縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

自転車道場

タグ:

はじめまして。

今日は皆様のご意見をお伺いしたく思いまして、投稿させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

メーカー名は今の時点では伏せさせていただきますが、とあるクロスバイクに乗っています。
去年の晩秋の頃にVブレーキからカンチブレーキに自分で交換したところ前輪側が片効き状態になり、ブレーキレバーを握ると右側のブレーキシューが先にリムにタッチし、さらに握り込むと少し遅れて左側のシューもリムにタッチするようになってしまいました。
左右差は2mm位で、ブレーキの鳴きもけたたましく感じるほどです。

何度も何度もトーインを付け直して調整をしてみるものの一向に良くならず、パッドやブレーキ本体を疑って別の物に変えても改善されませんでした。
また当然かも知れませんが、チドリも大きく斜めになりセンターを合わせることが全く出来ません。
知識もスキルも持ち合わせておりませんが、原因を知りたくて暗中模索で原因を探っていくと、ブレーキ台座が前側に開いた状態で溶接されていることに気付きました。
転倒歴等はありません。

左右で何ミリ差があるのか調べるために、フォークのセンターから糸で錘を吊り下げて左右のブレーキ台座までの距離を物差しで測ってみると、ブレーキシューの左右差とほぼ同じ約2.5mm程度の違いがありました。
これだけ違えばブレーキの動作に支障が出て当然だろうと思い販売店に電話で事情を告げると、店長さんが代理店に問い合わせた後、こちらに折り返し電話を掛けてくれました。

そこまでは良かったのですが、店長さん曰く代理店の見解では2mm程度のズレは許容範囲であり、当店も同じ意見ですという意外な答えが返って来ました。
またその機種のフレームでは台座の溶接のずれが原因での返品交換は前例がなく、もし仮に1cm以上ズレていたなら交換対象とのことでした。
普段はヘッドパーツは高くても精度が大切とか、高価なパーツの仕上げの良さとかをブログで紹介している販売店なのですが、それらを取り付ける要になるフレームの精度が2mm狂っていても許容範囲とは…正直精度というものが一体何なのかが分からなくなりました。

そこで皆様にお聞きしたいのですが、自転車のフレームに溶接された付属パーツの位置のズレの許容範囲はどの程度までなのでしょうか?
どうかご意見を宜しくお願いいたします。

2018/2/13 22:37  [191-28838]   

 クオリア44さん  

そのお店の人の言う通りに、完全に許容範囲で、多少のズレが有っても、本来ならセッティングで左右の動きが同期出来る筈です。
出来ないのなら、単に技術不足。

因みに、スチールフレームのボトルケージの取り付け台座も位置がズレてる場合が多くて、私の持ってるスチールフレームは、ハンドメイドの高級品も多数ありますが、完全にセンターが合ってるものは一つも有りません。
まあ、多少ズレてても何も不都合はありませんけれど。

2018/2/13 22:56  [191-28839]   

 クオリア44さん  

あと、街乗りピストバイクのフレームで、シートピンの台座の平行が出てなくて、締め込むとシートピンが曲がって折れるフレームも持ってましたが、販売店に問い合わせたら全部の製品が同じだと返事が来て、折れたシートピンの代金だけ補償してもらって諦めました。SE BIKESですね。あまりに気持ち悪いので、トップチューブが凹んだ時に一緒にビルダーさんに依頼して、そこだけ作り直してもらいました。
トップチューブの補修と合わせて1万円以下の代金。塗装がダメになるので、少なくとも部分塗装が必要になりますが、スチールパーツの補修は自家塗装が出来るならば、非常に安価でビルダーさんで補修出来ます。

そのブレーキ台座も仮に補修を依頼するなら、多分、3000〜5000円程度の筈。
なので、どうしても気になるならば、素直に直せば良いだけ。部分塗装はウレタン缶スプレーで2000円程度から出来ます。

2018/2/13 23:13  [191-28840]   

クリオア44さん

ご返信ありがとうございます。

2mmのズレは許容範囲なんですね。
クリオア44さんの体験をお聞かせいただいたお蔭で、自転車のフレームがどの位の精度で作られているものなのか、朧気ながら感じが少し掴めたように思います。
でもシートピンが曲がってしまうほどの状態でもクレームにならないなんて。
これはいくら何でもあんまりな話ですよね。

ブレーキ台座を修理に出すご提案までしていただきましたが、とりあえず強く当たっている側のカンチブレーキのスプリングを少しずつ伸ばしながら調整し、とりあえずは片効きの症状とチドリのセンターの問題は何とかすることが出来ました。
調整ネジではとても調整しきれなかったので、このような対応策しかありませんでした。

とは申しましても、伸ばした分だけスプリングのレートに狂いが生じているはずですので、ブレーキシューの面圧は左右で違うと思います。
そしてカンチブレーキはメーカー保証外となってしまいました。
他に手を思いつかなかったので…
ブレーキ台座は私もどこか凹ませた時に、一緒にまとめて修理に出したいと思います。

ご提案や体験談など、貴重なお話どうもありがとうございます。

2018/2/14 00:12  [191-28842]   

 鶏 泰造さん  

ブレーキ台座に、スプリングを差し込む穴が3つ開いていませんか? 開いてたら、まずそれを利用して調整してみてください。

しかし2mmって、スポーツバイクの「許容範囲」じゃないと思うけどな(^_^;)。
どんな治具使ってるんだか。

2018/2/14 07:57  [191-28844]   

>Vブレーキからカンチブレーキに自分で交換したところ
Vブレーキでそのまま使えば問題ないのですか??それならカンチは性能劣るのでVで使った方がいいと思うけど。メーカービアンキですか??ビアンキのタイ製フレームで狂ってるの多数みたことあります。

クオリア44さんはよっぽど悲惨なフレーム当たってますね。
僕はNJS競輪フレームが基準なので、そんなん全部アウトです。
確かに世の中で売られている90%は狂ってますけど、まともなメーカーのまともなフレームは正確です。最近のBSやパナはアウトです。FUJIもダメ。

>スチールフレームのボトルケージの取り付け台座も位置がズレてる場合が多くて
これってフレーム見分ける時に見るポイントです。
たとえば中野浩一のフレーム作ってた長沢さんはフレームのボトルケージの穴をあける時に、最初は1mmくらいの穴から始め、ドリルの歯を1mmづつ太くして5回くらい穴をあけて作ります。
 ここまで慎重に正確に作らないとダメなんだと思う、僕なら2mmと6mm2度交換くらいでやっちゃいますね。クオリア44さんの買ったフレームはドリル1回で穴あけてるんじゃないですか?
 本物の職人が作ったフレームはビシッとセンター出てるしずれてません。

>シートピンの台座の平行が出てなくて
そんなん競輪だったらゴミ、退場宣告。

自転車買うときは見極める目を持ちゴミフレームつかまないように。
NAGASAWAのフレームとかNakagawaのフレームとか、いいフレーム見て1流の仕事を勉強してね。

2018/2/14 09:11  [191-28846]   

鶏 泰造さん

お返事どうもありがとうございます。

>2mmって、スポーツバイクの「許容範囲」じゃないと思う
私も最初そう思いました。
でもディープ・インパクトさんのお返事に、世の中で売られている90%は狂っているとのことですし、クオリア44さんからお教えいただいた様々な貴重な経験談から察して、メーカーの定める許容範囲とユーザー側が求める許容範囲にかなりの温度差があるように感じています。
メーカー側の立場では、フレームの精度を出すには工員の技術を上げなければなりませんし、それに伴う費用も必要になると思います。
そしておそらく精度を上げればスペックアウトになる率も上がり、利益が出にくくなってしまうので価格に転嫁しなければならなくなるのでしょうね。
また工員の方々も皆がフレームを作るのが好きでやっている訳ではないと思いますので、フレームビルダーさんのように心血を注いで作るフレームとは完成度が違うのは仕方がないことなのかも知れません。

