縁側 > その他 > ビユテフル
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

夏はクロスバイクやランニングで体を絞り
冬はカービングスキーで旋回Gを堪能
自室では黒子オーディオでアーティストの魂を


  • ビユテフルの掲示板
  • ビユテフルの投稿画像
ビユテフルの掲示板に
ビユテフルの掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


小音量から中音量での暗騒音が異常に明瞭で、指揮者の気持ちになれる気がする

オーケストラを聴きはじめて、ちょうど今はケーゲル指揮の、ピアニストはリヒターハーザ―のベートーベンのピアノ協奏曲4番を聴いているのだが、演奏の序盤の弱奏の部分から、おそらくケーゲルのものと思われるハミングがずうっと聴こえているのだ。
流石指揮者というのか、ハミングがとてもうまく饒舌でいて、オーケストラサウンドとぴったり合っているので聴いていてウキウキとしてくる。
指揮者はこんな気持ちを抱きながら指揮をしているんだろうなと、ふと思った。

2017/10/5 20:48  [1544-1850]   

突然だが、我が家はこんな音で音楽を楽しんでいる。
途中で一部音飛びがあるが、アップデート中のエラーだろう。
出音は飛んでいないのでご心配なく。
音質よりも音楽のワクワク感が伝わるだろうか。

ボロ屋でシスコンシリーズ。

https://twitter.com/AudioKuroko/status/9
18788455898820608

2017/11/8 19:18  [1544-1855]   

ぼろ屋でシスコン歌謡ショー
in NHKホール風
美空ひばり 川の流れのように
生活感満載なのはご勘弁

https://twitter.com/AudioKuroko/status/9
28037586760634368

2017/11/8 19:20  [1544-1856]   

ぼろ屋deシスコン世界の名曲
エルガー チェロ協奏曲
デュプレ バルビローリ LSO
生活臭はご愛敬

https://twitter.com/AudioKuroko/status/9
28110862111465472

2017/11/8 19:24  [1544-1857]   



愛車 TREK FX3

あまりにクロスバイクが楽しいので、専用にスレッドを建てることにしました。
と言っても、以前のようにマメには更新は出来ないでしょうが(笑)

自転車は素晴らしいスポーツであり、趣味です。

2017/5/27 20:48  [1544-1814]   

毎日、クロスバイクに乗っています。

登り坂を心臓が破裂しそうなほど攻めたり、下り坂をゾクゾクしながら下ったりと、子供以来の
自転車で行動するワクワクを感じています。

そこで、簡単なモディファイを施しました。
水分補給のためのペットボトルを置くホルダーや盗難を防ぐカギ、濡れた路面を走行する時など
後輪からの跳ね上げを防止する泥よけなどを付けました。

そして、ヘルメットも( ^ω^ )
俺の新たなオモチャであり、相棒です。

この夏はこれでアクティブに行動するぞ。

2017/6/7 17:14  [1544-1817]   

子供のように乗っています。

五月晴れの心地よい風の中、隣町へ行ったり山へ登ったり。
昨日は25km、今日は55km近く走ってきました。

自転車の基本設計が優秀なのか、疲れがひどくありません。
程よく全身がだるく、心地よい疲れです。

交通事故だけには気をつけて、ますます乗って行きたいですね。

いい趣味見つけました。

2017/6/7 17:14  [1544-1818]   

高低差のあるコースが好き

やはり俺はスキー趣味からこういう遊びを覚えたからなのか、スポーツバイクでも高低差のある
山道をひたすら漕ぎ進むのが好きな様です。

コーナーと傾斜があってこその、乗り物遊びなんですよ。

2017/6/7 17:15  [1544-1819]   

道の駅にて

本日も、約84km走行してきました。
おそらく近いうちに100kmもこなせる様になりそうです。
しかし、乗れば乗るほどに自分のクロスバイクに愛着が増していきます。
買ってよかったあ。

2017/6/14 16:34  [1544-1820]   

スペシャライズド アレー

より遠くへ、より速く、より効率的に。
そんな欲が出てきてしまいました。

そんな時、僕のホームゲレンデでもある野沢温泉スキー場の麓に、スポーツバイクとフリースキーの専門店を見つけました。
人柄も良く、オーラを感じる店主。整然と商品が少なく置かれた店内。
こういうのを出会いと言うのでしょう。

スペシャライズド アレーE5エリート 2017年モデルを購入しちゃいました。
コンポーネントはシマノ・ティアグラをメインとしたミックスものです。

とりあえずは自室に飾って眺めておりますが、晴れた休日が楽しみです。

2017/7/26 08:36  [1544-1821]   

朝、目が覚めて、すぐさま天気をチェックします。
どしゃ降りでなければロードバイク遊びに出発です。
いつもより多めに朝飯をかきこんで、バイクの簡易点検と空気を入れて出発します。
今日は30km程度の比較的負荷をかける遊びですから、手ぶらです。
スマホと少々の小銭をポケットに突っ込むだけです。

早速裏山にアタック開始。標高差は200メートルくらいでしょうか?
座ったまま漕いだり、立ち漕ぎをしたり、なるべく途中で足を着かないように登ります。
登り切ると今度は比較的平らな曲がりくねった道です。スキーのスラロームのように
左右にバイクを倒しつつ、ペダルが路面と接触しないように遊びます。
すると今度は急な下り坂です。コーナー手前でしっかりと前後ブレーキを上手くかけ、
尻をサドルに押し付けて荷重を後部にかけるようにして、減速します。

・・・こんな遊びを春から続けていたら、体重は10キロ近く落ちました。
体脂肪率も22近くありましたが今では17台で落ち着いています。
本当にいい趣味です。

2017/8/12 11:27  [1544-1823]   

いよいよ、大台へ突入しました。

今日ついに、念願の100kmサイクリング(結果的には113km)
を達成出来ました。

なんでも、100kmをサクッと走ることが出来てこそ、やっといっぱしのスポーツバイク乗りの
入り口なんだそうです。

5月にスポーツバイクを購入し、時間を作ってはトレーニングをしてきましたが、3ヶ月少し経って
やっとスポーツバイク趣味のスタートラインに立てました。

これからももっと頑張るぞ。

2017/8/17 22:05  [1544-1825]   

今回は、最初に購入した赤いトレックのクロスバイクについて書いてみる

実は「自転車を楽しみながらスポーツをする」という用途なら、断然この赤トレックの
方が好みなのだ。
アップライトなポジションで視界が広く、太いタイヤと巧みなフレーム設計とで、振り回して乗る楽しさがあるのだ。童心に帰れる。

ロードバイクは、一通りのことをやってみたらいずれは手放す事になると思うけど、この赤トレックは黒子自転車として、相棒として定着すると思う。

2017/8/20 11:14  [1544-1826]   

トルクレンチセットと、80ミリステム

いよいよ禁断の!?ハンドル周りの調整に手を染めてしまった

いやはや奥が深い。なにが深いってロードバイクです。
ロードバイクをつくる部品全てに調整機構が備わっているのです。
人の数だけ体型があるように、ロードバイクもミリ単位で調整をしなくては
より快適なライドは得られないのですね。

今回は、ハンドルを2センチ手前に持ってくるパーツと、各種ネジをきっちりと締め付ける為の「トルクレンチ」を導入しました。
ロードバイクをはじめとしたスポーツバイクは、高精細な部品の集合体とも言えますから、それらを取り付けるネジのトルク管理をきっちりと行なう必要があるのです。
尚且つハンドル周りというのは、円滑に左右にハンドルが切れる程度のトルクでいて、きっちりと部品同士を嵌合出来る締め付け塩梅を保たなくてはならないですから、かなり面倒なんですね。

まず、大まかにサドルの高さを決め、そのサドルと違和感がなく、かつ程よく「攻め感」を感じる高さにハンドルの上部をセットします。
そしてハンドルバーも基本はフラットにし、今度はフラットから自分の指の長さや手の大きさを合わせて1ミリ単位でズラしては仮固定を繰り返し、ブレーキやシフト操作、手や肘に無理がないかをよく感じとり、位置決めをします。
そうしたら丁寧に本締めをし、実走してきます。
ハンドルの様々なところを持ってみて、シフトを変え、ブレーキも様々な体勢でかけてみます。
色々な操作に無理がなく、かつ自分の身体に違和感を一つも感じないポイントを探って行くのです。
幸い俺には黒子感がありますから、決まると絶対的な確信のような衝撃みたいなものが、手から足まで伝わるのです。そこにたどり着くまで二台のスポーツバイクを調整して2時間半くらいかかりました。

きっちりと自分の手間と自分の工具で合わせこんだスポーツバイクですから、余計に愛着が深まりますね。

次のライドが楽しみです。

2017/8/21 02:04  [1544-1827]   

趣味や遊びに無駄な事はない

俺も当然ですが、小学生から高校生まではどっぷりと自転車少年でした。
それが、自動車免許を取って愛車を手にし、そこからぱったりと自転車には乗らない生活をしていたのです。
そこに今回、およそ二十年ぶりに自転車生活を再開しているわけですが、これが再発見することが多くて多くて非常に勉強になっています。

一度は交通強者の車社会の住人になってすっかり染まったのに、今度また交通弱者の視点から車社会を見ることが出来るのですから。

それと、「自動車」というものの便利さや快適さ、これが身に染みています。
「人が右足のアクセルペダル一つで、かつエアコンで快適な車内で守られた空間で移動できる」
偉大な発明です。自動車。

2017/8/21 21:26  [1544-1828]   

今夜は、トレックとスペシャライズドについて思う事を書いてみようと思う。
両社とも北米を代表する自転車メーカーであるし、俺の愛車の二台でもある。何度も書いてきたが、赤いクロスバイクはトレック製。白いロードバイクはスペシャライズド製だ。

まず、客観的な視点でどちらが高性能かと聞かれたら、間違いなくスペシャライズドだと思う。
スペシャライズドロードは、カーボンフレームの「ターマックスポーツ」と、アルミフレームの「アレー」を実際に所持したが、どちらも同じベクトルで乗り味が設計されていたように思う。
ターマックもアレーも両者とも、いかにもコンピューターで動的なシミュレーターを駆使して設計された自転車だとわかるのだ。路面のギャップを超えた際の突き上げなど、とても速く自転車内で振動と衝撃の収束が完結するイメージ。また、タイヤ空気圧の高低にも寛大で、空気圧の高低に沿って乗り味が素直に変わる。それと、乗り手の俺がバイクに運転の様々な事を働きかけても、バイクは素直に速度を上げたりカーブなどの深さに対して車体を寝かしてくれるのだが、これらもとてもクールにこなす印象だ。
ここまで書いてくると、素晴らしく高性能なバイクと思うだろうが、実は俺はそうは思わない。
高性能が行き過ぎて無機的ですらあるのだ。道具としてのバイク=自転車との対話が皆無なのだ。
だから、スペシャライズドロードバイクに乗っていて、長ーい距離を共にしても道中のドラマや思い出が全くない、スペシャロードはひたすら結果だけが残っていく。
標高何メートルの山を登った・100qを走った・ヒルクライムの自己ベストを更新した等・・・
冷徹なまでの速く移動する為の道具。それが俺のスペシャライズドに対する印象だ。

ついで赤いクロスバイク、トレックについて思うところを・・・
トレックは間違いなくアナログな要素があるメーカーだと思う。
全ての操作や挙動に対して、バイクという物体を介して人体に伝える間があるのだ。
段差を乗り越える、フロントタイヤとフォークが撓む、ハンドルと手が弾かれる、弾かれた手の振動が腕から肩、肩甲骨を超えて背中で収束されながらも腰や尻に伝わると同時に、今度はリアタイヤが乗り越えた振動が尻に伝わる。
要は、バイクの振動処理と乗り手の振動処理が同じタイミングで行われていくのだ。
工業製品的な目線では明らかにスペシャライズドには劣るのは明白だが、乗っていて楽しいのは断然トレックだ。
人馬一体的な快感がトレックのバイクにはあるようなのだ。
長い下り坂、トレックで下っている。
コーナーが迫り、両手のブレーキに指をかける
左手のリアブレーキをを気持ち先にかけて、僅かな減速Gを下腹部に感じる。ついで右手のフロントブレーキをぎゅうっと握り、本格的な減速に入っていく。
この時、フロントタイヤからフレーム、乗り手の俺の身体、リアタイヤと、一貫して減速する為のエネルギーが真っ直ぐに通過していくような感覚があるのだ。
これはたまらなく気持ちがいい。
そしてバイクを傾けると、まずタイヤが撓み、フレームが撓み、それらの撓みをしっかりと感じ取りつつ、身体を絶妙に旋回Gに合わせてバイクに委ねる心地良さがある。
手とハンドル、尻とサドル、足とペダルの三点しかバイクと身体は接していないのだが、絶対的な信頼感のような生きた挙動がトレックのクロスバイクからは伝わってくる。

俺は、まるで生きているかのようなトレックのバイクが好みだ。



※俺の経験はあくまでも廉価製品が主です。
S-ワークスやマドンなどのハイエンド経験はありませんので、ご了承下さい。
また、本格的なレース参戦経験もありません。
物好きな、いち庶民の感想に過ぎません。

2017/8/24 22:38  [1544-1829]   

