縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

自転車道場

タグ:
スレ主 小杉むさしさん  

愛用の皮サドルが変形しすぎて、座面の前傾がキツくなってしまったので、またサドル沼に戻りました。

最近はフィジークのサドル各種を試しています。

アンタレスは座面が平らでスペシャライズドのサドルみたい。座面が平らなので自然と肩がとんがってしまい内股がスレるのが残念。

アリアンテは良いという人の多いサドルですけど、座面が馬の背状に盛り上がっていて、それがアリの戸渡を圧迫する。私の股の形には全く合わないです。

今週末はアリオネを試します。

2016/9/1 20:54  [191-22428]   

サドルもいいなあと思ったら、すぐ廃盤になるので困ります。ミラノもなくなっちゃったし。
僕もいろいろ試してみたけど、結局コンコールに戻ってきました。コンコールは廃盤にならないで欲しい。サドルって30年でも使えますから買い換えないですけどね。

昔、乗ってた競輪サドルと比較すると、どんなサドルでも天国。
しかし、あんな包丁の上に乗ってるようなサドルで街道200kmよく走ってたなあ。今だったら10kmでもパスします。知らないということは強い!

いろいろ楽することを知ってしまうと、人間、元には戻れません。
相性のいいサドル見つかればいいですね。

2016/9/2 09:20  [191-22434]   

 84alfaさん  

小杉むさしさん

私も現在サドル沼中です。

結局「尻型に合ってないからダメなんじゃないか、だったら尻型のサドルがあればいいんだ」と考える方向性を変え、現在BrooksのB17を育てている最中です。

私は往復で15キロ程の通勤がメインなのでなかなか手強いですが、小杉さんはゴリゴリ乗られているようなので案外早く"完成"するんじゃないかと思うんですが、厚革サドルいかがでしょう?

どなたかBrooksの厚革サドルでロングライドされている方いらっしゃいませんか? 感想をお聞かせいただけませんか??

2016/9/7 11:15  [191-22515]   

 冒険者LV1さん  

84alfaさん

私は最近Brooks Flyerを使いはじめました。スプリングがついている以外はB17と同じサドルです。

購入前に、『革サドルは慣れるまでの10000kmが地獄だった』とか、『三角木馬』だとか『拷問椅子』だとか数々の悪評を聞いていたので、チキンな私はスプリング付きタイプのflyerを選びました。

確かに購入直後はつるつる滑る固い岩の上に座っているような感覚で、スプリングがついていても座り心地は良くなかったです。
『石の上にも三年』とはまさにこのことかと思い、このじゃじゃ馬をじっくり乗りこなしてやろうじゃないかと息巻いていました。

しかし、ふとした思いつきで、表裏両面に革靴用のクリームを塗りこみ、浸透するのを待った後(15〜30分ぐらい)、ハンドルから手を離して一輪車の上でバランスを取るようなポーズでサドルに跨がり、胴体の重みを1時間ほど尻にかけ続けた結果、見事革が尻の形に変形しました。

この変形した状態で普通に走行してみたところ、びっくりするほど快適なサドルに変貌していました。雨天時に走行することも多いので、革靴と同じように防水スプレーもかけて使っていますが、特に革が傷んでいる様子もないです。それどころか、自転車に乗れば乗るほど革の光沢が増していってます。

今となっては、スプリングなしのB17で十分だったかも…(さすがに860gは重い)と若干後悔しているので、84alfaさんが少し羨ましいです。

ちなみに私が使ったクリームと防水スプレーは↓のものです。
モウブレイ デリケートクリーム
https://www.amazon.co.jp/dp/B002A7L8OS/
コロンブス アメダス
https://www.amazon.co.jp/dp/B005USRXKW/

※この方法メーカー非推奨の方法なので、くれぐれも自己責任でお試しください。

2016/9/8 02:47  [191-22520]   

僕は昔、日本一周をブルックスのサドルでやりました。
このサドル最初はメチャクチャ硬いのですけど、冒険者LV1さんが書かれるように上下にクリームを塗って少し乗れば、サドルがお尻の形に変形して快適になります。

僕はクリームはニベアクリームを使いました。ニベアクリームを裏表に塗って乗るだけです。
http://www.nivea.co.jp/Products/NIVEA-Cr
eme


油はグローブを柔らかくする油(ドロース)や自転車サドル用油など、いろいろありますが、ほとんど一日中身体と接触する部分に得体の知れない人体に有害かもしれない油を使いたくはなかったので、皮膚に直接塗っても大丈夫なニベアクリームを使いました。

ここから先は冒険者LV1さんがこれから経験されることですが、先にネタバレしておきます。
僕は日本一周1年1万km使いましたが土砂振り、灼熱、大雪ととても過酷な環境で使いました。そして1年後、ブルックスサドルの寿命がきました。結構寿命早かったです。

硬いまま乗ってた方が寿命は長くなります。ニベアクリームで柔らかくするとお尻の型がつき、とても快適になります。型がつくというのは物理的には「皮が伸びてしわが出来る」ということです。じゃあこの伸びとしわは、調度いいお尻の型のところで止まってくれるのかというと、そんな甘い話はなく、どんどん伸びます。当然サドルがゴムみたいにフワフワして走りにくくなります。そうなると硬くするため裏側についている皮を引っ張るねじを締めます。その後、またしばらくは使えますが、また伸び、ねじを締めを繰り返し、最後はねじが締めれないところまで伸びきり、寿命がきます。特に土砂振りのなかで水に濡れた状態で走ると伸びるのが早くなるので、僕は防水カバーをつけて寿命を伸ばそうと努力しました。写真のサドルがシルバーなのはブルックスの上に防水カバーをつけています。それと雨に乗ると皮の顔料が溶け出し、ズボンもパンツも真っ黒になります。色付き防止にも防水カバーは必要でした。

ということで僕の経験ではブルックスサドルは短寿命です。

僕が現在使っているコンコールサドルは30年使ってもへたりもせず使えます。

皮は重量重くて雨に弱いのでレースの世界から消えたんだと思います。昔は競輪サドルもブルックスと同じ革張りで、めちゃくちゃ硬かったです、しかし柔らかくすると、もがきが出来なくなるのでニベアクリームは塗れません。柔らかい=寿命。

そのため競輪サドルで街道練習するのは、まさしく苦行で「コンコールサドル」なんか使ったら、命張って真剣に修行やれ!って殴られそうなムード。だから僕は皮のサドル大嫌い。見ただけで痛そう。でも日本一周はブルックス使った、最後は伸びきってしわだらけになって捨てましたけど。

柔らかくすると寿命が早く来る、硬いと痛い、なかなか難しい二律背反です。

以上、Brooksの厚革サドルで日本一周した人間の感想でした。

2016/9/8 07:49  [191-22521]   

