縁側 > 自動車 > よろしくGG妄想全開、プロジェクトネコネコ与太ばなし大作戦
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

一ヶ月の期間限定でぶちまける!!自動車産業と政治、そして国際情勢を身勝手な主張で
妄想し考察する極めて危険なプロジェクトです。

最初に一言、TVCMや新聞雑誌等でこれは挑発的な意思表示かと身勝手に感じていますが
その程度の牽制なら、面白いしどうぞやって下さい!!

第一弾は、金利0% 10DAYSのプジョー様とシトロエン様
正直なところ、どちらサイド?今どういう状況で意思表示しているのか
読みきれません。シトロエンのC4ピカソがマツダ様の青と赤の変化を
ピカソの青の時代と赤の時代になぞらえて、訴えかけていたなら
今回の新聞広告は青のC4ピカソだから青になったと表現したいのだろうか?
しかし、プジョー様もそうだったが、金利0%はデカデカと白文字で表現している
という事は、白は0%でブラックな世界が100パーセントと表現したいのだろうか?

  • よろしくGG妄想全開、プロジェクトネコネコ与太ばなし大作戦の掲示板
  • よろしくGG妄想全開、プロジェクトネコネコ与太ばなし大作戦の投稿画像
この掲示板は閲覧専用です(運営者のみが投稿できます)。

『足袋とレキシ』でルポライターをしています、亜茶見 三つ彦です
ソアラからCX−3に乗り換えて、取材活動しています
義理の兄はあの迷惑者で有名な、見た目はおっさん中身は子供
困ったオッサン迷探偵 御江戸側 混乱です 元太君は出てきません

そんなパロディな設定で、あのミステリーの大先生に小説家して貰えそうだ
映画化したら、主題歌はやっぱりあの方に……妄想がひど過ぎるな
どうも、だめだなと思うので活人にしておきました


まじめに戻して、5月以降、水神猫岩に関係していくらか現地調査していた
まだ、訪問できていない場所もあるけど、少しずつでも記録を残しておきます

訪問の順序は明確に記録していなかったのと、時代も背景も色々違うものを
何となく関連性を考察して、回ったため纏めるのは難しいのですが

大雑把に、現在の日本社会を形作っている変化点は文化・文政年間から明治維新に
向けて活動がはじまり、いくつかの勢力が出し抜き、出し抜かれたりしながら
二度の大戦をしてしまい、戦後になって現在の状況にある程度固まった(55年体制)
そして、最近は転換点を迎えつつあるのではないか?そんな見方をしています

前置きはこれくらいに、水神猫岩を調べようと、水神と中津川市で検索していたら
http://www.gifu-jinjacho.jp/syosai.php?s
hrno=2217&shrname=%E2%98%85%E6%B0%B4
%E7%A5%9E%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E2%98%85


水神神社を見つけたのですが、聞いたこと無かったし、地図やカーナビでも
掲載されていないもあって、住所で確認すると恵那神社の近くでした
恵那神社なら行ったことが在ったので、あの辺りかぁ?と思いながら
風神神社のことを思い出していました
http://www.gifu-jinjacho.jp/syosai.php?s
hrno=2272&shrname=%E2%96%A0%E9%A2%A8
%E7%A5%9E%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E2%96%A0

かなり山奥にある神社ですが伊勢湾台風かなんかの際に御利益があると建設関係の
方からは有名な神社だと聞いた事がありました

何日か経って、水神、風神があるなら、雷神とかないのか?と気になって検索
http://www.gifu-jinjacho.jp/syosai.php?s
hrno=3294&shrname=%E2%98%85%E9%9B%B7
%E7%A5%9E%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E2%98%85

あった、あったが所在不明?合祀?
http://www.gifu-jinjacho.jp/syosai.php?s
hrno=594&shrname=%E2%96%A0%E5%BA%83%
E8%A6%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E2%96%A0

広見神社に合祀でした…

だったら、火神とかもあるのか?
http://www.gifu-jinjacho.jp/syosai.php?s
hrno=317&shrname=%E2%96%A0%E7%81%AB%
E7%A5%9E%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E2%96%A0

在るのかよ!都合よく近辺だなぁ

もしかして、五行とか五大元素とかか? じゃあ土とか木とかあるのか?
土ねぇ土 土が付く地名といったら土岐辺りか……?
何日か考えていて、地図も見ながら、ふと思いあたったのが曽木神社である
http://www.gifu-jinjacho.jp/syosai.php?s
hrno=2356&shrname=%E2%98%85%E6%9B%BD
%E6%9C%A8%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E2%98%85

