縁側 > ゲーム > ゲームで英語
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

「バイオハザード」等のセリフが英語のゲームを遊んでいて、少し英語力がついたと思った方はいませんか。映画のDVDや音楽で英語を勉強するのは一般的になって来ましたが、まだゲームで英語を勉強するのを推奨している本やサイトはなかなか見当たりません。そこでこの縁側を借りて、「ゲームで英語を勉強しよう」という意見交換の場を作らせていただくことにしました。受験生になると、泣く泣く好きなゲームをやめて受験勉強に取り組まなくてはと思い込んでいる方も多いでしょうが、好きこそものの上手なれで、好きなゲームで英語を学んだら、どんなにか楽しい受験勉強になるでしょう。
 人生も勉強も楽しくやろうということで、ゲームをネタにした2コマ漫画も掲載しています。お暇なら見ていって下さい。

  • ゲームで英語の掲示板
  • ゲームで英語の投稿画像
ゲームで英語の掲示板に
ゲームで英語の掲示板に新規書き込み

英語のゲームで遊んでいると、ネイティブでさえ分からないんじゃないかという早口の会話に出くわし、小さい字でぎっちりの英語の字幕(Subtitle)が短時間で切り替わって困ることがあります。
 録画をしていれば後で確認できますし、こんな長い英語字幕は時間内に読めないと感じた時点で静止画をキャプチャーすることもできますが、それだと全て後で内容を理解することになって、その場では楽しめないことになります。
 そんな時役に立つのがゲームの一時停止です。読み切れない大量の英語字幕も、一時停止でその画面のままフリーズさせれば、ゆっくり字幕を読んでから再開できます。
 ところがほとんどのゲーム機では、一時停止をすると画面が切り替わってしまって字幕が読めません。PCゲームも大半のソフトは一時停止ができません。以下に一時停止できる数少ないPCゲームを挙げます。

 Call of Duty(2作目以降は不可)、スプリンターセル(2作目以降は不可)、ハーフライフ2と続編のエピソード1、2。

 ゲームで英語を学びたい人間にとって、一時停止は強く切望する機能なのですが、とにかく一時停止に対応したゲームは少ないです。
 全てのPCゲームを強制的に一時停止させるフリーソフトがあれば良いのですが、残念ながら見つかりませんでした。どなたか天才プログラマーの方、ゲームを一時停止させるソフトの開発をお願いします!! ただし、当方は貧乏につき、開発費はびた一文出しません。

 では、ゲームで一時停止するのは不可能なのかというと、そうではありません。我々には強い味方、エミュレータがあります。
 エミュレータは、国内版と海外版のソフトを両方とも動かしてくれる上に、全て一時停止の機能を備えているので、海外ソフトで英語を学びたい人には本当に心強い味方です。さらに大抵のエミュレータはステートセーブ機能を備えていて、好きな場面から何回でもやり直すことができます。普通のゲーマーなら、手強いボス戦の直前にステートセーブして、うまく行かなかったらやり直すのに使うのでしょうが、英語を学ぶ者にとっては、はっきり発音が聞き取れるまで何度でもヒヤリングを繰り返すのに使えます。録画をしなくても、エミュレータがあれば、映画のDVDのように何度も繰り返し同じ場面を観ることができます。
 以下にPCで動くそれぞれのゲームのエミュレータを挙げます。

 PS: ePSXe、SSSPSX(ePSXeの最新バージョンは1.7.0です。)
 PS2: PCSX2(最新バージョンは1.0.0です)
 GameCube、Wii: Dolphin(最新バージョンは3.0です)
DS: DeSmuME(最新バージョンは0.9.8です)

