縁側 > 趣味・エンタメ > NFLと競馬と映画が好き!
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

皆さん、こんにちは (^_^)/~ 

私の趣味の本業(?)は、NFLです。
二番目の趣味は、競馬。
そして、三番目はNFLのオフシーズンに観る映画です。

ちなみに、NFLとはアメリカの4大プロスポーツのひとつで、アメリカン・フットボール
のプロリーグのことで、シーズンは9月から翌年の2月です。
私は1987年から本格的に観始めました。
そして、競馬との付き合いは1988年からです。

NFLと競馬と映画に関してなら、どうぞ、ご自由にスレ立てして頂いて構いません \(^o^)/
先客万来でございます m(__)m

ちなみに、この縁側のテーマ画像は、NFLのチームのひとつである、OAKLAND
RAIDERSのロゴです。
Just Win,Baby! GO RAIDERS!!!

  • NFLと競馬と映画が好き!の掲示板
  • NFLと競馬と映画が好き!の伝言板
  • NFLと競馬と映画が好き!の投稿画像
NFLと競馬と映画が好き!の掲示板に
NFLと競馬と映画が好き!の掲示板に新規書き込み

最近、他の縁側でyou-tubeの動画を貼る機会が多く、ついでに私が好きだった昔の曲も
検索してみたら、けっこうUPされていることが分かりました。
そこで、私が好きだったテクノPOPを流していきま〜す♪

テクノPOPといえば、誰もが知るYMOから・・・
と思いましたが、私はヒネクレ(?)者なので、一曲目はこれ。

CARNAVAL by 大貫妙子
http://www.youtube.com/watch?v=zchDxPmFP
ng

この曲が入っていたアルバムは、確か坂本龍一がプロデュースをしていたはずだが、
バリバリのテクノ編曲は、この曲だけでした。


私信 パズスさんへ。
「懐かしい」が基本なので、パヒュームは禁止です(笑)

2010/10/30 22:22  [101-180]   

2曲目はこれ。

「It's No Time for You to Cry」 by SUSAN
http://www.youtube.com/watch?v=yc4s5Ab9j
dU&feature=related


SUSANはYMOの高橋ユキヒロ氏が全面プロデュースし、アルバムには
当時の面白いミュージシャンが曲を提供していました。
プラスチックスの立花ハジメや、ヒカシューの巻上公一、ムーンライダースの
鈴木慶一、今は亡き加藤和彦、大村憲司などなど。

私はSUSANが大好きで、彼女の曲は今でも口づさんでいます。

2010/10/30 22:59  [101-181]   

KIHIRO-Kさん みなさん こんばんは

テクノで思い出せるのは、これしかありませんでした。(笑)

ハイスクールララバイ イモ欽トリオ
http://www.youtube.com/watch?v=0ha_lRXMq
Jo

大丈夫かな。^^;

2010/10/31 01:15  [101-182]   

3曲目はこれ。

「IDOL ERA」 by SANDII
http://www.youtube.com/watch?v=nZhEWizBb
eM&feature=related


この動画での写真で分かるとおり、スタイル抜群でハーフのSANDIIは、モデルとして
活躍していましたが、歌手としてもサンデー・オニールという名前で、映画「ナイル
殺人事件」の日本でのテーマ曲を歌っていました。
http://www.youtube.com/watch?v=siXFSgSm4
JA

♪ミステリー・ナァーイル という部分は、当時の映画のCMで何度も流れていましたね。

そして、本格的に音楽活動をするにあたり、YMOの細野晴臣氏をプロデューサーに
招いて発表したアルバム「Eating Pleasure」の最初の曲がこれでした。

ちなみに、この曲も、今でもよく口づさみます。
私が歌える英語詞の歌のほとんどは、YMO関連なのです (^_^;)

2010/10/31 01:30  [101-183]   

おや、前のカキコミの校正をしている間に、おか〜ん!さんからレスが。

>ハイスクールララバイ イモ欽トリオ
あらら、マジレスのオチのひとつとして考えていたのに・・・
なんてね (^_^)/~

この曲も良かった。
作詞が松本隆で、作編曲が細野晴臣だったと記憶していますが、遊び心満載でしたね。
当時、この曲の振り付けをテレビを見ながらマネしていました (^_^;)

2010/10/31 01:55  [101-184]   

こんばんは (^_^)/~

今夜は洋楽版で。
「Methods Of Dance」 by JAPAN
http://www.youtube.com/watch?v=kAoQL8tfH
vQ&feature=related

容姿や、デビッド・シルヴィアンの歌い方に拒否反応を感じる人もいるかも
しれないが、私は大好きだった。
武道館での来日コンサートへ行きましたが、坂本龍一氏と高橋ユキヒロ氏が
ゲストとして登場し、ジョイントした時はスゴく嬉しかった記憶があります。

2010/10/31 23:50  [101-187]   

次はこれ。

「Don't You Want Me」 by Human League
http://www.youtube.com/watch?v=uPudE8nDo
g0

まさに、テクノを使ったPOPS。
曲が乗りやすいし、ストーリー性がある詞も良かったです。
ただ、PVを初めて見た時は、男性ヴォーカルの顔に、ちょっと引いた・・・(^_^;)

2010/11/1 00:47  [101-188]   

フハハハハハハ〜〜〜〜!
来ましたがな!

あちらではお世話になってます。
毎度ありがとうございます〜〜〜

と、勇んできたものの、テクノというといまひとつ疎くって(汗
YMOはともかく、とりあえず浮かんだのがこれです!


