縁側 > スポーツ > 自転車 > 自転車総合 > 暗峠&六甲山チャレンジ
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

毎月開催している、暗峠チャレンジと六甲山チャレンジの掲示板です。

これ以外にも琵琶湖一周やその他のヒルクライムチャレンジも計画していきます。

誰でも参加できます。原則現地集合、現地解散です。自転車はどんな自転車でもOK。走り方も自由です(タイムアタック、トレーニング、景色を眺めながら等)。

自転車に関する情報交換などもしていきましょう。

誰でも書き込みできます。誰でもスレ立て可能です。情報発信の場としても使ってください。

  • 暗峠&六甲山チャレンジの掲示板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの伝言板
  • 暗峠&六甲山チャレンジの投稿画像
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に
暗峠&六甲山チャレンジの掲示板に新規書き込み

SM-CA70 LifeLine携帯ポンプ 伸ばしたところ

今年もよろしくお願いします。

ヨドバシ恐るべし。昨日(元日)に注文したバーツが今日届きました。正月だというのに、平日以上のスピードです。配達した郵便局もすごいです。年賀状の配達で忙しい時期に、こんな些細なものに時間を使わせて、ちょっと申し訳ない感じです。

注文したのはSM-CA70です。SM-CA50がヨドバシで扱いがなかったので、上位グレードのものにしました。といっても、定価で200円くらいの差しかないですが。MTBのリアディレイラーには、アウター受けの部分にアジャスターが付いてないので、ケーブルにこういうパーツを挟む必要があります。

写真中央は、先日Wiggleで購入した、Lifelineの携帯ポンプです。ヘッドの部分を伸ばすとホースが出てきます。口金は仏式と米式の2つ付いています。青が仏式、赤が米式です。MTBでの使用を考慮しています。まだ使っていませんが、ストロークは十分あるので7気圧くらいはいけるのではないでしょうか。重量は重めです。

2018/1/2 19:49  [1740-3073]   

Rubino Pro3、破れたり。

午後は、クロスバイク化したNCR700で牛尾観音へ。基本曇りなのですが、ときおり晴れ間があったり、小雨が降ったり、雪が舞ったりと落ち着かない天気です。牛尾観音へ登る道は濡れています。タイヤの性能を見るにはいいチャンスです。タイヤは前後ともシュワルベのDurano、25C。

勾配のきつい部分がほぼコーティング舗装に対応しています。ギアはアウター×ローに固定。ギア比1.65です。コーティング舗装にさしかかるとほとんどダンシングです。でもリアは滑りません。すべての区間を難なくクリア。

昨シーズンもコンチネンタル・グランプリを履いていてリアがスリップした記憶がないので、たとえウェットでも、滑らないのが普通なのだと思います。となると前回滑ったヴィットリアのRubino Pro3やミシュランのリチオン2(ダンシング時)は、水準に達していないということになります。ドイツ工業の底力を見る思いです。コンチネンタルとシュワルベはともにドイツのメーカーです。性能的に目指すものが同じというだけでなく、乗り味も似ています。

ただこの比較が極めて限定された条件によるものだということは確認しておく必要があります。普通に乗っている分には、ウェットグリップの差には気づきません。濡れたコーティング舗装で、15%勾配を登らなければならないという条件が、差を浮かび上がらせたのです。ほとんどの人はこんな条件で乗ったりはしないでしょう。

この性能差をどう受け止めるべきか。Rubino Pro3がただちにダメなタイヤということにはなりません。ただ使う場面は制限する必要があります。牛尾観音を登るバイクには、Rubino Pro3は履かせられません。

2018/1/3 19:42  [1740-3075]   

 α→EOSさん  

あけましておめでとうございます。

タイヤ比較興味深かったです。
確かにかなり厳しい条件と言えそうですね。
僕もルビノプロ3で15%くらいの勾配を登ったことはありますが、
ウエットでは無かったので特に気づくことはありませんでした。
クロスバイク化したNCR700の話題、今後も期待しています。
ギア比やポジションの違いからくるロードバイクとの比較とかetc.