スレ主 小杉むさしさん  

ぼくもそう。
買う前から革サドルが伸びてダメになるのは知っていたので、一切手当てせずに固いまま乗っていたけど、想像以上に伸びるのが早かった。

尻や内腿の感覚の問題だから、気持ちのいいフィット感が長持ちする人もいるだろうけど、僕は伸びて変わるのもネジで締めて変わるのも嫌だったのでやめました。

うまく馴染んでいるおいしい期間は最高なんで、また革に戻る可能性もあるけど、とりあえず樹脂製のサドルでいいのがあればと思って探してます。

2016/9/8 11:45  [191-22524]   

 冒険者LV1さん  

なるほどー。革サドルって案外寿命短いんですね(泣)
私の場合は今の乗り心地でちょうどいい感じなので、もう当分クリームは塗らない方が良さそうですね。
あとは、防水サドルカバーも持っているので、雨対策をしっかりやって、なるべく長持ちしてくれるよう祈っておきます。


実は僕もクロスバイクで日本一周したことがあるんです。
2ヶ月ちょっとで9000km程度でしたが、台風の中強行突破したり、海からの波しぶきを浴びたり、砂利道走ったり、色々と無茶しましたが、今思い返してみるとサドルがヘタることはなかったですね。

当時使っていたのは完成車についていたサドルで、そんなに高級そうなものではありませんでしたが、もしかしたらブルックスより耐久性があるのかもしれないですね。

あんまり参考にならないかもしれませんが、当時の写真をupしておきます。
※うわーっ。チェーンとプーリー真っ黒だ(汗)

2016/9/8 23:30  [191-22529]   

 鶏 泰造さん  

35年ぐらい前に買ったイデアル90、まだ持ってますよ(*^^*)。
ここ25年ぐらいは使っていませんけど、10年/5万kmぐらいは使ったんじゃないかな。

革サドルの寿命は、使い方と手入れの仕方に大きく左右されます。水に濡らすと伸びが速くなるので、雨の日はなるべく乗らないか、カバーを被せて防水します。私はビニール袋で包んだ上から、防水サドルカバーを被せていました。

オイルは柔らかくしたい部分だけに塗って、全体はひび割れ防止にオイルで磨く程度にします。柔らかくしたい部分も、必要最小限しか塗らないようにして、根気よく型をつけていきます。で、型がついたら、手入れには、kiwi社のウェットプルーフオイルをメインに使い、明らかに「乾燥してきたな」と思った時のみ、ミンクオイルを最小限使用します。kiwiは革靴用の保革油を古くから作っていますが、人体に影響があったという話は寡聞にして聞きません。

ただし一枚革のサドルは、30年ぐらい前に品質がガックリ落ちた時期がありました。特にブルックスがひどくて、一度、濡らしてしまうと、あっという間に「座布団」と言われる状態になってしまったものです。私のイデアルは、そういう時期に入る直前に買ったものなので、まだ品質が良かった頃の個体です。

あれ以降、革サドルの品質がどうなったかどうかは良くわかりませんので、今現在でも革サドルをお勧めできるかどうかはわかりませんけど、上記ノウハウが悪さをすることは、たぶんないと思います。

2016/9/9 09:35  [191-22532]   

 84alfaさん  

ありがとうございます。
大変勉強になりました。

・濡れた状態で体重をかけない
・柔らかくしたい箇所とひび割れ防止用にだけ“最低限”油を塗る
・床面(裏側)には油を塗らない
を守りながら辛抱強くB17を育ててみます。完成までの時間と寿命は比例すると思うので、逆算して美味しい期間を味わえばいいですね。

ちなみに・・・selle italiaのstorikaっていうのが、コンセプト的に凄く気になってます。どこかでこういうの作ってくれないかな。

2016/9/9 12:27  [191-22535]   

 冒険者LV1さん  

鶏 泰造さんのように適切なメンテナンスをすれば、ちゃんと長持ちするんですね。

ということは、革靴と同じと考えてよさそうなので、革製品に対する自分の意見を付け加えておきます。

まず、自分のレスが言葉足らずでミスリードを招いてしまったことをお詫びいたしますm(_ _)m

保湿力の高いクリームは皮を柔らかくする効果が高いと経験上知っていたので、革サドルに使ってみたところ、やはり効果がありました。しかし、これが原因で耐久性が落ちる可能性は否定できないので、吉と出るか凶と出るかまだ今のところわかりません。

もう少し長く使ってから書き込むべきでした。

重大な点を書き忘れていたのですが、本来オイルやクリームは革を柔らかくするために塗るのではなく、保湿と栄養補給をしてやるために必要なので、購入当初と表面が乾燥してきた時のみ、全体に薄く塗るのが正しいと思います。薄塗りすればBrooksのサドルに付属しているオイルで十分足りると思います。ちなみに、薄く塗るためには指で塗るのではなく、刷毛を使って塗ったほうがより薄く伸ばせます。

ニベアクリームが革に害を与えることはないと思いますが、死んだ生物の革への栄養補給という点から考えると、革用のクリームの方がより適切かと思います。(人間の肌は血液から栄養補給される。)

革製品は一般的に水分を含むと変形しやすくなります。革サドルを一番ヘタらせてしまう使い方としては、あくまで例えばの話ですが、旅行中に一晩サドルカバーを付けずに雨ざらしにしてしまい、翌朝ずぶ濡れのサドルの上に防水カバーやビニール袋をつけて長時間走行するといったことが考えられます。

もしどうしても、雨の中革製品を使わなければならないのであれば、防水カバーや防水スプレーなどで徹底的に防水対策すべきです。革サドルの場合、雨だけでなく、泥や汗にもさらされるので、ツーリング出発前は表裏両面に防水スプレーをかけて、停車時は突然雨が降ってくる可能性を考慮して必ずサドルカバーを着けるぐらいの対策が必要かと思います。

2016/9/10 01:32  [191-22538]   

 鶏 泰造さん  

革の品質が良かった時代は、「革サドルは馴染んだら一生物」って言われていましたねぇ。そういう点でも、靴と一緒かも。

びしょ濡れにしてしまった場合は、よく拭いてから内側に新聞紙を詰め、外側をタオルで覆って水分を抜き、生乾きになった段階で保革油を補給するというノウハウもありました。水と一緒に油分も抜けるので、乾燥させてしまうとひび割れが起きるので。型崩れしそうなときには、開かないように紐で縛ったりする人もいました。

Kiwiのウェットプルーフオイルは、皮革製登山靴の防水ワックスの定番です。常温では個体なので、少し温めて柔らかくしてから浸透させます。浸透しても、常温に戻れば固体になりますから、革を柔らかくしないため、伸びて寿命が縮まる心配がないのが特徴です。

まあなんにせよ、革のご機嫌を伺いながら、やりすぎないようにメンテする必要はありますので、手間はかかりますね。その分、愛着は湧きますけど。気難しい女性みたい(^^;。