近くにはそこそこ有名な逆さ紅葉のライトアップをしている曽木公園もある
曽木を裏返せば木曽 昔使われていたという 岐蘇を反対にして蘇岐
蘇るのが反対なら土にかえる 土岐 曽木 なんだかここが土の意味なら…
そんな思い込みがしてきた 神域・天上界が木曽御岳山 御岳山からの霊気を
恵那神社から水神 風神 曽木(土) 雷神 火神と距離が延びながら
合流点の可児市まで、木曽川と飛騨川の流域を取り囲み、
流れ出る御岳山に帰るような配置になっているのではないか?

神社の作られた時期はそれぞれ別だし、他にも神社はあるから、そうとは言い切れないが
これだけ揃っていると…… どうもねぇ……

最近、これはっ?ときたら、直感に頼って行動する様にしている
2017年9月30日 出不精だがぐるっと回って見る事にした

2017/12/6 21:19  [1763-547]   

火神神社

うーむぅ、やはり誤植が多過ぎるなぁ、アルコールというドーピングがいけないのだろう
これでは『足袋とレキシ』を首になってしまうかも……
そうしたら、マラソン・シューズ『妄想王』を作っている『子歯背屋様』に
雇って貰えないだろうか…?勝ち虫トンボって、モロまつぐみの内輪だろ!!

まじめに戻って 下呂市萩原町宮田にある火神神社 この時9月30日は知らなかったのだが、
後日この地が不可解に関係してきた……

それほど人口の多くなさそうな集落だが、訪れると信徒の方が神社周辺の
清掃・整備活動をされていた、完全によそ者変質者だ……
立派な注連縄、伝統がしっかりと受け継がれてきているのだなぁと感心しながら
参拝して、コソコソ写真撮影して広見神社に向かう

2017/12/7 20:23  [1763-549]   

真剣爺さん、たまり場? 妖精 手水 手水裏

国道41号線を南下する、金山遺跡の近くを通るが神社めぐりのためスルー
余談だが、お蕎麦屋さん『おおふく様』が沿道に在るのだが、そこのお蕎麦、天ぷら
シソの見ご飯、蕎麦湯、個人的には最上級の味わいである 年に一度行く根性があるかないかぐらい
だが、この日は致し方なくスルー 思い出したら食べたくなってきた…出不精だ…

広見神社、この日の事件の一つはここで起きた
境内なのになんなのだろうこの妖精?の置物とたまり場?
そして、手水の龍の彫刻……
何故、龍の彫刻に違和感を感じたのかは、この後に続けて説明するが
苗木城近くの城山大橋で最初に気が付き、南に数キロ行った南宮神社で可笑しいと確信し始めた

ものが、広見神社にもあった

龍を切る 石に埋め込む そんな思惑でもあるのか?
平成7年……やはり最近のものか… ご迷惑が掛からない様に注釈するが
これは製作した石工さんとか、彫刻氏さんとか、神社関係者の方も知らず知らすなのではないか?
そう思っている、気が付かない内に人は、そこに行為行動を仕向けられているのではないか?

龍を切った男リューマ、漫画ワンピースの題材だがどうにもそう思えて仕方ない

2017/12/7 20:49  [1763-550]   

城山大橋銅像 南宮神社手水 手水裏 南宮神社金属の鳥居

以前に城山大橋のたもとで見て、違和感を覚えた龍の銅像
似たようなつくりの物が橋の両端の左右に計4体ある
苗木藩の遠山氏の守り神は 八大龍王だそうだが… これは… 詳細は苗木城周辺の探索に記載する

苗木城南にある南宮神社、石で出来た手水の龍の首、金属製の鳥居も何所となく不可思議だ
平成19年、随分と新しい手水だ、奥に古いものも残されているのに…

2017/12/7 21:01  [1763-551]   

石碑

広見神社で見たものだが とてもではないがコメントは書けない
申し訳ないが、知りたい方は自分で現地で見ていただければいい…
見たものを、知ったことを そのまま…と、そう言われている様に感じるが…
これぐらいで、勘弁して下さい

2017/12/7 21:07  [1763-552]   