近況 遠乗り対策にサドルバッグと携帯ポンプを導入 スポーツ路線まっしぐら

以上のように考える事があった事と、やはりスペシャロードバイクとトレッククロスバイク、似たような目的のものを二つも持っている事が嫌になってしまった事もあり、ロードバイクを手放した。
やはり俺は愚直と言われようが、一つのもので気楽に楽しんでいた方が、結果的に高いレベルにたどり着ける事もわかっているつもりだからだ。

少しも寂しくないと言ったらウソになってしまうが、やはりトレッククロス一台こっきりとなったガレージは清々しくて妙に心地が良い。
そんなさっぱりとした気持ちで極力晴れた日はトレッククロスで通勤したり、休日もお出かけをしているのだが、やはり乗って楽しいトレッククロスだから体も出来てくる出来てくる。
明らかに以前より体感で感じる風や、耳に聞こえる風切り音が盛大になっているのだ。
景色の流れ方も1〜2割ほど速く流れていく感じもしていて、それでいて足腰をはじめとした体が強くなっているのか、なかなかへこたれなくなっている。
加えて、以前は立ち漕ぎでやっとこさ左右へフラフラとしながら登っていた坂道を、今ではサドルに座ったままペダル回転数を落とさずに登り切れるようにもなって、これがたまらず快感である。

10代の若き頃は陸上部だった俺だが、当時の目で見える目的地に対し、体に「全力でスパートしろ」と脳が指示をだし、瞬時に体がギュンっとギアを変えてスパートをかけ、ゴールラインを駆け抜けるような事に似た気持ち良さを今のトレッククロス遊びに感じている。

いやはや、自転車遊びという名のスポーツは本当に楽しい。

2017/9/1 22:12  [1544-1830]   

ロードバイクを手放すに至った最大の理由は、全てが面倒くさく、俺はここまでのモノを求めてはいないという事を再認識したからなのだ。

元々春にクロスバイクを導入したきっかけは、少しでもダイエットで体を絞り、また冬の大好きなスキーのために夏場少しでも体を、特に足腰に負荷をかけておき、スキーをよりディープに楽しむためだったのだから。

要は、夏場に楽しく自転車に乗っていられればそれで充分で、ロードバイクを駆ってまで自転車を突き詰めるほどの気力も根性も俺には無かったという事なのだが・・・

ロードバイクというのはとても面倒な乗り物なのだ。
フレームサイズ、ハンドルの幅や位置、サドルの位置などがきちんと乗り手の体系に合っていないととても乗っていて苦痛だし。
タイヤも細く路面状況をとても選ぶし、タイヤが細い事でかなりの高圧な空気を詰める必要があり、加えて高圧な空気を必要とするために空気の抜けも早く、拘ると2日〜3日にいっぺんは空気をキチンと詰める必要があるのだ。

それと、やはりロードバイクで格好付けるにはそれなりの格好をしなくてはならない。
街でよく見かけるロード乗りの服装、ピチピチウェアにサングラス、それとつま先のそり上がった、ペダルとがっちりと固定するためのビンディングシューズである。

こんな恰好を俺はしたくはないし、空気圧もそんなにマメにはとても見ていられない。
「ロードバイク様に乗るための儀式」そんな下準備がとても俺は苦痛だった。こんな事が俺がロードを手放す気になれた理由である。

2017/9/2 00:05  [1544-1831]   

トレッククロスで今回も84キロほど走ってきた。
今回のコースは峠を二つ越えるというややハードなコースで、休憩を入れて五時間ほど、実走行時間は四時間ほどかかった。特に登り坂は絶対に途中で足を着きたくなかったので、ギヤを軽くしてペダル回転数で稼いだり、休むためにゆっくりと立ち漕ぎなどをして何とか凌ぎ、無事に登りきる事が出来た。
簡易的なカロリー消費計算では2100キロカロリーほど消費できたようで、また少しお腹周りがスリムになれた気がしている。

クロスバイクは楽しいと俺はずっと発言してきたけれど、その理由の一つが今日わかった気がする。
それは、ロードバイクと比べて前傾姿勢が甘い為、頭部が高い位置に来るために実際に人が立っている状態に近い視点で乗っていられるからだと思う。
自転車に乗っていながらも、視野や感覚が自立している状態と近い為、自分自身の機動力が増したように感じるからだと思う。

2017/9/5 21:24  [1544-1832]   

俺は結果的にロードバイクを手放してしまったが、けしてロードバイクを全否定はしていない。

各種数値を前提にロードバイクとクロスバイクを比較すれば、全てにおいてロードバイクが上回っているとさえ思う。特に、巡航速度や最高速度は同じ乗り手でも2割から3割ほど速くできるし、到達できる距離など、クロスバイクと同等の疲労度で5割増しの距離を踏める。

よって、スポーツ自転車で競技をしたり、自分自身を追い込むことにこれ以上ない快感や達成感を求めるのなら、ロードバイクは強力な武器だし道具だと思う。

今の俺はクロスバイクでのサイクリングの過程の楽しさ、道中の写真撮影や景色を見たり、季節のにおいを嗅ぐなどに重きを置いているからこそクロスバイクが好きなのであって。
これから先、身体がますます出来てきて、自転車競技を始めたりしたらまたもやロードバイクを買うかも知れない。

その時は、もちろんトレックのロードバイクにするよ。

2017/9/5 21:46  [1544-1833]   

キケボウズ さん  

2017/9/15 23:31  [1544-1838]  削除

自由自在、クロスバイク。

休日はお気に入りのスポーツウェアに身を包み、主に半径50キロ圏内をスポーツサイクリング。
長い登り坂はひたすらペダルを回し続けて、呼吸をきちんと吸って吐いて、滝のように汗を流しつつこまめに少しづつ水分を摂りながら登る。
わずかに斜度が緩んだら少しサドルの尻の位置をずらして脚の漕ぎ方を変えて、筋肉の可動部をわずかにずらして負担を分散させたり。
軽めのギアを選んで脚を回転させて、脚の血行を良くして疲れを流したり。
そんなこんなでしのぎつつ登りきる。

下りは笑いが止まらない(笑)
上半身をなるべく前に倒し、脇を締めて空気抵抗を限りなく無くする。
ぐんぐんスピードが乗ってくる。時に原チャリを抜く時もある。
コーナーではイン側のペダルを路面と接触しないように上げて、スパンスパンと切り変えしていく。
内側のハンドルグリップでコーナーラインをなぞるような感覚で下る。

平地では、ひたすら脚が楽なペダル回転数を維持しながら漕ぎ続ける。
耳に聞こえる風切り音が高くなるにつれてテンションも上がる。

いやあクロスバイク。楽しい、楽しすぎる。

2017/9/19 20:35  [1544-1840]   

今日もなんだかんだクロスバイクで遊んできた。
朝8時に自宅を出て、夕方4時に帰宅した。正味120キロくらいのサイクリングを楽しんできた。
もちろんキツいのはキツいのだが、段々と身体が出来てきたのか、峠道や街乗りなどでも楽しめている自分を再発見できてとても嬉しい。

次の課題は200キロサイクリングだな。

2017/9/22 23:19  [1544-1842]   

グレゴリー・デイパック 1996年製

自分の趣味のブレなさに笑いつつも嬉しい。

俺は通勤にもトレッククロスを使っているんだけど、その時役に立つのが画像にあるアメリカのグレゴリー製のリュックだ。
実はこのグレゴリー、買ったのはもう21年も前になる。俺が高校生の頃なのだ。
高校生にしては高い買い物だったけれど、アルバイト代と小遣いを貯めて買ったのだった。
当時は部活動に大活躍してくれた。
学生生活が終わって車生活になったので、このリュックはめっきり出番が少なくなったが、それでもたまに参加する地域の運動会や遠足、登山遊びやハイキング、キャンプ場のアルバイトなど定期的に活躍してきた。
そして今はクロスバイク通勤に欠かせないリュックになっている。

高校生の頃にサイズや使い勝手を考えて選んだリュックが、まさか20年以上も使えているとは。
当時からブレていない自分に少しばかり嬉しく思うのである。

2017/9/24 20:20  [1544-1843]   

トレイルランとクロスバイクを共に楽しむ。

俺は実はトレイルランニングも好きである。
クロスバイクで峠道を散策している時など、昔の国道や山道などを発見すると散歩がてら歩いたり走ったりする。

2017/9/28 23:12  [1544-1844]   

洗車とメンテナンス

少し前に自転車屋にクロスバイクを点検整備に出した。
整備後はシフトからブレーキから、ペダリングまでスムーズに軽くなり、「さすがプロだ」と感心したのだが・・・。
チェーンやギア部に盛大に油が差してあるのが気になった。
案の定、それから200キロほど走行してみたところ、泥や砂埃などがビッシリとチェーンやギアにこびりつき、真っ黒に汚れているではないか(T_T)そればかりか、走行中に落ちた油がクロスバイクのフレームにも付着していて、そこかしこが黒い斑点となって汚れていた。
そこで頑張って自己流で洗車と注油をメインとした軽整備をやってみたのだ。

まずはチェーンやギア部の汚れ落しである。パーツクリーナーを吹きかけて、油汚れを飛ばす。みるみるうちにあてているボロ布が真っ黒になって行くではないか。
ボロ布の面を変えつつ、チェーンを何周も回しつつパーツクリーナーを吹きかけて、駆動部から砂を噛んだような音がしなくなるまでやってみた。ようやくチェーンがもとの銀色の輝きを取り戻した。

今度は洗車である。バケツに水を張り、小さじ一杯程度の台所洗剤を加える。そしてハケを浸し、そのハケでフレームをなぞるようにして、汚れやホコリを浮かせて行くのだ。しつこいチェーン油のシミなどは歯ブラシなどでこすって汚れを落す。ホイールやタイヤも同様に汚れを浮かせる。
全体的に汚れを浮かせたら、今度は仕上げ拭きをする。
ワックス成分が混じっている専用のペーパーを用いてフレームを拭きあげていくのだ。フレームの上部から始めて、だんだんと下部に、汚れのひどいところを最後にするように拭きあげる。最後はギアを変える部品や、チェーンなどが触れるところなどである。

そして、いよいよ注油に入る。
自転車専用オイルを、一滴ずつチェーンのコマ部に差していくのだ。
溢れたオイルはボロ布で吸い取る事を忘れずに。
そして、シリコンスプレーで樹脂パーツのシフト部に一瞬だけ、最小限差し込む。

見違えるようにクロスバイクが綺麗になり、ペダリングも軽快にスムーズになった。
ギアチェンジもスムーズで軽快そのもの。スパンッ!スパンッ!とギアが変わる。
またの休日のロングライドがとても楽しみである。

自転車の整備のキモは、洗浄は徹底的に、注油は最低限の量でピンポイントで行う事だと思う。



2017/10/3 23:37  [1544-1846]   

久しぶりのクロスバイク通勤と・・・

一週間ぶりにクロスバイクで通勤をした。この一週間は雨天だったり仕事終わりに車を使う用があったりなどで、なかなか乗れなかったのだ。
朝の気温は8℃と、この時期としてはかなり冷え込んでいてさすがに寒かったが、漕ぎ出して少しするとすぐに体はポカポカになった。

帰り道いつものコンビニに寄ったところ、そのコンビニまでロードバイクで自転車通勤をしているという若い店員と自転車トーク。その店員は「よく国道で自転車に乗っているお客様(キケのこと)を見かけますけど、その自転車クロスバイクだったんですね!速いのでてっきりロードバイクかと(笑)あと、あのキツイ坂を座ったまま凄いスピードで駆け上がってるのを見ますけど、よくクロスバイクでやりますねぇ・・・(笑)、いやあ、速いっすよお客様」
「ありがとう」と、俺。
お互いに名前を交換して帰ってきた。
クロスバイクで頑張っている甲斐があるというものだ。

2017/10/5 21:04  [1544-1851]   

台風一過の堤防道路にて

10月24日、先月の120kmライドからひと月ぶりにサイクリングを楽しんで来た。
稲刈りやら米の集荷作業、長雨や台風などが重なってしまって、本当にクロスバイクに乗れない日々だったから。
今回は80kmほど走って来た。それでもやはり身体が鈍っていて、尻は痛くなるわ太ももは張るわで、結構疲れたのが本当のところである。
でも、やっぱりサイクリングは楽しい趣味でスポーツだ。

2017/10/27 01:09  [1544-1852]   

めっきり秋が深まり、地元は長雨が続いたり台風が通過したりなどで、いよいよ自転車のシーズンが終わりつつあるのだが、久しぶりにクロスバイクで通勤をした。
夏と比べると明らかに乗る頻度も減ってきているので、身体の鈍りを毎回感じているのだが、身体が鈍ると不思議と身体が楽な姿勢と無理のないペダリングを自然と行っていることに気がつき、ガツガツと走り込んでいた夏とは違う発見も出来て楽しんでいる。

2017/11/6 01:55  [1544-1854]   

朽ちてきてるトンネルと、ビビットなマイクロスバイク

本日はサクッと手軽に50Kmほど走ってきた。
隣町のCD店を覗いたり、行きつけの美容室の前を通ったり(笑)
久しぶりにマックで腹ごしらえをした。
夏と比べて、ゆっくりと走る楽しさを知りつつあるようで、クロスバイクを止めて景色を見たりコーヒー休憩をこまめにとったりなどをして帰ってきた。

