縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 自転車道場
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

自転車にpassion(情熱)のある人書いてください。

  • 自転車道場の掲示板
  • 自転車道場の伝言板
  • 自転車道場の投稿画像
自転車道場の掲示板に
自転車道場の掲示板に新規書き込み

スレ主 ヘラーマンさん  

前スレがいっぱいになりそうなので新スレ立てました。

前スレ「タイヤ&チューブスレッド」
http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-11729/



良いタイヤ、悪いタイヤなど、タイヤの情報をこちらにまとめて後から参照できるようにというのが狙いです。
700C以外にもママチャリ用、小径、MTB用など幅広く情報を集められたらと思います。チューブの情報も出せるといいかと思います。

豆知識として、
タイヤの保管期間(品質維持できる期間)はヴィットリアの発表では10年です。
温度や湿度の変化が少なく、乾燥した場所で、必ず日光や蛍光灯の灯りに当たらない様に保管。タイヤの表面には薄いワックスがかかっていますので、走り始めから正しいグリップ力を発揮するため、使用前に取り除くようにとのこと

以下テンプレートです。※無理に使わなくてもいいです。

銘柄:
購入価格:
実測重量(タイヤ、チューブ):
乗り心地:
転がり、グリップ:
耐久性、対パンク性:
総合評価:

・タイヤの入れ方(道場長のバルブ側からの方法)
http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-2256/#191-2361

(私はバルブ側を最後に入れますが、やりやすい方法でいいと思います。)


・ラテックスチューブの注意点
------------以下は別スレ道場長の書き込みより引用

レース用の決戦チューブラータイヤは全てラテックスチューブです。ラテックスチューブには絶対やってはいけないという整備があり、それをやると今回のように一発でアウトになります。

80点レベルの甘い整備でもブチルチューブなら耐えますが98点の整備でもラテックスだとバーストします。まず絶対やってはいけないことを書きます。

1.こすらない
2.ひっぱらない
3.チューブは空気を入れて○の状態で押さえていれていく、その時ずらさない、ずらすとこすれてしまうので傷がつきバーストします。非常にデリケートで風船を扱うくらいの慎重さが必要です。
4.空気はレースの間だけ入れる。
たとえば競輪のレースは1レース5分くらいです。1場所は3レースあり、だいたい新品タイヤを3場所使えば寿命です。検車が通らなくなります。つまり45分で1本1万円のタイヤが終わります。レースの時はレース直前に空気を入れ、ゴール後すぐに空気を抜きます。そしてタイヤ(ホイール)は必ず空中に浮かせて置く。

 以上がラテックスを扱う基本整備です。たぶん全部できていない。
 バーストは整備ミス、ビットリアがそんな欠陥チューブを売ることはないです。少しこすってもバーストします。ブチルチューブなら許容できる甘い整備もラテックスは許容できません。しかしブチルチューブを扱う時もラテックスチューブ並の完璧な整備をやった方がチューブは持ちます。修行積んでラテックス扱えるようになるか、無理ならブチルチューブにしましょう。決戦用の整備には真剣勝負の厳しい整備しか受け付けないものがあるので気をつけて極めてください。がんばって!

2015/4/4 14:16  [191-16674]   

 ケンメルクスさん  

銘柄:ビットリア open corsa sc2
購入価格:2本で9000 ヤフオク
実測重量(タイヤ、チューブ): 不明
乗り心地:とても良い、路面が滑らかに感じる。向かい風でも進む感じがする
転がり、グリップ:路面に張り付いて安定感がある。下り坂で50km/hくらい出しても怖くない
耐久性、対パンク性:不明
総合評価:68km走ってきたらいつもより2km/h位速かったのに疲労感がとても少ない。
ただの週末ののんびりライドではルビノプロで十分で、コルサSCではもったいなく、「ヨソイキ用」でブルべなどのロングでタイムを競うなどには良いのでは。

はめるのは最悪。
道場長の指導通りやろうとしたが全くできなかった。

リムにはめるのに入らないから引っ張ったが伸びないので仕方なくタイヤレバーを使用した。
横振れしまくりで低圧で直そうとして、1時間汗だくになって揉んだら親指と人差し指が真っ赤に腫れ上がって痛くて仕方がなかったので、軍手をしてやってもびくともしなかった。

敗北感を味わって、「1万円捨てたな」と途方に暮れていたら、ダメもとで「高圧バチンバチン」をやってみたら、8BAR入れて直った。振れは無い。これしかなかった。

私のようなスキルの低い人にはこれしかありません。出来るまで精進すると書きましたが諦めました。

2015/4/4 16:47  [191-16677]   

ハッハッハ。そんなに簡単にマスターできたら修行とは呼ばないです。6800はリム径が大きいのでRS21なんかよりは入れるのは厳しいです。チューブレス対応リムはみんな同じ。

できるようになれば、初めの頃どうしてあんなに苦労していたのだろう??と思うときがきます。でも高圧ビート落としで、できたのなら、それでいいのでは??楽な方法でやってください。

2015/4/4 17:02  [191-16678]   

 小杉むさしさん  

>ビットリアからのメールの進行方向と、箱の写真に写っている矢印の方法が逆じゃないです?
>なんだかなあ。

これ。
ビットリアの印刷ミスだと思って「なんだかなあ」とか言っちゃいました。
ごめんなさーい。

今日、チューブの交換をしていて、チューブのバルブに近い部分がビートとリムに噛んでいたのに気づかずに、新品チューブをパンクさせちゃいました。

いま、チューブとタイヤをはめるときに一番むずかしいと感じるのがこのへんの作業。
バルブ近くの部分が噛んでいないかどうかを確認するのに、リムから出っ張っているバルブをリムの中に押し込んでみたり、引っ張ってみたり、シャカシャカ動かしてみて普通に動けば噛んではいないかなあとか確認してるんですが、これって正しい工程なのかしら。もっと良いやり方がある気がします。どうなんでしょうか。

2015/4/4 22:37  [191-16680]   

タイヤの入れ方 写真の番号で説明

1.タイヤの片側ビートだけを全周入れる。
2.チューブのバルブ部分を入れる。
2下.チューブが丸くなるように少し空気を入れる。
3.丸くなったチューブをタイヤに入れていく。ふわっと軽く入れていく。
4.全周チューブを入れた状態
5.バルブのところから、もう片側のビートを落としてはめていく。
  この時、きっちり指で押しながら1cmづつ横にずらしていくようにはめていく。一度はめたタイヤが外れないように真横真横に指をずらして押さえながらスライドさせていく。

6.最後バルブと反対側が硬くてタイヤをはめれなくなるので、この段階でチューブの空気を全部抜く。空気を全部抜くとチューブがタイヤとリムの間にはさまってくるので、それを押し込みながら指で最初と同じように1cmづつ横にずらしていくように確実にはめていく。指圧のようにタイヤのサイドを押さえながら少しづつ横にずらして入れていけば工具はなくてもタイヤは入ります。

7.チューブを全周入れたら再び空気を1.5くらい入れてタイヤの曲がり、センターの修正を行い、タイヤのビートを全部落とす、5の段階できっちりタイヤをはめていれば、ここで修正しなければいけないことは、ほとんどありません。

最後に空気圧を4〜5気圧くらい入れて終わり。
以上タイヤの入れ方でした。手順さえ間違えなければ簡単!

2015/4/5 00:41  [191-16682]   

 papawishさん  

RACE L 僕も使ってます。同じパナのクローザープラスからの乗り換えで、六甲山ヒルクラを始めてから軽量タイヤで安いものを探していてこれにたどり着きました。最近は走行距離をあまり気にしていなかったので走行距離は良くわかりませんが500km以内だと思います。なのでタイヤの持ちはよくわかりませんが僕は普段使いで使っています。普段使いと言っても通勤なのどの実用ではなくホビーライドで、決戦用の特別扱いではないという意味で。
コスパのいい軽量タイヤで気に入っています。入手性もいいですし。クローザープラスとの比較ではグリップがすごく良くてコーナリングでの安心感が違います。今はチューブはRエア使ってますが、ラテックスも試してみたですね。

2015/4/5 12:30  [191-16687]   

これですか?
Panaracer(パナレーサー) RACE L Evo2 [light] 700×20C ブラック F720-RCL-B2¥ 3,537
http://www.amazon.co.jp/dp/B009ZQH34Q/

Panaracer(パナレーサー) RACE L Evo2 [light] 700×23C ブラック F723-RCL-B2¥ 3,150
http://www.amazon.co.jp/dp/B009ZQH3FA/
もし可能なら実測重量を写真とって教えてください。

僕の経験ではパナはウェット面でよく滑り、1年位でサイドが劣化して裂けました。
タイヤの重量は軽かったです。ゴム質の耐久性がビットリアより落ちるなあと感じました。

雨の日とか濡れた路面で何度か転びかけたり、パンクを繰り返してパナユーザー引退しましたけど、このタイヤよさそうなので詳細レビューお願いします。六甲山の下りで滑らないなんて、かなり優秀な感じで期待できそうですね。

RACE Lも種類が沢山あるみたいで200gを切っているのは20&23cだけでしょうか?

Panaracer(パナレーサー)RACE L EVO2 [light] W/O 700×25C ブラック F725-RCL-B2
http://www.amazon.co.jp/dp/B00MGMU30W/

ビットリアも値段上がったので3000円台で使えるタイヤがあればうれしい!
追加情報よろしく。

2015/4/5 13:45  [191-16688]   

 papawishさん  

道場長様

僕は天秤持っていないので実測できません。すみません。使っているのは23Cです。
雨の日は基本乗らないのですが、ウエットコンディションでも滑って怖い思いをしたことは今のところないです。

昨日、逆瀬川ルートを登ってきました。目標の1時間切りは達成できませんでしたが舗装も一部綺麗になっていて楽しく登れました。登りも遅いんですがダウンヒルも30キロ以下でゆっくり下りるのでタイヤの評価につながるかわかりませんが怖いと思ったことはないです。

僕の使い方ではコスパと性能のバランスが素晴らしいと思っているので当面は他に浮気することはしないと思います。

2015/4/5 14:16  [191-16689]   

 papawishさん  

提灯記事ですがタイヤ構造などはこちらが分かりやすいです。
http://www.cyclowired.jp/microsite/node/
37355

2015/4/5 17:22  [191-16690]   

 α→EOSさん  
RACE L 183g 一年使用 2500q RACE L 178g 一年使用 2500q

RACE L のデータです、まず重量

一昨年に買って一年、2500q 使用後の重量
183gと178g(画像あり)
この2つは、新品状態ではそれぞれ
195gと188g(画像なし)
今は使っていません。


昨年amazonで買ったものは、新品の状態で測定して177gです。
どうも、ロットによって個体差があるみたいで、
昨年実店舗で買ったものは204gありました。
これはパナが交換してくれて、交換品は新品時183gでした。
現在は、この2つを(177g、183g)使用中です。(画像なし)

2015/4/5 22:49  [191-16691]   

 α→EOSさん  
現在使用中、4か月、320q使用

次に、タイヤ状態、いずれも空気圧7barで撮影。

最初の3枚目は一年間、2500q使用後のものです。
特に大きなヒビとか、ケーシングが見えるほどの摩耗はない感じです。

こうして見るとまだ使えそうな気がします。
平地走行ならばたぶんあと500q〜1000qは大丈夫ではないでしょうか。

4枚目は現在使用中(4か月、320q、あまり乗ってない・・・)
きれいなのは当然なのですが、
パナのタイヤに特徴的な中央が尖った形状があまり目立ちません。
(写真ではあまりよく分からないですけど)
見た感じでは普通のスリックです。触ると中央部がやや厚いことがわかる程度。
仕様を変えていると思います。


さらに、参考までに、
昨年実店舗で買ったものが204gだったと書きましたが、
これはとんがり形状でした。でも、パナから来た交換品(183g)は尖がっていない。
実はこのとき在庫を10個以上重量を計っていまして(パッケージ状態で、です)
全て(推定)195〜200gオーバーのものばかりでした。
でも、同時期にamazonで買ったものは177gで、尖っていない。

まとめると、
古いロットはとがんがり形状。重量にかなり個体差がある。
今年になって買ったものはバラつきが少ない可能性がある。尖がりではない。

さらに、
最近気づきましたが、今売っているものは
23cが185g、20cが175gになっています。
僕が買った時は、パナのカタログにも、23cが180gとなっていました。
つまり、最近になってまた仕様変更した可能性があるということです。
推測ですが、耐パンクベルトなどの強化ではないかと。
このあたりは、重量も含めて、買ってみないと分からないのですが、
今使っているものが一年以上はもつと思うので、どうしたものか・・・です。