 全てフリーソフトなので、ダウンロードして自由に使えます。それぞれのソフトの具体的なダウンロードや使用法は、Google検索すればいろいろ出てきますから、それを参考に頑張って下さい。解説本が欲しい人は、「エミュレータ大研究2011」という本がまだAmazonで売られているようですから、この本を買うのも良いでしょう。ぼくもこの本を参考にしました。
 その他、PSP向けのJPCSPというソフトもありますが、まだ不具合も多いので、PSPで遊べる海外ゲームをわざわざエミュレータでやる必要はないでしょう。
 エミュレータは、プログラマの有志が趣味で作っているソフトですから、ゲーム機本体のように完璧な動作を求めてはいけません。インストールしてからもいろいろセッティングで苦労するのは覚悟しておいて下さい。
 PSとPS2は、買ってきた海外版のゲームソフトをPCの普通のDVDドライブで読むことが出来ます。でも、PSとPS2ではBIOSの吸い出しという面倒な作業があって、これに関しては裏技もあるのですが、快く思われない方もいらっしゃるようですので、言及は避けます。
 GameCubeとWiiで、ディスクを読むには、日立LG製の特定の型番のドライブが必要で、日立LG製の、
GDR-8082N、GDR-8161b、8162b、8163b、8164b、GDR-H10NBLK、GCC-4243N
のどれかを手に入れる必要があります。ぼくは秋葉原をさんざん探し回って、GCC-4243Nを入手しました。ドライブを手に入れたら、Rawdumpというフリーソフトを使ってWii、GameCubeのディスクをISO化します。ぼくの場合は、なぜかRawdumpではエラーが出て、FriidumpというソフトでようやくISO化できました。さらに面倒なのは、ISO化に4時間近い時間がかかるということです。Samurai Warriors 3(戦国無双3)なんかは二層式ディスクだったために8時間近くかかりました。
DSの場合はNDS SMS4(Amazonで売ってます)を買ってきてUSBに接続して使います。DSは海外ソフトも国内版本体で動作するので、無理にPCで読み込む必要はないのですが、PCの大画面で、一時停止やステートセーブを使いつつ、読めない英単語がある時だけ静止画でキャプチャーするのは、本当に快適です。もっともDSのゲームではヒヤリングの訓練だけはできませんが…。

2013/1/21 19:16  [1224-17]   

ゲームの一時停止機能について情報をお寄せください。一時停止して英語字幕をじっくり読めるゲームは、貴重な存在です。このゲーム機なら一時停止が使えるとか、このゲームは一時停止が使えて英語の勉強に役立つ、といった情報をお待ちしています。
 また、エミュレータについての情報もお寄せ下さい。

2013/1/21 19:19  [1224-18]   

エミュレータ等は面倒だから使いたくないけれど、手持ちのPS2本体でPS、PS2の海外版ゲームを遊びたい方には、国内版本体で海外版のゲームを動かすことのできるツールがあります。PS2の販売は終了してしまいましたが、まだまだ需要はあるでしょう。
 こちらに解説してくれているサイトがあります。
http://www.gameboya.com/slide.htm 

 SwapMagicがあれば、PS2の海外ゲームが遊べます。PS1については、PS BREAKER PROがあれば遊べます。
 また、SwapMagicは、エミュレータで使うBIOSを吸い出すときに使うことができます。

 PSが出来るなら、Wiiもできるのではないかと思われるかもしれませんが、残念ながらWiiについては、SwapMagicのようなものはありません。どうしてもWii本体でWiiやGCの海外ゲームを遊びたければ、海外版のWiiを購入するしかないでしょう。
 3DSについても、海外版を遊びたければ、残念ながら海外の3DS XL(US版の3DS LL)を購入するしかなさそうです。
 以前はアメリカのAmazonでゲーム機を購入することはできませんでしたが、今は一部は可能になっているようです。トライしてみる価値はありそうです。また、例え手続きで弾かれても、輸入代行業者に頼むという手もあります。

 DS、PSP、PS3、Xbox360、PSVitaについては、基本的に海外版ゲームが国内版本体でそのまま動作するので、以上のような苦労はありません。


 次に、エミュレータについてです。
 PS、PS2、PSP、GC、Wii、DSについてはエミュレータがありますが、PS3、Xbox360、Wii U、PS Vita、3DSについては、まだエミュレータはありません。そのうち、PS3、Xbox360、PS Vitaについては、海外版ソフトで遊ぶことができますが、Wii Uと3DSでは遊べません。Wii Uと3DSでも英語学習ができるようにするため、エミュレータが登場することを切に望みます。