画像は廃線となった旧国道のトンネル。

2017/11/8 19:33  [1544-1858]   

廃線ではなくて廃道が適切だな。

2017/11/8 21:24  [1544-1859]   

晩秋の山道に臨む

今日は朝から天気が良かったので、約70kmライドを楽しんできた。
まずは街へ向かって用足しを済ませ、帰りはわざわざ裏山を二つ登って下るというトレーニングをして帰ってきた。
最近は軽めのギアでクルクルと、スピードを控えめに登り続ける事の楽しさを知ってきた。
ここぞという急坂だけは立ち漕ぎで凌ぐようにして、極力サドルに座ったまま登りきるのだ。
久しぶりに汗をかいて帰ってきたところである。
そして我が黒子オーディオにてフォープレイの上品なフュージョンを楽しみつつ、iPodのジーニアス機能でスティングやシールなどの大人ロックを聴いて体を休め、今からクロスバイクの手入れをしてくる。

2017/11/13 16:25  [1544-1860]   



ビユテフル

タグ:
DENON  
昔ながらの素朴な「シスコン置き」

皆さまお久しぶりです。

この度、我がシステムを一新しました。
色々と思う事があり、自分にある種のテーマを設けてシステムを選び、設置しました。
そのテーマとは、「自分がもしマニア人種ではない音楽好きだとして、新卒で初ボーナスを支給
されたらどんな機器を買うのか」を熟考して選びました。

そこで選んだ機器は、デノンのレシーバー、RCD-M40とそのセットとなるスピーカー、SC−M40の
セットになります。

加えてもう一つテーマを設けました。
それは、「一切オーディオメーカーのアクセサリーを使わない」という事です。
アクセサリーを使うとしても、ホームセンターに普通に売られている物しか使いません。

よって、ハヤミのスピーカースタンドと、音のエジソンの電源タップは片づけました。

このセットが届いて約十日ほど経ち、色々と置き方を試したり、様々なジャンルのCDやレコードを
聴いてみて、ようやく従来のマランツレシーバー+ハーベススピーカーを超える音を得られたと
思っています。

名盤を堪能する為に、誰もが無理をして高額な機器を求める必要はないと僕は考えます。
このシステムコンポのような誰でも手が届く機器でも、聴き手の感性や置き方を工夫したり、
ホームセンターなどで売っている部材をうまく使う事で、いくらでも至高の音楽に出来ます。

自室で音楽を楽しむ趣味がますます減っていると感じています。
このスレッドは、高額な機器は導入できないけれど、音楽は深く楽しみたい方に向けて書く
スレッドです。

僕と一緒に、CDやレコードなどの盤をかけて楽しむオーディオを、後世に伝えていきましょう。

2016/10/20 23:48  [1544-1673]   

キケボウズさん こんにちは

いよいよ、オーディオも終着駅に達したようですね。
このスレッドは、オーディオ人口のうち、step3さん専用ですね。

僕はイノウエ保有し、イノウエを鳴らし切るために際限なく金を使おうとしているので
未だstep2ですが、ちょくちょく書き込みさせて頂きます

----------------- オーディオ人口 3分類 −−−−−−−−−

◇step 1 (風見鶏型)
 有名メーカー機器を闇雲に組み合わせて、その出音に一喜一憂する群。
 行動パターンとして、数年で上位機種にグレードアップし、その音をいちいち絶賛する。
 「自分の音」「目指す音」を持っていないので、購入機器の特性に嗜好が追従する風見鶏型。
 音楽の感動より保有機器を愛でる傾向がある。絶対に古い機器は買わない。
 オーディオに数百万〜1千万を使っても、尚この群から離脱出来ない「気づきのなさ」が特徴。
 また聴く音楽に偏重が見られ、まんべんなく全てのジャンルを聴けない視野の狭さも特質。
 オーディオ人口の9割以上がこの群に属する

◇step 2 (目覚めた型)
 必ずしも、高額機器だけが良い音を鳴らすのではない事に、気づいた群。
 ステレオから「音楽の感動」を取り出す事に目覚める事で、step 1から大きく前進
 金に糸目を付けずに、古今東西の機器を発掘する行動パターン。
 オーディオ人口の数%しか居ない
 

◇step 3 (達観型)
ある程度のオーディオ遍歴を経て、オーディオの本質に気付いた群
 目指す音はstep2と同じだが、もっと効率的に無駄なく「音楽の感動」にアプローチできる
 洞察力に優れるので、権威や評判に惑わされずに「ホンモノ」を察知する慧眼に優れ、
 例えば、3万円程度のレシーバーセットから、ぶっとんだ音世界を構築出来る。
 step1と大きく違うのは、音楽嗜好に偏りがなく、GOOD-MUSICを数多く保有する点
 この群は、オーディオ人口の1%以下


2016/10/23 01:12  [1544-1674]   

より分かり易く校正しました


----------------- オーディオ人口 3分類 −−−−−−−−−

◇step 1 (風見鶏型)
 有名メーカー機器を闇雲に組み合わせて、その出音に一喜一憂する群。
 行動パターンとして、数年で次々と上位機種にグレードアップし、その音をいちいち絶賛する。
 「自分の音」「目指す音」を持っていないので、購入機器の特性に嗜好が追従する風見鶏型。
 音楽の感動を楽しむより、保有機器を愛でる傾向があり、高額機器と権威を妄信する。
 オーディオに数百万〜1千万強を使っても、
尚、この低レベルから離脱出来ない「気づきのなさ」が特徴。
 多くは、聴く音楽に偏重が見られ、まんべんなく全てのジャンルを聴けない視野の狭さも特質。
 機器選びのまずさを根本対策せず、アクセサリやルームチューニングに頼るような
 非論理的思考パターンも持つ。
 オーディオ人口の9割以上がこの群に属する

◇step 2 (目覚めた型)
 必ずしも、高額機器だけが良い音を鳴らすのではない事に、気づいた群。
 ステレオから「音楽の感動」を取り出す事に目覚めて、step 1から大きく前進
 金と労力に糸目を付けずに、古今東西の機器を発掘する行動パターン。
 step1と大きく違う点は、多くは、ステレオを朗朗と歌わせる部屋環境を整えている点。
 オーディオ人口の数%しか居ない
 

◇step 3 (達観型)
 ポイントを押さえたオーディオ遍歴を経て、オーディオの本質に気付いた群
 目指す音はstep2と同じだが、もっと効率的に無駄なく「音楽の感動」にアプローチできる
 step1と大きく違うのは、洞察力に優れ、
 権威や評判に惑わされずに「ホンモノ」を察知する慧眼に優れる点。
 例えば、3万円程度のレシーバーセットから、ぶっとんだ音世界を構築出来る。
 音楽嗜好に偏りがなく、GOOD-MUSICを数多く保有する。
 この群は、オーディオ人口の1%以下

2016/10/23 07:08  [1544-1675]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、こんにちは。

キケボウズさん

お久しぶりです。
しばらく、お休みされていたと思ったら、システムも一新され、ステップアップされての登場ですね。

cantate140さんという達人級の方にオーディオのSTEP3を認定して頂けた様で、良かったですね。(^_^)/

機器選定のテーマや『名盤を堪能する為に、誰もが無理をして高額な機器を求める必要はない』
『このシステムコンポのような誰でも手が届く機器でも、聴き手の感性や置き方を工夫したり、
ホームセンターなどで売っている部材をうまく使う事で、いくらでも至高の音楽に出来ます。』
というキケボウズさんの考え方は、(私自身の現状は、外に置いておいて)すごく良いと思います。

>自室で音楽を楽しむ趣味がますます減っていると感じています。

まさにそうですね、私の周りでも、スピーカーで音楽を楽しんでいる人は、
まれと言って良い位、少なくなっていますね、

>このスレッドは、高額な機器は導入できないけれど、音楽は深く楽しみたい方に向けて書く
>スレッドです。

是非、この様な方々に参考にしてもらえると良いですね。


さてさて、

>そこで選んだ機器は、デノンのレシーバー、RCD-M40とそのセットとなるスピーカー、SC−M40の
>セットになります。

おう、このデノンのセットは、確か以前、私に母の部屋用にと薦めて下さったセットですね。

>このセットが届いて約十日ほど経ち、色々と置き方を試したり、様々なジャンルのCDやレコードを
>聴いてみて、ようやく従来のマランツレシーバー+ハーベススピーカーを超える音を得られたと
>思っています。

さらりと書いていますが、なんと、たった十日で、あの3点セットを超えてしまったのですか?(@_@)

にわかには信じがたいですが、キケボウズさんの事だから、ハッタリや嘘は、書いたりはしないでしょうから、少なくともキケボウズさんにとっての事実なのでしょう。

キケボウズさんが、3点セットを処分された事について、個人的には、これから3点セットの共通した話題なども話せなくなるし、正直に言って、非常に残念な思いもあります。(←既に弥七から繋ぎが入っていますよ)

ただ、今までキケボウズさんとお付き合いさせて頂いた中で、今回のシステム更新や
この様なスレッドを立ち上げられたという事は、色々な思いや考えがあっての上だと思っています。

きっと、今の私には、到底理解できない事、全く見えていないモノがあるのでしょう。
その様に理解しています。

それと、私としては、キケボウズさんに教えて頂いた、3点セットを気に入っていますし、
移行できているとは全く言い難いですが、STEP2の存在自体は、キケボウズさんに
気づかせてもらったと言っても過言でないと思っています。
もちろん、感謝もしていますよ。

なので、キケボウズさんが、新たに得られた知見や真実で、思う所が、
あったのならこちらに遠慮なく書き込んで下さい。
『もしかして、私の事を気遣われたりするのでは?』などと、いらぬ心配をしたりしています。
(ただ、言葉遣いや表現には、多少気遣いはして下さいよ。)(笑)

今後、私自身が追体験できたりするかは、分かりませんが、少なくともこの縁側は、
ウオッチし続けますし書き込みは、楽しみにしています!

それでは、今後もよろしくお願い致します。

2016/10/23 12:31  [1544-1676]   

 ヤマト猛さん  

cantate140さん

初めまして、こちらの縁側によくお邪魔させて頂いている
ヤマト猛と申します。

『オーディオ人口 3分類』とても参考になりました。

私自身は、上述させて頂きましたが、キケボウズさんをはじめ何人かの方々から
STEP2の存在を気づかせてもらいながらも中々STEP1を卒業できない状態と言えそうです。

ただ、知っていると全く知らないとでは、大きな差だと思いますし、
こんな自分でも多少なりともSTEP2に向かっているのかな?と思えたりもしました。


それと、cantate140さんの縁側の方も拝見させて頂きました。
丁度、CDプレーヤーを検討している所で、TEAC CD-P650の情報等は、とても参考になりました。

現在所持している、マランツのSA14-S1が最近どうも自分の嗜好と離れてしまっている様に感じて、
17年前に買った、単品ミニコンポのプレーヤー方がむしろ合っている様に思い、今は、そちらを主に使っています。
ただ、そのプレーヤーも盤によって、カタカタ音がしたりしてきたので、
『ちょっとこれでは、まずいな』と思っていた所です。

CD-P650のレビュー等を少し調べてみましたが、私の好みに合いそうな感じがしてきました。
お値段も廉価で良いですね。

それでは、今後もよろしくお願い致します。

2016/10/23 13:13  [1544-1677]   

 カメナカジジさん  

皆様、こんばんわ。

カメナカジジはさしずめ step4(諦観型) でしょうね。

『俺のオーディオなんてこんなもんだろう』とすっかり向上心を失ってる。
悪い音がすれば『ソフトの出来がロクでもないだからだ』と断じる。
てな具合ですからね(爆)

皆さんの○○を買った、△△を入れ替えたというのを見るにつけその若さ溢れるエネルギーに驚くばかり。
つまりカメナカジジが歳を取っただけのこと(これが諦観のモト)ですな。

それはともかく、キケボウズさんのシステムほぼ総入れ替えにはビックリ仰天ですよ。
マランツ+ハーベスの上を行くシステムとのこと、近々聴かせてくださいな。

2016/10/24 18:25  [1544-1678]   

cantate140さんはじめまして。

オーディオ人口の3分類ですか、凄く興味深いですね。

僕も思うところをですが、この分類は僕のオーディオ以外の趣味の車やスキーでも当てはまります。

まずステップ1ですが、この人らはとにかくカーアクセサリーやスキーグッズを買います。買いまくります。傍から見ていると、買う為にその趣味をしているようにも・・・
車の仕上がりもスキーウェアの着こなしも、まさに雑誌そのままです。
なんとなくですが、スキーや車が好きというよりも、同じ趣味の仲間と群れている事で安心しているだけのような・・・
また、この人らを束ねているのがステップ2の人です。
ステップ2の方はいわゆるエキスパートです。
ステップ2の「師匠」が「Aのメーカーのあれはいい」と言えばステップ1の人はほとんど皆がそれを買い求めます。言わば、ステップ2の人のやった事をちょっと遅れて、皆で同じことをやっている事で安心している感じでしょうか。
そしてステップ3の人ですが。
こういう人は基本群れません、また安易に人のマネもしませんね。
車の仕上げ方やスキーウェアの着こなしも独特ですが、絶妙に流行のツボを取り入れていますから
なんとも言えないカッコよさやオーラが出ているものです。
そしてなによりも、誰よりも車やスキーが大好きなんです。
誰よりも愛車で遠くへ行きたい、誰よりも長時間滑りたい、上手くなりたい、という熱意に満ち溢れています。

