縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

自転車道場

タグ:

2017年世界で一番住みたい都市の1位はアメリカのポートランドという都市です。
ここは1日に引っ越ししてくる人が500人いるという人気都市で、日本からも移民、観光にたくさん訪れています。消費税ゼロ、酒税なしなど物への税金上乗せがないため物価が安く、新しく起業する人たちにも人気があります。

その中で僕が一番なるほどと思ったのはポートランドは自転車通勤者が全米NO1、自転車道が整備され自動車より自転車が優先されている町作り。公共交通機関にも自転車がそのまま積めます。
このブログとかに写真↓
http://machi-bra.blog.jp/archives/896586
2.html


都市と農場を明確に区別して農場部分の開発を禁止、周辺には無農薬栽培の畑が広がり、水がとてもおいしい(そうです、僕は実際に飲んでないので・・)

ポートランドの姿は未来を予想させます。
今後世界中の都市で自動車道ばかり作り、自転車道を作らない都市は滅びます。
現在、韓国でも台湾でも自転車道を全国に建設しています。自動車道ばかり作ってるのは日本だけ。

人々の移動手段は自動車ではなく自転車に主役が変わります。
そして自動車はガソリン(化石燃料)車がEV=電気自動車に変わります、EV電気自動車は小さくて軽いものへ移っていき、限りなく自転車に近づいていきます。

現在高齢者の人が免許なしで使っている3輪電動車(時速10kmほどで動く物)やゴルフ場の電動カート、またスイスのツェルマットで使われている電気自動車、それらに共通なことは高速移動よりも低速移動、エネルギー大量消費より低消費、小型軽量化、使用部品の簡素化、これは自転車が歩んできた歴史そのものです。

電気自動車にはマフラーやラジエター、変速機などがなく、ブレーキも強力なものは必要なくなり2年に1回のブレーキパッド交換などもありません。もちろんオイル交換もありません。メンテナンスはとても楽になります。そしてデンマークで始まっているような電気自動車のバッテリーを発電所として使うVPP(仮想発電所)としての機能もあります。

これから自転車とEVが主役として移動手段となる時代が見えています。

そういう時代に日本では時速500kmで新幹線の5倍の電力を浪費し、大井川の水を枯渇させるから反対と静岡県知事もいってるリニアを推進しています。今後10兆円以上のお金をかけ富士山の地下水を汚し、大井川の水を枯渇させ、日本アルプスの地下に何百kmもトンネルを掘り自然破壊をします。

ポートランドにはリニアはありません。新幹線もありません。きれいな水と低速移動して快適な町、自転車道が充実して自転車通勤ができる街があるだけです。わずか東京大阪間40分短縮するために、どれだけの自然の破壊をするのでしょう。

100年後の日本の子孫に
 もし、あのときリニアモーターカーではなく「東海道自転車道」を作っていれば、日本はこんな悲惨な状態になってなかったと言われそうです。

 ポートランドは人口64万人で市長と議員合計5人しかいません。日本は1万人くらいの町でも議員20人はいます。ポートランド議会には市民が参加し市長や議員と意見交換できます。日本の議会では市民の発言は許されていません。民主主義がないとリニアみたいな、みんなが不幸になる計画しか出てきません。

 自転車優先で町作りしているところは暮らしやすいだろうな。

2017/11/14 14:58  [191-27394]   

 tour-neyさん  

MT乗りたかったな。。。結局乗れないまま来ちゃった。

EVでは、補修用バッテリーを考えてほしいですね。初代リーフが激安で売られてるのも、そういう訳ですし。。。大井川、地元なんですが静岡は横に広いんで、まず行けないなぁ(笑)

あぁ、話題が逸れちゃった(汗)すみません。

公共機関に自転車積めるのいいなぁ、遠くも臆せず行けるし。

2017/11/14 20:54  [191-27402]   

