縁側 > その他 > のんびり日記帳
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

スピーカー、アンプの自作を始めました。

音楽は感性の世界ですが、音とオーディオは科学の世界だと思います(難しいですが 爆死)。

音とオーディオは首をツッコムと奥が深いです。

お金を描けずに、いい音、好み音を出すには、手間暇をおしまいないことですかね??


オーディオだけではなく、毎日の出来事、ボヤキなど、様々なことをのんびり、気楽にやっていきます。

よろしければのぞいて、なんか書いてください。

  • のんびり日記帳の掲示板
  • のんびり日記帳の伝言板
  • のんびり日記帳の投稿画像
のんびり日記帳の掲示板に
のんびり日記帳の掲示板に新規書き込み

敦賀港到着 出発1時間前でしたが最後尾でした 5月1日の海模様 5月1日 昼食 塩ラーメン ほか

せっかくですので、北海道ツーリング専用の掲示板を立ち上げます。

今年のGWはバイクで北海道へ行きました!
日本海、大型フェリー、北海道すべてが初でございました。

今年は天皇の退位、新天皇の即位で世間は10連休ということもあり、フェリーのチケットは争奪戦でした!

インターネットでチケットを搭乗日2ヶ月前から入手可能なのですが、販売開始直後の2時間ほどはアクセスが満杯!
販売から4時間ほどで入手しましたが、その時にはほとんど売り切れでした。

例年のGWの北海道は入手しやすいと聞いておりましたが、、


☆4月30日
夜に自宅を出発し、暗い中、高速道路をバイクで走り、
新日本海フェリー 敦賀港(福井県)に23時30分ほどに到着、フェリーへの入港はバイクが先で車は後でした。

しかし夜の高速道路は景色も見えず、ただただ単調でした、
ただ夜にも関わらず気温は寒くなく、渋滞も無く、快適に走ることが出来ました。

☆日が変わり5月1日 0時30分発

到着までの間・約20時間は暇ですので、睡眠以外はミニ映画館で山田洋次監督の”家族はつらいよ2”鑑賞(1は見たことないけども)、
スポーツルームで自転車、大浴場などで時間をつぶしておりました。

さすが大きなフェリーだけあって、空調設備完備もあって、快適でした。

惜しむらくも天気は曇り空だったということですねー!

宿泊ランク はツーリストA(もっとも格安)

朝食は自宅から持って来たパン類(コスト削減)、
昼食はせっかくでしたのでフェリー内のレストランで知床塩ラーメン(昼はコーン付き)&ミニカレーライス、牛乳 でした。

お味は悪くありませんでしたが、やはりフェリー内ですから、やや値段は割高のように感じます。

休憩所を見渡せば、入港前に調達してきた食品で食事をされている方々が多かったですね。

2019/5/10 21:27  [1080-7387]   

苫小牧東港に到着 5月1日の宿

20時35分に北海道苫小牧東港に到着。

下港は車からで、バイクは21時ほどフェリーから出ることができましたが、
あたりは霧雨でよくわからん苫小牧東港でした。

宿に到着前にライダーの中では北海道名物のセイコーマート(コンビニ)で夕食を買い、
千歳のライダーハウスに行きました!

尚、セイコーマートはコンビニでありながら、値段は良心価格です。

22時ほどに到着、ライダーハウス千歳でセイコーマートで買った鳥飯弁当を食べ、就寝しました(寝袋持参)。

しかし1日の千歳の夜は寒かった!

