縁側 > 家電 > オーディオ再生は、生演奏を超えるか?
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

1984年にカラヤン指揮ベルリンフィルハーモニーの生演奏を ザ・シンフォニーホールで聴いて、その迫力に衝撃を受けてから、オーディオ道の泥沼に足を踏み入れ、悪戦苦闘をしている。
ボリュームを上げると高域は、キンキン響き、低音はハウリングで、聴けたものではない。
適度なボリュームで、ごまかして聴いているに過ぎない。
生の演奏も、その後、ウィーンフイル、ミュンヘンフィル、イスラエルフイルなど聴いたが、カラヤン指揮ベルリンフィルハーモニーの演奏会の衝撃は、二度と味わえない。
しかし、いつでも好きな日、好きな時間にベルリンフィル、ウィーンフィルが聴けるのはオーディオならではの世界。ダイナミックレンジが100dbの生演奏に対し、85db程度のオーディオでも美しいサウンドは十分再生される。
オーディオ道の底の深さには、泣かされるが、現実と向き合うしかないのだろう。

  • オーディオ再生は、生演奏を超えるか?の掲示板
  • オーディオ再生は、生演奏を超えるか?の伝言板
  • オーディオ再生は、生演奏を超えるか?の投稿画像
オーディオ再生は、生演奏を超えるか?の掲示板に
オーディオ再生は、生演奏を超えるか?の掲示板に新規書き込み

先日、ジョーシンでテレビ対応の店員さんに聞いたのですが。

「4Kテレビで流れている映像は4K対応の映像ですか?」

もちろん、4K放送はまだ試験放送もまだですから(6月から)フルハイビジョンと同じものを流しているそうです。

実際、あまり変わらないようにもみえるし、じっくり見てみると、やはり映像が繊細で、きめ細やかに感じるし。

試験放送が始まってみないとなんとも言えませんが、
私は、大いに期待しています。

女優さんの鼻毛まで鮮明に映っても仕方ないことですが。

NHKの自然のドキュメンタリーは非常に興味があります。
アラスカのヒグマがシャケをほおばって、卵が飛び散る様子とか、北極のシロクマやアザラシの毛並まで鮮明に映し出す映像は、4Kならではの迫力じゃあないかな。

100インチは、我が家には置くスペースがありませんが、55インチでも十分にその迫力は感じられると思う。

まさにすぐ近くで見るのと同じ体験ができるのじゃないか。って期待しちゃう。

そのうち女優さんの肌荒れとか鼻毛も修正してなくすることも可能じゃないかなとも思う。
3Dは、あまり興味なかったのですが、今度の4Kは非常に興味があります。

6月からの試験放送が楽しみですね。4Kは、生を超えるか?

2014/5/30 22:57  [1300-123]   

今のところ、シャープのチューナーしか4Kを受信しないのですね。
つまり、4K対応テレビ、シャープのチューナー、スカパー受信アンテナ、スカパーと契約しか、4K放送を見れない。

フレッツ光が10月から4K放送をサービス開始と発表ありました。4K対応テレビ、4Kチューナーとスカパー契約があれば、視聴できるらしい。

10月18日には、ソニーも対応チューナーを発売する。おそらくパナソニックも発売してくるだろう。

俄然、4K放送が2015年本放送開始に勢いがついてきた。年末商戦には確実に各メーカー力を入れてくるだろう。

この年末が、勝負かな。

2014/10/5 01:02  [1300-139]   

購入しました。SONY BURAVIA KD−55X8500Bです。

ジョーシンで、税込み240000円でした。クレジットカードに切り替えて、15000P。

予想以上にでかかったです。8畳間には、不釣り合いなでかさです。

早速、フランコ・ゼフィレッリ演出 ヴェルディの歌劇「アイーダ}を見ました。

迫力。繊細な高画質。いずれも満足のいくものでした。

4Kのデモ用のUSBを譲ってもらえないか、頼んだのですが、無理でした。

今のところ4Kは観られません。2Kでも十分な映りです。若干、動画の残像が感じられますが、特に問題ないと思います。

4K放送はフレッツ光とNTTぷららと契約すれば、即、観ることが可能です。対応チューナーが既存のディスク未対応なので、ブルーレイ、DVDと4K2本立てでいかなければなりません。
オーディオの端子が不足です。

3月に本放送が始まれば、チューナーも多機種出てくるでしょう。



2015/1/20 10:55  [1300-149]   

あと4Kのスカパープレミアム光が契約し、ソニーの4Kチューナー「FMP-X7A」のレンタルできれば、待望の4K放送が見られるところまでこぎつけました。

ソニーの4Kチューナー「FMP-X7A」のレンタル開始が、4月4日から。

4K放送、2K放送ともに、外付けHDDに録画し、そのうち2K放送は、スカパー対応のBDレコーダーにランケーブルでダビング可能。

4K放送は、編集することも、ディスクに保存することもできませんが、2K放送は、手間はかかりますが、従来通り編集、ディスクにダビングができます。

NTTぷららは、外付けHDDから、BDレコーダーにはダビングできない。従来の2K放送をダビングするには、アナログ端子に接続しなければならないそうだ。

ともあれ、4月4日から、待望の4Kが見られるのです。

私の友人は、4Kに興味を持っている人は一人もいません。

しかし、今、BS161で放送の「世界遺産」って番組。4K放送を2Kにダウンコンバートして放送しています。それを4Kブラビアでアップコンバートして見られるのですが、ハイビジョンの比ではない。これが4K放送でダイレクトで見られるのだから、たまらない。

3Dの世界とはわけが違う。

2015/3/13 00:11  [1300-150]   

4月1日スカパーのプレミアム光を契約し、ソニーのFMP-X7Aのレンタルを注文しました。

4月6日スカパーよりチューナーが着き、翌日登録してようやく4K放送が見ることが出来ました。
半年余り恋い焦がれた4K放送が、やっと4K放送が見れるようになりました。

第一印象は、やはり美しい画像でした。チャンネル4Kの「東京夜景」繊細な立体感のある、3Dよりも立体感があるんじゃないかな。遠景の点光源が、窓の灯りが一つ一つ見て取れる。

建物のシミや汚れがはっきりと見える。実際に見る光景よりも生々しく見える。

思わず見とれてしまう。美しい。


改めて、2Kフルハイビジョンの番組を見て比べましたが、フルハイビジョンもなかなかどおして、美しい。

これは、4K対応テレビが、2K〜4Kにアップコンバートされて映されているからいるかららしい。

WOOの37インチのテレビから、いきなり4K放送を見たならもっと4Kを実感できたかもしれない。

ただ、番組数の貧弱さは、否めない。同じ番組の再放送、再々放送ばかりです。まだ始まったばかりで、これから本格化するのだから、仕方がない。

もう少し様子を見ても良かったかな。1CHしか見られないから、裏番組を録画することもできない。
スカパー4K総合、映画、試験放送のチャンネル4Kの3番組なんだけど、ほかの地デジ、BS、CSは、パナソニックのBRZ1000で、基本パックを別に契約して、試聴・録画するしかない。

私みたいな新し物好きが、大勢いれば充実してくるのも時間の問題かな。

2015/4/8 22:26  [1300-151]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
オーディオ再生は、生演奏を超えるか?
オーディオ再生は、生演奏を超えるか?をお気に入り登録
運営者:
sunachiさん
設立日:
2013年4月11日
  • 注目度:

    117(お気に入り登録数:3件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

ページの先頭へ