自転車道にどこまでお金をかけられるか、ここに豊かさが表れているように思います。
金銭的な豊かさではなく、心のゆとりと豊かさです。
大型トラックがすれ違うと逃げ場がなくなる幹線道路、生活道路を分断する産業道路はどんなに立派な道路でも心の貧しさを感じざるを得ません。
反対に先日走った利根川自転車道の群馬県内区間は地域の豊かさを感じました。県道に昇格させ、しっかり予算をかけて管理している自転車道は一味も二味も違います。

産業優先、生産効率優先で開発という名の破壊を続けるのか、
人間優先(他の動植物に対してという意味ではありません)、環境保全、自然との共存を目指すのか、
ここが大きな分かれ目ですね。

自転車で行く先々で目にする光景はいろいろ。前者もあれば後者もあります。
霞ケ浦のほぼ全面コンクリート護岸は悲しくなりました。
東京にほど近いさいたま市の見沼干拓地が市街化調整区域として里山を保全しているのには安らぎを感じます。

リニアモーターカーを作るより、そういうお金があるなら新幹線の運賃をその分安くしてくれた方がありがたいと思っちゃいます。

自動車(ガソリンエンジン車)も大型化が滅亡を早めたんじゃないですかね。恐竜みたいに。
側面衝突時の安全基準が変更になったあたりから国産車も急速に大型化してますからね。
その最たるものがホンダ・アコードだと思います。
1600ccでスタートしたのに今や全長が5mになんなんとしてますよね。
ハイブリッドとかで燃費は向上しているというけれど、どんどん重くなってますよね。
遷都1300年の年に自動車で道場長がお住まいの奈良に行ったのですけど、1600ccエンジンの自動車(EG6)でエアコンONで流れのいい区間はほとんど4000rpm以上回ってましたけどその時の燃費はリッター15kmを僅かに切るくらいでした。エコエコ言うなら小排気量のMT車をもっと見直すべきですね。プリウスで東京〜奈良を同じように走ったらいったいどれだけ走るのか比べてみたら面白いと思います。


2017/11/14 23:15  [191-27405]   

自転車先進国のフランスやスペインでも自転車道の整備が加速されて行われていて、国の命運を握るところまで来てるのに、日本の政治家で「自転車道」作れといってる人が皆無なのが唖然です。

台湾も韓国も内閣の閣議決定して国策として国土全域に自転車で移動できる自転車道を作るとして動いています。面白いのはこの流れがEVの普及とも連動している点です。

世界中の都市をグーグルマップで検索して、自転車マークで移動計算できない国はアウトです。
日本の地図にも最近やっと自転車マークがつきましたが押しても無反応。オランダとかスイスとかだとA地点からB地点への移動検索をすると自転車の移動時間と自転車道を通る最適ルート案内が出てきます。日本で検索すると自動車道や高速道路を自動車で移動する案内しか出てこない。自転車ルートを調べる時はいつも歩行者にして調べないと自転車道を通るルートが出ません。

グーグルマップでいろんな国を乗り換え案内して遊んでみれば、日本がどれだけ自動車中心の道しかないかがわかります。有料の高速道路通って自動車でしか移動できない国って「世界で一番貧しい国」です。

2017/11/15 09:03  [191-27417]   

Googleマップなんですけど、歩行者でルート検索すると自転車道を案内しないんですよね。
自転車道と言っても、多くは歩行者と共存する道路のはず。
行政が自転車道に消極的であることに加えて、Googleも日本の自転車道を相手にしてない感じがします。

2017/11/15 23:17  [191-27429]   

 小杉むさしさん  

Googleマップって必要なデータを携帯電話にダウンロードしておいて、ネットに繋がらなくても地図を見ることができるんですけど、日本に帰るとこれができないんだよね。Googleマップの日本の地図データはゼンリンが提供してるから。

ちなみにフィリピンではダウンロードできます。

2017/11/18 23:32  [191-27461]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:290件)

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