今年もよろしくお願いします。

2018/1/3 20:23  [1740-3076]   

α→EOSさん、明けましておめでとうございます。

レースだったらグリップ性能は絶対条件ですが、普通に走る分にはそうでもないですね。むしろ練習用だったら、路面の状況がつかみやすいタイヤで、グリップ力に頼らない走り方をこころがけたほうが練習になると思います。荷重移動で曲がるとか、ロックさせないブレーキのかけ方とか。自動車も自転車もこのあたりは共通です。Rubino Pro3は、もともと絶対的なグリップが高いわけではないので、レース用というより普段乗り用ですね。そういうタイヤとしてはバランスはいいと思います。

あと手持ちのタイヤだとパナレーサーのRace Lがまだ牛尾観音の洗礼を受けていないので、いずれ試すつもりです。ミシュランもPowerシリーズとかPro4とかだったらグリップ力が高いので問題ないとは思います。パナレーサーとミシュランは似ているので、Race Lで試してみたら傾向はつかめるはずです。

今後のタイヤ選択をどうするかですが、コンチネンタルは改めてすごいと思いました。ぼくが使っているのは4000S2ではない普通のグランプリですが、これでも十分です。むしろレーススペックでない分、日常的には使いやすい。4000S2もだいぶ安くなってきているので試してみたいのですが。あと手持ちでHutchinsonのFusion5があるので、これもいずれ試します。

2018/1/4 08:36  [1740-3077]   

Racing3に付けているパナレーサーRace Lのウェット性能を確かめるために、牛尾観音へ。

RidleyからRacing3を外して、NCR700に取り付けます(リアのみ)。トレッドは完全なスリックですが、トレッドパターンよりもコンパウンドの質の方が効いてくるような気がします。Race Lの柔らかめのコンパウンドは有利に働くはずです。

結果ですが、シッティングでは問題なかったのですが、ダンシングでアウトでした。スリップして思わず足を着いてしまいました。コーティング舗装で、うっすら濡れている程度のところはクリアできますが、水の膜ができているところは滑りました。体感的なウェット性能は、リチオン2よりは若干上かなというレベルです。

こうなってくるとRace Lと似た乗り味のミシュランのPro4とかPowerシリーズを試さないといけないのですが、それらを持ってないんですよね。

牛尾観音へ登る道は、参道の部分も含めて、本来はロードバイク向きのコースではないです。ほとんど舗装されているとはいえ、荒れている部分もあるし、木の枝が落ちていたりするし、砂利敷きの部分もあるし、参道は枕木を並べた舗装だし、ということで、「純」レース用タイヤで行くようなところではないです。なのでぼくは、レース用タイヤだったら丈夫なものを選びますし、パンクしても惜しくないような安タイヤを選びます。そういう選択基準からすると、ミシュランの高級タイヤは入ってこないのです。もちろんパヴェを走るわけですから、ミシュランも見た目よりは丈夫だとは思いますが。

いずれにしてもドイツ系が圧勝です。シュワルベDuranoはいいタイヤかもしれません。というか今のところコンチネンタルのグランプリと遜色ないです。 今買うと安いです。

Schwalbe Durano RaceGuard Dual Compound 2279円
www.wiggle.co.uk/schwalbe-durano-racegua
rd-dual-compound-folding-road-tyre/?curr
=JPY&dest=33&prevDestCountryId=3
3

午後は、Duranoに付け替えたZeniumで東山コースへ。空気圧は6.5ですが、ちょっと固めです。グリップは全然問題なしです。

メタルパッドは、レバーに力を入れた時にたまに音鳴りがします。もう少し慣らしが必要なようです。

2018/1/5 19:20  [1740-3082]   

※上のリンク「http://」が抜けています。

MerlinCyclesに注文したパーツが届きました。セレサンマルコのコンコールレーシングサドルと、カンパニョーロAthenaのクランク。

コンコールは昔のコンコールではなくて、リデザインされた最近の形です。たぶん座面のカーブは昔のコンコールを踏襲していると思いますが、裾の部分が現代的になっています。重量は217gでまずまず軽量。5027円でした。サドルは足りているので当分使う予定はありません。

そして家宝にしたいくらい美しいAthenaのクランク。170oで52/39T。9123円でした。重量はBBなしで737gですから、シマノの105と同等です。これもすぐには使うフレームがないので、しばらく寝かせておきます。

カンパのクランクの取り付け方法はいくつか種類がありますが、これはパワートルクという方式で、シマノのホローテックとほぼ同じです。

2018/1/6 09:32  [1740-3083]   