そのような現状を踏まえ、私個人としてはどの程度を許容するか、今回の件で自分なりの物差しについてよく考えてみる必要があるように思います。
メーカーの定める許容範囲に従わなければならない必要はありませんし、気に入らなければ直すかゴミにするか。
一晩考えた末、私といたしましてはやっぱり自転車は全部納得した上で気持ちよく乗りたいと思いましたので、次のフレームを用意する準備に取り掛かることにしました。

またブレーキ台座に関しましてはスプリングの穴の位置を左右で1つ分ずらして取り付けてみたこともあるのですが、私の自転車では強弱のバランスが逆になり、ブレーキ台座のズレをカバーすることが出来ませんでした。
使用しているのはダイアコンペのカンチブレーキなのですが、スプリングが太くてバネレートがかなり強いせいもあるのかも知れません。
しかしバネレートがもっと弱いブレーキや、台座の開き具合によってはかなり有効な対策になり得ることもあるように思います。
アドバイスとお気持ち、どうもありがとうございます。


ディープ・インパクトさん

お返事どうもありがとうございます。

ご察しの通りVブレーキでは特に片効きや鳴きなどの問題を感じずに使用していました。
しかしその強力な制動力のため私のスキルでは使いこなせず、危険回避で二度ほど転倒しそうになり、Vブレーキよりも制動が穏やかなカンチブレーキに換えることにいたしました。
以前からとっさの時にサドルから腰を浮かしてしまう癖があり、前加重になって前転しそうになることがあります。
実際にディスクブレーキの自転車ではこれまで二度放り出され、一回は前歯を折り、もう一回は一本背負いのように宙を舞い、背中を地面に叩きつけられ一分ほど立ち上がることが出来ませんでした。
そうならないように普段から気をつけようと肝に念じているのですが、パニックブレーキの時はなかなか思うようには反応出来ません。
制動力の強いブレーキは気持ちよく作動してくれて本当に良いものなのですが、危険な状況に陥った時冷静に対応出来るようになるまではお預けにしておかないと体が持たないかも知れません(汗)。
私には兎にも角にも先ずは使いこなせるスキルが必要のようです。

>自転車買うときは見極める目を持ちゴミフレームつかまないように。
はい、まさに身に染みるお言葉です。
私も本物の職人が作った間違いのないフレームを手に入れ、実際に見て触れることで見極める目を養いたいと強く強く思います。
今後何かとご相談させていただいてもよろしいでしょうか。
誠に勝手なお願いだと思うのですが、もしよろしければで構いませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

今回は思い切って皆様にお尋ねして本当に良かったです。
おかげさまで視野が広がり、気持ちの整理が出来てスッキリいたしました!
本当にありがとうございます。

2018/2/14 15:11  [191-28847]   

ディープ・インパクトさん

すみません、書き洩らしておりました。
フレームはビアンキではなく、台湾製のクロモリフレームです。

2018/2/14 15:22  [191-28848]   

 tour-neyさん  

初めまして。トーアウトにすると鳴かないと思います。勿論、おすすめの方法ではないです。

カンチ(カンティ)の千鳥とかの調整が難しいので頑張って下さい。リターンスプリングでも調整出来ないのは、おかしいですね。まぁ、修理してると普通にありますが( ゚□゚)

2018/2/14 20:46  [191-28850]   

カンチブレーキとチドリ

tour-neyさん

こちらこそはじめまして。
そして親切にアドバイスをいただきまして、どうもありがとうございます。
トーアウト、書き洩らしておりましたが私も以前試しました。
それでもシューの鳴きは解消されませんでしたので、片側トーイン片側トーアウトというようにあらゆるパターンを試みました。
けっして褒められたものではありませんが、今は開いていない側の台座のスプリングを少しずつ伸ばしてバネレートを調整し片効きを抑え、トーインを2mm弱付けてシューの鳴きは収まっています。
チドリのセンターも何とか出ましたが、微速でブレーキを握り込むと少しリムがビビる瞬間があります。

半ば強引に思える方法で調整したので、おそらくですが左右で幾ばくかのバネレートの差が生じ、リムに対してシューが均等な力で当たっていないのでしょう。
リアの台座は問題がありませんでしたので、ブレーキもスーッと効きまます。
画像貼りますので良かったら見てください。

私もカンチブレーキの調整ネジで調整しきれないフレームはおかしいと思い別のショップにも訊いてみたのですが、やはりどのメーカー(ブランド)のフレームでも2mm程度の位置ズレはよくある話だそうです。
そう考えると自転車店はそこを上手く調整をするというか、きれいに帳尻を合わせるものなのですね。
私のフレームはクロモリフレームを生産する工場としては世界で最大規模の工場で作られているそうです。
機械も設備も充実し少量生産の工場と比べるとしっかりしたものが使われているとのことなのですが、そのような工場で生産される製品であっても誤差はつきものなのが現状ですので、それがいやなら腕の良い個人のフレームビルダーさんに作ってもらうしかないようです。
費用は吊るしのフレームに比べると2〜3倍ほどになるのでしょうか。
また日本向けのモデルは他国向けと異なり、仕上がりが良くなっているそうです。

今回は1cmズレてないと交換対象にならないという代理店さんの言葉がどうしても引っ掛かり、実際はどの程度ズレが生じているものなのかが知りたくて皆様に色々とご意見をお尋ねをさせていただきました。
1cmもズレている台座ってあり得ないと思いますので、裏を返せばブレーキ台座のズレくらいでは交換しませんよという代理店さんの思いの表れのように感じました。
また自社の取り扱う製品に対して、自信も責任も持てないということなのかとも思いました。
しかし別のショップのオーナーさん曰く、そこの代理店は腰が低い方ばかりなのでそのような物言いはしないだろうとのことでした。
確かに実際には私が直接代理店の方と話をしたわけではありませんので、ショップの方の受け取り方や話し方、そして私自身の受け取り方でどこかにボタンの掛け違いが生じたのかも知れません。

2018/2/14 23:01  [191-28852]   

>強力な制動力のため私のスキルでは使いこなせず、危険回避で二度ほど転倒しそうになり
根本的に整備が間違っています。
 僕のアブソリュートのブレーキレバー写真をアップします。一番握った時にブレーキレバーとハンドルの隙間は20mmです。これ以上大きい場合、ブレーキはすぐロックします。

>Vブレーキよりも制動が穏やかなカンチブレーキに換えることにいたしました。
Vブレーキの整備の間違いを正さず、安易な部品交換に走ると永遠に間違ったままです。
Vブレーキは握ってもロックすることはありません。

自転車屋レベルのブレーキ整備は100%間違っています。自転車屋に並んでいる自転車でブレーキ整備をやり直さずに乗れるものはありません。ブレーキ整備に関しては100%やり直し必至です。そのままだと、とても危険なので、きちんと整備をやり直しましょう。

日本の自転車安全整備士の実技試験では、ブレーキワイヤーをきつく張り少し握ればシューがリムに当たるように整備するのが正解になっています。この状態では簡単にロックしてしまい、とても危険です。僕は今までに自転車屋が整備したブレーキで大けがした人を何人も知っています。そしてブレーキの整備をやり直してあげています。僕が整備したブレーキでケガした人はいません。
 みんな以前は怖くて乗れなかったけど、すごく安全になったと言います。

自転車のブレーキは止めるためにあるのではなく、スピードコントロールをするためにあります。全く効かないブレーキと同等にすぐ、ロックするブレーキは危険です。自転車安全整備士の試験の回答は自転車に乗ったこともないアホ役人が作ったのでしょう。本当に自転車を知っているなら、こんな危ない整備を正解にはしません。そしてそれが自転車屋の整備の標準になっています。

