縁側 > 趣味・エンタメ > 趣味 > 趣味総合 > Photo & Audio Music Prologue
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

Audio、Music、そして、Photo、撮影機材、Pcのプロローグ

  • Photo & Audio  Music Prologueの掲示板
  • Photo & Audio  Music Prologueの投稿画像
Photo & Audio Music Prologueの掲示板に
Photo & Audio  Music Prologueの掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


落書き帳 32

ご連絡の方は、こちらへどうぞ。



2017/11/6 07:03  [536-7874]   

スマホの写真で失礼します

star-sky さん

お久しぶりです、お元気ですか

先日横浜関内で宿泊しました
JAZZ のBAR BAR BAR でライブを聞きましたが
この日のVocal は松井絵美でしたが、
見た目や、エモーショナルに歌い上げる雰囲気など
ステージを大事にしている姿に好感が持てました

そんなことより

こうやってライブを聴くと、シンバルの音が
やっぱり金属を叩いて出ていることを実感しますが
うちの4312Eではカートリッジの問題でしょう
なんか、ソフトなシンバルを叩いているようで
カシーン! という金属音に近づけたいのですが

Shure の TypeV15MR なんか
中古で買ってjelcoで針交換すると、どうなんでしょうか

最近のシステム
AT-150MLX
Technics SL-1200GR
Macintosh MA-5200
JBL 4312E


>> 一番難しい、シンバルのリアルな再現を手にすることが出来ました。
>> ややもするとシンバルの金属音が高周波の付帯音にまみれた状態になりがちですが、
>> ついにシンバルの鳴っている金属音のみが再現できるようになりました。
>> この状態まで来ないとジャズ醍醐味は、道半ばでしょうから、、、。

これを読んだもので、

2017/11/8 10:42  [536-7875]   

CPXさん

お久しぶりです。

オーディオ趣味の裾野が、広範囲になってきましたね。(笑)
ライブの演奏を聴いて、ふと気づかれたと言うことでしょうか、、、。


お使いのスピーカーは、今風の40khzまで伸びた周波数特性で上手くいくかどうかは、全く不明ですが気づいたことを少しだけ。

2khzと5khzのアッティネーターを思い切って絞ってみてください。
思わぬ空間が広がるかも知れません。

シンバルの音は、実は低い周波数のコントロールで大きく変貌をします。
220hzから12khz位までの周波数が基本で、ここが変化するとかなり印象が変わります。

シンバルの音は、重い重い金属が発する音が基本です。
いわゆる、金が鳴っています。
バスドラムより重く感じる音なくてはなりません。

シンバルは、通常言われている超高域(8khz以上)を強めたら、前に出てきますが、シンバルの実在感は逆に遠のきます。

お試しあれ!




2017/11/8 20:53  [536-7876]   

star-sky さん

> シンバルは、通常言われている超高域(8khz以上)を強めたら、前に出てきますが、
> シンバルの実在感は逆に遠のきます。

いやぁ、恐るべきアドバイスありがとうございます
高音を絞るとこもったような音になるいうイメージを持っていましたが
逆にシンバルとか、ピアノとか、サックスまでも質感がリアルに出てきて
驚いています。 最近のスーパーツイーターをつけるような
高解像度志向から考えると、後ろ向きの発想ですが
実に心地よいですね、モニタースピーカーの世界って
こういうことなんだろうか

じゃぁ、ハイレゾってどうなの?・・、という疑問さえ出てきました

ありがとうございました

2017/11/9 13:02  [536-7877]   

これだけ道の駅


今晩は。

先週末は、あっちゃこっちゃ出歩いていて、画像整理が後回しになっちゃいました。
紅葉シーズンなので、秩父 三峯神社まで行ってきましたが、標高が800mぐらいあるので、紅葉の見ごろは10月末だったようです。
まぁ、三峯神社まで行く途中の道沿いには、紅葉がきれいなスポットもありましたが、車を停める場所が見当たらず、撮影は諦めました。

手頃なドライブコースということもあって、今年はずいぶん秩父方面に遊びに行きました。(^^;;



2017/11/14 22:15  [536-7878]   

キツタヌさん

よく秩父方面に出かけられていますね。
お疲れ様です。

今年は、最低気温10度以下になるのが早いですね。
関東平野部の紅葉は、通年より早いかも知れません。

見頃に合わせて、撮りに出かけるには、情報収集が大変そう。(汗)


2017/11/16 06:47  [536-7879]   

道の駅「大滝」付近 金蔵落しの渓流


今晩は。

金曜日に三峯神社に行ったのに、日曜、奥さんがどこかに行きたいと言い出し、また秩父に行ってしまいました。
三峯神社は紅葉終わってましたが、行く途中の道沿いにモミジがきいれいに紅葉しているスポット(金蔵落しの渓流)があったので、そこまで行ってきました。
往路は、駐車スペースが分からず通過して、道の駅「大滝」まで行ってUターンです。

秩父まで片道60km、高速使わずに2時間ぐらいで行けます。
三峯神社が+1時間ぐらいでしょうか。
うちの車はハイブリッドなので、ガソリン代7、800円ぐらいで済みます。
食事代入れて2000円かからないお手軽ドライブコースです。