それと、
このタイヤ、以前は23cで\3900円くらいでした。なんと値下がりしています。
これがどういうことなのか、分からないです。

2015/4/5 23:24  [191-16692]   

 α→EOSさん  

長くなりましてすみません。
蛇足ですが、パナのCLOSER 23c の画像です。
一年半、2000qほどだったと思います。
それなりに劣化していますが、ボロボロではないです。

CLOSERはネットではパンクしやすいタイヤのように言われていますが、
僕はこれを一年以上通勤で使って、一度もパンクしていません。
現在CLOSERは仕様変更でCLOSER Plus となっていて、耐パンク性能がアップした
とメーカーは言っていますので、いずれ試してみたいと思っています。

2015/4/5 23:37  [191-16693]   

 α→EOSさん  

ほんとに何度もすみません、話が混同しないように分けています。

RACE L のグリップについてですが、
僕の技術レベルでグリップ性能を語ることはおこがましいのですが、
参考までに例を、

よく走る甲山や六甲山は10%〜15%の部分があるのですが、
直線で40〜50q/h出ていて、コーナー手前で減速するとき
ルビノプロ3、GP4000s、RACE L は同じような感覚で減速してくれます。
グリップが破たんする感覚はないです。
Closerでも何回か走りましたが、ちょっと頼りない感じがしました。
いずれもドライ状態です。

グリップに関してはもっと技術のある人に試してもらって
限界性能を聞いてみたいという気持ちがあります。
長々とすみませんでした。

2015/4/6 00:02  [191-16694]   

 ya3太郎さん  

レース Lとクローザープラス使い始めました。
レースLはロードに、クローザープラスはクロスバイクに装着してます。
共に、同メーカーのエリートライト比 転がりは軽いですね。
あとレースLの乗り心地の良さに感心させられました。
タイヤも進化しているのですね。

2015/4/6 23:37  [191-16696]   

 小杉むさしさん  

ディープ・インパクトさん

タイヤのはめ方解説ありがとうございます。
チューブがはさまっていないかどうかは、ちゃんと丁寧に見てハメていくしかないですよね。

チューブが丸くなるように少し空気を入れるというところで、写真をみると僕が考えていたよりも結構空気が入っています。なるほどこんくらい入れるのかあ。

2015/4/7 00:37  [191-16698]   

>チューブがはさまっていないかどうかは、ちゃんと丁寧に見てハメていくしかないですよね。
チューブに空気が入っている状態では、はさまることはありません。最後にチューブの空気を抜いて仕上げる時はチューブをはさむので、ここはチューブを押し込みながら入れていきます。

下の写真みたいにチューブラータイヤのようにタイヤをひっぱりあげて入れる方法もあります、でもチューブラータイヤ知らない人がバルブ踏んだり無茶苦茶な整備するおそれがあるので、普通にやって、どうしても入らなければ最後はタイヤレバー使って入れてください。
http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/pic
ture/detail/ThreadID=191-2256/ImageID=19
1-791/


タイヤレバー使う時は以下の2点注意してください。
1.リムを傷つけない
2.チューブをはさまない

自転車の整備は力業でなんとかしようとすると最悪になることが多いので、できるだけ力を使わず華麗に整備しましょう。

あとチューブに白い粉つけて入れたりする人がいるけど、ここは異物は一切入れない、何もつけずに入れましょう。タイヤ裏面とかリムはゴミや砂などが入っていないように、きれいに掃除してください。チューブはとてもデリケートです。

自転車の整備はシンプル イズ ベスト!走るために必要な最低限の部品だけで整備しましょう。

2015/4/7 10:56  [191-16701]   

 ケンメルクスさん  

銘柄:HUTCHINSON FUSION3 チューブレス
購入価格:4,550円 ヤフオク
実測重量(タイヤ、チューブ): 不明
乗り心地:とても良い、路面が滑らかに感じる。
転がり、グリップ:低圧にすると少し重い。グリップは普通
耐久性、対パンク性:不明
総合評価:68km走ってきたら良かった。
ただし平坦なドライのみでコーナーを責めない乗り方に限る

チューブレスはもう使わないと書いたがどうしても試してみたかったタイヤ。
ネットの口コミでは7BAR以上で使用していた。最低でも6.6BARでこれにしたら別物みたいな表現。
そこで6.5BARにした、走り出したら「硬い」と感じた。そこで6.1BARにしてみたが、まだ硬い。

5.7BARにしたら別物になった。あの OPEN CORSA SCやルビノプロ3と同じ感覚がした。
路面が滑らかに感じた。そこでそのまま5.7BARで60km程度走ってきたがとても良かった。
加速や安定感はOPEN CORSA SCにはとても及ばないが、のんびりライドの自分では振動吸収だけなら十分問題ない。
よって4千円台で買えるならチューブ台が掛からないので買いだと思った。

とても気に入ったのでルビノプロをお蔵入りしてしばらくFUSION3で走ってみることにした。

最後に今日6.1BARまででは「硬い」と感じられたのは先週にOPEN CORSA SC2を使ってよいタイヤのイメージを体が覚えていたからだと思う。

「良い物を知らないと物の良さが分からない」という事だと思うので、OPEN CORSA SC2を使ったことは自分にとって決して無駄ではなかったことを今日走っているときにつくづく感じた。

はめるのは大変
IRCでチューブレスは慣れているからとなめていた。
フロントは何とか入ったが、リアの時はあきらめそうになったが、チューブレス専用のレバーで力ずくで入れた。

ビードを上げるときに20分位ポンピングしても上がらないので「レバーでサイドに傷をつけたか?」とか考えてあきらめかけた時に「バルブを一度中に押し込んで再度ねじを締めた」ら上がりだした。土曜日にタイヤを嵌めるだけで疲れ切ってしまった。

次回からは新品の時は必ず前日にパッケージを外しておく、はめる前に端を足で踏んで手で引っ張り伸ばす事を行うよう肝に銘じた。

2015/4/12 14:07  [191-16767]   

 ケンメルクスさん  

ヘラマンタイトンさん

アトムギャラクティカはFUSION3に比べ軽量タイプですよね。
FUSION3みたいに低圧で乗り心地の良いスイートスポットはあるのでしょうか?

なぜこんなことを聞くのかというとIRCチューブレスはFUSION3に比べて軽量で肉薄でサイドが弱くて腰がなく、最後までスイートスポットがなかったからです。

高圧で硬い状態から少しづつ圧を下げていくと、いきなりタイヤが潰れてぺしゃんこになり中間のスイートスポットがありませんでした。その代り軽量でリムにはめやすかったです。

今後の後学の為に教えてください

2015/4/15 07:43  [191-16816]   

スレ主 ヘラーマンさん  
1本め 2本目

アトムギャラクティカはカタログ値240gですが、実測でこれぐらいの重量です。

IRCはタイヤがはめやすい分、空気は抜けやすくないですか?
Hutchinsonは、24時間で2%ぐらいの空気抜けです。前日に100psiだと翌日の同じ時間で98psiです。
3本試しましたけど全部同じでした。

ビードがかなりきついので入れるの苦労しますけど、タイヤレバー使う前提なら全工程で5分もかかりません。タイヤレバー使わないとかなりきついですが、手ではいらないことはありません。

>高圧で硬い状態から少しづつ圧を下げていくと、いきなりタイヤが潰れてぺしゃんこになり中間のスイートスポットがありませんでした。

アトムギャラクティカは、こんなことはありません。
50psiでも乗り心地良くて転がりもいいです。今のところ前60psi、後ろ65spi程度ではしっていますが、転がりと乗り心地、グリップ共にかなり良くて、腰砕け感もありません。

転がりは、数値はわかりませんけど体感ではオープンコルサSC2より少し上です。
また乗り込めたら詳しいレビュー書きます。

2015/4/15 08:14  [191-16817]   

 ケンメルクスさん  

>IRCはタイヤがはめやすい分、空気は抜けやすくないですか?
もう捨ててしまったので数値はわかりませんがFUSION3と比べるとに抜けやすいのは確かです。

>50psiでも乗り心地良くて転がりもいいです。今のところ前60psi、後ろ65spi程度ではしっていますが、転がりと乗り心地、グリップ共にかなり良くて、腰砕け感もありません。

>転がりは、数値はわかりませんけど体感ではオープンコルサSC2より少し上です。

かなり良さそうで欲しくなりますが、実売価格を考えると私にはFUSION3止まりです。

ただ気になってたのでお聞きしました。情報有難うございました。

年末にWIGGLEか何かでセールを期待します。

2015/4/15 10:13  [191-16818]   

 ケンメルクスさん  

走るペンギンさん

IRCのチューブレスはダメですがHUTCHINSON Fusion3は物凄くよいですよ。
体重70kgの私で5.7BARで乗るとルビノプロより良いかも?
6.0BARでは硬いんですよ

ホイールがチューブレス対応ならお勧めできます。ただし耐久性はまだわかりませんが(笑)

2015/4/15 20:44  [191-16825]   

 ケンメルクスさん  

今Fusion3がWiggleで48%OFFの4,102円で買えますよ

http://www.wiggle.co.uk/ja/hutchinson-fu
sion-3-
チューブレスロードタイヤ/

2015/4/15 23:25  [191-16830]   

ケンメルクス さん  

2015/4/16 18:34  [191-16834]  削除

 走るペンギンさん  

ケンメルクスさん、こんばんわ。

忙しくて返信が遅れてしまいましたが有難うございます。TL対応ホイールは持っていませんが、来月に何か新しく買おうと思っていましたので、その折の参考材料にさせてもらいます。ただ耐久性は予算的に重要です(笑)。サクサク減っていく贅沢なトレーニングタイヤはちょっとお財布が厳しいのですよ。

ただタイヤも含め特徴を調べる時間が取れなくて、道場だけみて好評のRS-81かZONDAか迷っている段階ですけど。シマノはまあまあ使ってきたので(〜速使用不可キックも二度食らったことだし)経験を積む意味でもカンパも良いかなとか。残念ながら2-WAYFITだとやや割高ですけどね。

2015/4/18 21:02  [191-16857]   

 ケンメルクスさん  

道場長に質問があります

先週末にHUTCHINSON FUSION3 チューブレスを5.7BARで走ったらとても良かったです。
本日15分くらい5.3BARで走ったら5.7BARと変わらなかったので、さらに前4.8BAR、後5.0BARで乗ったら腰抜け感が全くなく、とても良かったです。

ルビノプロと同じ5.0BARだったのでそれ以下は試してませんが、どこまでやるべきなのでしょうか?
どこまでやるかは何を基準にすればよいのでしょうか?教えてください。

2015/4/23 20:18  [191-16872]   

>どこまでやるべきなのでしょうか?
お好きなところまで、どうぞ。ケンメルクスさんが納得できるところまで、やってください。

タイヤは乗り心地が全てではなく、耐久性、グリップ、雨天時性能、サイドの強さ、振りの有無なども重要です。総合的にバランスのいい空気圧を見つけて快適に乗ってください。

2015/4/24 00:19  [191-16874]   

 ケンメルクスさん  

道場長

>タイヤは乗り心地が全てではなく、耐久性、グリップ、雨天時性能、サイドの強さ、振りの有無なども重要です。

早速有難うございました。しかし私のレベルではハードルが高すぎて参考になりません。

以前「空気圧は数値に頼らず指でタイヤを押す」というのがあったのを思い出して、5.0BARのリアを指で押すと調度ルビノプロ5.0BARと同じくらいの硬さ。
フロントは4.8BARだとちょっとやわらかい。

そこで5.0BARで乗ってみることに決めました。
こうゆう決め方もありかなと思います。

これでもメーカー推奨値からは2.0BARも低いですけど、、、

2015/4/24 07:21  [191-16875]   

数字に頼らず、自分の直感を信じた方がいいです。トルクもそうなんだけど、あんまり数字にばかり頼っていると部品ぶっ壊したりします。自転車の場合極限まで軽量化しているので、とても壊れやすく、締めすぎや圧力かけ過ぎという「過ぎた力」は部品を壊したり劣化させたりします。

自転車屋の整備は「過ぎ」のオンパレードで、そのままで乗ってると寿命が短くなります。
たとえばホイールが30秒で止まったり、クランクが2回転で止まるということは摩擦が大きく、引っかかっているということです。その状態で無理に回せば当然すり減るのが早くなったり、部品が壊れたりします。

空気圧も入れ「過ぎ」は振動がきつくなり身体にも悪く、タイヤのゴムも伸びて弱くなります。風船をパンパンに膨らませて使えば、余裕のある状態の風船より、はるかに早く破裂したり、しわしわになります。タイヤも全く同じです。

風船を膨らませる時、これ以上入れるとヤバイなというのは誰でもわかるでしょう。風船入れるとき空気圧計見て入れますか??もし空気圧計使っていて4気圧まで大丈夫とマニュアルに書いていて、入れて目の前で破裂しそうになってたら、そのマニュアル道理に空気入れる人は誰もいないでしょう。風船なら自分の直感を信じるのに自転車のタイヤだと空気圧計やメーカーの利益稼ぐための推奨空気圧を優先するのは、なぜでしょう?