今どきの趣味の世界はどこも似たような構図なのかも知れません。

またいつでもいらして下さいませ。

2016/10/24 21:26  [1544-1679]   

キケボウズ さん  

2016/10/25 10:36  [1544-1680]  削除

カメナカさん、こんばんは。

突然ですが、新たなデノンレシーバーセットの出音は、カメナカさんにしてみれば「吹けば飛ぶ」
ような出音かも知れませんよ(笑)
マランツレシーバーとハーベススピーカーの出す音は確かに至高でしたが、たまに見せる脆弱さ
(湿度に弱かったり、ある程度音量を上げないと真価を見せない)や、時折見え隠れするケレン味が
鼻につく時もありました。

それが、今回のデノンセットはまさにフツーです(笑)
部屋着のジャージだったり、空気清浄機のような家電的な要素だったりと、全然趣味の要素が
ありません。
まあ、今の僕はそんな要素がたまらずありがたかったりするのですけどね。
それが僕の高音質とも言えます。

あまり期待はせずにお越しくださいませ。

2016/10/24 22:11  [1544-1681]   

ヤマトさん、こんばんは。

お久しぶりです。RCD‐M40のセッティングをしたり、地区の行事やらが重なっていまして、縁側を空けていました。


突然語ってしまいますが、僕は昔からヘンな拘りがあるのです。
妙な精神論とでも言いましょうか、どうせモノを買うのならば、なるべく安価でプレーンなもの選び、
それで誰よりも高度な結果を残す方が格好良いだろう、というものです。

事のはじまりは、学生時代です。
僕は陸上部の長距離をしていました。
同級生らがこぞって高額なシューズやスパイクを買い求める中で、僕は大体ミドルレンジのものを
使っていました。そして誰にも見つからないように練習をし、走り込み、結果を残す事がたまらず
快感でした。
同じように、大人になってからの買い物も基本はそうですね(笑)
誰よりもお金をかけず、ソフトでプレーンなものを選び、それでいて仲間内では一番遊び倒すのは
僕です。
ですが、さすがに大人になってからはタダの安物使いにはなりたくないので、なるべくは一流に触れてから、
それからプレーンなものに落としていく、という事をやっています。

オーディオもそうです。
12年間追い求め、様々な方と知り合い、色々な頂点の音を体験し、音楽を仕事にもしてみたりして、
自分で買える高額なものを知ったからこそ、今回のデノンのセットを選べたのかも知れません。

ハーベスを超えたとの事についてですが、今の僕が求めている音をデノンセットはごく当たり前に
出して来てくれます。その事で、より聴いて心地の良い音になっている感じです。

ヤマトさんと3点セットのお話が出来なくなるのは確かにさみしいですね、ごめんなさい。
ですが、お互いに見えている、聴けている音楽の姿は近いと思っています。

お互いに切磋琢磨していきましょう。

2016/10/25 10:40  [1544-1682]   

 荒神聖院さん  

ご無沙汰しています

久しぶりに覗きに来ましたが…
進んでいましたね

僕は週に1日くらいしか音楽を聴けていませんが
キケボウズさんが提唱する
シンプルシステム

素晴らしいですね
応援します

最近の私は…
活動範囲がいろんな方向へ向かっていて
そんなこんなを楽しんでいます

また時々覗きに来ますね

2016/10/25 14:45  [1544-1683]   

荒神さんこんばんは、お久しぶりです。

シンプルシステムを応援して下さいますか、ありがとうございます。

また、僕ならではの暴論めいた事を吐いてしまいますが、
機器そのものが無い方がいいとまで思うこの頃です。
音を発するのは機器ですが、その発した音を混ぜ合わせるには空間が要ります。
機器が大きかったり機器の数があるとそれだけ空間が減りますからね。

じゃあ、音の為に家具を極力減らせば良いじゃないか、という極論も出てくるでしょうが、
それは置いといて(笑)

システムが複雑で、出音がイマイチな人は、一度シンプル化を試されては?と思います。

>活動範囲がいろんな方向へ向かっていて
>そんなこんなを楽しんでいます

リア充やソロ充こそいい生活ですよね。

2016/10/25 19:38  [1544-1684]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん
こんばんは

暴論
いいんじゃないですか
キケさんの思いなんですから

人それぞれですもんね

さて…
リア充ですか〜

リア充してたのですが
どうでもよくなってきましたね

私の暴論ですね〜

思ったことを
ブログで書きたくなったら書くし
書きたくなければ書かない

今はそんな感じです

壊れたようで壊れてない
そんな感じかもしれませんね

また覗きに来ますね

それでは失礼します

2016/10/25 20:05  [1544-1685]   

皆さん、こんばんは。

RCD-M40セット、毎日使い倒してます。
CDをかけて良し、ipodをソースにしてもとてもスピーディーで良い音。
FMもバンバン入り、テレビの音声もバッチリ、もちろん音楽ジャンルも問う事なく、
体調がイマイチでも疲れていても、邪魔をしない音楽をサラッと部屋に満たしてくれています。
まさにニッポンの家電製品そのものといったM40セットです。

唯一の欠点は、あまりの優等生さに趣味性が皆無という事です(笑)
だから、縁側に書くネタがありません。

違う趣味を探そうかな(笑)

2016/10/27 20:56  [1544-1686]   

キケボウズ さん  

2016/10/27 21:08  [1544-1687]  削除

 荒神聖院さん  

こんにちは〜

キケボウズさん
とうとう別の趣味ですか〜

僕も最近いろんなことが楽しみです

いろんなことを試してみると
いろんなことが見えて面白いですね

気軽な趣味人になってしまいましたよ

2016/10/29 16:45  [1544-1688]   

 カメナカジジさん  

キケボウズさん、こんにちわ。

黒子オーディオだとオーディオを語れなくなるのは私も同様で仕方ないですね。
でも音楽(ソフト)についてだったらいくらでも語れるでしょうから良いと思った音源をどんどん紹介してくださいな。

キケボウズさんは音楽の他にもいっぱい趣味をお持ちですよね。
スキー・クルマ・写真(カメラ)等々、それらを交えて音楽を語ったら面白いかも・・・ですよ。

今日はこれからキケボウズさんの新しいコンポを聴きに行かせていただく予定です。

2016/10/29 17:21  [1544-1689]   

荒神さんこんばんは。

趣味も、やり過ぎたりその趣味に依存しすぎたり、他にやる事が無いからその趣味を面白くない
けど惰性でしているとか。
こうなると考えものですよね。
でも、そこに気がつく事もまた面白かったりします。自分を発見できますから。

趣味も仕事も家族も、地球も(笑)宇宙も(笑)
自分が主役でそれらを見ているからこそ、それらの大事さがわかるものですよね。

気楽にやったり固執してみたり、そんな毎日がたまらなくおもしれえんですね。


2016/10/29 19:53  [1544-1690]   

カメナカさん、こんばんは。

先ほどはわざわざ我が家へお越しいただいてありがとうございました。
カメナカさんのダメ出しが無かったので、ますますデノンコンポの実力に自信が持てます。
また、それを選んだ僕自身にも(笑)

オーディオが黒子になると、本当にオーディオに関する事は語る事が無くなります。
本当に自分の好みや生活スタイルに合致した機器と出会えると、語る必要性を感じなくなるの
でしょうね。
人は人、自分は自分、って感じで、誇示しなくても良くなるんですね。

ソフトに関してはまだまだ語らせていただきますよ。
僕の奨めるソフトは基本外れがないですからね(笑)

誰でも買えるこのデノンコンポと、良いソフトとで、出来るだけ音楽ファンの方を増やせたらなぁ
と思っています。


2016/10/29 20:04  [1544-1691]   

 カメナカジジさん  

こんばんわ。

キケボウズさん、夕方の慌ただしい時刻に新コンポお聴かせいただきありがとうございました。

この音はデノンではなくデンオンの音ですな(笑)
マランツ+ハーベスは音楽のメインストリームをガチッとつかみすっ飛んで来ましたが、デンオンコンポはやや俯瞰的且つ全体が明瞭ですね。
しかも長時間聴いてても疲れない音です。
更に慣らし運転が進めば艶やかさとか色っぽさとかが加わる予感がします。
そうすれば完全に黒子ですな。

このコンポ、私も今のシステムを持ってないなら買いますね。
超廉価デンオンコンポ、恐れ入りました。

2016/10/29 20:32  [1544-1692]   

カメナカさん、どうもです。

そうですね、僕の「デノンコンポ」の出音はまさに古き良きデンオンの音に通ずるものがありますね。
デノンの単品機器を聴くたびにデノンの音は苦手になる一方でしたが、今回のデノンコンポを
手に入れた事で、カメナカさん宅のデンオンシステムに通ずるデンオンサウンドを得られた気が
しています。
この事から、僕らにとって良い音の黒子オーディオになる機器はデンオンの機器や音として
あらわす事にしましょうか。

>デンオンコンポはやや俯瞰的且つ全体が明瞭ですね。
>しかも長時間聴いてても疲れない音です。

そうなんです。音楽として聴き応えがあるのに長時間聴けます。
これぞ音楽鑑賞の趣味の真っ当なんだと自負出来ています。
しかも、セッティングや使いこなしと言った事がほとんど必要ないんですよ。
箱から出して見た目によく置いただけで、実に心地の良い音楽が薫るように部屋に充満します。

また、環境変化にも強いですね。
カーペットを敷こうが、暖房器具の音がしようが、出音の浸透力が変わりません。

買って良かったです。

2016/10/29 21:12  [1544-1693]   

それと、いくつか気がついた事を。

このデンオンコンポ、音量に頼らなくても浸透力のある音を出してくれます。
その事から、以前よりずっと低い音量で楽しむ事が出来るんですよ。

それが、日常生活にも思いもよらない恩恵がありました。

まず、原因不明だった耳鳴りが治まりました。
ここ2年位でしょうか、静かな部屋などに入るといきなり耳の奥の方で「ガサッ、ピー・・・・ン」
という耳鳴りが軽く気になっていました。
この耳鳴りは静かな場所でなり易いようで、深夜に極小音量で音楽を聴いていても、演奏が終わって
少しすると、「ピ・ピ・ピ・・・・ピーーーーーーー」みたいな感じで耳鳴りがしていました。

眠れないとか、気になって仕方がないレベルではありませんでしたが、違和感があったのは事実
です。

そんな状態が最近はまずなくなりまして、世の中の静けさを楽しんでいます。

そして、続く恩恵ですが、

耳の感度が、10代〜20代前半の時のような感覚が戻って来たのです。

知人の声はもちろん、車のエンジン音による調子の良し悪し、それとか雑踏の中での人との会話や
うるさい中での電話が容易になったなど、必要な音とそうではない音との聞き分けがまるで若い時
の感覚なんですね。
子供の頃など、自宅や友達の家へ入った時など誰よりも早くにブラウン管テレビの電源が入って
いる事を気づき、大人たちに「テレビ付けっぱなしだよ」などと言っていた感覚です。

色々な意味で、恩恵が大きな今回の一新でした。

2016/10/30 01:24  [1544-1694]   

スピーカーは小さすぎるくらいでちょうど良い?

僕の生活部屋は12畳です。その部屋に、A4用紙の半分ほどのサイズのスピーカーを置いています。

いわば完全に部屋が勝っている状態だと思うんですが、これが心地よく鳴ります。
音量を上げた時も、スピーカーから音が張り出すのではなく、自分から音場に近づいたような錯覚で音楽のかまえが大きくなる印象です。

そして、音楽が良く動きます。
高音も低音も中音もなく、ただボーカルがあり、そのボーカルに各種楽器や打ち込みのベース音やらが絡み、様々な想像をかきたてる普通の音楽がそこにあります。


子供やワンちゃんなどを広い公園やドッグランなどに連れて行くと、子供本来の笑顔を振りまいてはしゃぎまくりますし、ワンちゃんも身体全体で楽しんでいる事を振りまきながら走りまくりますよね。
それと同じような事をスピーカーからも感じてしまいます。

大事なステレオ機器、躾けるよりも存分に遊ばせる方が僕は好きです。

2016/10/31 21:31  [1544-1695]   

ビートルズのプリーズプリーズミー

ザ・ビートルズ

プリーズ・プリーズ・ミー(2009リマスターCD、ipodにて)

不思議です。
イギリスのスピーカーのハーベスP3ESRでは、これと言った感想を抱く事が無かったこのビートルズのデビューアルバムですが、デノンのコンポセットで聴くと、まさに音の良いイギリス盤のLPでビートルズを楽しんでいる錯覚をおぼえてしまいます。

ジョンの声、ポールの声、段ボールを叩いたようなリンゴのドラム、ジョージのリードギターも良く聴こえてきます。

12年間オーディオをやって来ましたが、どうやらこの4万円にも満たないコンポにした事で、過去最高にビートルズの凄さや楽しさが理解出来そうな気がしています。


オーディオが趣味だけどいまいちソフトを選んだり、音楽を安心して楽しめていない人など、一度サブのサブでも良いからこのデノンのコンポセットを試してみては?と本気で思います。
僕は太鼓判押しますよ。

2016/11/2 22:11  [1544-1697]   

キケボウズさん
こんばんは
はじめまして

デンオンのコンポ良さそうですね。
What’s HiFiっていうサイトでも絶賛されてて、今のレシーバーが壊れたらと思っています。

私も黒子オーディオ無意識に実践してまして、最近ここを見つけて喜んでいます。

2016/11/4 22:36  [1544-1698]   

やまざきさくらさん、こんばんは。

はじめまして(^。^)

そうですか、黒子オーディオを無意識にされてましたか。
とっても素晴らしいと思います。
僕は12年もオーディオ機器に散財したり、神経を使ってやっと黒子を知る事が出来たんですから。

やまざきさくらさんの縁側を見させていただきましたよ。
なにか、雰囲気の良い音楽をたくさん紹介されてましたね。
僕もオーディオが黒子になってから、良いソフトを聴きたくて仕方ないんです。
ぜひ参考にさせていただきます。

イギリスのwhathifi、僕も参考にしていますよ。
不思議と、僕が気にいる機器もwhathifiで五つ星をゲットしてます。
今のデノンのレシーバーも素晴らしいバランスで楽しめてます。

書き込みありがとうございます(^。^)

2016/11/4 23:32  [1544-1699]   

キケボウズさん こんにちは

掲示板の名前戻されましたね。
私はまだ散財してます。でもそろそろ終わりかな?
散財はしましたが、聴く音楽も広がり、いい感じに楽しめたので、無駄ではなかったかなぁと思ってます。

2016/11/5 17:23  [1544-1700]   

 荒神聖院さん  

こんばんは?かな?

