縁側 > 自動車 > すべての書き込み
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

  • 自動車の掲示板

「自動車」

所属カテゴリにして 掲示板を作成する

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


返信0

お気に入りに追加

運営者のみ投稿可


トヨタ TANK に ケンウッド DRV-MR740 駐車監視録画 1 駐車監視録画 2 通常の走行中録画

TANKにはドライブレコーダー KENWOOD DRV-MR740を付けています。
別売りの電源ユニット CA-DR150と合わせて駐車監視録画が出来ます。

駐車監視録画とは、駐車中にカメラに映る範囲で動き、あるいは衝撃が
検知された時だけ、その前後10から60秒間の映像を記録するという機能です。

エンジンがかかっている間は通常(常時)録画、エンジンを切って
5分後に自動的に駐車監視モードに移行するようになっています。

車のエンジンが動いていない(つまり発電していない)状態で電力を消費するので、
バッテリーが上がってしまわないように、上記の別売り電源ユニットで
バッテリーの電圧が何Vまで下がってきたら停止する、
または駐車監視開始から何時間後に停止する、
という設定が出来るようになっています。

電圧については「12.6V」「12.4V」「12.2V」「12.0V」、時間については
「6時間」「12時間」「24時間」「OFF(つまり無制限)」という選択肢があります。

車を停めてエンジンを切った時点でバッテリーの電圧が設定値を下回っていた場合、
駐車監視モードはそもそも開始すらされないことになります。

TANKは通常アイドリングストップが働く仕様になっています。
アイドリングストップで停止したエンジンを再始動させる際にバッテリーの電圧が著しく下がります。

アイドリングストップはTANKの場合、時速7kmを下回るとエンジンが止まる仕様になっています。
そのままだと駐車する際は一旦アイドリングストップが効いてエンジンが止まり、
再始動してまた最後にエンジンを切るという手順になってしまいます。

これでは上記の通り、エンジンを切った際のバッテリーの電圧は
非常に低い状態になり、駐車監視が実施されない可能性が高くなります。

アイドリングストップ車にはアイドリングストップ機能を停止させるボタンが付いています。
駐車場に向かう前にそのボタンを押しておけば、停車直前のエンジン停止・再始動を避け、
つまりエンジンを切る直前にバッテリーの電圧が著しく下がる事態を避け、
駐車監視モードが実施される条件を保つことが出来ます。

現在、電源ユニットの設定は「12.2V」、「6時間」としてあります。
最初は「12.4V」、「12時間」という設定で使い始めたのですが、
一週間もすると駐車監視が実施されなくなったので変更しました。

母はアイドリングストップ機能停止ボタンの操作などしない人なのですが、それでも車、
つまりバッテリーが新品なので、現状では上記の設定で駐車監視が実施されています。

今後、バッテリーがヘタってきたら、アイドリングストップ(燃費)を採るか
駐車監視を採るかの選択を迫られることになるのだろうと想像しています。

添付画像について、ナンバープレートは判読できないように処理を施してあります。
処理前の画像ではナンバープレートは充分に判読できます。
また、駐車監視モード中はGPSは機能しないので
ビューワーソフトでも地図は表示されません。

2019/5/20 19:19  [2244-13]   





プロローグ



夢・・・夢を見ている。

髪の長い少女が一人、オレに向かって微笑み話しかける。
「約束、だよ・・・ゆういち」

約束って一体何だ?
いや、そもそもオレは「ゆういち」じゃなくて「のぼる」なのだが。

そんな現実的なツッコミを入れたところで目が覚めた。
なんだ、いまの夢は。
やけに鮮明に記憶に残っていて、何故だかとても気になる。
知らない少女のはずだが、記憶の彼方で微かに覚えているような、
不思議な娘だった。

だが、はっきりと思い出せない。
なんだろう、このもどかしさは。

それならば、勇気を出してその娘に直接会いに行こうと思った。
その娘がどこにいるのかは、何故かよく知っている気がした。
和歌山県のあたりのはず。
詳細な場所まではわからないが。


じゃあ、準備して旅に出掛けるとしますか。



2019/5/9 12:39  [1498-5519]   

生活の全てが詰まったラゲッジルーム


4月30日


今年のGWは10連休。
平成から令和へ改元されるタイミングで祝日が重なったからだ。
なので、その休みを利用して近畿地方へ旅をすることとなった。

近畿地方の旅として個人的に期待するのは、滝と古墳だ。
どちらも興味があり、見て楽しめるもの。

日本一の落差を誇る「那智の滝」は和歌山にある。
これを見ずして滝は語れないだろう。

古墳は日本古来の王族の墓なのだが、メジャー級である前方後円墳は
のぼるの住む新潟にはほとんど存在していない。
近畿地方にはそんな前方後円墳や有名な古墳が多数あるというので
是非とも見学したいと思っている。
いつかオレも古墳に入れるほどの権力を持つだろうからな。ハハハ。

もちろんグルメも外すことはない。
うまいものは、食いきれないほどあるのだ。

出発は平成最後の4月30日。
できるだけ高速道路を使わず一般道を使い、浮いた金でうまいものを
食べ尽くすのだ。
宿は全て車中泊。道の駅を車中泊場として利用させてもらおう。

民宿や旅館は、到着時間とか風呂とか他人の部屋の音とか出発時間とか
制約がたくさんあるのに比べ、車中泊は騒音だけ攻略すれば
全てが自分の都合で思いのまま行動できるのだ。
これを上手に活用することで宿代が浮き、さらにうまいものが
食べられる計算になるはず。

クルマは毎度おなじみホンダFIT3ハイブリッド。
燃費の高さ、ハイパワーエンジン、そして人が寝れるほどの
大容量ラゲッジルーム。
ソロ旅に必要な全てを兼ね備えた極めて有用なクルマである。

毎年少しずつ車中泊用にカスタマイズを重ねてきているが、
今回は車中泊用テレビとポータブル電源を導入してみた。
ポータブル電源は安いやつなので、ドライヤーとか電子レンジは
使うことはできないが、テレビや各デジタル機器の充電なら楽勝。
クルマ装備にも以前からUSBソケットや100V電源を備えていたのだが、
ソケット数や電圧不足で少し力不足になっていたので、この機会に
パワーアップしてみたわけだ。
クルマのバッテリー上がりの心配もなくなったしな。