広見神社 由来 由来の碑の裏

日中共同製作映画『空海』の主題歌をRADWIMPSさんが担当されるそうな
https://natalie.mu/eiga/news/260057
なに!!だったら国際化の波に乗り遅れるわけにはいかない
神社旅の最中延々と聞いていていた(どはまり)アジアの歌姫:楊 丞琳さんにお願いしたい
何故、楊 丞琳さんにどはまりしたかは又何所かで紹介したいのだが、
妄想の世界観でもやはり日本との関わりは深い、雨愛 失憶的金魚などのPVは必見である
亜茶見 三つ彦というキャラにあわないのが障壁だ… 『三つ彦さん あの方とはどうなったの?』
などという、出会いはない調査オンリーのお出かけ、第一 御婆さまは普通の田舎の年寄り
あんな、お上品ではない

長くなったが、話を戻して
広見神社(雷神神社)で気になったのが 鳥居脇にあった由来の石碑
設置は新しく平成六年なのだが、雷鳴神社とされている?
神社庁のページには雷神神社とされていたが…?どちらが正解なのか?
或いは、ワザと雷鳴にしたのだろうか?
この場所にあったのかも、少し疑ったところだ
https://yaokami.jp/1211433/
こちらのサイトでは東濃信用金庫 可児支店に鳥居マークがあるのだが?
まぁ、自分の調査能力なんてその程度が限界と、次に行こう

2017/12/8 21:36  [1763-554]   

曾木神社

『チクタクじいじ』先週の読売テレビ様『名探偵コナン』の話だが
http://www.ytv.co.jp/conan/archive/k1169
1000.html

モロだなぁ、今日はどんな展開になのだろうか? チクタクGG
爆弾魔、蛭川卓司 ウサギとカメの競争 トランプの7の真ん中……

広見神社から曾木神社に向かう、余談だが以前『何コレ珍』で放送されていた
『郷ひろみさん』みたいな交差点『広見5』は広見神社の近くにある

久々利方面からか、鬼岩のある次月方面にするか
かつて、今の様な道路が整備されていなかった時代の街道は
川伝いや 谷や尾根、地形地物など どの辺りを通っていたのだろうか…
想像してみると、今現在の道路や開発の仕方などに色々思うところがある…

曾木神社は上り下りを繰り返し方向音痴名な自分としては、
全く方角が分からなくなる山間の集落の小高い山の上にあった
静かで昔話に出てきそうな神社で大事に守られている感じだった

写真撮影をしていなかったのだが、曾木神社の麓近くにある大灯篭が気になった
たしか長野県の高遠の職人に頼んで作られたと説明書きがあったが、
この付近は、塩尻への塩の道に近いから、昔の生活圏のなごりなのだろうと感じたところだ

2017/12/9 13:30  [1763-555]   

風神神社 水神神社

方向音痴名な、誤植の達人は後でチョコット見返して気が付くが
まぁ、どうでもいい、チクタクじいじのなぞなぞの答えのページは破られていたそうだが
よろしくGGのなぞなぞの答えも、見返したらハッキングで消されていたりして
消したい人間もいる、それはそれで、大事なのは同じ間違いをしない事だ…

曾木神社から風神神社へ向かう 主に国道363号線を通行してなのだが
山間地の割には広く走りやすい、ただ風神神社には以前参拝した事もあるので
あの狭い山道を行くかと思うと億劫だった
帰りがけには某社の本格四駆と鉢合わせになったが、全く避けてくれない…
あぁあと思いながら何とか雑草に擦って道を譲ったが挨拶なし…
やり切れん、やっぱりCX−3でもランクルでもなく地元のお父様方の当に
軽トラで整備作業に来るべき場所だと身につまされた

日本一の田園風景、富田地区を抜けて水神神社に向かう 田舎だぁ 何か気楽だぁ
国道363でカーナビ設定して、結構グニャグニャな道だけど
今までと一緒で通行しやすいだろうと、高を括っていたら甘かった
しかし、昔の人の移動経路も考えたかったので迂回はせず走っていたら
某社のスポーツカーで、峠攻めをする方々が猛スピードで下から3台ほど突っ込んできた
さすが、峠攻め好きな走り屋の方々、よくそのスピードで交わして突っ込んで
避けて行くなぁと感心したが、コッチはぶつかると恐怖心が走るっちゅーの!
頭文字D好きもいいが、ヤッパリ本来は軽トラの地元のお父様方の生活道路だったのだろうな

