縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

自転車道場

タグ:

スレがいっぱいになったので4です。タイヤやチューブの情報を書き込んでください。

タイヤ&チューブスレッド3
http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-20088/


タイヤ&チューブスレッド2
http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-16674/


タイヤ&チューブスレッド1
http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-11729/

2017/7/12 09:07  [191-25766]   

最近よく「25Cのタイヤに、どんなチューブ使えばいいのですか?」と聞かれます。

Vittoria ultralite inner tube [ウルトラライト インナーチューブ] 700x19/23
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00G
W3Z5U4/


メーカーが19/23と書いているから25は使えないと思っている人が多くて、さらに25cという別のチューブもあるので、そっちがいいと思ってる人も多いのですが、僕は700x19/23を使っています。
2000kmは走ってますが一度もパンクなく走行上問題ありません。25cのチューブは太くて重いので使う気になりません。通常23ばかり使ってるので700x19/23のチューブがいっぱいあるし、25cだけのために別のチューブ買おうとも思えません。ただし25cまでしか実験はしてないので28cだと25〜28c用チューブの方がいいかもしれませんし、メーカー推奨じゃないので自己責任でお願いします。*僕の使用空気圧は5気圧、それより高圧の場合は問題出るかもしれません。

2017/7/12 09:35  [191-25769]   

 tour-neyさん  
何かヒビ入ってる(^_^;) よく縁石に擦る為、こうなる。。。(町乗りあるある)

Amazonで二本セットのルビノプロ3です。憧れの700cでしたが、サイドだけやれてる?オーナーの運転スキルが露呈します。CSTの26インチは、、、忘れた(・・;)
まぁ、段差で引っ掻けるのが原因でしょう。だから後輪だけこうなり、前輪は綺麗。

室内保管、700c化したのが2カ月前。距離607km。常用4-5気圧、ローラーのみ7気圧(終わったら抜いてます)

もうちょっと乗り方考えます。。。優しく(笑)

2017/7/12 17:18  [191-25771]   

 2381さん  

タイヤの実際の幅が気になり、
ミストラルのオリジナルタイヤ KENDA K-193 700×28Cの幅を測定してみました。
ホイールは、これもオリジナルのWH-R501です。

前輪 3.5Bar 29.4o
後輪 5.5Bar 30.8o

風船を思い浮かべれば 空気圧の違いにより幅(膨らみ具合)が違って当たり前ですが、
個人的には結構な差と感じましたので、ここに報告させて頂きます。

本スレッドの趣旨と異なるようでしたら何卒御容赦下さい。

2017/7/12 20:34  [191-25773]   

 usshanさん  

今日、ルビノプロ3から(まだ使えそうだったが2回ほどリアが軽く滑ったので)
新型ルビノプロに交換しました。ちょっと前に1本2,700円で購入済み。

http://www.wiggle.jp/vittoria-rubino-%E3
%83%AB%E3%83%93%E3%83%8E-pro-g-%E3%82%B0
%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%
83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8
7%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%BF%E3
%82%A4%E3%83%A4/


重量は、226g。23Cはカタログ値225gなので1g重い。

表面は、モチモチでなかなかいい感じ(コンチネンタルGP4000S2に似た感じ)

走行性もかなり良かったです… 30キロぐらいしか走ってませんけど…

あとは耐久性とか耐パンク性能は、分かり次第アップ致します。

2017/9/3 22:09  [191-26170]   

Vittoria - Rubino (ルビノ) Pro Speed G+ グラフェンフォールディングタイヤ 23c \4079
http://www.wiggle.co.uk/vittoria-rubino-
pro-speed-g-folding-graphene-tyre/


2本買いました。重量195g 188gでした。箱入りで250gだったので軽いと思ったけど驚異的な軽さです。まだ走っていないのでレビューはまた。

ついでに2日前に届いたビットリアウルトラライトチューブの重量。92g 91gでした。これは箱入り105g 188gのタイヤってこのチューブ2本分 軽すぎ!以上重量報告でした。

2017/9/21 14:53  [191-26520]   

 走るペンギンさん  

軽いですね!前モデルのルビノプロ3に存在した20cが190〜200gでしたが、23Cで同等以上の軽量化とは凄い。私も手持ちの新型ルビノG+の25cを使い終わったら次にと狙っていたモデルですので、引き続き道場長のレビューを楽しみにしています。

2017/9/21 20:37  [191-26523]   

まだ実験途中で完全なレビューはできませんが現在までにわかったことを報告します。

僕が今まで使った中で最も優秀なクリンチャー(WO)タイヤは
Vittoria Corsa SC Open Clincherです。SCは最新の型番はSC2ですが全く同じタイヤなので以後SC2と書きます。
http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/pic
ture/detail/ThreadID=191-11729/ImageID=1
91-4503/


今回、SC2とSPEEDを比較します。どちらも700×23Cです。
重量比較はSC2=216g RUBINO SPEED=190g
取り付け時の幅(2枚目写真)SC2=23.8mm SPEED=22.5mm
タイヤを平面にした時の幅 SC2=64mm SPEED=56mm(3枚目写真)ついでに書くとルビノプロ3 23c=58mm 25c=66mmです(4枚目写真)

現時点の総合的な感想を書くと、すべてにおいてSC2の方が上です。
SPEEDは重量は軽いのですが、走行感はSC2の方が軽いです。ゴムが道路にペタッとくっつくような感じがあり重いです、これはゴムが劣化して硬化したり、少し走り込むと軽くなるかもしれません。まだ100kmほどしか走っていませんが新品時よりは少し軽くなりました。

SPEEDのグリップはSC2より上でコーナーは、かなり倒して回れます、全然すべる感じがしません。
しかし安全性に不安があり、SC2みたいに命預けて限界まで倒すのはできないです。
この不安については3枚目の写真が全てを物語ります。
SPEEDは高さがとても低く、そのためリム打ちパンクが起こりやすいタイヤです。

最適空気圧を調べるために、いろいろな空気圧で走行実験をしましたがリアを5気圧以下にすると、100%リム打ちパンクします。歩道のような段差でもヤバイです。
SC2の場合は耐パンク性能が素晴らしく4気圧くらいの低圧でもリム打ちパンクはしません。段差や衝撃に強いです。しかしSPEEDは段差や衝撃に弱く、簡単にリム打ちパンクします。
ルビノプロ3なども低圧状態でパンクしにくいタイヤです。

手離し走行で、ちょっとした段差に入って、あまりにも簡単にパンクしたのでびっくりしました。
SC2ならありえないパンクでした。ここからひとつの教訓が生まれます。

SPEEDは6気圧以上の空気にしないとパンクを防げない。特にリアタイヤは絶対6気圧以上必要です。フロントは5気圧でも大丈夫そうな感じですけど、タイヤに体重をかけないように気をつけてのらないと、パンクします。

このリム打ちパンクが簡単に起こることがわかってから、山の下りの高速コーナーを命かけて突っ込むのが出来なくなりました。コーナーには石ころや砂が落ちていて、アスファルトは穴があきひび割れもあります。もし、その衝撃でコーナーを回っている時にリム打ちパンクしたら、100%こけます、そして運が悪ければ後続車に轢かれます。

ちょっと怖いタイヤだなあとビビッテます。
しかし空気圧を5気圧以上にすると乗り心地がとても悪くなります。このタイヤ5気圧以下だと乗り心地は素晴らしい。妥協の案として前5気圧、後6気圧で乗るのがベストかなと思います。
SC2は乗り心地のいいタイヤで、SPEEDは空気圧も高めにしないとダメだし乗り心地はかなり悪くなりました。

それとこれだけ重量が軽いのに走行感はSC2の方が軽く、平均スピードもSC2の方が出ます。なぜなのかなあと思うと、ゴム質とトレッド面の模様のせいかなと思います。少し減ってスリック状になれば、かわるかもしれません。これは新型コルサについても言えることですが、ゴム質がベタッと道路に食いついて、走行感が重いです。 グラフェンの特徴なのかもしれません。

とSC2との比較では、ダメだったのですが、ルビノプロとの比較なら、やはり断然軽いです。
リム打ちの不安要素を考えなければ、山の上りでリアスプロケギア1枚分軽いです。同じ峠を登っても疲れが全然違います。やっぱりタイヤ軽いわと思います。

これだけタイヤ軽いと90gのチューブが重く感じるのでラテックス使ってみたいなあと思います。
しかし、ラテックスは毎日空気入れないとだめなので邪魔くさいなあ。リム打ちもしやすくなるなあと思います。決戦ホイールのようにたまに使うだけみたいな使い方ならSPEED+ラテックスはいいでしょうね。ヒルクライムがすごく楽!