それは一般の人は自転車のタイヤに空気入れる経験を風船ふくらませるほど積んでないからです。僕なんか風船ふくらませる100倍位自転車の空気入れてますから、風船より自転車のタイヤの方が直感でよくわかります。

空気入れは自転車整備の最難関整備です。風船が一番長持ちしてきれいに見える空気圧はいくらなのか?同じ材質、同じ経過日数、同じ劣化の仕方の風船など存在しません。1個1個すべて最適値は変わります。自転車のタイヤも1本1本全て条件が異なります。だからひとつひとつのタイヤに触れて判断するしかありません。

だから最難関整備なのです。経験積んでタイヤの声を聞けるようになってください。

2015/4/24 11:35  [191-16876]   

 ATOK103さん  

銘柄 VITTORIA OPEN CORSA CXIII

 ここでは,SCの方がお勧めなんですが,勘違いしてCXIIIを買ってしまいました。
 RUBINO PROよりしなやかで乗りごこちのいいタイヤだと感じました。
 気に入っていたのですが,昨日ツアーに出ていたときにパンク。ごく小さな小石がトレッドに刺さっていました。RUBINO PROだったらあのくらいではパンクしなかったような気がします。
 別に,CXIIIが悪いタイヤだというわけではなく,使う場面を考えるべきなのかなと思った次第です。

2015/5/6 11:14  [191-17083]   

スレ主 ヘラーマンさん  

別スレですが、内容的にこちらだと思うので引用しておきます。勝手にやっているのでダメなら指摘願います。

-----------以下、道場長の書き込み「CAAD10組み始めました」スレ(道場長はバルブ側からタイヤを入れる派です)

>バルブ側はは必ず最後に入れるようにしなければいけません。
これ面白いので論争してみましょう。チューブレスタイヤについてはよく知りませんのでクリンチャータイヤの場合で、たぶん、バルブ最後論の元はこのあさひのメンテナンスマニュアルだと思います。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/mente-tir
etube1.html


説明文に*パナソニックポリテクノロジー(パナレーサー)では「バルブを最後にはめる」という方法で統一して、各地で講習会を行っています。
と書かれています。あさひも正しいの根拠は自分たちの経験ではなく「パナソニックがいってるから」を錦の御旗にしています。

メンテマニュアルに紹介されている写真をアップします、これ、みなさんどう思いますか?

僕はこんな入れ方している人がいたら3流ド素人と思います。

ケンメルクスさん、こんなタイヤレバーの使い方します??

パナってこんな使い物にならないゴミタイヤレバー売ってたり、接着力の弱いゴミパナリムセメント販売して人をケガさせている会社です。(僕もケガしました)
https://www.aeonbike.co.jp/shop/goods/go
ods.aspx?goods=A102-0566


チューブラータイヤ販売している会社なのに、タイヤがすぐ外れるセメントを平気で販売しています。そういう会社が講習会で広めているのがバルブ最後入れ。

僕の整備は競輪タイヤのはめ方が基本です。

チューブラータイヤはバルブ位置を最初に固定させます。最後にバルブを入れることはありません。バルブ位置をきっちり固定させないと他が全部動き無茶苦茶になります。引っ張ったり無理な力をかけるとタイヤが変形するので自然なままで入れていきます。

チューブラータイヤや薄いチューブで一番触っていはいけないところはバルブです。ここを押したり触れるとチューブが痛みバーストします。だからバルブは、なるべく触れない、当たらないように気をつけます。

ではバルブを最初に入れるのと最後に入れるのでは、どちらが整備している時にバルブ部分に力がかかるでしょうか?最後ってタイヤ入れるために思いっきり力かけますよね。力かけた時にバルブ押さえたりしません?

こんなあさひの2本タイヤレバー使ったような整備やって、バルブ周辺へのストレスはどうでしょう?

僕はタイヤレバー使う時は、必ず下からチューブのぞきながら、リムにも傷がつかないように角度もリムに対して90度以内でできるだけタイヤを上げずに使います。チューブをみないで上からタイヤレバーをあげるような、こんな写真の整備は絶対やりません。

タイヤレバーは基本1本あれば十分です。2本は使いません。ほとんど指で出来ますけど、レバーを使う時も1本で十分。パナが講習でこんなタイヤレバーの使い方を教えているとしたら、バルブ最後を薦めているだけのことはあると感心します。

ということで、バルブを最後に入れた方がいい理由などを詳細に書いて欲しいと思います。

現在は僕のバルブ最初入れ方法しか自転車道場にはアップしていません、なぜバルブを最後にした方がいいのか?その時のタイヤレバーの使い方はどうか?などなど、タイヤの入れ方なども写真で紹介していただければと思います。議論しましょう。

僕は現在はバルブ最初入れで何の不都合もありませんけど、議論の結果バルブ最後入れの方がいいなら、バルブ最後入れにします。今は僕にはメリットはわかりません。意見よろしく。

2015/5/16 13:10  [191-17229]   

スレ主 ヘラーマンさん  

----------以下、ヘラマンタイトン(私)の書き込み

私も昔はバルブ側からやっていましたけど、今はバルブの反対側から派です。
Panaやあさひが推奨していることは知りませんでしたし、私は誰かの受け売りではなく自分だけの経験です。

両方の入れ方で経験を積んでいれば、双方の利点が簡単にわかると思うのですが、そういう人は少ないと思うので書いておきます。

1・バルブから入れる場合

・良い点
チューブが余る場合でも振り分けて沈めやすい。バルブ角度が斜めになりにくい。

・悪い点
バルブ位置はビードをリム中心に落とせないので、タイヤをバルブ側から入れるより引っ張らないと入れられない。
バルブ位置のチューブかみこみ確認を最初にする必要があり一手間余分にかかる。初心者はここでかみこませやすい。
最後のタイヤの落とし込み時にタイヤがきつい場合、リムとタイヤに挟まれてチューブを傷つけやすい。(リム内にチューブがなくタイヤ側にあるため)


2・バルブを最後に入れる場合

・良い点
完全にビードをリム中心に落とせるので、タイヤを伸ばしてしまう量が最も少なくタイヤに優しい。最後のハメるときに最も力がいらない。
バルブが斜めにならなければ工程がスムーズで作業時間が短い。
最後の落とし込み時は、バルブ位置にチューブが固定されているので、この時にチューブを傷つける可能性が低い。

・悪い点
バルブ反対側からスタートするので、正確かつ均等にチューブを収めていかないと最後にバルブの角度が斜めになりやすい。斜めになると最初からやり直し。


バルブが斜めになりやすいところは、チューブをうまく収める経験をつめば、ほぼ100%で成功できるようになります。

結局双方で入れていれば、バルブが斜めにならない程度のスキルが身につけば、力使わずに楽なのはバルブ最後の方なので自然とこちらになりました。バルブ側から入れるよりタイヤに余裕があるので、まずタイヤレバーは使いません。


人によっても得意不得意があるので、WOの場合はどちらが正しいとも言えないと思います。
バルブ側からやってタイヤレバーが無ければ入らないきつさの場合でも、バルブ側を最後に入れることでタイヤレバーを使わずにすむことがあります。
もし興味ある方はチャレンジしてみてください。


こちらのスレにも、詳細を書いていますので読んでみてください。

「ホイールおすすめ教えてください」
http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-11349/#191-11390



ただし、チューブレスタイヤはバルブ最後じゃないとダメです。これはチューブラーがバルブ側から入れなければ入らないように決まり事です。

2015/5/16 13:11  [191-17230]   

スレ主 ヘラーマンさん  
噛み込みチェック

バルブ側を最後(バルブの反対側からタイヤを入れていく)にした場合の手順です。

1・タイヤの片側ビートだけを全周入れる。

2・チューブが丸くなる程度に少しだけ空気を入れたチューブのバルブ部分を入れる。(バルブを入れた後に空気を入れてもかまいません)入れ過ぎ厳禁!

3・丸くなったチューブをタイヤに入れていく。赤ちゃんを触るように優しくふわっと、バルブ位置から左右に均等に入れていく。この時にチューブが余るようだと、シワが寄らないようにうまく余らせ具合を調整しながら入れる。バルブが斜めにならないように!

4・空気を少しだけ抜き、バルブ反対側からもう片側のビートを落としてはめていく。この時の空気量が重要で、ビードをリムの谷に落とせてチューブがかみこまない程度がベスト。

5・しっかり谷に落としながらバルブ反対側から、両サイド同時にビード落としを進めていく。その時にチューブがタイヤの中に入っているかを指で感じながらやれば、噛みこむことはありません。(タイヤでチューブを包み込むような感じ)ホイールを立てた状態で上側から両サイドに向かってやっていけば簡単です。道場で出ているタイヤなら(ルビノプロとかGP-4000s他)だと、うまくなれば寝かせた状態(本人は座ったまま)でも簡単に入ります。

6・立ててやった場合は最後のところで、ビードを抑えたままホイールを反転し両手の指で引っ張って押し込みます。

7・タイヤが入れば、バルブをスポスポ押したり引っ張ったりして、バルブ部分のチューブの噛みこみを治します。(空気が入り過ぎならこの時点で空気を抜いてやってください。4で最適の空気量にしていたら抜かなくて大丈夫です)

8・その後、画像のように片側ずつ全周ビードへのチューブの噛みこみをチェックし、バルブが曲がっていなければ空気を入れます。

9・天ブリ、曲がりなどを確認して、問題なければ適正圧に調整し、問題あれば空気を抜いて調整します。空気入れてバルブ曲がっていれば2ぐらいからやり直しです。


道場に出てくるタイヤ銘柄だと、ほとんど(全部?)タイヤレバー無しでいけます。以上です。

2015/5/16 13:14  [191-17231]   

バルブを最初に入れてます。
というか、バルブを最後に入れるというやり方があることも知りませんでした。
1〜3までは同じです。
4ではバルブがある方からもう片側のビードを落としてます。
ワイヤービードだと硬くて入れにくいですけど、ケブラービードのタイヤは比較的装着がしやすいですね。
写真のザフィーロもワイヤービードなんじゃないでしょうか。
以前使ってましたけど入れにくかったです。

2015/5/18 00:19  [191-17253]   

 ケンメルクスさん  

>9・天ブリ、曲がりなどを確認して、問題なければ適正圧に調整し、問題あれば空気を抜いて調整します。空気入れてバルブ曲がっていれば2ぐらいからやり直しです。

チューブレス対応リム(2way-fit)にクリンチャー入れる場合は指が腫れあがるまでもんでも振れは治りませんでした。
仕方なく推奨圧の上限8BAR?まで入れたらビードが上がり振れが取れました、その後下げて乗りました。

2015/5/18 10:26  [191-17257]   

スレ主 ヘラーマンさん  

チップインダブルボギーさん

ワイヤービードのザフィーロは硬いのでいれにくいですが、バルブ反対側から入れると新品タイヤでも入ります。ザフィーロは外すときは手だけでは無理かもしれませんけど。
ことわざ通りで「押してもダメなら引いてみな」です。


ケンメルクスさん

>チューブレス対応リム(2way-fit)にクリンチャー入れる場合は指が腫れあがるまでもんでも振れは治りませんでした。
>仕方なく推奨圧の上限8BAR?まで入れたらビードが上がり振れが取れました、その後下げて乗りました。

これはフレじゃなくて単なる装着ミスです。ビード上がってないだけ。ビード上がった状態で天ブリなどを確認してください。最近のロード用のタイヤはまともに装着すれば、ほとんどフレでないです。

ママチャリ用と小径用とかの格安タイヤ(チューブ込み1000円のとか)は、曲がっているのとか、ビードがよれていて装着すると天ぶりがでるものなどあります。治らないものは不良品交換です。

2015/5/18 10:54  [191-17258]   

 うーむ。。。さん  

チューブレスタイヤをはめる時に、空気圧を上げるのはごくごく一般的な話かなと思います。
自動車用やオートバイ用のタイヤであれば「ビードシーティング圧」という、タイヤをはめる時専用の、通常よりかなり高い空気圧が指定されていて、その圧力を掛けてビードをしっかり固定し、すぐ空気を抜いて通常の走行用の空気圧にします。

ロードバイクやMTBではビードシーティング圧を掛ける必要があると言っている人と言っていない人がいますが、「不要」とまで言い切る意見は見たことがなく、自分の中では宙ぶらりんな感じです。IRCのサイトを見てみましたが、ビードシーティング圧を掛けろとは書いていませんね。

私は規程圧の最大まで一旦掛けてから空気を抜く方法を取っています。
高くし過ぎるとリムを傷めるので注意して下さい。

2015/5/18 13:46  [191-17265]   

 ケンメルクスさん  

うーむ。。。さん

クリンチャータイヤを入れるときも「ビードシーティング圧」の事は適用されるのですか?