ルート選定。
スタート地点の新潟から長野までは何度も通っているので無問題。
そこから先が問題。
諏訪湖の南から静岡の浜名湖まで、ほぼ直線で行ける国道152号があるので
それを通ろうと思ったのだが、調べてみると国内有数の「酷道」で
あることが判明し、断念。
あっぶね。近畿地方に入るまでに力尽きるところだった。
恐ろしや、三桁国道。

他ルートを調べると、塩尻から国道19号で名古屋まで行けるルートが
一般的らしいのでそれで行くことに決定。
名古屋中心部はGWだと非常に混むと思われるので高速を使ってスルー。
あとは海沿いの道で最南端の潮岬へ行く。(途中で那智の滝を経由)

白浜という所から内陸に入り、渓谷や温泉を楽しみながら北上。
大阪にも立ち寄り、世界一の墓である仁徳天皇陵を見学し、明日香村の
古墳群を巡り、岐阜・富山を経由して新潟へ帰る。

そんな感じで計画を煮詰めていった。

難しいのは「伊勢神宮」だ。
行けるチャンスがあるなら是非とも行ってみたい所なのだが、
GW中で、しかも改元という激レアなイベントがあり、とんでもない
混雑が予想される。
それでも行きたい、という気持ちもあるし、スルーも選択することも
充分あり得るだろう。
最終的には現地へ行って、判断することとした。

2019/5/9 12:42  [1498-5520]   

雨降りの中、出発!

翌朝に出発を控えた4月29日。
きっちりと準備を整えた。
今回の旅は、ユルく、セコく、がモットー。
基本的にお金を使うのは食事が大半。
去年行った北海道では毎晩居酒屋で散財してしまい、愚行とまでは
言わないがのぼるらしくない行動をしてしまった。
今年はその教訓を生かし「うまいものを、安く食べる」ことをテーマとした。
必然的に車内で食べることが多くなりそうなので、キャンプで使う
一人用のテーブルを車内に設置した。

布団は、キャンプ用に新調した3シーズン用のシュラフだ。
3月に試験的に車中泊してみたが、さすがに寒かった。
だがGWの季節は暖かく充分な機能を発揮できるだろう。

マットは去年も使った低反発マットレスを敷きっぱなしにして使用。
これがあると無いとでは熟睡度がまったく違うので、キャンプでも
車中泊でも必ず使っている。
このふかふかは、クセになるといっていい。
このふかふかに、一生捧げてもいいと誓える。
このふかふかに、のぼるは洗脳されたようなものだ。

あとは充電用USB、デジカメ用バッテリーの充電器、車内ランタンの
充電器などをコンセントに挿し、テレビのアンテナや電源コード等
配線が邪魔にならないようにまとめておいた。
テレビの放送が映らないことも想定し、ひまつぶしアイテムとして
去年買ったミニスーファミも搭載した。
HDMIはもちろん、電源のUSBもテレビから供給できるので、配線が
とても楽だ。
あとは着替え、一人用のクーラーボックスなんかを準備すればOK。

翌朝。
いよいよ出発。
ナビに行先と経由地を入力。
ドライブ旅行が楽しくなるスマホアプリ「ハイドラ」を起動。
準備完了だ。

小雨が降る7時に出発。
いや、寒っ!
前日まで夏日に近い暑さだったのに、春用の長袖が必要な肌寒さ。
なんだよこの天気と気温は。
これだと車中泊でもトレーナーとか必要かもしれない。
雨男らしい門出で、先行き不安になるが、明後日からは快晴が続く
という予報なので、たぶん今日と明日だけ我慢すればあとは
パラダイスになるはず。それを信じようではないか。

出発し、心と身体が落ち着いたところでミュージック・スタート。
旅立ちのテンションをぐっと高めてくれる歌。
いろんなものを失ってきて、そしてこの旅でさらに失うものもあるだろう。
でも、それ以上に得るものがあると確信させてくれる歌だ。

https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tT
TWk

2019/5/9 12:44  [1498-5521]   

国道脇の菜の花がキレイ すげえ親子丼 GW名物 高速大渋滞 R19は快適な道路

さて。
R8 →R17 → R117と進み、長野県の飯山に着いたところで雨が止んだ。
このままもう降らなければいいのだが。

11時になったのでランチにしよう。
昭和の歴史を感じさせる「イナリ食堂」という食堂に入った。
開店と同時に入ったのでよかったのだが、5分も遅れたら店の前の
行列に並ぶことになっただろう。それくらいの人気店だ。

注文したのは親子丼の普通盛り。
鶏肉を卵でとじたものをごはんの上にのせたシンプルだが奥の深い料理だ。
だが、ここの親子丼は規模が違った。
たぶんもも肉一枚まるごと使っているであろう、とんでもない量の鶏肉が
入っている。もはや卵でとじきれていない。
玉ねぎも入っているが、長ネギもざく切りでドカドカ入っている。
ごはんもそれに合わせて大盛りだ。すげえええ!