音楽グルメ
うん なるほど!!
素材を大切にした音楽調理ですね

座布団10枚持ってきて〜

さくらさん
こちらでは初めまして

キケさん
黒子オーディオが広がりを見せてますね〜(^_-)-☆

2016/11/5 18:08  [1544-1701]   

やまざきさくらさん、こんばんは。

はい、やっぱり縁側の名前を戻しました。
馴染んだビユテフルは捨てられません。

一度でもオーディオに興味を持ってしまったのなら、誰しも散財をしてしまうものです。
そして、散財をした事で見えた事や得られた事がまた新しい財産になります。
やっぱり経験ですよね。

僕はオーディオ趣味に、「とことん自分の欲望と向き合って見た」事が、あとあと良い経験に
なると思ってます。


2016/11/6 01:04  [1544-1702]   

荒神さん、こんばんは。

そうです。音楽グルメです。

黒子オーディオ、
オーディオ好きな誰しもが、最初は大好きな音楽を深く楽しみたくて始めたと思うんです。
そんな気持ちに戻れるからこそ、黒子オーディオってのが広まりつつある気がしてます。

音楽ファンでオーディオ好きなみなさんが、愛聴盤を全て楽しめるようになると良いですね。

2016/11/6 01:09  [1544-1703]   

和京 神壱 さん  

2016/11/11 11:37  [1544-1704]  削除

 荒神聖院さん  

こんばんは

和京さん
ひさしぶりです

仰る通りで
手ごろな価格で音楽を楽しもう!!
ってスタイルですよ(^_-)-☆

キケボウズさん

黒子オーディオ
広がりをみせると思いますよ(^_-)-☆

おいらのFacebookでのコメントです

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おいらは価格.comの縁側ってところで
いろんなことをざ〜って書いていた
基本はオーディオについて
そこでいろんなことを勉強できた

そんな中で
おいらのオーディオ同期生って思っているのが
キケボウズさんって人だ

彼が提唱する
「黒子オーディオ」
ってスタイル
正にそうだな〜って

音楽を聞くっていうスタイルに拘り
高級機材ではなく手に届きやすい価格帯で
最大のパフォーマンスを…

ステレオ機器は単に手段(ツール)
音楽が本質
その音楽を聴くために
システム機器に拘った結果が
システムコンポ

敢えてどれとは言わないが…
高級機器は素晴らしいんだろうが
セッティングや調整
機材選び 環境…

そんないろんな要素に影響を受けやすい

自分が手に入る価格帯での最上の機器選び
そしてセッティング

これだけできたら…
電源とかルームアコースティック
そんな枝葉末節なことなんて気にならない

ひたすら…

音楽を浴びる
音楽を楽しむ
音楽を愛する

音楽の流れや感情などなどが
ひしひしと伝わってくる

Love the Music!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これからもよろしくお願いします(^_-)-☆

2016/11/6 22:02  [1544-1705]   

和京さん、こんばんは。お久しぶりです。

このシスコンスレッドの最初からじっくりと読んで頂いたようで、僕の気持ちをよくご理解なさっております。流石、名うての猛者たちと交流をしてきた経験がある賜物でしょうね。

加えて、僕の伝えたい事を全て和京さんがわかり易く代弁して下さいました。

ありがとうございます。

2016/11/6 22:42  [1544-1706]   

荒神さん、こんばんは。

そうですね、もう三年以上前になりますが、目覚めよさんの縁側にてほぼ同時期に書き込みをはじめたのが僕らの出会いでもありましたね。

目覚めよさんと日々意見交換をし、時に認められ、時に示唆を受け、目覚めよさんの友人知人の方とも交流をし、毎日毎晩マイシステムと向き合い、今がある感じです。

またよろしくお願いします。

2016/11/6 22:46  [1544-1707]   

キケボウズ さん  

2016/11/6 22:59  [1544-1708]  削除

晩秋の夜にベートーベンを堪能

僕は二種類のベートーベン交響曲全集を持っている。
コリン・デイビス指揮シュターツカペレドレスデン(SKD)のものと、スタニスラフ・スクロバチェフスキ指揮ザーリュブルッケン放送響のものだ。

デイビスのベートーベンは実直でいてところどころモダンなセンスが見え隠れ、加えてSKDの技量も加わって、オトナの演奏が味わえる。
盛り上がるところはひたすら肉厚、かと思えば音の引きや余韻の間が絶妙。
ねいろも豪華、楽器の美味しさを堪能できるベートーベン。

スクロバチェフスキのベートーベンはまさに21世紀のベートーベン。
スクロバチェフスキはもう90を超えた老人なんだけど、表現する音楽はモダンを超えてスマート過ぎる演奏。
いわば、日進月歩の都会に映えるBGMにもなる演奏。

どちらもベートーベン。大好きなんだよね。

2016/11/6 23:01  [1544-1709]   

和京 神壱 さん  

2016/11/11 11:37  [1544-1710]  削除

和京さん、こんばんは

オーディオ趣味とは、自分の欲望と先入観と偏見との闘いに尽きるなぁと思っております。

誰しもオーディオをはじめた当初、カタログのトップページやトップページに近い方に記載されて
いる機器に憧れを持ちます。ドデカいトランス、大都市の航空写真のような細やかなパーツ、
煌びやかでぶ厚いシャシー、マニア心をくすぐる巧みな謳い文句、などなどです。

そして、一大決心をして高額な機器をついに買う時が来ます。
期待に胸が高鳴り、ドデカい箱を丁寧に開梱し、豪華な機器を取り出し「重てぇ〜♪」などと
洩らしながら、そっと、キズをつけないように床に置いてみます。
斜めから見たり真正面から見たり、普段は見る事が無いのに豪華なバックパネルの豪華さに、
「やはり高級品は違う」などと自分にいい聞かせてみたり。
そして、心に決めたケーブルを丁寧に機器を支えながら接続、うち傷を付けぬように
注意してラックへ納めます。

最初に聴く盤はなににしよう♪
大抵のマニアさんは愛聴盤の音の良い盤をかけますね、僕もです。

第一音が出ました。今まで聴いた事のないゴリッとした実在感のある音がグワッと張り出して
来ます。定位感が濃く、音の陰影がこれでもかと思う程濃いです。
「良い買い物をしたぁ♪」と思います。

でも・・・2,3曲聴いているとなぜか飽きてきます。今度は違うジャンルの曲をかけてみます。
♪♪♪・・・うん?音は凄いけど飽きるなぁ、冷静に聴くとやたらと中高域が耳につくし、
正直疲れるなぁ、こんなつまらん音楽だったっけか?

そして、
あのケーブルに換えてみよう
置き方を少し変えてみよう
ダメだ、うるさい、音楽に集中できない(涙)
カーテンを閉めてみよう
パッと聴きは良くなったが、やはり耳につくなぁ(苦)

なんでだ、ウン十万もしたのに、ベストバイなのに、コストかかってるのに、うるさい訳はない。
俺の買い物が失敗するわけない。

・・・でも待てよ、前まで使ってた4万のアンプだとこんなに音が苦(音楽)では無かったよなぁ。
嫌だけど繋ぎ変えて戻してみよう。

繋ぎ変え、再生開始

一音目、うわっ(笑)チープでナローな音、やはり安物だなぁ。
でもすぐに再生をやめずに3分から5分ほど音楽を流していると、
・・・あれ?なんか俺音楽を聴いてる?楽しめてる?
ここでギターがこう上がって、ピアノがソロに行く、ボーカルが切々と。

なんだあ、どうも信じられないけど、俺には安物が合うんじゃん?
確かに音はナローでチープだが、オーディオ機器の存在が気にならないのだもの、俺にとっては
安い機器こそ俺の答えなんじゃん。


こんな事を数えきれないほど繰り返して今があります(笑)

2016/11/10 22:33  [1544-1713]   

和京 神壱 さん  

2016/11/11 11:37  [1544-1714]  削除

安室ちゃん

安室奈美恵

genic

日曜に安室さんのgenicを楽しんでいます。
カッコいいダンスポップです。

実は僕のオーディオ遊びの初期は、こういったダンスポップやR&Bを雰囲気良く聴ける気持ち良さからはじまったのですね。スムーズなボーカルに色っぽい打ち込みの低音に魅了されて、一気にオーディオで音楽を楽しむ事を知ったのでした。

90年代は色んな歌姫がデビューしました。
そのなかでもずっと一線級で頑張っているのは、安室奈美恵と宇多田ヒカルくらいではないでしょうか?

2016/11/13 14:14  [1544-1717]   

マイルス夫人

マイルス・デイビス

サムデイ・マイプリンス・ウィル・カム

ミュートトランペットが秋の夜長に染み入っていく。
研ぎ澄まされたような静けさが心地よい音楽。

2016/11/13 22:36  [1544-1718]   

オーディオテクニカ・AT6157 QED・ストランド79

皆さんごめんなさい、オーディオアクセサリーを導入してしまいました。

それはスピーカーケーブルです。

デンオンコンポを買ってから、しばらくは付属のスピーカーケーブルで聴いていたのですが、これがどうも出音の品位が安定しないのです。音数が少ない時はそう気にならないのですが、音数が増えてくると音楽が飽和気味でいて、加えて低音が遅れて膨れるのです。

「こりゃあ、根本的なケーブルの質と太さの問題だてなぁ」

と、気がついてしまったのです。

ここで、今まで無駄に培ったオーディオ勘を駆使してスピーカーケーブルを引っ張り出してきます。
デンオンコンポのスピーカー、SC-M40の能率は83です。低いです。能率が低いという事は、それなりの太さの芯径のスピーカーケーブルが必要なんですが・・・
でもSC-M40のサイズは僅かA4用紙の半分ほどの大きさしかありませんから、太すぎるケーブルだと今度はケーブルの重さがエンクロージャーにかかってしまい、小型スピーカーのウリである響き感や朗々感を削いでしまいます。
僕の経験上、能率が85以下のスピーカーには芯径2mmから2,5mmくらいが妥当だと思います。
加えてケーブルの質の事を考えると、ここはOFC材のものを使う必要がありそうです。

これらの事から、オーディオテクニカ・AT6157と、QED・ストランド79に絞って、それぞれを一定期間聴き比べてみました。ソースはテレビの音声、ラジオ、音楽鑑賞などなど、あくまでも日常の普段使いです。これらの普段使いの中で、耳障りな瞬間が少ない方を取り入れる事とします。
家事をしながら何気にラジオを流したり、テレビ番組などでもニュースの音声に引っかかりがないかや、バラエティ番組のタレントの笑い声が自室に綺麗に抜けるかなどを、極力オーディオの事を忘れられるかどうかを重視して部屋で過ごします。

そんなこんなで、オーディオテクニカのAT6157に固定しつつあります。
やはり、スピーカーとスピーカーケーブルの国籍は極力合わせた方が、音楽が纏まるというか音が纏まるというか、スピーカーとケーブルとの持ち味がバッティングする事無く音が揃う気がしています。
今の時代ですから、導材を精製している国もほぼ世界共通でしょうし、被覆も世界でほぼ同じつくりをしています。加えて安価なスピーカーは本国以外でつくられていますから、国籍にこだわる事はすごく馬鹿らしく思えますが、実際に国籍を揃えた方が音が合う経験をしてしまっていますから、これが僕の考えと答えになります。

最後にアドバイスですが、
イギリスのスピーカーを使われている方は、だまされたと思ってQEDのストランド79を試してみて下さい。
デンマークやスウェーデンのスピーカーならスープラでしょうか。
オンキヨーならモンスターケーブル。
能率85で芯径2mmを基準に考えても良いと思います。
能率が85以上なら芯径2mm以下、能率が85以下なら芯径2mm以上といった感じです。