二十世紀の終わりに ヒカシュー 

http://www.youtube.com/watch?v=roDW_w3eK
2I&feature=related


結構聴いたと思ってましたが、まじまじと聴いたのはこれが初めてだったのかも??
TVで見て、聴いた気になってたのでしょうね(苦笑

2010/11/1 23:13  [101-190]   

ムーンさん、まいど \(^o^)/

私はヒカシューも好きで、渋谷のライヴハウスに観に行ったことがあります。
その時の最初の曲がこれ。

Alternative Sun
http://www.youtube.com/watch?v=PtVlM-E7C
cI


なかなかノリの良い曲なので、一気に盛り上がりました。

2010/11/2 11:53  [101-192]   

今夜の曲はこれ。
「TOP SECRET MAN」 by PLASTICS
http://www.youtube.com/watch?v=qLl44pj7a
70


PLASTICSには、ちょっと驚いたなぁ。
普通のバンドはギター、ベース、ドラムが基本なのに、このバンドはドラムを
置かず、なんとメンバー紹介のクレジットには
Drums---Rhythm Box
このリズムボックスのチープなビートが妙に面白かった。

立花ハジメや、佐久間正英、作詞家としても成功した島武実など、知る人ぞ知る
才能あるメンバーが集まったバンドでしたね。

2010/11/3 23:37  [101-196]   

今夜は、テクノ・ミュージックの元祖。
「The Robots」 by  KRAFTWERK
http://www.youtube.com/watch?v=VXa9tXcMh
XQ&feature=related


クラフトワークを初めて聴いた時は、「あぁ、未来の音楽だ」と思ったものです。
しかし、少々、退屈な感じもあったので、それほど好きにはなれなかった。
ただ、このクラフトワークが、シンセサイザーの可能性を示したことで、もっと
POPな路線を明示したYMOが生まれ、テクノ・ミュージックはテクノPOPに
なりました。
偉大な先駆者という意味で、尊敬するバンドです。

2010/11/5 00:05  [101-197]   

ヒカシュー、プラスチックスとくれば、これ。
「美術館で会った人だろ(ART MANIA)」 by P−MODEL
http://www.youtube.com/watch?v=d6lyxXJtW
DE


ヒカシューはシュールな詞と巻上公一の独特なヴォーカルが売りで、
プラスチックスは軽さやチープさが売り。
それらに対して、P−MODELはテクノPOPというより、テクノROCKと
いう感じでしたね。
社会風刺的な詞の曲が多かったです。

ただ当時、私はレコードで聴くだけで、彼らの実際の演奏している姿は、見たことが
なかった。
だから、今回、動画で初めてP−MODELが演奏している姿を見れました (^_^;)

2010/11/5 23:47  [101-199]   

同じ頃のテクノバンドといえば、土屋昌巳率いる一風堂があったなぁ。
でも、一風堂としての初期のアルバムは、他人のいろんな曲のパクリ満載で、
私の友人はバカにしていましたが、私はけっこう好きだった。
化粧品のCM曲として、「すみれ September Love」が売れたから、知って
いる人もいるかも?

そして、土屋昌巳はソロ・アルバム「Rice・Music」を出しましたが
その中の1曲がこれ。
「タオ・タオ」 by 土屋昌巳
http://www.youtube.com/watch?v=hBWZWw40E
qM


ほんとに久しぶりに聴いたが、懐かしい〜(+_+)

2010/11/6 22:50  [101-200]   

KIHIRO-Kさん

こんばんみ!
遊びに来ました!

この分野、結構弱いので、すれちだったら失礼。m(_ _)m 

完全なテクノでは無く、シンセポップと言う分野らしいのですが、
かのスーパーヒット曲です。

A-ha「Take On Me」

http://www.youtube.com/watch?v=_EXxMlIEx
po


いかにもかっちょ良かったですね。


日本から、ちょっと新しいですが、

電気グルーヴ「Shangri La」

http://www.youtube.com/watch?v=dCWFS-qzy
to


ピエール瀧は今や俳優。。。^^;


おか〜ん!さん

イモ欽トリオ!
良いですねぇ。
バラエティーですが、作詞作曲はちゃんとしてるんですね。

2010/11/7 00:25  [101-201]   

おやっ、guongさん、いらっしゃ〜い \(^o^)/

>こんばんみ!
あの人のパクリはいけませんよ(笑)

>A-ha「Take On Me」
いやぁ、懐かしいなぁ (゜o゜)
でも、私が紹介しているバンドや曲より、ほんの少し後ですね。
しかし、すごい懐かしい。
全くノーマークだったので、思い出させてくれてありがとうございます m(__)m

>電気グルーヴ「Shangri La」
これも、懐かしいっちゃあ懐かしいが、ついこの前のような気も・・・(^_^;)

どちらの曲も、私の新スレの範疇に入っているような感じです (^_^)/~
内緒にしときますから、↓で流したらどうですか?

「古今東西、一発名曲、行ってみよっ♪」
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=12171
075/

と言って、新スレに誘導告知 (^_^;)
ついで(?)にムーンさんも (^_^)/~

2010/11/7 01:40  [101-202]   

今夜は、お待たせ、YMOの・・・
と言いたいところですが、ちょっとヒネってYMOファミリーから。

YMOのシンセサイザーのマニュピレーターをしていたことから、
「4人目のYMO」と言われた松武秀樹が、Logic Systemと
いうユニットを作ってアルバムを出していました。その中から2曲。
「Logic 」 by Logic System
http://www.youtube.com/watch?v=kAYmkZOoE
bs

「Domino Dance」 by Logic System
http://www.youtube.com/watch?v=2KfDV0v3h
zc&feature=related

2010/11/8 22:43  [101-207]   

今夜もYMOファミリーから。

YMOの初期作品の作詞をしていたのは、クリス・モスデル。
私は彼の詞がとても好きだった。
というか、彼の詞を読んで英語が好きになった。
そんな彼が、Chris Mosdell and The Javelin Opera というユニットで
一枚だけアルパム「EQUASIAN」を出していました。
もちろん、彼が大好きだった私は買って持っています。

