジャンルを問わず安定感のある音が楽しめます。

ネットプレーヤーはマランツのNA-11S1とパイオニアのN-70AEを使用。
再生のメインは、CDプレーヤーからNetプレーヤーへ移ってきました。
NA-11S1はTI/DSD1792A、N-70AEはESS/ES9016S、
CDPのK-03Xは旭化成/AK4495Sと、それぞれのDACの違いを楽しんでいます。


  • 気ままにオーディオを♪の掲示板
  • 気ままにオーディオを♪の伝言板
  • 気ままにオーディオを♪の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


Bowers & Wilkins > 804 Diamond [ピアノ・ブラック・グロス]


804SD(800シリーズ)の生産が完了した様です。

使い始めて2ヶ月。(オーダーしてから2ヶ月待ちました)
ある程度の予測はしていましたが・・・・^_^;

今は、804SDのエージングが進み、伸びやかな音に満足しています。
クリアで解像度も高いのですが、硬質感はなく、ミュージカリティも備えています。


2015/05

2016/1/4 23:09  [1345-43]   

804 Diamond [ピアノ・ブラック・グロス]

804 Diamond [ピアノ・ブラック・グロス]

2016/1/9 17:29  [1345-44]   



ESOTERIC > ESOTERIC K-03X

使い始めて2ヶ月、音も少しづつ落ち着いてきたのでレポートしてみました。

K-03Xは、アップコンバートとデジタルフィルターの組み合わせで、音の変化は楽しめますが基本的な音色はそのままです。
低域から中高域の質感と密度は高く、高域は少し細身に感じる部分はあるものの刺激感はありません。
好みは、もう少しふくよかさと色気は欲しくなりますが、ナチュラルな音がエソテリックの身上なのでしょう。

今迄は、マランツのDAC・Projet-D1(鈴木哲サウンド)をリファレンスにして、トランスポートはデノンのDCD-SA1(もしくはDVD-A1UD)を使用していました。
K-03Xの音質は、Projet-D1とほぼ同じぐらいのグレードの様に思います。
マランツとエソテリックとの音色の違いは大きいのですが、Projet-D1を外し、K-03Xのみを使用する事にしました。

K-03Xのデフォルト設定は、アップコンバートはORG(オリジナル)、デジタルフィルターはOFFです。
他のレビュー等も上記で設定しているケースは多い様です。華やかさは感じられませんが曲によっては悪くない設定です。
アップコンバートを調整してみると、ORGや2Fsは実体感が出しやすく、4Fs・8Fsは高域の伸びは良くなりますが実体感が薄れがちになります。
アップコンバートは、2Fsもしくは4Fsが実体感と広がりのバランスが取れている様に思います。

デジタルフィルターは、SDLY1だとクリアで力強さもありますが、曲によってはもう少し柔らかさも欲しくなります。
クラシック等を聴く時は、デジタルフィルターをFIR2にすると柔らかく聴き心地が良いです。
ただ、日増しに音が変化しているので、数か月後には設定を変えている可能性もあります。

・・・DSDは、音楽をじっくり聴こうとすると物足りないのですが、最近少しづつですが良くなってきています。
DSDのデジタルフィルターはOn・Offが可能です。Offで音量は小さくなりますが、SACDは本来の良さが感じられます。
PCオーディオのDSD再生では、デジタルフィルターをOnにする方がDSDらしい感じがして好みです。

音の仕上がりは、まだ納得できるレベルにはなっていません。


2015/07



2016/1/4 22:58  [1345-40]   

K-03Xの購入は、メインのCDプレーヤーとしてはおよそ10年ぶりです。
前機種と比べると、音質の向上は緩やかですが、ソフトの情報をよりストレートに引き出す傾向の様に感じます。

K-03Xを使って思ったのは、PCオーディオが予想を超えて良かった事です。
デジタル機器は新しい物ほど利便性が良いですね。
最後のCDプレーヤーのつもりでVRDSのメカに拘って選んだ機種でしたが、皮肉にもPCを使ってK-03XのDACで聴く事が多くなりました。
CDとPCを比較すると、VRDSの良さを改めて実感しますが、PC(USB)もなかなか健闘しています。

K-03Xで不満に思うのは、オンマイクの音でも平坦というか・・少し引っ込んだ感じがもどかしいです。
Jazzやヴォーカルを聴く事が多いので尚更です。


2015/07




2016/1/4 23:01  [1345-41]   