自転車屋レベルの整備の中でブレーキは一番悲惨といってもいいです。

ブレーキレバ−をほとんど握れないような「自転車屋レベルの危険な整備」をやめて、僕のアブソリュートのようにすればVブレーキでもスピードコントロールができるようになります。

カンティなんてやめてVブレーキをまともに整備して乗ることをお薦めします。

2018/2/15 00:34  [191-28855]   

(追加補足)
ブレーキというと本体ばかり気にする人がいますが、実はブレーキレバ−が最も重要です。
以前にブレーキが全然効かないという、おばちゃんのボロボロのママチャリにクラリス2400のレバーをつけてあげたことがあります。おばちゃんの驚きようは半端じゃなかったです。
新車から10年以上乗ってるけど、こんなに乗りやすくなったのは初めて、ブレーキが全然違う、ものすごい安心と言われました。その自転車もう捨てるといってたのにクラリス2400のレバーをつけただけで旦那さんと取り合いになる自転車に生まれ変わりました。

今は2400は廃盤になり↓これしか買えませんけど。
シマノ BL-R2000 左右レバ-セット 付属/ブレーキケーブル¥ 2,241
http://amzn.asia/fOCDOhF

ママチャリのブレーキレバ−って弱くてぶれるようなのが多くて、微妙なブレーキレバーの動きができません。スピードコントロールをするにはレバーに剛性があり微妙な動きが出来るものでないとダメ。

ブレーキレバーを侮らないでね。

2018/2/15 00:50  [191-28857]   

ディープ.インパクトさん

何度もコメントをいただき、本当にありがとうございます。

>一番握った時にブレーキレバーとハンドルの隙間は20mmです
引き代は思っていたよりかなり大きく取らないと、すぐにロックして危険なのですね。
こうして写真を見せていただいた上でそう仰っていただくと、その意味の大切さがよく分かります。

確かに私がVブレーキを使用していた頃は、自転車店が調整してくれた通りになるように調整していたので、少し握り込めばブレーキがすぐにロックしていました。
ネットの情報を見てもVブレーキの制動力は強力なため、ロックし易いものだというように書かれており、Vブレーキとはそういう物なのだという認識だったので整備に間違いがあるとは思いもしませんでした。
正しい整備を知ってその通りに行なえば、Vブレーキはカンチブレーキより安全でコントローラブルなブレーキになるのですね。
これまで誰も教えてくれなかった貴重な情報です。
お教えいただき誠にありがとうございます!

それにしても危険な整備方法が自転車業界のスタンダードになっているとは知りませんでしたので、この度のディープ、インパクトさんの投稿で整備の方法も自転車店の整備を基準にするのではなく、各部品の構造と動きを理解してどう調整するのがよいのかを、自分でよく考えないといけないと痛切に感じました。
>カンティなんてやめてVブレーキをまともに整備して乗ることをお薦めします
はい、素直にそうしたいと思います。
ちなみにですがブレーキレバーとVブレーキ本体はエイヴィッドです。

>ブレーキというと本体ばかり気にする人がいますが、実はブレーキレバ−が最も重要
余談になりますが、以前に知り合いの自転車のブレーキレバー(キャリパーブレーキ)をシマノの物に交換したことがあるのですが、ワイヤーの取り付け部がレバー部分と別部品になっていて、それがワイヤーの動きを妨げないよう関節のような働きをしてとてもスムーズに動いていたのを覚えています。
確かBL-R550というモデルだったと思いますが、ご紹介いただいたBL-R2000もその辺りは基本的に同じと思ってもよろしいでしょうか。
BL-R2000はBL-R550とは違いVブレーキにも対応しているようですが、このモデルが気になってしまったのでもしよろしければお教えくださいますと助かります。
BL-R550は引きが軽くて指の微妙な動きに反応してくれて、引き心地が本当に良かったです。
良い動作をするブレーキレバーなら引きも軽くスピードコントロールもし易くなって、自転車をより安全に楽しむことが出来るでしょうね。

2018/2/15 03:08  [191-28859]   

BL-R550はティアグラです。これもいいブレーキレバーです。ティアグラは4600の時にフラット用レバーを出していて、それが前後で2000円位で一番完成度が高かったです。その後出てきたのがクラリス2400、この2400のレバーは傑作品で形も美しく握りやすい。2000も2400の後継で少し落ちたかなと思う部分がありますが、十分使える部品です。

クラリスはキャリパーとVの切り替えスイッチがあり、どちらでも使えます。

ブレーキの引きの軽さはレバーだけで決まる物ではないのでワイヤリング、本体の掃除(油で汚さない)などトータルの整備が必要です。ブレーキレバーというのは人間の身体が直接触れて自転車をコントロールする部分なので、指先の微妙な力加減をそのまま自転車に伝える完成度が要求されます。ここはとても重要な役割を担ってるのに市販されているママチャリなどは、ほとんどゴミみたいなプラスチックでヨレヨレのレバーをつけていたりします。

ママチャリでクラリスつけて売られているものは皆無でしょう。
安全と生死を左右するものをなめきっているとしか思えません。
おばちゃんに2000円でこの自転車生まれ変わるけど、出す??と聞いた時は半信半疑で渋ってたけど実際に交換して乗ってもらったら「自転車ってここまで変わる??」みたいに驚きます。
あとママチャリの定番フロントブレーキはこれ。これとクラリスのペアは最強コンビ。
アライ(Tektro製) 800A前キャリパーブレーキ¥ 1,578
http://amzn.asia/fKFOfIy

どこにお金をかけるのが一番効果的なのかを、しっかり考えていい買い物してください。
カンティブレーキは、どんなにいいカンティでもゴミなので縁切った方がいいです。

2018/2/15 13:19  [191-28865]   

ディープ・インパクトさん

おすすめのBL-R2000は、現行品の中では十分に使える良いブレーキレバーなのですね。
とりあえず手持ちのエイヴィッドのVブレーキをお教えいただいた正しい組み方で組んで、実際に使ってみてからBL-R2000に交換したいと思います。
せっかく新しく買うのですから、ぜひその違いを味わってみたいですね。
BL-R550が好印象だった分、とても楽しみです。

カンチブレーキは無駄な出費になってしましたが、それでも自分の自転車のブレーキ台座がズレていたことに気づかせてくれましたし、何より正しいVブレーキの調整方法を知るためのきっかけになりました。
これは自転車をより安全なものにして今後も楽しく乗り続けるために、とても大切なことだと思うんですよね。
そして現在流通している自転車のフレームは、どこかに誤差が生じている可能性があるという事実。
私の自転車は購入店とは別のお店経由でビルダーさんに見てもらい、ブレーキ台座の修正と再塗装を行なっていただきたいと思っています。
Vブレーキに戻せば弊害は無いに等しいのかも知れませんが、これを機会に他にも狂いが生じていないかを見ていただいて、おかしな箇所があったら全部直しておきたいと思います。

代理店や購入店の対応に疑問を感じ、あれこれと思いを巡らせていると物凄く気分が滅入ってしまい、それならいっそのことフレームを買い換えて気分を一新してしまおうかとも思いました。
しかしそこを思い留まり、直して乗り続けようという気持ちに至ることが出来たのは、色々なアドバイスや体験談をお聞かせいただいた皆様のおかげだと思っております。
本当にありがとうございます。

>実際に交換して乗ってもらったら「自転車ってここまで変わる??」みたいに驚きます
人に驚きと喜びを与えられることは、とても素晴らしいことだと思います。
これもディープ・インパクトさんの心根の現れなのでしょうね。
そしてブレーキは命に関わる大切な部品だということを、よく知っていらっしゃるからこそだと思いました。
ワイヤリングや本体の掃除のことなどを気遣っていただいたことからも、そう強く感じましたよ。

>どこにお金をかけるのが一番効果的なのかを、しっかり考えていい買い物してください
はい、このアドバイスをしっかりと肝に銘じて、これからはそのようにいたしますね。
たくさんのお気遣いをいただいて、本当にありがとうございます。

2018/2/15 19:12  [191-28869]   

 skogenさん  

珈琲はちょっと濃い目でさん

元々のVブレーキは自分で整備されたんですか?
それとも自転車屋さん?