2016/11/18 00:01  [1544-1719]   

 カメナカジジさん  

こんばんわ。

キケボウズさん、スピーカーケーブルはシステム構成上必需品ですからアクセサリーとは言えないのじゃ?
オーディオラックとかSPスタンドとかオーディオボードとかクリーン電源装置とかなどこそが・・・。

何はともあれケーブルは厄介ですね。
私なんかご存じのようにSPケーブルではなくネットワーク・アッテネータ〜SP入力ターミナル間のケーブルをとっかえひっかえした結果、高級ケーブル(とは言え繋いでみたのは偽ベルデン、WE、カナレくらいなもんですが)はみんな×で、オーナンバ0.75mm径キャブタイヤ(1m100円)が最良の黒子ですもんね(笑)

太さはキケボウズさんのノウハウに合点してますが、私は加えて可能な限り(大音量再生時に音などに不都合が現れない限り)細いケーブルをお勧めします。
私などオーナンバ0.6〜0.5mm径キャブタイヤ(私の場合0.4mm径での大音量再生では過飽和感があり×でした)があれば使ってみたいと思ってるくらいなんです(笑)

ケーブルは材質・構造(単線か否か、撚ってあるかどうかなど)・太さ・被覆・長さなどなども勿論音に影響するんでしょうが、それらを含めた振動の状態(共振やクセなど)が最も大きな音変化ファクターではないでしょうかね。

2016/11/18 23:18  [1544-1720]   

 荒神聖院さん  

こんばんは

ケーブルチョイス
難しいですね〜

って言いながら
私はほとんど悩んでないです(^_-)-☆

適当にホームセンターで
なんとな〜くいいなって線材をチョイス

柔らかくて被覆が剝きやすくて
そんなに太くなくて(あんまり太さを考えてないです)

あとはファストン端子に圧着して終了
(気が向いたら半田でメッキ)

な〜んか
お手軽なオーディオになっちゃいました

いっぱい作品を楽しむ方がいいです(^_-)-☆

2016/11/20 21:38  [1544-1721]   

カメナカさん、こんばんは。

いえいえ、付属以外のスピーカーケーブルは立派なオーディオアクセサリーですよ。
皆さんここからオーディオ沼やアクセサリー沼が始まるんですから(笑)

本当にケーブルは厄介だと思います。出来ればいじりたくないくらい。
システムの活きた振動もケーブルが太すぎると死んでしまうし、アンプの尻の端子もスピーカー背面の端子にも及ぼす影響はかなりのものがあります。

外皮が硬いケーブルは音の輪郭感が強調されますし、外皮が柔らかいケーブルはもっちりと鳴りますし。

システム本来の音を活かせるケーブルを見抜く慧眼を身に着けたいものですね。

2016/11/20 21:51  [1544-1722]   

荒神さん、こんばんは。

そうですね、本当ならホームセンターで売っている線材で充分音楽は鳴ります。

一度、1,25mmのタフピッチ平行線を試してみましょうか。
押し入れにありますから(笑)

2016/11/20 21:57  [1544-1723]   

初志貫徹、あえて付属のスピーカーケーブルを使う(笑)

オーディオテクニカのAT6157、とても素晴らしい音質です。
ジャンルを問わずに良い音を届けてくれます。オーディオ遊びを始めた人にはまさに、オーディオの楽しさをおしえてくれるケーブルです。

しかし、僕的にはそれが少しばかり気にくわない(笑)
無意識的に、「音質を試している自分」に気がつくのです。
まさにオーディオのワナと言えます。

そこで自戒の意味を含めて付属のスピーカーケーブルに戻しました。

すると、iPodなどの圧縮音源は安い音ですが、CDやレコードを直截再生すると、蓄音機的な音の陰影や濃さがあります。
ソースの良さに忠実なところが、デンオンコンポのウリなのかも知れません。
しばらく聴き込んでみます。

2016/11/21 00:24  [1544-1724]   

 カメナカジジさん  

こんばんわ。

キケボウズさん、良くわかります。
無意識的に音質を聴いちゃってる自分がそこに居るのを・・・(笑)

音質なんか聴かなくていいんです、音楽にドップリつかりたい浴びたい感動したいのですもんね。
日本人はえてして理屈で技術・技巧で見たり聴いたりしちゃう。
音楽や絵画を解ろうとする人が多いよね。

俺なんか嫌な音がしなければそれで良い。
普通の音がしてればそれで良いんです。
この頃全くオーディオに気が行かない。
音楽聴いてる時再生してるマランツCDPのことも忘れちゃってる(笑)
ましてやケーブルなんか俺の中から消滅してる(笑)

2016/11/21 17:31  [1544-1725]   

黒い機器、まさに黒子、加えて廉価

こんばんは、カメナカさん。

そうなんです。芸術を楽しむのに理屈なんて最後でいいのです。
同じように音質も、ひとしきり音楽を聴き終えた後に、その再生音の深さや懐の深さに感心し感動し、最後に改めてわかるくらいが理想だと考えます。

さっきはクイーンのイニュエンドウというアルバムを聴き、今はモーツァルトの魔笛を聴いています。
めくるめくような音楽のご馳走に、夜中に一人でじーんとしてます(笑)

やっすいコンポをできる限りフツーに置いた我が家のシステムなんですが、音楽を楽しんで理解する点では過去最高ですし、ハーベスシステムを超えています。

この点に気がつけて良かったと、最近は本当に思っています。

2016/11/22 02:09  [1544-1726]   

 カメナカジジさん  

キケボウズさん、こんばんわ。

俺は民族音楽とかアフリカンとかラテン系なども好きみたいでレゲエやフォルクローレなども聴くんですが、ラテン系ではグロリアエステファンのレコードも持ってたりして(笑)

そしてこの度は世界的歌姫(シンガーソングライター)であるコロンビア出身のシャキーラのCDをポチっちゃいました。

キケボウズさんはシャキーラ知ってますよね。
もし知らなかったら、この人の12億回数以上聴かれてるWAKA WAKAという歌をユーチューブで聴いて見てくださいな。
映像見ないで音(歌)だけ聴いてても楽しくって楽しくってたまりませんわ。
勿論映像見れば見たで彼女のけれんみの無い底抜けの明るさと熱さに圧倒されますがね(笑)
過去にサッカーのオフィシャルソングになったみたいですが、不思議な発声(ファルセットのようなそうでないような発声)が又魅力的なんです。

レディガガなどに続く(彼女以上?)歌姫の素質十分で他の曲でもそれが十分感じられてついポチっちゃったという訳です(笑)

2016/11/22 23:17  [1544-1727]   

カメナカさん、こんばんは。

シャキーラ、知ってますし昔はCDを何枚か持ってましたが・・・
5年ほど前の事件の際に、どうやらCDを持っていかれたようなんですね(笑)
なので、今では全くCDがありません。
おそらく、何曲か聴けば思い出すとは思うのですがね。
また聴かせてください。

しかし、カメナカさんはいつになっても好奇心旺盛ですよね。
常に新しい刺激を求めているところ、尊敬しますよ。
果たして、僕がカメナカさんの年齢になった頃に、その好奇心を持てているか。
古い録音しか聴かないマニアさんが多いし、僕もその気がありますから余計そう思います。

2016/11/23 23:36  [1544-1729]   

つまみを回す快感

やっぱり、オーディオ機器はボリュームつまみを操作したい

お気に入りのデンオンコンポですが、音楽の再生をはじめてからこのボリュームつまみを回して音量を微調整してから、いつもの席に座るようにしています。
ただ、電子式のステップ式ですから、アナログボリュームみたいにリニアに音量が上がる訳ではないのです。あくまで数値で上がります。

でも、なんかこの操作感が懐かしくて楽しんでいます。

電子式ですから極小音量でのギャングエラーも無いですしね。

2016/11/23 23:47  [1544-1730]   

 荒神聖院さん  

こんばんは

キケボウズさんとカメナカジジさんのやり取りを見ていたら
楽しそうでつい…

カメナカさん
俺って言葉が珍しくてびっくりしました

キケさん
色んなことを堪能されているようで

また遊びに来ますね(^^♪

2016/11/24 00:10  [1544-1731]   

 カメナカジジさん  

キケボウズさん、荒神さん、こんにちわ。

好奇心というか要するにミーハーなんですよ『私』は。
だからちょっと『俺』を使っってみましたが年寄りには似合いませんので私に戻しました(笑)

ホントは『私』もよそよそしく取り繕ってて嫌なんですが『僕』『おいら』『吾輩』『拙者』『手前』『ワシ』『・・・』と言ってもピッタリ良いのが無いんですな(笑)

失礼いたしました。

キケボウズさん、シャキーラ来たら(中古CDですが)お貸ししますよ。

2016/11/24 14:00  [1544-1732]   

カメナカさん、荒神さん、こんばんは

いやあ、ミーハーも能力だと思いますよ。
人は年々頭が固まっていきますからね、特にオーディオ好きは頭が固まる人が早いし多い。
俺もオーディオ遊びは老境とも言えますが(笑)それ以外ではミーハーでいたいですね。

後ですね、僕も最近「僕」という自称が嫌なんですよ。
「私」ほどオトナではない、「僕」ほどいい子でもない、やはり俺ですね。
決めました。俺で行きます。俺も。

荒神さん

最近本当に気楽ですね、一見無趣味なんですが、結構楽しい事が増えてます。
本当の趣味というのは、いちいち公言しなくても無意識に好きでやる事なのかも知れませんね。

2016/11/24 21:30  [1544-1733]   

 荒神聖院さん  

こんばんは

わたしもミーハーです

最近は自分のことを

おいら

ってブログでは使うように意識してますね〜

その時の気分ですね〜

気楽なもんで趣味っていう範疇を超えちゃったみたいですね(^_-)-☆

2016/11/24 23:34  [1544-1735]   

 荒神聖院さん  

おはようございます

キケボウズさん

シスコンはどうですか?
たまにはハーベスも聴いてみたいのではないですか?
な〜んて(^_-)-☆

以前
貴殿のご厚意で譲っていただいたプレーヤー
大切に保管しています
今日にでも繋いで楽しんでみますね(^_-)-☆

突然ですが…
私の縁側を12月中に閉じます
いろいろとありがとうございました

2016/11/30 08:18  [1544-1738]   

荒神さん、こんにちは

デンオンのシスコンはとても良いっすよ。
俺がもし音楽評論で食ってくとか、美容室だったり服屋などを経営しているとしたら、間違いなく仕事の道具にします。それくらいの確かさを持っています。
まあ、俺の頭と文章力ではとても無理な仕事なんですがね(笑)

ハーベスですが、モノとしての格式はありましたね。
その格式が部屋にないことは正直さみしいのはあります。
でもそれだけかな。
逆に格式に囚われずに済むので、とても気楽になってます。
オーディオ機器を意識しなくていいですから。

あのプレーヤーはまだ健在でしたか(笑)
醸し出す音楽はとても自然ですから、心境のリセットをしたい時など引っ張りだして使ってください。

縁側辞められますか。
よくぞ決断しました!と言うのが俺の本音です。
荒神さんも薄々気がついていると思いますが、掲示板ってやればやるほどある意味つまらなくなるというか、趣味や考えの近い人たちでいい感じに刺激しあえるうちは楽しいのですが・・・
まあ、決断したときがやめどきなんだと思います。
こちらこそお世話になりました。

2016/11/30 12:17  [1544-1739]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん

縁側で出会って何年くらいですかね〜

いろんなことを掲示板上ですが
お互いに切磋琢磨して
自分のオーディオを築き上げてきましたねぇ

これからもそうかもしれませんけど…

目覚めよ〜さんの縁側で出会って
会ったことはありませんが
素敵な出会いだったと個人的に思ってます

目覚めよさん キケボウズさん
お二人はステレオを始めたころに出会った
忘れられない存在ですよ

私にとっては…
大切なオーディオ仲間
って感じなんです(^_-)-☆

関わっていただいた人皆さんなんですけど…
特にって感じです

キケボウズさんがいつまでこの縁側をされるのかは分かりませんが
応援し続けますよ

そういえば…
さっき素敵なサイトを発見しました

よかったら見てください(^_-)-☆

http://blog.youturn.jp/


2016/11/30 17:20  [1544-1740]   

 荒神聖院さん  

こんばんは

縁側掲示板消しちゃいました

スッキリしましたよ〜

独りごちるならこういったところを使わずともって思いますね

ちょっと寂しい気もするんですがねぇ

まぁいいかって

キケさんやこちらに集う方々のおススメ音源なんかをこれからも教えてほしいですね

それじゃ〜 今日はこの辺で

ドロ〜ン

2016/12/5 23:05  [1544-1741]   

キケボウズ さん  

2016/12/9 22:47  [1544-1742]  削除

荒神さんこんばんは

遅くなってすいませんでした。

縁側で日々自分の思いを書き、それに返事が来る楽しさを知ると、なかなか断ち切ることは難しいですよね。
ただそれは非常にむなしいものでもありますね。

それに気が付き、やめた荒神さんは素晴らしいと思います。

2016/12/9 22:48  [1544-1743]   