2016/9/10 08:36  [191-22540]   

スレ主 小杉むさしさん  

そういう面ではRivet cycle worksのサドルは良かったですよ。
表と裏両方に防水処理がされてます。製品の説明にも、余計なことせずに汚れたら濡れた布で拭くだけでいいよ。的なことがかいてあります。

何度も土砂降りの中を走ったり、泥だらけになったときにホースで水をぶっかけて洗ったりしましたけど、特に影響なかったです。

2万キロくらいで「馴染んだというよりは伸びたな」という状態になっちゃいましたけど。

2016/9/10 09:48  [191-22543]   

僕も今、日本一周するならカーボンサドル使うかな。

アマゾンでサドル見ていて、またひとつ余計なものを買ってしまいました。オールカーボンでこの値段はないやろ!完全ドブ捨て覚悟の道楽買い。重量98gに惹かれました。
Lixada 自転車サドル フルカーボンファイバー サイクリングサドル 超軽量 衝撃吸収 ¥ 2,140
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01L
S2NLXQ/


Lixadaのカーボンステム前に買ってわりと品質よかったので、プルミーノに使えればと・・(甘い!)
ここって3本ローラーも製造販売してるけど、どんな会社なんだ???
https://www.amazon.co.jp/dp/B01EMXF0JG/

また届いたらレビューあげます。20世紀にはオールカーボンサドルなんてなかったなあ・・・

2016/9/10 11:30  [191-22544]   

 稲刈りさん  


私もドブ捨て覚悟でLixadaではないですが6月に、

超軽量 98g フル カーボン シート サドル レール Full carbon ロードレース

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00L
E994GM/


をポチットしましたが、1ヶ月経っても届かなかったので
Amazonマーケットプレイス保証を申請して返金してもらいました。
出品者:Zhao fuming

レビュー楽しみにしています。


2016/9/10 20:39  [191-22546]   

これも↓一緒に買いました。昨日買って、昨日発送しましたと連絡きました。
Lixada 31.8 * 620/640/680mm MTB 自転車 アルミ合金 ライザーハンドルバー ¥ 1,045
https://www.amazon.co.jp/dp/B01EJD2HCW/

稲刈りさんに教えてもらって、Lixadaカーボンステム買いましたけど、これなかなかの品質なので、カーボン扱う技術は確かな会社かなと思っています。しかしハンドルはカーボンびびってアルミ買いましたけど・・・

このサドル、会社名がプリントされていてLixadaの気合いを感じました。こんな会社名の入った製品がダメならLixadaの未来はないですね。3本ローラーも作っているし「自転車やるんだ」という勢いを感じます。シートポストもハンドルもカーボン製品作ってますから、カーボン得意なんでしょうね。値段がすごく安いんですけど、たぶん今は無名の会社がのし上がっていく時期なので宣伝プライス?。そのうち有名なったら価格も10倍くらいになるかも。

僕は赤色好きなので、色合いも好き!
中国発送なので2週間位かかるかもしれませんけど、サドルよかったら、この会社が出している700cカーボンフォークも買おうかなと思ってます(センター出ているかどうか冒険ですが・・・)。
Lixada フルカーボンフロントフォーク28.6mm 680C 1-1/8用¥ 5,500
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01C
FR28E6/

2016/9/11 09:17  [191-22553]   

 guru-dbさん  
取り付けた状態

稲刈りさん

僕も98gフルカーボンサドルを2つ購入しました。
最初はCrestCrown店からのもので2980円でしたがレールの精度はよかったです。
2つ目はノーブランドのもので2200円でしたがレールの精度がイマイチでしたが使えています。
軽さは100g±2g位です。ノーブランドよりブランドを名乗っている方がよさそうです。

使った感想は以下の通りです。
1)軽いですが硬いです。シナリはありません。
2)表面がつるつるで滑りやすいです。位置と角度が決まればこれが案外使いやすい。
3)厚みが薄いので先端が鋭く、信号待ちのときお尻に刺さり痛いです。
  僕は先端にウレタンを張り付けて丸くしました。
4)僕はレーパンなしでも平気でしたが、長距離乗る場合はパッド入りレーパンを履いた方がいいかもしれません。
5)耐久性はまだわかりませんが、1年乗っていますがまだ壊れていません。

2016/9/11 15:05  [191-22557]   

 稲刈りさん  

guru-dbさん

レビューありがとうございます。

実は、イタリアのタマちゃんさんの

暗峠&六甲山チャレンジの掲示板
http://engawa.kakaku.com/userbbs/1740/

で、guru-dbさんがこのサドルを使用して信号待ちのときお尻に刺さる以外は
いい感じだとの事でポチりましたが、今回は縁がなく商品が届きませんでした。

guru-dbさんのシートポスト、これもアマゾンで取り扱いのあるカーボンシートポストでしょうか?

ヒルクライムレースにエントリーする訳でもなく、私には必要なものではありませんが気になってしまいます。
特に、コストパフォーマンスの高いものが・・・。




2016/9/11 20:01  [191-22559]   

 guru-dbさん  

稲刈りさん

今シートポストは、Cannondale純正のカーボンラッピングのアルミ製です。ヤフオクで見つけて競り落としました。350mmだったので50mm(-40g)カットして230gにして使っていました。

シートポストでお奨めは、
1)TNIのALU POST:約5000円

アルミ製ですが320mmで164gです。
WOODMANのシートポストと同じなのでOEMだと思います。

https://www.amazon.co.jp/dp/B002P30LBI/r
ef=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1473610719&
;sr=8-3&keywords=%E3%82%B7%E3%83%BC%
E3%83%88%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88TNI


2)TOTTA:約2500円

アルミ製ですが350mmで180gです。
ほとんど1)TNIのものと同じですが、安い分細部の作りがちょっと安っぽくなります。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01DN05D6Y/r
ef=sr_1_12?ie=UTF8&qid=1473610657&am
p;sr=8-12&keywords=%E3%82%B7%E3%83%B
C%E3%83%88%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88



ディテールはINT(WOODMA)の方がいいですが、付けてしまうと差が分かりません。

このタイプのシートポストはオフセットがありません。
また、やぐらを取り付ける部分に穴が開いているのでシートチューブに雨が侵入する可能性があります。僕はテープで穴を塞いでからやぐらを取り付け使っています。

80mmほどカットして150gにしました。

2016/9/12 02:15  [191-22561]   

 稲刈りさん  

guru-dbさん

ご丁寧にありがとうございます。

今使用しているシートポストのオフセットが20mmなので紹介していただいた商品は
難しいかもしれませんが、シートポスト選びの参考にさせていただきます。


2016/9/12 06:45  [191-22562]   