WH-6800にOPEN CORSA SC2を入れた時の事を書いたのですが、道場長に「修行はそんなに簡単に出来たら修業とは言わない」と笑われました。

思い切り指に力を入れて30分くらいタイヤと格闘しましたが、全く歯が立たなかった。
完敗です。アメサイドと黒の境のラインがリムと平行にならなかった。ガタガタに曲がっていました。

仕方なく8BAR入れたら大きな音がしてアメサイドと黒の境のラインが全週に渡ってリムと平行になりました。

2015/5/18 18:17  [191-17267]   

 走るペンギンさん  

バルブの方から入れてます。今までは逆から入れるとフレやすい…と思ってましたけど、ヘラマンタイトンさんの方法を参考にすると単なる修行不足の模様。うーん奥が深い。

昔パナの不良チューブで痛い目みたので、アサヒの画像が「今は2本レバーでバチーン!と嵌めてもバルブ周りは大丈夫!」と頑張ってアピールしてるように思えます(笑)

2015/5/18 19:54  [191-17269]   

スレ主 ヘラーマンさん  
1本目 2本目 5ヶ月目のサイドの状態

Hutchinsonで、最上位グレードのチューブレスタイヤATOM Galactikです。メーカー曰く、同社のプロ用チューブラーより20%転がり抵抗が低いとのこと。

カンパユーラス2WayFitに装着
これぐらい走行感が軽いと、乗っていてかなり楽しいです。

銘柄:Hutchinson ATOM Galactik(23C)
購入価格:\4,046/1本(CRC安すぎて代理店からのクレームか現在取り扱い中止?)
実測重量:平均241.5g(チューブレスでこの重量は軽い!)
乗り心地:必要十分にいいです。OpenCorsaSC2&ラテックスとくらべても同等かそれ以上です。ただしVeloflexMaster&ラテックスにはしなやかさで負ける感じ。このタイヤ70psi以上だと非常に転がりが軽いです。しかし、私の好みの乗り心地にするためには、前60psi後65psi程度まで落とす必要があり、この状態だとOpenCorsaSC2&ラテックスと大差ないです。


総合評価:
完全なスリックタイヤで実測で21.3mmと非常に細いです。これやVeloflex Master20cに慣れると、OpenCorsaSC2(実測23.7mm)はかなり太くクロスバイクのタイヤに見えます。

このタイヤの装着はめちゃめちゃキツく、タイヤ装着の熟練した人でもレバー無しで入れるのは困難です。上手な人ならレバー使えば5分とかかりませんので、素直にレバー使うほうがいいです。正常に装着できれば空気抜けは殆ど無く、24時間で2%以下と優秀です。

※カンパの2Wayで使う上での注意点(シマノはコア一体型なので問題ありません)
バルブコアが外れるタイプでコアが緩みやすく、コアが緩んでいて空気が抜ける事があります。空気を入れていると緩んでくるので定期的な増し締めが必要。

グリップはOpenCorsaSC2ほどしっかりした感じではありませんが、タイトなヘアピンコーナーでかなり倒しこんでも問題なく、私のレベルでは十分です。また、限界時の滑り出しが分かりやすくコントロールがし易いです。ウェット路面はルビノプロにはかないませんが、危険に感じることはありませんでした。

転がりは非常に軽く、空気圧によってはOpenCorsaSC2を超えるのではないかと思えるほどです。ただ、チューブレスとしては超軽量なので耐久性は低めで、走行距離1300km、室内保管5ヶ月でサイドに細かなヒビが入ってきました。でもトレッド面の傷はほとんどないので、耐パンク性能は悪くなさそうです。SC2はパンクはしませんが思いの外、切り傷がつきやすい感じで500km程度走っただけでトレッドに切り傷が数箇所できました。でも今の摩耗具合からだとリアタイヤで5000kmぐらいなら持ちそうです。


今回、かなりの期待をしてチューブレスを導入したのですが、装着の手間まで考慮するとまずまずといったところでしょうか?でも走行感は結構気に入っているので、クリンチャーのSC2かMaster、チューブレスのGalactikで使い分けします。

性能的には、WOのオープンチューブラー&ラテックスと比べると好みの差程度ですが、装着のしにくささえクリアすれば管理面や安心感もあり、チューブレスホイールを所持している人は一度は試してみて欲しいタイヤです。1本4000円前後なら迷わず買っていいタイヤだと思います。

ただ、このクラスのタイヤを使ってしまうと、GP-4000sにすら戻れなくなるので注意してください。

2015/5/18 23:00  [191-17279]   

 ケンメルクスさん  

ヘラマンタイトンさん
レビュー有難うございました。大変参考になりました。

>1本4000円前後なら迷わず買っていいタイヤだと思います。

これは無理なようです。
実売価格は8,000円を超えているようですよ

http://www.81496parts.com/jouhou/hutchin
son/hutchinson_tl.html

2015/5/19 07:42  [191-17283]   

 _toshiさん  

ケンメルクスさん:

>これは無理なようです。実売価格は8,000円を超えているようですよ

そうでもないですよ。

今はCRCでは扱っていないのでWIGGLEですけどFUSION3が税込み¥4103!

2月だったかな? CRCでGALACTICを同じような値段でセール販売していたので買いましたよ。

2015/5/19 20:47  [191-17291]   

 ケンメルクスさん  

>今はCRCでは扱っていないのでWIGGLEですけどFUSION3が税込み¥4103!
日曜に注文してしまいました。

>2月だったかな? CRCでGALACTICを同じような値段でセール販売していたので買いましたよ。

本当ですか?そんなことがあるんですね???
羨ましい限りです。今度あったら私にも教えてください。

それはそうと、2月頃朝霞水門で休憩していたら二人連れの方が来て1台は白いアンカーに赤いバーテープだった様な気がするんですけど。

気のせいですかね。可能性ありますか?

2015/5/19 21:27  [191-17292]   

 _toshiさん  
244g 251g

ケンメルクスさん:

>本当ですか?そんなことがあるんですね???
羨ましい限りです。今度あったら私にも教えてください。

今シーズン用のチューブレスを用意しておこうとCRCのサイトを偶然訪れたら、なんですけどね。

ラッキーでした。

>それはそうと、2月頃朝霞水門で休憩していたら二人連れの方が来て1台は白いアンカーに赤いバーテープだった様な気がするんですけど。
気のせいですかね。可能性ありますか?

あー、残念ながら私ではないです。
去年9月、10月の左足首内側の靭帯損傷に続けて、今年の2月、3月は左足首外側の靭帯を痛めていて先月まで乗れていませんでしたから。

GALACTICの重さを量ってみました。

規定より思いし、バラつきも大きいっす・・・・・

2015/5/19 21:59  [191-17293]   

 ケンメルクスさん  

toshiさん

CRCて普段は高いんですね

2015/5/22 05:16  [191-17322]   

スレ主 ヘラーマンさん  

CRCは、セール品が安いのでちょこちょこ覗いてみるといいですよ。

在庫処分とかはすごく安い時があります。あと、たまに大物以外全品送料無料のときもあるので、そのときにセールの小物買うといいです。

アトムギャラクティカは、5000円台なら買ってもいいと思いますけど、6000円超えるとキツイですね。私だったらチューブレスにこだわりないので、高ければオープンチューブラー&ラテックスつかうかな?

2015/5/22 09:37  [191-17324]   

 _toshiさん  

今日は天気も良く、気持ち良く走れました。

帰ってきてタイヤを拭いていると「あれこの膨らみは???」

反対側に回って良く見てみれば、「うそ?!トレッドが剥がれてきてるじゃん!」

出かける時には気が付かなかったなぁ・・・

マジかー、何セットも使ったけど、このヤレ方は初めてだー。

この状態を知ってしまったらもう怖くて乗れないので、早速買い置きのGALACTIKに交換しました。

ビードクリームは使ったけど交換自体は一輪3分ほどで完了、さすがに手だけでは最後の15cmほどが入れられずIRCのタイヤレバーを使いました。

ビードも一発であっさり上がったし、それでいて振れも全く出ない精度の良いタイヤみたいです。

そして23Cだけど、若干細めの仕上がりですね。

エアーを7kg入れて放置して有りますので、次の週末にエアーの洩れ具合を確した上で走ろうと思います、楽しみだなぁ。

さて、今朝の飼い犬の散歩にてメスのカブトムシを発見しました、今年初。

まだ地中から這い出たばかりなのか泥だらけで若干小さめな固体でしたが、落ちていた桜の木の実に元気に力強く吸い付いていました。

ガンバレよ。

2015/5/24 21:44  [191-17346]   

 _toshiさん  

写真を忘れました・・・

2015/5/24 21:47  [191-17347]   

なんか一番大切なものを忘れているなあと思うので書きます。
自転車の部品にしてもタイヤにしても「軽い」のはいいことですが、軽さを最優先させるのは「レースで勝負」する時だけで、通常は軽さより安全が優先です。

優先順位で書くと
1.安全
2.耐久性
3.価格
4.乗り心地
5.軽さ

時速25km以下なら軽さ優先タイヤを危険ラインで使っていても血だらけにはならないでしょうけど、時速50kmを越えると1、2が優秀なタイヤでないと血だらけ確率が上がります。たとえば時速50kmで下りコーナーを回る時、空気圧が0.5下がっているだけでグリップが耐えられず滑って飛んでいったりします。

チューブレスタイヤについて僕が心配なのはスローパンクです。ラテックスチューブでもそうですが朝、家を出るときに最適な空気圧であったとしても夕方には下がっています。この下がり方が安全を確保できないところまでいってしまうとコーナーでグリップが効かなくなったりします。チューブラーの決戦タイヤなどは10気圧くらいはいれますがラテックスチューブの減量分を予想して高めにしている面もあります。

チューブレスタイヤがどのくらい空気が減るのか、僕はわからないのですけど、構造的には心配です。

タイヤが信頼できないと命を預けて全力で走れませんから、空気圧が減っても支障が出ない速度で走るしかありません。コーナーもこわごわ走る、そんな感じです。そのあたりの信頼性についても書き込みお願いします。

それとタイヤについてははっきり用途が分かれていて、決戦で使うものをポタリングで使うのはもったいないです。決戦タイヤというものは、そのレースの間だけ持てばOKという条件で製作されていて軽くても耐久性はありません。

ホイールも同じで軽くなればなるほど耐久性は悪くなり壊れます。
僕がお薦めしているRS21&ルビノプロ3は1、2の安全性と耐久性は抜群のコンビです。1万km乗り続けても安全性の低下を損なわず乗れます。

しかしたとえばZONDAはフリーのメンテが3000kmで必要です。バネが弱く交換も必要です。そのまま乗り続ければバネが飛びフリーが、どっち回しても空転して走行不能になります。

またデュラエースなどのカーボンリムはカーボン部分の劣化、耐衝撃性の弱さがあります。タイヤで言えばOPEN CORSA SC2は重量は軽いですけど摩耗は早く2000kmくらいで寿命がきます。ミシュランやパナはサイドが弱く新品でも切れてバーストしやすいです、時速25km以下だとバーストしても耐えられますが50kmでバーストすると血だらけになります。