 カメナカジジさん  

こんばんわ。

シャキーラ来ました。

この人スペイン語やらスワヒリ語?(良くわからん)やら米語やらで歌ってますね。
意味は解りませんがラップ調の歌が結構ありそのスピード感がいいですな。
しかもシャキーラさんは日本の美空ひばりさんよろしく甘え声色っぽい声力強い声などなど七色の声を持っててちょっとたまげました。

男の孫共がシャキーラのwaka waka、ra ra ra、she wolfなどにハマってリピートしまくりです(笑)

2016/12/15 20:00  [1544-1744]   

こんにちは、カメナカさん

やっと僕らの町も本格的な降雪で冬に突入ですね。
カメナカさんもやっと音楽グルメに没頭できそうですね。

僕のほうも何曲か動画などでシャキーラの曲を聴いてみましたが、ノリがいいですねえ。
カメナカさんの仰るように、声を張り上げてみたり気持ち喉に声をためるように歌ってみたり、
ホワっとした声で歌ってみたりなど、聴かせるミュージシャンですね。

また聴かせてください。

2016/12/16 14:06  [1544-1745]   

 カメナカジジさん  

キケボウズさん、こんばんわ。

そうなんです。
シャキーラの声は七色なのでちょっと聴きだと別人かと思うことさえありましたよ。
他の女性シンガーをフィーチャーした曲も結構ありますから尚更です。

ソングライターとしてもなかなかです。
バックに聴いたことのあるメロディ(コンドルは飛んで行く)を使った曲もあったりしてメロディアスな曲が多くカメナカジジ好みのシンガーソングライターですね。

聴きにおいでください。
CDもお貸ししますよ。

2016/12/16 20:51  [1544-1746]   

キケボウズ さん  

2016/12/17 06:38  [1544-1747]  削除

カメナカさん、こんばんは

シャキーラのアルバムを4枚も貸していただいてありがとうございます。

早速、一番古い2002年のアルバムからリッピングをしながら聴いています。
これは楽しい音楽ですねえ(笑)ロックだったりポップスだったり、時にフランス音楽っぽかったり、かと思えばやや古めなニッポンの歌謡曲風な曲もありますし。
シャキーラのお国ものの南米ラテン系音楽もバッチリと決めてきますしね。
これは楽しい音楽です。ご紹介ありがとうございます。

2016/12/19 20:41  [1544-1748]   

 荒神聖院さん  

こんばんは

シャキーラ

初めて聞きましたので調べました

ええですね〜😃

1995?に出た Pies Descalzos

いい雰囲気が出てますね🎵

2016/12/19 21:09  [1544-1749]   

荒神さんこんにちは

シャキーラ楽しいです。しかもビジュアルも綺麗ですし、結構エロですしね(笑)
良い音楽ですよ、俺も早くうちに帰って聴きたいくらいですもんね。
シャキーラ、聴いてみてくださいな。

2016/12/20 09:44  [1544-1751]   

キケボウズ さん  

2016/12/26 22:49  [1544-1752]  削除

皆さま、こんばんは

久しぶりに、オーディオ遊びをしました。

cantate140さんというオーディオベテランの方が遠路はるばる拙宅を訪れて下さいまして、限られた時間でしたが、cantate140さんがお持ち下さった名盤を堪能し、音楽について語り、仕事の事や色々なお話で盛り上がる事が出来ました。

俺のデンオンコンポや「黒子オーディオ」の事を理解していただき、認めて下さいました。

そして今回ですが、cantate140さんに「キケボウズ邸のこの音は、住宅と部屋がつくっているんだ」と、言われたのです。
そういえば以前も、カメナカジジさんから「キケボウズ邸のこの低音というか音楽が弾むのは、強固な木造住宅だからで、音が程よく抜けるのも畳とこの土壁が絶妙な内部損失だからだよ」と言われたことを思い出しました。

俺の家は築40年にもなる古い日本家屋です。

cantate140さんも柱や土壁を小突いてみたり、わざと歩き回ったりなどをしてから、「やはり雪国で雪が積もっても耐えられるように強く住宅をつくってあるなあ、しかもただ強固なだけではなくて、きちんと太い柱とか木材でつくられているから、弾性がある剛性だ。加えてこのキケボウズ邸のオーディオルームは変形12畳でL字型でしょう、この左右非対称な部屋のつくりも、うまく音が混ざって心地良く聴ける理由だと思う。いわば部屋そのものでリ・プロダクションをしているんだね。加えてつくった大工さんも地元の職人さんでしょう?だからこんな強固な家になる。現代の建売住宅はやわ過ぎるし、鉄筋コンクリートのマンションなどでは絶対出せない音です。今どきの家にこのシステムをそっくり持って行っても絶対にこんなレベルの音は出ないです。この今の住まいを大事にした方が良い」とまで言って頂けました。

言われて妙に納得したのは事実です。

だからか、だから俺はどのお宅にお邪魔しても、どこのオーディオ店などでも満足な音を聴けなかった訳です。自分の家の環境が良すぎたのだと、改めて知ったのです。
そこで、この縁側を読んでくださっている皆様に謝らなければなりません。
僕の普段の妄想じみた音楽の感想は、ズバリ恵まれたオーディオルームを持っているからだったのです。オーディオが好きな方であればもろ手をあげるような音が、我が部屋では簡単に出るようなのです。実際にcantate140さんは俺と同じ機器を揃えたそうですが、どうセッティングしても、俺の家で聴いたような音にはならなかったそうでした。

俺のこの黒子オーディオの素晴らしさは、部屋がつくっていたのです。

さっそく夕方に、黒子オーディオ相談役のカメナカジジさんに報告。
カメナカさんいわく「やっぱりねえ、俺も以前からキケボウズ邸の部屋の良さをわかっていたけど、 cantate140さんもそう言っていたか、やっぱり雪国の古い家は凄いコストがかかっているんだよ、地元の3メートルもの豪雪に鍛えられた木材をふんだんに使って柱や梁をつくり、壁に使う土壁も地元の豪雪に毎冬圧雪される密度の高い土だもの、いわばとんでもない物量と質量がかかっているんだ。そういう天然の物量投入が、適度なダンピングと内部損失をつくっているんだ、だからキケボウズ邸の音は濃くて弾みながらも耳にスカッと抜けるんだ。」との相談役からのお言葉を頂きました。

いやはや、得るものがあった日でした。
それと同時に、今日ほど雪国に住んでいて良かったと思った日はありませんでした。
今の住宅をつくった祖父に先ほどお礼を言ってきたところです。

2016/12/26 22:51  [1544-1753]   

 カメナカジジさん  

キケボウズさん、こんばんわ。

私は昔、地元のお金持ちが持っていたような『土蔵』をリスニングルームのために造ろうと思ったことがあるんだよ(私ん家は貧乏で土蔵は結局今も無い(笑))。

当地は3メートル以上の湿雪が積もる(記録が残ってる最高の積雪深は昭和20年の780p)
土蔵もこんな雪に耐えられるように造られていて内部は間仕切りがなくリスニングルームに最高ではないか、と今でも思ってるよ。

キケボウズ邸は土蔵じゃないけど日本一(世界一かも)の豪雪地の昔ながらの造りだもんね。
音が良いのは当たり前だったのかも・・・!?

2016/12/27 00:27  [1544-1755]   

カメナカさん、おはようございます。

土倉ですか、壮大な計画だったんですね(^。^)
長岡鉄男の方舟のごとく、カメナカジジさんの土倉とか面白いですね。
今回、改めて自然素材の絶妙な塩梅加減の良さや優位性を痛感しました。

改めて雪国在住は不便だったり大変な面もありますが、ことオーディオ遊びに向いている住宅だったとは(笑)本当に良かったです。

2016/12/27 09:09  [1544-1756]   

土蔵でした(笑)
いやあお恥ずかしい。

2016/12/27 14:58  [1544-1757]   

キケボウズ さん  

2016/12/27 19:52  [1544-1758]  削除

キケボウズ さん  

2016/12/29 20:31  [1544-1759]  削除

土壁の効能

土壁は湿度や温度を安定させてくれる効能が有名だそうですが、俺ら的には遮音、吸音効果もとても大事ですよね。今回のオフ会で改めてわかった土壁の音への貢献をお伝えしたいと思います。

土壁は遮音や吸音具合が絶妙です。というのもオフ会の最中、運の悪い事に自宅の真ん前で電気会社が電線工事を始めたのです。「よりによって今日やらんでもなあ・・・」などと思いましたが、そこは仕方がありません。とりあえず音楽を聴いていました。
工事に使うトラックがずっとアイドリング状態で停車していたため、「ズオ〜〜〜ン」とした低い騒音が常に部屋に入ってきている状態だったのですが、不思議とこれらの騒音が音楽の邪魔をしないのです。そればかりか、時には音楽の低音と同調してまったく気にならない事もありました。
加えて、電気作業員の使う工具などの音も不定期に耳には聞こえますが、音楽の邪魔はしないのです。なんと言いますか、騒音が殆ど気にならないのです。

cantate140さんも「この家は工事の騒音が気にならないねえ、普通気になるんだけどねえ、土壁が絶妙に気になる騒音を消してくれてるのかな?」と仰いました。

俺も以前から、「音楽を聴いていてカエルや蝉の鳴き声などが心地良い」など、書いた覚えがありますが、おそらく土壁が音楽の邪魔をしない程度に音を吸音してくれていたのでしょう。

加えて、高純度な部品を使っていないRCD-M40ですから、音が明瞭で強いので自然界の騒音と混じりやすく馴染みやすい要素もあるかも知れません。

今までオーディオで散財したり失敗した分、今の住宅はやっと出会えた至高の城なのかも知れません。

2016/12/29 20:33  [1544-1760]   

キケボウズ さん  

2017/1/1 23:33  [1544-1763]  削除

2017年現在での、オーディオ遊びにおける俺なりの理想を妄想してみます。
これは、あくまでも変わり者の俺の理想です。大多数の皆さまの賛同を得られるとは思っていません。なので常識派の皆さん、鼻で笑ってやって下さい。

まず、ソースはレコードは外せません。加えてデジタルならアイフォン・アイポッド・ウォークマンなどのデジタルプレーヤー、あとネットワークオーディオはまだ音質が成長途中と感じていますから、もう3年から5年は見守りたいです。
ディスク再生ですが、SACDは俺はもう見限っています。音楽が聴こえず情景が見えないですから。
通常CDを再生するオーディオで堪能することでしょうね、CDの販売が続く限りはですが・・・
これらを、なるべく小さくかつオールインワンな機器で楽しみたいですね。

スピーカーは日本家屋なら極力小さくて良いでしょう。
10畳間でウーハー径10センチを超えない事が一つの基準だと俺は考えます。

ラインケーブル類ですが、これも付属品もしくは赤白ケーブルで充分ですし、理想はケーブルが無い方が良いと思います。ケーブルは必ず音のクセがのりますから。
スピーカーケーブルも出来れば付属品で、付属品が無い海外製品なら能率とエンクロージャーの大きさでケーブルを決めてしまって、あとはいじらない、気にしない事ですね。

最後にホームシアター・マルチチャンネルですが。
やはり、部屋にあんまりスピーカーをおきたくないですねえ。
加えてそれらにすべてスピーカーケーブルが部屋中をのたくっているんです。
なので、俺のマルチチャンネルの理想は、スピーカーもウーハーもすべて無線です。
次期アイフォンは何やら置くだけで充電してくれるとか、そうなるとコンセントや電源タップも要らない未来がすぐそこまで来ているってことですよね。
だから、俺の理想はマルチチャンネルすべてのスピーカーを壁に埋め込み、部屋にはテレビかスクリーンだけにしたいですね。
外国の映画みたく、部屋の壁に映像が映るのも良いですね。

以上です。要約すると「ステレオは最低限こだわり、マルチなどのデジタルはとことん簡便に」という事です。オーディオ機器も少ない方が良いです。うまく鳴らないソフトはあって当たり前ですし、あんまりオーディオに期待しすぎない事です。聴き手の経験でいくらでも補完できます。

2017年も世の中はどれだけ飛躍するのか?楽しみに行きたいです。

2017/1/1 23:35  [1544-1764]   

昨年末に拙宅を訪問してくださったcantate140さんによる、俺のデンオンコンポの試聴感想になります。

http://blogs.yahoo.co.jp/xsmhp160/364549
68.html


自分がこれが良い、好みだと思ってる音楽を他人様に聴いていただき、他人様が新たな発見をする事が出来たり新たな感動を得たとの感想を頂けると、とっても励みになりますよね。
加えて、自分の表現は間違っていないのだ。と、自信を持つ事が出来ます。

どこかで読んだ一文なんですが「オーディオ音楽好きは、心の中にある理想の音楽を鳴らすためにオーディオをやってるんだ」と目にした事があります。もちろんオーディオは自己マンの要素がとてもあって重要ですけども、やはりその事を認めていただけたという事実は、とても嬉しい事です。

2017/1/6 13:45  [1544-1767]   

ベートーベン

交響曲1番、7番(iPodからのアップルロスレス)

コリン・デイビス&シュターツカペレドレスデン

音楽を聴いているだけで、容易にオーケストラの風景が浮かんできます。
ベートーベンが伝えたい事、指揮者やオーケストラが表現したかった事などが、ありありと心に入って来ているようでもあります。


2017/1/23 23:45  [1544-1774]   