 PSエミュレータは、ほぼ完成の域にあり、動かないソフトはないという状況まで来ました。
 ePSXeが有名ですが、SSSPSXもなかなかで、ePSXeでは問題のあるソフトがこちらでは普通に動いたりします(例えば「バイオハザード2」)。また、ePSXeでは、最新バージョンで問題があっても旧バージョンの1.7.0や1.6.0で動くこともあります。
 全てのソフトが動く完成の域といっても、ゲーム機本体で遊ぶのとは違って、多少面倒なセッティングが必要になります。

 ePSXe(ePSXeの最新バージョンは1.8.0です。)
http://www.epsxe.com/download.php
 使い方の説明は、
http://emulator.omegumi.com/epsxe_p.html


 SSSPSX(2006/9/4以降、更新はないようです。0.0.34が最新)
http://web.archive.org/web/2007071410445
9/http://www.ssspsx.com/


 PC版だけでなく、Android版も存在します。
http://mikan8929.blog6.fc2.com/blog-entr
y-663.html



 PS2エミュレータは、PCSX2しかありません。まだ発展途上で、半分以上のソフトは動くとはいえ、動いても動作が変だったりすることもあります。

 PCSX2(最新バージョンは1.0.0です)
http://pcsx2.net/download/releases/windo
ws/viewcategory/6-windows.html

 このサイトの「Compatibility check your games!」を見れば、自分の遊びたいゲームの動作状況が分かります。
 使い方の説明は、以下のサイトが詳しいです。
http://www29.atwiki.jp/emups2/


 PSとPS2は、買ってきた海外版のゲームソフトをPCの普通のDVDドライブで読むことが出来ます。でも、PSとPS2のエミュにはBIOSが必要なのですが、PS2が販売終了した今となっては、手持ちのPS2本体のDVDドライブが読めなくなって、BIOSの吸い出しさえ困難になって苦しんでいる方もあるでしょうから、以下にヒントのリンクを張っておきます。 
http://www.emuparadise.me/biosfiles/bios
.html



 GameCube、Wii用エミュレータは、Dolphinしかありませんが、かなりのソフトが動作します。
 Dolphin(最新バージョンは3.5です)
http://ja.dolphin-emu.org/download/?cr=j
a

 動作報告や設定については、以下のサイトが参考になるでしょう。
http://wikiwiki.jp/gcwiiemu/?DolphinMenu
1


 DolphinはBIOSが必要ないのですが、PS、PS2とは違ってディスクを読み込むのが大変です。詳細は「第3回 一時停止は守りましょう」の記事を見てください。


 DSは国内版本体で海外ソフトも動作しますから、無理にエミュレータを使う必要はないのですが、PCの大画面で、一時停止やステートセーブを使いつつ、読めない英単語がある時だけ静止画でキャプチャーするのは、語学には快適です。
 ただ、DSのソフトをPCで読み込むには、NDS SMS4を買ってきてUSBに取り付けて使う必要があります。NDS SMS4はDS本体とエミュのセーブデータのやり取りをするのにも使えます。
 DSのエミュレータは幾つかありますが、DeSmuMEさえあれば、ほとんどのソフトが動作します。

 NDS SMS4
http://www.amazon.co.jp/%E2%98%85%E3%82%
B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%896%E5%80%8D%
E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E2%98%85NDS-
SMS4-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%83%A
0%E3%82%A8%E3%82%B94-DS%E3%82%BD%E3%83%9
5%E3%83%88%E3%81%8B%E3%82%89PC%E3%81%B8%
E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%87%E3%8
3%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%83
%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97/dp/
B004FBIZC0


 DeSmuME(最新バージョンは0.9.8です)
http://desmume.org/download/
 設定については、以下のサイトを参考に。
http://www.geocities.jp/icebox3rd2003/in
dex/file/desmume.html



 PSPエミュレータは、JPCSP位しかありません。ただ、PSPは海外ソフトを動作させられますし、DSのDeSmuMEと比べると動かないソフトも多いので、わざわざエミュレータを使う必要性は少ないかもしれませんが、今後状況が変わる可能性もあるので、一応記しておきます。