2017/11/16 21:03  [536-7880]   


おまけ画像です。

日曜は、バイク、自転車(本格派のロードバイク)もかなり走ってました。
金蔵落しの渓流は、ちっちゃな展望台みたいなとこですが、結構人気があるようです。

長瀞は、今週末あたりモミジが見頃のようですね。

2017/11/16 21:07  [536-7881]   

キツタヌさん

おはようございます。

奥様と連れだって紅葉狩りにお出かけでしたか。
ひなちゃんは、奥様に抱かれて幸せそうな表情です。(笑)

渓谷の紅葉は、格別ですね。
長瀞も美しく染まっていることでしょう。
期待してます!



2017/11/17 06:33  [536-7882]   

東郷公園 東郷神社 or 御嶽神社??? 片手リフトアップ(^^;; あけぼの子どもの森公園


今晩は。

> ひなちゃんは、奥様に抱かれて幸せそうな表情です。(笑)

そうなんです。
ひな、歩くより抱っこされた方が楽チンだからでしょうね。

> 長瀞も美しく染まっていることでしょう。
> 期待してます!

金曜ズル休して、秩父の紅葉見に行きましたが、長瀞は駐車場が微妙だったので、飯能のちょい先の東郷公園でお茶を濁しました。
東郷公園、東郷元帥を祭った神社と秩父御嶽神社(木曽御嶽神社の分社)が併設されていて、手入れは今一でしたが、長〜い石段がある神社でした。

http://togo-koen.jp/

紅葉は見頃でしたが、平林寺を知っていると今一つってとこでしょうか。
朝7時半頃到着したのですが、この秋一番の冷え込み、気温3℃ぐらいでしたね。
東郷公園、11月後半は駐車場も有料ということで、しっかり駐車場料金を徴収されたものの、9時頃には撤収だったので、不完全燃焼 。。。
ということで、飯能のあけぼの子どもの森公園に行ってみました。(4枚目)
ここは、娘が小学生の頃に行ったことのある公園です。



2017/11/18 20:50  [536-7883]   

スナフキンの家もあります。


あけぼの子どもの森公園は、ムーミンの童話に出てくる建物がある公園ですが、ムーミンのテーマパークも宮沢湖付近で開業するようです。

https://moomin.co.jp/news/themepark/1264
9


リンク先では、2017年開業となっていますが、まだ着工されていなくて、完成は2、3年後のようです。
秩父観光が趣味になっているので、開業されると渋滞が避けられれないので、微妙なとこですが。


2017/11/18 20:58  [536-7884]   



最終段階です。

ウーハーのスタガー接続実験です。
十数年前のオーディオ休止時に採用していた方式です。

環境が昇華しているので、最初から整理しながら進めようと思います。



基本チャンネルデバイダー方式3ウェイ(ウーハー、ドライバー、ツイーター)に次をプラスします。 
1.ローパスフィルターでスーパーロー追加
2.ハイパスフィルターでスーパーハイ追加

ここで意図しているのは、1.ローパスフィルターでスーパーロー追加のことです。


2.ハイパスフィルターでスーパーハイ追加は、すでに完了しています。





ほんと、低域の処理が一番重要で、再生音の肝です。

2017/10/21 21:48  [536-7853]   

ローパスフィルターで使用するコイルです。
12/18/22mH切換ができる、コイズミ無線オリジナル商品です。
型番は、LP66-22です。
仕上げは金色から銀色に変化していますが、今でも生き残っていました。

http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=42305

2017/10/22 08:43  [536-7854]   

以前使用していたローパスフィルターです。
コイル     12mH
コンデンサー 150uF

ウーハー抵抗を測りましたら、おおよそ6.2Ωです。

ローパスフィルターだけ使用している参考特性です。

2017/10/22 14:28  [536-7856]   

上の画像が12dB/octとした以前の使用状態です。

今回は、6dB/octも試そうと思っています。
こちらの画像が想定特性です。

2017/10/22 14:44  [536-7857]   

スタガー接続ウーファーをローパスフィルターに接続し、ローパス・ハイパス兼用パワーアンプExclusive M4a に結線しています。

M4a の電源は入れずに、チャンネルデバイダーのアッテネーター絞りを調整してなじませていますが、これがまた申し分ないんです。

このままで良いのでは、、、。


2017/10/22 17:01  [536-7858]   

ローパスフィルター コイル12mH コンデンサー150uFを使用して音だし一週間です。

スタガー接続しなくても、十分すぎる状態です。
スタガー接続すると、異次元へ突入してしまいます。

2台のA級パワーアンプでウーファーを駆動しているからでしょうか、凄みが加わります!
ウーファー2205固有のの押し出しの強いゴリっとした硬質な官能的な低音に、滅多に聴けない凄みが加わるんです!!!
バスドラム、ベース、そしてシンバルがもの凄いことになっています。
ピアノの存在感も凄いです!


