縁側 > 家電 > 悪魔の毒毒オーディオ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

ま、適当に

いちおう書いておきますが、日本語がきちんと扱える方のみの閲覧、利用をお願いいたします。
読解力がないために、書いてある事が解らずにわめき散らす方が過去にいらっしゃいました。

こんかいは、面白いのでパージはせず、自分で記事を消されないようにコピーもとっておこうかとおもいます。

  • 悪魔の毒毒オーディオの掲示板
  • 悪魔の毒毒オーディオの伝言板
  • 悪魔の毒毒オーディオの投稿画像
悪魔の毒毒オーディオの掲示板に
悪魔の毒毒オーディオの掲示板に新規書き込み

僕は、生まれが東京の下町といわれるエリアで、秋葉原には自転車で行けてしまう所に住んでいます。

自作系掲示板で知り合った方々は、東京以外の土地の方も多く、わざわざ秋葉原まで旅をしてくる方もいらっしゃるようなので、少し、僕がひいきにしている店を紹介するコーナーを作ります。

2017/4/21 14:57  [2052-71]   

下町の定義は色々あるみたいですが、まあ、それは置いときましょうw

東京の場合には、地形的な下町と、城下町としての下町がわりと「同じような場所」なので、すが・・・・・
むしろ、山の手の解釈がおかしくなっているんですけどね・・・・・・・・

僕が好む、下町系の食事は、鍋と洋食です。
洋食というのも定義が曖昧なのですが、本格的な西欧料理を少し日本的にアレンジしたモノと僕は思っています。
僕がそう思うだけで、実際には「うちは本格的な西欧料理です」とおっしゃるお店もあるかと思いますが、それは、あくまでも僕の感覚ですからw


で、秋葉原電気街は、もろに下町の中にあります。
東京の下町というと上野地区、浅草地区、日本橋地区、本所地区、深川地区、現在の区割りでみると
台東区、千代田区の一部、中央区、文京区の一部、江東区の一部、墨田区の一部となります。

荒川区、北区の一部、葛飾区の一部、なんかも下町として認識されているようですが、江戸文化で考えると除外かなぁ・・・・・・足立は明確に下町といわれると、僕は否定しますw

で、秋葉原は、上野地区と神田地区の真ん中ですし、一部、日本橋地区とも隣接しています。
深川地区へも都営地下鉄新宿線で簡単に行けます。
本所地区は、総武線であっという間に両国に行けます。

そうかんがえると、秋葉原に行くことは、東京の下町地区を堪能するのにものすごく便利ということになるわけです。

2017/4/21 15:16  [2052-72]   

浅草地区

浅草は、浅草寺を中心にした寺町。
雷門から続く参道が「仲店」という商店街になっています。

ぶっちゃけ、浅草寺境内のお店は大外れも無いのですが、観光地値段で少し値段が高く、大当たりも無い感じです、企業努力をしなくても観光客がわんさか来るので「てきとう」にやっていればなんとかなる場所だからです。
浅草・洋食で検索したり、ガイドブックには必ずのっている「よしかみ」さんも、浅草の境内では有名かつ評価がわりと高いのですが、実際に、よしかみさんが他の土地で支店を作ると、ほぼ失敗をしています。
よしかみ程度のお店ってのは、実際には世にあふれていて浅草というフィールドでしか勝負できないというのが実情です。

浅草で食すことができる下町らしい鍋は

どぜうなべ 牛鍋 ねぎま鍋 こんなところでしょう。

どぜうなべ(ドジョウ鍋)というのは、田舎料理としてもジャンルとしてはあるのですが、浅草には2店あり、江戸風のどせうなべが食せます。

1 駒形どぜう
https://www.dozeu.com/

地下1階、地上2階の割とおおきなお店で、地下はガスで現代風な椅子席、1階は土間風でせわしないのですが、これが一番「どせう屋」らしい雰囲気だとおもいます。
1階と2階は炭火なのですが、やっぱり炭火の方が美味しいと思っています。
東京メトロ浅草からは少し遠いのですが、都営浅草線の浅草駅、都営大江戸線の蔵前からは割と近いです。

2 飯田屋
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/
13003687/


浅草寺境内から少し離れた「合羽橋本通」にある老舗。
駒形どぜうよりも、より「江戸風」の味付け、しょっぱくて甘いを堪能できます。
ドジョウ屋なんですが、冬場のなまず鍋が美味しい。
なまずがあるときには、なまずの唐揚げもお勧めです。