僕みたいにダート、穴ぼこ、石だらけの山道なんでも走るという人間には、ちょっと向いていないタイヤです。SC2が廃盤になり新型コルサもイマイチだったので、このタイヤ使えるかなあと期待したのですが、現状ではちょっと使える感じではありません。相当きれいな道でないと不安があるタイヤです。もうちょっと使い込んで意見が変わるかもしれませんが現状では、そんな感じです。

以上、100kmの途中レビューでした。(SPEEDはリム打ち考えると25cの方がいいかもしれません)

2017/10/1 23:06  [191-26692]   

道場長、レビューありがとうございます。

Vittoria Corsa SC Open Clincherが良いということなので気になったのですが、vittoriaのタイヤは規格を乱立しているのでよくわかりませんでした。

それでお尋ねしたいのですが、Vittoria Open Corsa CX(https://www.probikekit.jp/bicycle-tyres/
vittoria-open-corsa-cx-folding-road-tyre
/10777004.html
)というタイヤはVittoria Corsa SC Open Clincherとは別物なのでしょうか?

2017/10/2 06:27  [191-26697]   

別物です。しかし一番近いタイヤ。
Vittoria OPEN CORSA CX 3 700×23c¥ 4,400
http://amzn.asia/7irBAbc

Corsa SCは元はチューブラーでOPENというのはチューブラータイヤを開いたクリンチャーという意味です。WOタイヤとは製造方法が違っていて、乗った走行感はチューブラータイヤです。

SPEEDもルビノプロ3もWOタイヤでWOタイヤの走行感はいくら重量軽くしてもチューブラーよりは重いと今回感じました。僕はチューブラーで乗ってた時間が長い人間なのでチューブラーのフィーリングのSCの方が乗りやすいのかもしれません。(といっても今更チューブラーに戻ろうとも思いません)

SCの後継タイヤの新型コルサはオープンという言葉がなくなっています。
Vittoria corsa 700x23c クリンチャー
http://amzn.asia/5TUo4py

この重要さに気づかず4本買って僕は失敗しました。これはWOタイヤでSCのようなオープンチューブラーではないというビットリアの意思表示(名前変えろよまぎらわしい)。買う前にそこまで読み切れなかった僕が未熟者だったんですけど、オープンコルサとコルサは製造方法が違い、走行感もまるで違います。使ってみれば全然違うのがわかる。

じゃあ同じオープンがつくCX3とSCの違いは?これは製造年代も同じで走行感もほとんど同じです。ただ強度、耐久性、安心感がCX3の方が落ちます。グリップもSCの方が上だと思います。でも今市場にあるタイヤで最もSCに近いのはCX3なのでSCが廃盤になってしまった今、SPEEDもダメだったら、僕も次はCX3使います。

SCみたいな完成された、いいタイヤをどうしてビットリアは廃盤にするのか!。チューブラーの製法でクリンチャー作るのは高くつくのかな??シマノもそうだけど、いい製品はすぐ廃盤にされちゃうんですよね。

以上は、あくまで僕の独断と偏見の一意見です。ルビノプロ3の後継のG+は優秀でプロ3が寿命になったら、僕もプロ3からG+に移行します。しかしSCのようなオープンチューブラータイヤがなくなったのが残念です。

2017/10/2 10:58  [191-26698]   

道場長、返信ありがとうございます。

買おうかちょっと悩んでいたのですが、よく考えたら家にルビノプロ3の在庫がタップリありました。

ルビノプロ3に大きな不満は無いので、もう少し消費したら購入を検討させていただきます。

2017/10/2 16:23  [191-26702]   

 skogenさん  

Vittoriaのcorsaクリンチャータイヤは、G+シリーズになってラインナップが2つに統合されてます。

Corsa Speed G+ (Open TLR):オープンチューブラー&チューブレスレディ
Corsa G+:普通のクリンチャータイヤ

Corsa Speed G+はうーむ。。。さんが激賞してたタイヤですね。Tubelessホイールを入手できたら、Corsa Speedを試してみたい。

2017/10/2 18:51  [191-26704]   

ビットリアはそれぞれのタイヤの特性を非常に正直に公表しています。
https://www.vittoria.com/ja/tires-2/road
-tire/


それを正確に分析できるかどうかは使う人の分析力次第です。
僕も実際に今回新型になったタイヤを購入し実走して実験してみた結果、これらのビットリアの公表数値、図がとても正確だったことを実感しました。

代表的なタイヤの公表数値とチャート図をアップして補足します。ビットリアはチューブラーも同名ですが以下のタイヤは全部クリンチャーです。
写真の順番に1 コルサ 2 ルビノプロ 3 スピード 4 TLR です。

 順番に説明をします。
1.コルサ
 このタイヤは値段が高く僕は最初SCの後継タイヤだと勘違いし4本買いました。しかし走ってみると走行感が重く全然ダメでした。数値とチャート図を見れば、重量が重くダメなのがよくわかります。2のルビノプロより重い!

2.ルビノプロ
 ルビノプロ3の後継タイヤのルビノプロ、重量が軽く耐久性抜群で信頼性が上がっていることがわかります。ルビノプロ3も信頼性の高いタイヤでしたが、このタイヤは3より性能が上がり軽いです、今回の新型変更でもっとも、よくなったタイヤです。

3.スピード
 耐久性とprotectionを見ればこのタイヤの特徴がよくわかります。実走行でも全くこの通りです。特に耐パンク性能が低く、このprotectionでは一般道路を安心して走るのは難しいのがわかります。

4.TLR
 僕はチューブレスタイヤは使っていないので、このタイヤは使ったことがありません。しかし耐久性がSPEEDより低く、グリップも落ち、あんまり使おうとは思えないチャート図です。たぶんこれでは雨とか濡れた路面では全然ダメでしょう。重量もルビノプロとほとんど変わりません。しかし値段はルビノプロの倍くらいは高いはず。

以上 4つの例をあげましたが、新型になって僕が使ってみようと思うのは2番のルビノプロだけです。4番以外は実際に購入して実走行実験していますが「あかんわ、これ」でした。

ビットリアの公表データをもっと真剣に分析して買えばドブ捨てしなかったのになと反省してます。でもやっぱり、わかってても実際に使って確認したかな?

最後にSC2復活してくれぇ!ビットリアさん!と叫びます。

2017/10/2 21:46  [191-26708]   

 うーむ。。。さん  

まさにCORSA SPEED tubeless readyの乗り心地は非常に好みなタイヤですが、難しさもあるので、実を言うとそんなに使っていません。様々な条件下での万能性を捨て、特定の条件で勝ちに行くタイヤとして設計したのと思います。
パンクについては、自分はパンクしてませんが、パンクに弱いという話はあちこちで耳にします。逆に耐パンク性を犠牲にして、軽量性を追求した気がします。
グリップについては、以前、転がりは最高だけどグリップは最強ではない、でも十分と書いた気がします。転がり抵抗が小さく走っていて気持ちいいです。晴れの好条件下では必要十分で、倒したときや急ブレーキ下でのグリップの減少傾向も分かり易く、コントロールしやすい感じはします。
ただ絶対的なグリップはほどほどで急ブレーキだと滑るし、ウェットグリップは心許ないということで、普段使いには向かず、飛び道具系な感じ。条件の良い所では使いたいですが。。。レーサーの方はこれをどう感じるんでしょうかね。

いまの私の中でのチューブレスの位置づけはこんな感じ

・万能選手(ツーリングからレースまで)⇒Schewalbe Pro One。一回スローパンクしたけどシーラント充填で何とかなった。5000km。
・ツーリング⇒IRC Formula Pro RBCC(先代。現行はまだ使ってない) 3000kmくらい? 
・レースでの飛び道具⇒Corsa Speed TLR 走行感の気持ちよさは白眉だが、パンクが不安で常用できない。空気漏れは比較的多いのでシーラント入れても毎日要チェック。コスパは悪い。
・耐パンク性命⇒Hutchinson Fusion (3までしか使ってないけど、3万キロ走ってパンクゼロ。良いのに当たればノートラブル、でも空気漏れが酷い奴が多いし、比較的短期間にひび割れる。2013年製造以後は大幅改善したけど印象は悪い。走行感は好きではない。3はもう買うことはないですが、5でどう変わったのか興味はある。)

ということで、今の常用タイヤはSchwalbe Pro Oneです。特に好きな所は無いですが、嫌いなところも弱点もなく、消極的に安心感があります。
Formula Pro RBCCはちょっと重さと、ポンポン跳ねる感じがするのがロードバイク的に微妙な感じ。逆にそのポンポン跳ねるという感触は、ツーリング用途では衝撃をいなすという観点で身体への負担が少なく好印象です。もうちょっと空気圧を減らした方がいいのかも。25cの中でもちょっと太くフレームを選び、いま一番良く乗っている自転車では使えないので常用の座を奪えずにいます。現行の23cを試してみたいけど安売りを見ないのでまだ試せていません。

で、タイヤ比較に凝っていたときに沢山仕入れすぎた割に、この2年くらい、年間2000kmくらいしか走れていないので、タイヤが全然すり減らずに買い換え出来ないのが悩み。