 JPCSP
http://buildbot.orphis.net/jpcsp/
 設定は、以下のサイトを参考に。
http://wikiwiki.jp/pspemu/?JPCSP

2013/4/28 23:26  [1224-137]   

「psrgui」はウィンドウの右上に常駐する 「PAWSE」の紹介ページ

大量の字幕が出てくる会話の多いPCゲームでは、一時停止できないと、読み終える前に次々に画面が移ってしまって、到底理解しながらゲームを進めることはできません。
 以前、「全てのPCゲームを強制的に一時停止させるフリーソフトがあれば良いのですが、残念ながら見つかりませんでした」と書きましたが、その後の調査でかなり良い線まで行っているフリーソフトを発見しました。
「psrgui」という名のソフトで、以下でダウンロードできます。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/ga
me/se484712.html

 作者の「てすと」さんに感謝いたします。

 「psrgui」は、ウィンドウ表示のPCゲームを、一時停止させるソフトです。このソフトを起動させておけば、図のようにウィンドウの右上に常駐して、「停止」ボタンを押せば停止できます(再開する時は、「再開」ボタンを押せばよい)。
 詳しいことはreadme.txtに書いてあります。
 readmeの説明ではWindows2000から7まで対応しているが、32ビット版でしか確認していないから、64ビット版では動作は保証できないとのことでしたが、Windows7の64ビット版で様々なゲームのベンチマークを立ち上げてみたところ、ほぼ全てで一時停止ができました。64ビット版でも32ビットと同じように使えると思います。
 
 このようなソフトがあるだけで有り難いことですから、感謝こそすれ、文句を言うなどはもってのほかですが、それでも気づいた問題点を挙げると、

1、「psrgui」はウィンドウ表示でしか使えず、フルスクリーンでは使えない。このため、一部のフルスクリーン表示しかできないゲームでは使えない。それに、画面が大きい方がやはり迫力がありますから、できればゲームはフルスクリーンでやりたいという人は多いのではないでしょうか。

2、一時停止するには「停止」ボタンをマウスでクリックする必要があるが、一部のゲームはゲーム画面中でマウスが消えてしまうものもあって、その時は、一度ウィンドウズキーを押してデスクトップ画面にマウスを表示させた上でようやく「停止」ボタンが押せます。これではちょっと面倒です。
 やはり「停止」ボタンだけでなく、特定のキーを押すと停止する機能を持たせてくれた方が有り難かったという気がします。

3、Windows7では一時停止をしている間は音声もなくなりますが、WindowsXPだと一時停止している間、グワグワ音がしてうるさいです。XPでも音声が消えるようになってほしいものです。

 フルスクリーンで使えて、特定のキーで一時停止するソフトはないのかと思っていたら、「PAWSE」というソフトを見つけました。
http://www.gamedeta.com/archives/pc_1/_p
awse/


 「PAWSE」を起動したら、Capcomのゲームは、フルスクリーンでもPauseキーを押せば一時停止しました。ところが、TecmoKoeiの無双シリーズは一時停止できませんでした。さらに「ラスト レムナント 」にいたっては、OSごとフリーズしてしまいました。
 「PAWSE」はゲーム用途ではまだ不安定のようです。

 まだ完璧とは言えませんが、それでも今までセリフの多いゲームでは、録画するか静止画をキャプチャーして後で読むしかなかったぼくにとっては、「psrgui」と「PAWSE」の存在はものすごく心強いものです。

2014/2/2 15:57  [1224-227]   

PSP実機の画像 エミュレータの画像 「戦国無双」初期設定 「戦国無双」4x設定

エミュレータの追加情報です。
 上は、「イース7」のPSPのキャプチャ画像です。左がPSP実機の画像、その右がエミュレータの「PPSSPP」のキャプチャです。ポリゴンの精密さがまるで違います。
 PC上で動かすPSPエミュレータは、「JPCSP」が孤軍奮闘している状態でしたが、「JPCSP」には画質を向上させる機能があまりなく、PCの大画面で観るにはドットの荒い画面でした。
 ところが新しく出てきた「PPSSPP」エミュレータが、素晴らしい画質の向上を可能にし、さらに「JPCSP」では動かなかった「メタルギアソリッド ポータブルオプス」等の作品を最後まで遊べるまでに至りました。
 PSPのゲームでこんなに綺麗なポリゴンが見られるとは、ちょっと感動しました。

