「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

空き家の縁側みたいなところにしようと思っています。
オープンです。空き家ですし、、、

家主は幽霊のように、たまに出たくなったら出てきます。
っていうか、出てくるのは幽霊ばっかりだったり、、、

音楽は楽しい
オーディオは虚しい

  • すの掲示板
  • すの伝言板
  • すの投稿画像
すの掲示板に
すの掲示板に新規書き込み

タグ:
音楽  善哉    

最近のお気に入りの音楽です。

Jess Lewis いいね。とくに最初のやつ。
ギターがいい色でキレイ。欲しい、、、

2014/12/1 23:55  [1020-549]   

Hudson River Wind Meditations
Lou Reed

できるだけ大きな音で、出来るだけ大きなスピーカーで聴く音楽です。
ドローンっていうジャンルの音に似ています。
ルー先生が自分の瞑想のために作った音楽です。
意識を失いかける瞬間すべての音が混じり合い、ちょうどこのような音のうねりだけを感じたことがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=cJH365X-
tRE&list=PLCsYKnX0flRU-Ys5QqC4OCzQ1l
dQ69Ka8

2014/12/3 22:59  [1020-552]   

Ministry:ライヴ

In Case You Didn't Feel Like Showing Up:
(LIVE)
Ministry

これはいまだにかっこいいと思ちゃいます。
インダストリアルってジャンルです。メタルの一種。

なんども言いますけど、私いわゆるヘビメタ大嫌いなんですよ。
こういうの、ヘヴィメタ人は聴かないんです。不思議ですね。
なんとなく、バルタン星人はこういうの好きな感じがします。
不思議ですね。

だから何?


https://www.youtube.com/watch?v=Yaz5V6OF
Qlo

2014/12/5 20:26  [1020-556]   

 SKI-CATさん  

こんにちは。珍しくこの時間におじゃまします。
Jess Lewis、水色ギターいい音してるでしょう?
この手のフュージョン系ギター、以前は「上手いけどメリハリの無い面白くないギター」とか思ってたんですが、今は「凄い」「かっこいい」と思うし好きです。テクだけでなく表現力も。

https://www.youtube.com/watch?v=c_vJ_50y
XEI&index=20&list=UUB_euNJSJF8cB
L2il0yNcVQ

↑こんなんもやってたみたい

ZEPのリマスターDELUXE EDITION、揃えるんですね!
評判を見てもよさそうです。 特にライブ音源などの+αの部分が気になります。
https://www.youtube.com/watch?v=bzEYNsFC
2gE

Jimmy Page & Robert Plant - Kashmir

2014/12/7 17:13  [1020-561]   

SKI-CATさん

ミントブルーのギターっていいですね。
ヤマハので、見たことあってホッシーとか思ったんだけど、ストラトあるしなーって我慢してます。
ミントブルーのテレキャスそっと買って隠しとこうかな〜、、、ってどこに?

最近見つけたsamantha fishとcarolyn wonderlandって女性ブルースギタリスト結構気に入ってます。
まだCDは買ってませんが、、、Amazonの買い物かごに入れてます。

samantha fish
https://www.youtube.com/watch?v=oJFBtRUM
CEw

イキのいいピチピチの新鮮なお魚みたい

carolyn wonderland
https://www.youtube.com/watch?v=XT4Lr_oV
GQY

指で弾くの練習中。

テレキャスってやっぱカッコいい!
https://www.youtube.com/watch?v=SJ07F5j5
efQ






2014/12/7 21:13  [1020-562]   

 SKI-CATさん  

やまざきさん、またまたおじゃまします。
実はF社テレキャス持ってます。学生時代に有り金叩いて買って、で今はケースで眠ってますけど、何か?
個人的にはテレキャスと言えば、Cornell Dupreeとかのブルース・ファンク系か、カントリーロック、硬派のイメージですが、水色だと和らいで、女性には良いんではないでしょうか。写真のトレモロ付は珍しいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=K-ZnH_MT
dKk

(↑カントリーロック教則ビデオとか出してる人ですが、水色テレキャス、似合ってない...。見ない方が良いかも)

女性ギター見ました。断然carolyn wonderlandが好きです。ギターも歌も。男らしくてカッコいい!
他の曲も見てみましたが、70年代の匂いがします。
指引き、結構いますよね。ジェフベックもピックから指弾きに変えてますもんね。

ブルースロック系ギターなら、”SKY DOG"って呼ばれてた故Duane Allman様なんかもどうでしょう?
https://www.youtube.com/watch?v=fpNaFiwT
fAY


ファンク系は、さっきまで久しぶりに聴いてたコレ↓。有名なんで知ってるかもしれませんが、いちおう。
超強力なブラス・リズム隊のTower Of Power/Back To Oakland
https://www.youtube.com/watch?v=zKoZeCH-
TAk

こんなんまでyoutubeにコロがってるとは、いい時代ですねー。

2014/12/8 01:16  [1020-563]   

 tanettyさん  

くらさん

くらさんの影響で、Led Zeppelinの2014リマスターを聴いてみましたよ。I〜Vの5枚とも。たいした耳はもってないので、エラそうなことは言えませんが、どれも音がイイような気がします。

私はやっぱりIVが好きです。わかりやすいから。Black DogとかRock and Rollとが特に好き。Stairway to heavenは、長いから眠くなります(笑)。

V(House of the Holy)は今回、初めて聴いたんですけど、うーん、よくわかりませんでした。

コンパニオン・ディスクとかいうのは、ちょっびっとしか聴いてません。

にしても、こーゆー昔の音源をきれいにするっていうのは、もっともっとやってほしいです(ノイズも高音質になりました!みたいなテキトーなリマスタリングはダメですけど)。

お金がかかるから、売れそうな音源以外は無理なのかな。アーティスト本人がやるなんていうのは、ジミー・ペイジと山下達郎ぐらいなもの?

それはそうと、この手の話題は、こっちのスレッドでよかったですか?

2014/12/8 19:06  [1020-564]   

taneさん

そう、ここでOK.
ZeppelinはLPでも持ってたんだけど、時代がCDに移行する時にボチボチと買っっていったんで、かなり古くって、25年前とか、そろそろ再生しなくなる可能性も高いし、音もね、ハッキリいってLPのほうが良かった。CDプレイヤー高かったんで、ケチったのが悪かったのかなーとか思ってたけど、マスタリング自体に問題があったみたい。LPのマスタリングをそのままCDに転用しちゃいけないみたいで、80年代のCDはどうもどれも音がよくない。
CDの音質がいいのは90年代で、2000年代に入ると、音圧上げ過ぎで、低音もり過ぎでダメなのが多い。
今回のzeppelinのリマスターは結構うまく行ってると思う。CDの音聴いてないけど、丁度買い替え時だし、とか言い訳して、物欲を満たそうかなって。

2014/12/8 22:49  [1020-565]   

2014年も残り僅か
みなさんお世話になりました。

今年発売されたアルバムは予想通り素晴らしい物が目白押しでした。
その中から、私が購入した物の中からのベスト10をと書いとこう。

基本的にリイシュー物やコンピレーション物は除いています。
これを書くのに、30分だけのタイムリミットなんで、順番は付けていません。
では、、、

2014/12/31 21:32  [1020-568]   

Pierre Boulez: The Complete Columbia Album Collection

素晴らしいボックスセットです。

2014/12/31 21:36  [1020-569]   

Deutsche Harmonia Mundi - 50 Cd Collection Box set

大好きなレーベル
古楽が中心だけど、これもスゴックいい

2014/12/31 21:40  [1020-570]   

I Remember Everything

Rivulets
I Remember Everything

2014/12/31 21:44  [1020-571]   

Lost In The Dream

The War on Drugs
Lost In The Dream

yeah! all right!