2017/10/4 01:13  [191-26722]   

 skogenさん  

Corsa SpeedはTTに特化したタイヤみたいですね。という事は私には向いてないって事か。

オープンチューブラーという呼称は紛らわしいですね。クリンチャータイプのCorsaは重い順にCorsa Control, Corsa, Corsa Speedに分かれてますが(Corsa Controlは海外のみ)、どれもビットリアの定義からするとオープンチューブラーです。オープンチューブラーという標記を止めたのは(Corsa speed open TLRには残ってますが)、ユーザーへの訴求効果が失せたからかな。

Corsa Speedは特殊なタイヤのようですし、今のところ無印のCorsa G+を気に入っているので、しばらく浮気せずに使い続けようと思います。ただ、クリンチャーはパンクすると怖いし、技術的にはチューブレスのほうが正しいように思うので、変えるとすればチューブレスにしたいな。

2017/10/4 08:33  [191-26723]   

>Corsa Control, Corsa, Corsa Speedに分かれてますが(Corsa Controlは海外のみ)、どれもビットリアの定義からするとオープンチューブラーです。

この定義と分類書いている出典元、よかったら教えてください。
僕は指で触って材質の質感から、これチューブラー、これWOと直感で思ってます。
きちんとデータで定義されている情報があるなら知りたいです。教えてください、よろしく。

2017/10/4 10:56  [191-26726]   

 skogenさん  

出典を書きたかったんですが、はっきりと書かれていません。そもそも個々の商品説明からはオープンチューブラーという言葉が無くなってます。(Open TLRはオープンチューブラーとオープンチューブラー・チューブレスレディを掛けてるのかなぁって思ってます)

しかし、オープンチューブラーという技術をビットリアは今も誇っているようで、次のページの技術説明では現行のクリンチャー版はCorsaはオープンチューブラーだと読めます(ちなみに、英語版のサイトの説明も同じです)。

http://www.vittoriajapan.co.jp/vittoria_
all_products/vittoria_tires/vittoria_tir
es_technology/vittoria_tires_technology_
road/page/2/


また、現在のCorsaをチューブラーとクリンチャーの実物で比較すると、トレッドやケーシングの作りは同じです。ケーシングの上にトレッドが貼り付けられています。中にチューブが入っているかどうか、ケーシングを縫い合わせるかビード芯を巻き込むかが違っていて、それ以外は同じです。

とすると、Corsaのクリンチャー版はビットリアが言うオープンチューブラー(チューブラーと同じ製法で作ったクリンチャータイヤ)になります。

RubinoProのようなクリンチャーとの違いはビード芯、ケーシング、トレッドのゴムが一体成型されているかどうかだと思います。現行のクリンチャー版のCorsaはタイヤを開いた時にほぼ平らになりますが、RubinoProは丸まってます。

ビットリアはその違いをオープンチューブラーと呼んでいますが、クリンチャーはチューブを中に入れてホイールのリムで受ける、という構造なので、断面が真円では無くなり、力が均等に分散されないし、チューブがタイヤの中で動く可能性が高くなる。なので、オープンチューブラーでもクリンチャーでも結局は同じですよね。なのでなんか紛らわしい。

あと、G+版ではチューブラータイヤの製造方法が変わって、クリンチャータイヤに近づいているという事はあるかも知れませんね。なので、オープンチューブラーという呼称を止めちゃった。あるいは、紛らわしい名前なので販売代理店から文句が来たとか、ユーザへの訴求力が無くなったので止めちゃったとか、そんな事じゃ無いかと勝手に邪推してます。

2017/10/4 12:36  [191-26732]   

 m07035さん  

viperにrs-21でルビノプロ3という組み合わせなのですが、もう少し軽くて転がるタイヤが欲しいです。

このスレを読むと、普通のcorsaではなくopen corsa cx3が良いのですね。
このタイヤも、早く買わないと廃盤になってしまいますか??

2017/10/6 14:02  [191-26765]   

 うーむ。。。さん  

確かに今のvittoriaのサイトを見ても、Open Tubularって言葉がなく分かりづらいですね。
Open TubularはCorsaのクリンチャー版の代名詞となっているから敢えてコメントは不要と思ったのでしょうか?

探してみたら、フルモデルチェンジ時のプレスリリースを見つけました。
https://www.vittoria.com/wp-content/uplo
ads/2015/08/Press-Release-Corsa.pdf


Tubular and Open Tubular
The new Corsa has a tubular version as w
ell as an open tubular version.

とだけ書いてあるので、Corsaについては全部TubularとOpen Tubularかと。
#このPR後に出たものは知らない。

あと、ここでは TLRはOpen Tubularだと書いてますね。URLの中にも書き込まれてます。
https://www.vittoria.com/technology/vitt
oria-open-tubular-tubeless-ready/


Corsa Controlのクリンチャー版
https://www.vittoria.com/tire/corsa-cont
rol-2/

The open tubular version of the new Cors
a Control.
と書いてあります。

以上、なんでVittoriaがこんな書き方しているのか分からないのですが、今のところ何となく分かった範囲ではCorsaのClincherはOpen Tubularっぽいです。Rubinoとかはまだ分からない。

そういう私はTubularとOpen Tubularの違いは分かってもOpen Tubularと普通のClincherの違いがあまり分かってない。。。

2017/10/10 17:20  [191-26843]   

 skogenさん  

私もOpen TublerとClincherの違いが分かりません。。。

もしかしたらRubino Proにチューブラータイヤが加わったので、Open Tublerという呼称を止めちゃったのかも知れませんね。

Rubino Proチューブラーは実物を見たことが無いので分かりませんが(日本未発売かな)、もしトレッドとケーシングがクリンチャーとチューブラーで同じ作りだったら、ビットリアの定義としてはRubino Proクリンチャータイヤもオープンチューブラーと呼ばないといけなくなります。

で、手作り高級タイヤを謳うOpen Tublerという名前をRubinoProに付けると紛らわしいので止めた。(邪推は続く)

2017/10/10 18:00  [191-26844]   

 skogenさん  

m07035さん

OPEN CORSA CX3は廃盤で、売っているとしたら流通在庫だと思います。

転がりが軽いタイヤはBicycle Rolling Resistanceのデータを見ると良いです。

https://www.bicyclerollingresistance.com

転がり抵抗が極端に低いタイヤ(Corsa Speedの7WやGrand Prix TTの9.9Wなど)はTTなんかに特化した特殊なタイヤみたいです。グリップや耐パンク性など他の特性を犠牲にしていると思います。

Corsa G+は転がりが軽く、特に不満もなく気に入って乗ってます。リア7.2bar、フロント6.6barで乗っています。3000kmぐらい走りましたが、リアはやや摩耗し、真ん中のトレッドパターンが減ってきました。まだパンクは経験してません。

2017/10/11 08:13  [191-26849]   

tour-ney さん  

2017/10/16 13:51  [191-26937]  削除

 tour-neyさん  

新型ルビノプロ(G+)と旧ルビノプロ3について。

特に走りが変わったとかは感じませんでしたが、サボってた3本ローラーに乗ると...音が静か。でもそれ以前に...
走りが重すぎる。(6bar)1分でもう嫌気がさし降りました。とてもYoutubeに上げれませんでした。(ブレーキ効きっぱなしのような走り)

どなたか同じように感じた人はいますか?

2017/12/20 15:52  [191-27807]   

ルビノプロ(G+)→Vittoria(ビットリア) タイヤ ルビノ プロ [rubino pro] 700x23c クリンチャー 225g
http://amzn.asia/biEJZOE
ですよね。ルビノプロ3より軽いはず。もしかしてコントロールとか買ってません??
空気圧はルビノプロ3だと5気圧だけど新型ルビノプロは6気圧かな?+1気圧くらい必要です。グラフィンは乗り始めはベタッとくっつきます。100km走ってひと皮向けたくらいで軽くなってきます。がんばって!

2017/12/20 18:41  [191-27813]   

 tour-neyさん  
トレッドパターン コントロールの記載は無さそうですが...

道場長、ありがとうございます。
一応ウィグルで→http://www.wiggle.jp/vittoria-rubino-ルビノ-pro-g-グラフェンフォールディングタイヤ/

Vittoria - Rubino (ルビノ) Pro G+ グラフェンフォールディングタイヤ
ブラック/ブラック 700 x 23c 700c
となってます。
写真も出します。もう100km楽に越えたのに...
折角エアロバー付けたのに、バランス取れないしトホホ(;´д`)

2017/12/20 18:58  [191-27814]   

 tour-neyさん  

先ほど、チャットにて商品確認しました。ルビノプロでコントロールではないと返信を頂きました。

街道ではなにもないのですが...3本ローラーだと激重拷問。タイヤ買い直そうかな。(私の見分けられないスキルが許せない、コントロールというのは知らなかった(汗))

2017/12/20 20:13  [191-27816]   

 R.Ralさん  
ルビノプロコントロール

>tour-neyさん

コントロールならコントロールと書いてありますよ
(カギに隠れてて見づらくてごめんなさい)
安心してください、tour-neyさんのはルビノプロですよ
早く一皮剥けると良いですね
(この頃ミストラルに乗れず、距離が延びてない)

2017/12/20 21:10  [191-27819]   

 tour-neyさん  

R.Ralさん、ありがとうございます!今さっきパッケージとか一生懸命確認してました。おかしいなぁ、と言いつつ(笑)
コントロールは記載ありますか、良かった(;・∀・)写真まで用意してくださり感謝しますm(_ _)m

2017/12/20 21:54  [191-27820]   

 skogenさん  

上にリンクを張ったタイヤの試験サイトの結果では、転がり抵抗はルビノプロ3が13.4W、ルビノプロG+が14.8Wとなっています。

この差は体感できると思いますが、違いはごくわずかで、重くて走ってられないほどじゃ無いでしょうね。

わずか1分ぐらいしかローラーで乗ってないんですよね?だったらウォーミングアップが済んでないせいじゃ無いかな。筋力が付いてくると、暖機運転に時間が掛かるようになります。10分ぐらい乗っていたら楽に回せるようになるかも。

2017/12/21 13:08  [191-27823]   

 tour-neyさん  

skogenさん、ありがとうございます。単純に筋力が退化しただけという可能性も...