寝袋は高いものを持参せず、安物の夏用を持参してしまいました!(屋内だからと甘い考え)
ついでに電子レンジの湯たんぽを持参してくるのを忘れたことも思い出しました!
あれこれ準備したのですがねー。

ちなみにライダーハウスとは個人(中には市が)が自宅などの施設を安価に提供してくれる宿です。

基本素泊まりのみ、幸い近くにコンビニ、銭湯や温泉、食事処があります。

元号が変わった記念すべき1日目は大変な日でしたね。


*2日目以降はまた後日に書き込みします

2019/5/10 21:40  [1080-7388]   

☆5月2日

天気は午前は曇り空、気温はそんなに寒くありませんでした、朝食は家から持参したパン。

当初は千歳〜札幌〜天塩(次なる宿)でしたが、宿・ちとせライダーハウスで他のライダーの方々と世間話をしまして、
札幌の手前にある”支笏湖”に寄ることにしました。

一期一会とは言いますが、見知らぬ人との世間話もまた面白いものですね。

ちなみに関東周辺に暮らす方々はけっこうバイクで自走される方が多いようです!
片道800キロほど、二日間掛かるようですが、、

*写真はすべて支笏湖周辺です

2019/5/11 21:30  [1080-7392]   

こちらは支笏湖周辺の休憩所からの撮影になります。

大きな支笏湖は、水の透明感もあり、なかなか見ごたえのある風景でしたね。

2019/5/11 21:32  [1080-7393]   

温泉に入浴 モアイ像!? 霊園風景 霊園風景

支笏湖周辺の支笏湖畔旧有料道路を走り、丸駒温泉旅館の温泉を堪能しました。

天気は曇りとハッキリしませんでしたが、
温泉の露天風呂から見える支笏湖風景はいいものでしたねー(入湯代は1000円と高目ですが)。

札幌までの道中、まさかのモアイ像を発見しましたねー!!

ここはイースター島ではなく、真駒内滝野霊園という大きな霊園です。

出口まで走ってみましたが、本当に大きな霊園です!

段々空が怪しくなってきました、、温泉、モアイ像の撮影で時間が押すばかり!

高速道路に乗り、天塩まで急ぎましたが、札幌を抜けた13時あたりからとうとう雨に遭遇してしまいました!!

雨具一式は所持してはおりましたが、その時は着用してはおらず、サービスエリアなどで着用しようかなと考えておりましたが、
そういう時に限ってサービスエリアなどが無い!

雨脚が強くなってきまして、どうしようかなと考えたら、高速道路のバスの待合室(屋根付き)を発見!
そこに避難して雨具を急いで着用して、再出発しましたねー。

道中、昼食はサービスエリアのあげいも(じゃがいもをホットケーキミックスの衣を付けて揚げたもの)
を頬張りました。

高速道路を降りて、国道232号線(オロロンライン)に乗り換えました。

15時頃に一度雨は止みましたが、また陽が沈む頃に降り始めました!!
さすがにこの時期とは言え、雨の北海道は寒いものでしたねー、気温は8度ほどでしたか。

一応冬物も万全を期しておいて良かったです、特に電熱線衣類には助かりました!

陽は沈みましたがまだ宿に着けず、街から離れると周りは真っ暗!!
街灯は無く、反射板のみ、、対向車があってもなかなか近づいてこず、、お化けが出そうでしたねー。

なんとか19時頃にお次の宿、天塩町にある”とほ宿・あしたの城”にたどり着きました!
その日は約300キロほど走りました。

夕食は道中のセイコーマートで仕入れたカップラーメン、おにぎり、野菜ジュースでした。

風呂に入り、それから寝るまでの間は他の宿泊客、宿主の方々と世間話をしまして、23時に就寝しましたね。

2019/5/11 22:03  [1080-7394]   

次なる宿泊先 天塩町にて 宿周り 同じく 同じく

☆5月3日

雨はすっかり止みました!

時間が経つごとに晴れ間が見えてきました。

宿は稚内手前の天塩町、あしたの城 です。

シャレてますねー!

当初は相部屋での宿泊だったのですが、到着が遅く、
ゆっくりしたかったので1000円多めに払って個室にしてもらいました。

外は寒いですが、屋内は暖かく快適でしたよー。

数日分の洗濯物も内部のコインランドリーで洗濯、乾燥させました。

2019/5/12 21:23  [1080-7396]   

久々のまっとうな食事 薪ストーブはいいですねー 年代物のオーディオ機器がありました

朝食は宿でいただきました、牛乳&ヨーグルトは近所の牧場で取れたものです。

ちなみに朝食は有料です!
急ぎの方は無しにされてすぐに出発されます。

リビングに鎮座する薪ストーブは実に暖かく、快適でしたねー。

でもアナログ暖房器具ですので、手入れはなかなか現代人には合わないように感じました、、
やはり本当に好きな人向け!