電源ケーブルで音質の調整をしました。

電源ケーブルはMIT・キンバー・キャメロット・PADで試してみました。
それぞれの特徴は出ていましたが、ヴォーカルの引っ込んだ感じに大差はありませんでした。
・・・以前、ワイヤーワールドのエレクトラは音場が後方に広がるので使っていなかったのを思い出しました。
PSE前の古い製品ですが、密度感があり、分厚くダイナミックで、若干のゆったり感が持ち味です。

期待もしていなかったのですが、予想外の好印象で・・・オーディオは試してみないと分からないですね。
こじんまりとしていたヴォーカルに厚みと立体感が増し、音場も深く、ピアノ・弦楽器等は音色が美しいです。

電源ケーブル交換後は、DSDモードで聴いている時間が増えました。
何気に聴いていた家内が・・・・・“音がしっとりして良くなったね”・・・・・と!(^^)!。

音の仕上がりは87%ぐらい・・・
音は、まだ良くなりそうです。


2015/07


2016/1/4 23:02  [1345-42]   

ESOTERIC K-03X

ESOTERIC K-03X

2016/1/10 23:10  [1345-45]   

アップサンプリングのDSDは、微妙に思う様になりました。
ソニーのZ1ESでDSDの良さに魅かれ、エソでもDSDで聴いていましたが、中途半端な感は否めません。

最近、CDは4FsもしくはORGで聴く事が多いです。
特に古いジャズはORGが良いです。
PC(USB)は384KHzより192KHzの方が安定して好みです。

デジタルフィルタ―はSDLY2を主に使っていますが、曲や気分によってFiR2が良い時も多いです。
特にクラシックはFIR2に切り替えています。
・・・DSDのフィルタ―はONです。

ヴォーカルはSDLY2が良いのですが、定位感が少しボケる気がします。
アップサンプリングを変更すると、デジタルフィルタ―も変更した方が良いケースも多く・・
日替わりとは言いませんが、月替わりぐらいで変わっています。


2016/2/14 22:48  [1345-49]   

ワイヤーワールドのエクリプスから10数年ぶりに、NVSのライン(XLR)ケーブル・FDに入れ替えました。
ワイヤーワールドは長く私のお気に入りでしたが、エソテリックのCDプレーヤーとB&Wのスピーカーになってから上滑りをしている様な感じで、しっくりとしなくなりました。
今回は、CD〜プリ〜パワー用に2組を購入。

FDは、新しいFD-Sに変わっていますが、旧タイプが特価だったのでFD(1.5m×2本)にしました。
NVSのケーブルは合金パウダー入りで重いと聞いていましたが、手に持ってみるとFDは思ったより軽いので一安心です。
ちなみに、オルトフォンの初期のリファレンス8NX(XLR・1m)とほぼ同じぐらいでした。

NVSではFDはエントリー製品ですが、レンジは広く情報量も多く感じられます。
躍動感があってニュートラル、中域は結構厚みもあり、ヴォーカルの生々しさが良いです。
エソテリックの少し淡白な部分を補っている様に思います。

FD-Sについて輸入元に問い合わせましたが、FDと比較するとFD-Sはクリアーで音の消え際が見えやすく、音楽性も更に良くなったそうで、FDは少しマイルドとの事です。
私的に、FDでもこれだけ良好だと、FD-Sにしておけば良かったと少し後悔もあります。
輸入元では、FDでNVSの良さを分かってから上級製品を買って頂く為に、FDを特価にしたそうですが、まんまと思惑に嵌まってしまいそうです。
・・・それでも今はFDで満足です。


2016/2/14 22:53  [1345-51]   



ESOTERIC > ESOTERIC K-03X


到着したK-03Xの外箱は大きいです。
SPを除くと、自宅にある1番大きな箱は、レヴィンソンのパワーアンプ・・・その次に大きい。
早速取りだして繋いでみましたが、端子の位置が少しユニーク、RCAとXLRがセットでシンメトリーの配置です。

ラックにセットされたK-03Xを眺めていると・・・存在感があります。

最初から良い音が出るはずがない、と思いながら聴いてみましたが、やはりあまり良くないです。
ヴォーカルが下に定位して、演奏に埋もれる感じです。
音に華やかさが無く、失敗したかもしれないと少し不安ですが、暫らくは我慢の日なのかも知れません。

PCからの音も聴いてみましたが、CDと違って初っ端から、わりと良い音がしています。
特に音源がハイレゾだと、いきなり生々しい音で、DACの良さを少し垣間見た感じです。

アップサンプリングやデジタルフィルター等、調整出来る部分が多くあります。
調整項目は一通り試しましたが、音の違いは分かってもどれが良いのか・・・。
ひとまず、アップコンバートはDSD、フィルターはoffで使ってみようと思います。


2015/05

2016/1/4 22:44  [1345-36]   

