縁側 > カメラ > カメラ本体 > デジタル一眼カメラ > SONY > αで野鳥撮影
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

ここなら機材ネタに縛られないでやりとりできますね。
よろしかったらお付き合い下さい。

  • αで野鳥撮影の掲示板
  • αで野鳥撮影の伝言板
  • αで野鳥撮影の投稿画像
αで野鳥撮影の掲示板に
αで野鳥撮影の掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


ヤマガラ:エゾリスの食べ残しを上手に加えてナイスポーズ♪ ツツドリ赤色型:ツツドリは何度か撮影していますが赤色型は初めてでした〜 ルリビタキ若♂:秋の渡りの途中、風物詩です(^。^) アカゲラ♂:このポーズで思い出すのはそう、ジュディ・オング(^_^;)

10月の出動は遠征含めて6回。 季節的にもなかなかチャンスに恵まれず例年通り苦しい1か月でした。 そんな中でも久々の初見初撮りのツツドリ赤色型は嬉しかったなぁ。 アップした画像だと少しわかりにくいんですが、背中の色は間違いなく赤色型。 こうした幸運が11月にもありますように。

2017/11/7 23:16  [97-174]   



αで野鳥撮影

タグ:
ソリハシシギ:ノートリ、開けた浜辺でゆっくり撮らせてもらえました トウネン:ノートリ、吹きすさぶ砂嵐、さすがのトウネンも目をつぶってます エリマキシギ(夏羽):ノートリ、サンゴ草も美しい情景です チュウシャクシギ:ノートリ、これもサンゴ草群生地、が、その端っこでしたorz

9月の出動は遠征含めて6日。
時々暖かい日はありましたが、7月の暑さはとうとう戻らないまま秋になった感じです。

秋といえば北海道では短いシギチのシーズン、ほとんどが浜辺への出動でした。
ただ、たまたま運がなかっただけなのかもですが、今季は不作だったなぁ。
繁殖地で良くないことが起きているのでなければいいのですが。

EVF、サンゴ草バックの時にはありがたみを感じました。
赤の露出、OVFでは悩ましいものの代表格ですから。

2017/10/12 20:27  [97-173]   



ノビタキ♂:ノートリ、背景も美しく切り取れました ナキウサギ:ノートリ、真夏のナキウサギ、出が悪いので撮影は大変です トウネン:ノートリ、シギチの季節到来です キョウジョシギ幼(夏羽):ノートリ、ここまで近いのは幼ならでは

またまた更新が大変な遅延で...

8月の出動は遠征含めて5日。
7月が暑過ぎた反動か、8月は涼しく、天候も不安定でした。
この季節は鳥枯れ、厳しいのは毎年のことですが、そこそこ撮れたかな?

修理後のα99II、快調です。
ソニーの軸足がEマウントに移ったかのように思えるようになって久しい昨近ですが、
ネイチャーフォトであればα99IIがNO.1なのは疑いないと思います。
あまりにも暗い状況だとα9が一枚上手かもですが(笑)

2017/10/12 20:14  [97-172]   



アカモズ:初めての出会いから3年かな? やっと決定版が撮れました(^-^) ナキウサギ:道内各地で猛暑日を記録したこの日、99IIもダウンで代打900の快打! オオジュリン♂:ノートリです。花に囲まれて囀り(^。^) マキノセンニュウ:ノートリです。実に「らしい」シーン、やっと撮れました。

北海道の7月はめっちゃ暑かった...
出動は遠征含め6回、暑すぎて出が悪いこともしばしばでした。

で、私の99II、電源投入時やスリープからの復帰時にカメラエラーが出る持病が購入直後からあり、
ピックアップが無償になるソニーストアのワイド保証が発効する購入1年後までだましだまし使おうと思っていたんですが、
猛暑の遠征時に症状が多発するようになり、往復2K+税の費用負担で修理に出しました。

結局修理部署では症状が再現せず(何でかなぁ...)手振れ補正ユニットの予防交換で戻りました。
その後40GB位撮って症状の再発はないので無事完治したんじゃないかと思います。

この症状、修理部署の方の話では今までにないとのこと、私が特別当たりが悪かったようです。

ま、治ったようなので、これからも99IIでがんがん撮ります!

2017/8/11 13:26  [97-171]   



エゾフクロウ雛:去年は会えなかったので2年ぶり(^-^) シマフクロウ:EVF、ノーフラッシュ、99IIに最適なシーンです ホオアカ:等倍でお見せできないのが残念。素晴らしい写りです。 コヨシキリ:ノートリです。測距点が端っこにあるのでこういう構図もAFでいけます。

また更新が滞ってしまった...

6月の北海道、気温も低く雨も多かったです。出動は遠征含めて6回。例年よりも少なかったかな?

99IIで撮る初めての初夏。
900では草原でのAFがなかなか決まらない(迷った末に放棄)ことがありましたが、99IIではほぼ皆無と言っていい感じです。
精度的にも77IIだと「ここで全滅するかなぁ」ということが多々ありましたが、99IIではそういうことは全くなくなりました。
これは500Gでの場合なので、例えばタムロン200-500でどうなるのか、機会があれば試してみたいですね。

2017/8/11 13:11  [97-170]   



ヒヨドリ(ノートリミング):桜の中にいてくれればカラス以外なら絵になります センダイムシクイ(ノートリミング):目線の高さで遊んでくれてラッキーでした コサメビタキ:新緑の美しさでコサメビタキも輝いて見えます(^-^) エゾフクロウ雛:このポーズは懸垂? 「膝」が見えてます(^。^)

今年は夏鳥の到着が遅かったような気がします。
ただ、最終的には帳尻があったかな?と思えますが。
99II、いい感じです。AモードISO AUTOでssの下限設定、有効に使っています。
鳥相手だとあまり明るくない森での1/250s設定は有効です(^-^)

2017/6/25 16:33  [97-169]   


αで野鳥撮影の掲示板に
αで野鳥撮影の掲示板に新規書き込み
全員投稿可
αで野鳥撮影
αで野鳥撮影をお気に入り登録
運営者:
α-7D&α100さん
設立日:
2010年3月1日
  • 注目度:

    156(お気に入り登録数:6件)

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