JBLのウーファー実効質量は、個別販売された物では大別すると4区分。
フルレンジスピーカーですが、D130系統の60g前後
130A、2220系統の70g前後
LE15、2205系統の100g前後
そしてスタジオモニタースビーカー43シリーズの2231,2235系統の150g前後
となるのでしょうか。

軽いほど切れが良くなるが、低音が出なる傾向。
重いほど切れが後退し、低音の伸びは出てくる傾向。

それぞれ強烈な個性も持っていますので、求める音空間で選択になります。
それぞれスタガー接続すると、全く違った再現をしてくると容易に想像できます。


私の場合は、ライブ会場に通い、PAを通した音楽体験が音楽の原点なんだろうと思います。
それで、PA用に開発された2205ウーファーを聴いたとき、ころっといったわけです。(笑)
ここは、不動ですね。

スタガー接続の再現空間は、2205の美味しいところを異次元へと導いてくれています。
正直、想像だにしていませんでした。

なるほどなんです。
オーディオは、そこに有るだけでいい。
有るだけで音楽が聞こえてきて、見ているだけで満足していましたから。
十年以上前のオーディオ休止直前にやっていたことは、やはり一つの明確な回答を持っていたのだと、、、。



まだまだ、実験は進みます!






2017/10/29 10:39  [536-7862]   

ローパスフィルター6dB/oct

ローパスフィルター6dB/octで試聴開始です。

とても単純な構成ですね。
こっちの方が良いです。
位相が回っていますので、試してみないと解りません。

以前の配線ケーブルは、エンクロージャーの内部配線用スピーカーケーブルオルトフォン6.7Nです。
Western Electric 18GAが子供のようです。(笑)
この以前のケーブルも、警報用ケーブル単線1.2mmへ換装します。
単線ケーブルは、付帯音がありません。



2017/10/29 16:26  [536-7864]   

どうも位相回りが気になる、、、。

クロスオーバーネットワークからチャンネルデバイダーへ移行した当時を思い出している、、、。

2017/10/31 21:14  [536-7865]   

と言うわけで、チャンネルデバイダーを追加します。
これです。↓

http://www.soundhouse.co.jp/products/det
ail/item/19056/


選択理由は、
とにかく安い!トロイダルコアコイル(12mH)は、一個で13,000円ぐらいしますからね。
目的としているローパスフィルターの周波数選択は、希望にマッチしている。
最後の一押しは、位相管理はしっかりしてますよとの触れ込み。(これも実際は解りませんが)


ひずみ率の高さとか、周波数の選択表示と実際の周波数がかなりずれている等、ネット上情報が盛りだくさんなのですが、あくまで実験用です。(笑)


2017/11/3 09:35  [536-7866]   

BEHRINGER CX2310 Super-X Pro の動作確認と音出しを行いました。

ウーファーのスタガー用ですので、ウーファーのみの確認作業です。
INとOUTのマックスボリュームでも、絞り込んでも、残留ノイズは、全く確認できません。

IN側XLRは、3→2へのクロス結線をした+側配線で正相送り。ケーブルはアナログでも高評価のモガミ #3080です。シールドがとてもしっかりしています。

OUT側はアンバランスですが、XLR−RCA変換コネクター(2番ホット・1.3番ショート)で正相送り。

500hでのF25との切り替え試聴で、ボリューム位置設定と音質確認しました。
位相の回転が無く、普通に聴けますね、全く問題無いようです。

スタガーの開始周波数をシームレスに変更できますし、効き具合をボリュームで調整できます。
これをやりたかったのです!!!



問題視するような箇所は、見当たりません。




さて、長い旅が始まりそうです。(笑)




2017/11/3 19:53  [536-7867]   

BEHRINGER CX2310 Super-X Pro について、誤解を避けるために補足しておきます。


Accuphase F-25 との比較はどうなのってことです。
おおよそですがBEHRINGER CX2310のクロスオーバー周波数を500hzにして、比較しています。
同じ、-24dB/octave で使用しています。

躍動感、透明感、気配感、陰影間、音楽の表情等々すべてにおいて、Accuphase F-25が勝っていることは断言できます。
比較にならないのではないでしょうか。

やはり中身は非常にけちったパーツで構成されている極端に安価なデバイダーですので、家庭での使用で音楽の感動を求めるのであれば、それなりの結果しか出てこないのではと思います。

PA的な音楽を求めるのであれば、十分に使えるのかも知れません。
試してはいませんが、ハイ側は酷評されている方達が多いのもまた事実なのでしょう。

私のように、ロー側で使用している方は、それなりに評価されている方が多いようです。



さて、ロー側で使うと言うことは、2組のウーファーを2組のパワーアンプで駆動するダブルウファーとしての使い方から、スタガーとしての使い方まで幅広く使えます。

BEHRINGER CX2310のPA的な音質傾向をミックスして、どのような隠し味にしていくか、オーディオの醍醐味も味わえます。




2017/11/4 10:12  [536-7868]   