うちにVブレーキの自転車は3台ありますが、ぐいっと握った時のレバーとハンドルの間隔は、私が整備した自転車は1.5cmぐらい、自転車屋さんで整備してもらった2台の自転車は2〜2.5cmぐらいでした。

自転車屋の常識では、少し握るとロックするように整備するって、ホントですか?皆さんそんな感じなの?

2018/2/15 23:58  [191-28873]   

 skogenさん  

あ、ごめんなさい。
読みが足りませんでした。

珈琲はちょっと濃い目でさん
> 確かに私がVブレーキを使用していた頃は、自転車店が調整してくれた通りになるように調整していたので、少し握り込めばブレーキがすぐにロックしていました。

少し握ってロックするというのは、自転車屋さんの整備なんですね。
スポーツバイクとしては、そういうブレーキレバーの調整はちょっと考え難かったので質問しましたが、そういう自転車屋さんもあるんですね。

2018/2/16 00:14  [191-28874]   

 うーむ。。。さん  

パニックブレーキについてはその人次第な所がある、そのご本人も意図的にやっているとも言えないものなので、オンラインでなんというアドバイスが適切か難しいです。でもカンチブレーキに換えるということはブレーキの基本能力を落とすことなので、望ましくはありません。出来れば経験・スキルを付けて、無意識なりに適切に操作できるよう改善する方向も忘れてはなりません。

もしかしてブレーキを4本指で握っていませんか?

フラット用ブレーキレバーの握り方は、レバーに掛ける指の本数で2本か4本が多いかと思いますが、2本指がお薦めです。こちらの方がハンドルおよびブレーキのコントロールが上手く出来ます。逆に4本指の方がレバーを強く握れる分、ブレーキは良く効きます。
2本指だときちんとブレーキを掛けられないのでは?と心配される人は多いですが、余程握力が低いとか指が短いとかでなければ問題ありません。さらに珈琲はちょっと濃い目でさんは逆に強くかけ過ぎなので、指をへらすほうがいろんな意味で良いかと思います。

その他、自転車の乗り方について疑問があれば、どんどん質問して頂ければと思います。
私には答えられるか分かりませんが、皆さんがいろいろ相談に載ってくれると思います
(他人のふんどし貸してくれモード笑)

2018/2/16 00:27  [191-28875]   

 クオリア44さん  

私は、ロードバイクのキャリパーブレーキでも、Vブレーキでも、必ず遊びを最小限にして、握り込めばすぐにロックする様にセッティングします。
が、一度もロックさせた事は有りません。ブレーキはロックするのが容易な制動力があっても、正しく操作すれば絶対にロックしないからです。
正しいブレーキ操作とは、ブレーキをかける可能性が僅かでも有り得る場合は、予めレバーに指を1本以上かけておいて、いざブレーキをかける場合には、最初にパッドがリムに当たる感触を確認してから、タイヤが変形して面圧が十分に高まるまでレバーを握り込んで、それから路面の感触を確かめながら本格的にブレーキをかけます。この時、リヤ側が浮き上がってタイヤの面圧が下がり、ロックしそうになってタイヤが横に流れる場合があるので、その時はブレーキを一瞬だけ緩めてから、再度、レバーを握りこみます。
フロント側は、この正しい操作をする限り、ほぼロックはしません。ロックは制動力の大きさで発生するんじゃなくて、制動力が急激に立ち上がる事で路面との面圧が足りずに滑るので、この様な最大の制動力を発生させる操作は、ブレーキングを始めると決めた後は、実は結構な時間の余裕があって、この正しい操作が身に付いている限り、ロックする事は有り得ません。

私は、昔乗ってた300kg近いオートバイでも、ジャックナイフ状態でもブレーキングを完全にコントロール出来てました。

なので、遊びを大きく取る事でパニックブレーキが避けられる場合がある実効性を否定はしませんが、すぐにロックするセッティングが間違いだと言い切るのは、ちょっと違うとも思います。正しく操作出来る限り、最も安全なセッティングだから。

まあ、コレが怖いと思える人には、お勧め出来ませんけれど。

しかし、今後やってくる油圧ディスクブレーキの時代では、レバーの遊びは自動調整なので調整不能だから、正しいブレーキ操作を身に付けると言う方法論が正しいとも思います。

2018/2/16 01:33  [191-28876]   

昨日アバウトに計測したので、今日はストラップで縛ってノギスで計測しなおしました。
アブソリュートは最大開き幅左右(F・R)55mm 最小F15mm R14mm
プルミーノは最大開き幅48mm 最小FRとも18mmでした。プルミーノは手の小さい人も乗るので最大を狭くしています。
ついでにロードのブレーキ写真をアップします。
ハンドルとの隙間は4mmほど
Vブレーキはワイヤーを緩くしすぎると金具が外れます。キャリパーの方が狭く(ワイヤーを緩く)できます。
ブレーキの構造上の問題。

クオリア44さんのはレバー握ってハンドルと何ミリあいてますか?

20mmというのはアバウトすぎました。忘れてください。また削除します。

2018/2/16 10:01  [191-28879]   

 クオリア44さん  

私のセッティングだと、コレはエイビッドの無段階可変レシオのツーフィンガーのレーシングレバーでミニVを引いていますが、レバーの端で最大58mm、最小で40mm、レバーのえぐれてる部分での最小距離が30mm、と言ったところですね。作動域がレバーの端で18mm、と言う計算です。
このミニVブレーキはTRPの削り出しのレーシング用で、シクロクロスで人気だそうです。多分、史上最強のミニVブレーキシステムですので、意図的に操作すれば、簡単にロックします。通常のVブレーキシステムよりもずっと強力で、可変レシオなので、セッティング次第でタッチを無視して、更にベラボウに効かせる事も出来ます。

で、コレでも正しい操作ならば、絶対にロックしません。
ブレーキタッチは、適正にセッティングすれば、最高です。
因みに、カーボンフォークだけど、ブレーキ台座部分は強固なアルミ製で、ハイブリッドフォークですね。

2018/2/16 21:47  [191-28882]   

 クオリア44さん  

ロードと言うか、シングル固定ギアのブレーキレバー、ケーンクリーク製ですが、握りこんだ時の隙間は29mmと言ったところですね。
コレで引いてるのは純正のUブレーキです。車体はFuji Venom 。今は亡き、700cのBMXと言うジャンルの車体に無理矢理、ドロップハンドルを組み合わせて、23cのタイヤを履かせてます。フレームとブレーキ以外は全部交換。
因みに、Uブレーキは、あんまり効きません。センタープルの親戚のシステムです。現在では、BMXだけにしか採用されません。

2018/2/16 21:59  [191-28883]   

クオリア44さんありがとう。クオリア44さんのブレーキは自転車安全整備士の合格の整備です。僕の整備は不合格。自転車屋さんの整備もクオリア44さんと同じです。

あさひやホームセンターの自転車売り場やイオンバイクなどに行った時にブレーキ握ってみれば、だいたいそのくらいに整備されているのがわかります。僕の整備は最適解がずれると危険なので(ハンドルにブレーキレバーがあたれば、それ以上効かなくなる)整備下手な人にはお薦めはできません。
自転車屋レベルのブレーキ整備のように握るとすぐロックするように硬くした方が一般の方は安心でしょう。これは自転車のブレーキを「速度コントロールするもの」と考えるか「止まるもの」と考えるかの違いです。とにかく止まって両足地面にベタッとつく?