その中の曲をYou-Tubeで探したのだが、どうやら1曲しかUPされていないので、
その曲を。
「ARKWORK」 by Chris Mosdell and The Javelin Opera
http://www.youtube.com/watch?v=GmccVBF_d
Gg


曲の最後に、The Javelin Operaのメンバーの名が出てきますが、まさにYMO関係の
人脈でしたね。

2010/11/9 22:51  [101-209]   

またまた、YMOファミリーから。

YMOのコンサートに、ギターで参加していたのが、大村賢司。
「MAPS」という曲ではヴォーカルもしていました。
http://www.youtube.com/watch?v=0zBLTBAE0
qs

この動画では、彼のギター・テクニックの高さがよく分かりますね。
ただ、唄はあまり上手くない (^_^;)
自分の曲なのに、よく歌詞も間違えていました。

そんな彼のソロ・アルバム「春がいっぱい」が大好きでした。
その中から、詞が好きだったこの曲。
「UNDER HEAVY HANDS AND HAMMERS」 by KENJI OHMURA
http://www.youtube.com/watch?v=zmtwd2RPy
6Q&feature=related

2010/11/11 22:05  [101-211]   

今夜もYMOファミリーから。

YMOのコンサートでは、サポートメンバー1人1人の持ち歌を必ず
入れていました。
先の大村憲司は「MAPS」
そして、矢野顕子は「在広東少年」
http://www.youtube.com/watch?v=l9fbwdawl
JA&feature=related


この曲は、本当は、最初は放送禁止の言葉が詞に入っていたのですが、その部分の詞を
変えたので、ちょっと字余りの詞になっています。
ちなみに、「目が見えない私に〜♪」と「耳が聞こえない私に〜♪」のところです。

2010/11/12 23:18  [101-213]   

今夜もYMOファミリーから。

コンサートのサポート・メンバーとしては、シーナ&ザ・ロケッツのギタリスト
鮎川誠も参加していました。
そこで、彼が参加していた時には、彼のヴォーカルで演奏していた曲がこれ。
「RADIO JUNK」 by シーナ&ザ・ロケッツ
http://www.youtube.com/watch?v=NxXGOh9QN
u4

2010/11/13 23:00  [101-216]   

そろそろ、YMO本体を・・・
と思ったが、各個人を取り上げていきます。

今夜は、リーダーの細野晴臣氏。
氏が「フィルハーモニー」というアルバムを出した時、当時、私が住んでいた
高田馬場のレコード店で、氏のサイン会がありました。
私は、思わず行って、レコードを買い、色紙にサインをして貰って、握手をして
貰いました。
あの時は、ホントにドキドキしたなぁ。
細野氏「名前は、何と書くの?」
私「to キヒロでお願いします」
細野氏「カタカナ? ローマ字?」
私「えぇ・・・(汗) ロ、ローマ字で」
その時の色紙は、今でも大事にしまってあります。

曲は、YMO結成の発端となった、これ。
「FIRE CRACKER」 by MARTIN DENNY
http://www.youtube.com/watch?v=KiGwXlkpd
iI&feature=related


細野氏は、この曲をシンセでアレンジした曲によって、アメリカでの成功する野望を
抱き、坂本龍一氏と高橋ユキヒロ氏は、その話に乗ってYMOが結成されました。
そして、YMO版がこれ。
http://www.youtube.com/watch?v=O7oa5A2LR
j4&feature=related


聴き比べてみると、原曲自体も良いので、改めて細野氏の目の付け所のスゴさが
分かりますね。

2010/11/15 01:25  [101-217]   

今夜は、教授こと坂本龍一氏を。

しかし教授自身ではなく、教授がプロデュースした不思議なアーティストについて。
それが、phew
知っている人は少ないと思うが、「教授が変なアーティストを発掘したぞ」
というような噂を聞き、つい話題のシングルを買ってしまった。
聴いてみたら、なんとも不思議で退廃的な雰囲気。
教授の実験的なアレンジと、下手ウマ(?)な唄が、何故か忘れられない。

そのシングルの両面とも、You-Tubeにアップされていたので、2曲とも。
終曲(Finale)
http://www.youtube.com/watch?v=c3GO5nCdm
0w&feature=related

うらはら
http://www.youtube.com/watch?v=GKFf7k08O
Qg

2010/11/16 00:19  [101-220]   

今夜は、教授こと坂本龍一氏本人を。

教授のソロ作品で、私が死ぬほど好きなのがこれ。
「War Head」
http://www.youtube.com/watch?v=n9XCj_C8T
nQ&feature=related


カッコ良過ぎる。
ちなみに、この曲はヘッドホンを付けるか、きちんとしたステレオ音響の環境で
聴くと、ヴォーカル音が左から右へ過ぎて行ったり、逆に右から左へ抜けて行ったり
して、すごく面白い。

次に好きなのはこれ。
「Differencia」
http://www.youtube.com/watch?v=RnjDTlnrY
0A


この曲も、パソコン程度の視聴環境だと、メインのビート音が全面に出過ぎているように
聴こえるが、ちゃんとした環境で聴くと、かなり奥深い曲。

う〜む。なんか、説明が下手なのでモドかしい・・・(+_+)

2010/11/16 23:37  [101-221]   

今夜は、高橋ユキヒロ氏。

実は当時、私は彼に憧れて、ヒゲを生やし、髪型もマネしていた (^_^;)
なお、その髪型にするため、初めて美容室へ行ったが、その時に若い美容師の
あんちゃんから
「つむじが、ふたつありますね」と笑いながら言われて、ちょっとショック (>_<)
そんなこと、初めて言われた。
それからは、美容室には行かず、ずっと床屋です!
どうでもいい話でした(笑)

さて、曲は彼の3枚目のソロ・アルバム「Neuromantic」(ロマン神経症)から
Glass
http://www.youtube.com/watch?v=oMsrr24nd
JE&feature=related