2014/12/31 21:50  [1020-572]   

実 / Flower Flower

yuiちゃんのボーカルがエモーショナルですごい。

録音が惜しいけど、バンドおよびアルバムとしては世界最高水準。

2014/12/31 21:55  [1020-573]   

Morning Phase

Beck
おかえり!

2014/12/31 21:58  [1020-574]   

Nostalgia for Paradise

Dakota

妖しさNo.1

2014/12/31 22:01  [1020-575]   

Phantom Radio

Phantom Radio

MARK LANEGAN BAND

2014/12/31 22:04  [1020-576]   

run forever / setting

setting

run forever

若いって辛いけど、ステキ

2014/12/31 22:31  [1020-577]   

The Opposites Of Light

The Opposites Of Light
Die So Fluid

久々に聴いたかっこいいロック

2014/12/31 22:36  [1020-578]   

以上、2014年のさくら的ベスト10でした。

さよなら2014!
楽しかったよ。

2014/12/31 22:38  [1020-579]   

 tanettyさん  

くらさん、あけましておめでとうございます。

2014、いろいろ聴いたんですね〜。私もたくさん聴くぞ〜。
とりあえず、ご紹介いただいたBeckの新譜(?)を調達しようかと画策中。

2015/1/1 17:03  [1020-583]   

taneさん

おめでとうございます。

2014ベスト11−30も企画中。ってなんにもしてないけど、まだ。

今年もよろしくお願いしますね。

2015/1/1 22:25  [1020-584]   

Crive Like Jehu

たまには書かなきゃね、てちょっと書いてみる。
Drive Like JehuってバンドのYank Crimeってアルバム。
なんか廃盤らしくって、CDは中古でもすごい値段がついている。
新品だと5万?え?
中古でAmazonUKに15ポンド程度であったので買っちゃった。
パンクでノイズでマスなUnwoundってバンドに何となく似た感じの音でモロコノミ。
90年代のアメリカのバンドかな?
これ、絶対に名盤だよ。

2015/1/23 22:18  [1020-596]   

die so fluid / The World Is Too Big For One Lifetime

die so fluid / The World Is Too Big For
One Lifetime

Die So Fluidってバンドに最近はまってる。
ボーカルとベースを担当しているGrogの熱烈なファンになった。
作曲も作詞も彼女が担当してて、どの曲をとってもクオリティーが高くて、演奏も充実してる。
彼女が在籍していたバンドもすばらしい。

去年出したアルバムの出来もすばらしくって、どうしてメジャーにならないのか不思議。

2015/1/26 22:23  [1020-598]   

Different Every Time Double CD / Robert Wyatt

Different Every Time Double CD / Robert
Wyatt

去年(2014)は素晴らしいコンピレーションアルバムやリマスターアルバムが沢山リリースされました。
これは、ロバートワイアットのコンピレーションアルバムですが、彼のCDを持ってない人は勿論、幾つか持っている人にもお勧めできる内容です。

音楽が好きでよかった、って思わせてくれるアルバムです。

2015/1/31 20:02  [1020-600]   

Skin Deep Single / Flinch

Skin Deep (Single)
Flinch

大好きなGrogが在籍していた90年代のバンド。
ベースもボーカルもカッコいい。
金髪なんだ、この頃、、、

2015/2/6 08:46  [1020-604]   

die so fluid / Spawn of Dysfunction

DIE SO FLUID

Spawn of Dysfunction
です。
DIE SO FLUIDの1STアルバム

このバンドに出会えてほんとに良かった。

ジャケットの風景やGROGの着てるものなんかが、何となく日本かなって感じ。
The World Is Too Big For One Lifetimeってアルバムにも「食った食った」「おいしかったよねー」とか日本人の会話が入ってる。
日本に興味あるのかな?

曲も歌詞も演奏もクオリティーすごく高い。
信じられないけど、トリオなんだよねー。

2015/3/15 00:02  [1020-607]   

ナマで踊ろう/坂本慎太郎

坂本慎太郎で、ナマで踊ろう、ってアルバムです。

現在ヘビロテ中。ちょっと中毒になってる。
Die So Fluidとペンデレッキと坂本慎太郎ばっかり聴いてる今日この頃。

春っぽい?

2015/3/29 09:30  [1020-609]   

You’ve Been Watching Me

Tim Berne’s Snakeoilというアーティストで
You’ve Been Watching Meっていうアルバムです。

最近またジャズが面白くなって来た。
このアルバムはモダンクラシック(現代音楽)みたいな音楽で、即興性もあり、でも聴きやすくてとてもいいです。

本来ジャズが持っていた前衛性があり、ジャンルを超えた素晴らしいアルバムです。
録音もいいですよ。

2015/6/2 17:34  [1020-642]   

yessongs

YESというバンドのyessongsというアルバムです。

K702とHeadroom Desktop Ampで今聴いてます。
私のヘッドホンアンプは結構パワフルでk702駆動には良いのですが、解像度が非常に高く、少し高音寄りに聞こえます。繋ぐのはHD650のほうが合ってるかも知れません。

K702とかER4Sとかをよく接続してるんですけど、アンプの解像度との相乗効果で、無敵の解像度です。リアルなディテールとクリアさにスピード感のあるパンチの効いた低音が加わる音です。ノイズも全く乗らないし、、、

Yesって1970年代のプログレッシブロックバンドです。このLP持ってました。3枚組。
文字通り擦り切れるほど聞き、数十年ぶりにCDとなって再会しました。

やっぱりいいです。

2015/6/4 01:55  [1020-643]   

TG25 Diving Into The Unknown

The Gatheringっていうオランダのゴシックメタルバンドの
TG25 Diving Into The Unknownっていう3枚組ベストアルバム
結成25周年記念だとか、、、
知らなかった、、、

すごくキレイな声の女性のボーカルがミドルテンポのヘヴィーなロックサウンドに漂うような曲群。
ボーカルは途中でメンバーチェンジしてる。でも曲の雰囲気は似てて、とても気持ちいい。

エンヤは私聴いてて疲れちゃうんだけど、これは癒される。
アンニュイな気分の疲れた昼下がりにピッタリ。
こういうのがヘビメタに分類されてたりするから油断出来ない。
最近の大のお気に入りの一つ。

今、iPod Nano 3GにK240Sダイレクトで聴いてます。

2015/6/5 16:27  [1020-644]   

Arthur Russell

Arthur Russellっていうアーティストの
CORNというアルバムです。

ジャケットすごくいいでね。
1982−1983年のSOLOアルバムのリイシューものです。

30年早かったってやつです。
ポップで少しサイケでアバンギャルド。

ギターかな?チェロかな?ディストーションがかかった歪んだカッコいいソロ。
チェリストだから、チェロなんだろうけど、、、

KURT VILEやTHE WAR OF DRAGみたいな香りもあって、でももっとミクスチュアーな宅録だけど、ローファイでは無く、録音よいです。

リズムマシーンにパーカッションを乗せ、チェロが漂い、やる気のあまり無いボーカルが気持ちよく、、、

2015/6/10 10:59  [1020-648]   

klempererのベートーベン, kempeのブラームス

ベートーベンとブラームス。
クレンペラーのベートーベン。
ケンペのブラームス。
このセットが1500円程度で買えるなんて信じられない破格。
クレンペラーは見つけたら買うって決めてて、これもその一つだけど、素晴らしすぎ。

録音は古いけど悪くない。ロックしてる。イキがいいい。クレンペラー、イェイ!