ほんと久しぶりに、ローラー乗りましたから。タイヤは11月入って装着してますので、まだならしかもしれません。(100kmは流石に越えてるでしょうけど。最近、坂もしんどいから筋力低下が有力)

2017/12/21 14:03  [191-27824]   

 小杉むさしさん  

CORSA G+の28mmが気に入ったので一生使う的なことを去年書いた気がしますが、結局3セット買ってやめました。2回トレッドが剥がれた。トレッドの中央がベロンと長さ3センチ幅5ミリ厚さ1ミリ弱くらいめくれたのが2回あり、買うのをやめました。

市街地で急ブレーキもかけるし、ローラー台でフルもがきもするし、バスの荷室にぶち込んで輪行もするし、丁寧には扱っていないので僕の使い方のせいかもしれないですけど、こんな風に派手にトレッドの剥がれるタイヤは初めて。工場の品質検査では大丈夫だけど、市場でいろんな使い方をされると問題があがってくる段階の製品なのかな。まだ商品として練れてない感じ。

それで最近はGP4000S2の25mmを使っているんですが、23mmとは違って硬い感じがなくなかなか好みです。タイヤって同じシリーズでもサイズなんかでずいぶん印象が違うものなんですね。しばらくはこれで行こうかな。

ディスクロードではチューブレスを試すつもりです。

2018/4/8 10:58  [191-29624]   

 イライアスさん  

CORSA G+ロットによるものなのか耐久性低そうですね。
トレッド剥がれはパナレーサーなんかだと結構あるので、僕はパナの軽いタイヤは買わないことにしています。

道場でも評判のSC2は耐久性も良かったんですが、結局の所オープンチューブラーはチューブラーと同じ構造なので扱いには気をつける必要がありますよね。

例えば、Veloflexレコードみたいに超軽量の決戦タイヤはトレッド自体が極薄で、ロックさせたらトレッド剥がれて一発で終わります。GP-4000sは、転がりと耐久性のバランスが凄く良く、迷ったらこれ買えみたいな安心感がありますね。

で、最近ちょっと変わってきているのが、以前は15cリム用の25cや28cだったのが、新しいタイヤは17cリム用になってきていることです。昔の15cリム用の25cを17cリムに入れると27cぐらいに太くなりますが、最近の新しいモデルだとちゃんと25cになります。今は過渡期で両方混在してるので、自分のリムサイズに合わせて買わないと、思ったタイヤ幅になりません。逆にそれを利用して選ぶと面白いとは思いますが。

チューブレスは何にされますか?今は増えてきたとはいえレディモデルが多いので、シーラント入れたくない人からすると増えた気がしません。

僕が買うとしたら無難なところで、フュージョン5ギャラクティックかなぁ。

2018/4/8 11:48  [191-29625]   

 skogenさん  

フュージョン5はYksion USTと同じコンパウンドですね。だと、印象がとても良いです。グリップもしっかりしていて、車体を倒してもタイヤ感が変わらない。乗り心地が良いけど、走行抵抗も低い。そんな感じです。

最近、コンチネンタルのGRANDSPORT race 25cに乗ってるんですが、乗り心地が良いです。ワイヤービードなので、クソ重くて350gもあります。チューブも120gのブチルゴム。さらにホイールも重いrs010。まさに鉄下駄。漕ぎ出しも、速度上げた時も重いけど、30km/hぐらいで走るには問題なし。乗り心地だけだとキシエリUSTと同じ感じ。

Corsa G+を履いたレーシングゼロは、ルビノ3を履いたRS21より乗り心地は良いんですが、やはり硬い。軽く硬く綺麗に進むホイールも良いけど、少し柔らかいタイヤ・ホイールも捨てがたい。贅沢言ってます。^^;

クリンチャーやチューブラーのCorsa G+を履いているのをいくつか見てますが、トレッドが剥がれたのはまだ見たことがありません。でも、チューブも含めてロット差の話は聞いたことがあるので、ハズレがあるのかも知れませんね。接着なので温度なんかも関係しそう。

うちのCorsa G+は4000kmぐらい走りましたが、後輪の溝はもう少し残っているので、あと2000kmぐらいは走れそうです。トレッドの接着も綺麗で問題なし。

使い終わった古いCorsa チューブラーなんかを見ると、トレッドがコットンケーシングから剥がれかけているのは見ます。チューブラー製法の宿命?

2018/4/9 08:07  [191-29644]   

またひとつ余計なものを買ってしまった。新型のビットリア、ルビノ、コルサシリーズがイマイチ合わないので古いルビノプロ3とコルサCXを買いだめしました。これで2年位耐えられる。

本当はオープンコルサSC2が欲しいんだけど、入手不可能で、現時点では最善のCX3を購入。新型コルサがもうちょいましならCX3買わなかったのになあ。

次の新型(4年位先??)ではルビノプロ3やオープンコルサSC2並のタイヤが復活して欲しいなと期待しています。シマノもそうだけど、新型こわい時代!

2018/4/16 08:03  [191-29776]   

 m07035さん  

道場長は、定番のコンチネンタルグランプリ4000s2は使用されませんか?
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B015S81
W9G

2018/4/16 11:02  [191-29780]   

4000s2一度使いました。いいタイヤだと思います。ただ僕としては少し重かったのとひび割れが出たので後輩に譲ってリピートはしませんでした。

ビットリアのグリップで走りを組み立てているのでタイヤの銘柄変更は勇気がいります。
ルビノプロ3とCX3がなくなったら4000s2、もう一度買うかもしれませんけど・・・・。

2018/4/16 11:50  [191-29781]   

 kagi.comさん  

WilierGTR買ってからRS21+ルビノプロ3+ウルトラライトチューブで、8.000kmの時に一度だけ小さな釘を踏んでパンク。
交換もルビノプロ3です。

13,000km時に落車してゾンダ17C+ルビノプロG(700×25)へ
(ルビノプロ3が無かった)思ったより軽く感じません。

これはゾンダ17Cでの700×25が影響してますか?

ゾンダ17Cに700×23は邪道になりますか?


2018/4/16 12:22  [191-29782]   

 ヘラーマンさん  
タイヤ適合表

kagi.comさん

これは安全に関わるため、返事が難しい質問です。

公には
カンパニョーロはC17リムには幅25mm以上を推奨。
シマノのC17リム(WH-9000-C50等)は、23〜28mm推奨とされています。

これだと、C17リムで23mmがいけそうに思いますが、企画上はタイヤの適正幅はリムの内-内幅の1.4倍以上と決められていて、C17といえどリムの内幅が微妙に異なるためだったりするので何とも言えません。例えばC17リムでも内幅が16.5mmのものもあり、この場合は規格上でも23Cも大丈夫になります。

ただし、保証外ですがメーカーによっては、問題はないと言ってくれるメーカーもあるようなので、一度、カンパニョーロジャパンに問い合わせしてみてはどうでしょう?