Lixada サドル来ました。87gでした。持った時この軽さは異常だと思いました。塗装、表面仕上げ、カーボンの質も、とてもきれいで質感はいいです。

ウィリエールにつけて走ってみました。スポンジ部分が一切なく、どう見ても「硬そう。こんなん走れるのか???」乗ってみると、一番痛いのは停止時。しかし走り出すと、意外と痛くない。外観のガチガチ痛そう感と、実際走行時の自然になじんで痛くない感じのギャップが大きく、なんかわけのわからないサドルです。スポンジサドルになれてると表面の硬さで先入観的に受け付けない面がありますが、走行すると、そうでもなく、スポンジサドルでもなく革張りサドルでもなく、カーボンサドルという別分野があるんだと思いました。

ハンドル高くして、お尻どかっと座るのはきついので、少し前傾姿勢で乗る方が楽です。
プルミーノやママチャリで使うのは無理かなと思います。

とにかく重量軽いので、21世紀の自転車はこれだ!と人を驚かせたり、決戦で使ったり、部屋のオブジェにしたりできそうです。デザインもきれいです。

僕のフラットバーxpはこのサドルつけて重量計ると8.8kgでした。

不思議な感覚のサドルです。もう少し使って試してみます。

2016/9/22 12:46  [191-22648]   

スレ主 小杉むさしさん  

革サドルをやめて樹脂サドルをさがしはじめて15個目くらいでしょうか。
やっともしかしたらいけそうなサドルに当たりました。

定番中の定番フライトの派生型でFlite Frctionfree Flowっていうサドル。
ペラペラに薄くて硬いけど、ベースの樹脂の部分が結構しなる。

写真の状態で一番後ろにセットしてるんですけどシートポストがサドルの半分より後ろに来てます。
乗る前はダメじゃんて思ったんですが、サドルの形のせいか普通のサドルよりかなり後ろに座る感じになります。

ずいぶん無駄なサドルを買って無駄遣いしちゃいましたけど、やっと自分に合うサドルがわかってきました。というか会わないサドルがわかってきました。

座面が馬の背状に丸く盛り上がっていると肛門から会陰部にかけて打撲傷みたいな痛みが出るので絶対無理。フィジークのアリオネとアリアンテがこれ。
前半部のくちばしの幅が広いのや、サドルを前から見てくちばしの肩がとがってると鼠径部がいたくなる。フィジークのアンタレス、スペシャライズド全部、Selle SMP全部がこれ。
後端が跳ね上がっているいわゆるウエーブ型のサドルはフラットなサドルとは違う角度で地面からの突き上げが来るため腰痛になる。
座面が幅広だとなぜか座骨が痛くなる。

取り敢えず200キロはほぼ痛みが出ずに走れました。
この週末は久しぶりに500キロくらい走れたら走りたいです。

2016/10/26 01:42  [191-23008]   

 skogenさん  

軽量カーボンサドルを試しに使ってみました。
ポジションが合えば痛みも無く、数10km程度の走行は問題なし。でも、荒れた道で坐骨が当たるとちょっと痛い。ダンシングは楽になるので、山登りスペシャルかな。

という訳で、ただいまサドル沼の浅瀬でたむろってます。^^;
鈍感尻なのでどれも大した不満は無いんだけど、たぶん自分に本当に合った運命のサドルにまだ出会ってないんでしょうね。

Lixadaの3本ローラーの話が出ましたが、あれはやはりコピー商品のようで、ミノウラのサイトに「コピー商品にご注意下さい」と出てました。

http://www.minoura.jp/japan/support/cs/k
nockoff.html

2016/11/3 15:09  [191-23098]   

 ヒロムジクさん  

稲刈りさんが紹介してくれたカーボンサドルで、今日130kmほど走ってきました。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00L
E994GM/

です。

ユニクロのストレッチジーンズでパッド無しです。
短距離では良い感じだったのでどうかなと試して見たのですが、坐骨の二つの出っ張りで体を支える感じで股間に圧迫感が無いのがとてもいい感じでした。
パッド入りのレーパンをはけばもっと長距離でも全然いけそうです。
ただ、私には体力不足でこれ以上はなかなか試せそうにありませんが。

一方、道場で評判の良いコンコールライトを運良く中古でゲットしたのですが、私には合わないようです。
蟻の門渡りを刺激して長時間はむりでした。

このカーボンサドルは1500円程度なので、最高のコスパです。
耐久性はこれからチェックします。

2016/11/3 22:03  [191-23101]   

コンコールライトは僕も遠慮しています。コンコールは快適なんですけどコンコールライトは薄すぎてダメです。

2016/11/3 23:11  [191-23103]   

 skogenさん  

軽量カーボンサドルをしばらく使って、予想外に良かったところ。

クッション性がゼロで、薄いのでシートポストの出し代が1cmぐらい増えます。結果、サドル高は同じですが、見た目は足が長いライダーが乗る自転車っぽくなります。^^;

あと、クッションの厚さ(お尻の沈み込み)、サドル面の形と滑らかさで自転車を漕ぐときの腰骨の使い方が変わります。良し悪しは別にして、こういう事で腰の使い方が変わるのが分かったのは収穫です。サドルの高さ調整は難しいです。

ただ、やはり硬く坐骨にぶつかるので、元のサドル(4ZA)に戻そうかと思います。

2016/11/21 08:00  [191-23256]   

>薄いのでシートポストの出し代が1cmぐらい増えます。
それありますね。比較写真アップします。フレームサイズは全く同じでサドル高さも同じです。見た目カーボンの方がコンコールより高い感じ??

このカーボンサドルって触った感じカチカチなので、こんなん乗れるのか??とびびりますけど実際走ると、それほど悲惨でもなく結構乗れます。身長が低くてフレームギリギリの場合などは利用価値ありそうです。

2016/11/21 10:02  [191-23259]   

 guru-dbさん  

僕も軽量カーボンサドルを2台に付けて1年ほど使っています。

レールの前後移動範囲が少ないので目いっぱい後方にずらしています。単体では硬く細かな振動は直撃しますが、シートポストと連動してうまくしなってある程度吸収もしているようです。

乗ってみると結構座りやすくぺだリングしやすいです。レーパンなしでも苦になりませんが履けばもっと楽になるのでお買い得サドルだと思っています。

シングルスピードのサドルもこれにしようかと考えている次第です。

2016/11/21 15:14  [191-23260]   

 skogenさん  

目下、サドル沼でもがいております。
クッションが厚いサドル、硬めのサドル、カチカチのカーボンサドル、座面形状が平べったいのや山形のものなどいくつか試してみました。その難しさが少し分かってきました。

まず、ロードバイク用の硬めのサドルは位置合わせが難しい。
数10kmのコースを何度か走って、ポジション(前後、高さ、角度)がようやく落ち着いてきます。尿道が圧迫されるとか、坐骨が当たるとか、内股が擦れるとか、最初は合わないと思ったサドルも、しばらく走って位置を微調整すると乗れるようになる。