そんなデカ盛りの親子丼と格闘していると、他の客の注文した唐揚げ定食が
運ばれているのが見えた。
一口では食べきれないほどの唐揚げがおよそ10個ほども積まれている。
なんという豪快な盛り。完食できるやついるのか。

やっとのことで平らげた。
満腹というか、さらりとリバースしそう。
後の客のことも考えて早々に店をあとにする。
ご馳走様でした〜♪

R18で長野へ。
ここでふとしたことに気付いた。
スマホの通信に関する契約だ。
今までは従量制にしていたが、この連休中はハイドラというアプリを
走行中立ち上げっぱなしにするのでパケット量がオニのように増えるはず。
それならば4月のうちに通信契約を使い放題に変更するのが正しい。
ネットから契約内容変更は可能だが、依頼がギリギリすぎるので
明日の5月からの適用ができないかもしれない。
こういうときはショップで直接変更依頼を出せば間に合うし確実だ。

長野のauショップに駆け込み、手続きをしたのだが、やたら待たされた。
10分くらいで手続きできると思っていたが、なんと1時間以上もかかった。
客なんてあまりいないし、店員の人数も足りてる。
なぜこんなに待たされたのか。
それはインセンティブに関係する。
契約内容の変更よりも新規や機種変更などを相手にする方が儲かる仕組みと
なっており、ゆえにのぼるは後回しにされたわけだ。
後から来た客を優先してるのを見てると、マジでイラついてきた。
しかものぼるの担当者が新人で変更手続きにまごつき、さらにイラつく。

こんなところで足踏みしてしまうとは。
今度からは契約内容変更するときでも機種変更と言って、あとから
「やっぱ今のスマホのままにして通信料だけ見直すわ」とか言えばいい。

ちょっと予定が狂ったが、べつにまだ充分時間はある。
落ち着いて行こう。

ロスした時間をリカバリするため長野から高速道路に乗った。
高速に乗るまでちょっと渋滞したが、GWだからこんなもんだろう。
予想の範囲だ。
だが、ここでも予期せぬ事態が。

クルマのナビはETC2対応で、進行方向の渋滞や事故などの情報が
逐一報告できるようになっているのだが・・・
「10キロ先、先事故により渋滞です」とのアナウンスが。
なんだと!
ちょっと進むともう渋滞に巻き込まれ、ほとんど動かないクルマの群れの
最後尾に停まることとなった。
なんだよう、これじゃ高速でショートカットした意味が無いじゃないか。

結局、塩尻北インターに到着したのは16:40。
こんなんで2時間近くかかるとか、運が悪すぎる。
高速代1310円返せー。

さて、ボヤいても仕方ないので先に進む。
R19をJR中央本線に沿って走ることになるが、ここからようやく
初めて走る道路となる。
さすがに2桁国道は整備されていて、山沿いの道ながらとても走りやすい。
道の駅やコンビニ、ガソリンスタンドも点在しており、何か困ることはない。

標高があるせいか、道路沿いの桜がまだ咲いていた。
半分ほどは散ってしまっていたが、まだまだ見頃。なんか徳した気分だ。

2019/5/11 02:06  [1498-5522]   

日帰り温泉 せせらぎの四季 道の駅「きりら坂下」・・・のトイレ 車内でテレビを観ながら夕食

本日のこの後の予定は、温泉でゆっくりして、夕食を買って、岐阜に
突入したところの道の駅で夕食、晩酌、そして寝る。
どの温泉に、とかは予め決めておいたので基本的にその予定を
トレースしていけばまったくもって「問題はない」のだが、
旅につきものなのは語尾に「はず」がつくことだ。

「本日 立ち寄り湯は15:30まで」
木曽福島の温泉宿の看板にそう書かれてあった。
もう18時、とっくに時間切れだ。
この温泉宿のホームページには「温泉受付22時まで」と書かれていたのに
話が違うじゃないか。
まあ、GWで客が多い時期は予定を変更することはよくある話だが。

もう日が暮れようとしている。
呆然としていても埒が明かない。
スマホで近くの温泉施設を検索し、まだ入れる温泉を探しながら走った。

「せせらぎの四季」と書かれた日帰り温泉専門の施設を見つけた。
王滝川のほとりにある木造のキレイで新しい感じの施設だ。
21時まで営業と書いてある。よっしゃ!

700円の入浴料を払い、さっそく女湯へ。間違えた。男湯へ。
湯は黄土色に濁っていて、ややぬめり気があるが、それがまた気持ちいい。
ちょっと熱いが、今日の疲れが癒される感じでゆったりした。
ああぁぁぁああぁぁ〜・・・
無事に風呂に入れてよかったぁ〜
もうその一言に尽きる。

露天風呂で地元のおっちゃんと話をしたのだが、
ここの上流は、御嶽山(おんたけさん)であることを初めて知った。
御嶽山とは、2014年の秋にいきなり噴火し、58人が死亡、5人が行方不明と
なった、戦後最悪の火山災害があった山だ。
山からこの木曽福島はけっこう距離があるので被害はなかったが、
温泉の地脈が狂ったようで、湯が出なくなった宿もあったという。

動画とかで噴火の現場を見ていたが、あれは本当に怖いと思った。
ハイキングで訪れていた親子とかも犠牲になったらしい。
あんな風に突然前触れもなく大噴火する山もあるので、山は恐ろしい。

休憩所でしばらくまったりして熱を冷ましてから再出発。
もう辺りは真っ暗で、あとはナビを頼りに進むしかない。
中央線JR木曽福島駅の近くにイオンがあったので、夕食と飲み物をゲット。
20時を過ぎてるので惣菜とか半額になっていて、よりどりみどり。
定価で買ったらかなり高額になっていただろうに。
スーパーはだいたいこんな時間に惣菜を売り切るために半額にすることが
多いので、それを見越して来店するのが賢い旅人の手法である。
閉店時間がわかれば、半額時間もだいたいわかる寸法だ。わりと賭けだけど。

さて、あとは今日の寝床たる道の駅へ向かうだけだ。
30分ほど国道を走ると、岐阜県に突入。
すると、間もなく道の駅「きりら坂下」に到着した。

国道から川を渡ったところにある施設なので、けっこう静かだ。
スーパーマーケットが併設された珍しい道の駅、なのだが、遅くに到着
したのでとっくに閉店していた。
さすがにGWとあって何台も車中泊している。

わりとトイレに近く、平坦で静かなスペースが空いていたのでそこに駐車。
よっしゃ 、車中泊モードにトランスフォームだ。

各ウインドウの枠の大きさに切った黒のプラボードをはめ込んでいく。
これで車内の光が漏れない。
車内にランタンを灯し、テレビの放送局をチューニングする。
今日はどの放送局も「平成最後の××」とか「天皇陛下の思い出」なんかを
放送していた。

それを見ながら衣類の入替をやっておく。
汚れた衣類を洗濯用巾着に入れ、新しい衣類を温泉セットに入れる。
これは酒を呑んだ後ではめんどくさくて絶対やらないので、
今やるしかないのだ。