何かを優先すれば何かが犠牲になります。全ての用途に最適なタイヤはありません。
どういう使い方をするかでベストを探っていくしかありません。

軽い決戦タイヤは乗り心地を犠牲にしても高圧にします。高圧にしなければ危険になるからです。ルビノプロ3のような丈夫なタイヤは5気圧以下でも大丈夫ですけどOPEN CORSA SC2は1〜2気圧は高圧にしないと安全が確保できません。

また同じタイヤでもその日の状態で空気圧は変えます。だから空気圧計だけ見て必ず5.0とか数値に頼らない方がいいです。空気圧計だけ見てタイヤを触らず走る人がいますけど、もし空気圧計が狂っていればどうなんでしょう。最終的にはタイヤを実際に触ってタイヤの声を聞き、計測器と自分の感触と違っている時は、僕は自分の感触を信じた方がいいと思います。

最近の医者は患者の身体を見もせず、検査結果の数値ばかりみて診断しますけど、数値に判断を丸投げして自分の感覚を鈍らせていると、とんでもない危険を招くことがあります。僕は患者の身体に触れもせず診断を下すような医者は絶対信用しません。自転車も実際に触りもせず計測器ばかり見ているような人には整備は任せられません。自転車はとてもデリケートでメーターには出ない数値化できない部分で整備を行うことが多く、タイヤの空気圧もそういう整備に含まれます。

一番大切なことは「安全」であり、軽いホイール軽いタイヤが安全を維持できる期間というのはとても短く、そういう部品を使う時には「危険になる前に、すぐ交換していく覚悟」が必要です。そのことを肝に銘じて、ケガしないように乗ってください。

一度もこかさない、一度もケガしないでね。

2015/5/30 09:06  [191-17432]   

 _toshiさん  

GALACTIC TL:

先週交換しておいた上記タイヤですが、エアーを7kg注入した状態にて一週間放置で前後とも5kgほどに落ちていました。
前後とも同じような数値なのでタイヤサイドやビードからの空気漏れは無いと判断します。
乗ってみましたが、スタートでは重量の若干の軽さを体感できますが、すぐに慣れてしまって分からなくなります。
転がりはヘラマンタイトンさんの言うとおり、確かに笑っちゃうほど軽いですねぇ。
そして今日の段階ではまだハッキリした事は言えませんが、グリップも悪くはなさそうです。
乗り心地も悪くはないし、ロードノイズも大きくはない、切り返しも軽いので、これで耐久性さえ良ければ文句は無いですね。

私の位置付けは
1.安全性(絶対に1番)
2.乗り心地(結構重要)
3.軽さ(できれば軽いほうが良いレベル)
4.耐久性(2シーズン使えれば御の字)
5.価格(限界有り) でしょうか。

とは言っても競輪用の決戦タイヤのように1本 何万円もするタイヤは買えませんけど。

スローパンクについてはケースバイケースですけど私的にはチューブド、チューブレスでそんなに大差は無いと考えます。
圧が下がってくれば体感は出来ると思っていますので、刺さる物次第での運って事でしょうか。

ま、私の場合、決戦は無しのポタリングオンリーですから、皆さんとは異なるかもしれません。

>何かを優先すれば何かが犠牲になります。全ての用途に最適なタイヤはありません。
どういう使い方をするかでベストを探っていくしかありません。

まさにそうですね。

何はともあれ「一度もこかさない、一度もケガしない」は肝に銘じておりますよ。
(お前は一度死にかけているだろう!って突っ込みは勘弁してください(笑)


2015/5/30 18:37  [191-17446]   

 ケンメルクスさん  

ホイールの回転調整のスレッドでタートル教授がぷらっくまさんに定量評価を依頼していたのでどの様な報告があるのかとても楽しみにしていました。

現時点でぶらっくまさんからはまだ報告が無いのはとても残念です。
--------------
>【転がり】:トッパジオプロ >>>> ルビノプロ3スリック > ルビノプロ3

評価の結果は、不等号で評価されているとはいえ定性評価です。

新しい時代に合わせて、定量評価を付け加えられないでしょうか?
------------------
自分の中で「定量評価」というキーワードがなんとなく気になっていました。
チューブレスタイヤに付いて道場長が「信頼性」に付いて心配されています。
優先順位を始めもっともな、内容だと思いました。

それに対してtoshiさんの内容も、私もチューブレス使っているので納得できる説明だと思いました。
>圧が下がってくれば体感は出来ると思っていますので、刺さる物次第での運って事でしょうか。
私も同感ですが道場長に伝わっているかというとちょっと心配です。

そこでお互いの内容は間違っていない正しいし伝わらないのはやはり「定性評価」であり「定量評価」が必要なのではと考えました。

自分だったらどんなことが定量評価なのか考えてみてイメージは掴めてきたので、見てもらいたいと思います。

雰囲気が分かってもらえればうれしいのですが、

上がIRC Formula pro RBCC tubeless、下がHutchinson Fusion3です
あくまでケンメルクスが感じた結果をグラフにしました。

IRCはロングではスイートスポットが無くレースに特化して高圧にしてケツは痛いけどとにかく転がりを軽くして走ることしかできないという事が分かってもらえると良いのですが。。
これにロングライドの快適性を求めるのは選ぶ相手を間違えてると思いました

Fusion3は4.8BARから5.8BARまでが転がりがそこそこ良くて振動吸収性の両方が良い領域です。
ここを使えばロングライドではとても素晴らしいタイヤの特性をもっています。
6.5BAR位で乗ると転がりが少し改善されますが振動吸収性が極端に落ち、ケツの痛いタイヤに変身します。

ここで本題に入ります。
>圧が下がってくれば体感は出来ると思っていますので、刺さる物次第での運って事でしょうか。

私はFusion3を5.0BARで常用しています。もしパンクで4.5BARになろうものなら、転がり抵抗がものすごく落ちて非常に重いタイヤに変身します。
だから「体感できると思っています」

あくまでイメージなので測定機器で計測して「単位」が付いているわけではありませんが、ベターになったでしょうか?

2015/5/31 16:48  [191-17469]   

 beeシュリンプさん  

>現時点でぶらっくまさんからはまだ報告が無いのはとても残念です。

転がり抵抗の定量評価、最低限でもどのくらいの費用と労力かかるか考えた事あります?
少なくとも新品のタイヤ3セット用意しなきゃないのですよ!
デストだって3人はいないと出来ないでしょ、デストする場所だって限られるし、そこまでの移動の費用はだれかだしてくれるのですか?せっかく遠くまで移動しても風が安定しなくてテストできないことだってあるでしょ。
頼むほうも頼むほうだけど(本気で言ってるのではないと思ってましたが)まさか「報告が無いのはとても残念です」なんて発言が有るとは...。

2015/5/31 20:15  [191-17472]   

 beeシュリンプさん  

テストがデストに成ってました脳内変換お願いします。
タイヤの転がり抵抗、メーカーは(他社製品も含め)把握してるかもしれませんね、それ用の計測機器使って。
ミシュラン社の自動車用のタイヤの性能をテストする装置をテレビで見たことあります。

2015/5/31 21:17  [191-17477]   

 _toshiさん  

評価は難しいですね。

転がり抵抗の定量評価は、どこかのタイヤメーカーのTV CMのように坂を下れば出来るでしょうけど、結局のところ乗り心地はフレーム、ポスト、サドルの素材やサイズを含め最終的には個人の感覚によってまったく変わりますのでね。

私などいい加減な性格なので、二日目連続して乗る日などタイヤを触ってみてエアーが相当減っていなければそのまま出掛けちゃいますし。



2015/5/31 22:29  [191-17480]   

タイヤ入れのバルブ最初&最後の実験をしました。結果はヘラマンタイトンさんの言うとおり!

バルブ最後の方が楽です。
バルブが斜めにならないように押さえて傷つけないように入れるのがコツですが慣れれば、圧倒的にバルブ最後の方が楽です。

でもママチャリのような太いタイヤはバルブ最初入れの方が、うまく入ると思う。
23Cとか細いクリンチャーはバルブ最後ですね。

やっぱり実際やってみないとわからないものです。ヘラマンタイトンさん稽古付け、ありがとうございました。

2015/6/1 18:09  [191-17498]   

スレ主 ヘラーマンさん  

道場長、実践報告ありがとうございます。

>バルブが斜めにならないように押さえて傷つけないように入れるのがコツですが慣れれば、圧倒的にバルブ最後の方が楽です。

そうなんですよ。コツさえ掴めばチューブとタイヤにやさしく、手順にも無駄がなく作業が速いので楽なんです。パナのレバーの使い方はどうかと思いますが、もうちょっとちゃんと講習したらいいと思いますよね。

最近のPanaracerのレバーはエッジがマイナーチェンジされていて、使ってみると分かりますけどチューブレスでも使えます。

2015/6/2 08:17  [191-17517]   

追加でいろんなタイヤで実験しました。

僕の結論

1.タイヤレバーを使わなければ入らないような硬いタイヤはバルブ側から入れた方が安全。
 バルブを最後にするとチューブ&バルブ破損の可能性が高くなります。

 チューブの安全を優先するならバルブ最初の方がいいです。何度か実験しましたけどバルブ最後にするとバルブのずれが起こり、このずれを直すためには、全部外して一からやり直しになります。またタイヤレバーを使う場合はバルブ最後にすると気をつけていてもチューブを傷つける可能性は上がります。出先で1本しか予備チューブがなく絶対失敗が許されない環境で失敗する可能性が高いバルブ最後は使いたくないなあと思いました。

 僕は安全と失敗なしを優先し出先ではバルブ最初入れを今後も続けます。

 タイヤの引っ張りなどはバルブ最後にした方が、余裕があり、あまり引っ張らないで入れることが出来ます。しかしバルブの微妙な位置がどうしても狂いますね。バルブ最初に入れても狂いますから、なかなかここが難しいです。(曲がってても気にしない人にはいいかもしれませんけど、僕は無理)

 バルブを最後に入れて楽で安全なのは空気を抜かなくても手で全部入るくらいの余裕のあるタイヤでした。きついタイヤは破損リスクが上がります。熟練すればバルブ最後にいれても100%位置ずれとチューブ破損をしないで入れれるのかもしれませんけど、何十年もバルブ側から入れるの慣れているので、今更、もういいかって感じです。決定的理由はチューブ破損の心配がぬぐえないことです。ということで僕は今後もバルブ最初入れでいきます。以上報告でした。

2015/6/2 09:46  [191-17521]   

ケンメルクス さん  

2015/6/2 14:14  [191-17525]  削除

 ケンメルクスさん  

道場長

タイヤレバーはどこのを使っていますか?

私はパナとコンチとBBBのを持っています

今回の実験で使ったのはどこのでしょうか?

2015/6/2 12:47  [191-17527]   

 ケンメルクスさん  

もしかしたらリム形状とレバー形状の相性などもあるのかもしれませんね?

可能性はないわけではないです。

ヘラマンタイトンさんが使っているリムとレバーと道場長のリムとレバーは同じですか?

2015/6/2 13:02  [191-17528]   

 ケンメルクスさん  

ヘラマンタイトンさん

きっついギャラクティカでも大丈夫でしたか?

新しいのはTL-3の方ですよね。私も買ってみようかな

IRCのは高いですよね

2015/6/2 16:43  [191-17532]   

僕は基本的にレバーは使いません。しかしわざと実験でワイヤーのかなり硬いタイヤを使いました。
その時は、この↓6番のタイヤレバーです。
http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/pic
ture/detail/ThreadID=191-151/ImageID=191
-29/

2015/6/2 21:13  [191-17540]   

 ケンメルクスさん  

道場長

私もこれに似たものを40年前に購入して、650Bのホイールに11/2のタイヤはいていて九州一周とか東北一周で毎日パンクしてたので使っていました。今でも家にありますが、とても23Cでは怖くて使えません。

腹ペコのワニが大きな口を開けている目の前に金魚を放すような気分です

このレバーで23Cでチューブに傷をつけないこと自体が「神業」だと思います。

もしヘラマンタイトンさんのレバーでやったら、バルブ最後でもチューブに傷がつかないような気がします。

あくまで想像ですが、道場長に買ってくださいとお願いは出来ませんけど、、、

2015/6/3 12:15  [191-17550]   

スレ主 ヘラーマンさん  
Panaracer型番は知りません 先端形状 Az108円送料込み

私もレバーは全くと言っていいほど使いませんけど、ワイヤービードの極小径とか尋常じゃない硬さのタイヤに使うための保険で持っているだけです。ですので、クリンチャーだとツール缶にも入れてません。

あとレバーなどの工具は使い方次第なので、使う人のスキルで全然違います。レバーの使い方もそうですけど、もっとも重要なのはタイヤ装着のスキルそのものです。これがダメならどんなレバー使ってもダメです。私は道場長のレバーでも何にも問題ないと思いますけど・・

>きっついギャラクティカでも大丈夫でしたか?