 PPSSPPのサイトは、以下を参照。
http://wikiwiki.jp/pspemu/?PPSSPP
http://www.ppsspp.org/

 PS2で唯一のエミュレータである「PCSX2」について、「こんなボケた画質で遊んでいられるか」と文句を言っておられる方もありましたが、それは初期設定をいじっていないせいかもしれません。
 画像三つ目の何も設定をいじっていない「戦国無双」の実機並みの画面に対して、四つ目は描画解像度を4倍の2048×2048に上げた時の画面で、表現力が全然違います。
 画面解像度を4倍にしても全くと言って良いほどパフォーマンスは落ちないので、普段から4倍以上で使うべきでしょう。

 4K解像度のディスプレイが手の届くお値段で売られるようになってきた昨今ですが、最新のPCゲームにしても4K対応がされているかどうか分からない状況ですから、まして過去のゲームを4K解像度で遊ぶなど先の先のことに思われますが、エミュレータならあっという間に4K対応を果たして、過去のゲームを未知の解像度で楽しめるようになるのではないでしょうか。
 この7月30日にSteam等で「英雄伝説 空の軌跡FC(The Legend of Heroes: Trails in the Sky)」のPC版が発売になりました。ぼくは既に海外PSP版で遊んではいるのですが、Falcomのファンとしては、美しいHDのPC画面で遊ぶためにPC版も買わなければいけません。でも、「PPSSPP」で観るゲーム画面は美しく、さらに将来4Kに対応したら、PC版よりも美しい画面で遊べるようになるはずですから、ここは悩みどころです。買うべきか買わざるべきか、それが問題だ(byハムレット)。

2014/8/4 19:49  [1224-237]   

今回はAndroidのエミュレータの話です。
 手持ちの少々古めのAndroidタブレット(Tegra 2のASUS Eee Pad TF101)で、エミュレータが動かせるかどうか試してみました。

 PCのプレイステーションエミュレータとして最も有名な「ePSXe」が、Android版をPlayストアで販売していた(295円)ので、購入して「バイオハザード2」が動くか試してみました。
 結果は上々で、音も映像も文句なしに実機並みです。プラグインを自分で入れれば、実機以上に高画質にもできるようです。
 「バイオハザード2」以外も、ほとんどのゲームは動作するようです。

 次にNintendo DSのエミュレータです。
 PCでは「DeSmuME」が有名で、動かないソフトはないというところまで進化していますが、Androidでは「DraStic DS Emulator」が最も有名で、ほとんどのソフトが動作します。ただ、「DraStic」は、価格がPlayストアで695円とお値打ちです。
 でも、コントローラを必要とする他のゲームよりは、DSの方がタッチ操作のAndroidと親和性が高く、より楽しむことが出来ます。
 ぼくも「DraStic」でいくつかのソフトを試してみましたが、どれもちゃんと動作しましたし、PCと違って直接画面をタッチして操作できるところが良いところです。
 DSのエミュレータごときに695円も払っていられないという人には、「nds4droid」という無料のエミュレータがあります。「DraStic」ほどは対応ソフトが多くないようですが、こちらを使うのも良いでしょう。

 先に紹介した、PSPのエミュレータ「PPSSPP」です。
 「PPSSPP」は、PC版の他に、Android版もあり、有り難いことに無料版があって、有料版とほぼ変わりありません。
 「PPSSPP」はまだ半数近く動作しないソフトもあるようですが、動くソフトは実機並みに動きます。ただ、ぼくのTegra 2搭載の古いタブレットには少々荷が重く、3Dのゲームでは動作がもっさりしてしまう場面もありました。

