縁側 > その他 > 太陽光プランニング
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

10/29より
----------------------------------------
-------------------------------
メールメンバーの方は締め切っていますので基本的には都度更新はありません。
----------------------------------------
-------------------------------
掲示板は開放しますのでご希望の方はメンバーを募って自発的に活動をしてください。


個人で10kw以上太陽光パネルを設置する際に通常SI屋が行う商流確保や申請・工事段取り等
行う必要があります。

まだまだ法制化されたばかりで全国的にも実績が少ない為、
情報は少ないと思います。

有益な情報交換の場所になればと思います。

  • 太陽光プランニングの掲示板
  • 太陽光プランニングの伝言板
  • 太陽光プランニングの投稿画像
太陽光プランニングの掲示板に
太陽光プランニングの掲示板に新規書き込み

スレ主 shintomiさん  

遠隔監視にコンテック社 ソーラービューコンパクトの導入を考えています。
自分でつけようと思いますが,素人のため,やり遂げられるか不安に思っています。
すでにご自分でつけられた方がいらっしゃいましたら,教えていただけないでしょうか?
パワコンは新電元の3相10Kw4台です。

2014/9/6 13:42  [1092-2954]   

 融資待ちさん  

自分で付けた実績がある訳ではないですが、必要と思われる作業内容です。

<設置>
設置はRS485のツイストペア信号線を各パワコンの端子台に数珠つなぎ(デイジーチェーン)接続します。2本線ですが極性があるので間違えると通信できません。(逆でも壊れることはありません)
ソーラービューコンパクトから見て最後のパワコンの端子には通信線といっしょに終端抵抗を並列に接続します。パワコンによっては終端抵抗を内蔵していて、ジャンパやDIP-SWなどで有効・無効が切替できるものがあります。この場合は有効に設定すれば終端抵抗の取付は不要です。

もう一方の信号線端になるソーラービューコンパクトにも同様に終端抵抗の設置が必要です。

複数のパワコンを区別して通信するために各パワコンに異なるID番号を設定します。番号は重なってはいけません。設定方法はパワコンの設置マニュアルなどに記載があるはずです。

信号線はシールド付きであれば片側のシールドは端子台のFGなどのシールド接続先に接続します。
もう片側を接続するとGNDループが出来て悪さをすることもあるので、ノイズの影響などをみて他方を接続するかどうかを決めます。(ノイズ問題がなければ片側だけ接続する方がいいです)

<ネットワーク周りの設定>
ネットワーク経由でモニタリングするのが普通なので、ルータを越えてソーラービューコンパクトにアクセスできるように、ルータのポート設定をします。
一番簡単なやりかたはDMZ機能でインターネットから外部アクセスしてくる先をソーラービューコンパクトに設定する方法です。DMZアドレスとしてソーラービューコンパクトに設定したプライベートアドレスを指定します。
ソーラービューコンパクトに割り当てるプライベートアドレスはDHCPでなく固定アドレスにした方がトラブルが少ないです。ソーラービューコンパクトのMACアドレスをDHCPサーバに設定して、DHCP環境でも決まったアドレスを割り当てるようにすることはできますが、固定アドレスをお勧めします。

ソーラービューコンパクトにはログインするためのアカウントがありますから、初期設定値でなく必ず自分だけが知ってるパスワードに設定しなおして下さい。また不要なアカウントは無効に設定するかパスワードを付けて下さい。
グローバルIPアドレスが判れば世界中から攻撃されますので、パスワードでの保護は必ず必要です。悪意の第三者の踏み台などにされないように気をつけて下さい。

ネットワーク回線はグローバルIPが配布される仕様でないとインターネット経由でのアクセスはできません。追加費用は発生しますが、一番簡単なのは固定アドレスを取得することです。
追加費用の負担を嫌うならダイナミックDNSサービスを利用して、動的に変化するグローバルIPアドレスをドメイン名で引けるようにします。このあたりはルータのメーカーが運用しているサービスを使うのが最も簡単です。アイオーデータやPLANEXなどは無償のダイナミックDNSサービスを提供しています。

グローバルIPアドレスの取得ができない場合、P2Pでアクセスすることも技術的には可能ですが、ルータなどの機種が限定されると思います。

<動作確認>
最初の確認時はいきなりインターネットから外部アクセスするのではなく、まずはルータ配下にPCかスマホなどをセットしてプライベートアドレスからソーラービューコンパクトにアクセスできるかを確かめてみて下さい。
これがうまく動作することを確認してから、インターネット経由でアクセスできることを確認するのが無駄足を踏まなくてすみます。

ソーラービューコンパクトとプライベートアドレスで通信できることを確認したら、ソーラービューコンパクトにログインして、パワコンからのモニタリング情報をきちんと取得できているかを確認して下さい。

もしパワコンのモニタリング情報を取得できていなければ、ソーラービューコンパクトのパワコン通信の設定か通信線の接続あるいはパワコンのID設定や終端抵抗の設定に問題があることになります。

ネットワークカメラなどをルータ越しにポート設定してアクセスできるスキルがあれば、外部アクセス自体は簡単に実現できます。

2014/9/7 14:35  [1092-2961]   

スレ主 shintomiさん  

>融資待ちさん

丁寧に教えていただきありがとうございます。
実際の取り付けは、もう少し後になりますが、なんとか頑張ってみたいと思います。

2014/9/7 17:34  [1092-2964]   


この掲示板の新着スレッド

認定メンバーのみ投稿可
太陽光プランニング
太陽光プランニングに認定メンバー申請 太陽光プランニングをお気に入り登録
運営者:
カプチーノ555さん
設立日:
2012年8月18日
  • 注目度:

    5(お気に入り登録数:234件)

該当掲示板はありません

ページの先頭へ