自転車屋レベルのブレーキ整備でも不満がなければそれで使えばいいです。僕のやり方が正解ということはありませんので各自が一番使いやすい安全だと思うように整備してください。

ただひとつだけ言えることは自転車屋レベルの整備ではブレーキがあまり効かず、とても危険になる人たちがいます。手の小さい女性や握力の弱い人、珈琲はちょっと濃い目でさんのようにVブレーキをロックさせてしまう人たちです。そういう人には僕のブレーキ整備のやり方しか選択はありません。自転車屋のブレーキ整備をBBにたとえれば「馬鹿力で締め込んで終わり」

僕はブレーキレバーは指1本で軽く動かないと嫌なので「自転車屋レベルの整備」ではとても乗れません。最小の力で最大の効果を発揮してナマケテ走ることを得意にしているので、自転車屋レベルのブレーキ整備だと疲れて乗れない。

★最後に僕のブレーキ整備の要点を書きます。
僕のブレーキ調整は微分のように最適解は1点しかありません。その1点に持って行くには微調整が必要です。ワイヤーの微調整はレバーか本体のアジャスターボルトで行います。クロスではレバー側、ロードでは本体側にアジャスターボルトがあります。

ワイヤーを引っ張ってナットで止める時は少し緩めにしておいて、そこからアジャスターボルトを回して最適な位置へ張っていきます、この作業はシューの減りなどで変化した時は走行中でも行います。自転車は生ものなので常に変化し、それに合わせて微調整をしながら走り続けます。

自転車屋レベルのブレーキ整備の場合は「アジャスターボルトで微調整」なんてすることはないと思います。アジャスターボルトを知らない人がほとんど。僕のブレーキ整備ではアジャスターボルトが完成度を握る命の部品です。最後の調整は必ずアジャスターボルトで行ってください。

サドルの高さも1mm単位で調整すると言うと、わかってもらえない人が多いのですけど、ブレーキワイヤーの調整はサドルよりシビアになります。たぶん0.1mm以下の単位。快適な自転車で走ってね。

2018/2/17 04:26  [191-28887]   

skogenさん

お返事どうもありがとうございます。

自分の投稿を改めて読み返してみると、長い上に非常に分かりにくい言い回しでした。
こちらこそすみません(汗)。
購入時のVブレーキレバーの引き切った時の状態は、画像からの判断になりますがクオリア44さんがアップしてくださったエイヴィッドのブレーキレバーよりもう気持ち引けたような感じでした。
もし最初からディープ・インパクトさんの画像のようなセッティングであったなら、実際に握って効き方を体感し、迂闊にロックさせないためにも引き代は出来るだけたっぷり取らなければならないという意味を察し、その通りに調整していたと思います。
skogenさんにはにわか信じ難い話だったのかも知れませんが、私といたしましてはそのようなセッティングで納車されましたとお答えするしかありませんです、ハイ。

うーむ...さん

お気遣いどうもありがとうございます。

アドバイスいただいたことにつきましてのお返事になりますが、普段は指2本でブレーキレバーを操作しています。
前車(購入店は別のお店)が油圧ディスクだったことと、予めスポーツ車が初めてであることを伝えてあったので、納車の時(5年ほど前)に店員さんが丁寧に使い方を指導してくれました。
また今の自転車の購入店でも、受け取りの時にはきちんと説明を受けています。

しかし以前に転倒したときや転倒しそうになったときも、指2本で引いていましたとキッパリ言い切ることが出来ません。
余談を交えての話になってしまうのですが、夜に初めて通った道でのある体験談を少々。
自転車で道路脇を走行中に、前方に歩行者が居たので車道側に進路を取り、車歩道の境界に引かれた白線を斜めに横切って歩行者を避けました。
直後に十字路があったので飛び出しを警戒してそのまま少し直進し、小学校に差し掛かってから再度白線を横切って道路の左側に寄ろうとしたら、車歩道の境界が3cmほどの高さの車歩道の境界ブロックに変わっていたことがあります。

ブロックだと思っていなかったので進入角度が浅い形となり、前輪がブロックを乗り上げ切れずに衝撃で体が自転車から前に押し出され、同時に車体が右に大きく弾かれたように記憶しているのですが、それ以降の記憶があまりはっきりとしません。
おそらくですが超前加重かつ車体が右に弾かれた不安定な状態で、無意識でブレーキレバーを目一杯に握りしめてタイヤをロックさせてしまったのだと思います。
宙に放り出されたような感覚に見舞われた後、気がついたら道路にうつ伏せの状態で倒れており前歯が2本折れていました。
そして直前に私が自転車で追い越したはずの歩行者は、私を少し避けつつも、まるで何事も無かったかのようにそのまま通り過ぎて行きました。
後ろから事の顛末を一部始終見られてしまった上に、そこに存在しないことにまでされてしまって、もうもう恥ずかしくて顔から火が出る思いをしました。

それ以来その道は何となく嫌で避けておりますが、小学校の前の道だったので子供が境界ブロックの上で遊んでも危険が無いようにという意味で、あえてブロックを低くしてあったのかも知れません。
スポーツ車に乗り始めてまだ半年くらいの出来事です、
当時は今ほど明るいライトではなかったため、昼間なら絶対に見誤らないであろうものに見事に引っ掛かってしまったという、自分も自転車もそしてお財布も痛んだ苦々しい思い出話でした。
今思い返してみると、あの時はもしかしたらブレーキレバーをがっちりと鷲掴みにしていたかも…というのが正直なところです。

2018/2/17 12:50  [191-28892]   

クオリア44さん

コメントどうもありがとうございます。

引き代を大きく取ったブレーキレバーは、クオリア44さんのスキルでは反応が遅れてしまい、却って危険ということですね。
また正しいブレーキ操作についてのコメントを読ませていただきましたが、物事を洞察する力とそれれを活かせる高いスキルを併せ持ち、正直な気持ち羨ましくさえ思いました。
スキルに合わせたブレーキ調整、私も安全のためにとても大切なことだと思います。
しかし今の私のスキルでは、クオリア44さんのブレーキのセッティングだと、過去の苦い経験から怖く感じてしまうかも知れません。
元々持って生まれた身体的な差がありますので、クオリア44さんと同等のレベルに達することは出来ないかも知れませんが、これからは今まで以上にブレーキング時の車体の各部の挙動を感じるように気を配り、なるべく挙動に合わせた良いブレーキングが出来るよう腕を磨いていきます。


ディープ・インパクトさん

ブレーキ整備の要点をお教えくださいまして、どうもありがとうございます。
今の私にはディープ・インパクトさんお薦めのセッティング方法がいちばん合っていると感じますので、その通りにしてみます。
>ブレーキワイヤーの調整はサドルよりシビアになります。たぶん0.1mm以下の単位
これもまた相当の感性とハイレベルなスキルが必要な業ですね。
私の整備レベルではディープ・インパクトさんのお薦めのセッティングを完璧に再現出来ないと思いますが、時間が掛かっても納得のいくまでやり直す性格なので、何とか近い形にまでは持って行こうと思います。
私もサドルの1mmの高さの違いを捉えることは出来ない方ですが、違いが分かる人が居るということは分かりますよ。