 α→EOSさん  

コンコールサドル、いいですね。
5027円で重量は217gは優秀、コスパ良好だと思います。デザインもかっこいいし。
Athenaのクランクは、おっしゃるとおり、美しい。しかも安い!
工業製品に美しさを与えられるのはヨーロッパ(特にイタリア、フランス)だけです。
今の所ヨーロッパだけで、100年後でもヨーロッパだけのような気がします。

ロレックスが、時計としても使える装飾品と言われるように、
自転車の機能も持っている装飾品、という分野も否定できないですね。

2018/1/6 20:13  [1740-3085]   

手持ちのサドルは、セレサンマルコ×2、プロロゴ×2、セレイタリア×1 で、全部イタリアメーカーですね。機能性(軽量性)+見た目+価格で選んだらこうなりました。

フィジークも試したいのですが、Wiggleとかでも安くならないので、機会がないです。

もともとサドルメーカーはイタリアが多いですね。イタリア以外だと有名なところはスペシャライズドくらいかな。スペシャライズドは以前中古で買ったのを使っていました。FCR1を人に譲った時にいっしょにあげてしまいました。今思うと、ちょっと柔らかめの乗り心地でした。

スペシャライズドなんかは科学的に形を追求していますが、イタリアのメーカーは直観から始まってそれを経験的に積み上げていっている感じですね。

2018/1/7 08:32  [1740-3086]   

年末にWiggleやChainreactioncyclesで購入したものの中に、LezyneのRoll Caddyというサドルバッグがあります。

商品の説明はこちらが詳しいです。
http://escapetrip.jp/lezyne-saddle-bag-r
oll-caddy-review/7073


スマートなサドルバッグを探していたのですが、これは使えそうです。チューブを携帯しないときはオストリッチのSP-222でもいいのですが、チューブも必要となるとこれでは小さすぎます。
http://www.cb-asahi.co.jp/item/09/00/ite
m34900300009.html


ということでこのLezyne、チューブ、携帯工具、パンク修理パッチ、タイヤレバー、小銭、家の鍵、その他を収納するのにぴったりの大きさです。ポケットが分かれているので使いやすい。バイクを離れるときには、サドルから外してジャージのポケットに入れられます。スマホは入らないわけでないですが、振動がちょっと心配です。スマホの携帯方法については別に考えることにします。

2018/1/8 16:43  [1740-3087]   

昨年末の琵琶湖一周で、ウィンドブレーカーを着ると汗をかくし、脱ぐと寒いしというアンビバレントな状況に陥りました。ウェアは侮れないと思いました。もっと寒い場所だったら死活問題になりかねません。

ということでウェアについても調べようかなと思いました。このサイトが良くまとまっています。
http://www.roadbk.com/Wear/Optimum.html

でもちゃんとしたウェアって、けっこう高いですね。

2018/1/8 21:43  [1740-3088]   

 α→EOSさん  

長文です、すみませんです。
冬のウエアはとても難しいと思います。
1.ウインドブレーカーはどんな種類のものでも汗冷えの原因になる
パールイズミのウインドブレーカーに左右3か所ずつ(計6か所)のファスナーを縫い付けて改造し
ベンチレーション機能を持たせたものを作りました。
ベンチレーション機能は効果があります。市販のものでもありますが、どれもベンチレーションの開口部が小さく、あれでどれほど効果があるのだろうか?と思います。
僕が作ったものは、脇と袖をほぼ全開にできます。
が、
気温が3〜5℃のかなり寒い中でも走り始めて10〜15分もすると汗ばんできて6か所のファスナーを全開にします。それでも汗が溜まってきます。
汗を少なくするにはペースを抑えて走る以外ないです。
ゴアテックスのウインドブレーカーも持っています。自転車用ではないのでゆったりしていて、
そのぶん風でばたつきますが、そのぶん空気の入れ替えが起こって、汗が排出されます。
が、それでもやはり汗はかきますし、汗冷えもします。

2.ウインドブレーク素材のジャージ
パールイズミのウインドブレークジャケットとサイトウインポートというメーカーの廉価なウインドブレークジャケットを持っています。
パールイズミのウエアのほうが価格も高いだけに、ウインドブレーク素材が良く出来ていて、通気性にも優れていて快適性は高いです。
が、
ウインドブレーカーよりは通気性はありますが、ブレーク素材の部分にはほとんど通気性はないので、汗が溜まってくるまでの時間にやや余裕があるというだけで、やはり汗冷えの原因になります。