という事は、少し乗り込んでポジションをまず合わせないことには、その先の形状の適・不適は分からない。こりゃ何ヶ月も掛かりそうです。実際、10月初旬からあれこれやってるので既に2ヶ月近く。危険です、この沼。

2016/11/26 16:24  [191-23287]   

 tukubamonさん  

サドルって結局慣れなのかなぁ、と思います。
ある程度使って、スポンジもヘタらせた状態じゃないと合わないだろうし。

GTRが来てから色々試したりしていますが、今のところCAADについてきたサンマルコの分厚いサドルが一番ロングライドに良い。
でも、普通に走るのなら軽い方が振り回しやすいので、FIZIKのアリオネ使ってますけど。

そのうちアリオネがヘタって尻に合うんじゃないかな。
角度の微妙な調節って難しいですね。アリオネも合わせるのに数ヶ月経過しています。

2016/11/27 00:42  [191-23299]   

 m07035さん  

尿道の痺れに悩んでいます。
色々と乗り方を工夫したりしているのですが、一向に改善されません。

今はコンコールを使用しています。
一度穴あきタイプを使用してみたいと思っています。
「尿道の痺れに効いたぁー」というサドルがあれば教えて頂けませんか?

2017/11/12 18:22  [191-27366]   

 鶏 泰造さん  

コンコールライトからセライタリアのSLS(廃盤)に変えましたが、尿道の痺れはなくなりましたよ。

こういうのを利用して試してみても良いのではないでしょうか。
http://www.cyclecube.com/?page_id=23238

2017/11/12 19:06  [191-27367]   

 rionsakurasterさん  

m07035様こんばんは。
サドルは本当に難しいですよね。

私はこれのタイプを使用しています(skoge様に怒られてそう、スイマセン!)
https://www.gearbest.com/cycling/pp_2366
65.html

尿道には負担かかりません、座面の湾曲をケツに合わせるのに
角度調整が結構大変でしたが、うまくあえばスッポとはまる感じです
130kmぐらい走っても全く問題いありませんでした
3シーズン使用したものもありますが、全く問題ないです
入手困難になってきたので

これ購入してみようか迷っています
https://item.rakuten.co.jp/gottsuprice/g
x-c14-1?s-id=bookmark_pc_normal_item


あとこれも買ってみました(skogen様こっちもごめんなさい)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0751DVLGK/r
ef=wl_it_dp_o_pd_nS_ttl?_encoding=UTF8&a
mp;colid=39MS5BDJON85S&coliid=I18PS2
L2KDM3ZP&psc=1


見てくれ通り尿道はまったく問題ないのですが、クワガタのツノのところの幅が広くて
うちももに擦れます、Qファクター詰めてるかたにはむかないかと。





2017/11/12 19:35  [191-27368]   

 釣り好きジイさん  

おはようございます、久しぶりに書かせてもらいます。
ジジイだと思ったら高齢者でした、年齢で呼び方が変わっていくのですが、昨年から高齢者になりました。
今はラレー CRNに乗っています、標準のサドルでは30分も乗ってると、前立腺肥大の為にジンジンして
耐えられませんでした。
最初は、ベロ、次にISMプロだったかな、これは又の所が幅広で内またがスレスレで直ぐに手放しました。
その次は近所の自転車屋で尻が痛いと言ったら、SELLE SMPが良いよと言われたので、早速購入。
交換した途端にお尻の痛みと、前立腺の痛みはピタッと無くなりました。私のサドル旅は3個目で
終了しました、もちろん私のSMPはあんこ入りの柔らかいやつです。

2017/11/13 08:03  [191-27371]   

 skogenさん  

サドルって難しいですね。大まかには「手の股部分の痛み」スレに書いたような方針はありますが、いろいろ試してみるしか無いと思います。

http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-24875/


私も沼から抜け出してこの半年は幸せだったんですが、また違和感が出て、沼に戻ってます。100km以上乗って試したサドルは8種類ぐらいあります。どれも100kmぐらいだと違和感無く乗れるんですけどね。今は硬さと先端部の幅が微妙にしっくり来ない。

ポジション、筋力や体の硬さ、レーパンが変わると最適なサドルが変わる、というのがこの半年で分かったこと。

この調子だとサドル行脚が終わるのは、ゆうに5年は掛かりそうな気がします。もしかすると、サドルをお尻に合わせるんじゃ無くて、サドルに合わせてお尻を育てるのか、なんて気もしてます。

穴あきサドルは試したことがあります。その時の印象では、尿道部の圧迫感は減るものの、穴の部分に掛かっていた圧力が周囲に逃げ、尿道以外の部分に掛かる圧力が増えるということ。

ローラー台でしたら乗車姿勢が固定されやすいので尿道が痺れるのは、ある程度は仕方ないように思います。エアロバイクに乗ると30分ぐらいで痺れるので、座り位置なんかを変えます。

でも、外を走って痺れることは無いですね。一旦停止、アップダウン、カーブなどでずっと同じ姿勢で乗ることは無いからかな。お尻より腰回りの筋肉の疲労でポジションをずらしながら乗るからかも知れません。

2017/11/13 22:09  [191-27379]   

チップインダブルボギー さん  

2017/11/15 22:28  [191-27403]  削除

スレ主 小杉むさしさん  

コンコールに乗れるなら波打ちかたがとっても近いSELLE SMPが合いそうですね。僕はSMPだけで4種類試して諦めたので羨ましいです。SMPは入門系廉価版のHybridとかHELL, WELLとかあの辺はオススメしません。別物です。高いですけどロードレーサー用のを買ってください。高いから合わなかったら悲惨ですけど。

穴あきで無難なのはSELLE ITALIAのMAX FLITE GEL FLOWあたりどうでしょうか。このサドルは名作の殿堂入りでいいと思います。尻の形は人それぞれで他人にオススメできるサドルはないなんて言いますが、勧めてもいい良いサドルと勧めちゃダメな悪いサドルははっきりあります。MAX FLITE GEL FLOWはちょっとこれ以上はありえない快適系サドルです。幅がとても広いので、最低でも1cmくらいサドルの高さを下げる必要がありますので、それで膝が痛くなる場合は乗れません。あと重くて大きくて不恰好です。でも1000kmくらい乗ってへたり始めてからの異様な柔らかさはちょっと感動しますよ。僕は合うサドルが見つからなかった2年間くらいは、新しいサドルを試す→MAX FLITE GEL FLOWに戻るのループを繰り返していました。

穴あきはまずSELLE ITALIAをためすのがいい。というくらいSELLE ITALIAは穴の開け方が上手いです。

SELLE ITALIAにはオススメが3つあって、あとの二つはSLR SUPER FLOWとFLITE SUPER FLOWです。どちらも横から見ると真っ平らなサドルで、SLRは幅がやや狭くて前から見ても座面が平らです。軽くて薄くてカッコいいです。硬いですが坐骨が収まる窪みもあり、合う人は1000キロのロングライドにもできそうなサドルです。でも最初に座った時はあっと声が出るほど硬い。座面は平らに見えてかなり複雑に曲がりくねっています。これが老舗のノウハウかって感じ。FLITEの方は幅がやや広く前から見ると丸いです。