水神神社は国道363号線から、少し入った場所にあった いくらか場所を移動したが
そこから動かせなくなって現在の場所にあると神社庁の説明にはあったが
本当に移動したのだろうか? 少し気になっているのは石垣の組み方である
5月以降神社仏閣等を回って見ている内に石垣・石工の仕事に眼が行くようになっている
六角形の石垣も時々見かけるのだが、そこにも意味があるのだろうか…

それにしても国道363号線やはりか… 自分の仮説だが、国道19号線恵那−瑞浪間
日本一の酷道と揶揄された、木曽川沿いの国道418号線 それと同様に国道363号線
これは意図的に国策で行われた妨害的行為では無いのかと言う事だ

龍を切るとは、河川、地形地脈、尾根伝い、谷間、そういった風水的な流れと
人の通る道、経済的な生活圏での人の交流、そんな意味ではないのか?
まぁ昇龍道と宣伝して流れを変えたい方々も居られるだろうし、それも人の繋がり
邪魔したいわけではないが、人の力では切る事の出来ないもっと大きな気の流れが
ある事ぐらいは理解して頂きたい所だ

2017/12/10 20:17  [1763-557]   

手水と土蔵 手水屋 龍の彫刻 倒木の跡

2017年9月30日 この日の『足袋とレキシ』の調査お出かけの
締めくくり?と言うほどでもないが、水神神社まで来たので恵那神社に立ち寄った…
この意味を理解される方いるだろうか? まぁいい直感だから、
なんだかリュック・ベッソン監督のフィフスエレメントみたいだなと思いながら
あの映画のディーヴァ・プラヴァラグナのオペラのシーンは映画史に残ると勝手に思っているが
誰かフィギュアスケートであの曲で、魅了するスケーティングをしないかと良く思う

元に戻して、源義仲が挙兵の際に剣を奉納したとされる神社だそうだが
今までに2,3度参拝していたが、この日は強烈に恐ろしかった…
屋根にブルーシートの掛かった土蔵?何事かと見回すと、手水屋の屋根も
凹まされ梁はへし折れて、囲いがしてあった……
嘘だろ…… 周囲を見回すと近くの斜面に切り株があったから、倒木が壊したのだろう……
龍の彫刻から思わず噴出してしまう様な細いチューブで樽に水を汲んでいるが…
ここもだったかぁ…全く気が付いていなかった… 石材に埋め込まれる様な胴体…
しかも、やっぱり新しい…くれぐれも付け加えるが作った職人さんも
依頼者も知らず知らずの場合が考えられる、最近神社に関する書き込みを
始めたら神社絡みの凄惨な事件が起きて、敷地内の豪邸をニュースで言っていたが
本来神社に土蔵?とはどうなのか?それは少し前から気になって喋っていはいた…
神事・行事に使用する物の保管場所も必要だろうが何所か違和感を覚えていた

平成26年4月5日 ふと 御岳山噴火を想起してしまった
確認すると、平成26年9月27日だったが、無い事であって欲しいのだが
どうにも、自分は見たこと知ったことをそのまま伝えろと言われている気がしてならない

今件の角界の騒動が起きるまで、正直躊躇していた、これは書き込まない方がいい
神社仏閣に油をまく事件も起きているし、変に炊きつけるべきではないと感じてもいた
粋がった者がその気になってより過激になるかもしれない
直感でしかなく、なんの科学的根拠も無いが、行いは自分達に跳ね返る
良くない事をすれば良くない事が跳ね返ってくる、仮に思惑を持って成した者がいるなら
その人の為を思って伝えておく、やめないと、あなた方が危ないと自分は思う
理解していただけるか…

2017/12/11 20:38  [1763-559]   

不可解な鳥居 鳥居裏書き 参道からの眺め 本来の石段

水神猫岩が気になって調査する内に、好奇心で関連する事柄も絡めて考えた
神社めぐりのお出かけはその一部でしかない

恵那神社には他に不気味な事を思っている
文楽、鳥居の位置関係、支那事変祈願碑、その他の箇所も注意して考察するべきでは
ないかと思っている

比較的分かり易いので鳥居の不可解な点を紹介しておく
数年前に参拝した時には気が付かなかったのだが、駐車場に車を止めて最初に目にはいる鳥居は
参道と直角に設置され、鳥居の正面方向には社務所?と土蔵がある
裏書きを見ると平成二年十一月とあり比較的新しい
本来、鳥居は社殿に対して真っ直ぐに設置するものではないか?何でこんな配置に?
それまでの参道と思われる石段は、草だらけで整備されていない…
参道から境内の先を見ると、水神神社、峠を越えてその先と方位方角を向いているのか?
考えて設計されたのではないか?そう思えてくる
だとするなら、意図的にこの鳥居は方角を変えられたのではないか?
だとしたら、何所をむいているのか…?
おかしな妄想だが、どうしても不可解な構造物に、
人の思惑が介在しているのではないか? そう思えてならない…残念だ