ケンペも枯れてていいぞ。

2015/7/1 21:12  [1020-678]   

Leszek Mozdzer

Leszek MozdzerでJazz at Berlin Philharmonic IIIというライヴアルバムです。
ポーランドのミュージシャン。めちゃくちゃカッコいい。見た目も、、、

最近ジャズのミュージックシーンが面白い。
まあ、わたしがジャズあんまり聴かないので疎いだけだけど。

ジャズピアノってクラシックの現代音楽との境界がかなり曖昧で、プリペヤードなんかもあるし、、、
ジャズ方がリズムが分かりやすく、その分聴きやすいけど、なかなかスリリング。
途中から弦楽四重奏も加わったりしながら、ジャズとクラシックのフュージョン。

ただただキレイな曲もあって、なかなか変化に富むライブです。
iPod NanoとB&O H2という組み合わせで聴いてますが、十分音楽に浸れます。

2015/7/2 17:39  [1020-683]   

Freedom Hawk / into your mind

Freedom Hawkていうロックバンドでinto your mindってアルバムです。

おい!ブラックサバスか?きみたち。サバスなのか〜?

オジーオズボーンが若者募って作ったバンドかとマジで思いました。

そっくりだけど、オリジナリティーもあって、結構カッコいい。

これもH2で聴いてる。

2015/7/2 19:19  [1020-684]   

The Epic Box set / Kamasi Washington

The Epic Box set
Kamasi Washington

Jazzなんですが、ポップで親しみやすい感じです。
ロック、ポップとのフュージョン?
3枚組なんですが、一気に聴けてしまうなにかエネルギーというか魅力がありますね。

ジャズ界隈から、良いアルバム沢山出てますね。

2015/7/4 20:38  [1020-692]   

Michael Zerang and The Blue Lights

Michael Zerang and The Blue Lights

Songs From The Big Book Of Love
というアルバムです。

ジャズですね。
ジャズロックとかに近いノリで、ドラムとベースが強力に曲をドライブしてます。
Michael Zerangさんはドラマーみたいです。詳しいことは良く知りませんが、1990年代にアルバム出してるからキャリアは結構長いみたいです。

ちょっとチンドン屋っぽいテーマだったり、そこにもの凄い勢いのサックスが被ってきたり、なぜか熱くなります。ドラムはロックっぽいし、ヘビーでタイトです。ベースもブンブンいってます。
最近のお気に入りで1日1回聴いてます。

2015/7/4 21:43  [1020-693]   

Brahms: Symphonies; Ein deutsches Requiem (Klemperer Legacy)

クレンペラーのブラームス全集、といっても4枚だけ。
好きな指揮者って何人かいるけど、クレンペラーは大好き。1番好き。
1番が何人もいたりするけど、、、

ブラームスもクレンペラーのを聞かなかったら好きにはならなかっただろう。
交響曲の1番の出だしでノックアウトされた。
暗いよー、重いよー、怖いよー。

ブラームスの交響曲は不安に満ちている。

決して不安感をかき立てようと意図したわけでは無く、どんなに美しくしようとしてもどうしても隠しきれない不安感が出て来てしまう。いくらはしゃいでみても、不安から逃れようとしているようにしか見えない。

ブラームスが意図してたのは違うところにあったように思うのだけど、出来ちゃったものはとても現代的だと思う。

2015/7/9 19:23  [1020-710]   

ShadesというJJ Caleさんのアルバムです。

LPで持ってました。1980年のアルバム。
JJ Caleのアルバムは何買っても外れが無いというより、当たりです。
でも、誰かが編集したベストアルバムはつまらなかった。

JJ Cale本人がリリースしたスタジオアルバムとライブは全部当たりでした。
レイドバックって言われるリラックスした音楽です。
ロック、ブルース、カントリー、ジャズが融合したような音楽で、ロックミュージシャンに与えた影響は多大なんですが、本人は人前に出るのが嫌いだったため、あまり知名度は高くありません。

Shadesは彼の作品の中でもジャズっぽい軽快さがあり、明るめです。

2015/7/12 11:05  [1020-721]   

Shades

ジャケットはこれ

2015/7/12 11:57  [1020-722]   

Britten: String Quartets - Three Divertimenti / Belcea Quartet

Britten: String Quartets - Three Diverti
menti / Belcea Quartet

ブリテンの弦楽四重奏、全集なのかな?2枚組CDです。
ブリテンは20世紀イギリスを代表するクラシックの作曲家です。

現代音楽ですが調性が保たれていて、親しみやすく、曲はとても美しく、でも現代的です。
演奏も素晴らしく、録音も秀逸です。
早い話、名盤といっても良いでしょう。

B&OのH3で聞いてみました。

2015/7/20 22:59  [1020-772]   

Sorcerer 2014
Tangerine Dream

Sorcererっていう映画のサウンドトラックをタンジェリンドリームが手がけたのは1977年。
これは、新たにリメイクしたもので、オリジナルとは違います。
でも原曲に忠実だと思います。

映画の邦タイトルは「恐怖の報酬」だったかな?
ジャンルはエレクトロニックになるのかな?
サントラになるのかな?

暗くって、凄く雰囲気があって、奇麗で、オリジナルもこのリメイクも大好きです。
オリジナルの方がもっとドロドロってしてた?もう持ってないので遠い記憶、遠くを見る目、、、
リメイクはパーカッションが鮮明で、あれ?ギターも上手くなってない?
ギタリストは誰か上手な人呼んできたのね、、、だよね、

B&O H3で聴いてみた。H3はエレクトロニックも上手だな、、、

2015/7/28 15:39  [1020-859]   

Sorcerer 2014 / Tangerine Dream

アルバムジャケットです。

2015/7/28 15:52  [1020-860]   

Villagers / Darling Arithmetic

Villagersで
Darling Arithmeticです。

実質的にはConor O'Brienという人がやってるみたいで、ダブリンのアーティストです。
ジャンル分けとしては、フォークかな?ロックかな?
彼の3枚目のアルバムで、ダブリンの農場にある彼の自宅でレコーディングされミックスされプロデュースされました。

https://www.youtube.com/watch?v=icaRVYQ5
-Nc


まあ聞いてみてください。
The Soul Serene って曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=7GaL1njH
_wk


これはライブです。

歌詞がゆっくりな英語で、直接飛び込んできます。
好きなミュージシャンどんどん増えていきます。
世界は美しい音楽で溢れているのに、、、

2015/8/2 08:53  [1020-901]   

https://www.youtube.com/watch?v=3gyo0WLG
IgU


Villagersのバンドサウンド/ライブもあった
自分用にキープ

2015/8/2 09:08  [1020-902]   