僕がサドルを50個くらい買ってたどり着いた、今一番合うサドルがこの一方のFLITE SUPER FLOWです。アンコがかなり多く280グラムあります。重いですが、そうは見えない格好のいいサドルです。形状も無難なもので、どうしても合わないという人は少ないと思います。

逆に穴あきを使うなら選んじゃダメなのがFizik。穴のあけかたが下手です。Arione Antales Arianteの三種類を穴なし、vs、vsxの全9種類買って乗ったので断言できます。ArioneもArianteもいいサドルですが穴の開いているバージョンはダメです。Fizik自身も自覚があるらしく、カタログの穴あきサドルのところには、走る距離が短い人にオススメ。と書いてあります。

ちょっと番外編ですが、お金を出して失敗するのが怖くない(笑)方は、スペシャライズドのS-WORKSのサドルをぜひ試して欲しいです。S-WORKSというのはスペシャライズドの高級グレードの総称なので、サドルもROMINやらPOWERやらいろいろありますが、S-WORKSグレードはどれもオススメです。逆に安いのは平凡な性能です。合う合わないはありますし、高いから要注意ですが、どれも快適だわ軽いわカッコいいわ振動吸収はいいわでちょっとスペシャライズドのサドル開発能力は他者と3レベルくらい違う感じです。ちなみに僕はROMIN EVOとPOWERを試したけど両方ダメでした(笑) でも合わない所を我慢すると、むっちゃレベルの高いサドルだと言うことはわかります。合うならS-WORKSが究極のサドルです。一個2万5千円だけど(笑) 失敗しても今はヤフオクやメルカリで簡単に売れるので試す価値はあるんじゃないでしょうか。まずはROMINからいかがでしょう。今のマーケットでこれら二つ以上のサドルはないんじゃないですかね。良いサドルです。合わないかもしれないけど。

僕は坐骨が飛び出てるんで、サドルの後端が上がっているのは坐骨が突き刺さってダメなんです。スペシャライズドは確信的にフラットななサドルを作らないので、僕にはダメなんですよね。子供の頃両親に「お前が膝に座るとお尻が刺さって痛い」と言われたのを思い出します。

2017/11/15 03:00  [191-27409]   

 m07035さん  

皆さんアドバイスありがとうございます。

Amazonで安物の穴あきサドルを買って乗ってみた処、見事に尿道の痺れが無くなりました。
自転車に乗った後はトイレに行くのが怖かったのですが、穴一つで痺れなくなりまた。
穴あきサドルとの相性は良いみたいです。

ただ、尿道の痺れは改善したのですが、尿道の横の骨?に痛みが来るようになりました。
尿道の痛みとは違い耐えられる痛みですが…。
もう暫く使ってみて、良さそうなら定番のセライタリアのサドルを購入しようと思います。

調べてみると、競輪選手などは穴あきサドルを使ってないみたいですが…。
尿道の痺れとか無いんでしょうか??

2017/11/15 12:23  [191-27419]   

 貧脚いわたさん  

競輪のサドルはレール幅が特殊で、一般のサドルとは互換性がありません。
競輪専用サドルは、一瞬で終わる競技のためだけに設計されているので、穴は不要です。
最近の競輪選手はロードバイクで街道練習するのが普通らしいですが、ピストでやっていたディープさんの時代には、ロード用の穴あきサドルは珍しかったと思うので、街道練習用のサドルという考えもなかったのではないかと思います。

2017/11/15 14:27  [191-27420]   

 tukubamonさん  

ベテランの方が沢山投稿されている中で、FIZIKが出てこないのは意外です。
私はFIZIKのアリオネ。

FIZIKのHPに身体の柔軟性と骨盤幅みたいな記述があって、柔軟性のある私はアリオネになりました。
今の所150km走っても、痛みが全く無いとは言いませんが、大丈夫です。

反対に、サンマルコのコンコールは私には合いませんでした。太すぎて。
サドルだけは人の意見はあまり参考にならないと思います。
骨盤の幅とか柔軟性は違いますし、ポジションも違うので。

自分のサドル選びで基準とするのは完成車に付いてきたサドル。
そのサドルが妙に合っていたので、その柔らかさと幅を参考にしてサドル選びをしています。

2017/11/15 18:40  [191-27421]   

 skogenさん  

競輪サドルも乗り手によって合う合わないがあるようです。バンクの1時間周回練習とかもやるそうなので、短時間だから大丈夫という事では無いんでしょうね。しかし、公営ギャンブルの競輪は使うことができる機材はJKA認定品だけに限定されています。好みのサドルを見つけて、それを使うという考え方が通る世界では無いのでしょう。

自転車トラック競技だとUCIの規定になって、サイズや材質などが決められているだけで、選択の幅はもっと広いようです。

FizikはAntaresを半年ぐらい使いました。
最初の数ヶ月は良かったものの、股間に違和感が出て、サドル探しを再開したのが1年ぐらい前。Fizikのスパインコンセプトに従って自己評価して選んだんですが、自己評価が出来てないのか、自分のサドルに対する基準が違うのか、Fizikは自分には合わないと判断しました。今だとAlianteを選んで幸せになれるだろうとは思います。

コンコールはwideとnarrowがありますが、私はwideは合わなかったですね。形状は自分に合うものは何となく分かったんですが、幅と厚さはまだ良くわかりません。

2017/11/15 20:22  [191-27422]   

 m07035さん  

フィジークのコンセプトだと、身体の硬いブルタイプになりました。
アリアンテが合うとの事です。

骨盤も立てずに、背中は伸ばす感じで乗っています。
骨盤を立てるようにしたら尿道の圧迫は減るかもしれませんが、背中を丸めるのが嫌いなので胸を張る感じで乗っています。
その方が呼吸がしやすいと思うのですが…。

穴あきタイプが相性が良いと分かったので、次は角度と前後位置を確実に決めていきたいです。
取り敢えず、現状は水平でレールの真ん中に付けています。

2017/11/15 21:41  [191-27425]   

最近このサドルでもお尻が痛くなります。柔らかいんですけど。 これ、ソフトです。お尻が痛くなりません。 コレ、硬いんですけど、意外と痛くなりません。 左は痛サドル、右はミラノ(ナマケモノ走行会はコレ)、中がここで好評のミラノ。