意外なことに写真の薪ストーブ・ネタでオーナー&宿泊客同士の会話は盛り上がりましたねー。

ちなみに昨夜のバイク客は私だけでした、その前は多くいたらしいのですが、、
やはり昨日の雨で多くのライダーは南下したようですねー。

ぼちぼちして、宿を後にしました、この日から天気は回復しましたね。

2019/5/12 21:32  [1080-7397]   

利尻島 近づいてきました!

朝の気温は5度以下、さすが北海道は寒いです。

朝食と準備を済ませ、宿を立ちました。

前日とは打って変わって、今朝から天気は回復、気温も上がってきました!

利尻島が綺麗に見えますが、山頂付近に雲が!!
結局は見えずじまいでしたね。

2019/5/14 20:10  [1080-7399]   

夕日ヶ丘PA より

稚内に入りました、夕日ヶ丘PAにて海、街並み、山を撮影しました。

そこから無事カエルロード 254号線を通り、いよいよ宗谷岬に向けて移動を開始しました!

2019/5/14 20:15  [1080-7400]   

いよいよ到着! 昼食は豪華に! 1750円 宗谷岬の丘より 丘にはこんなものが

238号線を通り、お昼にいよいよ今回の目標でもある、”日本最北端・宗谷岬”に到着しました!!

気温は10度ほどと寒かったです!
天気も回復したおかげで、ライダーなどの観光客は多かったですねー!
宗谷岬の写真も数分でしたが、並びました。

お昼はすぐ近くの海鮮丼・カニ&いくら丼をいただきました!
季節外れの為か、少々高いかなー??

せっかくなので、近くの土産屋で宗谷岬のポストカード、キーホルダーを買いました。

宗谷岬の南に丘がありまして、そこからはキレイな海が見えましたが、樺太などは見えませんでした、、

さて、そこから南下の予定でした、稚内の名所でもある”北防波堤ドーム”を観光するのを忘れていたので、
そこからまた稚内の街に戻りました!

2019/5/14 20:26  [1080-7401]   

長いですねー これがセイコーマート

戻って、北防波堤ドームに到着しました!

まあ長いですねー、時間も無いので、少々眺めておしまい!!

セイコーマートに寄り、また宗谷岬に移動を開始、宗谷岬近くの日本最北端のガソリンスタンドで補給しました。

ちなみに稚内街〜宗谷岬までの道は綺麗な海が眺めながら走ることができますねー、やはり本州とは違いますね。

さてセイコーマートはコンビニですが、価格は良心価格です。

500mlペットボトルは100円(オリジナル商品)〜伊藤園、サントリーなどのブランド品でも120円で買えます!

3日は天気に終始恵まれたので、写真を多く撮ることができましたねー、つづく!!

2019/5/14 20:36  [1080-7402]   

これがエサヌカ線 反射板以外に電柱、標識、信号機は無し これまた雄大 周辺

稚内の北防波堤ドームを後に宗谷岬に戻り、宗谷岬すぐ近くにある日本最北端のガソリンスタンドで給油をしました。

給油しましたら、記念のカードと貝のキーホルダーをもらいました(写真は後ほど)。

今確認しましたら、道道889号を通るのを忘れており、そのまま海沿いの238号線を走っておりました。

宿に向かいますが天気も良かったので、エサヌカ線を通りました。

雪用の反射板がある以外、人工物である標識、電柱&電線、信号機はありませんでしたー、ただひたすらに直線の道!
映画みたい!

天気も良かったので、まあ雄大な風景が楽しめましたねー、周りは牧場が多かったですね。

2019/5/17 20:40  [1080-7405]   

鳥!