Doors

子供の頃からBeatlesは苦手で、ずっとDoorsでした。
LPで3〜4枚持っていて、CDに移行したとき買うのずっと後回しにしてきて、最近、すべてのスタジオアルバムがそのまま5枚とも収録されているboxを発見し、即購入しました。
嬉しい事に、ボーナストラックも無く、変なリマスターもされていません。
さすがRHINO, 音良いです。

2015/8/26 18:21  [1020-1120]   

Tool / Undertow

Toolです。
フルアルバムとして彼らの1stですが、ありえないクオリティーの高さ。
Tool のアルバムの中では評価が低いようですが、普通のバンドだったら最高傑作とされそうな秀作揃いで、Toolとしては短めなライブでの定番となる曲が並び、最後まで全く緩む事無く緊張を保った演奏が続きます。
わたしは、このアルバム大好きです。Tool入門としてもお薦めです。
これがダメなら、もっと修行してまた挑戦してください。

B&OのH2で今聴いていますが、このアルバムと相性抜群ですね。

2015/8/26 22:55  [1020-1122]   

Screaming Trees / Sweet Oblivion

Screaming TreesのSweet Oblivionというアルバムです。
マークラネガン率いるバンド、グランジの名盤。
日本では知名度ありません。
ミドルテンポの曲にマークラネガンのねっとりした声が絡み付く、ロックの歌もの。

グランジブームの時でさえ、音がグランジっぽくないので、全く注目されませんでしたが、もっともグランジというジャンル(あらゆるジャンルはでっち上げだと思ってるんですけど)は商業的な利便性から出来たもので、グランジの名バンドは皆別々のベクトルを持っています。

繰り返し聞くうちにだんだん良くなってくる、スルメアルバムです。

2015/8/29 13:56  [1020-1143]   

The Quintessence : John Coltrane

The Quintessence (2CD) 1956-1962
John Coltrane (Artist)

コルトレーンのベストアルバム。
5枚ぐらいオリジナル持ってるけど、それでも十分楽しめる内容。

上手くリマスターされてるようで、音質は持っているオリジナルより良く聞こえる。
選曲もとてもいい。
シリーズで何人ものジャズミュージシャンのものが出てて、これなら幅を広げるのに良さそう。

コルトレーン入門にもいいと思う。

2015/9/2 08:46  [1020-1157]   

the uk gold / Thom Yorke

RadioheadのボーカリストのThom Yorkeのソロアルバム。
いろんな人とのコラボレーション。
ジャンルはエレクトニカになるのかな?
やっぱりただ者では無い音楽のセンスのよさ。
ちなみに歌は無い。
いいけど、なんか少し物足りないか?

2015/9/11 20:36  [1020-1201]   

ICON Eugen Jochum

EMI ICON; Eugen Jochum

まだブルックナーとベートーベン少ししか聴いてないけど、素晴らしい。
録音もとてもいい。

EMI ICONシリーズいいね。

2015/9/16 05:41  [1020-1216]   

Listener Supported/ Dave Matthews Band

Listener Supported
Dave Matthews Band

初期のDMBのライヴ。1999年9月11日。
DMBはライブがとてもいいので、ほぼどれを買っても外れはない。
ジャズ、フォーク、ブルースが融合したロックで、でもプログレのようなもったいぶったところもなく、とても聴きやすいと思うんだけど、日本では知名度も低く人気もあまりない。
オベーションっぽい音のアコースティックギターが気持ちよく流れ、バイオリンやサックスも上手く入り、キーボードとコーラスが結構ソウルフル。あまり目立たないけどクールなフレーズを弾くベース、それに素晴らしいドラム。
デイヴの声はなんとなく優しく、バンドサウンドのなかにとけ込む。
アメリカのバンドってなんやかんやレベル高いって思わせるいいアルバムです。

2015/9/16 22:41  [1020-1219]   

Didn't He Ramble / Glen Hansard

Didn't He Rambleというアルバムで
Glen Hansard さんの作品です。

フォークなのかな?スーっと聴けて、また聴きたくなる良いアルバムです。
歌詞がまだよくわかってないので、一度集中して聴く必要がありそうです。
歌詞が分かるとまた良くなるアルバムですね、予感ですけど。

2015/9/21 21:23  [1020-1235]   

Washington Phillips

ブルースなのかな?
ゴスペル?
アメリカのルーツ音楽です。
Washington PhillipsというひとのWashington Phillipsというアルバム。
録音はめちゃくちゃ古くて、EPいや、78回転のレコードから起こしたものです。
ブチブチいってます。
内容は素晴らしい。なんか心にぐっと来ます。

2015/9/21 21:35  [1020-1236]   

born in the USA / Bruce Springsteen

born in the USA
Bruce Springsteen

アメリカ万歳!なんかじゃ全然ない。なぜかプロアメリカンなイメージが強いアルバムですが、おかしいなー。そんなんじゃ全然ないのにね。

Born in the USAなんか、むしろ『なんでこんなところに生まれてきちゃったんだろう?』っていう感じだし、アルバム全体にアメリカに生まれて、アメリカで生活する辛さ満載の、かなり暗い内容で、ああやるせない、でも行き場が無い、苦しい、たった一つの救いも不確かって感じが漂っていて、でも元気良く乗りやすい曲調でなんとか明日も生きていこうかと思わせる、そんな内容。
LPで持ってて、CDは2枚あったりして、何回も買ってるアルバムです。

あ!これもシリジャケだ!

2015/9/22 23:45  [1020-1238]   

Darkness On The Edge Of Town

Darkness On The Edge Of Town

人の声ってこんなに説得力あるんだね。

2015/9/22 23:59  [1020-1239]   

Croweology/ Black Crowes

Croweology
by Black Crowes

Black Crowesのベストアルバム。アコースチティック。
録音もいいし、曲はいいよ。Black Crowesだし。

ブラッククロウズほぼ全部持ってる上にベスト盤2枚(3枚)もあるのは、バカだと思うけど、ベストから入っていったんである意味仕方ない。

2015/9/23 21:24  [1020-1241]   

from Sleep / Max Richter

from Sleep
by Max Richter

コンテンポラリー クラシカル ミュージックかな?
画像拾いにアマゾンに行ったら#1 best seller in Jazzってあるし、、、
Jazzじゃないと思うんだけどなー

夜聴くと絶対寝ちゃうんで、朝まだ眠ったままの気持ちでいたい時聞いてます。
ヒーリング系やメディテーション系の音楽ですが、外で鳴く鳥の声とかと非常に合うので早朝に開放型ヘッドホンやスピーカーで音を絞って聞くのが好きです。
1/f ゆらぎの音楽により、ゆっくり心と体が目覚めていく、そんな過程を楽しめます。

From SleepはSleepからの抜粋でもともとのSleepの方は8時間の長さなんで、朝聞くと寝たきりになっちゃう、、、

2015/9/24 10:08  [1020-1242]   

Swept Away / Marc Johnson, Eliane Elias

Swept Away
by Marc Johnson, Eliane Elias

癒し系のjazzです。めおとジャズ?