あとタイヤの銘柄によってもビードの外径が違ったりしますので、私だったら問い合わせした後、とりあえず装着しいろんな空気圧でC15リムとのビードの上がり具合の違いなどを確認して念入りに判断しますが、人によって装着スキルとか判断のスキルが違うため、単純にはお勧めできません。


参考までにシュワルベの適合表を載せておきます。
http://www.g-style.ne.jp/uploadimg/faq/5
58a5cb6788f3.pdf

2018/4/16 18:25  [191-29784]   

 kagi.comさん  

〉ヘラーマンさん

難しい質問に答えて頂きありがとうございます。

カンパニョーロでは推奨してないのはやはりそれなりの事情があるんですね。

安全に関わる問題との事で無理に23Cを付けないことにします。

ここのスレで23C用のチューブが25Cに使えるとしって質問した次第です。

タイヤとチューブでは企画が違うのがわかりました。 

ありがとうございます。

2018/4/16 20:17  [191-29785]   

 skogenさん  

空気圧はどれぐらいで乗られてますか?
ここの書き込みを見る感じでは、ルビノプロG+は空気圧を上げないと走行感が重くなるようです。

私の体重(64kg)だとルビノプロ3は5.2barから乗ることができますが、普段は6barで乗ってます。いつも乗っているCorsa G+は7.2barです。所有して、乗り比べたタイヤは10種類もありませんが、5.2barで乗ることができるルビノプロ3が例外な感じがします。

カンパのカタログでは、zondaのC17リムの適合タイヤは25c以上です。ETRTOの業界規格です。

そして、ヘラーマンさんが言われている通り、安全上の問題で、狭いタイヤを装着するとリムから外れる可能性があります。速度が出ている下りのコーナーなんかでタイヤが外れたら死ぬ可能性もありますから、規定は守るべき、としか言えません。

25cのルビノプロ3の流通在庫を探すという手もあります。23cと25cをしばらく乗り比べましたが、乗り心地や走行抵抗が少し変わるものの、同じ空気圧で乗れてました。

2018/4/17 00:50  [191-29791]   

 ヘラーマンさん  

では25Cを使う条件で、現状でできるだけ改善できる対策を考えてみましょう。

お金のかからないものから順番に

1・空気圧を上げる
2・軽量チューブを使う
3・タイヤそのものを軽量で転がりの軽いものに変更

1の空気圧はshogenさんも言われていますが、現状が5〜6barと低めの場合は、6〜7bar程度に1割りほど上げてみてください。これで改善されればベスト。

2の軽量チューブは、パナレーサーのR'Airを使うことでヴィットリアのウルトラライトなどのノーマルチューブから約15〜20g程度軽量化できます。また、このチューブはしなやかなので圧を少々上げても乗り心地が固くならないので、1で空気圧を上げて転がりが改善されたけど乗り心地が悪くなった場合にも有効です。他にはラテックスチューブもありますが、ラテックスは転がりと乗り心地は最高なのですが、値段高く取扱がかなりシビアなのと寿命が短く普段使いには向いてません。

3のタイヤ交換案ですが、新型のルビノプロそのものに不満がある場合、ルビノプロからの変更だとクリンチャーで転がりが低く耐久性も含めるとGP-4000S2がお勧めです。25Cでも225gで重量はルビノプロ23Cの230gとおなじぐらいで、ルビノプロ3より走行感は軽いです。GP-4000s2は耐久性&耐パンク性能も高く、転がり抵抗の低さでもかなり有名なタイヤです。8000kmは十分に走れます。

2018/4/17 11:23  [191-29797]   

 ヘラーマンさん  

追記

書き忘れてましたが、GP-4000S2買う時は必ずオールブラックを買って下さい。
カラータイヤにすると重量が重くなります。

2018/4/17 11:27  [191-29798]   

 m07035さん  

ヘラーマンさんは、23C派ですか?
僕も当分23Cで行きたいのですが、ホイールのC17化のようにタイヤも25Cが主流になってくるのでしょうか?

2018/4/17 14:17  [191-29804]   

ヘラーマン さん  

2018/4/17 17:02  [191-29805]  削除

 ヘラーマンさん  

m07035さん

私は太いタイヤはもっさり感がありあまり好きではないので21〜23cタイヤを使ってます。

ただ、ほぼ全てのホイールメーカーがC17以上のリムにしてきている以上、タイヤメーカーは25c以上を主流にするしかないと思います。でも、ようやくC17に対応した25cタイヤが出てきた感じですので、まだしばらくは23cでタイヤが選べないことはないと思います。

買い置きしている23cタイヤを使い切っったときに、23Cの良いタイヤがなくなっていれば25Cを買えばいいだけのことで、C15リムが使えなくなるわけでもないので使える間は細いタイヤを使うつもりです。

25cが主流になるころには、25cで軽くてバランスの良いタイヤが出ている様な気がするので今のところは楽観視しています。

それより問題は、アルミのC17リムの完組ホイールを買う気がしないことです。なにか技術革新があればいいのですが・・

2018/4/17 17:07  [191-29806]   

 ヘラーマンさん  

kagi.comさん

一応ポジティブなことも載せておきます。
でもこれは勧めているのではないので、もし不味ければ削除します。

・DTswissではリム内幅15〜17.9mmまで20cから使えることになっている
・EASTONではリム内幅19.9mmまで23cが使える
・GP-4000S2の23cの幅は実は24mmぐらいある

EASTON
https://www.eastoncycling.com/media/East
on%20Rim%20pressure.pdf


DTswiss
https://dycteyr72g97f.cloudfront.net/upl
oads/WXD10000000866S/MAN_WXD10000000866S
_WEB_ZZ_001.pdf

2018/4/17 17:53  [191-29807]   

 kagi.comさん  

返信遅れました。

空気圧は私の体重が55kg~56kgなので、乗る前に6.5にしてます。

ルビノプロ3の時は入れて6で気付くと5前後なってました。

タイヤは700×25CのGP4000S2をすでに準備してますが、ルビノプロGがまだまだ減ってないので交換は躊躇してます。


正直、RS21+ルビノプロ3 23C の時とゾンダ+ルビノプロG 25CでAVは殆ど変わらないのが現状です。

それでもクランクをアルテR8000から105FC5800に戻してから楽しく乗れてるので 安全を考えて無理に23Cのタイヤを使わなくても良いと思いました。




2018/4/17 20:25  [191-29808]   

 R.Ralさん  
トレッド中央剥がれる前兆? 側面のひび割れ 溝部のひび割れ 溝部のひび割れ2

ルビノプロコントロール(25c)が使用6か月、走行2000km以下、空気圧6〜6.2キロ位でひび割れが始まりました
主に室内か屋根付き保管(雨ざらしはありません)
トレッド面も剥がれそうな感じです

同時に購入したもので2か月半使用したものは今の所何ともありません(走行距離は1台は100km以下、もう一台も200km位なので走行距離は極端に少ないですが)

すぐに剥がれないかもしれないですが、レンタル用自転車なので万一の事を考えて、一応ストックしていたコントロール新品に交換しました
(フロントはプロ3、リヤにコントロールなのでリヤだけ交換)

ルビノプロ3では1年以上使っても剥がれそうなど、こういう風にはならなかったので手に入る内に買い増ししてリヤにも使おうか考え中です

グラフェンが良くないのかな?

2018/4/17 22:28  [191-29810]   

僕も一応新型ルビノとコルサを一通り買って実験しましたが、フィーリングがイマイチ合わず、なんとなく重くて、結局全部やめました。

それで古いルビノプロ3とCX3を買い占め使っています。
何が悪いのか原因はわかりませんが、とにかく悪い、使いたくない。
特に3本ローラー乗ったら、かなり違和感出ます。

CX3はSC2より耐久性が落ちますが消去法で選ぶとこれしか残らないので今はこれ使っています。

RS21でもCX3+ラテックスチューブにすればデュラ9100ホイール+ルビノプロ3と走行感はほとんど同じです。CX3もルビノプロ3も空気圧は5気圧で乗れます。僕は4〜5気圧で乗ります。6入れると乗り心地悪くなるので5以下で走ってます。かなりひどい段差や穴にはまるとリム打ちパンクしますが、それ以外なら4くらいでも問題なく走れます。新型のグラフィンは6以上にしないとタイヤがたわんでまともに走れず、7にすると乗り心地悪くちょっとやってられない感じでした。

あんまり空気入れて走りたくないので新型使えませんでした。
耐久性については、すぐ使うのやめたのでわかりませんがゴム質があまりよくないので寿命は短いかもしれません

2018/4/18 00:11  [191-29812]   

 skogenさん  

1年ちょっと前に買ったCorsa G+は5000kmぐらい走ってますが、問題なく使えています。あと2,3000kmは走れそう。

何ヶ月か前にウルトラライトチューブのエア漏れの不具合がありました。小杉むさしさんのCorsaのトレッド剥がれの話もあったので、品質管理や製造上の不具合が起きてるのかも知れませんね。買い替えはしばらく様子見かな。

2018/4/18 08:09  [191-29813]   

 tour-neyさん  

>特に3本ローラー乗ったら、かなり違和感出ます

そういえば、私前に言ってましたね...ルビノプロ3の5気圧とルビノプロの6気圧は全然ローラーの重さが違いますよね。8気圧入れれば(といっても空気入れるの結構大変)
バイパーにRS21(+現行ルビノプロ)付けようと思ったら、ヒビが酷いなぁ(汗)ホイールとタイヤも入れ替え確定です...