エサヌカ線を後に、すぐ近くのクッチャロ湖(キャンプ場でもある)に立ち寄ってみました。

夕陽が綺麗でしたねー。

だいぶ時間が迫っておりまして、少し休憩をしまして、お次の宿である名寄まで走りました!

結局その日も宿に到着したのは夜である19時以降でした!

宿に到着しまして、荷物を降ろし、先のセイコーマートで買ったカップ焼きそば&こしあんぱんを夕食としました。

その日の宿の客は、私とおじさまライダーくらいでした(前日と次の日は予約が多かったとか)、
しかし宿主がバイク好きの方で、おじさまライダーとも交えて話がずいぶんと弾みましたねー!

驚きなのは宿主、生まれも育ちも北海道ではなく、愛知県の方でした!
いつかは宿関係の仕事をしたかったらしく(冬も好き)、北海道に住まれるようになったようですねー。

つづく!

2019/5/17 20:53  [1080-7406]   

名寄 なよろサンピラーユースホステル 映画の撮影で使われたようです 周囲の風景 朝食

☆5月4日

名寄の朝は2度からスタートでした!

天塩も4度あたりからスタート(爆)
さすが北海道、寒いですねー。

陽が上るほどに暖かくなってきました。

朝食はユースホステルでいただきました、パンは自家製でふんわりしてて美味しかったですねー!
一息して準備して、出発しました!


*ユースホステルです

http://www.youthhostel.or.jp/2016/10/10/
%e3%81%aa%e3%82%88%e3%82%8d%e3%82%b5%e3%
83%b3%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a
6%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9b%e3%82%b9%e3
%83%86%e3%83%ab/#menu2


リビングには畳&テレビがありまして、やはり日本人ですから畳が落ち着きます。

2019/5/18 19:39  [1080-7407]   

三国峠へ 三国峠に休憩所が

さて、今日は気温がグイグイ上り、天気も快晴!!

当初は次なる宿へ行き、周囲の観光を考えておりましたが、せっかくの好天気ですので三国峠へ行くことにしました!

三国峠の休憩所では喫茶店がありまして、珈琲をいただきました、
お味はけっこうビター目でしたが香りが良かったですね。

好天気ですので、バイクが多かったですね。

三国峠は峠道もあり、白樺林に囲まれ、気持ちよく走ることができましたねー。

2019/5/18 19:48  [1080-7408]   

三国峠の次は だんだん暗くなってきました

三国峠を南下して、十勝の有名な白樺並木にきました、ここらになりますと気温は20度を越え始めましたね。

白樺並木の次に帯広のパン屋・ボヌールマスヤに行きました(帯広の街の中)。

小麦は100%北海道産を筆頭に、こだわりパン屋さんのようです。

https://www.masuyapan.com/shop/newshopto
p.php


お昼はパン屋で買ったカレーパンなどを食べました、
140円と高目ですが、パリッとしたパン生地にたっぷりのカレーが入っていて美味しかったですねー。

さて、帯広の街を後に、次なる宿へ向けて移動を開始しました!
もう街中は初夏の気温でしたねー。

ですが次なる宿までに道を間違えたり、高速道路入ったら事故があって渋滞!
結局は高速道路を降ろされてしまいましたねー。

そんなことで1時間以上遅れてしまい、またもや次なる宿へは真っ暗な19時以降に到着しましたー。

またスマートフォンのナビ(無料のヤフーナビ)が宿の居場所を見当違いに案内して困りましたねー、外は真っ暗!!

Googleのナビ(こっちも無料)に切り替えましたら、なんとか到着できましたね。

夕食はセブンイレブンで買った塩むすびなどを食べました(コスト削減)。

宿ではお約束の他のライダーや常連客、宿主さんとの会話で話が弾みましたねー!
しかし宿主さん、70歳越えながらお元気でしたねー!
おしゃべり好きで12時くらいまで話が弾みましたねー。

つづく!!