Windows Live メールから、Thunderbirdメールへ移行しました。

Windows Live メールは、今年の1月でサポートが無くなり、セキュリティーホールと化していたからです。

Windows Live メールの受信メールも含めそっくり引っ越しが出来ました。
フォルダー管理していますので、丸ごと引っ越しは助かります。

何より、迷惑メールの抽出振り分け機能がありがたいです。

いろいろとカスタマ出来て、使いやすいです。

2017/9/24 16:03  [536-7838]   

star会長、今晩は♪ご無沙汰しておりますm(__)m

>Windows Live メールは、今年の1月でサポートが無くなり、セキュリティーホールと化していたからです・・・

マジすか?Out Lookを使ってる私は(汗)・・・。


2017/9/24 19:35  [536-7839]   

電弱者さん

お久しぶりです。
Out Lookは、オフィスバージョンのサポートがル限り大丈夫ですよ。(笑)

2017/9/24 19:55  [536-7840]   

良かった♪

嫁のPCもOut Lookでした♪


2017/9/24 22:51  [536-7841]   

電弱者さん

そうでしたか、良かったです!

Outlook Express からWindows Live メールへ移行した方が、対象になるんじゃないかな。
Windows Live メールの利用者は、全体の7%程度いるそうです。

約二十年間蓄積のアドレス帳も整理し、保存の必要のなり受信トレイのメールもホルダーごと削除し、整理整頓されたさっぱりした移行作業になりました。


2017/9/25 06:09  [536-7842]   



仲道郁代"ショパン:ピアノ協奏曲第2番/夜想曲他" 仲道郁代"ショパン:ピアノ協奏曲第2番/夜想曲他"

新たなオーディオステージが完成しました。
蛙の声が聞こえてきそうなステージです。
ジャズもクラシックも対等に楽しむことが出来るようになりました。

「記録しておきたい、この一枚」では、ジャズとボーカル中心にアップしていますが、あと30枚ほど記録予定です。

実は、クラシックのアルバムの保有枚数の方が、1.5倍から2倍多いです。(汗)
懐かしくも有り、ジャズを聴き始める前ですから、思い入れも含め記録できるまでに時間がかかると思います。
じっくり、当時の思いを巡らしながら、進めていきたいと思います。


第一番目の記録は、、、あぁぁ懐かしいなぁ〜〜〜!
仲道郁代
"ショパン:ピアノ協奏曲第2番/夜想曲幻想ポロネーズ "

若き仲道郁代さんとショパンの曲想がマッチして、語りかけられ語りかける思いで鑑賞していたなぁ。


美しく強弱と間がとにかく素敵なピアノ演奏です。

2017/9/17 19:25  [536-7828]   

オーフラ・ハーノイ"愛のあとに&愛の挨拶" オーフラ・ハーノイ"愛のあとに&愛の挨拶"

チェリストのオーフラ・ハーノイさん

"愛のあとに&愛の挨拶"

ジャケットが変更されているようです。
こちらになるでしょうか↓
https://www.amazon.co.jp/%E6%84%9B%E3%81
%AE%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4%
EF%BD%9E%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%8
1%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%83%AD%E3%83%9E
%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%
82%AF%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%83%8
7%E3%82%A3-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%8E%E
3%82%A4-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%8
3%A9/dp/B00005EGXR


2017/9/18 17:36  [536-7832]   



第16回 東京JAZZフェスティバルが行われていますね。

今日は朝からNHKFMで聴いています。
明日まで開催されます。

ドラマー川口千里さんは、感動しました。

2017/9/2 20:40  [536-7801]   



オーディオに熱かった時代に使用したカルダスケーブルは、オーディオの醍醐味、快楽、勇気等々多くを与えてくれました。

時を経て、十数年ぶりにオーディオを再開した今、求めているものが違ってきていました。

普通の音量で聴く音楽鑑賞をより深く、若かりし頃の欲望をそぎ落とし、より核心的な音楽を求めてきていることに気づきました。

BELDEN 8470ケーブルを使用して、セッティングを詰めていく過程で、はっきりした目標となってきました。

より深く音楽を求めたい!


2017/8/10 16:38  [536-7774]   

カメラUSBケーブルとの比較

既に書き込んでいますので、気づかれている方も多いのではないかと思います。

最終的に行き着くのは、やはりWestern Electricの伝説となっているケーブルです。

その中でチョイスしたのは、18GA単線 黒エナメルのケーブルです。

使用機材・使用環境により適正な太さ長さが必要かとは思いますが、私の環境では16GAは太すぎるので18GAを選択しました。

長さについては、別項で、、、。



2017/8/10 16:55  [536-7775]   

レアな部類だと思いますが、錫メッキのない銅線に黒エナメルで絶縁され、絹巻き、更に反対巻きに絹巻き、更に反対巻きに手の込んだ特殊な処理がなされた紙で保護されていました。

ケーブルごときに、今では信じられないような思考を重ね、細心の注意を払ったアイディアがつぎ込まれています。
この処理が、ウエスタンサウンドと呼ばれるこのケーブルでしか出てこない音を作り出しているのだと思います。

おそらく、40年代の電話線ではないでしょうか、、、、、。


黒エナメルをそぎ落としても、と、酸化が有りません。
いにしえの凄い技術です!