2018/4/18 22:51  [191-29823]   

ヘラーマン さん  

2018/4/20 11:20  [191-29842]  削除

 ヘラーマンさん  

今、CRCでルビノプロフォールディングが特価になっています。たぶんルビノプロ3だと思います。

23c、25cとも在庫ありで1本1,569円はなかなか安いと思います。4本買えば送料無料。
すぐなくなると思うので、必要な人は是非!この値段は最後のチャンスかも?

http://www.chainreactioncycles.com/jp/ja
/vittoria-rubino-pro-road-bike-tyre/rp-p
rod31765

2018/4/20 11:22  [191-29843]   

 R.Ralさん  

>ヘラーマンさん

情報ありがとうございます
ちょうど買おうか迷っていた矢先でした、さっそく注文いたしました

2018/4/20 13:08  [191-29845]   

 tour-neyさん  

買い物の最中、m501なんか今日速いんですけど...うーんメーター読みで1-3km/h速い。
...と思ったら、WH-RS21+ルビノプロ(現行)からWH-RS010+ルビノプロ3に変更してたことに気付く。

疎い私が気付く位違うようですね。ホイール重くなってグレードダウンの筈が(汗)
空気圧は、ルビノプロは5-6.5気圧。ルビノプロ3は4-5気圧です。バイパーの空気もうちょい入れます(RS21はバイパー履いてる)( ´-ω-)アルミフレームにしなくて良かったぁ...

2018/4/20 18:39  [191-29847]   

 kapa_さん  

ヘラーマンさんはじめまして。

情報ありがとうございます。
私も早速注文しました。

遅くなりましたが、ヘラーマンさんの復活すごく嬉しいです。
過去スレを見てると数多くの為になる書き込みがあるのに、最近のスレではお見掛け出来ず寂しく思っておりました。
これからもよろしくお願いします。

2018/4/20 21:05  [191-29851]   

 稲刈りさん  

いつもお世話になっております。

Vittoria Rubino Pro 3

merlincyclesで在庫が復活しているのに気づいて

https://www.merlincycles.com/vittoria-ru
bino-pro-3-folding-road-tyre-47115.html


wiggleを覗いたところ、

http://www.wiggle.jp/vittoria-rubino-ルビノ-pro-フォールディングクリンチャータイヤ/

wiggleでも在庫があり、送料込みではwiggleの方か安かったのでwiggleで購入し、本日届きました。

購入手続き後、CRCでも在庫があり、wiggleよりも安かったので、価格保証を申請して差額を返金してもらいました。

以前、merlincyclesで購入したRubino Pro 3は タイヤに印刷されている Rubino Pro の色が黄ばんでいたので、merlincyclesからの購入は躊躇してしまいます。

wiggleから届いた商品のパッケージは間違いなく Rubino Pro 3 だったので
wiggleにCRCとの価格保証を申請して購入するのもありだと思います。


この4月で51歳になったので、アイコンを50歳以上にしたら、一気に老けてしまいました。



2018/4/20 22:29  [191-29853]   

僕も25Cのルビノプロ3欲しいので買いました。コルサCXはAmazonの方が安いかな。

2018/4/20 23:35  [191-29854]   

 ヘラーマンさん  

kapa_さん、はじめまして、お役に立てたようで何よりです。

最近だと皆さん私以上にスキルあがってるし、出る幕ないかな〜なんて思っていただけに、応援コメントいただけると嬉しいですね。
完全復活とは言えませんが、みなさんに有益な情報あればボチボチ書き込みたいと思ってますので、こちらこそよろしくお願いしますね〜


今回のルビノプロ結構売れてそうですけど、まだ在庫ありますね。しばらく大丈夫なのかな?
この値段は1週間だけみたいですけど、1500円程度で買えるタイヤがあると助かります。
25Cもクロスバイクなんかでラフに使えるので重宝します。後輪だけ25Cとかでもいい感じです。

2018/4/21 11:43  [191-29858]   

 kagi.comさん  

ヘマーランさん

こんばんは

私もルビノプロ、2セット発注しました。。

ありがとうございます。

2018/4/21 22:18  [191-29871]   

 skogenさん  

tour-neyさん
> メーター読みで1-3km/h速い。

風向きが違う、に一票。
と言いたいところですが、Bicycle Rolling Resistanceのテストで走行抵抗の値を比較すると、Rubino Pro 3が13.4W、Rubino Pro G+が14.8Wです。この差は分かると思います。

というのは、Corsa G+は12.2Wなんですが、乗った瞬間に軽く転がるのがはっきり分かるから。

ただ、1Wぐらいの差で平均速度が変わるかというと、私の経験では誤差以上の差は出るようには思いません。例えば、ave 25km/hと28km/hで走るのに必要なパワーはかなり違います。その差は1.2Wよりずっと大きいです。普通に走っていると風向きの方が効きます。

kagi.comさんもRubino Pro3とG+でaveは同じと書かれてますし、走行距離50kmぐらいの平均速度がどれぐらい変わるかというのも大事だと思います。あと乗り心地とグリップ。とは言っても、転がりが軽いタイヤは乗っていて楽しいんですよね。この辺りの感性評価と、パワー評価が難しい。

2018/4/22 16:54  [191-29880]   

 tour-neyさん  

skogenさん、ありがとうございます。風向きはあると思います。さらにアベレージスピードが変化したわけでもありません。データも裏付けてるし...結局乗り手の問題ですね(;・∀・)バイパー意味無し、ママチャリペースで楽しむという(早いペースは持続不可だったので、スローライフにした)


なんで今まで歯を食いしばって乗ってたのか(・・;)ということ、
ルビノプロ3に交換後 30km/h巡航で4km走ったけど、25km/h壁が無いですね(汗)

まぁ、風向きでひっくり返りますね(爆)

というわけでルビノプロ3を、無理して買いました(なんで?!)。支払い(カード払い)出来るかしら!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!


ヘラーマンさんの情報に感謝します(*^^*)

2018/4/22 17:28  [191-29881]   

 kagi.comさん  

最近、ルビノプロGからゾンダC17+GP-4000S2+ラテックスチゥーブにエア圧7.5barrelで乗り出しました。


7.5barrel入れると固さを感じて路面が悪いとゴツゴツ走ってる感じが大きいです。

すると少し距離を走ると手のひらが痺れて来ます。

ルビノプロ3で6barrel以下で走ってた時は1度も痺れを経験したことはありません。


GP-4000S2のエア圧指定が7~9barrelなのとラテックスチゥーブのエア圧も高い方がパンクに強いと思ってますが、

これは乗り方で改善するものなのか?

体重が55kgと軽いのでエア圧を少し落としても良いものなのか悩んでます。

2018/4/23 12:56  [191-29885]   

 ヘラーマンさん  

kagi.comさん

空気入れすぎです。私もほぼ同じぐらいの体重ですが、
GP-4000s2はR'airの場合で前52psi後ろ56psiまで落としても大丈夫でした。3.8Barぐらいです。通常は4〜5Bar(前55,後60psi)程度で乗ってました。
このぐらいにすると一番乗り心地が良い感じですが、走行スキルの差や路面の荒れ具合も個人差があるため心配な方は6Barぐらいから試してみて下さい。この値は23Cの場合なので25Cはもう少し低くても大丈夫だと思います。Viperだと前60psi入れると振動きつかったです。

あと、ラテックスだと柔らかいのと空気抜けが早いため、長距離走る場合は帰ってくる時間を考え1割とか多めに入れますが、6Barも入れたら十分だと思います。(私は6Barはラテックスでも入れないですが)あと前は荷重が少ないため空気量も後ろより少なめにすると手の振動が減り快適です。

それとエア圧は、リム打ちしない程度入っていればパンクのしやすさは関係ないです。逆に高いとタイヤが痛みます。私ははじめてのタイヤを使う場合は普段使う空気圧より少し高めから走行中にだんだん下げていって一番美味しいところを確認しています。乗り心地が問題なくて走行感が重い場合はさらに上げたりもして確認します。タイヤに付いている指定空気圧はどこまで入れられるかだけの参考値としてしか見ていません。

2018/4/23 13:44  [191-29886]   

 tukubamonさん  

55kgで7.5barは入れすぎじゃないですかね。

私はGTRにzonda c15 GP4000S2 23Cを7barで乗っています。体重は65kg
それでもフレームとホイールの関係で柔らかく感じます。

GP4000S2は23Cでも24C相当になるようですので、乗り心地は良いと思います。後は好みの空気圧を探すだけ。

2018/4/23 13:49  [191-29887]   

 ヘラーマンさん  

それと走り出して硬いと思ったら、信号待ちとか途中で停めて少しプシュッと空気抜けばいいです。圧力計の正確さもまちまちですし、その日の体調によっても少し変わるので自分を信じて体感で調整してみてください。

あとラテックスはどれだけ丁寧に扱っても、寿命は短いので覚悟しておいて下さい。リムとの当たり面が走行中の摩擦で伸びてきて経年劣化でいずれパンクします。乗り心地と転がりは最高なんですが、私の走行条件だとタイヤ代より高くつくためにやめました。

2018/4/23 14:00  [191-29888]   

 kagi.comさん  

〉ヘマーランさん

〉tukubamonさん


ありがとうございます。

何もかも勘違いしてたようです。

やはりどうみても入れすぎですね。

ラテックスチューブ初めて使うのでエア漏れの方に気がいってました。

乗り心地が良いからとラテックスチゥーブにしましたが、使い方を誤ってました。


2018/4/23 19:44  [191-29889]   

僕は体重は78kgくらいありますけど、空気圧はいつも4気圧くらいで乗ってます。特にパンクすることもなく普通です。6気圧入れることはまずないです。RS21でも4気圧くらいで乗れば、硬いというイメージはないと思います。