両店とも、僕はよく行くのですが、お話しをきいたところ、一番大きく違うのは「下処理」だそうで、飯田屋さんは「どじょうの匂い」を消さない程度の下処理で、駒形は「癖がなくて、美味しく食べさせる」ための下処理をしているそうです。なので、硬派などじょう好きには「飯田屋」の方が人気があります。
僕は、気分で「今日は、飯田屋さんにしよう」とか「今日は駒形いくかなぁ」と使い分けています。
ゲストを連れて行くときには、駒形にしています、結構食べやすさが違うので、「はじめてのどじょう」は駒形の方が適しています。

どじょうの栄養価はものすごく高く、タウリンが豊富なので疲労回復に優れています。
どじょう1匹はウナギに匹敵する栄養価ともいわれていて、夏バテ防止とか寝不足の時とか、疲れたなぁと言うときには最高の食材です。
みためさえクリアしてしまえば、味も「下町らしい」濃い味でお酒もご飯もすすみます。

2017/4/21 18:30  [2052-73]   

牛鍋

世に言う、すき焼きです。
浅草には、ちんや 今半 米久 という3大すき焼き屋があります。

今半は、本店、別館、浅草今半と3ブランドがあるのですが、これは、実は全部違う会社で、「今半」からのれん分けをされたお店になります。

ちんやさんは、浅草観光で「絶対に行く」雷門の並びにあります。
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/
13003646/


ここは、説明がほぼいらないかなぁと言うぐらいに有名なお店。
観光で来たのなら、1回は寄ってみていいんじゃないのかなぁとは思います。
席をとるとかなりの出費になりますが、諸説ありますが、東京ではすき焼きというのはここから始まったともいわれているお店です。

今半

今半3店はそれぞれ、割り下の味が違うのですが、僕が好きなのは、別館と本館です。
本館は昼間はリーゾナブルなお値段ですき焼きが楽しめるからですw
http://imahan-honten.co.jp/

ランチの1950円のすき焼きでも充分に美味しいですし、同じくランチの牛丼1050円は「牛丼てのはこれを言うんだよ」とw
夜や、休日は奥座敷を予約した方が絶対に良いと思います!!

今半別館
http://www.asakusa-imahan.co.jp/

ホール席と、座敷にわかれていて、ホールは割とリーゾナブル、座敷はかなり本格的な座敷です。
予約なしで座敷の方に行くと、僕ぐらいの年格好でも「こっちは高いから」とやんわりとお断りされます。
本店よりも若干だけ薄味かなぁ

本店と別館の味の差は、これは食べ比べて欲しいところかなと・・・・・

浅草今半
http://www.asakusaimahan.co.jp/

実は、行ったことがありません。

ぶっちゃけいうと、今半本館、別館さんとは付き合いが色々あってご協力を賜る事もあって、大きなプロジェクトとか終わった後の打ち上げで、今半本館 別館は使うのですが、浅草今半はいったことが無いのです。

米久
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/
13003667/


浅草的というか、下町的な味で、割とリーゾナブルな価格設定。
ここは、すき焼きではなくて、牛鍋のお店。
赤身肉を、「甘辛い」味で堪能する。とかくと誤解があるかな。





2017/4/21 19:45  [2052-74]   

ねぎま鍋

これは割と知られていない江戸の味かと思います。

今は、マグロのトロとか大トロと言われる部分は「希少部位」として食べられていますが、昔は「ゴミ」としてすてられていました。しかし、その「ゴミ」をどうにか食べる事ができないかということで考えられた庶民の鍋、それがねぎま鍋です。

一文
http://www.asakusa-ichimon.com/

居酒屋スタイルなねぎま鍋屋さん、マグロをふんだんに使っている事をかんがえるとリーゾナブル
ねぎま鍋の説明は、一文さんのHPにかいてありますのでご一読を。
さすがに「まぐろ」を扱う店だけあって、下手な寿司屋よりも美味しいマグロが出てきます。

そして、このお店でつかわれているネギがとても美味しいのですが、このネギは、東京の地のモノなんです。
これもHPに説明がかいてあるのですが、千住ネギという、浅草から近い、千住のネギを使用しています。