このアルバムは、まずタイトルが良い。
NEUROTIC(神経症の、神経症者)とROMANTIC(ロマンティック)を繋げて、さらに
当時の音楽シーンを表していたNew Romantic(ニューロマンティック)と掛けてある。
そして、オープニングがこの曲なのだが、まさに「ロマン神経症」というイメージ。
このセンスに脱帽しました。

2010/11/18 00:34  [101-223]   

今夜も、高橋ユキヒロ氏で。

You-Tubeをいろいろ探していたら、初めて見るライヴの映像などがアップされていて
とても嬉しい \(^o^)/

振りに「浮気なぼくら」が垣間見え、サポートメンバーとして参加している立花ハジメの
オドけたパフォーマンスが見れるこの曲。
「It's Gonna Work Out」
http://www.youtube.com/watch?v=MEXiosaWj
sM&feature=related


そして、タイトルのセンスが私好み。
だって、直訳すると「使い捨ての愛」で、切ない別れを上手く表わしているから。
「Disposable Love」
http://www.youtube.com/watch?v=CvF3eeJIF
cI&feature=related


ユキヒロ氏が歌う曲の詞は、ピーター・バラカンが英語にしているのだが、難しく訳さず、
ほぼ直訳っぼい詞がなんとも言えず分かり易く、しかも彼自身の英語の発音も分かり易い
ので、覚え易いのが良かった。
だから、私の拙い英語力でも理解できたし、今でもほとんどが歌えます (^_^)v

2010/11/18 23:37  [101-230]   

今夜も、高橋ユキヒロ氏絡みで。

彼がムーンライダースの鈴木慶一と組んだユニットが、The Beatniks(ビートニクス)。
とりあえず、そのBeatniksの曲を。
「No Way Out」
http://www.youtube.com/watch?v=7iLNQcTkE
TI&feature=related


んで、話はムーンライダースについて。
私はムーンライダースのアルバム「カメラ=万年筆」が、ホントに大好き。
何万(?)回、聴いても飽きない。
各曲のモチーフが、昔のヌーヴェルバーグ映画で、タイトルとしても使用しているが、
その各曲自体が、まさにヌーヴェルバーグ(新しい波)。

そのアルバムに入っていた曲をYou-Tubeで探したが、ほとんどアップされておらず、
あっても何故か音が悪いようなのばかり。
かろうじて見つけたのがこれ。
「彼女について知っている二、三の事柄」
http://www.youtube.com/watch?v=2j7Cb26LS
9c&feature=related


実は20年以上前に、友人の結婚式の二次会に参加した時、その場に鈴木慶一さんが
いると言われて、見たら確かにいたので、胸が高鳴った。
しかし、仲間の人と談笑していたので、そこに割って入って行くのを躊躇しているうちに、
いつのまにか、既に帰られたようで、姿が見えず、すごく落ち込んだ。
勇気を出して、声をかけて、握手くらいして貰えばよかった・・・(>_<)

2010/11/20 02:08  [101-234]   

今夜は、少し脱線して、スネークマン・ショーについて。

YMOとコラボしたアルバムで、初めてその存在を知った。
そして、いろいろと噂を聞くと、その数年前に面白いラジオ番組をやっていたらしい。
私は、その番組を聴いてみたいと思っていたが、今ほど情報が無い時代では、為す術も
なく諦めていた。
ところが、私が上京して知り合った友人と、何気ない会話の中に、スネークマン・ショーの
話題が出たら、その彼は、なんと、当時のラジオ番組をカセットに録音して持っている、
とのこと。
私は思わず、頼み込んでそのカセット・テープを借りて聴いた。
いやぁ、やっぱり面白かった \(^o^)/
伊武雅刀が、ジャンキー大山というキャラで、
「こなさん、みんばんは!」
という挨拶で始まり、言葉の頭文字を入れ替えて、直接的な言葉にせずに、下ネタを
話す漫談なのだが、一瞬、何を言っているのか分からないのがミソ。
百聞は一見(聴)にしかず。こんな感じです。
http://www.youtube.com/watch?v=olnZywXLM
_s


その借りたカセットは、ダビングして保存してあるが、数年前にカセット・デッキが
壊れ、その後は所有していないので、今は聴くことが出来ない・・・(+_+)
とりあえず、「らた、まいしゅう!」\(^o^)/

2010/11/21 01:54  [101-236]   

YMO関連で、大事な人を忘れていました。
先日、亡くなった、加藤和彦氏。

元々、YMOのメンバー高橋ユキヒロ氏が、サディステック・ミカ・バンドのメンバー
だったので、その後も交友は続いていて、
『パパ・ヘミングウェイ』『うたかたのオペラ』『ベル・エキセントリック』
というヨーロッパ三部作のアルバムでは、YMOの3人が編曲や演奏で参加していました。

当時、いろんなアーティストのアルバムにYMOが参加すると、いわゆるピコピコ音を
全面にした編曲の曲が入ることが多く、それを批判的に言う人も多かったのですが、
この三部作では、シンセを上手く使って、どこか懐かしいヨーロッパの雰囲気に仕上げて
いて、「さすが加藤和彦は、流されないなぁ」と思ったものです。
しかも、当時の奥さん、安井かずみさんの詞が素晴しい。

加藤和彦氏は本当にキャパの広い人で、いろんな音楽ジャンルの手法やリズムを取り入れ、
全て自分のものにしてしまう、という真の天才でした。合掌。

では、その三部作の中から2曲。
アルバム『ベル・エキセントリック』から、「わたしはジャン・コクトーを知っていた」
http://www.youtube.com/watch?v=FXXKHZm8J
dI&feature=related


そして、アップテンポでオシャレでゴキゲンな曲。
アルバム『うたかたのオペラ』から、「ルンバ・アメリカン」
http://www.youtube.com/watch?v=-ApGry_xt
cw

2010/11/22 01:18  [101-244]   