>各自が一番使いやすい安全だと思うように整備してください
まさに仰る通りだと思うのですが、せめて自転車店で販売するときはディープ・インパクトさんお薦めのブレーキのセッティング方法と同じような調整で行なって欲しいと思います。
自転車安全整備士の試験にも問題があるのでしょうが、合格した後もその通りにしなければならないものなのでしょうか。
シビアなブレーキは特に初心者には扱いにくいと思いますし、初心者でなくともスキルが私のように伴わなければ危険な目に遭わせることになりかねません。
実際に自分の整備した自転車のブレーキの効き過ぎが原因で、お客さんが事故を起こしたという事例は少なくないように思います。
より安全に乗ってもらうために何とかしようと思わないのでしょうか。
とても疑問に思います。

2018/2/17 12:52  [191-28893]   

 クオリア44さん  

私は、ブレーキレバーのアジャスターは一切触りませんが、単に全く必要無いから。

私は身長が165cmしか 有りませんが、頭、足、そして手と体の末端のサイズが大き目でグローブはXLサイズを使いますし、多分、握力も強い。レバーを握る時に親指を引っ掛ける様にすれば、大抵のレバーの端まで楽に指が届くので、テコの原理で少ない力で確実にパワーを伝えられます。

なので、レバーの遊びは極力小さい方が良い。

手が小さいと、逆の事情でレバーの端に指が届き難いので、支点からの距離が短いから、工夫が必要なのだろうとは思います。セッティングも、それに合わせるのに意味があるのでしょう。

私には真に理解は出来ませんけど。


2018/2/17 13:01  [191-28894]   

 tour-neyさん  

クオリア44さん私と身長変わらないのか...私は手足はレディースSを運用してるので、それを理解するのは難しいと思います。握力もお察しρ(тωт`) イジイジ


一応スタッフ目線。珈琲はちょっと濃い目でさんへ。

次にいつ店に来るか分かんないし、ブレーキシュー減っても来ないでしょう、普通の人は。しかも遊びが広いと因縁つけます。→整備不良呼ばわりです。

レバーは十人十色だと考えてます。その人がいいならそれでいい。
それに市販のブレーキレバーはたわむので、それを見据えて調整します。(ママチャリはいい例ですね)

自転車マンガのせいでよけい横行してる印象です。整備シーンとかあまりないでしょうね。整備だけで書籍ものですし(笑)

普通の人からすれば、自転車は家電ですから...
パンク修理無料でやれっ、サービスしろ、カネとるんか。修理高すぎ。→自転車舐めてるからそう言えます。


では頑張ってください!気付いたことがラッキーです。回りにもホンモノ広めましょう。けっこう断られるけどね。

2018/2/17 13:29  [191-28896]   

 クオリア44さん  

私がブレーキコントロールに絶対的な自信を持っているのは、別に自惚れじゃなくて、タイヤが滑ったり、前後輪が浮き上がるのを、オートバイに乗ってた頃に、おそらくは数万回以上は経験してるから。
オフロードを散々走行したし、信号スタートの度に数百メートルもウィリー走行して遊んでました。
こう言う身体操作は小脳に刻まれて一生忘れません。
数十年ぶりに自転車に乗っても ちゃんと走れたり、泳げる人が泳ぎ方を忘れたりしないのと同じ。

なので、フィードバックで正解が分かるシステム、環境で練習すれば、誰でも確実に出来る様になります。

今ならば、おそらくシクロクロスとか、シングルシクロとかで、1ヶ月くらいオフロードを走り回れば、確実にベラボウに上達すると思います。

リスクの低い条件で可能な限り多くの経験を積むのが、効率良く上達する方法だと思われます。

2018/2/17 15:24  [191-28897]   

 tour-neyさん  

クオリア44さん、
あぁ、聞いたことあります!二ノ宮ホワイトベースで言ってたなぁ!

限界が分かるし、対処や技術も上がるみたいですね。でもやれる場所が私のエリアはないか( TДT)残念...

2018/2/17 17:32  [191-28898]   

 skogenさん  

いろいろブレーキレバーを握ってみましたが、3cmぐらいのものが多かったですね。

昔、自動車のブレーキの設定で「カックンブレーキ」みたいな言い方をしてましたね。逆に、踏み代が深いと効かないみたいな事を言われたり、深い方が方がコントロール性が高いという言い方をする人も居た。

どういった乗り方をするかで設定が変わるようですが、大半は慣れの問題みたいですね。自分の車でも整備直後は踏み代が変わって慌てますが、2kmぐらい走ると慣れちゃうもんな。

スポーツタイプの自転車だと深い方が良いかと思ってましたが、それも乗る人しだいなんですね。

ちなみに、うちのVブレーキの自転車はマウンテンバイクを得意とする自転車屋さんで整備してもらったものです。私が生また頃からある自転車屋さん。

2018/2/18 12:14  [191-28903]   

ブレーキの整備は自転車競技をする人としない人で変わります。自転車競技というのはタイムトライアル以外は集団走行をします。練習でも先頭交代をしながら走ります。

たとえば競輪で使うピストはブレーキはありません。街道を走る時はブレーキをつけて走りますがバンクに入る時はブレーキは外します。バンクではブレーキをつけた自転車は走らせません。

競輪の場合、時速70km前後で前後のタイヤ差10cmくらいつめて集団が走ります。ジャンが鳴る前の集団走行でも前後タイヤ差は20cm、周回で先頭交代する時も前後タイヤ差は20cm以内でつめて走ります。このタイヤ差で前の人がブレーキを使ったりすると、タイヤはすぐにハウス(接触)します。
前後のタイヤが接触すると、必ず後ろの選手が転倒します。ハウスで転倒した時は鎖骨を折ることが多いです。

前の選手は絶対ブレーキを使わない、バックを踏まない(固定ギアでバックを踏むとブレーキがかかる)これはバンクを走るものの掟であり、この掟を守れない人とは集団走行できません。
プロは鎖骨を折って入院すれば3ヶ月無収入になります。それが原因で選手生命を絶たれることもあります。冗談で済むことではありません。

このバンクの掟は街道をロードバイクで集団走行をする時も同じです。後ろの選手が転倒しないように前の選手はブレーキを使わない、使う時は「今からブレーキをかけます」と必ず後ろの選手に合図を送る、自分の都合だけでブレーキをかけまくるような人とは一緒に走れません。

自転車競技はブレーキは使わないのが基本です。ブレーキを使うと「転倒する」からです。
しかしこのバンクの掟や自転車競技の基本は一般の自転車を安全に乗る時も有効です。

自転車はブレーキを使った時にもっとも不安定になります。過去に自転車でこけた経験がある人は、どういうパターンでこけたか思い出して見てください。90%くらいが「ブレーキで止まろうとしたため」にこけてます。本来ブレーキを使わなくても危険を回避できた場面でブレーキを使い無理に止まろうとすると大けがをします。

自転車は慣性の法則で自然に逆らわず、走行している時が最も安全です。それをブレーキを使って減速する時は一気に0にするのではなく、その場面で最低限落とせばいいだけ減速するのがベストです。たとえば20kmを5kmにするのではなく20km→18km→15kmと落とす。
こういう微妙な速度調整はブレーキレバーの引きでワイヤーを微調整して行います。

ではワイヤーが最大開き幅50mm〜30mmのブレーキと50mm〜15mmのブレーキでは、どちらが微調整をやりやすいでしょうか??20mm幅で変化をつけるのと35mmの幅で変化をつけるのとどちらが簡単でしょう。

自転車のブレーキはかすかにシューをリムに当て、1km、2km単位で減速して走り続けることが多く、そのかすかにシューをリムに当てるという動作が自転車屋レベルのガチガチブレーキでは出来ません。ブレーキ握ったとたんに10km減速とかされると、後ろを走ってる人は入院です。

そしてその動作は自分の身体にも悪いです。またタイヤやブレーキへの負担も大きい。

プロはお互いの力量わかってるので先頭交代安心してつけますが、アマの人はブレーキの使い方をまるでわかってなくて、あぶなくて後ろ走れません。後ろで走行している人の安全を守れない人は前を走る資格がありません。