鍋以外の「つまみ」も美味しく、日本酒はけっこう良いものを用意しています。

江戸らしい食べ物という点では、ねぎま鍋は外せない食べ物ですから、ここは行って欲しいw
東京メトロ浅草駅からは少し遠いのですが、ちょうど浅草寺境内を通っていくことになりますので秋葉から東京メトロ銀座線で浅草に出て、浅草寺、浅草神社(三社さま)をお参りしていくとちょうどいいです。

2017/4/22 14:01  [2052-75]   

一文さんと、同じ方向に、おでん が有名な店があります。

おたふく

http://www.otafuku.ne.jp/

店舗改装のため、来月から仮店舗になるのですが、仮店舗情報はまだ出ていません、ここのおでんは

おでんの観念が変わる

ぐらいのレベルです。
ちょっと高級店なのですが、おでんが好きなら行くべき!!

と断言しておきます。

2017/4/22 14:19  [2052-76]   

やっとPCの入れ替えが終わりました。

とにかく起動とシャットダウンが劇速でびっくりw

まだ、アプリのインストとかあって作業はおわらないのですが・・・・・

問題点

1 3wareのRAIDボードが認識しない、してもドライバーが無い

解決法、昔の仲間で3wareを使っている奴にドライバを供給してもらう→一瞬で解決w

2 PCIのサウンドボードが使えない

未解決 オンボードの光端子からDACにつないで音はでるか、CDクオリティだとやや音が雑、しかし、その反面、ユーチューブ等の圧縮系は「程よく雑」なために圧縮癖が聞こえずBGMとしてはいいのかと・・・・・

3 XMOSのDDCのドライバが入らない。

未解決 公式から最新ドライバを落とすも認識せず・・・・・どうも旧ドライバをいれてから更新しないとだめみたいだが、自分のXMOSのオリジナルドライバが見当たらず。
まあ、これも友人に泣きつけば何とかなると思われる。

4 搭載していたHDDがかなり古く、気にしなければよかったが、気になりだすと止まらないw
ただし、H18年の保証シールが貼ってあった16000回転のHDDは問答無用で破棄する。
古いことはわかっていたが、11年前のHDDを疑いもせず使っていた自分にびっくりw

他も、500GBモノが多く、これを4TBのHDDにまとめてしまえば1台で済んでさらに1TB分の余剰ができるので、早急に入手する。

つーか、一番古いのはやっぱり10年モノなんですが・・・・・HDDが壊れるって話しはよく聞くけど、実際にきちんと使えばこわれねーんじゃね?とか思い始める。
しかし、残念ながらRAID運用していた1台が交換作業中に死亡することでその認識は崩される。

いまさら500GBのHDDを買うことに抵抗があるので、これも、一度中身をバックアップして、重要なモノはほかに移して、RAIDボードと無駄なHDDを外す事にする。
仕事関係は、RAIDだけでなく複数個所にバックアップしているので自分のPCにRAID組まなくてもいいと思い始めた。

電源、ケースファンもすべて新品に交換したのと、もともとのPCに比べてCPUの消費電力が低い上にグラボを使っていないので明らかに静音化がすすんだ。
それと、MSIのRADEONよりもインテルの内臓グラフィックのほうが線画がきれいな気がする。
デジタルは画質は変わらないと、画質にこだわったグラボが絶滅してずいぶんたつが、しかし、やっぱりグラボ毎に画質は違うように思えるのは僕だけだろうか・・・・・

おかげで、ディスプレイの更新はさらに鈍ることになる。
つーか、いまのディスプレイは横にはどんどん広くなるけど、縦が狭いんだよね。

2017/6/18 00:07  [2052-134]   

SIN1923069 さん  

2017/9/10 08:32  [2052-305]  削除


すぐ消しちゃってスミマセン
ここのお店にこんなメニューが有ったよ 報告です
が 内容が無いようですので消しました

2017/9/10 08:38  [2052-306]   

 iq-0さん  

こんにちは

Heartさん 

レザーさんの所からの続きです
おいしいものの話題がマニアックになって来て
こちらの”偏った下町グルメの紹介”の方がぴったりのようですので
やってきました

(私が30年来よく使っている駅が 生活圏だったという事なので
 ますます Heartさんが身近に感じられます)