今夜は、前夜の加藤和彦氏関連で。

1980年頃、加藤和彦プロデュースで、YUKIという歌手が曲を出し、初めて聴いた時、
とても気に入った。
最初は正体を隠していたはずだが、評判になるとすぐに、その歌手が岡崎友紀だと判明し、
「な〜んだ」とは思ったが、この曲は今でも好き。

wikiで調べてみたら、けっこうカバーされて唄われているようで、私は知らなかったが、
2001年にキタキマユという歌手でのカバーは、テレビドラマの主題歌としても起用された
ので、かなりヒットし、それと共に原曲も再評価されたようですね。
今日、初めてキタキマユ版を聴きましたが、この曲は若い女のコが歌うと、余計にカワイく
見えますね (^_^;)

一応、原曲とそのカバー曲を聴き比べてみましょう。
「Do You Remember Me」
【原曲】YUKI
http://www.youtube.com/watch?v=rZpGvNGnj
do&feature=fvw

【カバー】キタキマユ
http://www.youtube.com/watch?v=ynE8nlMK0
6I


聴くと、カバーでも原曲とアレンジはほぼ同じ。
しかし、30年も時を経た今でも立派に通用するというのは、元々が既に完成の域にあった
ということ。
作詞の安井かずみさんと、作・編曲の加藤和彦氏のどちらも素晴しいという事が分かる
曲ですね。

2010/11/23 00:58  [101-247]   

海外のテクノPOPバンドをいろいろと思い出した。

今夜は、ULTRAVOX。
あまりメジャーには成り切れなかったが、かなり好きだった。
サウンドもそうだが、詞が素晴しかったから。

代表曲としては、CMにも使われたこれになるのかな?
「New Europeans」
http://www.youtube.com/watch?v=wbRTRf-oQ
18&feature=related


私が特に好きだったのは、これ。
「The Voice」
http://www.youtube.com/watch?v=tUrvkq4x5
Qc&feature=related

2010/11/24 22:52  [101-253]   

今夜は、GARY NUMAN。

サウンドは良かったけど、日本ではそれほど売れなかった。
私の回りでも、聴いていたのは私くらいだったし・・・(^_^;)

もう少しアップテンポの、ノレるような曲を出していれば良かったかも?
それと、ビジュアル的に顔が中途半端なのもいけなかったのかな。

「CARS」
http://www.youtube.com/watch?v=Ldyx3KHOF
Xw&feature=related


「I Die You Die」
http://www.youtube.com/watch?v=74JBun0cm
Oc&feature=related


「We Are Glass」
http://www.youtube.com/watch?v=NvEgo4NPM
Vw&feature=related


そういえば、日本向けに、歌詞の中で「WAKAREYOO(別れよう〜)」という
日本語を入れた曲があったのだが、YOU-TUBEでは発見できなかった。

2010/11/26 00:07  [101-255]   

今夜は、VISAGE。

リーダーでヴォーカルのスティーヴ・ストレンジは、真っ白な化粧をして女装して
いたが、カルチャークラブのボーイ・ジョージが彼に影響を受けたというのは有名な話。
さすがに、私は影響は受けなかったが・・・(^_^;)

音楽的には、ミドルテンポの曲ばかりで、あまりPOPな感じがしなかったので、当時、
聴いてはいたが、どうしてもBGM的な扱いだった。
このバンドに参加していたミッジ・ユーロが、脱退して加入したのがウルトラヴォックス
だったが、やはり消化不良な感じがしていたんだろうな。

「Fade To Grey 」
http://www.youtube.com/watch?v=UMPC8QJF6
sI

2010/11/26 22:40  [101-258]   

今夜は、OMD(Orchestral Manoeuvres in the Dark)。

現在では覚えている人も少ないかもしれないが、クラフトワークに触発されて活動を
開始し、その後の欧米のテクノPOPの先駆けとなったバンド。
それぞれの曲を聴くと、その後の違うバンドの曲に似ている感じがするのは、それらの
バンドが、このOMDに影響を受けた証左。

「Electricity」
http://www.youtube.com/watch?v=NfWo_Gltj
nI&feature=related


「If You Leave」
http://www.youtube.com/watch?v=BM-dPjM5G
iQ&feature=related


「So in Love」
http://www.youtube.com/watch?v=yfgyXfOQS
JE&feature=related


ちなみに、YMOはOMDより1年早くアメリカでアルバムを発売していたので、
彼らはYMOを知っていた可能性があり、バンド名に「オーケストラ」という単語を
使ったのは、私はYMOの影響だと思うが、それを指摘する声は無かったし、彼らも
YMOに言及するコメントをしていないので、真相は藪の中。

2010/11/28 00:29  [101-266]   

今夜は、DEVO。

DEVOは不思議な存在のバンド。
パンク精神も感じたし、面白半分でやっていた印象もある。
ただ、「前衛的なアーティスト」だったことは間違いない。
ちなみに、DEVOの意味は「De-Evolution」の略で、
「人間は進化した生き物ではなく、退化した生き物だ」という
意味が込められています。

まずは、彼らが「私たちは、DEVOという存在だ」と宣言した曲。
「Q: Are We Not Men? A: We Are Devo!」
http://www.youtube.com/watch?v=Ap_YixOos
gI&feature=related


そして、次のこの曲は、当時けっこう彼らの存在感を知らしめました。
ローリングストーンズの名曲を、斬新なアレンジでカバーした
「Satisfaction」
http://www.youtube.com/watch?v=e75BUYdZq
-g&feature=related


一応、原曲も流しておきましょう。
「Satisfaction」 by The Rolling Stones
http://www.youtube.com/watch?v=3a7cHPy04
s8&feature=related


原曲の詞のみを使っただけのような、全く違う曲にした感性に、当時、驚きました。

なお、今回You-Tubeを検索したら、彼らの最近の演奏映像がUPされていて、かなり
幻滅しました (>_<)
体型が確実に退化して、お腹が出ている・・・(+_+)