K-03系は、メカの音が大きいと思っていましたが、K-03Xは気にならないです。

セッテイングは、ラック(ADK)にタオックのオーディオボードを敷いています。
ラックとオーディオボードの間には、ジェル(振動吸収)+インシュレーター(黄銅)を挟んで、K-03Xからの振動をカットしています。
他のプレーヤーでも同様にセッテイングしていますが、音が芳醇でクリア気味になる様に思います。

・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・

毎日、音楽を掛けているので、音は良くなって来ていますが、音楽がさほど楽しく聴こえません。
クラシックを聴いている方が多くなりました。

Jazzを楽しめる様な音が聴きたくなります。

・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・

低音から高音まで、バランスも整ってきました。
エージングも進んだと思い、ソニーのHAP−Z1ESと比べてみました。
K-03Xは、厚みがあって低域も良く出ていますが、音楽性はソニーが勝っている様です。

気を取り直して・・・バランスケーブルは、Z1ESと同じW.Wのエクリプスに固定です。

電源ケーブルは、余っていたMITのショットガンとキャメロットを試してみました。
・・・このプレーヤー、電源ケーブルに結構反応します。
MITでは、少しおっとりした音から洗練された音に変わりますが、やや音が硬く感じます。
キャメロットは厚みがあり、音楽性も若干出てきた様で、電源ケーブルは暫らくこれに固定します。


2015/05

2016/1/4 22:46  [1345-37]   

K-03Xは、アップコンバートとデジタルフィルターの設定が出来ます。
設定項目が多いので、FIR・デジタルフィルター2(スローロールオフ)に固定して、アップコンバートを試してみました。


ORG(オリジナル)
音が全体に太く、力強い。
ヴォーカルも前に出て、生き生きしている半面、繊細感が無い。
昔ながらの音の感じで、古い音源のJazzとは合いそうです。

2Fs
ORGに比べ、少し線が細く、ヴォーカルも細めになるが、繊細感が出て切れも悪くない。
太さと繊細感のバランスが良い。
後で4fsを聴くと、少し中途半端なイメージもあるが、曲によっては2Fsの方が良い。

4Fs
2Fsに比べ、更に繊細で、ヴォーカルも浮かび上がり、伸びやか。
一瞬、ハッとする生々しさがある。

8Fs
ヴォーカルがしなやか。
爽やかだが、BGM的に音楽が流れて行く。
実体感がやや希薄で、力感に乏しい。

DSD(フィルターoff)
滑らかで実体感もそこそこあるが、音はもう少し前に出て来て欲しい。
・・・メリハリに欠けますが、たまに聴きたくなる様な音です。


4Fsが使いやすい様に思いましたが、曲によっては2Fsが良いと思う時もあり、ほぼ同等という感じです。
ORGのシンプルな音は捨てがたい魅力もあって、Jazzには活用出来ます。
DSDは、他とは違った雰囲気なので、気分転換には良いですね。


※デジタルフィルターも5種類程あるので、近いうちに試したいと思います。


2015/05

2016/1/4 22:47  [1345-38]   

PCを使ったネットラジオは途切れますね。
よく聴いているからかもしれませんが、LINN(Jazz&Classic)は特に途切れやすい気がします。
・・・ただ、どういうわけか、そういう物だと思っているので、あまり気になりません。


PCオーディオですが・・・エレコムのUSBケーブルを、サエクのUSBケーブルに交換してみました。

エレコムは量販店で@1,000以下で市販されている一般的なケーブルです。
サエクはPC Tripie Cの導体を使ったSUS−380です。
比べてみましたが、違いがよく分かりませんでした。
(もっと高価なUSBケーブルを使えば違いがあるかもしれませんが・・)

日を改めて再度比較試聴をしたいと思います。


K−03Xの音は、順調に仕上がってきましたが、少し単調です。
音楽性の面で、どれだけ伸び白が残っているのか期待しています。


2015/06

2016/1/4 22:50  [1345-39]   



イクリプス > TD316SWMK2 [単品]


ヤマハ/SW800の後継機にCW250Aを購入しましたが、思う様な量感が得られず物足りなさが残ります。
低域の質感は良好ですが、静かな部屋ではノイズが聞こえるのも不満です。

新たにTD316SWMK2を追加しました。

CW250Aとの比較ですが・・・
リモコンで電源のon,off、ヴォリューム、位相とLPFの切り替えも出来るので、使い勝手は良いです。

ノイズも感じられず、切れが良く、量感のあるクリアな低域は、TD725SWMK2の末っ子ジュニアモデルらしい質感です。
表面の前面仕上げは、CW250A程ではありませんが、価格なりで悪くはありません。
A&Vのサブウ‐ファーとして、このクラスではベストの様に思います。