相当ひどい穴ぼこはまった時は、特に手離しで乗ってる時に穴にはまるとリアがリム打ちパンクしますけど2年に1回くらいかな。いつも自転車浮かせるので段差でも穴でもパンクはしません、真っ暗で穴が見えなかったり、山の下りで時速50kmオーバーでコーナー回ったところに穴があったり、そういう時は見事にリム打ちパンク。でも滅多にないので乗り心地悪くなるような空気圧にはしません。僕のタイヤは1年乗ってもタイヤの幅は太くなったりはしません。

僕みたいな80kg近い人間でも4気圧で乗ってて問題ないですから、みなさん空気入れすぎ。

あとみなさん大きな勘違いをしているのは推奨空気圧

あれは「自転車に乗っている間だけ使えるMAX空気圧」のことで、乗らずに置いておくことができる空気圧ではありません。

たとえば競輪のチューブラータイヤはラテックスチューブで、とても薄く一晩高圧で放置すれば太く伸びて即ゴミになります。レース直前に高圧にし、ゴール後、すぐ空気を抜きます。
競輪の場合推奨空気圧は10気圧以上ですが、これはレースで走ってる間の空気圧のことです。

「入れたまま放っておける空気圧」のことではないので、くれぐれも勘違いしないように。
自転車競技をやってない人は「タイヤの空気圧管理方法」を教わる機会がなく、高圧のままタイヤを何時間も放置し、タイヤの寿命を縮めてることが多いので注意しましょう。
 こういうことはメーカーは即ゴミになった方が儲かり、自転車屋も儲かるので誰にも教えません、レース用タイヤの扱い方を知らない、ド素人の言うことをマジ受けして、タイヤを即ゴミにしないようにね。

2018/4/23 20:37  [191-29892]   

 kagi.comさん  

今夜、エアー管理忘れてナイトポタしました。

なんかとても乗り心地が良いなーと思って帰ってからエアー圧測ると5barrelでした。


結論、これから低圧(長距離りで6、普段乗りで5barrel)て乗ることにします。

ルビノプロ3では乗り出し6barrelで15,000km走って1度しかパンクした経験無いので低圧信じて乗ります🎵

2018/4/24 00:56  [191-29901]   

 鶏 泰造さん  

タイヤの空気圧に関しては、ポンプメーカーのSILICAが面白い実験結果を公表していますよ。
https://silca.cc/blogs/journal/part-4b-r
olling-resistance-and-impedance


バンクのようなスムーズな路面はともかく、公道では、必ずしも「高いほうが転がり抵抗が小さくなる」わけではないことがわかります。

ちなみに私は体重67〜68kgですが、前5.8bar/後6barぐらいがいちばん快適に感じます。

2018/4/24 08:42  [191-29904]   

僕は空気圧計をあんまり信用していなくて最後は指で押して確認しています。だから数値はアバウトかもしれません。時々これでOKと思った空気圧を計測すると4気圧60PSIくらいなので普段乗ってるの4気圧だと思ってるだけです。

空気ポンプのメーターはバラツキがあり、同じトピークジョーブロスポーツポンプでも個体で同じ75PSIが指で押すと硬さが違い、このトピークポンプは75では入れすぎ、こっちは75PSIでベストなどなど、空気ポンプごとのバラツキにあわせてメーターを読みかえて使っています。
結局最後は人間が指で押して確認するのが一番正確。

メーターはあんまり過信しない方がいいです。

ヘラーマンさんが書かれていますが
「信号待ちとか途中で停めて少しプシュッと空気抜けばいいです。」
これ僕もよくやります。メーター見て、75PSI入れて走り出すと硬すぎ、そこで止まって空気抜く。メーター邪魔なので携帯ポンプはメーター無しの使っています。

高圧になるとタイヤが滑りやすくなり、ロックもしやすくなります。いいタイヤは低圧でも走りやすいです。6とか7とか入れないと走れないタイヤって性能が低く品質落ちるので、あんまり使いたくないです。だからルビノG+もやめた。

★空気入れって自転車整備の最難関職人芸なので、みなさまも楽しく挑戦してください。

2018/4/24 09:50  [191-29905]   

 やすりおさん  

ポンプメーカーのSILICAのページ拝見しました。
非常に面白いデータですね。

道場長や皆さんが言われている通り、町中での高圧はデータを見てもメリット全く無いですね。

グラフ見ると7から7.5気圧近辺から転がり抵抗が急激に悪化しています。

また、悪路ほど低圧にしないと転がり抵抗が悪くなるということは、
恐らく転がり抵抗って、通常の変形の他に、タイヤが跳ねたり着地した際の変形も悪化の原因になるのだと思いました。
また、ペダリングが未熟で上下方向に力を加えた場合も転がり抵抗をすごく悪化させそうですね。


しかし、転がり抵抗の低下って25cのキャッチフレーズみたいになっていますが
25cと23c、舗装路では実際のところどっちが速いのでしょうね?
転がり抵抗は25cの方が低いみたいですが、重量や空気抵抗は23cの方が良いですし、
28cと23cの乗り比べでは確実に23cの方が速く感じます。(25cは乗ったことがありません)


台形の23cだせば転がり抵抗、空気抵抗、重量の全ての面で速くなりそうな気がしますが、
ビシネス的においしくないのででないのかなぁ。。。

2018/4/24 10:11  [191-29906]   

 skogenさん  

やすりおさん
> 台形の23cだせば

昔(40年以上前)、ブリジストンが断面形状が台形のトリアルタイヤってのを出してました。ロードマンになると三角形に近いニュートリアルタイヤになります(記憶曖昧)。効果は、、、無かったように思います。^^;

話を現代に戻して、、、
私が25cに乗り始めてすぐに感じたのは、アスファルト道の小さな凹凸を感じなくなる、という事でした。そういう意味の転がり抵抗・路面抵抗は小さくなっていると思います。ただ、漕ぎ出しの時は僅かにもっさりしてます。

2年ぐらい前に次のスレの真ん中辺り(2016/8/15 )で理屈捏ねと実走のレビューをしてます。タイヤはルビノプロ3。(C17リムで23cを履くという禁じ手をやってます。複数のパーツを同時に交換すると、乗り味の変化の理由が分からなくなるので、一つずつ交換してます)

http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-20088/


空気圧については、私は高めで乗っています。
25cは23cよりも路面の荒れを感じにくいので、高圧で乗れます。また、ホイールやフレームとの相性や好みが出ると思います。

タイヤ幅、路面、フレームで適切な空気圧が変わるのは、振動の振幅や周波数に違いが出るせいだと思います。ルビノプロ3 23cを履いたRS21(フロント)は、カーボンフレームだと5.2barで快適でしたが、クロモリフレームだと6bar近くに上げないと振動が不快でした。カーボンフレームもクロモリフレームも千差万別なので、一般論ではありません。

体重64kgの私の空気圧の決め方(カッコ内はルビノプロ3 23cの数字、Corsa G+ 25cだと0.5barぐらい上)

まず上限と下限を決めます。
上限:小さな段差や細かな凹凸で硬いゴムまりが弾むような感じになる空気圧(7bar)
下限:小さな石をパチンと弾かなくなる空気圧(通常はここが快適な空気圧で5.2bar)

転がり抵抗を小さくしたい時は上限と下限の間で我慢できる限界まで空気圧を高くします。(6.5bar)

空気圧を下げて5barを切ると緩やかなピッチの上下動が大きくなり、登りでダンシングをして、後ろタイヤを振ったときにずりっと横にずれる感じになります(やや怖い)。

上限側で空気圧が我慢の限界を超えると、細かな振動が手に伝わってきます。ここまで空気圧を上げると、上下動のロスが増えると思います。

2018/4/24 12:08  [191-29908]   

 やすりおさん  

skogenさん

>昔(40年以上前)、ブリジストンが断面形状が台形のトリアルタイヤってのを出してました。ロードマンになると三角形に近いニュートリアルタイヤになります(記憶曖昧)。効果は、、、無かったように思います。^^;

40年以上前に存在していたのですね。。知りませんでした。

25cに関する過去ログも拝見しました。
自分自身、スピードよりは、快適に遠くへ行きたいという気持ちで走っているので
振動の少ない25cの方が自分の走り方には合っているかもしれないと思いました。

情報ありがとうございました。

2018/4/24 16:34  [191-29911]   

 tukubamonさん  

タイヤの転がり抵抗のグラフ興味ありますね。
経験的に7barを基準にしていたのもあながち外れでは無かった。

私もルビノプロ3の20C 23C 25CをRS21で試してます。
乗り心地、転がり抵抗とも25Cでも遜色ない感じでした。

空気圧は6.5bar。
6barにすると山を何本も上がると足が辛いので、抵抗はあるだろうと思います。乗り心地は良いけどね。

ルビノプロに関しては乗り心地の良いタイヤではないので、25Cの方が快適に感じました。GP4000S2だったら23C

あくまて私の使用環境。山での使用限定になります。さらに乗り心地の悪いアルミフレーム。
平地なら6barくらいでも良いかも知れませんが、足が辛くては乗り心地以前の問題。