ケンメルクスさんのタイヤ装着スキルがわからないのでなんとも言えません。
私はレバー見れば使えるかどうかわかりますし、古いパナ意外だとほとんどのレバーでもいけると思いますけど、IRCのチューブレス専用タイヤレバーでさえ折った人もいるので。これ折るのは正直信じられないですが本当にいます。


あと、道場長の持っているパナレーサーのはダメなやつ(欠陥品?)ですね。私も持っていますが、先端の角度、エッジ、強度ともにダメです。チューブも傷つける可能性があるので捨てていいやつです。

最近のは画像の様に改良されました。角度、エッジ、先端の強度全てが良く(普通に)なっています。
こんなの使ったことあれば誰でも最初からわかることなので、パナの開発力の無さを感じましたね。

安いのだと、エーゼットのは写真を見る限りまともそうです。強度はわかりませんけど、なんと108円で送料込み
http://item.rakuten.co.jp/az-oil/cb002?s
cid=me_ich_conf_order_03&_mpt=101&am
p;_mpe=281061-20150603-0713606102

2015/6/3 13:20  [191-17554]   

 ケンメルクスさん  

今持っている(パナは捨てました)レバーの写真をアップします

左からIRC、BBB、コンチネンタル、箕浦

箕浦のは40年前に買ったものです。メーカーによって大分形状が違います。

重さはBBBと箕浦のが軽そうです

IRCのレバーを思い切り曲げたけどとても折れそうもありません。どうすれば折れるのか不思議です。

>こんなの使ったことあれば誰でも最初からわかることなので、パナの開発力の無さを感じましたね。
アマゾンの評価では結構いいこと書いてあったのですが、買う気が無くなりました。

今度ルビノプロ使う時にダメもとで箕浦試してみます。

2015/6/3 18:32  [191-17558]   

>チューブも傷つける可能性があるので捨てていいやつです。
折れて即効捨てました。パナは何でも3流品と烙印押して使っていません。今のは改善されたと聞いてもパナは買う気にはなりません。あとプラのレバーは何本か折って全部捨てた。

百均の鉄レバーを角をきれいに丸く処理したのが一番使いやすいです。
アルミもダメだなあと思う。僕は鉄以外使いません。

僕はタイヤ入れは極めているので3分あれば全部交換できます。だからバルブ最初でも何も困ることはないです。バルブ最後にしても今のバルブ最初レベルにしようとすれば、かなり修行必要だなあと思うので、もういいわという感じです。

チューブラータイヤで天ぶり出さずに、リムセメントつけずに何百本と修行積んでるので、たぶん目隠しされて指先だけの感覚でも着脱は可能です。なので指先の延長として使うなら鉄レバーが最適です。プラは感覚が鈍ります。

2015/6/3 21:24  [191-17561]   

赤いのが100均のタイヤレバー

私もパナのタイヤレバー使ってます。
ヘラマンタイトンさんが使ってるのと同じやつです。
ワイヤービードの硬いタイヤの着脱では折れそうと思ったことが何度かあります。

それ以外にはケンメルクスさんと同じBBBのタイヤレバーを使ってます。
意外に使えるのがダイソーのパンク修理セットに入ってた赤いプラスティックのタイヤレバーです。
期待値が低かったのでそう感じたのかもしれませんが、問題なく使えてます。

2015/6/3 23:09  [191-17566]   

 ケンメルクスさん  

道場長

>百均の鉄レバー

時間があるときに近所のダイソーで探してみます

情報有難うございました

2015/6/4 07:26  [191-17571]   

 小杉むさしさん  

http://www.vittoria.com/press-announceme
nt/the-worlds-fastest-tire-vittoria-cors
a-speed/


ビットリアがチューブレスレディのタイヤを出すんですね。
うーん。待ち遠しい。ってもう日本だと売ってたりしますか?

日本のホームページは更新されてないですけど、vittoria.comのプロダクツ情報はずいぶん新しいのが出ています。

Rubino Proのシリーズは全面改定ですね。

Rubino Pro Speed
Rubino Pro
Rubino Pro Control
Rubino Pro Endurance
Rubino

と5種類に別れるのね。
Enduranceは普段使いに向かなそうな重量やフィーチャーですけど。Rubino Pro SpeedとRubino Proは楽しみですね。Rubino Pro Speedとか23cで180グラムしかありません。G+とかいう新しいコンパウンドが配合されるとかで軽く強くなるような事が書いてあります。

Controlはちょっと重めだけど、コンディションの悪い路面向きで丈夫だって書いてあるから、マニラで街乗りしている私のママちゃりにぴったりだったりするのかも。

フィリピンではいつごろ買えるのかなあ。

2015/9/10 16:24  [191-18615]   

 うーむ。。。さん  

おお!TLR!!

>フィリピンではいつごろ買えるのかなあ。

Wiggleとかはダメなんですか?

2015/9/10 21:27  [191-18616]   

 小杉むさしさん  

思い切って買っちゃいました。
スペシャライズドのROUBAIX ROAD TUBELESS 700x23/25c。

フィリピン全土でただ一軒だけマカティ市にあるスペシャライズドのコンセプトストアに、シラスのRDハンガーを買いに行ったときに偶然発見。フィリピンで初めて見つけたチューブレスです。
以前にFUSION3を見かけたことはあったんですが一本しかなかったんでそのときはスルー。
今回は我慢できずに買ってしまった。2本で6800ペソ。まあほぼ2万円ですね。高い〜。

重量は294グラムと298グラムなんで、カタログ重量225gの現行ルビノプロ3+チューブとだいたい同じ重さ。商品名はROUBAIXっていうくらいで、要はパリ‐ルーベみたいなガタゴト道を走るための頑丈で乗り心地のいいタイヤだってスペシャライズドは言いたいらしいですね。

700x23/25cってのは接地面積が23c並で幅が25c並って意味なんだとか。ホイールにハメてみた感じはザフィーロの25cよりも全然細くてただの23cタイヤじゃんて感じです。

はじめてハメたチューブレスタイヤはやっぱり苦労しました。
前輪は2時間44分かかっちゃった。
後輪は8分でハマりました。

Youtubeなんかで予習して、石鹸水だとかゴムの滑り止めのついた軍手だとかいろいろ用意しましたが、石鹸水を付けると一度ハマったビードがずるずるすべってはずれちゃうし、軍手をするとやっぱり最後の最後の極限で力が入らない。

最終的にはタイヤレバー2本と気合で勝負しました。
Hutchinson公式のタイヤのはめ方動画は素手で道具なしでハメてますけどワタシには絶対無理だなあ。アメリカ人のマッチョが素手でハアハア言いながらハメてる動画は筋力が違いすぎて参考にならないし。

ディープインパクトさんがホイール組みだとかバーテープ巻きのときに気合とか集中力の話をされますけど、たぶん今後しばらくは私にとってチューブレスタイヤをハメるのが一発勝負、気合の充実してるときにだけできる作業ですね(笑)

呼吸を整えて鼓動を落ち着け、精神を集中。気力の充実してきた瞬間に一気にハメると一発でハマります。って感じです。

それから今夜はタイヤレバーを一本折っちゃいました。でもタイヤレバーの声を聴きながらどんな角度、位置、力でレバーを使うと折れるのか、それともすっとビードがハマるのかがわかった気がしますよ。手が痛くなっちゃいましたけど、とても充実して楽しい夜でした。あはは。

今夜は小雨模様なんで初チューブレスのテスト走行は今週末です。楽しみです。

2015/9/18 02:33  [191-18693]   

>2本で6800ペソ。まあほぼ2万円
フィリピンの物価で考えれば、アホ価格ですね。なんか写真みた感じ、走行感が重そう!
またレビューよろしく。2万円も出してルビノプロ3より落ちるようでは「買い物下手〜」なので、どんなレビューになるか期待しています。

僕はタイヤはめるのにタイヤレバー折らなければならないようなのは使わないです。
出先でトラブル起こった時にタイヤ交換10分以内で終了しないと精神的に悪い。あとタイヤレバーでリム傷つきまくるのも心が折れる、基本手で入らないような組み合わせは使いたくないですねぇ。

整備もナマケモノ整備を得意としている道場長でした。

2015/9/18 07:56  [191-18697]   

 小杉むさしさん  

スペシャライズドのチューブレスタイヤ、ルーベのテスト走行ってことでちょうど100キロくらい走ってきました。写真の田舎道をのんびり。

まずひと漕ぎでカルっなにこれって笑っちゃいました。
CAAD10で履いたことがあるのはルビノプロ、GP4000、ザフィーロだけでなんですが、GP4000やルビノプロよりもチューブ込みでも10グラムか20グラムくらいは重いはず。でも軽く感じます。これが重量の分散の具合のせいなのか、いわゆる転がりが軽いってやつなのかはわかりませんが、軽い軽い。

乗り心地は他のタイヤに比べて良いっていうよりは、全くの別物ですね。
空気圧が低いわけじゃないのに固さを全く感じないというか、ギャップに対する反応が速いせいで滑らかな感じがするんですかね。なんだかそれこそ自動車のタイヤみたいな感じ。空気圧を上げても下げても乗り心地の基本的な滑らかさは変わりません。クリンチャーとの乗り心地の違いは固い柔らかいの違いじゃないですね。

なんていうんでしょうか、やっぱり例えが自動車になっちゃいますけど軽いバネ下でサスがの動きが速い、964RSのアシに雰囲気に似てる気がしました。

唯一感じたネガティブなところは、スリップするときに「ぴぴぴっ」みたいな高い音がするところ。普通のタイヤってずさーっとかしゅぱーみたいな感じで滑るじゃないですか。高い音がなんかちょっとイヤな感じです。

いやあチューブレスって別物ですね。
もうクリンチャーはたぶん使いません。
カーボンホイールだとチューブレスの選択肢が今はレイノルズとかコリマくらいしかないみたいですけど、残念なのはそのくらいかな。
昨日また店に行って店頭在庫を買い占めちゃいました。3本しかありませんでしたけど。あはは。

チューブレスを経験するとエバンジェリストになっちゃう人がネット上にいっぱいいますけれど、ボクもそのテみたいです。チューブレス実に気に入りました。みんなチューブレスを使うべき。この気持ちよさを経験すると使わない理由思いつかないです。ホント。


ディープインパクトさん
このタイヤ普通の人の給料の半月分くらいです。為替ベースで考えるとアメリカよりちょっと安いくらいなんですが、庶民の購買力ベースで考えるとホントにアホな価格です。あり得ないです。

ちょっとピンと来ないかもしれないですけれど、マニラの物価は名古屋より上、大阪と同じくらいとなんて言われています。まあこういうのは計算の仕方ですけれど、いくつかのシンクタンクが似たようなことを言っています。これだけ物価が高いのに人件費が安いのでビジネスオーナーは儲かります。安い給料で使われる勤め人には未来はありません。この辺は実に不公平な国です。

2015/9/20 19:51  [191-18741]   

2万円の値打ちありましたね。その走りなんとなくわかります。チューブラーのチューブレスタイヤ使ってたことあります。

軽いタイヤって慣れてしまうと、もっと軽くもっと軽くと無限地獄に入ってしまうところがあって、そして軽ければ軽いほど耐久性もないので、お金もすごくかかるし、まあ競技でプロとしてやるなら、それでもいいのですけど、美容と健康で道楽で乗るのには、なかなか大変です。

小杉むさしさんも今すごく感動していると思いますけど、ピストでタイムトライアルなんかに使う15mmくらいのタイヤを使うと、ロードのタイヤなんて全部鉛入りみたいに思うかもしれません。

出せる費用と自分の満足点を秤にかけて、どのあたりで妥協するか、それがなかなか難しい問題です。僕は今一番優先することは「ケガしないこと」でタイヤは耐久性と滑らないことです。少々重くても丈夫で長持ち安全ならOKみたいな感じです。

でもみんなお金ありますねえ。僕は自転車やってた時に一番苦労したのはタイヤ代をどうやって用意するかでしたから、とにかく練習したくてもタイヤ買うお金がないと練習できませんから、ほんと苦労しました。全部チューブラーだったので1日3回パンクしたら泣いた。
今はタイヤ代気にしなくて走れるので、なんて幸せなんだろうと思います。でも2万円は僕は手が出ない。いいタイヤ、気をつけて乗ってください。