ちなみに温泉から上がったタイミングでジャージに着替えているので
完全にリラックスモードになっている。

ようやく夕食タイムだ。
先ほどイオンで買った惣菜をテーブルの上に乗せ、クーラーボックスから
冷えたビール(系飲料)を取り出す。
チキンソテーや揚げ物にかぶりつき、ビールを喉を鳴らしながら飲む。
やべー、マジ幸せ。
ビールが切れたら、次はチューハイ。
なんか初めてみた「熊本ぽんかんサワー」だが、夏みかんっぽくて
とても美味なチューハイだ。

うーん、食った飲んだ。
昼間あんなデカ盛りの親子丼を食べたくせに、やっぱ夜になれば空腹に
なるんだな。
ごちそうさまでした。

あとはテレビを観たり、ミニスーファミでスト2をしたりして、
眠たくなったタイミングで明かりを消した。
けっこう気温が暖かいのでシュラフのファスナーを全開にし、掛け布団の
ように上からかぶせた状態にして寝た。
気持ちのいい夜だった。

本日の出費
 昼食 親子丼 750円
 高速道路 長野 → 北塩尻 1310円
 温泉 せせらぎの四季 700円
 夕食・飲物 866円

 合計 3626円

2019/5/13 12:06  [1498-5523]   

竜吟滝 駐車場 一の滝 二の滝 えびす滝

5月1日


夜は3時間おきくらいにトイレで目覚める。
トイレが近いって、いやだなぁ。面倒だし、年寄り臭い。
ま、酒をがぶがぶ飲んだら、こうなるわな。

4時過ぎにまた目覚めた。
空は少しずつ明け始めていた。

まずは「令和」明けましておめでとうございます。
「令」呪をもって平「和」を成す。聖杯戦争の時代の幕開けだ。
来い、セイバーぁぁぁああぁぁーっ!!

テンションがガチ高になったので、ちと早いが起きることにした。
昨日イオンで買ってクーラーボックスで冷え冷えにしておいたスポーツ飲料で
喉を潤し、シャキーンと意識を覚醒させる。
それから顔を洗い、着替え、車中泊モードから運転モードにトランスフォーム。
他のクルマはまだ就寝中の人が多いので、できるだけ静かに。
トランスフォーム・サイレントモードで作業をする。
・・・横文字にすればカッコイイとか思ってるやつは信用しないほうがいい。

本日の予定は、朝イチに近くの滝を見学、それから高速で名古屋市街地を
パスしつつ三重県の津へ向かい、昼食。そのあと伊勢神宮へ。
あのへんは新潟人にとって非常に珍しいリアス式海岸なので、時間があれば
展望施設に行って複雑な海岸線を楽しみたいとも思う。
そのあと温泉に浸かり、最終目的地は紀北町の道の駅「海山」となる予定。

ナビを起動し、パッパと目的地を入力し、さっそく出発だ。

まずは早朝の観光、滝見学だ。
竜吟滝、というところ。
沢を登っていくといくつもの滝がある名所らしい。
道の駅から10分足らずで着いた。
国道から逸れるとすぐに山道になり、狭い上り坂をハラハラしながら
進んでいくと駐車場があり、そこに停める。

川の流れる音、微風でざわつく森の木々。滝が近くにある独特の雰囲気だね。
さすがに5時では誰ひとりいない。
のぼるの独占状態だった。
空はどんよりとした雲に覆われ、いつ降り出してもおかしくないような天気。
まあ、降っていないだけマシだ。さっそく滝巡りだ。

管理の行き届いた遊歩道を進むと、立派な管理棟があった。
まあ、こんな早朝から営業しているわけもなく、無人だったが。

そこからすぐに、一の滝が見えた。
最初にして最大の滝。
16mもの高さからドバドバ水が落ちている。
昨日の雨のせいか、水量多めな感じで迫力がある。
なかなか魅せてくれるではないか。

そこから歩道に沿って登っていき、二の滝、三の滝、そしてえびす滝
という滝まで見た。
どれも小さな滝ながら見どころと味わいのある滝だ。
そこからUターンして駐車場へ戻った。
けっこうな山道で、それだけを目的とするならもっと先へ進んで
さらにたくさんの滝を見ることができるのだが、これ以上進むと
汗だくでヘトヘトになりそうな予感がしたので、引き返したわけだ。
朝イチの散歩で力尽きるとか、シャレにならんからな。

駐車場へ戻ってきたタイミングで、いよいよ雨が降り出した。
くそ、今日も雨か。
ホントに明日から晴れるのか? 今日だけ我慢すればいいのか?
疑心暗鬼しながら国道へ戻った。

2019/5/15 14:31  [1498-5524]   

豊田市にあるお城。トヨタ城? 本社っぽい建物 高速で光速を超えてやるさぁ ナガシマスパーランド

少し走ると、マクドナルド発見。
こんな早朝でも「それが何か?」と言わんばかりに営業している。
さっそくドライブスルーへ。
ソーセージマフィン、チキンクリスプマフィン、ホットコーヒーで300円。
のぼるの朝マックの鉄板メニューである。それ以外は高いから・・・
支払いはスマホアプリの楽天ポイントで。楽すぎる。

走りながら食べようと思っていたが、価格コムの書き込み通知があり
会ったことはないが友達の「チビ号」さんがいろいろと
誤解している感じのレスを書いていたので、いったん近くのセブンイレブンの
駐車場に停め、スマホで擁護レスしながらマフィンを食べた。

https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=2263
1327/#tab


どうでもいいけど、車中泊中に酒を呑んだから何だというのだろう。
酒が抜けるまで動かさなくてもいい所に停めていれば、どうということはない。
偉い人はそれがわからんのです。

さて、早朝からてんやわんやの事をしているが、再び発進。
予定よりけっこう早い行動をとっているので、愛知の豊田市あたりまで
下道で走り、それから高速道路に乗ることにした。
いま高速を使ったらそうとう早く三重の津に到着してしまい、そこで
食べるはずのうなぎ屋開店までかなり待たなくてはならなくなる。