お墓側には 細い道しかないような感じだったので 駅からは行ったことがありませんが
車で通った時に 谷中のあたりを散策したことがあります
15年位前でしたが 普段見かけないお店があったりして 面白かったです


私がオーディオに興味を持つ前から 秋葉原近くにも仕事関係のお店があって
神田あたりに 当時(30年ほど前)はホンダの3輪バイクで良く行ってましたが

その頃は 東京になれていない時期でしたので 大阪生まれの私にとって
お蕎麦の”松葉”のせいろのゴマそばを食べた時 
東京のお蕎麦はなんとおいしいんだろうと開眼し
その後しばらくは 松葉目当てに通っていました

ちょうどその頃に ヒノオーディオの前を通ったことがあって
ユニークなお店の品ぞろえに興味を持ちオーディオにはまっていったという事です


また 古い頃の”万世”にも良く行きましたね
あの頃は 若かったので こってりしたパーコー麺が目当てでした
(新しくなってから一度だけ行きましたが 雰囲気が変わっていて落ち着かなかったです)

私の食べ物話は キリがありませんのでほどほどにお付き合いくださいね 
これからはこちらでもよろしくお願いします

(オーディオ関係は レザーさんの所でもよろしくお願いします iq-0 )




2017/9/13 11:55  [2052-316]   

 iq-0さん  

こんばんは 先程の訂正です

お蕎麦の”松葉”は 京都の四条通の にしんそばで有名な所でした
秋葉に近い 神田のお蕎麦屋さんは "まつや”でしたね

当時は 今ほど混んでいなかったので 
お昼から おそばを肴に お酒を飲んでいる人たちもいて
さすが 本場の蕎麦屋は違うと思いましたね

この間行った時は もう一軒の有名だった所がなくなった為か
混んでいて はいれなかったです


2017/9/14 00:14  [2052-318]   

iq-0さん、ようこそ!!

神田の2大そば屋、まつや と 藪 ですね。

藪は浅草にもありますが、現在、浅草は完全なバブルで混んでいますので浅草の藪蕎麦には行こうとも思いません・・・・

>お昼から おそばを肴に お酒を飲んでいる人たちもいて

江戸文化的には、そば屋で「そばがき」や「いたわさ」を頼んで一杯飲むというのが正しいそうです。

まつや は、秋葉原からは少しはなれていて、東京メトロ銀座線の神田駅と、丸の内線の淡路町の間ぐらいですね。有名店ですが、有名店としてというよりも、昼間は「付近」のサラリーマンご用達で混んでいるというイメージがあります。

僕は、グルメというか、なんでしょうね、適正価格で美味しい食事が好きです。
食べ物の話しは大好きなので、全然遠慮無くお願いします。

蕎麦はですね、これは語るに難しい分野で、100人いたら、100人好みが違う感じがします。
それと、蕎麦だけでなく、そば屋の評価は「つまみ」のうまさ、そのつまみのうまさを生むのが、出汁と「わさび」で、良い出汁は、伝統がなければ出ません・・・・藪の出汁は、土間に埋めて熟成させているのですが、江戸時代から続いているわけで・・・・・「美味しんぼう」にここについては詳しく載っています。わさびも、良いものは高いですからね・・・・・本来、そばは庶民のモノだと僕は思うのですが、中には高級蕎麦屋とかあって、それはどうなんだろうと思っています。

なので、「うまい蕎麦がたべたい」と言われると、ちょっと困ったりしますw

しかし、「まつや」さんのおそばは、東京の中でも美味しいと思えるお店です。
というか、お店じたい、自分たちが老舗だとか有名店であることを自慢はしていない態度がいいですよね、「そばやです」という感じで・・・・・・最近はしりませんがw

2017/9/14 01:18  [2052-320]   

万世!!

