縁側 > 家電 > 悪魔の毒毒オーディオ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

ま、適当に

いちおう書いておきますが、日本語がきちんと扱える方のみの閲覧、利用をお願いいたします。
読解力がないために、書いてある事が解らずにわめき散らす方が過去にいらっしゃいました。

こんかいは、面白いのでパージはせず、自分で記事を消されないようにコピーもとっておこうかとおもいます。

  • 悪魔の毒毒オーディオの掲示板
  • 悪魔の毒毒オーディオの伝言板
  • 悪魔の毒毒オーディオの投稿画像
悪魔の毒毒オーディオの掲示板に
悪魔の毒毒オーディオの掲示板に新規書き込み

僕は、生まれが東京の下町といわれるエリアで、秋葉原には自転車で行けてしまう所に住んでいます。

自作系掲示板で知り合った方々は、東京以外の土地の方も多く、わざわざ秋葉原まで旅をしてくる方もいらっしゃるようなので、少し、僕がひいきにしている店を紹介するコーナーを作ります。

2017/4/21 14:57  [2052-71]   

下町の定義は色々あるみたいですが、まあ、それは置いときましょうw

東京の場合には、地形的な下町と、城下町としての下町がわりと「同じような場所」なので、すが・・・・・
むしろ、山の手の解釈がおかしくなっているんですけどね・・・・・・・・

僕が好む、下町系の食事は、鍋と洋食です。
洋食というのも定義が曖昧なのですが、本格的な西欧料理を少し日本的にアレンジしたモノと僕は思っています。
僕がそう思うだけで、実際には「うちは本格的な西欧料理です」とおっしゃるお店もあるかと思いますが、それは、あくまでも僕の感覚ですからw


で、秋葉原電気街は、もろに下町の中にあります。
東京の下町というと上野地区、浅草地区、日本橋地区、本所地区、深川地区、現在の区割りでみると
台東区、千代田区の一部、中央区、文京区の一部、江東区の一部、墨田区の一部となります。

荒川区、北区の一部、葛飾区の一部、なんかも下町として認識されているようですが、江戸文化で考えると除外かなぁ・・・・・・足立は明確に下町といわれると、僕は否定しますw

で、秋葉原は、上野地区と神田地区の真ん中ですし、一部、日本橋地区とも隣接しています。
深川地区へも都営地下鉄新宿線で簡単に行けます。
本所地区は、総武線であっという間に両国に行けます。

そうかんがえると、秋葉原に行くことは、東京の下町地区を堪能するのにものすごく便利ということになるわけです。

2017/4/21 15:16  [2052-72]   

浅草地区

浅草は、浅草寺を中心にした寺町。
雷門から続く参道が「仲店」という商店街になっています。

ぶっちゃけ、浅草寺境内のお店は大外れも無いのですが、観光地値段で少し値段が高く、大当たりも無い感じです、企業努力をしなくても観光客がわんさか来るので「てきとう」にやっていればなんとかなる場所だからです。
浅草・洋食で検索したり、ガイドブックには必ずのっている「よしかみ」さんも、浅草の境内では有名かつ評価がわりと高いのですが、実際に、よしかみさんが他の土地で支店を作ると、ほぼ失敗をしています。
よしかみ程度のお店ってのは、実際には世にあふれていて浅草というフィールドでしか勝負できないというのが実情です。

浅草で食すことができる下町らしい鍋は

どぜうなべ 牛鍋 ねぎま鍋 こんなところでしょう。

どぜうなべ(ドジョウ鍋)というのは、田舎料理としてもジャンルとしてはあるのですが、浅草には2店あり、江戸風のどせうなべが食せます。

1 駒形どぜう
https://www.dozeu.com/

地下1階、地上2階の割とおおきなお店で、地下はガスで現代風な椅子席、1階は土間風でせわしないのですが、これが一番「どせう屋」らしい雰囲気だとおもいます。
1階と2階は炭火なのですが、やっぱり炭火の方が美味しいと思っています。
東京メトロ浅草からは少し遠いのですが、都営浅草線の浅草駅、都営大江戸線の蔵前からは割と近いです。

2 飯田屋
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/
13003687/


浅草寺境内から少し離れた「合羽橋本通」にある老舗。
駒形どぜうよりも、より「江戸風」の味付け、しょっぱくて甘いを堪能できます。
ドジョウ屋なんですが、冬場のなまず鍋が美味しい。
なまずがあるときには、なまずの唐揚げもお勧めです。

両店とも、僕はよく行くのですが、お話しをきいたところ、一番大きく違うのは「下処理」だそうで、飯田屋さんは「どじょうの匂い」を消さない程度の下処理で、駒形は「癖がなくて、美味しく食べさせる」ための下処理をしているそうです。なので、硬派などじょう好きには「飯田屋」の方が人気があります。
僕は、気分で「今日は、飯田屋さんにしよう」とか「今日は駒形いくかなぁ」と使い分けています。
ゲストを連れて行くときには、駒形にしています、結構食べやすさが違うので、「はじめてのどじょう」は駒形の方が適しています。