2017/8/10 17:06  [536-7776]   

>黒エナメルをそぎ落としても、と、酸化が有りません。

一字加入です。(汗)
黒エナメルをそぎ落としても、錆と、酸化が有りません。



2017/8/10 17:20  [536-7778]   

組み込み前の完成したスピーカーケーブルです。

長さは、338cm有りました。
長い一組もこの長さに揃えました。


スピーカーユニット直結しますので、この長さで丁度だと思います。


錫メッキは、どうしても長さに敏感になります。
煩わしい。


更に、錫メッキのない銅線に黒エナメルして絹巻きされたこのケーブルは、レアで非常に高評価とされる方が多いです。



2017/8/10 17:28  [536-7779]   

ユニット直結です。

細心の注意が必要です。

アンプの電源を入れるときは、しびれます。(滝汗)


今回も大丈夫だった!!!


2017/8/10 17:31  [536-7780]   

ツイーター4個は、BELDEN 8470をそのまま使用しています。
7khz以上は、雰囲気的な部分ですので、BELDEN 8470で十分通用します。
とりあえず、このままで問題になるようなことは生じないとの判断です。


さて、いきなり評価です!!!!!


電源を入れ、音出しした瞬間から、これっ!これっ!これっ!!!!!!!!!!
ジャズってます!!!
求めていたマイサウンドは、正にこれです!


太い隈取りがしっかりした濃厚な音像に締まりが有り、フルレンジでも聴いているかのような繋がりの良さと深い透明感のある音は、このケーブルならではないでしょうか。

一番変わったのは、ウーハーの音の出方です。
ですからドライバーとの繋がりが、驚くほどスムーズになっています。

シンバルは、厚みと重さが有りながら力強く、飛び散る音のシャワーがたまりません。
バスドラは、丁度良いバランスの大きさで、乾いた皮の音が出てきて、瞬発力と力強さが素晴らしい。
ピアノのハンマートーンの後の複雑な音の広がりと余韻が素晴らしいです。
サックスも、ボーカルも異次元の迫力と濃さとしなやかなが有り、艶やかです。

言い尽くされない!

この辺にします。


噂通り、凄いとしか言いようがないです。




BELDEN 8470で詰めていった作業が、ここで全て花開いた!



大満足です!





2017/8/10 17:54  [536-7781]   

時間軸で、書き洩れていますので、追記します。


低音ウーハー部は、バスレフポートをふさぎ、パッシブラジエーター方式にしています。
ポートをふさぐことで、ポートから洩れる500hz付近の音漏れがなくなるので、がらっと繋がりが変わっています。

2017/8/10 18:02  [536-7782]   

>錫メッキのない銅線に黒エナメルで絶縁され、絹巻き、更に反対巻きに絹巻き、更に反対巻きに手の込んだ特殊な処理がなされた紙で保護されていました。

最後の保護被覆の「特殊な処理がなされた紙」と書き込んだ部分ですが、綿(糸)を紙状の平面に並べて固定し、スパイラル状にした綿を巻き付けているようです。
「綿のスパイラル巻き」と言われている被覆なのかも知れません。

非常に手が込んだ被覆作業がしてあります。

2017/8/11 10:30  [536-7784]   

電源システム構築の過程で、撤去していた電源コンセント HUBBELL 5262 を再投入しました!

HUBBELL 5262 は、大本の壁の壁コンセントとしている電源コンセントでも有ります。
言うならば、リファレンスです。
すべてが、ここから始まっています。
良さが解っているだけに、使わない手はない!!!

投入したHUBBELL 5262 は、2個。
20年以上前、コンセントで音質が変わると言われ始めた頃、横浜サウンドさんに作成してもらった延長電源タップからの取り外しです。
コンセント部分は、樹脂で固め電源ボックスを使わないで使用していました。
樹脂を取り外すのが一苦労でしたが、おかげで中は新品同様!

パワーアンプ用明工社の電源コンセントME2817の締まりと透明感そして瞬発力があるダイナミックな音質を持っていますが、HUBBELL 5262 の帯域バランスに癖がなく、オールマイティで豊かな表情があり、これを加えようと言うわけです。

クラシックまで射程に入れると、マリンコ・レビトン・ベルデンそして明工社だけでは足りないものを感じましたので。

チャンネルデバイダーとFMチューナー用として使用しています。
この状態でまとまっちゃったので、触る気がしません。(汗)


ウエスタン単線の音質を、上手く引き出しています!



ノーマルの15A仕様HUBBELL 5262 は、今では非常に入手困難かも知れません。
このコンセントは、貴重品です!!!