2017/12/12 21:53  [1763-561]   

ななっ何と!コナンくんの青山剛昌先生が長期休養!?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171
213-00000098-dal-ent

御江戸側混乱とか、コナン君のチクタクじいじがセブンシスターズの真ん中は岩嘗とか
書き込んでしまったから、拉致監禁、再教育……やはり自分の妄想はデス妄想か…

気になって、週間少年サンデー様を確認したら、黒の組織のボスは烏丸蓮耶
http://news.livedoor.com/article/detail/
14024777/

烏のコインの様な紋章…もしかして、もしかして、長期休養の圧力は秘密結社『八咫烏』
http://rapt-neo.com/?p=16726
http://anchikaluto.blog.jp/archives/5201
4592.html

前田ゴロウさんに聞いたら、相撲界の騒動含めて全部教えてくれるのか?
しかし、もしかしたら、もしかしたら、黒幕は秘密結社『鷹の爪団』?
http://xn--u9j429qiq1a.jp/

うーむ、ブラフの撒き散らし方がやっぱりアッチの方向性だと思うが……どうでもいい
ちゃっちゃと、復活してちゃっちゃと、黒の組織との因縁終わらせて、大人に戻ろう!
戻ったら、40過ぎぐらいか?

2017/12/13 20:19  [1763-563]   

支那事変の碑 アップ 恵那山上道

そこまで深く確認したわけではないが、恵那神社で不可解に感じた石碑を紹介?しておく
『支那事変祈願石段建設 還暦者明治十年生』とある
何故こんな石碑を作ったのか?これは事変の起きる前なのか?後なのか?

一体、どちらのどういった勢力に対しての祈願なのか?
おそらくは、草だらけの石段の事を指していると思うのだが…
どちらかと言ったら、関東軍に向けてに思えてならなかった…

ついでのついでに、石段下の『恵那山上道』という石碑もどこか不可解に感じる

土地、自然界のあらゆる神々という概念が、どこか歪に忘れ去られていた様に思える

2017/12/13 20:42  [1763-564]   

水神猫岩 猫岩 出たな岸様

取り急ぎ、大相撲に見ていた怪我・不調の法則性と自分の実体験で土地の神様、霊糸?
のようなものを説明しないと、ご理解頂けないので先に、神社巡りの話をUPさせて頂きました

自作自演と思われても仕方ないし、信じて貰えなくてもいいが、逐一国家規模で監視生活を
たぶんしているので、監視していたC○A?そういえば先程C○Iとしてしまったが
いかんせん、アルコール・ドーピング……
ずっと、ネットも行動もチャックしていた情報機関とそこから逐次報告を受ける
日本政府は現実的にあの日、自分が神社巡りをしていた事は把握しているだろう

ただ、日本相撲協会と関係者にこの書き込みを閲覧できない様に閲覧規制を掛けている可能性はある

一応9月30日の報告は終わったので、信憑性の為に
水神猫岩の記載がある、お婆様がワザとらしく見せてきた書籍の写真をUPしておきます
恵那峡の川くだりで、奇岩群のなかに、水神猫岩、猫岩と記載されている…
基本、マンガは読むが本をじっくり…小説ならまだいいが…とペラペラ捲っていたら
出たな岸! そんなアホな、何でこの人の写真が載っているのだ?とお婆様との血縁関係を
疑い始めるきっかけに写真です 全て同一の書籍に載ってました
今更DNA鑑定?面倒臭いからいいや、見たのは4月か5月ぐらいでした

こんなんじゃ、絶対信じて貰えないだろうが…本当ですよ、本当!冗談です妄想ですは
キチンと表明しているつもりですし…

2017/12/14 20:54  [1763-566]   

手水 龍の彫刻

岐阜県は大きく分けると、美濃と飛騨に分けられるが
美濃は分け方にもよるが、岐阜・西濃・中濃・東濃に分けられ、
山地や等で境界が分かれているところは、当たり前だが風土も違う

東濃地方で有名な霊場の一つに、岩村町の萬勝寺がある、天瀑山の近くだが
気になって、後日確認しにいってみたら、此方の手水は平成十三年、
龍も石に胴を埋め込まれている形であった