2019/5/18 20:09  [1080-7409]   

次なる宿です 宿周りの風景

☆5月5日

お次の宿は老舗のユースホステル 美瑛・ポテトヴィレッジ美瑛ポテトの丘です。

https://www.potatovillage.com/

外観はお城のようですが、中は昭和のエッセンスを残した感じです。

前日は天気快晴の為に急遽帯広まで下りましたが、美瑛まで上ったわけです(爆)

外の気温はやはり10度以下でしたが、屋内は特に暖房が無くても快適な気温でしたねー。

この日も天気に恵まれました、朝食も含めては宿では食事のサービスは無いので、
前日に帯広のパン屋で買ったメロンパンなどを食べました。

メロンパンは外はこんがり、中はふんわりと美味しかったですねー(日本人好み)、
こちらも140円ほどと高価ですが、大手メーカーのメロンパンとは異なりますねー。

つづく!

2019/5/19 20:56  [1080-7414]   

白金 青い池 周辺

さて、宿を後にしまして、5日は走りよりも観光をメインにしようと考えました。

まずは美瑛にある、白金 青い池に行きました。

本当に青い(少し緑感もあるような)池でしたねー、しかしこの日も快晴でした!

10時くらいでしたので、観光客が多くなっておりましたが、新しく駐車場がありましたので混雑はありませんでした。

2019/5/27 21:05  [1080-7422]   

四季彩の丘より 花はこんなもんでした

お次は四季彩の丘に行きました。

5月と言えども北海道、あまり草花はありませんでした、、爆死

やはり夏くらいに行くのがいいようですねー!

2019/5/27 21:09  [1080-7423]   

ケンとメリーの木 美瑛放牧酪農場より やはり牛乳でしょー

お次に美瑛に戻りまして、今回の目的の一つ・かつてCMで一世風靡したケンとメリーの木(ポプラ)を見学しに行きました!

中国人の観光客が多かったですね。

お次は宿で紹介を受けました美瑛放牧酪農場に行き、新鮮な低温殺菌牛乳(なんと一瓶300円)をいただきました。

http://biei-farm.co.jp/

高価なだけあって、焦げ臭さ無し、コクがありながら後味サッパリの美味しい牛乳でしたねー!

気に入りまして、牛乳、飲むヨーグルト、バター、ラスクを買いました(後日宅急便発送)。

2019/5/27 21:18  [1080-7424]   

お昼に 洒落てますねー 1500円

そろそろ昼時になりましたので、有名・あるうのぱいん に行きました。

少々待ちまして、美瑛の小麦粉で作ったパン(くりぬいたパンにチーズがたっぷり入った)、
野菜、ウインナーが付いたチーズフォンデュセットをランチとしていただきました。

飲み物は自家製のベリージュースですね、
ちょうど暑い時でしたので、サッパリ酸味の効いたジュースはまた美味しかったですねー。

ただチーズフォンデュであったことを忘れてしまい、野菜は温野菜としてそのまま食べてしまいましたが、、、
それでも癖が無く、なかなかこれまた美味しかったですねー!

残ってしまったチーズたっぷりのパンは贅沢で濃厚な味でしたねー。


つづく!

2019/5/27 21:26  [1080-7425]   

富良野へ 夕張へ こぶしの湯 あつま で夕食

昼食後、美瑛を後に富良野ジャム園に行きました(土産用)、敷地内に家族向けのアンパンマンショップがありましたねー、
なので混雑しておりました。

https://www.furanojam.com/


しかし昼になりますと、暑かったですね。

後は帰りのフェリーに乗るだけですので、苫小牧東港に向けて移動を開始しました。

途中、夕張の道の駅で休憩(夕張は通過しただけ)、
さらに厚真のラドン温泉・こぶしの湯で温泉につかり、食堂で地元産豚の炭火焼き丼を食べました。

豚丼は1100円と高価ですが、やはり一杯400円前後のすき家、吉野家の豚丼とは異なり、
柔らかでジューシー、タレが効いていて美味しかったですねー!