2010/11/29 00:39  [101-272]   

今夜は、Eurythmics。

この曲は、タイトルを知らなくても、誰でも聴いたことがあるはず。
今でも、イントロがCMやテレビ番組の中で使われていますから。
「There Must Be An Angel」
http://www.youtube.com/watch?v=EOXS4gjbg
So


↑の中では、お姫様のような格好をしていたヴォーカルのアニー・レノックスですが、
実際は短髪でスゴくカッコ良かった。
「Sweet Dreams」
http://www.youtube.com/watch?v=GEb1pvizM
cM&feature=channel


そして、この曲も大好きでした。
「Thorn In My Side」
http://www.youtube.com/watch?v=rtVDGcnRQ
Sw&feature=channel

2010/11/30 01:19  [101-275]   

またまた、日本に戻って、今夜はEX。

今では知る人もいないだろうが、なかなか良いバンドでした。
ただ、バンド自身はテクノ・バンドではなく、ビートルズ風の志向性でしたが、
SUSANのバックバンドとして、テクノサウンドを演奏していました。

なお、このEXというバンドは、梅林茂、羽山伸也の2人組なのですが、2人とも、
YMOのコンサートなどに参加し、その縁で加藤和彦氏プロデュースでアルバムを
出しました。
その中から、代表曲と言える次の2曲。
「Masked Ball」
http://www.youtube.com/watch?v=B57w8Pv54
Jo&feature=related

「PLATINUM NIGHT」
http://www.youtube.com/watch?v=9Pnlt6xnI
Vs&feature=related


なお、梅林茂は実は有名で、エリック・クラプトンが来日した時に、バックバンドとして
参加していたし、後には映画音楽へと進み、日本アカデミー賞音楽賞を受賞したこともあり
ました。

ちなみに、wikiで検索してみましたが、このEXの項目が無い・・・(+_+)
なんか、悲しかった (>_<)

2010/12/1 00:47  [101-276]   

今夜は、Lizard。

このバンドも既に忘れ去られているようで、wikiにも項目はあるが内容が
書かれていない。
このバンドは、最初はパンクっぽいロックバンドでしたが、途中からテクノを
取り入れたロックをやっていました。
ただ、ヴォーカルは荒く、いかにもインディーズ風味たっぷり (^_^;)

「浅草六区」
http://www.youtube.com/watch?v=hsxf1mTJD
8E&feature=related

六区とロックを掛けたアイディアがナイスだし、このバンドの曲としては
覚え易いメロディで、私が1番、好きだった曲です。
詞も、古き良き時代の浅草を表現していて素晴しい。
なお、私が上京して浅草へ初めて行った時、つい口づさんでしまいました。

この曲は、かなりテクノを意識したような感じ。
「New Kids In The City」
http://www.youtube.com/watch?v=8uaflekuT
wM&feature=related


タイトルとは違い、全くラブソングらしくない曲。
「Love Song」
http://www.youtube.com/watch?v=gUtKfUDHx
Xw&feature=related

2010/12/1 22:24  [101-278]   

今夜は、テクノバンドではないが、1stアルバムのプロデュースを
夕べ紹介したLIZARDのモモヨ(女ではなく男です)がしていた
ガールズ・ニューウェイヴ・バンド ZELDA。

ZELDAは、メンバー全員が女性のバンドで、日本のガールズバンドの中では
草分け的な存在でした。その1stアルバムから4曲。

「ミラージュ・ラヴァー」
http://www.youtube.com/watch?v=32JI5YNQI
ic

私はこの曲が大好きなのだが、YOU-TUBEではこの映像しかアップされていなかった。
レコードで聴いた方が、絶対に良い曲です。

「エスケイプ」
http://www.youtube.com/watch?v=sGWP8KoqR
D8&feature=related

この動画は、レコードそのまま。SFっぽい詞が良い。

「と.ら.わ.れ」
http://www.youtube.com/watch?v=ZMDncubtK
ak&feature=related

この動画も、レコードそのまま。妖しい詞が素晴しい。
特に、終わりくらいに流れる
♪日常の地獄に囚われてゆく、あなたの意識
♪生まれた時から全ての疑問が答えを告げ&#173;ていた〜
の部分は、詞もメロディも歌い方も秀逸。
名曲です。

「Ash-La」
http://www.youtube.com/watch?v=WEuRlZ6KY
y4&feature=related

この曲も良かった。

当時のZELDAの魅力は、ガールズバンドなのに、普通のラブソングなど
唄わなかったこと。
私は1stアルバムしか聴かなかったが、その後はいろいろと路線変更したようで
逆にその後を聴かなくて良かった。

2010/12/2 23:06  [101-280]   

夕べは、テクノバンドから脱線したので、ついでに今夜も。

今夜は、アナーキー(アルファベットでは「ANARCHY」、漢字では
「亜無亜危異」または「亞無亞危異」)。
日本のパンク・ロック・バンドです。

まずは、この曲。
「東京イズバーニング」
http://www.youtube.com/watch?v=4j1WWvam9
lU

この曲は、イギリスのパンクバンド、CLACHの「London is burning」の
カバー曲で、原曲の王室批判の歌詞に習って、皇室批判の歌詞となっています。
当時のレコードでは、歌詞の一部にピー音が入っていました。

「ノット・サティスファイド」
http://www.youtube.com/watch?v=EPFhLhN4V
tI&feature=related

歌詞は今でも通用するような内容ですね。

「季節の外で」
http://www.youtube.com/watch?v=78WrF3xkd
2o&feature=related

彼らの批判の対象は、国家や権力に対してだけではなく、タイトルからも分かるように、
松山千春などのニューミュージック系の歌手たちに対して噛み付いた曲です。


ちなみに、動画で観れる彼らの衣装は、通称ナッパ服と言って、旧国鉄の作業服でした。
実は、私の父親が国鉄で運転士を勤めていたのですが、アナーキーのコピーバンドをしよう
としていた同級生から、「オヤジに頼んで、ナッパ服をくれ」と言われて困ったことが
ありました (^_^;)