>スポーツタイプの自転車だと深い方が良いかと思ってましたが、それも乗る人しだいなんですね。
そんな甘い話ではなくて、プロだと生活のかかっている生死を分ける話。
あと自転車のブレーキの使い方は自動車やオートバイとは全く違うので、それらの経験は全部忘れた方がいいです。自転車はブレーキを使わないのがベスト、基本ブレーキは使いません。減速はブレーキではなく風を使って行うことも多いです。

>うちのVブレーキの自転車はマウンテンバイクを得意とする自転車屋さんで整備してもらったものです。
skogenさん15mmと書いたので、僕もアバウトではなくきちんと計り直さなければと思ったのに、少しがっかり。ここを見ている人は自転車競技と関係ない人やプロめざしているわけでもない人も多いので厳しく書くのは控えていますけど、自転車屋レベルのブレーキ整備では集団走行は危なくて出来ません。後ろに人が走ってると思って、その人が安全に走れるようなブレーキの使い方を習得してね。

2018/2/19 09:13  [191-28910]   

ディープ・ インパクト さん  

2018/2/20 07:27  [191-28913]  削除

 クオリア44さん  

ブレーキ操作において、パッドがリムとかディスクに当たってから力を込めてもそれ以上 引けないまでの距離が真の操作範囲なのであって、コレはワイヤーのアジャスターで調整できる遊びの量、レバーの握り幅のアジャスターで調整できるハンドルとの距離とは、直接的には全く関係ありません。

調整出来るのは、単にレバーに指がかかり易くて引きやすくする為の位置関係だけなのです。

なので、レバーを大きく引けるセッティングがブレーキコントロールしやすい訳じゃ無い。

私のセッティングだと、レバーの引き代18mmのうち、バッドがリムに当たってからレバーを目一杯引いて止まるまで10mmですね。

この数値はどんな調整をしても変化しません。ま、私のレバーは無段階可変レシオなので、例外的に変化させられますけど。

なので、レバーに指が気持ちよくかかり、引きやすいならば、どんな調整をしてもコントロール性は同じです。

まあ、まさにその調整で、操作性は変わるでしょうが。

あと、コレは本気でブレーキングする時のブレーキの操作性を問うているので、基本的にブレーキは あまり使わない方が良いと言う事情とも関係ありません。

因みに、ブレーキ操作が下手な人の特徴として、ブレーキレバーを「握り込む」と言う操作をします。
これではレバーに当たる指の位置が変化しちゃうから、微妙な操作は無理で、こうやって急にブレーキをかけると、急激に制動力が立ち上がって、面圧が足りずにロックして滑ったり、ハンドルを的確に支持出来ずに上体がつんのめって前転したりします。

正しいレバー操作は、ハンドルを親指の付け根で支持して、レバーの当たる指の位置を変えずに、第1関節にひっかけてレバーを真っ直ぐに「引く」動作です。こうすれば、車体の動きに関係無く繊細な操作が可能です。

で、私が思うのは、レバーを大きく握り込む事が出来るセッティングは、そのままに間違った「握り込む」レバー操作を誘発しちゃわないか?と言う懸念です。

遊びを大きく取るセッティングだと、この様に正しく「引く」事がやり難い故にパニックブレーキでのロックが結果的に回避出来てるんじゃないか?と思う訳です。

まあ、正しく操作出来ない人にとって実効があるだろう事は否定しませんが。

2018/2/19 21:36  [191-28916]   

 skogenさん  

ブレーキの踏み代が深い自動車にずっと乗っているので、カックンブレーキでは無い効き方のほうが自転車も自動車も私には合っています。

一方で、売っている自転車のブレーキは引き代は浅いのが多いと聞き、実際に触った感じも確かにその通りで、一般には引き代の大小はあまり重要では無いって事かと思います。

となると、どっちが正しいのか分からない、というのが今の正直な気持ち。

自転車屋さんに整備をお願いする事については、道場長とは考えが違うかも知れません。

私自身は自転車屋さんで多くのことを学んだので、簡単に「自転車屋レベル」という言い方はできません。ディープさんレベルになるとそういう事が言えるのは分かります。キャリアが何10年もあって、整備の力量がとても高い人が居ることも、自転車屋さんで学んだことです。

でも、ここを読んでいる多くの人に(もちろん私も含めて)、「自転車屋レベル」と言える程の力量は無いでしょう。

「自転車屋レベル」という表現は、自転車に取り組む姿勢を言われているのだと思いますが、それを間違って理解している人も居るように思います。「自転車屋の整備レベルは低く、自転車の整備を任せるべきでは無い」、「少しやれば自転車屋の整備は誰でも超えることができる」といった誤解です。普通の人だと自転車屋さんの整備レベルには勝てないと思います。経験値が圧倒的に違う。時間コスト計算をして、程々の整備をしているだけで、技術が無い訳じゃ無い。

何かが間違っているとすれば、自転車屋さんにきちんとお願いする、コストを掛ける、礼を持って接する、そういう気持ちが無いと、相手も動かない。ただし、前提として、良い自転車屋さんを探すことが必要です。がっかりするような自転車屋さん、例えば、見えなければ騙す、手を抜く、そいうお店の存在も少なからず知ることができました。

その一方で、ネットで安く買って、ネットの情報で組み付けて、お手上げになって自転車屋さんに泣きこむ、という場面も見ました。うちでは出来ないからと、たらい回しにされて良心的な自転車屋さんに流れ着く人も居ます。覚悟を持って整備するのと、コスト感覚でプロの仕事を知らずに手前勝手に整備するのは180度結果が違います。

この道場の情報を見て、きちんと問いかけてくる人は悩んだ末のことだと思います。その一方で、拾い読みしてその場限りの情報として使われる可能性を考えると、よろしく無い結果、つまり良心的で整備力がある自転車屋さんを軽んじる事にもなる。その割合がどの程度か分からないのですが、少数だとは思えないんですよね。

そういう訳で、自分より明らかに力量が上のプロには整備を任せるようにしてます。自分自身も整備の基本ができるようになって、初めて整備を任せることができる、という風にも考えています。なので整備してもらうことで自転車の勉強をしてます。

私は街の自転車屋さんが瀕死状態にあるんじゃ無いかと危惧してるんですが、それは自転車乗りにとっては不幸な事だと思います。ちゃんとした自転車屋が居ないと、いよいよメーカーや輸入代理店の好き放題にされてしまう。そして、通り一遍の整備だけで、お客を軽んじる自転車屋が増えてしまうのじゃないか、そんな風に考えてしまいます。

2018/2/19 23:38  [191-28919]   

 クオリア44さん  

少し分かり難かったと思うので、詳しく言うと、レバーの遊び、可動域を大きくセッティングすると、正しく「引く」操作がし難いが、「握る」操作も力が入り辛くて、結果的にパニックブレーキでのロックを回避出来るかもしれないけど、正しく「引く」事が出来る遊びが少ないセッティングで「握り込む」間違った操作をすると、それなりに力を入れやすいから、余分な力がレバーに伝わりやすくて、制動力が急激に立ち上がる事で、ロックしたり前転したりするのじゃないか?と言う事ですね。

2018/2/19 23:48  [191-28920]   

小学校の頃、日本で一番有名なスポーツバイク店でクランクセットを買い、取り付けてもらい帰りに、そのクランクが外れて地面に落ち、危うくこけかけました。有名=スキルが高いわけではなく、自分の自転車は自分で整備しないとダメと感じました。