1時間ほどの通勤に自転車を使うことがあるのですが、いつも1のベンチレーション付改造ウインドブレーカーを使ってできるだけ汗をかかない範囲の速度で走っています。

僕の今の結論的なやり方としては
どんなウエアを使おうが必ず汗は出ますのでレイヤリングで対応するしかない、ということです。
ウインドブレークジャケットは使わず、軽量コンパクトなウインドブレーカーを携帯して着たり、脱いだりします。
パールイズミよりもモンベルのEXライトというタイプのものが携帯性に優れています。
汗冷えするほど汗をかかないように調整するしかない、ということです。
僕はまだ使ったことがないのですが、ウインドブレークベストをレイヤリングに加えるのが効果的という人もいます。
着脱が容易で、丸めると小さくなるタイプのものでなければ使いにくいと思います。

それと、
けっこう重要なのが上着よりもアンダーウエアだと思います。
ユニクロのヒートテックのようなレーヨン素材を使ったものは、肌触りは良いが速乾性が悪く、汗をかくとひどい汗冷えになりますので、ポリエステル100%の速乾性に優れた保温アンダーウエアを使うのがトレンドですが、
有名なのはモンベルのジオラインです。これはとても優秀です。価格なりの価値があると言えます。
IT技術者ロードバイク日記、のブログに詳しく解説されています
http://rbs.ta36.com/
おたふくてぶくろというメーカーが廉価なアンダーウエアを出していて、これが価格のわりには優秀です。

さらに、登山する人たちの常識みたいなことに、一番下にメッシュのアンダーウエアを使うというのがあるそうです。
メッシュアンダーは汗をほとんど吸いません。
かいた汗はメッシュを通過して保温アンダーに吸収されます。
冷えた汗が直接肌には接しないため、冷たさを感じない、という理屈です。
この方法が合理的で今のところ一番効果が高いのではないかと思います。

メッシュアンダーもいろいろなメーカーが出していて、どれも高価なのですが、価格に見合った効果があると思います。
メッシュアンダーではないのですが、イオンバイクが出しているペルビチというブランドのノースリーブのアンダーが廉価で、僕が使った中では汗冷えしにくかったです。
パールやシマノのアンダーよりも良かった。
でも、ペルビチはもう生産を止めているみたいで、流通在庫しかないみたいで、残念です。

最後の手段として、レイヤリング用の小さく畳めるダウンジャケットを携帯するという方法があります。モンベルのものがやはり良いみたいですが、僕はユニクロで見つけたものを使っていて、丸めるとボトルケージに入る程度のサイズになりますので携帯に便利です。
真冬の六甲山の下りルート、このダウンを使います。これがあるおかげで登りを薄着に出来、下りを凍えずに走ることが出来ています。

長文ですみませんでした。
ロードに乗り始めて5年ほどたつのですが、ウエアに関してはさんざん思考錯誤してきたので
調子に乗ってたくさん書いてしまいました。

2018/1/9 11:29  [1740-3089]   

α→EOSさん

自分でウインドブレーカーを改造するとは、強者ですね。

やっぱり通気性が鍵ですね。ぼくのウインドブレーカーは、ユニクロで2000円くらいで買ったもので、軽量なのはいいのですが、素材の通気性もないし、ベンチレーションもついていません。これがせめて背中にベンチレーションがついていたら、汗が溜まるのがだいぶ少なくなると思います。

ゴアテックスのような防水性もあり、かつ透湿性もある生地ならば、レインウェアとしても使えるので便利かなと思ったのですが、かさばるのでジャージのポケットに収まりきらないのと、値段が高いというのがネックです。それならば通気性のよくて軽いウィンドブレーカーのほうがいいのかなと、迷っています。

アンダーシャツは、普段から全部ポリエステル製にしています。夏でも、雨でずぶ濡れになってもすぐ乾くのがいいです。メーカーはこだわってなかったのですが、これも違いがあるみたいですね。参考にさせてもらいます。

2018/1/9 21:49  [1740-3090]   

通勤途中に東山コースへ。

ラストの500mだけタイムを計ってみました。結果は1分50秒。荷物を背負っていたので、バイクと装備の重量を12kgとして計算すると、平均出力は293Wでした。この距離だったら最低でも320Wは欲しいところです。

ゴール前は疲れ切っていて26q/hまでしかスピードが上がりません。結局2本目に挑戦する気力は残っていませんでした。

2018/1/10 12:41  [1740-3092]   