どうなのだろうか…?やはり、不可解に思えるところだ…

北東濃のレキシは……止めておこう、亜茶見には荷が重い…

2017/12/15 20:40  [1763-568]   

源済岩 説明書き 岩の裏側 近くの橋から

猫岩?水神猫岩?を探す プチ調査お出かけを夏場にしていた
最初、本の文章から、玉蔵橋と付知川の間?或いは苗木城址?辺りまでだろうから
あてずっぽで、地図を調べて気になった源済公園の源済岩に行ってみた
結果的に、違うと判断しているが、結構参考になったし、
まるで隠されているかの様な場所で、眺望も良かったのでUPしておきます

戦国時代に源済という人物が住み着いていたと言うこの岩、不気味な祠の様で
公園自体も手入れしきれない様で、人けのない場所でした
因みに、源済を打ったと立て札書きに、書かれていたのは信玄配下の秋山晴近
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%
E5%B1%B1%E8%99%8E%E7%B9%81

岩村城を開城、その時の女城主が信長の叔母おつやの方 直虎じゃないよ〜

源済岩の奥は回りこめる様になっていて、木曽川と付知川の合流点で良いと思うのだが
結構な眺めであった、2時間ドラマに出てきそうな断崖…ご本家なら…
しかし、その辺はパクりの『足袋とレキシ』亜茶見さんには事件など起きない
良かった、良かった、警察に署まで連行されて、義理の兄が御江戸側と知れたら(同一人物だろ!)
共謀罪で終身刑だろう などと妄想

ついでに、近くの橋まで歩いて行って、遠くから源済岩を撮影、4枚目の写真の
川の右上にある青い柵がそれです

写真撮影はしなかったのですが、恵那峡まで行き遊覧船に乗っても確認
ちょうどこの辺りで折り返しなので、玉蔵橋まで行かないから
猫岩近辺はもっと上流だと思われるので残念でした
ただ、遊覧中に気になるアナウンスが、岩肌に見える『21』とペンキで書かれたところまで
水が増えるとダムを放流するそうだ……BA?まさかね…
あと付知川は青河と呼ばれていた、うむぅ?和田川説を考えている自分としては…?
四神と麒麟・黄龍なら和田川は、日輪?黄河?かなぁとも妄想した次第である

2017/12/16 14:31  [1763-569]   

赤壁城の伝記 花崗岩の説明 白壁二葉館

あてずっぽ、基本はあまり人に聞き込みをせず、隠密行動なのだが
面堂臭いので、思い当たるところで苗木城址にある、遠山史料館で聞いてみるか…
http://naegi-toyama.n-muse.jp/

(複数の断片的な情報を時空を隔てて関連付けて考察しているのと、猫岩だけでなく
 文化・文政年間から明治維新の文明開化… 山、川、岩や山岳信仰、巨石信仰と
 神秘的な力など、複合的に色々とあって、錯綜した説明になってしまう事を
 先に断っておこう、調査日記を毎日付けておけば良かったが、怠け者で申し訳ない)

源済公園とは別日だったと思うが、苗木城址に向かう途中、城山大橋の手前で
立て札が気にかかった、直感的に赤壁?と言う文字が何故か気になった マツダ様の赤もあったし…
木曽川に棲む竜は白い壁が嫌いで、赤壁になった…?竜神神社が祀ってある…?

白壁と聞いて、川上貞奴さんを想起した
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%
E4%B8%8A%E8%B2%9E%E5%A5%B4

ワンピースのモモの助は福澤桃介ではないか?木曽川という竜脈を切った男…
以前、南木曽町にある別荘だった福沢桃介記念館を訪れた時、
名古屋の白壁地区にある二葉館の事を耳にした事があった 木曽の木材が尾張徳川を支え
現在も白壁地区は高級住宅街として知られているが…もしかして…
http://www.town.nagiso.nagano.jp/kankou/
midokoro/nagiso/midokoro_43.html

http://www.futabakan.jp/root_0.html

二葉館の写真は、大相撲名古屋場所に出かけた際についでに調査で立ち寄った時のものである
文化のみちとして、散策の見所が登録されているが、気になったのは他に
旧豊田佐助邸 旧春田鉄次郎邸 だった二葉館を含めこれらの建物は大正時代の
数年間のうちに建てられていて、サロン的な交流の場であった二葉館で面識もあったのだろうか?
そんな事を考えて、見物していると品の良い女性から、『あちらは見られました?』と
旧春田鉄次郎邸を薦められたのだが、今のところは二葉館以外が訪問しきれずにいる
顔がわれていて、ヒントを頂いているのかな?
アウディ様のキャッチコピーに『目の前に情報を集めろ』といった趣旨のものがあったし
中日新聞様の地方面に関係している内容が度々掲載されるし…