2018/4/24 17:49  [191-29912]   

 skogenさん  

トリアルタイヤで検索すると、当時の広告が出てきますね。

「走行パワー5割アップ」って、ものすごい宣伝文句。
出力200Wの人が300Wになる訳ですから、とんでもないパワーアップです。
今もあれば乗ってみたい。^^;

当時はパワー測定って難しかったはずです。
センサなんか無い時代ですし、ディジタルの計測器も無かった。歪ゲージでタイヤに掛かる負荷を測定して、アナログのメータとかオシロスコープとかペンレコーダで記録して一定値になるように調整。サーボモーターとか簡単には使えなかったでしょうから、普通のモータで頑張って速度を維持して、モータの消費電力を測定した。

いや、5割なんて適当な数字でしょうから、接地面積かなんかで計算したのかな。

もしかしたら、実際に人が走って、タイムを計測したのかな。

古き良き時代ですね。

2018/4/24 18:35  [191-29913]   

 やすりおさん  

tukubamonさん

GP4000S2も良さそうですね。
GP4000S2は24c相当とのことですので私にはちょうど良いかもしれません。


skogenさん

私もトリアルタイヤを検索してみました。
なんかすごい形してますね(大汗)
怖くてコーナー曲がれなさそう。。
台形はだめそうですね。。。。

2018/4/24 19:23  [191-29915]   

 走るペンギンさん  

「走行パワー5割アップ」で思わず吹きました(笑)。確かに古き良き時代の雰囲気が漂うキャッチコピーで一度は試してみたいかも。

私はルビノプロ3で5.0〜5.2bar、GP4000s2は少し上げて5.5〜5.7です(体重56kg)。やや高めにしてもGP4000s2はしなやかな走行感ですね。ルビノプロは昔の芯がある感じから、2→3→G+と段々柔らかさを増してきてるのでしょうか。

あと雨の日にコーナーを同じように回ったらGP4000s2の方が先に倒れました。Σ(゚Д゚ υ) イタ!!
あまり慣れてないのもありますが悪天候的にはルビノプロのほうが好印象なので、また戻すかもしれません。

2018/4/24 21:01  [191-29917]   

 ZtoRさん  

わたしも新しいルビノプロG+(25c)を使っていますが
確かに低圧だと走りが重い印象を受けました。

購入後半年ほど
0.1barごとに変化させて、乗り心地と抵抗の軽さが自分好みになるまで、
ライドのたびに記録しながら最適な空気圧を探りました。
目的は主にロングライドです。

その結果自分は
・体重62kg
・フロント6.0
・リア6.7
が一番最適と感じ、これを基本にセットしています。

これより下げると走りが重くなり、これ以上あげると手がしびれやすくなります。

ビットリアから空気圧の算出アプリがでていますが、自分には全くあてになりませんでした。

2018/4/27 11:19  [191-29927]   

 kapa_さん  

ルビノプロ3届きました。
4本買ったのですが、皆さんタイヤやチューブの長期保管はどのようにされているでしょうか?
せっかく買ったのに保管が悪くて十分な性能を発揮できないとか悲しいのでご教授頂ければ助かります。

2018/5/2 21:13  [191-30026]   

 tour-neyさん  

冷暗所で湿気も少なく涼しい所で保管します。棚に仕舞ってもいいのでは?


ルビノプロg酷評ですねぇ。私のも2500kmも走ってないタイヤがトレッドに沿って割れて来ましたね。ただ個体差があって、何故かフロントにヒビが(-ω- ?)5-6気圧常用。

ルビノプロgは、オフロード性能がめちゃいいですね。ありすぎるグリップが安定方向になって、砂利道を簡単に走破します。慣れないバイパーだから余計怖かったけど、拍子抜けするくらいw
ルビノプロ3は弾かれてずるずる車体がずれるけれど、新型はハンドルも取られず快適です。

2018/5/2 21:23  [191-30027]   

 R.Ralさん  
ルビノプロ3保管

私は写真の様にラップに包んで冷暗所に置いています
冷暗所と言っても沖縄だと年間10〜30℃という所でしょうか

現在この状態で1年ちょっと寝かせた?物を使用していますが今の所、全く問題は出ていません

2018/5/2 22:18  [191-30031]   

僕も届きました。保管は日光が当たらない湿気のない場所。タイヤは紫外線とカビが天敵です。
箱のまま2年位置いてても全く問題ありません。ホイールにつけた場合は空気を入れて保管した方がいいです。抜けたままだとゴムの劣化が早い。

ルビノG+もう使ってないけど、新品あと2本持ってます。街道走る時は3本ローラーほど重くはないですが腰が弱い。空気圧上げないと走れないですね。

ルビノプロ3でダート走ってます。特に問題はありません。耐久性が全然違うのでビットリアもあんまり長持ちすると製品売れないからG+は寿命短くしたのかな。企業の利益を考えれば当然の帰結。

でも長い目で見れば、いい製品を作り続けてリピーターを増やした方が結局儲かるんじゃないかなと思います。僕もビットリアで相当お金使ってますから・・・。

2018/5/2 22:25  [191-30032]   

 kagi.comさん  

私も2セット4本届き
ました。
最初のルビノプロ3は8,000越えてパンクしたので同じルビノプロ3に又交換しました。
ヒビの、ひとつ入らないので、ロードバイクのタイヤって皆そうなんだと思ってましたが、他のメーカーのタイヤのインプレ読んでビックリ、特にヒビの入ってる画像見てこんなにも違うんだと驚いた事があります。
ゾンダ導入に合わせてルビノプロGを履きましたがあっという間なのコンチネンタル4000S2に変更でした。
今回届いたルビノプロ3を大切に保管して使いたいと思います。

追伸
1600km走ったゾンダのハブボディをメンテナンスしてグリスアップしたらほぼ無音になって驚きました。
上手く画像アップ出来ないのが残念です。

2018/5/3 00:57  [191-30033]   

 kapa_さん  

tour-neyさん

>冷暗所で湿気も少なく涼しい所で保管します。棚に仕舞ってもいいのでは?

回答ありがとうございます。

適合する保管場所探します。

>ルビノプロg酷評ですねぇ。私のも2500kmも走ってないタイヤがトレッドに沿って割れて来ましたね。ただ個体差があって、何故かフロントにヒビが(-ω- ?)5-6気圧常用。

僕のも(プロじゃないワイヤービードの方ですが)割れてきてます1500kmも走ってないと思います。

R.Ralさん

回答ありがとうございます。
ラップですか厳重ですね。
1年寝かせた事例まで参考になります。


道場長

いつもありがとうございます。
2年置いてても大丈夫ですか。それは安心です。

2018/5/3 02:04  [191-30036]   

 skogenさん  

ゴムのような多くの有機化合物の劣化は、基本的には反応しやすい化学物質(酸素とか硫黄とか酸とかアルカリとかアルデヒドとか)とエネルギー(紫外線とか温度とか)と反応を助ける媒体(湿気とか)により進行します。

ラップを巻くのは酸素のような反応性があるガスや湿気を遮断するためです。私もラップで巻いて、冷暗所で保管しています。

ラップを使う場合、理屈から考えると、外気が入らないようにぴっちりと遮断する事が肝要です。

2018/5/4 23:28  [191-30048]   

 稲刈りさん  

Wiggle で ルビノプロ3 が安くなっていますね。

Vittoria - Rubino (ルビノ) Pro フォールディングクリンチャータイヤ

23C/25C ¥1504

http://www.wiggle.jp/vittoria-rubino-ルビノ-pro-フォールディングクリンチャータイヤ/

2018/5/13 16:17  [191-30192]   

オープンコルサSC2、最後の1本が寿命がきて交換。1万kmくらい走りました。表面がもうボロボロになってきていて、今日外して確認したら裏まで貫通している穴がありました、こんなんでよくパンクしなかったなあ。いいタイヤでした。

G+のコルサも使ったけど全然合わなかったので現在はオープンコルサCX使ってます。このタイヤも廃盤で手持ちなくなれば終わり。ただオープンコルサCXの性能は上がっていて、5年ほど前に使ったことがありましたが、その時は耐久性に問題があり短寿命だったけど、これは5000kmくらいは走れそうな感じです。SC2の方が丈夫なんだけど手に入らないものは、どうしようもないです。

次のビットリア新型登場まで、コルサCXとルビノプロ3の手持ちで3年くらい走らなければ・・。
タイヤって慣れるまで時間かかるので、同じ銘柄使い続けるのが一番楽。新しいものに挑戦しない=老化??新しいものに挑戦したんだけど、結局コルサCXとルビノプロ3を超えるタイヤに出会わなかった、タイヤって何本も買うと結構な金額になるので外すと痛いです。

でも買って使ってみないと性能わからないし・・・・・旧型より落ちる新型だすなよなあ。

2018/5/27 21:05  [191-30377]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:291件)

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