−写真あった方がいいですよね−

サドルってサドルだけの問題じゃないから難しいんですよね。
以前柔らかいと思ってたサドルが、手で押したら今でも柔らかいんですけど、実際に乗るとお尻が痛くなったりもします。
スペシャのBodygeometryで最近おしりが痛くなります。
昭和のラレーで使ってるVELOのサドルは見た目よりも柔らかく、170km程度ではお尻が痛くなることは無いです。
昭和のEXCELLAで使ってるVELOのサドルは硬いんですけど、150〜160km程度だったらお尻はさほど痛く無いです。
柔らかいサドルでお尻が痛くなることもあれば、硬いサドルでも痛くないことだってあるんですね。

ラレーの純正サドルは最初はちょっと痛く感じました。
それをVeloCarbonに換えたらメッチャ痛かったのですぐにやめて、スぺシャのミラノ(自転車道場推薦のモデルの後継モデル)に換えてしばらく乗ってました。その間何度かポジションを変更しています。
その後、ラレーの純正に戻しましたが、今度は痛くありません。カスイチの240km走ったときもこのサドルでした。お尻はさほど痛くなりませんでした。お尻の痛さよりも股ズレの方が痛かったです。
同じサドルでもポジションによって痛かったり痛くなかったりするんですね。

2017/11/15 22:37  [191-27426]   

ディープ・ インパクト さん  

2017/11/21 11:55  [191-27431]  削除

 朱さんさん  

サドルは本当に微妙です
私もいくつかのサドルを使って、今はアスチュートのサドルに落ち着いています

他のサドルだと幅にしてほんの5mm広いだけなのに
股ずれを起こし痛くて走れなくなった事もありました

でも結局 自分に合った物が一番で、これが良いと勧めるのも難しいですね

2017/11/16 11:47  [191-27432]   

 ATOK103さん  

やや話の筋からずれてしまうけど,どうして,ロード用のサドルはあんなに固いんだろう。レーパンにクッションを付けるなら,クッションの分サドルを柔らかくして,レーパンにはクッションを付けない方が合理的なような気がするんだが。

2017/11/16 12:59  [191-27433]   

 昭和平成さん  

サドルが柔らかいと、腰を固定できなくてエネルギーがロスすると聞いたことがあります。

2017/11/16 19:12  [191-27435]   

 鶏 泰造さん  

昔のレーパンは、せいぜい2〜3mmのパッドが付いているだけでしたけどねぇ。

ロードバイクが大衆化したから厚くなった? プロはどうしているんでしょうかね?

2017/11/16 19:33  [191-27436]   

 貧脚いわたさん  

70年代あたりまで、レーパンのパッドはセーム皮でした。当時の技術では、現在のポリウレタンのような厚いものは作れなかったはずです。綿などのクッション材は、耐久性や偏りの問題で、使い物にならなかったと思います。
時代がセーム皮からポリウレタンに移行するときに、当時のユーザーが「セーム皮のパッドに似たポリウレタンのパッド」を求め、さらにセーム皮を知らない世代もその薄いパッドに馴染み、使い心地が大きく変わるのを嫌ったので、パッドは急激には厚くならなかったのだと思います。

ちなみに、世界トップレベルのロード選手は、好みのパッドに付け替えている人が多いようです。マルコ・パンターニなんかはパッドなしだったとか。

サドルの硬さのほうは、もっと難しい問題ではないかと思います。
柔らかいサドルだと、自転車の操縦が難しいと感じます。が、これは柔らかさの場所や向きや性質が間違っているからで、それらが適切な柔らかさなら操縦性を損なうことはないだろう、と私は想像しています。というのも、レーパンのパッドが厚くても操縦性が悪いとはあまり感じないのです。
そんなわけで私の選択は、クッション材一切なしの中華フルカーボンサドルです。

2017/11/16 21:12  [191-27437]   

 m07035さん  

貧脚いわたさん。

中華フルカーボンサドルですが、Amazonなどで売られている激安モノでしょうか?
ちょっと試してみようかと思っていました。

僕は尿道は痺れるのですが、坐骨辺りは全く大丈夫なので硬いサドルでも可能かなと…。
硬くても穴か溝があればいけると思います。

2017/11/17 10:14  [191-27441]   

 貧脚いわたさん  

m07035さん:
私が買ったのはこれです。 https://www.aliexpress.com/item/New-des
ign-full-carbon-fiber-road-bicycle-saddl
e-road-mountain-mtb-cycling-bike-seat-sa
ddle-cushion/1666608798.html


ただし、このAliexpressというサイトは悪質業者の巣窟なので、よほどの覚悟がなければ買い物してはいけません。私の経験では、30%の確率でトラブルになって、英文のやりとりでクレームを申し立てる羽目になります(英語力が十分なら、ちゃんと返金されます。2ヶ月くらいかかりますが…)。このセラーも、私が買ったときには正常に取引できましたが、今はどうかわかりません。

中華カーボン一般の性質として、「いろんな工場で同じ金型を使っていて、見た目は同じだけれど中身は全然違う製品を作っている」というのがあります。見た目が同じだからといって中身が同じだと思ったら大間違いです。
このフルカーボンサドルも、eBayやアマゾンでよく見かけますが、どのセラーがまともな製品を売っているのか、さっぱりわかりません。実はeBayで、これと同じ形のものを1個買ったのですが、表面の化粧カーボンの貼り方が雑でがっかりしました。
とにかく中華カーボンは難しいです。安さ相応の難しさがあります。

2017/11/17 21:56  [191-27443]   

 m07035さん  

シートポストのオフセットについて質問があります。

サドルを色々変えたり位置を弄っていて思ったのですが、ポストのオフセットって何のためにあるのですか?
大抵のロードには、オフセット2〜2.5cmのシートポストが付属していると思います。

例えば、僕のviperはシート角75度なのですが、この自転車の性能を発揮したい時はシートシューブの延長線近くにお尻が位置するのが良いのとは違うのでしょうか??
サドルの前後位置は、レールの前後で数センチなら出来ると思います。
適正サイズなら極端にお尻の位置が前過ぎたり後過ぎたりしないのではないでしょうか?
オフセット3cm以上のモノも売られていますが、合っていないサイズなのかと思ってしまいます。

トンチンカンな事を聞いていたらすみません。
素人がふと思った事でして…。

2017/11/18 14:11  [191-27444]   

 tukubamonさん  

サドルの角度に言及されないので、一言。。

サドルは座面が平行にするのは当然ですが、尿道が痺れる場合は若干前下がりにするのが良いと聞いたことがあります。
それこそ、レールの後ろ部分に厚紙(名刺2つ折り程度)を挟む程度。

小生モノが粗末なせいか、尿道が痛いということが無いので、検証できませんが。

2017/11/18 17:14  [191-27447]   

 tukubamonさん  

シートポストのオフセットは足の長さによりますね。

太股が長いと膝が前方になるので、必然的にサドルが後方へずれます。
多少はサドルで調整できますが、限界を超えれば当然オフセットの大きいシートポストが必要になります。

2017/11/18 17:20  [191-27448]   

 m07035さん  

tukubamonさん。

>太股が長いと膝が前方になるので、必然的にサドルが後方へずれます
この場合は、サドルが上では駄目なのでしょうか?