2017/8/12 09:22  [536-7788]   

使用しているWestern Electric 18GA単線 黒エナメルの追想です。

なんか超越しています、理論とか理屈は不要。

解像度はも悪くありませんし、締まりも丁度良い。
音色はそのままの楽器の自然な音です。
質感は、有機的で芳醇な艶があり、無理をしないごく自然な繊細さが有ります。
曲想の力強さとか、切なさ、ハーモニーの深みとか、奏者の思いとかが、すっと体に入ってきます。

解像度、透明感、帯域がどうのということは、問題にすら感じることはないです。
出てくる音そのものが心地よい。


この頃は、感性で音をまとめていたのだと思います。
音を運ぶために、ものすごい積み重ねがあったのだと思います。






オーディオに咲いた芸術です。


2017/8/12 10:57  [536-7789]   

Western Electric メッキなし 黒エナメル 二重絹巻きクロス保護 18GA単線 の通電時間も100時間を過ぎ、より本領を発揮してきました。

システムによく溶け込んで良い仕事をしています。



本日、ツイターに使用していたBELDEN 8470スピーカーケーブルを撤去し、Cardas Audio Crosslink SP1S スピーカーケーブル に戻しました。

理由は、要点だけですが次の通り3点。

@ 上へ抜けきれない押さえ込まれたような圧迫感が感じられる。
A 擬似的な生々しさなのでしょうが、PA特有の突き放したような生真面目な表情を残している。
   なんか、突き放されているようで、乗っていけない高音域なんです。
B ドラムスのスティック・スネアのアタック感がはっきりせず、木と金属の質感がぼんやりしている。  

2017/8/27 11:04  [536-7796]   

書きかけをアップしてしまった。(滝汗)

B続きます。
ウーハーとドライバーの透明感に対し、ひずみが乗っているような感触。



2017/8/27 11:07  [536-7797]   

Cardas Audio Crosslink SP1S スピーカーケーブルに交換後は、まるで真逆です。

価格は20倍程度ですが、伊達に高いのではないことに納得せざるを得ません。
長い間使い続け、不動で有ったケーブルです。
納得の結果。

オンマイク風の擬似的な生々しさから、適度の距離感を持った奥行きも含めた臨場感のあるリアルな生々しさに変化しています。
シンバルのアタック音も芯がしっかりしてきました。
情感がたっぷり乗ってきて、音数がかなり増えてきました。
全然別世界です!

音楽に乗れますねぇ〜〜〜!

高音部の比重は、全体の重要度からすれば2割以下だと思っています。
しかし、この影響力を体感すると、決して侮れない!





2017/8/27 12:27  [536-7798]   

使い切っていたゲルグの100%スプレーを購入しました。

通常は接点改良材で導通の改善でしょうが、これは違います。
導通しなくなった接点を、復活させる頼もしい製品です。

殆どの方には無用かもしれませんが、愛着のある製品を長く使い続けると必需品になります。




2017/9/3 20:15  [536-7804]   

スーパーハイ用SPケーブル 新たな挑戦

スーパーハイ用SPケーブルもこの際、交換します。

10年先を見越して(???)の作業は、もう少し続きます。



2017/9/3 20:19  [536-7805]   

スーパーハイ用SPケーブルとして購入した CANARE 4S6 4S8 のスペックです。
4S6の外観から受ける太さとは違い、17AWG(約1.0SQ)有りました。
http://www.canare.co.jp/pr4_008.php

http://www.hashimoto-kosan.jp/awg/

4S8はアンプからスーパーハイネットワークまでの結線用に購入しましたが、13AWG相当有りました。
4S6だけで結線しても良かったようです。


参考までに記録しますが、オールドJBL・ALTEC・TANNOY等のスピーカーケーブルの推奨AWGは、18AWGとなっております。

2017/9/9 07:54  [536-7806]   

ハイパスフィルターの内部

さて、新たな挑戦は、最後の3項目めに書き込みます。

スパーハイケーブルを急ぎ足で続けます。


まずハイパスフィルターの内部です。
細い配線ですね。
実際こんな物で十分なのでしょう、、、。

2017/9/10 22:44  [536-7810]   

結局、CANARE 4S6のみで仕上げました。

スーパーハイのパワーアンプは、純A級アンプで発熱が凄いので、夏場は基本的に使う機会は少なくなります。

組み込みは、後回しです。



今は、その前の3WAYの基本構成の仕上げに入ります。


2017/9/10 22:49  [536-7811]   

ツイーター用ケーブル他

ツイーター用ケーブル他です。

ツイーター用ケーブルとして選択したのが、Western Electric 22GA単線 7.3m 黒エナメルです。
ツイーターで使用なら、18GAより22GAが適正が良いのではと思い選択しました。

2017/9/10 22:54  [536-7812]   

完成したWestern22GAケーブル 完成したWestern22GAケーブル

完成したWestern22GAケーブルです。

組み込んで、驚きました!
想像を絶した音楽が流れてきました。(^_^)v


何もする必要を感じない、完成された音です。
びっくり扱きました!!!