そんな感じで豊田市に向かって下道をチマチマ走る。
はじめて豊田市に行くホンダ乗りってのは、緊張するものだな。
そこに住むひと誰もがトヨタかレクサスに乗っており、ホンダ乗りを見るないなや
一気に囲んで袋叩きにされるのでは、とか思ってしまう。
また、ホンダの工場やサーキットのある鈴鹿市と、この豊田市の中間に位置する
名古屋ではいつも両者がにらみ合って暴動が起きているとか、手羽先の
「風来坊」と「山ちゃん」それぞれの派閥を軸にトヨタ派とホンダ派が
入り乱れて中東さながらの緊張状態が・・・とかそんな想像をしていた。

いや、さすがにトヨタすげえ。
本社周辺の工場とかのビルの規模がマジすげえ。
郊外とかにありがちのでっかいイオンの立体駐車場、あれと同様のものが
従業員用の駐車場になっていたりする。
え、あれイオンじゃなくてトヨタの工場なの???

ガンダムでいうところのアナハイム・エレクトロニクス。
パトレイバーでいうところの篠原重工。
そんな感じだ。

豊田東インターから高速に乗る。
本来は静岡の浜松から海に突き出た渥美半島の先端まで行き、フェリーで
クルマごと伊勢まで渡る予定だったのだが、それだと津へ行くのに
無駄が生じるので、こうして自走運転している。
そこまでして行く津のうなぎ屋に一体何があるというのか。

いくつかのジャンクションを抜けると、海に面したエリアに。
名古屋の埠頭はいろいろ賑やかだ。
いろいろ話題のレゴランド、遠目からでも恐怖を感じるほどすごい落差の
ジェットコースターのあるナガシマスパーランド。
雨が降っていなかったらもっと色鮮やかなドライブになっただろう。

2019/5/17 05:27  [1498-5525]   

御在所SA 伊勢名物 赤福 5/1だけの激レアなしおり やわらけーあんころ餅だ

疲れて眠くなったので四日市らへんにある御在所SAで休憩。
施設内は近隣のうまいものが全て味わえる御在所彩館があり、
GWなのでものすごい人だかり。
各店舗には肉あり、パンあり、スイーツありと、見てるだけでヨダレが。

https://www.kankomie.or.jp/report/detail
_297.html


ドライブのお供になにか食べれるもの、ということで伊勢名物の「赤福」を
買ってみた。
もちもちの餅にしっとり濃厚のあんこが載った有名な和菓子だ。
8個入って760円。

クルマに戻って、さっそく食べてみる。
やわらかすぎる餅が底面にべばりついているので付属の「へら」で
餅をスクレイパーのようにこそぎとって持ち上げる。
口に頬張ると、餅の柔らかさにこしあんの上品な甘さが重なるハーモニーが
絶妙な旨さを奏でる。
うむ。予想を裏切らない見事な和菓子だ。
いまは冷たいウーロン茶しかないけど、熱い番茶があれば更に美味しく
食べられるに違いない。
賞味期限が2〜3日と短いのが玉に傷。もちっと長ければ土産として
買えるのだが。

さて、再び出発。
このへんから交通量が凄まじく多くなる。
GWで、今日は改元の日。伊勢神宮へ向かう人が多いわけだ。
のぼるもその内の一人だが、伊勢神宮までまだぜんぜん遠いのに
こんなところから混雑するとは予想できなかった。
現地はもっと混んでいることが容易に想像でき、今からゲッソリしてきた。

10時に津ICに到着。
ここからは下道だ。
雨は一時的とはいえ止んでいたが、空は相変わらずいつ降り出しても
おかしくない雲行きだ。
とりあえず市街地に向かって走る。

2019/5/19 22:52  [1498-5526]   

津の うなぎ新玉亭 通り側建物全貌 最後尾が見えない! メニュー

いくつかの交差点を過ぎると「新玉亭」という看板を掲げたウグイス色の
ビルが見えた。
ここが昼食の場であるうなぎ屋だ。
かなりすごいうな丼の店らしいので、他を差し置いてもここに来たかった。
だが、開店は11時なのでやっぱりそうとう時間が余ってしまった。

とりあえずビルの裏にある駐車場にクルマを停めた。
2台ほど車内で開店待ちをしている人がいる。
ほほう、のぼるの他にもこの店を目的としている人がいたのか。さすが。

開店まで30分以上もあるので、そのへんをぶらぶらと散歩する。
津の街もけっこう都会で、ビルが立ち並んでいる。
そのビルの合間に都会のオアシスである公園があり、数十人が集まって
メーデーをやっていた。
そっか。今日は5月1日でメーデーか。
労働者の権利を主張する会、と聞こえはいいが、ちょっと聞いてると
安倍政権への批判というか文句がテーマに聞こえた。

そんな感じでヒマを潰して店に戻ると、入口の前に5〜6人が
行列を作っていた。
おっと、並ばなくては。
のぼるもその行列の最後尾に並ぶと、後からドヤドヤと待ち行列が続き、
その5分後には最後尾が見えないほどになっていた。
うっわ。あぶなかった。

ほどなくして開店。
のぼるは1人用のカウンター席に案内された。
ここに来たらこれを食べる、と予め決めておいたので、すぐに注文した。
「中丼の中盛り、肝のお吸い物でお願いします」
仲居のおばちゃんは「かしこまりましたー」と素早く承った。
こういう時は1秒でも早く注文するのが正しい。
3〜4分も経つと、行列の入場制限がかけられた。
「ただいまお席は空いておりますが、料理をお出しできるのが1時間ほど
かかってしまいます・それでもよろしければお席にご案内いたします」
だと。数分の差でこれかよ。あっぶな。

2019/5/21 14:32  [1498-5527]   

うおぉおぉおぉお〜〜 すげえぇえぇえぇえ! 繁盛するわけだ

「お待たせしましたー」
10分ほどでうな丼が到着。
うおぉおぉおぉお〜〜、来たよぉおぉおぉお!
丼の上にフタがかぶさっているのだが、ごはんが盛り上がってハミ出てる。
恐る恐るフタを外してみると、てっぺんにうなぎのかば焼きが3切れ
乗っており、その下はややタレが染みた白米。
アレだ。「まんが日本昔ばなし」によく出てきた、茶碗に山のように
盛られたごはん。まさにあの盛りである。
通は「まんが盛り」「昔話盛り」と言っているが、この店では「中盛」と
呼称されている。