2010/12/3 22:48  [101-281]   

今夜も、脱線ついでで、夕べのアナーキー繋がりで。
THE STALIN。

ソ連の独裁者スターリンをバンド名にした日本のパンクバンドでしたが、アナーキーを
「CLASHのコピーだ」と批判してケンカになりました。
自身も、SEX PISTOLSのコピーと言われても仕方ないような感じでしたが・・・。
また、過激なライヴ活動も有名となり、会場として使用される日本各地のホールは、どこも
スターリンを拒否して、ライヴ自体が困難になったほどです。
なんせ、ライヴでは豚の頭や臓物、爆竹、花火を客席に投げつけたり、全裸でステージから
放尿したり、客にフェラチオをさせたりし、施設もかなりぶっ壊したりしたそうですから。
さすがに、私もライヴを実際に観たことは無いが・・・。

代表曲はこれかな?
「ロマンチスト」
http://www.youtube.com/watch?v=r3OMoHX7q
zA&feature=related


「仰げば尊し」
http://www.youtube.com/watch?v=oqzANiZ5f
DY&feature=related

この曲は、もちろん卒業式で歌うあの曲です。
ただ、演奏はパンクぽくしているが、特に斬新にアレンジしているわけではない。
しかし、注目は映像の中で観れるステージ上の、ゴミの山。
多分、いろいろとモノをぶっ壊した後なのでしょう (^_^;)

2010/12/5 00:26  [101-287]   

今夜は、脱線か回帰かよく分からないが・・・
ゲルニカ。

戸川純という個性溢れる女優がヴォーカルをしていたバンドで、昭和初期の雰囲気を
イメージしたサウンドが異彩を放っていました。
しかも、彼女の雰囲気や歌唱法が独特で、なんともいえない。
説明がもどかしいので、実際の曲を聴けば、分かります。

「復興ノ唄」
http://www.youtube.com/watch?v=z5l0H37VU
Ko&feature=related

「スケエテヰング・リンク」
http://www.youtube.com/watch?v=GS1n89-E9
u0&feature=related

これらの曲を含む1stアルバムを初めて聴いた時は、「戦後の曲をカバーしたんだな」と
勝手に思っていたら、なんと全てオリジナル曲だったのに驚きました (゜o゜)

ちなみに、戸川純といえば、有名なのがTOTOのウォシュレットのCM。
「おしりだって、洗ってほしい」
http://www.youtube.com/watch?v=L8ndLz4SG
mU&feature=related


なお、お笑いの鳥居みゆきを初めて見た時に、私はこの戸川純を思い出しましたが、
やはり力量が違いますね。
鳥居みゆきはエキセントリックなだけで、演技力や表現力は戸川純に劣ります。

そんな戸川純がソロで発表した次の曲は、PVの映像に彼女の魅力を網羅した力作で
曲自体も大好きです。
「遅咲きガール」
http://www.youtube.com/watch?v=ZxzQfzqEr
xQ&feature=related

2010/12/6 02:13  [101-293]   

夕べのゲルニカ絡みで思い出しました。
今夜は、ヒカシューのリーダー巻上公一。

彼は「民族の祭典」というソロ・アルバムを発表しましたが、10曲のうち、
オリジナル曲は2曲だけで、後は昔の曲のカバーでした。
その中の1曲「おおブレネリ」で、戸川純とデュエットしていたのだが、
YouTubeでは見つけられなかった。

他にも「私の青空」や「赤い靴」などを、彼独特の歌唱法で歌っていましたが、
それらも無い。かろうじてあったのがこれ。

「イヨマンテ(熊祭)の夜」
http://www.youtube.com/watch?v=vE4xLkLkB
kw


そういえば、劇団ひとりを初めて見た時に、「巻上公一に似ているなぁ」と
思いました (^_^;)

2010/12/6 22:34  [101-296]   

今夜は、なんと、遠藤賢司。

遠藤賢司といえば、代表曲が「カレーライス」でフォーク歌手のイメージしかなかったが、
「東京ワッショイ」というアルバムでは、クラフトワーク風のアレンジの曲を出して
いました。

「哀愁の東京タワー」
http://www.youtube.com/watch?v=wxWHBfhve
so&feature=related

2010/12/8 23:43  [101-302]   

KIHIRO-Kさん 、

よくも、よくも、柴犬の3番目の縁側に大爆弾を〜。
価格さんを、キモイと、コスメ.com 住人の妹にまで報告しましたよ(笑)。

疲れで、 ↑ の全部がチェック出来ていませんが、流石にこれは被らないでしょう(勝!)。


Der Mussolini - DAF
http://www.youtube.com/watch?v=olU40fxAX
Zs


勿論現役で知りませんし、柴犬は 超平和主義 で エコ で ロハス〜 です。
でも14歳から、こんなのとか掛かる伝説のクラヴで踊っていました(爆)。

2010/12/9 00:54  [101-303]   

柴犬さん、いらっしゃい \(^o^)/

なるほど。DAFか・・・
名前は聞いたことはあるが、何故か聴いたことがなかったなぁ。
当時はパンクバンドだと思い込んでいたからかも。

完全に盲点だったので、私だけがカキコミしていたら、出てこなかったでしょうね。
ありがとうございます m(__)m

お礼に、この曲を。
「メシ喰うな!」 by INU
http://www.youtube.com/watch?v=3pF8ILTCm
D8

2010/12/9 21:57  [101-306]   