万世は、アキバに行ったときの「おたのしみ」でしたw

古い建物は全く記憶がありません。
本当に子供頃は、万世で食べるというよりも、親父が秋葉原土産にサンドイッチを買ってくるという感じで、子供ですから、万かつサンドでおなかいっぱいになりました。

なので、僕は、トンカツ屋さんだとおもっていたという・・・・・w

万世は、子供がいくと「お土産」をくれるんです、今でもそうなのかな。
中身は、ラムネ菓子とかたいしたものでは無いのですが、「なにかもらえる」というのが子供としては楽しいわけです。

しかし、秋葉原から神田というルートだと、今は無くなってしまいましたが、フルーツパーラーというか、老舗果物店の「万惣」がほんとうのご褒美でした。
昔はまず、果物屋さんという感じで、2Fでしたかね、高級なフルーツパーラーで、滅多に連れて行ってもらえなかったのですが、千疋屋よりも僕は万惣の方が美味しい!!と思っていました。

ちなみに、万惣フルーツパーラーで働いていた方が赤坂でお店を出しています。
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/
13155288/


赤坂は僕はあまりなじみがなく、まだ行ってませんが、いずれ行かないとなぁと思っています。

2017/9/14 01:38  [2052-321]   

食べ物ネタではないのですが、ヒノオーディオ!!

ここの、社長さんには、僕はずいぶんかわいがって頂きました。
年齢の割に、古いユニットや、真空管を知っているのは、「ヒノの教育」と言って過言ではありません。

ちょっとオーディオから離れている間に、社長が亡くなり、あとを継いだ番頭さんが夜逃げしてお店は無くなってしまいました・・・・・・残念です。

地下に古いユニットが沢山おいてある部屋があって、結構勝手に鳴らしてよかったんですよね。

オーディオ店にいくというよりも、おじいちゃんとお話しに行くかんじで、茶菓子とかタバコをもって遊びにいくと・・・・・僕みたいなのが沢山いて、そういう「ヒノ」の教育を受けた人ってのがマニアの中には多いんじゃ無いのかなぁと思っています。
うちの親父も、「アキバいってくる」てきな感じで、ヒノさんとか、ダイナとかオーディオショップでタバコとコーヒーを飲んで延々とあそんでいた1人です。


2017/9/14 01:45  [2052-322]   

 iq-0さん  

こんにちは

>本来、そばは庶民のモノだと僕は思うのですが、中には高級蕎麦屋とかあって、
>それはどうなんだろうと思っています。

Heartさんの秋葉に近い下町から 少し外れますが
麻布十番も 私が東京に来た当時は下町っぽい雰囲気がありました
今は すっかり高級店が軒を連ねていますが

昔から商店街に 永坂更科という名の知れた
比較的高級なお蕎麦屋さんがあるのですが
白っぽい細い麺で コシもあって美味しいのですが
私にとっては 東京のお蕎麦を食べたという感じがしませんでしたね

(15年ほど十番近くにすんでいたので 何度か行きましたが
 むしろ 善通寺の入り口あたりにある ごく一般的な長寿庵のほうが
 好みでした 有名な堀川も試しましたが ピンと来なかったですね)


オーディオでたとえると 普段無骨な感じの音で聴きなれているジャズを
繊細緻密な音で聴いているような感じとでもいうのでしょうか
私の場合 クラシックを聴く時以外は 高級な組み合わせから出てくる 
綺麗な音にそれほどこだわりが無いのと一緒で
お蕎麦に関しても 少しざらついたのど越し感のほうが好きみたいです

>万世は、アキバに行ったときの「おたのしみ」でしたw

私も そうでしたね 万かつサンドも よく食べましたね
万惣は 神田の地下鉄から 長い通路をすすんで秋葉に向かう出口を
出たところにあったので 一度は入ろうと思っていましたが 高級そうだったので
入らずじまいでした (フルフル赤坂のある地域はなじみがあるので
のぞいて見たいですね)

>社長が亡くなり、
>あとを継いだ番頭さんが夜逃げしてお店は無くなってしまいました・・・・・・

一昨年FALのスピーカーを聴きに行った時に ヒノオーディオが在った通りだったので
確かこのあたりだったと探してみたのですが 痕跡も無かったです
そんな悲しいストーリーがあったんですね 

ヒノでは出来上がった物しか買ったことがないですが 好奇心で地下の売り場は
よくのぞいていました オーディオ好きには理想的な遊び場だったので
皆さん残念でしょうね 
(レザーさんのところのデジデジマンさんも 社長さんに 
 いろいろと教えてもらった様に言ってられました)




2017/9/14 14:57  [2052-324]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
悪魔の毒毒オーディオ
悪魔の毒毒オーディオをお気に入り登録
運営者:
Foolish-Heartさん
設立日:
2017年3月25日
  • 注目度:

    34(お気に入り登録数:10件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