Eliane Eliasさんがクレジットされているので、てっきりボーカルものかと思いきや、
彼女ジャズピアニストなんですね。
最近出したMade In Brazilは彼女のボーカルをフューチャーしたものでしたが、それを気に入ってジャッケットとアーティスト買いしたら、むしろピアニストとしての彼女の方が好きになりました。
とても息のあったピアノとベース、軽快なドラムスのシンプルな構成。サックスも入ったり。

みんなとても自然体の音楽を楽しんでる感じ。とても気持ちいい。
このドラマーすごくいい。Joey Baron、クレジット調べたり、、、

録音もいいです。

2015/9/25 21:58  [1020-1248]   

Melina Tobiana / Melina Tobiana

Melina Tobiana
by Melina Tobiana

フレンチジャズです。
ボーカルものなんですが、曲全体の中で生きたボーカルです。
デビューアルバムみたいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=Nvm5mBsw
CFk


フランス語でもっと唄って欲しいな。

2015/9/27 23:30  [1020-1250]   

Dance / Semacordes

Dance
by Semacordes

クラシックっぽいジャズです。これもヴォーカルあります。
ヨーロッパのジャズですね。
ヴァイオリンとかヴィオラとかチェロとかとエレキベースとドラムスに女性ヴォーカル。
アンサンブルがとても上手く行っている。珍しいパターン。
普通にクラシックを演奏してる弦楽四重奏楽団のプロジェクトみたいです。
ほとんど情報がないんですけど、このアルバムはとてもいいです。

2015/9/28 00:18  [1020-1251]   

The Fragile / Nine Inch Nails

The Fragile

Nine Inch Nails

五寸釘ぶち込むぞ!よりもっと長い9インチ釘ぶち込むぞ!しかも複数。

NIN=Trent Reznorだけど、彼の作品を無性に聴きたくなる時がある。
インダストリアルメタルとかに分類されてるらしいけど、ほかの同類のバンドとは根底からして違うと思う。スタイルで曲を作ってるのではなく、曲の内容を表現するために独自のスタイルを作り上げた、アーティストだ。
ロックなんかでは、『どうしてもこうなっちゃう。ごめんなさい』みたいな作品じゃないとつまらない。
〇〇風にアレンジしてさ〜卑怯ビートに乗っけるなんてどう?とか話して曲つくりしてそうなJpopとは明らかに次元が違うのさ。

曲も音も非常に作り込まれていて、複雑で、凶暴でもあり、はかない美しさもあり、攻撃の矛先はいつも自分に向けられていて悲しくもある。

23cmの複数の釘を打ち込む代わりに、私はNine Inch Nailsを聴くのかもしれない。
いま、ふと思った。
キリストを十字架に貼付けた釘がNine Inch Nailsなのかも?

2015/10/4 01:34  [1020-1265]   

The Art of Carlo Maria Giulini

The Art of Carlo Maria Giulini

DGのGuiliniのボックスセットです。
16枚の熱演が納められていて、聞きごたえありますね。
プラスチックのケース4つに4枚づつ入っています。場所取ります。

丁度ブルックナーの7、8、9のケースに順番が廻って、聴き較べしてますよ。
演奏も録音も優秀で、音はなかなか良いです。
テンポも私好みだし、何よりよく歌いますね、オーケストラが。

ドイツ系の指揮者だとモノクロームな感じのするブルックナーが、あら不思議、Giuliniがやるとカラーですね。色褪せてはいます。でも色彩がある。オーケストラはウイーンなんでドイツ系ではあるんですが、ウイーンの風景のような色合いがあります。
とても気に入りました。

ヴァントが決定盤みたいな事言われてますが、どこが良いのか全然分かりません。そこからブルックナーに入ろうとしたんで、ダメだったんだと思います。いつか気を取り直してまた聴いてみますけど、なんか気が乗らないなー。

夜中仕事しながら聴いてるんで、お気楽なヘッドホンGrado SR60iと20年前のPCDPで聴いてるんですけど、いいですよ。家では特殊な事情が無い限り、密閉型のヘッドホンやイヤホンは使う気にならないんで、開放型のヘッドホンばかり増えてます。

わたし、ボーカルものほとんど聴かないんです。ボーカル入ってても、ボーカル物とは違いますよね。ボーカルが前に出てくるとか、そんなのドーでも良くって、根本的に他の人たちと聴き方違うんだと思ってます。Jpopなんてほとんど聴く事ないからサ行が刺さるって何?って感じだし。

2015/10/4 04:01  [1020-1266]   

orchestral works / Xenakis

orchestral works / Xenakis

Xenakisは建築関係のエンジニアで、ギリシャで死刑囚の身から脱獄し、そのときの銃撃によって左目を失い、なんとかパリまで逃げ延び、どういうわけか大建築家ルコルビジェの事務所で働くようになり、モヂュロールなどの人体寸法を元にしたプロポーションの体系をルコルビジェとともに確立し、パリ万博の設計を担当した時に初めてVareseの曲に出会い、衝撃を受けて、メシアンに弟子入りし、音楽をはじめました。

これは5枚組のボックスですが、宝です。
ブルックナーが宇宙の創造とかそんなこという人がいるようですが、私には怪獣の生命力のようにしか聞こえないのです。いまのところ。
Xenakisのこの作品集は、地球に生命が誕生した瞬間のような、もっと原始的ではあるけれど、奇跡的で崇高で力強くそしてしぶといものを感じてしまいます。

今、B&OとSony D33でCDを聴いていますが、素晴らしいです。

2015/10/4 19:55  [1020-1270]   

b'leave i'm going down / Kurt Vile

Kurt Vile の5枚目のアルバムになるのかな?
大ファンなんで、新譜予約して買いました。今日届いた。
歌上手くなったし、録音も良くなってる。
やさしい曲。でも狂気はキチンとあるね。
よしよし。

つづけて、2回目リピートして聴いてる。
2回目の方が好印象なんで、良いアルバムだね。
センスいいんだよね、この人。ドラムスもいいね。

2015/10/7 06:42  [1020-1274]   

Shiny Beast / Captain Beefheart

Shiny Beast / Captain Beefheart

牛心隊長
魚のやつが有名だけど、私はこっちの方が好きなのです。
最初聴いた時は上手いのか下手なのかすらよくわからなかったけど、何度か聴いてるうちにポップだなーと思うようになってくるから不思議。もちろん激ウマ。
LPで以前持ってて、MP3ダウンロードして、最近リマスターCD買った。
かなりかっこいいロックです。すこし先に行きすぎてたんで、今聴くと丁度いいかも?

2015/10/9 00:14  [1020-1278]   

earthbound / king crimson

earthbound / king crimson

いやー、内容が凄くて録音悪い愛聴盤です。
フルトベングラーにしても戦前戦中のパフォーマンスなんて、内容強烈だし、狂気のさたのような迫力。でも、あのころの機材や録音や保存状態からそうなっちゃっただけで、意図的に凶暴な録音にしたわけではないのだろうけど、、、

こちらは、ラジカセでとったような録音、しかも正式盤として録音悪すぎて出してない。ブートレッグなのかな?でもこれわざとこういう音にしたって言われたら、ローバートすごい。って思う。
アートの領域に踏み込むと、心地よさや美しさは実は問題外で、すくなくとも心に引っかき傷を付けないとアートは始まらない。
これを聴いて私の凶悪な気持ちが収まるといいと思う。助長されたりして、、、

2015/10/10 09:43  [1020-1281]   

ふるべん べとべん

戦争中のパフォーマンス、録音。
結構音もいい。綺麗に録れてる。
これは人類の宝だね。ライヴ聴きたかったな。
Mordaunt-Shortのスピーカーって古いモノラルの録音いい感じで鳴らすんだよ。
4枚組で全部戦争中の録音。
frutwangler conducts beethoven, the best
of the world war 2 live recording
これ聴かずに死ねるか!ぐらいの名盤。

2015/10/12 21:42  [1020-1289]   

The Gate ( Handmade 2CD ) / Swans

Swansのライブアルバム。
The Gate

発売とほぼ同時に売り切れ。
ヤッホー、入手出来たぞ。

ライブとは思えないほど録音いいし、今までのswansのアルバムの中で一番いい。
ポストロックとかエクスペリメンタルロックとかジャンル分けされてるみたいだけど、他のとは一緒くたにしないでちょうだいな。SwansはSwans。ほかに替わる物がないでしょ?