2015/11




2016/1/4 19:08  [1345-35]   



タンノイ > Turnberry/GR [単品]

アンプ ラックスマン L-590AX
SP   タンノイ  Turnberry/GR


(ヤマハCD-S3000)
気になるメーカーのひとつ。
CD-S2000に比べ、価格に応じたグレードアップを感じましたが、この価格帯のCDプレーヤーとしてプラスαを感じる部分がもう少し欲しい。
もっとヤマハビューティに徹すれば・・と思いました。

(ラックスマン D-06)
ラックスマンらしく、優しさ感じさせる音。
良い音ですが、アンプ、スピーカーとのマッチングも考慮しないと、不満が出るかも知れません。

(エソテリック K-05)
先入観で、ハードな音をイメージしていましたが、思ったよりオーソドックス。
出すべき音をしっかり出している印象で、今回の試聴では一番良かった。

(デノン DCD-SX1)
従来機から、更に音に磨きをかけた印象。
多くの機種とマッチングは良さそうですが、八方美人的。
デノンは、DCD-1100の時代から30年近く使っているんですが、好みからずれてきました。


Turnberry/GRでの試聴時に、Stirling/SEも少し試聴しました。
グレードの差なのか、GRとSEの新旧の差なのかわかりませんが、音は随分違ってStirling/SEに比べ、Turnberry/GRは、高音質で鳴らしやすく感じました。
ただ、アンプは、SEシリーズより更に高級アンプを使用したくなりそうです。


2013/12

2016/1/4 19:04  [1345-34]   



SONY > HAP-Z1ES


一週間使った感想ですが・・音は良いです。

Z1ESの特徴のひとつに、データーを5.6MHzのDSDに変換してくれるDSDリマスタリングがあります。
DSDリマスタリングがoffだと、ソニーというか、CDらしいクリアで明快な音です。

DSDリマスタリングをonにすると、ボーカルは優しさと実在感があってアナログ的な雰囲気です。
DSD音源は、更に空間の広がりも良好で、レンジは無理に広げた様子も無いのにワイド感があります。

趣味性のある音ではないので、“この程度か”と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、このナチュラル感は凄いと思います。

・・CDプレーヤー(DCD-SA1)は、SACD専用になりそうです。


2014/09

2016/1/4 18:43  [1345-31]   


・・・音に変化・・・

アップデートで音が変わりましたね。
DSD・on・・まろやかさが薄れ、少し残念。
しかし、オーディオ的には随分クオリティがアップした印象です。
微妙にCDっぽい音に近づいた様で・・・(-_-;)


・・・vTuner・・・

設置した時は聴けなかったので、聴けるようになって一安心。!(^^)!
vTuner 良いですね。
クラシックは殆ど聴かなかったんですが、今はBGMで聴いています。


・・・USB・・・

購入時、製品の仕様で使えない事は認識していたのですが、使える機能が増えたのは嬉しいですね。
・・早速USBを差し込んで聴いてみました。
MP3・128kbpsですが・・なかなかの音質です。


2014/10

2016/1/4 18:44  [1345-32]   

Z1ESを使う様になって、CDプレーヤーは面倒に感じます。
聴きたいCDは、Z1ESにリッピングしてから聴く様になりました。
しかし、Z1ESがメインプレーヤーになると、CDプレーヤーに比べ音に不満を感じます。
電源・RCA・XLRと、ケーブルも其々試しましたが、ニュアンス的な違いはあっても不満の解消には至りませんでした。
・・デジタル出力が無いので、DACを使ってのグレードアップも思う様にいきません。

本来、Z1ESのアナログ音声をダイレクトに聴くのがベストだと思うのですが、Z1ESのアナログ出力をMDプレーヤーに繋ぎ(ライントランス経由)AD変換後、デジタル出力をDACに接続して聴いてみました。
情報量は減ったかもしれませんが(聴感上わかりません)、力感が増して予想外の好結果。
普段は、vTunerの高品質放送をZ1ESのアナログ音声で聴いていますが、好きな曲やCDを聴くときはDACを経由させて好みの音質で楽しんでいます。

CDプレーヤーの買い替えも一時は検討していたのですが、今となっては微妙です。


2015/01

2016/1/4 19:02  [1345-33]   


この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。
運営者のみ投稿可
気ままにオーディオを♪
気ままにオーディオを♪をお気に入り登録
運営者:
ごんちゃんだよさん
設立日:
2013年6月23日
  • 注目度:

    186(お気に入り登録数:4件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