お吸い物は追加100円でうなぎの肝の入ったやつになる。
少しすすってみると、澄んだ汁なのにいい出汁の風味豊かなお吸い物。
追加100円の価値は充分にある。

なにはともあれ、どんぶりに突撃だ。
3切れのうなぎのうち2切れを皿がわりのフタに退避させておく。
うなぎをちょっとかじっては白米をかっこむ。
うなぎの焼き加減も絶妙。外側が香ばしくバリっと、中はふんわり
ジューシーでタレも出しゃばりすぎず丁度いい甘辛さ。

いやぁ、あとはもう夢中。
とにかく食べても食べてもごはんが減らない。
タレの染みてるところと白のままのところをかき混ぜながらもりもり食べるが
もう2切れほどうなぎが欲しい。いや可能だがかなり高くなるので却下。

確かに行列ができるわけだ。
一度食べてみたかった、ごはん山盛りのうな丼。至福すぎる。
ちなみに新潟にはタレカツ丼の多くの店でこのレベルの盛りが楽しめる。
胃に自信がある人は一度チャレンジしてみるといい。

なんとか食べ終えた。げっぷ。
トドメに熱いお茶を入れてもらい、完食の余韻に浸る。
これで2160円。決して安くはないが、たまに食べるならいいね。
ふつうのうなぎ屋は胃的に満足できないところが多く、どうせ食べるなら
徹底的に満足したい、というニーズに応えたこの店のサービスを称えたい。

大満足で外に出る。
食べ終えるまで30分ほどかかったが、外の待ち行列はほとんど無い。
1〜2時間待ってでも食べたい人は2〜3階の座敷とかに案内され、
時間がかかるので断念した人はそのまま他の店へ行ったわけだ。

2019/5/23 04:21  [1498-5528]   

左車線が駐車場待ち行列 いったいどこまで続く そして誰もいなくなった・・・w

さて、壮絶なスタミナをゲットしたところで午後の部の始まりだ。
下道を伊勢神宮に向けて出発。

郊外ののんびりとした田舎の国道をのろのろと走る。
ある程度予想はしていたが、やはり渋滞している。
雨降りなので空いてるんじゃないかとちょっと期待していたが、甘かった。

のんびりついでに本日の温泉施設の営業時間を確認した。
昨日えらいメに会ったので、今日はきっちり目的の温泉に入れるように
段取りしておかなければ。
志摩地方の「ねぼーや」というちょっとフザけた名前の温泉旅館。
立ち寄り湯もやっているらしいのでそこに寄っていこうと思っていたのだ。
ホームページなどをチェックするよりもその宿に直接電話して
営業時間の確認をするほうが確実。
ハンズフリーで電話してみた。
聞けば、本日の日帰り入浴は15時から受付します、との事。
それより早く行ってもダメなのか。了解だ。
とりあえずその時間を遵守すれば温泉にありつけること確定だ。

それにしても道が混んでいる。
ふだんならスイスイ行ける国道の4車線バイパスも混みまくって
ノロノロ運転になっている。
となりの車線で運転席の窓を全開にしたアクアの兄ちゃんがいたので
のぼるの助手席窓を開けて
「混んでてイヤだねえ!」
って大声で話しかけたら、シカトされた。

ようやく伊勢神宮の敷地近くまでたどり着いた。
渋滞カオスの根源といえるメイルシュトロームの中心部である。
ゲート前には何十人もの入場待ちの人の列が。
そして車道にはどこまで続くのかまったく見えないクルマの列。
その先にはどこかしらの駐車場にありつけるのだろうが、
それがどこなのかまったくわからない。

ちなみに伊勢神宮とは外宮と内宮の2箇所がある。
それぞれ数キロ離れているので、行き来はバスを利用するのが賢いとか
ネット情報に書いてあるが、この状態ではバス移動もままならないようで
徒歩でせっせと歩いている人が多数いた。

外宮を過ぎ、内宮の近くへ進む。
一向に先が見えない渋滞にげっそりしてきた。
4車線のうち中央側の車線がガラ空きになっていることに気付いた。
なぜ隣の車線は空いているのか、一瞬で理解できた。
このまま左車線にいるならば、駐車場へいつか辿り着く。
右車線に移動するならば、伊勢神宮参拝は諦めて先へ進む。
この2択になるわけだ。

今のままだと・・・
駐車場に到着できる予測としてあと30分。
そこから多分臨時バスとかで伊勢神宮へピストン輸送してくれるだろうが
実際に伊勢神宮(しかも行先が外宮か内宮か不明)へ到着するまで30分。
急いで敷地内を参拝して1時間。んでもう片方へ行くのに1時間。
参拝また1時間。駐車場に戻ってくるのに30分・・・

・・・カルく計算しただけで日が暮れてるじゃねーか。

無理無理無理。絶対無理。
すみません初代天皇様、アマテラスオオミカミ様、参拝は
今回見合わせさせていただきます。
いつかきっとまた来ますので、そのときじっくりと参拝いたします。

この旅の出発前。
ネットで伊勢神宮の参拝における礼儀作法を何度も見て覚えたのに、
なんてザマだい。
などと思いつつ、ハンドルを右に切って空いた車線を爆走した。

しばらく走ると、五十鈴川の橋を渡るが、そこから見た地獄絵図。
河川敷に臨時駐車場が見えたのだが、敷地内にビッシリ車で埋め尽くされ
なおもそこに向かって長い列が続いているのだ。
誰が見てもオーバーフローしてるじゃねーか。
あぁ・・・諦めてよかった・・・。

2019/5/25 02:30  [1498-5529]   