ロックが行き着く先は宗教なのか?
反復するリズムとリフ。延々と。
畳みかける。畳み掛ける。
でもどうして畳み?なぜ掛ける?
昔は畳を掛けたのか?どこに?どんどんどんどん掛けたのか?でもどこに?

なんだか怖い。
どんどん凶暴化していく、、、

最後はアコギの弾き語り、、、

2015/10/13 20:22  [1020-1290]   

run forever / run forever

run forever / run forever

大好きなrun foreverの新しいアルバムです。
とっても内省的で、ああ、青春ってこうだよね、って思うアルバム。
メロディーのセンスが良くて、難しくひねくり回さないで、ストレートだけど、根が屈折してる。
パンクとかポップパンクとかに分類されるけど、どうなのよ?
青春ってちっともハッピーじゃ無かった。わたしだけかな?
いいね。結構なスローテンポで頑張らないし、主張してるわけでもない。
切ないな、、、
でも美しい。

2015/10/16 20:29  [1020-1302]   

Servant of Love / Patti Griffin ロバートプラントと

Servant of Love
Patti Griffin

ボーカルもの、シンガーソングラーター。
最新アルバム。
アメリカのトラディショナルミュージック。
すばらしい声。素晴らしい曲とアレンジ。
どんな顔してるのか?この声の持ち主は。
きれい。51歳。

ロバートプラントと一緒に歌ってる写真発見。
共作でアルバム出したのかな?
ロバートプラントって女性のセンスいいね。

2015/10/17 22:17  [1020-1304]   

スペルミス。
Patty Griffinが正しい。
ロバートプラントと交際してたみたい。
はっきりとは分からないけど、ステージ以外の場所での写真や、別れたとかの記事もあった。

でも、そこにはあまり興味ないです。

そういえば、ローリーアンダーソンが来日した際、ぴあで見たローリーの写真にただ者ならぬ気配を察知し、レコードも持ってないのにチケット買って見に行った。カッコッよかった。
道路から車を無くして、そこを公園みたいにして、樹を沢山植えるっていう提案を映像と語りと音楽で見せてくれたけど、いまでも強く印象に残ってる。
ニューヨークが、東京が、すごく美しい都市になり、ほんとにビックリした。公園の中に住んでるみたいだった。
利便性の追求の果てに私たちが得たものは、私たちを惨めにしただけだった。
便利になったけど、ミゼラブルなんだ。アグリーなんだ。そしてデリンジャラスでダーティー。アイソレイテッド、ディスコネクティッド。こんなけ揃えば誰もがアンハッピーだぜオートマチカリィ。
自動車という19世紀、20世紀初頭のテクノロジーをキッパリ捨てて、私たちは違う選択をすることだってできるんだ。都市計画だって豊さという観点から考え直すことだってできるんだよ。って言われたような気がした。
彼女がルーリードの奥様だって知ったのは、ルーリードが死んだ時ルーのホームページを見た時だった。
ルーのKEEP ME HANGING ONって大好きな曲だけど、彼女とのデートだったのかな?
カッコいいったらありゃしない;)

2015/10/18 08:12  [1020-1305]   

The Thief and The Heartbreaker / Alberta Cross

The Thief and The Heartbreaker
Alberta Cross

彼らの新譜が出るみたい。買うかどうか迷ってる。

デビューシングルのこのアルバムは素晴らしい。
特徴のある声のボーカルで、サザンロックのような、どろっとしたブルージーな感じもあり、アコースティックな、でもザラザラした感触の、いい曲が詰まってる。
ソングライティングに別格な才能を感じる。
古いけど新しい。新しいけど懐かしい。今聴いても、印象は最初に聴いた時と全く同じ。
ぐっとくる。

2015/10/18 19:18  [1020-1307]   

Mozart PQ1,2 / Cliford Curzon and members of Amadeus Q

Mozart PQ1,2
Cliford Curzon and members of Amadeus Q

Decca Mono Years Box Setに入ってます。
モノラル
モーツァルトはどちらかと言うと苦手なんですが、このアルバムはいいです。かなり。
聴き比べていいとかじゃなくて、ある意味絶対的にいいです。相対的じゃなく。
このアルバムの中に世界が構築されているというか、スピーカーから夢の空間が立ち上がり、それは今私が住んでいるこの場所ではなく、違う世界観を見せてくれます。
音像とか言ってるうちは、音楽に接することが出来ないような気がします。

モノラル録音いいですね。

2015/10/24 09:43  [1020-1324]   

Black Light / Sonar

Black Light
というアルバムで、
Sonar
というスイスのバンドの最新アルバム。

インストルメンタル、プログレッシヴ、アバンギャルド、マスロック、エクスペリメンタル、ミニマルミュージック、ポストロック、、、、
なんとでも呼んでくれって感じ。
あえていうと、プログレッシブポストマスロック(今作った)っていうジャンルがピッタリ。
キングクリムゾン、ドンキャバレロなんかが好きな人にはマスト!

「エッシャーが絵ではなくて、音楽を作ったとすれば、Sonarのような音楽だろう」って言われたみたい。
ロックまだまだ知らないいいバンドいるね。
最近の大発見。

2015/10/24 17:58  [1020-1325]   

Honegger Sym#3 / Robert F. Denzler*

Arthur Honegger, Robert F. Denzler*, Orc
hestre De La Societe; Des Concerts Du Co
nservatoire de Paris; Honegger Symphony
No. 3 ('Symphonie Liturgique')/Chant de
Joie
です。

これもDecca Mono Yearsの中の1つ。
Honeggerの交響曲って多分他にも持ってると思う(EMIの)けど、こんなにいいんだって思った。
暗さや不安がずーっと底辺に張り付いてて、美しいメロディーもより一層の不安感を煽るし、激しいフレーズも歓喜ではなく狂気に近い。
ボーナストラックも本当にボーナスだ。
Cornad BeckとBernard Reichelという作曲家の作品が納められている。
聴いた事無い作曲家だけど、いい。とっても。
こういう知らない作曲家や演奏家や曲に出会えるのがボックスセットの大きな魅力だと思う。
まさに、福袋的な。ちょっと早いけど。

弦はかなりキレがいい。管はあまり上手くないけど、、、
クラシックのリズムってドラムスが無いけど基本的にはロックと同じ。日本のポップスとは全然違う。ジャズとかとも違うな。

音はかなりいい。勿論モノラル。
フランスの音楽も音も大好き。
モダンショートのスピーカーはモノラル再生とてもいい。

2015/10/25 00:31  [1020-1326]   