ぼくはスキーはやらないのですが(今まで数回行っただけ)、人に誘われて来月行くことになりました。

前回スキー場に行ったのはたぶん5年くらい前。ということはロードバイクに乗り始めたころになると思います。その時には、スキーと自転車との関係なんかまったく考えていませんでした。でも今回にわかにスキーの滑り方をネットで調べてみて、似ているなと思いました。以前ペダリングのスレでGuru-dbさんが、ペダリングとスキーのターンには共通性があると書き込まれていたと思いますが、何となく納得しました。要は左右の足の切り返し=荷重の移動ですね。それとコーナリングもそうです。左に曲がるときには右足で踏ん張りますが、スキーもこれは同じです。

ということで、自転車に乗ってきた成果がスキーに生かせるかどうかがスキー場では問われることになります。(笑)

2018/1/11 22:34  [1740-3095]   

 α→EOSさん  

スキー、バイク、モーターサイクルはコーナーリング時、外脚荷重で回る
と言う点で共通していますね。
どれもバランスのスポーツです。
スキーはブレーキがついてなくて、ブレーキングも基本的には外脚荷重で行いますので
バランス感覚が特に重要で、
プロでもオフシーズンにスキーをやる人もいるらしいです。

2018/1/11 22:56  [1740-3096]   

そういえば、前に引用したブログでも、スキーの回転競技をやっていた人はペダリングが上手いと書かれていましたね。

今朝はこの冬一番の冷え込みでした。ひさびさにシングルスピードで東山コースへ。路面は、一部人為的に水がまかれたところ以外は、凍結なしです。

コースの終盤部分でスプリント練習。1分44秒でした。平均出力は313W。コンスタントにこれくらいは出したいところです。

2018/1/12 12:54  [1740-3097]   

シクロワイヤードの記事から。

しまなみ海道のイベントで日向涼子さんが乗っているバイク、ぼくのと同じNCR700です。フラットバー化しているのも同じ。しいて違いを上げればフォーク。フォークは、ストレートとベンドのどちらかを選べます。ぼくのはストレートです。

https://www.cyclowired.jp/image/node/253
644


しまなみ海道も今年はぜひ行きたいですね。

2018/1/13 12:34  [1740-3099]   

Chainreactioncyclesで注文したEnduraの防水ジャケットが届きました。

Endura Flyte ジャケット SS17
http://www.chainreactioncycles.com/jp/ja
/endura-flyte-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B
1%E3%83%83%E3%83%88-ss17/rp-prod17968


ゴアテックスではないのですが、それに似た素材のようです。防水性があるとのことなので、レインウェアとして使えるかなと思って買いました。防風性もあるので、ウィンドブレーカーとしてももちろん使えます。素材自体に透湿性があり、かつ脇と背中はファスナーを開ければ通気できます。

ただ折りたたんで携行するのは無理っぽいです。生地は薄いのですが、ごわごわしていて、折りたたんでもかさばります。やはり防水性を持たせると携行性に問題が出てきます。両立はけっこう難しいようです。

雨が降りそうなときに常時着用して、必要なときにファスナーを開いて通気するような使い方になるのかなと思います。しばらく試してみます。

2018/1/15 12:47  [1740-3103]   

「記憶の残滓 by Arkibito」というブログを書いているArkibitoさん、関西ヒルクライムTTのランキングでよく見かけると思ったら、全コース制覇しているんですね。

関西ヒルクライムTT 現登録107コース 全制覇!
http://d.hatena.ne.jp/arkibito/20120930/
1348970055


親近感を覚えるのは、タイムがぼくとほぼ同じだからです。

金勝山 負けた。
山中越え(滋賀側) 勝った。
金蔵寺 勝った。
花背峠 負けた。
芹生峠(南側) 勝った。
暗峠(大阪側) 勝った。
勝尾寺 負けた。
金剛トンネル(大阪側) 負けた。
六甲山・逆瀬川 勝った。

みたいな感じです。

2018/1/17 21:41  [1740-3108]   

NCR700で東山コースへ。ラスト500mだけタイムを計りました。1分57秒。273W。力不足でした。

NCR700はフラットバーで、街乗り用で使っていますが、中途半端は気がします。別にドロップハンドルを街乗りで使ってもそんな不便に感じたことはありません。強いて言えば、メリットがあるのは、片手に物を持ちながら乗るとか、やむを得ず歩道を走る場合で超低速運転のときくらいです。ドロップハンドルに戻したくなってきましたが、もう少し様子を見ることにします。