返信1

お気に入りに追加

運営者のみ投稿可


TANKとMOVE

普段MOVEに乗っている自分が母のTANKに乗ると、つくづく
思うことなのですが、TANKはMOVEの延長線上にある車です。

母のTANKの購入総費用は自分のMOVEのおよそ1.5倍でした。
例えばレクサスLSの購入総費用がMOVEの10倍だったとして、
それは全く比較にならないと思いますが、MOVEとTANKでは
価格差がそのまま、車のそこかしこの差として納得できます。

写真を撮るために車を移動させる際、エンジン、ステアリング、さらには
ATセレクターの感触すら(MOVEより)上質なのが如実に伝わってきました。

MOVE(やTanto)に乗っている人がTHOR/TANK/ROOMY/JUSTYに乗り換えたら、
出したお金の分だけ確実に満足度の高い車になると考えて、まず間違いないでしょう。

2019/5/7 20:10  [2244-11]   

カッコイイ(?) MOVE

TANKと乗り比べると惨(みじ)めになってしまうMOVEですが、
自分の日常に於いて全く不足は無く、充分に満足しています。

唯一、交通事故のニュースの映像を見るたびに、軽自動車は簡単に
ひしゃげてしまうのだと、そのことだけは気にかかっているので、
次に乗り換える時、また軽自動車ということは無いでしょう。

ただ、当面は愛車であるMOVE、添付写真のように
上手い具合に光が当たって真横から見ると、悪くありません。
この写真だけ見たら、カッコイイ車とすら思えてしまいそうです。(^^)

2019/5/7 20:20  [2244-12]   



スーパーアルテッツァさん

お久しぶりです。長年に渡ってお世話になりいつも有難うございますm(__)m


今回は安く中古での購入を予定してます(^^;できる限り高年式・少走行の車でとは考えてます。
私以外も運転するセカンドカー故に幅の小さい、でも軽ではないという大前提で、
最終候補に、日産マーチ、三菱ミラージュ、どちらかにしようと考えてます(安いので!)

知識ない私の主観では、
マーチはタイ生産でコストダウン著しく色んな面で性能よくない古い設計で燃費普通のチープな車
ミラージュは似た部類ながら走行性能や乗り心地が若干マシで内装も少しよい感じ
という見方をしている理由からこの候補2車ならミラージュ選択でよいでしょうか?

2019/5/6 22:07  [1605-240]   

竜きちさん

こんばんは、お久しぶりです。

ご質問の件ですが、実はミラージュもタイ製なのです。

又、マーチ、ミラージュ共に3気筒の1.2Lエンジンを搭載しており、同じようなスペックの車ですね。

両車で大きく異なる点としてミラージュには低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム等が装備されている点です。

つまり、安全性能ではミラージュが上と言えるでしょう。

省燃費性能も竜きちさんのお考えのようにミラージュの方が良いですね。

あとは確かに内装の質感もミラージュの方が高く、オートエアコンも標準装備されています。

以上の事から竜きちさんのお考えのようにミラージュの方で良いのではと思います。

2019/5/9 20:39  [1605-241]   

スーパーアルテッツァさん

ミラージュもタイ生産でしたか(^^; でもさすがよくご存じですね。
安全性、内装の造り、燃費等も僅かながらもミラージュの方がよいとのことで、
アバウトな情報&知識しかない私も安心できましたm(__)m

では明日、近所のモーター屋へ注文してきます!

車購入時はいつもアドバイスを頂き本当に有難うございます。

2019/5/9 21:52  [1605-242]   



返信0

お気に入りに追加

運営者のみ投稿可


TANKの後席 (ココトリコのクッション)

TANKの後席は、広さは申し分ないのですが、乗り心地や騒音など、快適な移動空間とは言えません。
もっとも、頻繁な長距離移動を前提にこの車を選ぶ人も稀だと思います。
当方も大方が半径10km圏内での移動との見込みの上で選びました。

シートアレンジ優先の作りも、これはこれで一つの割り切りった判断かと思いますが、
それでも少しでも快適にと思い、座布団(シートクッション)を載せました。
ココトリコというブランドの、車用に作られたシートクッションです。
(ちなみにヘッドレストに巻かれているバンダナもココトリコです)

さすがに車専用だけあって、サイズやクッションの具合は絶妙で、座り心地は随分と改善されます。
ただ、いわゆるベンチシートで横方向にサポートが無いのは如何ともし難いところですので、
助手席のヘッドレストの支柱に後席用のサポートハンドルを取り付けてあります。

青いシートカバー(撥水仕様)は元々自分のMOVE用のものです。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000725748/S
ortID=20302284/#20302284


TANKカスタムのシート表皮は元々撥水仕様なのですが、
カバーの方が簡単に取り外して洗えるので付けました。

余談ですが、軽のMOVEとシートの寸法(縦方向)は、ほとんど変わらないようですね。

2019/4/20 19:19  [2244-5]   



返信6

お気に入りに追加

運営者のみ投稿可


晴れ空の下で プラムブラウン クリスタルマイカ 曇り空の下で プラムブラウン クリスタルマイカ

TANK G-T のホイールは、このグレードだけの15インチで、見た目がとてもカッコイイ。
こんなカッコイイ見た目のホイールって、なかなか無いと思うぐらい、自分は好きです。

スポークにあたる部分は切削加工されているおかげで光を受けて輝きます。
リムにあたる部分はガンメタリックに塗装されているおかげで汚れが目立ちにくい。

自分は洗車は基本的にフクピカで、まずは車全体に水を浴びせ、
後は、ボディはコーティング施行車専用フクピカ、
ホイールはホイール専用フクピカで、
ひたすらひたすら拭きます。

フクピカはバカにならなくて、車が本当にピカピカになります。

一旦フクピカで洗車しておくと、汚れが付きにくく、
また付いた汚れも次回洗車時に落としやすくなります。
それを知っていたので、納車の翌日にはフクピカで洗車しました。

何だかフクピカの宣伝のようですが、本当のことです。

2019/4/19 19:41  [2244-3]   

洗車時に特に厄介な「グリル」と「チンスポイラー」 リヤ周りの造形も実はなかなかに複雑

ただ、このTANK、洗車は意外に厄介です。
まず、全高が自分の身長とほぼ同じなので、天井を拭くには足台が必要です。
また、パッと見は単純な箱形のようですが、実際はなかなかに複雑な形をしています。