2015/9/21 01:17  [191-18753]   

 小杉むさしさん  

スペシャライズドのチューブレス。ルーベですけど、先々週末に2回パンクして、昨夜またパンクしました。

パンクしすぎだろコレ。って思いながら緊急回避でチューブレスタイヤにチューブ入れて、怒りに任せてタイヤレバーでバキバキやってたらそのチューブをレバーで破っちゃいました。

アッタマ来たからもうチューブレスやめるかな(笑)
ってホントは笑えません。

3回ともパンクはスモーキーマウンテンで有名なトンドという街(スラム街)でした。
あんなところで毎晩立ち往生してたらいくら図太いオレでもいい加減死ぬわ。
フィリピンでパンクすると日本と違う意味で命が危ない。
タイヤの安全性大事です。

2015/11/10 17:31  [191-19201]   

結局2万円のタイヤ?外れですか?チューブレスにチューブ入れて走ったらシャレになりません。

パンク修理していたら後ろから「カチャッ」と音がなって火薬のニオイがするとか、うわぁ、シビレル!命がけのパンク修理。うちの師匠もフィリピンでプロロード出た時に同じようなこと回想で言ってました。僕はフィリピンだけは自転車で走るのはパスしようと心に誓いました。

僕も世界のヤバイ地区で何度かもめごとに巻き込まれて命落としかけてますから、その臨場感わかります。でもパンク修理で命かけて緊張することは、なかなか経験できませんから楽しんでください。シビレル!小杉むさしさんは強運の持ち主ですから大丈夫。

でもスペシャタイヤ潮時かも・・・

2015/11/11 17:29  [191-19212]   

 小杉むさしさん  

ディープ・インパクトさん

スペシャライズドの高〜いチューブレス。ダメですね。
タイヤがダメなのかボクがついてないのか知りませんが、2週間で一年分以上にパンクしましたから、もう使えないです。

ブルベに出たいと思っいて、ブルベはサバイバルの要素があるし、パンク修理考えるとチューブレスは不利ってことがここ何週間かの濃いパンク経験でわかりました。とりあえずボクの短かったチューブレス人生はいったん終了。

おとなしくクリンチャータイヤに戻ります。
昨夜ルビノプロを入れました。あーラクだ。片手で入れられるじゃん。チューブレスタイヤは大変だったなあ。

また画期的なチューブレスタイヤが発売されたら帰ってきます(笑)

2015/11/12 12:11  [191-19216]   

 _toshiさん  

小杉むさしさん:

>とりあえずボクの短かったチューブレス人生はいったん終了。

スペシャのタイヤの出来が悪いのか、それとも道が悪いのか、運が悪いのか・・・

私、もうチューブレスを5年使っていますが、一度もパンクしていませーん。

そりゃウイークエンドライダーだから年に走っても2000km程度と大した距離を乗る訳ではないですけどねぇー。

今のところHUTCHINSONとIRCしか使った事が無くて他を使いたい気持ちは有るのですがスペシャはやめておこうっと!

2015/11/12 19:50  [191-19217]   

やすりお さん  

2015/12/10 14:41  [191-19388]  削除

 鶏 泰造さん  

パナレーサーから、ブランド初のチューブレスタイヤが出ていたんですね。
http://www.cyclowired.jp/news/node/18244
2


私はチューブレスのホイール持っていないし、当分、導入の予定もないのですが、どなたか人柱レポートしてくれないかしら(^^;;?

2016/1/15 09:00  [191-19740]   

 _toshiさん  

春になったら使おうと考えて用意してあります。

お決まりの重さは公称値(Ave)280gですが、ご覧の通りでご多聞にもれず2本ともかなり上回っていました。

触った感じはとてもしなやかな良い感触です。

販売状態は今まで見慣れた長細く畳んだ状態ではなく、ほぼ丸に畳んであります。(タイヤに巻かれている青い輪ゴムは本来は無く、私が緩み止めに巻いたものです)

そしてパッケージの上面には大きく「日本製 MADE IN JAPAN」と誇らしげに書かれています。

年末に乗ったきりで恐らくは3月まで乗らないので、その間にワイヤーリングの交換とグリスアップを含めたオーバーホールをおこなうので、そこで交換するつもりです。

ですのでインプレッションは春までお待ちください。

さてMADE IN JAPANの性能は如何に・・・・・

2016/1/15 15:06  [191-19743]   

 鶏 泰造さん  

お、さすが _toshiさん。

インプレ楽しみにしております(^^)。

2016/1/15 15:15  [191-19744]   

ビットリアのタイヤまた値上げなのでまたCEで余計なものを買ってしまった。
Vittoria Open Corsa SC II Clincher Foldi
ng Road Tyre 700×23c \ 4,848
http://www.cyclingexpress.com/jp/product
dia/7340855/vittoria-open-corsa-sc-i.htm
l#.VqsaeE8RJI5

2本買っても送料無料にならないので、送料調整のためプルミーノ用チューブ1本追加

Kenda【ケンダ】20" インナー チューブ \ 304
http://www.cyclingexpress.com/jp/product
dia/748/kenda20--.html#.VqsZrk8RJI7


ピッタシ1万円。現在のアマゾン Open Corsa SC2価格¥ 7,178
http://www.amazon.co.jp/dp/B00AX0EZ1W/

1本2000円得。あんまり得じゃないかな。ビットリアの値上げ後定価では1万円超。
円高だから値下げして欲しい。

シマノもデュラの新型出て値段上がって互換性なくなるし、また5月に向けて値上げです。
デュラの型番9000から10000になるのかな。4700ティアグラも互換性なくなったし、デュラも互換性なくして、シマノ全部買い換えさせるつもりなのか??今使っているユーザーはどうする??金儲けに走りすぎ!儲かってるくせに・・・

CE注文していないタイヤレバーが0円で合計に入っているのが意味わからない。何これ??

2016/1/29 17:10  [191-19879]   

 α7大好きさん  

自転車パーツの海外通販情報局
http://bicycle.kaigai-tuhan.com/sale/pbk
-15off20160128.php



CYCLING EXPRESS クーポンが出てますよ。
5,000円以上購入で、さらに12%OFF
CODE PARTS12YYY
END 2月1日 1時

2016/1/29 17:48  [191-19880]   

 釣り好きジイさん  

ディープ・インパクトさんのスレットでタイヤの値上げを知り先ほどWIGGLEでヴィットリア・ルビノ・プロの価格を見ていましたら、
Vittoria−Rubino Pro フォールディングクリンチャータイヤが
¥2436 ▲50%
Vittoria−Rubino Pro Tech Foldingクリンチャータイヤが
¥2712円 ▲49%
でした、縁側で出てくるヴィットリア・ルビノ・プロ3はどちらなのでしょうか?
Vittoria Open Corsa SC II Clincher Foldi

ng Road Tyre 700×23c \ 4,848の方が良いタイヤでしょうが高価なのと今ルビノ・プロ3を履いているのでスペア用として、値上げの情報を頂いたので予備で購入しようと思っています。
また、どこかのショップでヴィットリア・ルビノ・プロ4が販売開始と案内が有りましたが、どなたかご存知でしょうか。
宜しくお願い致します。

2016/1/29 17:53  [191-19881]   

 小杉むさしさん  

ビットリアのタイヤモデルチェンジの告知が随分前に出てましたけど、出荷始まったみたいですね。
通販ショップからのメルマガに書いてありました。

オープンコルサもルビノプロも新しいのが出てます。
新しいの試してみたいけど、海外通販で買える旧型の値段の倍しますね。

----------------------------------------
--
[1]【2016年 VITTORIAより新たなタイヤが誕生!】

ラインナップが大きく変わり「コルサ」「ルビノ」が初回入荷してきました。

「コルサ」「ルビノ」シリーズの名前はそのままですが、

カーボンリムの強化に使っている新素材「グラフェン」をコンパウンドに混ぜ込む事で

これまで実現できなかった「転がり抵抗の削減とグリップ力の向上」や「耐久性と軽さ」と

いった相反する性能の両立を可能とし新世代タイヤに生まれ変わりました。

「コルサ」にはクリンチャーとチューブラーそれぞれに、

よりしなやかで軽い走りを求めたSPEEDもラインナップされます。

http://uemura-cycle.com/products/list.ph
p?mode=search&category_id=&name=
VIT-2016

2016/1/29 17:57  [191-19882]   

ルビノプロ3は↓これです。
Vittoria - Rubino Pro フォールディングクリンチャータイヤ \2436
http://www.wiggle.co.uk/vittoria-rubino-
pro-folding-clincher-tyre/?curr=JPY&
dest=33


Vittoria OPEN CORSA クリンチャー(700×23C)販売価格(税込): 8,590円希望小売価格:11,448円 日本で買うと新型高い!
http://uemura-cycle.com/products/detail.
php?product_id=26188


タイヤって慣れるまでかなり時間かかるので、新型より旧型でいいです。僕は旧型で何の不満もありません。知り合いの自転車屋さんに手持ちのルビノプロ3を全部買い占めにきたお客さんがいたそうで、そろそろ市場から消えていくかもしれません。でもルビノプロ3はかなり持つのでストックといっても、それほど買うのは無理でしょう。OPEN CORSAは年4本くらいは使っているので、とりあえず4本在庫、これ以上は劣化リスクがあるので持てないです。

新製品はいつも宣伝ではいいこと並べてますけど使ってみるとがっかりなことが多くて、値段安い信用のあるタイヤの方が僕は好きです。シマノも4700もそうだけど新型なってろくなことありません。4600はすでに市場から消えてるし、10速ユーザーは何使うんだ!

9000番デュラも新型出たら、どうするねん!あんまり互換性なくすとユーザー離れると思うけど・・・・。

2016/1/29 18:34  [191-19883]   

 skogenさん  

グラフェン!
なんかすごく怪しく、魅力的ですね(どちらかと言えば怪しい ^^)。

ルビノプロ3が無くなるって聞いた時に、4本買ってしまいました。
12月中旬の時点で2,297円。その後、対ポンドでも円高で1割ぐらいレートが変動してるので、割引率が変わったとしても現在のWiggleの価格2,436円はだいぶ値上がりしてますね。(100円ちょいですが 笑)

吉と出るか凶と出るか分かりませんが、乗り比べても私には分からないって考えてます。

買ったタイヤは外気に触れないように暗所保管してます。で、どこに置いたっけ?記憶が。。。

2016/1/29 19:08  [191-19885]   

CEで買った商品届きました。箱がボロボロでチューブも白く粉吹いてて古そう。これ在庫処分で安いのかな。CEで買ったの初めてなんですけど、wiggleの方が丁寧で商品はいいみたい。CE雑。

Vittoria Open Corsa SC1年以上使ったのでレビューします。
現在4本使いました。写真2が現在の状態です。この状態でまだ走れますけど3000kmくらいが交換時期かなと思います。フロントはパンク無しで1年以上使いました。新品きたので交換。

気づいたこと
1.ゴム質が1年くらいで変化してくるのか、転がる時の音がうるさくなってきます。
 特に前タイヤうるさくてタイヤの転がる音が聞こえてましたけど新品交換後なくなりました。だいたい音がうるさくなってきたら交換時期かもしれません。

2.このタイヤ、チューブと接着しやすいです。ルビノプロなら1年経過してもチューブがタイヤにくっついたりしませんが、これはべたっとくっつきます。半年くらいでくっつきはじめ、だんだん接着力が強くなっていきます。タイヤ交換する時にチューブがくっついているので、チューブを引きはがしてからでないと交換できません。

3.対パンク性、グリップ、転がりの軽さなどは古くなってきても、それほど落ちずに新品時の性能を維持しています。ただ僕は1年以上は使っていません。長くて1年、後ろタイヤは半年に1回は交換です。

以上 Vittoria Open Corsa SC 1年使用レビューでした。

今回、箱がボロボロでタイヤ大丈夫かなと思いましたが、箱から出して取り付けて見ると、まともな新品タイヤでした。でもなんか荒い。今回よかったことは、頼んでいないタイヤレバーがなぜか同梱されて送られてきました。(サービス品??)