竹谷さんは、チェーンを引っ張っているとき(ペダルに力を加えているとき)と引っ張っていないとき(バイクが慣性で進んでいるとき)とを意識するようにと書いています。平地で試してみました。ギアを重くして、上死点から30度の角度でだけ力を加え、他は力を抜きます。ハブの回転を見るとき、タイヤを手で回しますが、回転数を上げるときには回っているタイヤの回転に合わせて、手を動かす必要があります。手の動きが追い付かなければブレーキになります。手がタイヤと接触している時間が長ければ、より多くの力を加えることができますが、そうすると手の動きが遅れがちになります。なのでできるだけ短く強い力を加える方が効率的です。それに似ています。

2018/1/18 12:58  [1740-3109]   

カシミール3Dというフリーソフトがあるのですが、これが優れものです。GPSのログを読み込んで地図上に表示するソフトですが、GPSなしでも使い道があります。

東山コースのラスト500mを表示してみました。軌跡は、マウスで書き込んでいます。(GPSのログを読み込ませれば、軌跡が地図に表示されます。)

横軸を距離、縦軸を高度にしたグラフです。GPSのログから読み込んだ場合は、横軸を時間に切り替えることができます。また縦軸を速度に切り替えることができます。

GPSのログを表示してペース配分を確かめたりというのが本来的な使い方ですが、GPSなしでも、事前にコースの概要を把握するのに使えます。

2018/1/19 18:24  [1740-3111]   

 α→EOSさん  

フラットバーのクロスに乗っているのですが、
イタリアのタマちゃんさんと同じように感じています。
20q/h以下で走る時はフラットバーで良いのですが、
30q/h前後ではドロップハンドルにしたくなります。

エンドバーを内側に付けてドロップのようなポジションで走れるようにしているのですが
やはり本物のドロップのほうがいいです。
ブレーキがキャリパーなのでやろうと思えばドロップ化もできるのですが、
近所の買い物にも使う自転車だし、ずっと迷っています。
あと、長いヒルクライムの下りも、ブレーキをかけやすいことと
体を起こした姿勢でエアブレーキをかけられる点でフラットバーも悪くない、という面もあります。


カシミール3D
便利そうなソフトですね。試してみようと思います。

2018/1/20 00:28  [1740-3112]   

 α→EOSさん  

サイコンはこれです

http://amzn.asia/9JzfenH

レビューを見るとすぐに動かなくなったというのがあります。
僕のも次の日に動かなかったので壊れたかと思ったのですが、
微妙な取り付け位置や角度でしか反応しないのが原因です。電波が弱いという感じです。
あと、読み取りが遅れます。どんなサイコンも遅れるのですが、キャットアイに比べて明らかに一呼吸遅いです。
センサーも取り付けにくいし、電池交換の蓋がホイール側になってしまうので不便です。

自分でいろいろ解決できない人が買うと不良品と判断してしまうと思います。
(実際不良品も交じっていると思いますし)

というように、数々悪い点がありますが、この価格でケイデンス測定が出来て、4項目同時表示というのはコスパ良好と言えます。
でも、
ローラー練習用でなければ買わないほうが良い、という感じです。

entropyというHDでレビューも書いてます。(上記の内容と同じですが)

2018/1/20 09:25  [1740-3113]   

2000円台のワイヤレス、安いですねえ。

電子部品は当たりはずれは避けられないと思います。ガーミンのように品質の信頼性を上げようとすると値段が高くなるのはしかたないところでしょう。なのでたまにはずれを引くのも考慮に入れながら、安いものを使い続けるのもひとつの方法だなと思います。

ぼくはCateyeのVelo5とかVelo9を安売りの時に買っています。1200円から1300円くらい。有線なので壊れにくとはいうものの、壊れるときには壊れます。接点の接触が悪くなったりとか。でもこれくらいの値段だと消耗品として割り切れます。

2018/1/20 12:55  [1740-3114]   


この掲示板の新着スレッド

全員投稿可
暗峠&六甲山チャレンジ
暗峠&六甲山チャレンジをお気に入り登録
運営者:
イタリアのタマちゃんさん
設立日:
2015年4月1日
  • 注目度:

    19(お気に入り登録数:17件)

該当掲示板はありません

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