前面、ヘッドランプより下中央の網目状のグリル部分、一つ一つ拭くのがかなり面倒です。
また一番下の、チンスポイラーというのでしょうか、ここには当然のように汚れが溜まります。

後ろもなかなか凝った造形になっています。
ハイマウントストップランプの上側に一筋の溝が掘ってあったり、
リヤコンビランプ下側のウィンカーとバック灯の周りの黒い縁取り部分にも段差があったり、
フクピカでの洗車は全て隈(くま)無く手で拭いていくので、車の造形が具(つぶさ)に良く分かります。

凝った造形は洗車時には厄介ですが、デザインという面から見れば素晴らしいと思います。
機能一点張りでつまらない造形にしてしまわれかねないジャンルの車なのに、ここまで
デザインされたのは勿論、スズキSOLIOというライバルがいるからに他なりません。

新車ですし、コーティングも施してあるので、洗車は今はまだ楽な方なのだろうと思います。
それでも大変ですが、洗い終えた車は本当にピカピカになり、甲斐も一入(ひとしお)です。

実は自分はコーティング施行車の洗車というのは初めてなのですが、フクピカで
拭きながら、確かに塗装面が厚くて丈夫になっていることが感じられます。
三万五千円の販売店オプションでしたが、やって良かったと思います。

2019/4/19 19:49  [2244-4]   

トヨタ TANK (プラムブラウン クリスタルマイカ)

レビューでも、この縁側でも「プラムブラウン クリスタルマイカ」という塗装色名を
連呼していることからも明らかなように、自分はこの色がとても気に入っています。

ただ、一般に人に薦めるられる色かと問われれば、それは考えものです。
この微妙に紫が買った茶色は、晴天の空の下では本当に綺麗なのですが、
曇り空、あるいはそれより弱い光の下では、ただの茶色にしか見えません。
また、茶色なので当然のように汚れというか埃(ホコリ)すら目立ちます。

自分がこの塗装色を知ったのは平成30年11月にTANKのスマアシが「2」から「3」に
変更されたのと同時に「コージー・エディション」という特別仕様車が用意され、
その代表色として取り上げられたのを見てのことだと思います。

「プラムブラウン クリスタルマイカ」は以前からダイハツの多くの車種で採用されている
色なのですが、寸法制限のために抑揚豊かな造形を実現しにくい軽自動車で見ても
それほど魅力的な色だと感じることはありませんでした。

しかしTANKは、一見ただの箱形なのですが、特にボディ側面のキャラクターラインは
晴天の空の下では表情が豊かで「プラムブラウン クリスタルマイカ」が一層映えます。
https://review.kakaku.com/review/K000092
1206/ReviewCD=1213186/ImageID=454925/


実はTANKを購入したNetz店の向かいがダイハツの販売店で、そこに
「プラムブラウン クリスタルマイカ」のTHORカスタムが置かれていました。
注文の日は晴れで、そのダイハツ店にまで出向き、じっくりと色を確認しました。
ダイハツ店では、あちらはあちらで客の応対に忙しかったようで
自分が声をかけられなかったのは幸いでした。(^^;)

「プラムブラウン クリスタルマイカ」は汚れの目立ちやすい茶色なので、
この塗装色の美しさを味わい続けたければ、頻繁な洗車が必須となります。
上述の通り、TANKの洗車は意外に大変なのですが、洗車の後、太陽光の下で
表情豊かな「プラムブラウン クリスタルマイカ」を眺めると、とても満足できます。(^^)

2019/4/27 20:20  [2244-6]   

「プラムブラウン クリスタルマイカ」の表情

「プラムブラウン クリスタルマイカ」は光によっては茶色よりも紫がまさって見えます。
添付写真ぐらい紫がまさって見えたりすると、ハッとするぐらいに素敵です。

「プラムブラウン クリスタルマイカ」は、あくまで基本的には茶色です。
紫がかっているのが素敵だからといって「茶色がかった紫」までいってしまうと、
それはこの「紫がかった茶色」とは全く違う印象の色になってしまうのでしょうね。

ちなみに添付写真のTANKは車幅灯(ヘッドランプユニット内を横切る線)と
「LEDイルミネーションランプ」(フォグランプの横の粒粒)が点灯している状態です。

2019/4/29 22:22  [2244-7]   

ダイハツ MOVE (シルキーブルーパール/ホワイト) ダイハツ MOVE (シルキーブルーパール/ホワイト)

同じくフクピカ洗車の後で撮影したMOVE。

軽の限られた寸法の中で精一杯頑張った造形なのでしょうが、
5ナンバー車のTANKと比べてしまうと物足りなさは否めません。
(まぁ、購入総費用にして80万円の差がある車ですし・・・(^^;)

それにしてもフクピカ、このMOVEは納車から三年半経ちますが、
それでも一見これだけピカピカになってくれるのだから大したものです。
(このMOVEはコーティングも施していないので、使うのも普通のフクピカです)

マイナーチェンジ後のMOVEには2トーンのオプションは無くなったようです。
このシルキーブルーパールも無くなり、Mira e:sでおなじみの
スカイブルーメタリックに替わられたようです。

2019/5/2 22:33  [2244-8]   

ドラレコは KENWOOD DRV-MR740 また、この角度で撮ってしまった・・・(^^;) 「ドライブレコーダー 録画中」ステッカー ホイールがカッコイイ!

知らずの内に、何度も同じような角度から写真を撮っています。(^^)

最後に、表題のホイールの至近撮影写真です。(カッコイイ!)

2019/5/3 22:44  [2244-9]   

晴れ空の下で プラムブラウン クリスタルマイカ 「ドライブレコーダー 録画中」ステッカー ホイールがカッコイイ!

晴れ空の下で撮り直すことが出来ました。
晴れ空の下の「プラムブラウン クリスタルマイカ」は格別です。

2019/5/4 19:19  [2244-10]   


「自動車」

所属カテゴリにして 掲示板を作成する

ページの先頭へ