縁側 > その他 > 太陽光プランニング
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

10/29より
----------------------------------------
-------------------------------
メールメンバーの方は締め切っていますので基本的には都度更新はありません。
----------------------------------------
-------------------------------
掲示板は開放しますのでご希望の方はメンバーを募って自発的に活動をしてください。


個人で10kw以上太陽光パネルを設置する際に通常SI屋が行う商流確保や申請・工事段取り等
行う必要があります。

まだまだ法制化されたばかりで全国的にも実績が少ない為、
情報は少ないと思います。

有益な情報交換の場所になればと思います。

  • 太陽光プランニングの掲示板
  • 太陽光プランニングの伝言板
  • 太陽光プランニングの投稿画像
太陽光プランニングの掲示板に
太陽光プランニングの掲示板に新規書き込み

スレ主 kilinsunさん  

先日、嵐の中ようやく連系することが出来ました。
嵐のため基板を濡らす恐れがあり、出力が確認できた時点で詳細な点検は行いませんでした。
昨日パワコンの各発電量をチェックすると、かなりバラつきがあります。陰かな?とも思ったのですが、各ストリングの電圧をチェックすると第5ストリングの電圧が0vでした。連系前のチェックでは+-と電圧は確認出来ていたので、風で断線やコネクタが外れを疑いチェックしましたが、導通は確認できます。原因が解らないまま電圧をチェックすると、電圧300vでした。いつの間に繋がったのかな?と思いながら端子のスイッチを入れて、再度測定すると0vに。スイッチを切ると、再び300vに。故障?配線ミス?確認のために異状のない隣のストリングと端子を入れ替えた結果、やはり第5ストリングはスイッチを入れると0vになります。サポートに連絡すると、「配線ミスが疑われます。隣の端子と入れ替わっていませんか?」「配線ミスの場合は出張料頂きます。」と言われました。配線を入れ替えて確認したので配線ミスではないと思うのですが、何か見落としていないか心配です。出張料を無駄に払いたくはないので、こちらで何か確認方法などご指摘頂けたらと思います。また、同じような初期不良の情報もありましたらお願い致します。

2014/12/20 17:37  [1092-3219]   

 融資待ちさん  

症状から推察すると、
1)コネクターのどこかに接触不良があり高抵抗になっている部分がある。
2)パネルのどれかが不良で負荷電流が流せない。
→スイッチを入れて負荷電流を流すと電圧降下が発生。
だと思われます。

パワコン側の端子を入れ換えても、第5ストリングだけで症状が出るのであれば、パワコンはおそらくシロでしょう。

対策としては、第5ストリングのコネクターを全て外して何度か抜き差ししてみて下さい。
単なるコネクターの接触不良であればこれで良化するかもしれません。

あとは二股のMC4コネクタを用意し、パワコンのスイッチを入れた状態でGND側のパネルから順番に対GNDの電圧を測定して下さい。
普通の60セルのシリコン系パネルであればパネル1枚あたり30〜35Vの電圧が出ます。電圧が0になったパネルのところが、パネル自体かコネクター部の不良ということになります。

試行錯誤的に簡単にやるなら、2m程のオスーメスのMC4コネクター付ケーブルを準備し、直列になっているパネルを1枚分だけ準備したケーブルに差し替えながらパワコンのスイッチを入れた状態でのストリング電圧を測定して下さい。
確率的に同じストリングに2枚以上の不良パネルが入るとは考えづらいので、どこかのパネルをケーブルで置き換えた時に、正常のストリング電圧-30Vの電圧になるはずです。置き換えた場所のパネルかコネクターが不良ということになります。

作業上の注意点としては、ストリングをパワコンに繋いでいるスイッチは単なる開閉器で遮断能力が無い場合が多いです。ストリングをいじる場合は、パワコンの運転スイッチを連系・発電停止とし、ストリング電流が流れていない状態でストリングを受けているスイッチを開閉するようにして下さい。