Brahms PC#1+ Beethoven Sym#4 / Clifford Curzon=Piano

Brahms PC#1+ Beethoven Sym#4 / Clifford
Curzon=Piano

これもDecca Mono Yearsから
Clifford Curzonいいね。
やさしいんだ。
とっても。
なんか、心に滲みる、、、

2015/10/26 20:55  [1020-1331]   

BINAURAL / PEARL JAM

BINAURAL

PEARL JAM

バイノーラル技術で録音されてます。半分ぐらいの曲。
ヘッドホンなどで聴くと、その曲は自然な感じに聞こえます。

音像とかサウンドステージとかどうでもいいんです。
ヘッドホンやイヤホンの音は不自然に聞こえる事が多くて、疲れるんです、私。
スピーカーで聴いてると、普通に聞こえる。
それで私のヘッドホンアンプのクロスフィードスイッチは最近ずっとオン。
頭の中に定位しない、脳で音楽を聴かないのが好きです。

ロックの低音はおなかに来ないとダメです。
おなかにくるかどうかは質であって、量は関係ないみたいです。経験からすると。

まあ、バイノーラルとか関係なく、いいアルバムです。
この辺りのパールジャムもいいですよ。
ここ数年なんだかなーっていうアルバムが多いですけど、、、

2015/11/3 13:02  [1020-1342]   

Helplessness Blues / Fleet Foxes

Helplessness Blues
Fleet Foxes

結構好きなんですよね、狐艦隊。
フォーク系ロック?フォーク?
もう4年も新作出してないか?
大物なの?
久々に聴きたくなって引っ張りだして今聴いてます。

夜遅いけど、結構大きな音で、スピーカーで。
こういうの、ぱっと聞きでは良さが分からなかったりするけど、だんだん良いなーって思うようになる。時間が掛かるげど、時間によって色褪せたりしない。
1つ1つの音を拾いながら聴くんじゃなくて、すごく油断して聴くのがいい音楽の聴き方です。
え?とか、お?とかくればいい。シンプルです。
音楽の素人でいいんです。しょせん素人なんだから、、、

2015/11/5 23:27  [1020-1350]   

Bloch: String Quartets / Griller Quartet 2枚組でも単独で再販されてる

Bloch: String Quartets / Griller Quartet


DECCA MONO YEARAS( ffrr耳)の1枚。2枚セットだけど。

うわ!すご。
こういうの入ってたりするからレーベルからのボックスセットって好き。
Blochって名前は聞いた事あるけど、どんな曲作ってたかは知らなかった。
あまりにも素晴らしいので、新しい録音のものが無いか物色してみたら、無い!
こんなにいいのに、人気ないの?
バルトークとかショスタコヴィッチに雰囲気は似てる。戦争とかやっぱり影響されてるのかな?
暗く美しい。現代的な響きだけど、旋律も無いわけでは無く、緊張感にあふれている。緊張の糸は最初から最後まで全く緩まずぴーんと張りつめてる。

モノラル録音だけど、本質的なところで、音良い。音楽がきちんとパッケージされてる。

1枚目はスピーカーで小さい音で聴いて、あまりにいいんで2枚目をさすがに夜中なんで、k240Sで今聴いてる。うちのスピーカー、モノラルの再生上手。k240sもモノラル再生させたらピカイチ。
モノラル大好き。

2015/12/15 03:22  [1020-1435]   

最近書いてないな。
いいのいっぱいあるんだけど。

今何枚くらいあるんだろう?数百枚リッピングしてないし、itunesで10枚組とかのボックスも1枚扱いでまとめちゃってるし。4千ー5千枚ぐらい?もっと行ってる?わからない、、、

2016/1/15 18:37  [1020-1479]   

The Freewheelin' Bob Dylan

The Freewheelin' Bob Dylan

久しぶりに聞いてみた。
なんとなく聞くのに気持ちいい。

2016/1/17 21:58  [1020-1484]   

Live Dead / Greatful Dead

Live Dead / Grateful Dead

Dylanがなんとなく部屋に流れていると気持ちよかったので、
なんとなく似た気持よさを持つ、Live Dead / Grateful Deadを今度は聞いている。

スピーカーに正対なんかしないで、適当に寝転がって、小さめの音で、、、
耳なんか片耳しかスピーカーに向いてやしない。

こういう聞き方が気持ちよい音楽もある。

2016/1/17 22:11  [1020-1485]   

Unplugged 1991/2001: The Complete Sessions / R.E.M.

Unplugged 1991/2001: The Complete Sessio
ns / R.E.M.

Rapid Eye Movement
REM睡眠:夢

デビュー当時から輸入LPを買い、今でも気がついたようにCDを買い足してる。
そしてREMばっかり聞く時期がたまにある。

2016/1/19 09:05  [1020-1487]   

Jesu / Sun Kil Moon / Jesu / Sun Kil Moon

Jesu / Sun Kil Moon

両方知らないでしょ? インディーの中堅2つのバンドのプロジェクトっぽいアルバム。
jesu色が強いかな?
いいよ。これ

2016/1/19 21:51  [1020-1489]   

Keep It Like a Secret / Built To Spill

Keep It Like a Secret
Built To Spill

アメリカのインディー?ってメジャーレーベルからのリリースだけど、Built To Spill。
1999年のアルバム。
ポップで聞きやすいけど、軽い中毒性もある。

なかなか魅力的なアルバムです。
H8で聞くとLPの音を思い出した。

みんなあんまりアルバム単位で聞かないんだろうね。
CDになってから1枚聞くって1時間超えちゃうし、わたしもしばらく困った。
LPだと片面20分程度なんで、一日の中にそのぐらいの隙間時間はいくつも見つけることが出来た。
でもまたLPに戻るのもめんどくさい。LP全部売っぱらっちゃったし、CDいっぱいあるしなー。

2016/1/23 17:47  [1020-1495]   

Benji / Sun Kil Moon

Benji / Sun Kil Moon

Sun Kil Moonのなかでも大好きなアルバム。
暗く重い内容。
私小説的な、個人的な、

2016/1/24 03:47  [1020-1496]   

Clifford Curzon Edition: Complete Recordings

Clifford Curzon Edition: Complete Record
ings

大好きなCurzon。
彼は音楽をピアノという楽器を通して、慈愛を発散してる。
これは彼自身からのもののあるのだろうが、もっと大きなものが、彼を媒体として出現してるように感じる。神とか、そういったもの。
限りなく優しい、愛情に満ちた、不思議な体験をすることができる。
彼の音を、音楽を通じて、、、

宝物。

2016/1/24 21:11  [1020-1500]   

Live At The Vortex / Julian Siegel Trio

Live At The Vortex / Julian Siegel Trio

Joey Baronがドラムスを叩いてるアルバムを探して巡り会ったものです。
ジャズですが、これを聞くとまだジャズって生きてますね。
ロックはなんか死んじゃったかもって思ってますけど。

凄くいいアルバムですよ。ライヴアルバムなんですが、ライブ感が思いっきり満喫出来ます。

H2っていうB&Oのヘッドホンで聴いているんですけど、B&Oの音は本当に実際の出音に近いんで、これを低く評価する人って、本当に演奏された音聞いた事あまり無いんじゃないかなって思ってます。

Joey Baronって凄いドラマーですね。Greg Cohenのベースもカッコいい!

ジャズの方がロックしてるかも?