こんなプラレバーいらんわと思いましたが、なんとこのレバー鉄の上にプラでカバーしている鉄製レバーでした。そして使って見ると、なんて使いやすいのだろうとビックリ仰天。このレバーチューブをはさむ可能性がゼロです。よく考えられた形をしています。しかも内部が鉄なので頑丈でたわんだりしません。鉄製レバーみたいにリムに傷もつかないので、何も考えずにタイヤに突っ込んで引っ張れます。

これ初心者にとっては、とてもいいレバーだと思います。
僕が今まで使ってきたレバーの中で間違いなくNO1。
なんでこんな優秀な工具を無料サービスで付けているのか??わけわかんないです。

今回タイヤもチューブも少しぼろかったけど、このタイヤレバー付いてたのでCEで買った値打ちありました。このタイヤレバー日本で売ってるのかな??いいタイヤレバーでした。

2016/2/5 17:27  [191-19991]   

いつも参考にさせていただいています.先日購入したのでご報告です.

LifeLine - ロードインナーチューブ
black presta 48mm 18-25C
WiggleのPB商品でしょうか,一本300円弱と現時点ではかなりお安いグループと思われます.Webの写真にある通り,バルブはロックリングがあり先端までねじ切りがされていました.先端のコアは真鍮のような色です.OEM元はどこかと思ってチューブを見てみましたがわかりませんでした.重量は本体のみで約105gあり,こちらの情報ではVittoria ultralite tubeは90g台でしたのでこれとは異なると思います.

持ってみたところゴムはしっかりした印象です.vittoria liteと重量も同じで,それからの交換では使ったうえでの区別はつきませんでした.

写真を撮ったのですが,どこかに行ってしまいました,,,以上報告でした.

2016/2/8 16:43  [191-20029]   

 小杉むさしさん  

昨日久しぶりに自転車に乗っていてまたパンクしました。
ここ数ヶ月、200キロ以上のライドに出ると必ず一度はパンクしてます。
自転車道場で皆さんに聞いている話と随分違いますよね。フィリピンの道ゴミ多いから仕方ないかなあ。

昨日もやっぱりパンクしたんですが、タイヤをはずしてパンクの原因になったトゲをさがしたんですが見つかりません。チューブの方をチェックすると、タイヤの地面に当たる側でなく、リムと接する側の面にポチっと穴があいてました。バルブから5センチくらい離れた場所でした。

なんでこんなところに穴が開くんでしょう。
チューブ入れるときにゴミでも挟んだのかなあ。それともチューブにネジれとかシワがあって破裂したのかな? 穴は針で突いたような小さな穴でした。

CEのタイヤレバーいいですね。
僕もほしいなあ。CEでタイヤ買ってみるかな。まだタイヤレバーくれるキャンペーン?続いてるのかな。

2016/2/9 10:43  [191-20046]   

 _toshiさん  

小杉むさしさん:

>タイヤの地面に当たる側でなく、リムと接する側の面にポチっと穴があいてました

(異物の混入が無いのなら)リムテープは大丈夫なんですか?

2016/2/9 19:50  [191-20049]   

 小杉むさしさん  

WH6800なのでリムテープのいらないチューブレスリムなんですよー。
やっぱりチューブとリムの間に砂粒みたいなものでも貼り付いてたんですかねえ?

2016/2/10 10:04  [191-20055]   

チューブ入れるときにきれいに掃除してないのでは??出先でパンクとかしたら道路が砂だらけで、そういうところでチューブ交換すると砂が入ったりします。必ずきれいに拭き取ってタイヤの裏側もきれいに拭いて刺さっているものがないか確認して入れないと、パンク繰り返します。

チューブレスのリムは「リムテープなし」で使えるといってるだけで「リムテープなし」で使った方がいいとはいってません。僕はチューブの負担を考えてリムテープつけて使ってます。高圧にした時の金属部分接触部のストレス考えると、ビットリアのハイプレッシャータイプの薄いリムテープ一枚あるだけで、相当ストレス減るように感じます。

ただ普通はチューブレスリムは「チューブレス」で使いますから、チューブ使うことは想定されてません、だからリムテープ使うなんて想定外でしょう。僕もWHR6800購入したことがありますけど少し使って、こりゃダメだわと感じました。チューブレスで使うならいいかもしれませんけどチューブで使うには、よくないホイールです。RS21の方がよっぽどいい。6800はリムが重い。

チューブ使うとパンクしやすいのもチューブレスリムの構造が関係していたりして・・・。
二兎を追う者は一兎をも得ず!

2016/2/10 11:05  [191-20056]   

 小杉むさしさん  

あー。チューブレスリムのせいでチューブ入れるとパンクしやすいってのは考えられますね。
RS21欲しいんですけどフィリピンで売ってないんです。シマノのサプライヤーにも聞いたけど無かった。

フィリピンでは自転車はお金持ちが乗るものなんで、安くていいホイールが売ってない。高級品か超安物の変なのしか無いです。

また通販で海外から入れるかなあ。
先月自転車パーツの通販に初めて挑戦したんですけど、1200ドル分の品代で通関に2万5千ペソかかりました。14万円買ったら関税と手数料で6万円。

2016/2/10 12:19  [191-20058]   

 小杉むさしさん  

欲しいけどフィリピンにRS21は無いと書いた7時間後にRS21を買って帰ってきました。あはは。

昼間、日本出張から帰ってきた知人からハンドルを受け取ったので、仕事帰りにバーテープを買おうと思って自転車屋に寄ったら、天井からRS21がぶら下がってた。年末年始ってフィリピンの自転車屋が新しい在庫をドカっと入れる時期みたい。

自転車で行ったんで、ヒモで縛ってもらって背中にしょってきた(笑)
自転車のホイールを背負いブエンディア・アベニューを自転車で爆走した日本人は史上初でしょう。

6300ペソ。約15000円でした。日本より安いんじゃないかな。

自転車屋からスマホでChainreactionにアクセス。161ドルになってるのを確認して、送料と関税で3万円超えるなあとか思って即決しました。

2016/2/10 20:25  [191-20064]   

 _toshiさん  

小杉むさしさん:

>WH6800なので

あ、そうでしたね。

RS21がゲットできて良かったですねぇ。

日本だとSanaでも\18511ですから、約\15000は安いです。

楽しみですね。

2016/2/11 22:05  [191-20082]   

スレ主 ヘラーマンさん  

>チューブ使うとパンクしやすいのもチューブレスリムの構造が関係していたりして・・・。

>あー。チューブレスリムのせいでチューブ入れるとパンクしやすいってのは考えられますね。

これはないです。あくまでも整備スキルのせいでしょう。
もう一つ考えられるのは、リム打ちパンク。
フィリピンは路面が悪いそうなので、空気圧を低く管理しているとリム打ちパンクのリスクが上がります。

私はチューブレスリムにリムテープ使うのはありえないと思います。
ビードを落としこむ溝がリムテープの分浅くなり、タイヤが余計に入れにくくなるのでスキル低い人がするとタイヤを伸ばしてしまいます。

ZONDA、EURUS-2wayFITともにリムテープなしでチューブ入れても何も問題ありませんし、6700もリムテープ無しでチューブ入れて長期間使っても問題ないです。6800は近くにないのですが、リムは6700とそれほど変わらないので問題あるとリコールものでしょう。

小杉むさしさんは、すでにRS21を買ったみたいですが、パンクの原因を突き止めずに次に進むのはご自身のスキルアップのためにもお勧めできません。

2016/2/12 09:30  [191-20087]   

 小杉むさしさん  

チューブも捨てちゃったしリムもタイヤもさんざん触ったあとなので、いまさら原因はわからないでしょうねえ。

タイヤ側でなくリム側のに穴があいたというのは初めてでした。リムとチューブの間になにか挟まってたと考えるのが妥当かな。たぶん砂粒かなにか。大きめのホコリみたいなもんだと思いますよ。

自分の身の回りでは問題なくても他の土地ではダメというのは多いでしょう。
ホコリっぽいフィリピンの幹線道路脇でチューブ入れることを前提にすると、チューブレス用リムはたぶん不利なんですね。言われてみるとそういう気がします。

幹線道路がどのくらいホコリっぽいかというと、自転車で走ってて顔にホコリが当たるのを感じるくらいです(笑) ホコリっていうより砂粒ですね。砂粒が空中を飛んでるのが目視で見えます。トラックの荷台から砂利が落ちるんじゃないですよ。地面から巻き上げられる砂粒が目で見えるんです。地質の違いなのかデカイ砂粒が空中を跳んでます。なんなんだろう。

2016/2/12 12:46  [191-20091]   

 ATOK103さん  

道場長が書かれたタイヤレバーはこれですね。


Iron Arm Tyre Levers \449
http://www.cyclingexpress.com/jp/product
dia/6358741/iron-arm-tyre-levers.html

2016/2/12 21:27  [191-20096]   

売ってるんだ!しかも安い!JPY\ 449

このタイヤレバー特に初心者にお薦めです。絶対チューブかまないように、うまく設計されています。僕は鉄レバー専門ですがリムサイドに傷がつくので傷をつけないようにすり抜けるのが難しくて、このタイヤレバーだと何も気を使わないで、どこで抜いてもリムサイドは傷つかないし、中の鉄板が意外と丈夫で全く曲がりません。史上最強のタイヤレバー!

特にカーボンリムだと絶対これ。鉄レバーは使えません。
安物買いのいい部品たち入りですね。僕は安物というより0円でしたけど・・・・

日本にはどうして、こういう優秀なタイヤレバーが売ってないのでしょう???

2016/2/12 23:45  [191-20100]   

 skogenさん  

次のスレ(↓)ができていますが、もう少し書き込めそうなので、こちらに。

http://engawa.kakaku.com/userbbs/191/Thr
eadID=191-20088/


BBの整備の方で書いたんですが、ビットリア ウルトラライトチューブからR-AIRに変えてみたのでこちらにも記録で書いておきます。

重量はウルトラライトチューブ(バルブ長 42mm)が92gぐらい、R-AIRが66gぐらい。ウルトラライトチューブは2015年6月に購入。以前のものに比べてやや重くなったとのこと。

R-AIRはバルブ長34mmで、RS21に装着すると、Topeak JoeBlow Sport IIで空気を入れるにはぎりぎりの長さです。

薄いブチルゴムのチューブということで、ラテックスチューブの注意書に準じて、装着は慎重に行いました。ホイールはRS21、タイヤはルビノプロ3。空気圧は5.2barです。

漕ぎだしてすぐに感じた固さも、4,5kmの走行で消え、転がりの良さ(フラットな走行感)が増しました。巡航速度にも乗せやすくなったと思います。

以下、浅知恵です。

チューブで乗り心地が変わるかどうか、実は半信半疑だったんですが、変わるもんですね。

まず、軽くなったことの効果。30gの軽量化でも円周部の重量750g(RS21とルビノプロ3の場合、リム530g+タイヤ220g)に対して4%の差になります。慣性モーメントによる運動エネルギーが等しい場合、4%の重量差は到達速度で約2%の差に相当します。(人が同じ回転エネルギーをホイールに与えるとき、到達速度30km/hの場合は0.6km/hの差になる)

もう一つ考えられるのは、5気圧とか7気圧でクリンチャータイヤのサイドにぴたっと押さえつけられている訳ですから、タイヤと一体化して乗り心地を変えること。

トレッドで生じる振動成分は、タイヤ内の空気からリムには伝わり難く、多くはタイヤのサイドウォールに沿って、空気中の音速の5倍ぐらいの速度でゴム中を伝わると考えられます(音速の違いはここではあまり関係ないですが)。チューブはタイヤのサイド部の形状や固さ(振動の伝わりやすさ、変形のしやすさ)に影響を与え、乗り心地に差が出るんだと想像してます。

タイヤの空気圧は5barを中心に0.2barの増減で印象が変わりますね。体重、前後の荷重バランスで中央値は変わるでしょうが(私の体重は冬場で66kgです)、私の場合、前輪は5bar+αが小石をぱちんと弾く下限で、4.8barだと小石を弾きませんが、5.2barだと弾きます。ルビノプロ3の道場長の推奨空気圧、5barって絶妙な値です。私は下限値に少し足した5.2barに落ち着きそうです。

ちなみにR-AIRはネット上ではバーストしやすいという評価が散見されます。
こちらでラテックスチューブの注意点を読んでいなかったら、私もチューブを雑に扱っていたかも知れません。チューブはこういう風に扱うんだという心得として、とても助かりました。

2016/2/13 09:11  [191-20109]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
自転車道場
自転車道場をお気に入り登録
運営者:
ディープ・ インパクトさん
設立日:
2010年3月27日
  • 注目度:

    1(お気に入り登録数:291件)

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