この自転車屋さんは名前を出せばたぶん誰でも知っている有名店で店主も奥さんもよく知っていて今でもつきあいがあります。大将は店の稼ぎは全部自転車部品に注ぎ込むという、自転車愛が半端ないおじさんです。だから手抜きで整備しているわけでもなく、金儲け優先の店でもありません。しかし、僕のクランクは地面に落ちた。

昔、カンザキサイクルでBASSO VIPERを知人に頼まれて2台買った時にその1台がチェーンのピンが接続されていなくて切れかかっていました。これたぶんそのまま走行していたら、どっかで切れて事故につながっていたかもしれません。その写真を撮影してカンザキサイクルに見せたら新品チェーンがお詫びとともに送られてきました。
 カンザキサイクルは整備スキルが低いわけではなく、たぶん全国の自転車屋の中ではスキルは上の方です。自転車販売台数でも多い有名店。僕も友人知人に頼まれて合計すると10台以上は買っています。カンザキの親父さんも、とてもいい人です、しかし今のチェーンの整備はとても難しく誰を責めることもできません。

 どんなに有名で信頼できる自転車屋であっても整備ミスはあります。ママチャリと同じやり方ではスポーツバイクの完璧な整備はできません。だから最終的な確認は自分でやらないと根拠のない信頼で安全確保できるほど自転車は甘くないです。
 自転車重く整備して「筋トレで解決して」は答えになっていません。Vブレーキでロックしてケガするからカンティへ交換も新たな危険を呼ぶだけです。本当の解決をするためにスキルをアップして情報交換していきましょう。
 僕の提案した方法がダメな時は「それダメでしたよ」と、もし効果があったなら解決しましたと結果を報告してください。後に続く人たちはその情報を元に、さらに進化させていってくれると思います。よろしく。

2018/2/20 08:46  [191-28921]   

 鶏 泰造さん  

なんか「ブレーキレバーの引きしろ調整」と「自転車屋レベルの整備」に話題が発散してきましたね(^_^;)。

で、引きしろのほうなんですけど、私は「中指の第2関節の稼働だけでコントロールできること」を基準にして合わせています(フラットバーの場合)。だいたい第2関節の角度が120度ぐらいで利き始め、90度まででコントロールするイメージです。指の付け根の関節(MP関節)まで動かさないとならないと、力加減がしにくくなるし、第一関節がきちんと引っかからないと、そもそも力が入りません。両者が成り立つ頃合いが、120度から90度です。

パニックブレーキの際には、ヒジを下げつつ重心を後ろに引く(ハンドルを前に押し出すイメージ)ことも意識したいですね。でないとジャックナイフに陥るまでもなく、上半身が支えきれなくなって吹っ飛んでしまいますから(^_^;)。

2018/2/20 15:21  [191-28923]   

 skogenさん  

確かに、自転車屋さんでも間違いますね。
自転車って単純だけど、パーツの組み合わせとか複雑過ぎます。
事故に繋がるような間違いは経験ないですが、どこまで気にするかでも変わってくるように思います。

心配症の私は、街の自転車屋さんってオワコンかも知れないなぁ、ってちょっと不安には思ってます。大相撲とか、少子化問題とかと同じで、時代的に既に先が定まってるのかもって感じ。そうなると、いよいよスポーツ自転車難民が増えそう。

ロードバイクだと指の付け根の関節だけでブレーキレバーを動かすようにしてます。ブレーキを使うのはスピードを調整するためだけ。

パニックブレーキになると、手全体を使います。年に2,3回ありますね。そういう時に、止まることだけでなく、コースを変えることにも集中すべきだったって反省してます。

クロスバイクはあまり乗らないですが、1.5cm〜2cmぐらいが良い感じです。街乗り自転車なので、ロードバイクとはブレーキの使い方がだいぶ違います。ぎゅーっと握ってスムーズに止まるのが大事かな。

2018/2/20 18:36  [191-28927]   

tour-ney さん

お返事どうもありがとうございます。

>次にいつ店に来るか分かんないし、ブレーキシュー減っても来ないでしょう、普通の人は。しかも遊びが広いと因縁つけます。→整備不良呼ばわりです。

確かにそういう人達はいっぱい居るでしょうね。。
分からない人には何を言っても分からないことは、経験上痛いほどに承知しておりますです、ハイ。

今回は私自身、二回も転倒(前転)させておきながら、ブレーキ調整の仕方にまで考えが及ばず、自転車店で行ってもらった調整をそのまま維持しておりました。
その後も効きすぎるなと思いながら更に二回転倒(前転)しそうになっておりますので、これに対しては思考停止と言われても仕方がありません。
しかしこうしてブレーキの掛け方以前に整備の方法が間違っていると教えていただいたおかげで、ようやくそういうことだったのかと気づくことが出来ました。
今の自転車の購入店でパニック時にブレーキが効き過ぎて前転しそうになったことを伝えたのですが、スポーツ車なのでブレーキの掛け方に気をつけてくださいとしか言われませんでしたし。
出来る事なら私の目の前で、そういう場合は遊びが広く感じられるかも知れませんが、こう調整し直せば良いですよと、教えて欲しかったのが正直な気持ちです。
そのように感じて前回のコメントをさせていただきました次第です。

ブレーキの調整につきましては皆様の様々な意見をお聞かせいただくことが出来、再考する良い機会になりました。
Vブレーキへの再換装はアウターやインナーワイヤーを用意し直す必要がありますので、効果の報告につきましては今しばらくお待ちくださいね。
もう痛い目には遭いたくありませんので、ここでお教えいただいた通りに自分の手でしっかりと組みつけてみます。

以下は今回の一連の出来事で件で学ばせていただいたことです。

@ブレーキは調整で自分に合わせることが出来、より安全性を増すことが出来る。
Aブレーキ調整に最適解はなく、スキルや好み、使用目的によって大きく変わる。
Bブレーキ関係の部品は不要な油の付着に気を使い、丁寧かつ慎重に行なわなければならない。
C今の私には整備及びブレーキングのスキルアップが重要な課題である。
D自転車のフレーム(フォーク)に対して、Vブレーキ台座やその他のパーツが適切な位置に溶接されていないものがあり、ごく一般的に流通している。
EDはどうやら自転車業界では周知の事実であり、代理店やメーカーにも依ると思いますが少なくとも私の自転車を扱う代理店ではクレーム対象とはなりにくい。
F自転車店ではVブレーキ台座のズレに対して調整ネジで調整しきれない場合、スプリングを曲げ(伸ばし)て調整をしている。
G良いフレームを見て確かな目を養い、今後は納得出来るものを購入する必要がある。

補足になりますがDとEそしてFに対しては、複数のショップに電話を掛けて確認をいたしました。
Eに対してはFの方法でも対応出来ない場合でなければ、フレームのクレーム扱いは難しいようなニュアンスでした。
そもそも根本原因であるVブレーキの台座を修正せずに、本来使用に差し支えない精度のスプリングを曲げて辻褄を合わせるのは、基本的に間違っているように思うのですが。
家を建てるとき基礎が狂っているのに柱で何とかごまかすような、そんな印象です。
しかしそれが自転車店の行なうスタンダードな手法であり、技術なのだそうです。
おそらく最初についていたエイヴィッドのVブレーキも、同様の手法で調整されていたのではないかと思います。

2018/2/20 21:09  [191-28933]   

 やすりおさん  

はじめまして!

制動時の前転についてですが、私の場合
ハンドルの低すぎ・遠すぎまたはサドルの高すぎなどで
腕に荷重がかかりすぎているとブレーキかけた時に前のめりになってしまいます。

今日もサドルを0.5cm位上げただけなのですがちょっとした下り坂でブレーキをかけた時
前につんのめりそうになりました。
サドルを後ろに引き、高さを低くすると前転しづらくなるのではと思います。

個人差があると思いますが参考になれば幸いです。

2018/2/20 21:27  [191-28934]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:290件)

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