話は錯綜してしまうが、立て札が白壁地区に対するあてつけだとしたら?
明治維新後、数年経って大正時代にあてつけで白壁に邸宅を築いていたとしたら?
妄想ですけどねぇ

あと、石工や巨石 御影石もあって、城山大橋の近くに花崗岩の説明書きがあったのが
気になって仕方が無かった、コレも何か思惑ありだろうなぁ…

2017/12/16 15:27  [1763-570]   

飛騨街道冊子 猫岩の地図 水神の地図

遠山史料館に何度かお邪魔して、水神・猫岩と赤壁城の伝記に書かれていた
竜神神社についてたずねると、猫岩については分からないそうで
ダム開発と、その後の遊覧船観光もあり、水没したか削られた可能性もあるとのこと
水神については、水神の碑は移設されて、玉蔵橋の先の脇にあるとのことだった
また、竜神神社については『?』だと言うことだった
やっぱり、何か変だ……

説明時に見せて頂いた、飛騨街道の冊子を気になって購入し、チョロチョロと見ていると
文政10年の地図に猫岩を発見、別に水神岩とある地図もあった
どうも猫岩と水神岩は対岸にあるので別物の様だ、中津川と木曽川の合流点から
少し下流の苗木城址側が水神岩で、更に下った対岸に猫岩はあった様だ…

この冊子詳しく全部は読んでいないが、表紙の『双頭一身道祖神』は珍しいつくりらしく
市文化財に指定されて、文化13年の建立だそうだ…何かの暗号的な要素だったのだろう

また、丈六という地名があり『じょうろく』という平仮名表記の看板があり
てっきり十六菊花紋と何か関係でも?と質問したら、間違いで(上陸)からの
意味でもあったらしい、ただ、冊子には背丈が一丈六尺の観音菩薩が安置されていた
ともあり、うーん、廃仏毀釈と言い、何かと不可解である

2017/12/16 20:27  [1763-572]   

八大龍王大神 清水門跡説明書き 城山大橋銅像

赤壁城の伝説にあった、苗木城址東側にあるという岩窟と竜神神社が気になり
確認しに行ってみた あったのは八大龍王を祀るものだったが…たぶんここの事だろう…
だが、明治以降にここに移されたと清水門跡の説明には記載されている
八大竜王は法華経に登場するそうだが、廃仏毀釈の影響もあったのだろうか?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%
E5%A4%A7%E7%AB%9C%E7%8E%8B


やはり、赤壁の説明には木曽川の竜とされていたが…これを見てやはり
城山大橋の袂の四体竜の銅像が気になった…胴体が輪になって結ばれ
足は二本しかない…不可解に思われて無いらない…

水神碑の移設といい、ダム開発があったとはいえ、年代や背景があやふやどうもひっかかる
猫岩を探しながら、他の事に好奇心が沸いてしまう…

2017/12/16 20:56  [1763-573]   

監視カメラ カメラの掲示 妙見山 瓦屋根

何度か訪れる内、最初は気が付かなかったのだが、ふと城山大橋の
苗木城址側に監視カメラがある事に気が付いた
2017年3月1日つい最近である、名古屋城で加藤清正公の銅像を昭和50年代に
設置する活動があった事を知った後だったので気になった
http://www.geocities.jp/bane2161/katouki
yomasa.htm


気になったので監視カメラについて検索して見た
https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A
2RA2ELGDTVanUgAIx.JBtF7?p=%E7%9B%A3%E8%A
6%96%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%80%80
%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%
82%BA%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96&sea
rch.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga
1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E7%9
B%A3%E8%A6%96%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9
+%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3
%82%BA%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96&at
=&aa=&ai=62iSZXI5SG6TqzfDPqmWCA&
amp;ts=10693

近年、監視カメラの設置を強化している様だ……
何故こんなところに監視カメラ?設置しないといけない理由があるからか…
今思うと手水の龍の件とつい関係性を直感的に感じてしまう…
御岳山の噴火は昭和50年代も活発だったので、どうも不気味で仕方が無い…