新たな挑戦の必要を感じないくらい、素晴らしい音楽が流れてきました、、、。



2017/9/10 23:00  [536-7813]   

このケーブルも18GAと全く同じで錫メッキのない銅線に黒エナメルで絶縁され、絹巻き、更に反対巻きに絹巻き、更に反対巻きに手の込んだ特殊な処理がなされた綿(糸)をコーティングした被覆で保護されています。

こちらも二重絹巻きでした。購入時に18GAより下のランクなんだと思っていましたが、全く同じ手の込んだグレードです。

2017/9/10 23:04  [536-7814]   

Western Electricのケーブルは、色んな種類、そして年代の物が流通しています。
これらに当たり外れがあることは、ご存じの方も多いと思います。

手にしている物は、18GAと22GAの太さの単線で、錫メッキされていない銅線に、黒エナメルで絶縁コーティングされ、さらに天然素材で3重に包まれた、知りうる限り高評価続出のレアなケーブルです。

世界的にも枯渇してきているWestern Electricのケーブルです。
この中で、当たりを引けたことはとても幸運です。



新たな挑戦とは、18GA単線を使ってXLR-XLRラインケーブルを作成し、プリアンプとチャンネルデバイダー間の接続に使用することです。

実は、18GA単線ですが、ラインケーブルで使用しても高評価なのです。

通電して20時間を過ぎました。
太い単線なので、エージングにはかなり時間がかかると思っていましたが、5時間を過ぎた頃から大きな変化をしています。


体験したことがない、想像すらできなかった世界へ引きずり込まれています。


週末に、作成過程を貼れると思います。
一日がかりの作業でした。(汗)




2017/9/13 07:13  [536-7815]   

取り外したラインケーブル BELDEN 88760 ですが、もともと非常用の回線用に作られておりそのために赤色のシースが採用されているようです。
オーディオ用途として当初は製造されていないようで、音が良いのでマニアが使い始めオーディオ用として定着し、オーディオ製品のラインナップとなったようです。

おいしい音がします。これしか出てこない音がある。

低音の出方が細身で、量感が少し乏しいく、音像が前に出る傾向です。
新旧の録音をそつなくこなしていますね。
現代的なナイスバランスなのです。


これで十分すぎると思いますが、音楽との距離をもっと縮めてもっと深く関わりたい。


耳に刻まれているあのウエスタンサウンドを聴きたい、、、、。


2017/9/14 07:16  [536-7816]   

XLRケーブル作成部材一式

Western Electric 18GA単線を使用したXLRケーブル作成部材の一式です。

@ Western Electric 18GA単線 黒エナメル 1.6 m x 4
A NEUTRIK NC3MXX-B x 2 XLRオス
B NEUTRIK NC3FXX-B x 2 XLRメス
C ground earth 用に BELDEN 8470 16GA撚り線を被覆を剥がして2本取りだし使用
D コハク 綿テープ 6ミリ 晒  30 m
E 寺岡製作所 アルミ箔粘着テープ 833 厚み0.08 mm 幅20mm 長さ20 m
F メッシュチューブ古い在庫でおぞらくφ3.5 mm〜9.0 mm  5 m です

2ヶ月ほど前から構想してました。
手持ちの部材を使いながら、極力線材の良さを殺さない無理のない方法で作成しました。






2017/9/16 14:11  [536-7817]   

ホット、コールドをコハク綿テープで結束絶縁補助 

まず最初にWestern Electric 18GA単線のホット、コールドをコハク綿テープで結束して絶縁補助しました。

絶縁には、自然素材の綿を使用しました。


きつめでなく軽くテンションがかかる程度に結束しています。

2017/9/16 14:18  [536-7818]   

ホット、コールドをコハク綿テープで結束絶縁補助

ホット、コールドをコハク綿テープで結束絶縁補助のズーム画像です。

2017/9/16 14:26  [536-7819]   

先端の結束テープ幅が、18mmです。

最後に取り外しXLRコネクター内部でハンダ上げをするスペースとなります。
また、綿テープは恐らく0.5mm厚で、手作業ですが基本的に二重巻きになるように巻き上げました。

2017/9/16 14:30  [536-7820]   

グランド線ととシールドの組み込み アルミ箔テープ

寺岡製作所 アルミ箔粘着テープ 833 厚み0.08 mm幅20mmを使って+−をシールドしました。

本体の+−の束の円周が15mm有りました。
15mmテープも持っていますが、グランド線も巻き付け固定するために、あえて20mmを使いました。

XLRコネクターのケーブル対応径が8mmまでなので、100%シールドでできかつ厚みも押さえられるのでアルムに箔テープを使い、金属のメッシュチューブは使いません。


2017/9/16 14:41  [536-7821]   

更にコハク綿テープで絶縁結束 更にコハク綿テープで絶縁結束

更にコハク綿テープで絶縁結束しました。

ここでは、厚みを押さえるため一重です。

同じく、軽く結束しています。
締め付け過ぎると音が硬くなってくることは、容易に想像できます。


2017/9/16 14:45  [536-7822]   

メッシュチューブに挿入 メッシュチューブに挿入

メッシュチューブに挿入しました。

この状態の直径は、7mmです。
上限の8mmをクリヤーしました。(汗)

結束テープを取り外し、黒エナメルを剥ぎ銅線を露出。
グランド線の半田付け以外の部分をテフロンテープで被覆しました。



後は、半田付けするだけです。
と言うか、シールド3芯ケーブルを買ってくれば、これまでの作業はなくなります。

が、Western Electricの音質にこだわると、以上の作業は不可欠です。
Western Electricの自作ケーブルは、ネット上多数見かけますが、音質的に合うか合わないかの確証がありません。

こだわりの一品は、自分で作り上げるしかあり得ません!