何よりおまけの味噌汁がホッとして良かったですねー、やはり日本人ですか。

フェリーの出航まではまだ時間がありましたので、温泉施設の休憩所で一時間ほど一寝入りしました。

http://www.kobushi-atsuma.com/


ぐっすり眠れましたので、セイコーマート、ガソリンスタンドに寄り、苫小牧東港に向けて出発しました!

2019/5/28 19:39  [1080-7427]   

6日の海 6日の朝食 6日の晩御飯

23時30分出港の1時間前に到着し、フェリーに乗り込みました。

乗ってからほどなくして、アナウンスがありまして、案内所に行きましたら、
”波の揺れでバイクの純正セキュリティがずーと鳴っている”事件がありましたねー。

鳴らないようにセキュリティを解除しました。

長らく続いた旅行での疲れが出まして、早々に寝ましたねー。


☆5月6日

天気は曇りのち雨の冴えない空でした。

朝食はセイコーマートでのカップラーメン、おにぎり、野菜ジュース

セイコーマートのカップラーメンは100円と安価です、定番の日清食品・カップラーメンよりもアッサリ目の味付けでしたねー。

昼はセイコーマートのマヨネーズちぎりパン、メロンパンでした、
やはり安価ですので先の帯広のパン屋よりはねー。

晩御飯はフェリーのビーフカレーと味噌汁でした。

20時30分に福井県敦賀港に到着、雨予報でしたので雨具を装着しての出発でしたが、結局は道中雨に会わず、
途中のサービスエリアで雨具を脱ぎ、翌7日に1時過ぎくらいにようやく帰宅しました。

自宅での布団が一番落ち着きましたねー、やはり自宅が一番ですか。




2019/5/28 19:58  [1080-7428]   

北海道の土産 厚真の木製食器 三国峠の珈琲豆

せっかくの北海道ですので、いろいろと土産を買いました。

・新日本海フェリーのシール(200円)

・宗谷岬記念ポストカード(100円)
購入日、時間を記録してくれます。

・日本最北端のガソリンスタンドでの景品(カード、貝のキーホルダー)
ガソリンを給油しましたら、くれました。

・厚真の木製食器
帰りの道中の店で買ったわけではなく(時間が無かった)、結局はフェリーで買いました。
手作り、手塗りの樺材の食器ですねー、陶器や樹脂の食器にはないぬくもりがありますね。

・三国峠の珈琲豆(100g 600円)
高価ですが、買ってみました。
香りが良く、どれも濃いめのブレンドコーヒーでした。

他に宅急便発送の美瑛放牧酪農場の飲むヨーグルト(600ml 600円)を飲みましたが、原材料が生乳、砂糖のみのものでして、
濃厚なお味でしたねー!


まあこうして北海道に行きましたが、網羅はできませんでしたねー!
ただ走るだけなら可能のようですが、中には3日で北海道を走り、その後は九州にツーリングという強者もいるようですが、、

結局は4月30日〜5月7日までで、約1800キロ走りました。

また来年のGWに北海道へ行ってみたいですねー。

夏が一番いいのですが、フェリーチケットの争奪戦が一番激しいですし、休みが少ないのですねー、
夏は日本海や東北をツーリングがいいでしょうねー。

2019/5/28 20:15  [1080-7429]   

 iq-0さん  

こんばんは レザー好きさん

北海道の ツーリングレポート有難うございました


>結局は4月30日〜5月7日までで、約1800キロ走りました。
>また来年のGWに北海道へ行ってみたいですねー。

始めは天候不順でどうなることかと心配していましたが
来年も行ってみたいと思われている位ですから さぞかし満足度の高い旅だったのでしょうね

前後の二日は 船の旅ですので 丸一週間で1800キロということですよね
ただひたすら走り続けるのも それなりに大変だったと思いますが
マラソンと一緒で やり遂げた満足感は高いでしょうね


バイク関係の宿泊所や ユースホステルもいい感じのところばかりだったようで
下手に高級ホテルに泊まるよりも 人との交流もあって今回の旅のいい思い出になったでしょうね


>お次に美瑛に戻りまして、今回の目的の一つ・かつてCMで一世風靡したケンとメリーの木
>(ポプラ)を見学しに行きました!