少し法華経と関係して廃仏毀釈の際に法華経八の巻が妙見山長久寺に移されたそうな…
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/wiki
/index.php/%E6%B3%95%E8%8F%AF%E7%B5%8C%E
5%85%AB%E3%81%AE%E5%B7%BB

長久寺の道を挟んだ向かいに妙見山があるのだが、妙見信仰は北辰・北極星らしいのだが
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%99%
E8%A6%8B%E8%8F%A9%E8%96%A9

以前、星ヶ見公園の星ヶ見岩で北辰門とあり、妙見菩薩が祀ってあった…
何だろう、違和感がある…古来は星ヶ見岩を意味していたか?妙見山との位置関係があるのか?
http://spinfo.jp/gifu/nakatsugawa/hoshig
ami/


不可解だらけだ…

2017/12/16 21:30  [1763-574]   

城山大橋から見た桑原寺 桑原寺 石仏群 岩肌の彫刻

城山大橋の龍の銅像には、映画『帝都大戦』で日本橋に設置された
麒麟・龍の銅像をつい思い起こしてもいた…あんな意味合いなのだろうか?

城山大橋で通り過ぎていたが、気になる屋根の建造物があり
ついでに調査しに行ってみた『桑原寺(そうげんじ)』というお寺だったのだが
あまり、手入れはされておらず、寺として経営しているのだっろうか?とも思える
岩肌には無数の石仏群があり、一際大きな岩肌にデッカい仏教彫刻…
いったい何時、何の目的で建設されたものなのか…?不可解極まりない…

先に紹介した、始めに手水の龍が変だと気が付いた南宮神社はこの先にある…

2017/12/17 10:52  [1763-575]   

龍馬神社 龍馬神社2

本当に中日新聞様は時々アシストしてくれるのだが、地方面で先の道祖神や
御嵩町の鬼の首塚なども紹介していた事があるが先日は龍馬神社を紹介していた
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/2
0171212/CK2017121202000033.html


桑原寺、南宮神社の先でぶつかる県道410号線を走っていると
龍馬神社と言う看板が眼に入った(写真の看板と同じようなものだったと思う)
何でこんなところに…? 気になって調査しに行ってみたが入る勇気が無く引き返した
全く都合の良い所に都合よく在って、都合よく新聞記事が掲載してくれる…
なるほど、2006年に分祀を受けられたものでしたか…

漫画『ワンピース』の『龍を切った男リューマ』だが亡霊として
モーリアに使われていた…河川を龍と見立てるなら、福沢桃介…?とも思えるが
それは、現場監督的存在、現実には当時の政府であり
技術や資金的な提供をしていた欧米列強の資本家・権力者が背景に居たのだろう
坂本龍馬は明治維新の影の立役者として死後にその存在をブラフの様に利用された面もある
これもそうかなぁ?

桃介の義父・福沢諭吉が設立した慶応義塾『天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず』とい
言葉も有名だが、現実的に現代はどうだったのか……?
当時、踊らされた庶民が思いえがいた平等になっているのだろうか?
どうも、恵那神社で見た支那事変祈願の石碑は満蒙開拓団などの移民政策、
富国強兵と軍事国家化、そういった明治維新の背景に居て陰謀めいた事をしていた
方面に対する趣旨の様に思われる……

2017/12/17 11:21  [1763-576]   

水神碑 水神碑2 坂の下から電柱左辺り 坂の上から電柱右辺り

色々と不可解なものもあるが、遠山史料館で教えて頂いた
水神の石碑を調査しに行った、市街地方面から県道6号線玉蔵橋を渡って少し行った
道路の左脇に移設されていた、石碑裏には昭和三十三年と個人的には読め
史料館で購入した冊子にある説明と若干違うが、まぁ水神碑だ
冊子には天神様に移され祀られたとされているが、昭和三十三年以降だろうか?

それにしても道路脇の人が歩いて通行しない様な場所なので、
自動車だと知らずに通り過ぎてしまう様な場所だった

色々と場所うつされてるねぇ

2017/12/17 11:49  [1763-577]   


この掲示板の新着スレッド

運営者のみ投稿可
よろしくGG妄想全開、プロジェクトネコネコ与太ばなし大作戦
よろしくGG妄想全開、プロジェクトネコネコ与太ばなし大作戦をお気に入り登録
運営者:
よろしくGGさん
設立日:
2015年5月23日
  • 注目度:

    85(お気に入り登録数:2件)

タグの登録はありません

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