2017/9/16 14:56  [536-7823]   

クランプ工具 クランプ工具

ハンダ上げ用のクランプ工具の改良型です。

前作の方が使いやすかった。(汗)



2017/9/16 14:59  [536-7824]   

Western Electric バランスケーブル完成 Western Electric バランスケーブル完成

Western Electric XLRバランスケーブル完成が完成しました!

丸一日がかりの楽しい時間でした!

2017/9/16 15:03  [536-7825]   

シールド効果もあって、ノイズ感皆無のケーブルです。
自画自賛ですね。(笑)


水面からカエルが顔を出し、カエルの鳴き声が聞こえてきそうな、ごく自然な柔らかな音空間が広がってきます。


何なんでしょうね、この柔らかく暖かで豊かな音。
音像の芯が微動だもせず、豊かに空間再現をする透明な音場感。
まるで、一人っきりのステージでも開いてくれているかのような、適度の距離を持ったライブ感。

自然なんですよ、全てが、、、。


通電時間は、30時間程度ですが既にここまで開花しています。
これから先が末恐ろしくなります、、、、。

ホント、やり尽くした!






2017/9/16 15:18  [536-7826]   

昨日は涼しかったので、CANARE 4S6をスーパーハイ送りのパワーアンプに結線しました。

2時間ほど通電して落ち着かせてから、試聴に入りました。


3WAYの生楽器の生音、ライブの生音を彷彿とさせる音楽が、スーパーツイーターを加えると通常のオーディオ再生音になってしまいました。

スーパーツイーター挿入後のこの変化は、初体験です。

スーパーツイーターを加えると、今まで聴いていたようにオーディオ的に採点していきたくなるのです。
こちらは、奏者の動きがより見えてきますし、楽器の隈取りがシャープでピントがよく合った、密度の濃い映像を見ているような音像が浮かびます。
オーディオ的になるんです。
生演奏を聴いているときには、採点なんて思いもしませんからね、、、。



2通りのオーディオシステムが存在しているかのようです。



今現在の通電時間で音楽を堪能することができるのは、スーパーツイーターを加えない方です。
スーパーツイーターを加えない3WAYは、今現在至高の極みです。





2017/9/17 07:47  [536-7827]   

約十年のブランクを経て、蓄積と変遷を遂げた自己の感性に寄り添うサウンドステージの再構築は、二年と六ヶ月を費やした積み重ねを経て完成することができました。

寄り添い続けてくれるJBLオリンパスS8Rとアンプ群に感謝です。
本当に一生物の機材に恵まれ、幸せです。


2017/9/18 09:45  [536-7829]   

スピーカーケーブルの距離毎の太さについてですが、色んな説があります。

オリンパスS8Rの新品時に付属してくるJBL社のIMPORTANT INFORMATION INSIDEで推薦されているケーブルの太さは、アンプからスピーカーまでの配線距離が15mまでは、18AWGのスピーカーケーブルです。
15m〜30mは、16AWGのスピーカーケーブルです。
30m〜60mは、14AWGスピーカーケーブルです。

一般的には16AWGが好まれる傾向にあるようですが、私の耳では説明書通り18AWGの方が自然でした。


2017/9/18 10:22  [536-7830]   



半田部分が外れ断線のため取り外していたSME エスエムイー トーンアーム純正パーツ 出力ケーブル RCA-RCA(アース付き) S3LB-4 を自分で修理し、再度使い始めました。

http://analog.ev.shopserve.jp/SHOP/sme-s
3lb-4.html


ラインケーブル BELDEN 88760 1.5m XLR-XLRの自作のため思いついた、カメラ三脚とライティング用品を組み合わせて作った半田上げ用の保持スタンドを使えば、修理できると思いついたからです。

このトーンアーム出力ケーブルのコネクターとケーブルの接続部分が、とにかく細く隙間が極端に少ないです。
この保持スタンド出ないと、ろくに半田上げできません。(汗)

断線を直し、再使用!
やっぱり、空気のようなケーブルです。
3012Rにこれ以上のトーンアーム 出力ケーブルは、望みません。

CDでも鑑賞に必要十分な濃い音楽が、聴けます。これで十分です。
音楽鑑賞は、通常ですと100%CDで聴いています。

しかし、アナログLPは、さらに濃い音楽が堪能できます。これもまた事実。

どちらも、対等に音楽鑑賞ができる音源だと思っています。





2017/7/17 11:52  [536-7735]   


Photo & Audio Music Prologueの掲示板に
Photo & Audio  Music Prologueの掲示板に新規書き込み
全員投稿可
Photo & Audio  Music Prologue
Photo & Audio  Music Prologueをお気に入り登録
運営者:
star-skyさん
設立日:
2010年10月21日
  • 注目度:

    25(お気に入り登録数:33件)

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