2016/1/26 21:54  [1020-1505]   

Either/Or ; Elliott Smith

Either/Or
Elliott Smith

キルケゴールの’あれかこれか’と同じタイトルのエリオットスミスのアルバム。
一回聴いて、大好きになりました。
ほとんどの曲がアコースティックギターと彼の歌に少し他の楽器が乗ったりする感じの、淡々とした静かな曲調の、フォーク。でもサウンドガーデンとかのヘビーでダークなロックの香りにむせる。
曲はめちゃくちゃいい。

2016/1/31 23:18  [1020-1510]   

All you can eat / Slivovitz

All you can eat / Slivovitz

Jazz Rockかなー?
ドラムスやベースはロック、サックスやスケールはジャズっぽい。ギターが中近東っぽいメロディーを弾いたり、、、
インスト。
当然サ行が刺さるなんて怪奇現象は起こるはずが無い。
すごいミクスチャーだからロックなんだろうな。でもジャンルはジャズのところにありました。
なかなか乗りの良い楽しく気持ち悪いいいアルバムです。

2016/2/2 22:32  [1020-1513]   

reckoning /R.E.M

reckoning /R.E.M

R.E.Mのかなり初期のもの。1stか2ndかどちらか忘れた。
LPで持ってたけど、ようやくCDを買った。

いやー、いいね。持ってたのを買うのは、なぜか抵抗があるけど、買って良かった。
ヘビのやつ、って仲間内では通じてた名盤。

2016/2/15 23:56  [1020-1522]   

Sia / This is acting

Sia / This is acting

Siaの新しいアルバム。
歌唱力はんぱないです。
声の魅力や歌の持つ力を久しぶりに感じることができました。

アコギ一本とかのアルバム出さないかな?

2016/2/20 13:38  [1020-1523]   

Live in Toronto (Nov 20, 2015 - Queen Elizabeth Theatre)

King Crimsonが再々結成したのは知ってたけど、ようやく新しいライブ音源を入手した。
パーカッション、ドラムスx2とリズムが大幅に強化されて、古い曲も命が吹き込まれてる。
メルコリンズのサックスも戻ってきて、トニーレビンもベースを弾いてくれてる。
これは、凄いバンドだな。やっぱり。

Robert Fripp – guitars, &q
uot;Soundscapes", keyboards (1968&a
mp;#8211;74, 1981–84, 1994&
;#8211;present)
Mel Collins – saxophone, f
lute (1970–72, 2013–
present)
Tony Levin – bass guitars,
Chapman Stick, funk fingers, backing vo
cals (1981–84, 1994–
98, 2003–present)
Pat Mastelotto – acoustic
and electronic drums, percussion (1994&a
mp;#8211;present)
Gavin Harrison – drums (20
07–present)
Jakko Jakszyk – guitars, l
ead vocals, flute (2013–presen
t)
Bill Rieflin – drums, keyb
oards, backing vocals (2013–pr
esent)

新作のアルバム出たら、絶対買いです、私的には。

2016/3/5 13:20  [1020-1541]   

all them wishes / at the garage

all them witchesというバンドでat the garageというアルバムです。
ブルース系のロックなんですが、ちょっと違うなにか新しいものを感じます。
ブルースストナージャムロック?って感じで、スローでヘビーでインプロビゼーションもぐちゃっとどろっとあり、なかなか好みです。
H8で久しぶりに聴いて、ドラムの音が格好良すぎて、他のアルバムもDLしちゃいました。
ジョンボーナムばりのヘビー級のドラムでとにかくカッコいい。
B&Oで聴くとスゲーってなりました。

私B&Oの音がとにかく好きなんですよね。
他のに浮気などせずに、B&O一筋に行くべきなんだなーって最近思いました。

2016/3/13 16:41  [1020-1548]   

Something More Than Free2015 by Jason Isbell

Something More Than Free2015
by Jason Isbell

歌って不思議です。
声ってどうして人を引きつけたり、嫌いになったりさせるのでしょう?
私は話す内容より声が好きかどうかで聞く気になったりならなかったりしてしまいます。

この人のの歌うメロディーはどこかで聴いた事の有るような、声はすっと入ってくるような、
なんかとても心地よくて、、、

2016/3/13 19:20  [1020-1549]   

Murmur1984 by R.E.M.

Murmur1984
by R.E.M.

これもLPで持ってました。大学生の頃。
CDようやく買いました。
買って良かったです。もっと早く買い直すべきでした。
明るい曲なんか1つだって入って無いけど、明るい気持ちになっていきます。
あのころの思い出は、ちっとも明るいわけでは無いけど、畳の匂いや、家庭教師で教えた子の事とか、別れた恋人や、飼っていた犬や、お気に入りのTシャツや、駅への遠い道のりや、なんかどうでもいいかけがえの無い物が一緒に詰まっています。

2016/3/13 19:31  [1020-1550]   

Closer (Vinyl) Joy Division (Artist)

Closer (Vinyl)
Joy Division (Artist)

これも大学生のときの愛聴盤。ひさびさに引っ張りだしてH8で聴いてます。
joy divisionのボーカル兼中心人物だったイアンカーティスが自殺して、その後stillていうアルバムが出たけど、そこにはライブ音源と未収録曲および、後にnew orderとなる残りのメンバーでの新バンドの音源が入っていました。1枚目、2枚目のA面は良い。でもB面のnew Orderはまるでダメだった。
その後のnew orderはどれもクソでした。期待して2枚位買ったけど、まるでダメ。
Joy Divisionはどうしてこんなにカッコいいんだろう?
heart and soul, why it burns?

2016/3/13 20:22  [1020-1551]   

もとい
heart and soul, one will burn

2016/3/13 21:11  [1020-1552]   

 僕はセイウチさん  

こんばんは

お邪魔いたします。

King CrimsonのLive in Toronto (Nov 20, 2015 - Queen El
izabeth Theatre)はブートレグですか?
正規盤は選曲等今一つで、あまり聞いていないんです。
でも、来日公演は行けなかったんですけど雑誌の評では良かったみたいですね。
これからもずっとプログレな音楽を期待できるのかと、嬉しくなりました。

実はお聞きしたいことがありまして、
プログレ系でオススメのハイレゾ音源を教えていただけませんか?

ハイレゾはClose to the edgeしか聴いたことがなく、あまり良い印象が無かったので、それ以来敬遠していたのですが、やまさきさくらさんなら良いものをご存じかと、失礼かとは思いましたが縁側の方にお邪魔した次第であります。

にわかですが、最近オーディオに凝っておりまして、せっかくならハイレゾも堪能してみたいと思ったのですが、ご迷惑でなければご紹介ください。



2016/3/14 23:46  [1020-1554]   

僕はセイウチさん 、初めまして

KCのはCD+DVDが出てます。ブートレッグぽいけど録音はいいです。
えーっと、恥ずかしながらハイレゾ1つも持ってません。
プレイヤーも持ってませんし、最近ようやっと、ハイレゾ対応イヤホン買いましたけど、いかんせんBTなんで意味ないです。あ、ソニーのハイレゾイヤホンも買ったんだ、、、

ハイレゾはPONO MUSIC PLAYER買ってPONO MUSICからDLするのが夢です。

2016/3/15 07:33  [1020-1555]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
す
すをお気に入り登録
運営者:
やまざきさくらさん
設立日:
2012年5月1日
  • 注目度:

    132(お気に入り登録数:21件)

ページの先頭へ