 今回紹介したどのエミュレータも、クイックセーブ(ステートセーブと言う方が本当は正しい)機能があって、実機ではセーブできなかったところでセーブできます。強い敵の直前でクイックセーブして、しくじったらクイックロードで、一度も負けずにパーフェクトでクリアしたりできます。英語の勉強なら、同じ場面を何度も繰り返し見て頭に叩き込むのに使えます。
 ただ、Android機で英語の勉強をしようとすると、知らない表現や単語が出てきた画面をキャプチャして後でまとめて調べたいところですが、残念ながらエミュレータにはキャプチャ機能がなく、Androidのキャプチャ機能を使うしかないのですが、これが「電源ボタンとボリュームを下げるボタンの同時押し」という面倒なやり方でないとキャプチャできません。同時押しをいちいちするくらいなら、手持ちのデジカメで画面を撮影した方が早い位です。この意味では気軽にキャプチャできるPCの方が英語学習に向いているのではないかという気がします。

2014/8/4 19:52  [1224-238]   

ePSXeでプラグインなしの「バイオ2」 ePSXeでプラグインありの「バイオ2」

Androidで動かせるエミュレータの追加情報です。
 ドリームキャスト用のエミュレータとしては、PCでは「nullDC」が有名で、ほとんどのゲームが遊べるようになっていますが、それではAndroidの方ではどうかというと、「reicast」というエミュレータが素晴らしい出来で、大抵のゲームは動き、しかも無料です。Playストアで「ソウルキャリバー」が1500円位で売り出されていますが、Dreamcastの「ソウルキャリバー」を持っている人は、手持ちのゲームを「reincast」で生かせば無料で遊べます。

 Wiiのエミュレータと言えば、PCでは「Dolphin」以外にはありませんが、この「Dolphin」のAndroid対応版である「Dolphin Emulator Alpha」がPlayストアで使えるようになっています。しかも無料です。こいつは試してみようとインストールしましたが、ぼくの古いタブレット(CPUはTegra2)では起動すらしてくれませんでした。ゲームを起動させるには、最低でもOpenGL ES 3に対応していなくてはならないとのことで、さらに何とか起動できたとしても、よほどのハイスペックでない限りはゲームはスムーズに動かないとのことでした。
 さらに現状では、MicroSDHC等のメモリーカードにISO化したゲームを入れて使うことになるのでしょうが、普通メモリーカードはFAT32でフォーマットされていて、4G以上のデータを扱うことはできません。となると、ゲームキュ−ブは良くても、WiiのISOデータは4G以上なのでそもそも読み書きできないということになります。
 もう少し条件が整って、ハイスペックなタブレットを手に入れたら、また「Dolphin Emulator Alpha」を試してみようと思います。

 さて、図にも挙げたのが、Android版のePSXeの「バイオハザード2」のキャプチャ画像です。一枚目の初期設定のままのボケた画像に比べて、二枚目のプラグインを用いた絵は、かなりシャープでクッキリしています。1280×800の解像度しかないぼくのタブレットでさえこれだけきれいになったので、もっと高解像度のスマホやタブレットなら一層美しくなるはずです。特に問題がないなら、プラグインを導入すべきでしょう(一部のゲームでは、プラウインを使うと画面表示がおかしくなります)。
 どうやってプラグインを導入するかわからない方は、以下のサイトを参考にして下さい。
http://laqooplus1mhz.blogspot.jp/2014/05
/nexus72013epsxe-for-android.html


 プラグインがこんなに素晴らしいものなら、なぜ初めから商品に入れておかないんだと思われた方もあるかもしれませんが、「ePSXe」の作者とプラグインの作者が別で、同意を得られないまま勝手に売り物にすることはできないということのようです。

2014/8/30 09:43  [1224-240]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
ゲームで英語
ゲームで英語をお気に入り登録
運営者:
鈴木サブローさん
設立日:
2013年1月13日
  • 注目度:

    99(お気に入り登録数:4件)

  1. 1mayuyu2013
  2. 2電柱立ちバック
  3. 3耀騎
  4. 4happle

該当掲示板はありません

ページの先頭へ