DC300V10Aとかになると、下手なスイッチではアークを早期に消弧できずスイッチが壊れる場合があります。

2014/12/20 20:46  [1092-3220]   

スレ主 kilinsunさん  

早速の返信有難うございます。
質問内容で大事な部分を間違えてしましました。すみません。
「異状のない隣のストリングと端子を入れ替えた結果、やはり第5ストリングはスイッチを入れると0vになります。」
としましたが、
「正常な第4ストリングを第5入力に繋いだ結果、第5入力で同じ現象が起きます。」
に訂正させてください。
ということで、パワコンを疑っていますが、見落としはないでしょうか?裏を取る方法はないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

2014/12/20 21:55  [1092-3221]   

 融資待ちさん  

>「正常な第4ストリングを第5入力に繋いだ結果、第5入力で同じ現象が起きます。」
これであればパワコン側の問題だと思いますよ。

自分でされた切り分け実験の結果をメーカに提示しても、メーカーはパワコン側の障害だとは認めないんですか?

恐らくは第5入力の結線が内部で逆接続されていて、逆接続防止ダイオードに短絡電流が流れてるとかでしょう。
この場合、ストリング入力を全部切り離して、各入力端子間の導通確認で分かるはずです。ストリング入力を全部切り離した上で、ストリングを受けているスイッチはONにして、各入力のGND間の導通確認をします。入力1から4までは互いに導通があるが、入力5は導通がないになるはずです。これはストリングの入力スイッチが2極の場合です。

ストリングの入力スイッチが単極でGNDが共通になってる仕様であれば、パワコン内部の逆接続保護ダイオードが逆取り付けされている可能性も出てきます。

コンバータ基盤が簡単に覗けるようであれば第5ストリングのコンバータ基盤の部品(大型ダイオード)の向きが他の4つのコンバータ基盤と逆になってないかを確認して下さい。
同じ機能のコンバータ基盤が5つあるはずなので、お互いに見比べて部品の向きに違いがないかを見れば良いでしょう。
もし逆なら写真を撮ってメーカーに送りつければ、不良であることをメーカーは認めるとおもいますよ。

DC電流を計測できるカレントメータをお持ちなら、パワコンの不良入力に接続されたストリングの電流を測定し、その値がパネルの短絡電流に近い値ならパワコン内部の逆接続保護ダイオードに短絡電流が流れていると推定できます。

ストリングの接続部のスイッチや内部基盤などの内部写真をアップしてもらえば、もう少し詳しいアドバイスができるかもしれません。

2014/12/20 22:50  [1092-3222]   

当方でも、田淵三相9.9kwパワコンにて同様のトラブルがありました。
その時は制御基板の交換にて直りました。
このマルチストリングパワコンは、入力MPP基板(5枚)を制御基板にてそれぞれ
コントロールしています。
制御基板の不良によって5枚のMPP基板の内2枚が制御できずに異常をとなっていました。
制御基板はインバータ基板の上に重なっている基板で、スイッチとLED表示が付いています。
修理時に交換した基板の見比べましたが、損傷は見当たりませんでした。

2014/12/20 23:04  [1092-3223]   

追記です
個々の入力MPP基板にはDCDCコンバータとMPP回路で構成されています。DCDCコンバータの制御が
出来ない場合には、スイッチング回路が動作せず入力がオープン又はショート状態になります。
当方の場合にはショート状態になっていました。

田淵電機のコールセンターは対応が悪いことで有名です。当方は営業経由にて対応をお願いし、
修理を行なってもらました。

2014/12/21 01:05  [1092-3224]   


この掲示板の新着スレッド

認定メンバーのみ投稿可
太陽光プランニング
太陽光プランニングに認定メンバー申請 太陽光プランニングをお気に入り登録
運営者:
カプチーノ555さん
設立日:
2012年8月18日
  • 注目度:

    7(お気に入り登録数:234件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