どじょうの栄養価はものすごく高く、タウリンが豊富なので疲労回復に優れています。
どじょう1匹はウナギに匹敵する栄養価ともいわれていて、夏バテ防止とか寝不足の時とか、疲れたなぁと言うときには最高の食材です。
みためさえクリアしてしまえば、味も「下町らしい」濃い味でお酒もご飯もすすみます。

2017/4/21 18:30  [2052-73]   

牛鍋

世に言う、すき焼きです。
浅草には、ちんや 今半 米久 という3大すき焼き屋があります。

今半は、本店、別館、浅草今半と3ブランドがあるのですが、これは、実は全部違う会社で、「今半」からのれん分けをされたお店になります。

ちんやさんは、浅草観光で「絶対に行く」雷門の並びにあります。
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/
13003646/


ここは、説明がほぼいらないかなぁと言うぐらいに有名なお店。
観光で来たのなら、1回は寄ってみていいんじゃないのかなぁとは思います。
席をとるとかなりの出費になりますが、諸説ありますが、東京ではすき焼きというのはここから始まったともいわれているお店です。

今半

今半3店はそれぞれ、割り下の味が違うのですが、僕が好きなのは、別館と本館です。
本館は昼間はリーゾナブルなお値段ですき焼きが楽しめるからですw
http://imahan-honten.co.jp/

ランチの1950円のすき焼きでも充分に美味しいですし、同じくランチの牛丼1050円は「牛丼てのはこれを言うんだよ」とw
夜や、休日は奥座敷を予約した方が絶対に良いと思います!!

今半別館
http://www.asakusa-imahan.co.jp/

ホール席と、座敷にわかれていて、ホールは割とリーゾナブル、座敷はかなり本格的な座敷です。
予約なしで座敷の方に行くと、僕ぐらいの年格好でも「こっちは高いから」とやんわりとお断りされます。
本店よりも若干だけ薄味かなぁ

本店と別館の味の差は、これは食べ比べて欲しいところかなと・・・・・

浅草今半
http://www.asakusaimahan.co.jp/

実は、行ったことがありません。

ぶっちゃけいうと、今半本館、別館さんとは付き合いが色々あってご協力を賜る事もあって、大きなプロジェクトとか終わった後の打ち上げで、今半本館 別館は使うのですが、浅草今半はいったことが無いのです。

米久
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/
13003667/


浅草的というか、下町的な味で、割とリーゾナブルな価格設定。
ここは、すき焼きではなくて、牛鍋のお店。
赤身肉を、「甘辛い」味で堪能する。とかくと誤解があるかな。





2017/4/21 19:45  [2052-74]   

ねぎま鍋

これは割と知られていない江戸の味かと思います。

今は、マグロのトロとか大トロと言われる部分は「希少部位」として食べられていますが、昔は「ゴミ」としてすてられていました。しかし、その「ゴミ」をどうにか食べる事ができないかということで考えられた庶民の鍋、それがねぎま鍋です。

一文
http://www.asakusa-ichimon.com/

居酒屋スタイルなねぎま鍋屋さん、マグロをふんだんに使っている事をかんがえるとリーゾナブル
ねぎま鍋の説明は、一文さんのHPにかいてありますのでご一読を。
さすがに「まぐろ」を扱う店だけあって、下手な寿司屋よりも美味しいマグロが出てきます。

そして、このお店でつかわれているネギがとても美味しいのですが、このネギは、東京の地のモノなんです。
これもHPに説明がかいてあるのですが、千住ネギという、浅草から近い、千住のネギを使用しています。

鍋以外の「つまみ」も美味しく、日本酒はけっこう良いものを用意しています。

江戸らしい食べ物という点では、ねぎま鍋は外せない食べ物ですから、ここは行って欲しいw
東京メトロ浅草駅からは少し遠いのですが、ちょうど浅草寺境内を通っていくことになりますので秋葉から東京メトロ銀座線で浅草に出て、浅草寺、浅草神社(三社さま)をお参りしていくとちょうどいいです。

2017/4/22 14:01  [2052-75]   

一文さんと、同じ方向に、おでん が有名な店があります。

おたふく

http://www.otafuku.ne.jp/

店舗改装のため、来月から仮店舗になるのですが、仮店舗情報はまだ出ていません、ここのおでんは

おでんの観念が変わる

ぐらいのレベルです。
ちょっと高級店なのですが、おでんが好きなら行くべき!!

と断言しておきます。

2017/4/22 14:19  [2052-76]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
悪魔の毒毒オーディオ
悪魔の毒毒オーディオをお気に入り登録
運営者:
Foolish-Heartさん
設立日:
2017年3月25日
  • 注目度:

    40(お気に入り登録数:8件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