不勉強ですみません。

2017/11/18 17:48  [191-27451]   

 鶏 泰造さん  

ジオメトリーとポジションを両立させるためではないですかね。

セットバック0でサドルを引いても引きれないからと行って、シート角を寝かせたら、タイヤとのクリアランスが厳しくなるから、チェーンステーを伸ばさざるを得ない。となると「かかり」や「キレ」が悪くなるから、シートピラーのセットバックで後ろに下げるんじゃないかしら?

2017/11/18 18:41  [191-27453]   

 貧脚いわたさん  

クロモリ時代のジオメトリの考え方は、今から見ると、まるで中世の魔術です。
たとえば、シート角をサイズごとに変えたのは、なぜなのか。シート角を統一して、シートポストのセットバック量で辻褄をあわせるのでは、なぜダメだったのか。理由はつまるところ「選手の体感」です。
クロモリフレームは、カーボンフレームのように積層をいじって体感をあれこれと変えることができないので、「理由は知らないけど、体感的にはこれがいいんだ」という経験則が強く働きます。そして当時は、「体感」という厄介なものを科学的に扱おうとする姿勢はありませんでした。
現在では、キャニオンやBMCのような技術志向のブランドはシート角を統一しています。おそらく今後、この流れが広がるでしょう。

クロモリ時代のジオメトリの考え方には、中世の魔術と同程度の合理性しかありません。有効な経験則がたくさん含まれているのは確かですが、8割はガラクタで、有害な間違いも含まれています。
有害な間違いのなかで、もっとも顕著なのは、ファニーバイクの「逆スローピング」でしょう。クロモリ時代のジオメトリの考え方というのは、これほど不合理なものを「アホか」と見抜けないようなシロモノでした。中世の魔術と同じように、歴史研究としては面白いですが、自転車に乗る上で役に立つものではありません。

2017/11/18 19:35  [191-27454]   

 鶏 泰造さん  

セットバックそのものについては、多分に慣例的なものもある思います。

現在のような一体式ピラーが現れる前は、丸パイプのピラーにバンドを巻きつけるタイプのヤグラを使っていましたから、貫通ボルトで締めるには、セットバックするしかない(セットフロントでもよかったのかも)。一体式ピラーは、それとそのまま交換できるように、20mmぐらいのセットバック量のものが出てきて、それがそのまま定着しちゃったんじゃないでしょうか。

それと、クロモリでもみなさん、いろいろやってましたよ。「ダブルバテッドの薄い部分をどっちに寄せるか」とか、「ダウンチューブだけプレーン管にする」とか、シートステーやチェーンステーも、太い方を残すか細い方を残すかでフィーリングが変わりましたし。

ファニーバイクは性能でジオメトリーを決めたとういうより、「ブルホーンバーの位置をドロップの下ハンに合わせるためにヘッドチューブを詰めた→サドル高は確保したいけど当時のピラーは150mmしかなかったからシートチューブが詰められない→結果的に逆スローピングになった」という流れではないかと思います。

2017/11/18 20:24  [191-27455]   

 貧脚いわたさん  

シートチューブを集合部から上に伸ばす加工は当時からありましたよ>ファニーバイク
最初にファニーバイクを作ったときに考えが足りなかった、というだけなら、その後すぐに改良が出てくるはずです。ファニーバイクの逆スローピングは、当時の考え方がどうしようもなく間違っていたことの雄弁な証拠です。

2017/11/18 21:38  [191-27457]   

 tukubamonさん  

m07035さん
上に上げてもダメでしょうね。
ショップでポジションを決めるとき、太股が地面と水平になった位置で、膝頭に錘をたらしてペダルの位置が決まり、相関してサドル位置が決まります。

私はオフセット35mm以上のシートポストを指定されましたので、オフセットの大きいシートポストは必要な人もいるんです。

2017/11/18 22:13  [191-27458]   

スレ主 小杉むさしさん  

考えるだけじゃなくて、やってみるとすぐわかりますよ。

サドルを高くして前に出すと速く走れるけどすぐ疲れます。ツールドフランスに出てるTTバイクがそういうポジションだよね。持久力よりタイム狙いのポジション。

サドルを低くして後ろに引くと長い峠の登りなんかで力が長持ちします。

ネットでいろいろ見ていると、サドルを前に出すと太ももの筋肉を、後ろに引くと尻の筋肉を使うらしい。ももの筋肉の方が力があり、尻の筋肉の方が持久力があるんだそうだ。でもプロはサドルを前に出してパワーを出しつつ尻の筋肉を使うんだってさ。

僕は最近結構サドルを前に出してます。そんでクリートを一番後ろにしてる。靴が前輪に引っかかるけどまあ慣れました。これが僕のガラスのヒザと腰を守るポジションですw

2017/11/18 23:27  [191-27459]   

 m07035さん  

穴あきサドルや角度調整など色々試してみました。

座り心地とペダリングのし易さは、コンコールスーパーコルサがベストでした。
ただ、長時間乗ると尿道痛が起きます…。

穴あきサドルだと、尿道痛は起きにくいのですが座り心地など全ての面でコンコールに劣ります。
コンコールを尿道痛が起きないようにセッティングするのがベストなんですが、中々決まりません…。

コンコールスーパーコルサを使用されている方で、尿道痛を回避できた方っておられませんか?
似たような形状の昔のターボも気になっています。

2017/12/2 00:18  [191-27590]   

 走るペンギンさん  

うーん、サドルのポジションやバランスは個人差が大きいですが、腰を立てない乗り方でコンコール使用ということで一応。正確にはコルサよりライトのほうが私の尻に合ってるのですが。

私は大雑把に言ってポジションの問題点が分かりやすいパッド無しで走り、痛みがでたら調整。コルサはサドル後部のハネてる部分に上から段々に坐骨を当てて、収まりの良い位置で股間を圧迫する手前まで腰を寝かせて前傾。そこそこ股間の余裕を確保したらその姿勢を保てるようにハンドル周りを弄り、パッドの厚み分は後で微調整ってな流れでした。

荷重バランスはちょっと腰を浮かす姿勢がありますよね。スプリントじゃないので軽いギアで5分位クルクル中腰で回してから、スッと腰を下ろして軽く置く感じです。腰の位置は動かさないけど居着いちゃうのではなくて、腰周りの筋肉は動かすし早めに柔らかく脚も上半身も使って負担を軽減できれば血行の悪さや痛みもかなり解消されます。

うまくいかない時は焦らず体を鍛えてもいいですし、ちょっとコルサとはお別れして穴あきで練習してもよいと思います。無理せず気長に走りこんで自分のやり方を見つけてください。

2017/12/2 20:45  [191-27595]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:291件)

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