KIHIRO-Kさん 、

やってくれますね〜(笑)。 お陰で古いレコード聴きまくりで、家族からブーイングが(苦笑)。

俺の存在を〜 は、テクノじゃないしょ(笑)。

イケてるカフェバーでバイトしている時に、町田様が〜。クッサイ彼女(今は奥さん?)と〜。
その時は、INU も フナ も解散後で特に音楽活動はされていませんでしたが、
やっぱ、存在感?オーラが何か凄かったです。 
でもね、アイスカフェオレーに生クリームの上に追加でシロップをドバドバ入れられていて
イメージが(笑)。

テクノならコレでしょう(笑)。

Ultravox ha! ha! ha! 1 Rock Wrock
http://www.youtube.com/watch?v=mJdt6Qwfp
q4

2010/12/10 03:26  [101-307]   

脱線しまくりで申し訳ないが、もうちょっとだけ。
前出のスネイクマン・ショーといえば、メンバーの1人は小林克也。
彼は、ナンバーワン・バンドという名でアルバムを出していました。

その中から、桑田佳祐とデュエットした名曲。
「六本木のベンちゃん」
http://www.youtube.com/watch?v=PVKCXS9Cj
gw

私は、初めて六本木へ行った時、思わずこの曲を口づさみました。

2010/12/11 23:15  [101-315]   

KIHIRO-Kさん、皆さん、失礼します。
年内ギリッパなスケジュールですので、又来年に〜。 ♪ スレ残ってるのかな?

柴犬が 本当に得意な 「アンビエント・テクノ」 の最名曲を2曲起きていきますね。

Aphex Twin - Girl / Boy Song
http://www.youtube.com/watch?v=MdZs5PVcw
Bs


μ-Ziq / Hasty Boom Alert
http://www.youtube.com/watch?v=6o4akJm8o
y8


KIHIRO-Kさん、皆さん、風邪には気を付けて、良いお年をお迎え下さいね。 ♪

2010/12/12 12:58  [101-323]   

柴犬さん、まいど \(^o^)/

>アンビエント・テクノ
こんなジャンルがあるとは知らなかった。
紹介していただいた動画は初めて見ました。
調べてみたら、ここで紹介しているバンドより少し後なので、当時の私は
いろいろと音楽を聴く環境になかったからのようです。

>又来年に〜。 ♪ スレ残ってるのかな?
ネタも少なくなってきたので、来年までカキコミしているかどうかは・・・(^_^;)
でも、ちょっと早いですが、来年にお会いしましょう (^_^)/~

2010/12/12 22:49  [101-327]   

考えてみたら、YMOは「firecracker」しか流していない (+_+)
やっぱし、YMOを紹介しとかなきゃね。

「La Femme Chinoise (中国女)」
http://www.youtube.com/watch?v=q85PSj8fq
tk&feature=related


この曲は、女性の声のフランス語のナレーション(?)が入るのだが、
ずっと、その詩がどういう意味なのか気になっていた。
当時は、フランス語に詳しい友人などもおらず、私自身も門外漢だったので、
長い間、謎だったのだが、インターネットとはスゴいもので、ある時、思いついて
検索したら、このフランス語の詩が判明して、とても嬉しかった \(^o^)/

ちょっと長くなりますが、フランス語の部分の原語と日本語訳を。
なおこの詩は、元々のクリス・モスデルの詩をフランス語に翻訳したらしい。
クリス・モスデルらしい、散文的な詩です。

Des notes sans fin (とりとめのないメモ)
Des visages identiques (同じ顔)

C'est un bras brilliant (それは輝く腕)
De petits pieds laces (小さなてん足)
Des notes san fin (とりとめのないメモ)
Des visages identiques (同じ顔)
La demarche saccadee (ぎこちない動き)
Avec des voix princees (気取った声して)

La discretion noiraude (黒い髪の寡黙さ)
Arriere-pensees, qui sait (心の底を誰かが知る)
C'est un bras brilliant (それは輝く腕)
De petits pieds laces (小さなてん足)
Des notes san fin (とりとめのないメモ)
Des visages identiques (同じ顔)
La demarche saccadee (ぎこちない動き)
Avec des voix princees (気取った声して)

*高橋ユキヒロ氏が唄う、英語詩部分

Notes sans fin (とりとめのないメモ)
Visages identiques (同じ顔)
Comme tous les vieux insectes (気取った昆虫のように)
Demarche saccadee, affiche criarde, (ぎこちない動き、目障りなポスター)
voix princees (気取った声して)

Descretion noiraude (黒い髪の寡黙さ)
bible rouge (赤いバイブル)
Arriere-pensees, qui sait (心の底を誰かが知る)
Un monde finit (ひとつの世界が終わる)

2010/12/14 23:28  [101-336]   

今夜もYMO。

代表曲とされているのは、やはりこれでしょうね。
「RYDEEN」
http://www.youtube.com/watch?v=kYKV8Hw7V
Q4&feature=related

もう何千回、聴いたことか。

ちなみに、昔、ゲームセンターに「スーパー・ロコモーティブ」というゲームが
あったのですが、そのゲームでこの曲がBGMとして使われていました。
そのゲームを続けていると、ずっとこの曲が流れ続けるので、この曲を聴きたいが
ために、このゲームが上手くなりました (^_^;)

なお、この曲は高橋ユキヒロ氏の作曲ですが、音大出の教授(坂本龍一)は曲を論理的に
作るのに対して、ユキヒロ氏はこの曲を鼻歌から作ったという話は有名です。
居酒屋で、ユキヒロ氏が鼻歌でメロディを歌い、教授がそれをメモって書き起こして
出来たそうです。

2010/12/16 00:05  [101-340]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
NFLと競馬と映画が好き!
NFLと競馬と映画が好き!をお気に入り登録
運営者:
KIHIRO-Kさん
設立日:
2010年3月1日
  • 注目度:

    143(お気に入り登録数:13件)

ページの先頭へ