さのやまさんから教えてもらって はじめて知ったのですが
美瑛というところは 丘が重なって見えて 本当にいいところだそうですね

有名な風景写真家の記念館もあるそうで 私もいつか一度は行ってみたいと思っています

白金 青い池の写真も本当に 素敵に撮れていますね
私も行く機会があれば 同じ場所で青い池に見える時間帯だけでなく 
何日間か滞在して 朝日か夕日も撮ってみたいですね


今回レザー好きさんの一連の写真を拝見させてもらっていて
うわさでは聞いていた北海道の魅力を再確認させてもらいました
ガイドブックで見る出来上がった風景よりも 
レザー好きさんが実際に見た感じで撮られた写真のほうが説得力がありますね 


2019/5/29 00:29  [1080-7430]   

 さのやまさん  

おはようございます。

レザー好きさん、

北海道ツーリングレポート楽しく拝見しました。

ポイントポイントも、もちろん印象深かったでしょうけど、
その間のバイクで風を感じた瞬間がもっとも良かったのでは無いでしょうか。

次もまた行きたくなるというのも、よくわかりますね。一度に全部に行くのは無理ですからね。

昔々のアナログハイビジョン時代に、故前田真三さんがソニーのハイビジョンカメラといっても
当時ですから中継車みたいな奴で美瑛の丘を撮影した映像をビデオで持っていました。
それが有名な「四季の丘」シリーズですね。でも写真の方がもっと印象的。
https://www.youtube.com/watch?v=AoxLFvkW
fyI


ユースホステルやライダーズハウスは、宿泊したことがないのですが、いわゆる観光ホテルだと
観光シーズンにだけ稼ごうとするのが露骨に感じられるから、かえって良かったと思います。

亡き父が最後に旅行したのも北海道でした。美瑛について特に知っていなかったようですが、
ちゃんと観光コースに入っていて、前田真三氏の写真も見に行ったようです(入口での記念写真)。

牧場での牛乳はね、風味を壊さないように低温殺菌して瓶入りですから美味しいですよね。
もちろん、価格もそれなりにしますが、いつもの牛乳も瓶入りだとずいぶん違います。

2019/5/29 08:01  [1080-7431]   

皆さま、こんばんは。


iq-0さん

そーですね、自然・天気ばかりは致し方無い面がありますからねー!
当初は5月3日も雨か曇り予報だったのですが、2日になって予報は変わりましたねー。

今年のGWは晴れるとまあ初夏の気温でしたねー、今もありえないくらい北海道は気温が高いですか。


旅というのもわからもんですねー、今回は一人旅でしたから黙々と観光旅行かと予想しておりましたが、
宿泊先などではいろいろな方々と世間話の機会がありまして、なかなか有意義なものでした、
まさに一期一会ですかねー。


私も「美瑛」のことはサッパリ知りませんでしたね、ケンとメリーの木を目的にしたわけですから、、
他は旅先で他の方々に教えていただいたから行けた!
というわけすからね。

美瑛という街はなかなか人気のようですねー、旭川からも近いですから。



さのやまさん

そうですねー、北海道という未知の土地を風を感じながら、駆け巡っている時がなかなか面白いものでしたねー!

そこは四輪車には無い、醍醐味なのでしょうねー。


「四季彩の丘」はそんなに有名でしたかー!

季節が合えば、YouTubeのような雄大でキレイな花々が見えて感動するのですが、、
今回は雄大な畑がほとんどでした。


今回の「ユースホステル、ライダーハウス、とほ宿」は単なるコスト削減の案なのですがねー、
まあ意外なことになかなかにして良かったですねー!

ホテルも連休を外せば安いのですが、、やはり今回の連休・GWでは高価でしたね。

2019/6/1 20:17  [1080-7432]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
のんびり日記帳
のんびり日記帳をお気に入り登録
運営者:
レザー好きさん
設立日:
2012年7月25日
  • 注目度:

    30(お気に入り登録数:20件)

ページの先頭へ