今夜は、アシュケナージによるショパンのピアノ協奏曲の2番を楽しんでいます。
本当に一切オーディオ機器を介在していないような、今まさにそこに演奏が生まれているような音楽を堪能しています。

至高の音楽は、ちょっとした意識の切り替えと、シスコンで得られます。

2017/1/27 23:30  [1544-1784]   

大塚愛 LOVE LETTER

大塚愛

LOVE LETTER

大塚愛さんはこんな声で喋るんだろうなと思うほど存在を感じる声。
歌声から地声を感じることができます。
声と伴奏とで様々な情景が浮かんで思わず目頭が熱くなります。

2017/2/2 20:01  [1544-1785]   

マイナーレーベルのCPO、ジャケが印象的

ストラビンスキー

バイオリン小品集

若い頃、中古CD店で趣のあるジャケットに惹かれて購入したCDです。
500円くらいだったと記憶してます。

ストラビンスキーはバレエ音楽が有名で、優美なメロディからおどろおどろしいメロディまで音楽の振れ幅がとても広く、印象的な曲が多いですね。

深夜、暖房やコタツやPCの電源を落とし、秘めやかな音量でこのCDと向き合うと、メロディの心地よさについ口元が緩んでくるのがわかります。

オーケストラものだけではなく、たまにはこういった室内楽を嗜む楽しさも良いもんです。

2017/2/8 10:45  [1544-1790]   

スキーと除雪作業で疲れていたのか、コタツでダウンしていました。
風呂に入って、カルロス・クライバーの1992ニューイヤーコンサートを聴いています。
暖房器具を切っていますから部屋のSNが高く、実に濃ゆく演奏会場の空気が再生されてます。
弱音時など、奏者の気配がしてから空間に音が放たれる間の揺らぎがなんともウインナワルツで、聴いていて楽しくなってきます。
良いオーディオと名盤を持つと、へたな生演奏よりも感動出来ます。
オーディオの醍醐味ですね。

2017/2/13 02:26  [1544-1794]   

少し文章に適切ではない表現がありました。

誤・へたな生演奏よりも〜

正・並の生演奏よりも〜

に訂正します。不愉快に思った方へすいません。

2017/2/13 07:42  [1544-1795]   

キケボウズ さん  

2017/2/20 15:11  [1544-1797]  削除

キケボウズ さん  

2017/2/20 15:11  [1544-1798]  削除

キケボウズ さん  

2017/2/15 13:45  [1544-1799]  削除

最初のポップスは最近録音したもので、次の2曲のクラシックはそれぞれ去年の秋に録音したものです。やっぱり機器の馴染みが進むのか、秋に録音したものはどことなく音楽がもう一歩こちらに来て欲しい気持ちを覚えますが、最初のポップスは音楽が近いですね。
まあ、単純にクラシックとポップスの音の出方もありますが(笑)

また録音する気が起きたらクラシックも録音してみようと思います。

2017/2/15 13:18  [1544-1800]   

キケボウズ さん  

2017/2/20 15:11  [1544-1801]  削除

キケボウズ さん  

2017/2/20 15:11  [1544-1802]  削除

最近は、室内楽や弦楽四重奏をしんみりと聴くことにハマっています。

2017/2/23 00:18  [1544-1803]   

彼岸を迎えて、大分春っぽくなってきましたね。
あれ程燃えていたスキー欲もすっかり落ち着きまして、滑り納めは何時何処にしようかな〜と、音楽を聴きながらぼおっと考えております。

で、本題の音楽なのですが、最近はほとんどアイポッドクラシックで聴いています。
手持ちのCDを殆ど、アップルロスレスとAACの320で入れてあり、曲数にして7000曲くらいは入っています。
ここ数日はジーニアス機能を使っていて、好きな曲からジーニアス機能で気の利いたランダム再生を楽しんでます。
そこでデンオンレシーバーの黒子っぷりが大活躍。
スタジオ盤がかかれば正に今スタジオで生まれた曲を聴いている気になりますし、ライブ盤ならまさにライブ会場のPAスピーカーの真ん前に居る気分。クラシックは正にコンサートホールの空気が匂いますし、ジャズもケブいナイトクラブの空気がにおいます。
俺のオーディオは最強にグルメで雑食なようです。
どの盤でも、その盤が作られた時であろうと思う空気を再生することが出来ます。

音楽鑑賞の喜びと、オーディオ趣味の楽しさ、双方の要素を突き詰めていると思う我がシスコンです。

2017/3/19 20:56  [1544-1805]   

キケボウズさん
黒子オーディオですか、いいですね。
私もその様な気を使わないステレオしたいもんです。
最近念願のlowtherを手に入れたので私は時間の許す限り音楽三昧しております。
私の機材は何もこだわった訳ではないのですが、出口だけは昔から憧れていたスピーカーをセットしました。
やはり良いステレオは何を聴いてもいい音楽を奏でますね。
芋焼酎とlowtherが私に極楽の時間を与えてくれます。


このlowtherを貴殿の土壁の部屋で鳴らしてみたいもんですね。

2017/5/29 22:17  [1544-1815]   

墨田バックさん、こんにちは

黒子オーディオいいっしょ。
俺が最近オーディオ関係の事を書かなくなったのは、オーディオの出音があまりに普通に最高なもんだし、機器から音が出ている感じもしないから、書きたくても書くことが無いんだよね。

ジャズだクラシックだ、録音がどう、リマスターがどうとか、LPがCDがとか、音が良いなあって感覚もない、ただ単純に昼間仕事をしていて聴きたくなったアーティストのソフトをかけてるだけだね。

今までの人生で聴いて感じた情景や風景が浮かんできて、それらを思い出しながら愛聴盤をかけてます。

だから最近思う事はさ、世の中のいわゆる一般的な音楽ファンの方達の感受性や耳をさ、俺らオーディオ好きは持ち得ていないから、わざわざオーディオに大金をかけて鍛える必要があるのかなぁってね。機器や音質に気が回らなくなったら、はじめてそこで普通の音楽ファンの立ち位置なんだなとね。

ローサー導入しましたか、おめでとうございます。
念願のスピーカーをやっと手にしたね。
ちょっとスマホの動画で出音を聴いたくらいだけど、見事にスピーカーを感じさせないスケールで鳴っていましたね。あともう少し音が飛んでくると申し分ないかも。
古いスピーカーは置けば置くほど、鳴らせば鳴らすほど馴染むから、長い目で付き合っていかれたら良いと思うよ。
また、ちょくちょく音を聴かせて下さい。

2017/6/7 17:11  [1544-1816]   

音楽が凄すぎる

ロードバイクで汗だくのヘトヘトになって帰宅して、とりあえずレシーバーをオン。
繋がれてるiPodから自動再生されます。
音量は単品オーディオだと10時くらい、すこし上げ気味で。
なにが再生されても今まで経験した事のないような、凄みすら感じる音楽が湧きだします。

受動的な趣味は気楽でないとね。

2017/8/12 10:43  [1544-1822]   

秋の夜長に室内楽

ドボルザークの小品集や、モーツァルトのピアノソナタなどを小さな音量でワインを楽しみつつ聴いている。

秋の澄んだ空気に染み入る様に音楽が部屋に充満していてとても気持ちがいい。

まだオーケストラものしか知らない自称クラシック好きな皆さん、今すぐ室内楽を楽しもう。

2017/9/14 21:57  [1544-1837]   

朝早くに目が覚めて、なぜかストラヴィンスキーの「火の鳥」「春の祭典」と続けざまに聴く。
そういう気分だったのかな。

朝からたっぷりとおどろおどろしいバレエ音楽を浴びて、今週も仕事が始まる。

いつでも気楽にたっぷりと音楽世界を浴び、音楽を満喫したであろうけど疲労感無し。
黒子オーディオは良い。

2017/9/19 07:55  [1544-1839]   

手持ちのクラシックのCDやレコードを片っ端から聴いて楽しみ、知る。

彼岸を迎え、めっきり秋めいてきた。
晴れた休日などは朝早くからクロスバイクで出かける俺だが、平日の夜はマイ黒子オーディオで芸術びたりの夜を楽しんでいる。

この秋は特にクラシック音楽への渇望感が強く、自宅にいる間など聴き倒している。それも本気聴きで。
苦手な盤や体調を選ばない俺の黒子オーディオは、なにを再生しようが芸術の世界へ連れて行ってくれる。
唯一の問題は夕飯を食べそびれる事や寝る時間がついつい遅くなってしまう事だ。

毎晩毎晩、名作曲家の肖像画や肖像写真の顔が我が部屋にあらわれて、その顔を想いながら曲が心に染み入る日々を送っている。


2017/9/20 19:06  [1544-1841]   

デュプレとバレンボイムによるブラームスのチェロソナタを聴いている。
ブラームスらしい短調の連打がメロディをつくり、激情のような感情さえ覚えてくる。
チェロは正に男性、踊るピアノは女性を表現しているかのようだ。

秋は室内楽が特にいい。

2017/10/4 21:26  [1544-1847]   

返信数が100件に達したため、このスレッドには返信できません

スレッドの先頭へ



ビユテフル

タグ:

引き続きお使い下さい。

2016/9/3 00:04  [1544-1599]   

皆さん、こんばんは。

ヤマトさん、カメナカさん。

出張を終え、三日ぶりのいつもの夜を楽しんでおります。

愛機CD5001の電源を入れて、石川優子さんのパーフェクトシングルコレクションを聴いております。
3枚組のこのベストアルバムですが、どうも、生まれ育った時代的なものがあるのか、ディスク1、
2よりも3の方がグッと馴染む印象です。
まだ、パーッと聴いているだけなので、これからまた感想などは変わって行くのかも知れませんが。
とりあえず、ディスク3を楽しんでおります。

「ユアロンリービーナス♪」

ヤマトさん、音のエジソンのタップを買われたそうですね。
もう届いておりますか?僕の考えなんですが、オーディオ機器はなるべく機器の電源を一緒の
所からとるようにすると、音楽の一体感を得やすいし機器が消えるのも得やすい感じがしています。
ですから、サービスコンセントがあるプリメインを使われている人は、CDプレーヤーやレコード
プレーヤーなどの前段機器の電源をサービスコンセントからとる事を一度試してほしいのです。
音楽の流れや一体感を重視する人なら、一気に納得の出音になるかも知れません。
ですが、音の勢いなどは多少削がれますので、好みから遠ざかってしまったら申し訳ないですが。

違うケースで、マランツレシーバーのようなコンポやサービスコンセントが無いアンプを使われて
いる方などで、「どうも安心して音楽に浸れない」方など、一度、機器の数をまかなえる口数の
タップを導入して試してみて下さい。
タップの電源ケーブルに近い方から、アンプ、プレーヤーのような順で電源をとると、音楽が
まとまる気が僕はしています。

ここまで書いてきましたが、このテクは、廉価でかつ消費電力も少ない機器しか使った事のない
僕ならではのテクに過ぎません。

「機器は壁コン直に限る」とお思いの方や、長大なパワーアンプをお使いの方などは読み飛ばして
下さいね。

2016/9/3 20:50  [1544-1601]   

 カメナカジジさん  

おはようございます。

キケボウズさん。

優子さんの件わかりますね。
優子さんはキケボウズさんにはかなりな年上、ヤマトさんは同年代、カメナカジジにはかなりの年下ですからね。
思い入れ(と言うかラヴ度?)はやはりヤマトさんが一番強いでしょう。
けれども歌ってるのは彼女が20代の頃で全く年取らない。
しかも黒子で自分だけに歌ってくれる。
再生ステレオってのは面白いなって今更ながら思いますね。


ヤマトさん。

テーブルタップの感想聞きたいですね。
カメナカジジの導入時の感想は、暴れが無くなって切れは良いのに音が玉になり円やかになって自然な感じになった、です。

ヤマトさんも改善する(黒子に近付くと)と良いのですが・・・。

2016/9/4 07:09  [1544-1602]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、こんにちは。

昨日は、休みだったのですが、一日中、おとなしく寝ていたヤマトです。
先週、かなりアクティブに活動したので、さすがに疲れが出てきてしまった様です。(^_^;)


キケボウズさん

お帰りなさい。
出張先で、思わぬ楽しいハプニングがあった様で、良かったですね。
これも、きっと、日頃の行いのお陰だと思いますよ。(*^。^*)

>愛機CD5001の電源を入れて、石川優子さんのパーフェクトシングルコレクションを聴いております。

お〜、帰ってから、早速、優子さんのCDを聴いて下さいましたか。 嬉しいですね。

>3枚組のこのベストアルバムですが、どうも、生まれ育った時代的なものがあるのか、
>ディスク1、2よりも3の方がグッと馴染む印象です。

なるほど、カメナカさんも言われていましたが、それは、あるかも知れませんね。
ちなみに、ディスク3の数曲は、あの秋元康さんの作品が入っています。
後期作品の特徴の一つですね。


カメナカさん

>これは意識して聴いてはいけません(笑)
>聴いてる最中にあれっ?とか、ん?とか感じればそれでいいんですよ。
>これが黒子になった一つのバロメータ?なのかもです。

なるほど、言われてみればそうですよね。
黒子オーディオを聴いている時に、『よし、自分が、演奏会場にいるように感じるか確認してみよう』とか意識したりしませんもんね。
そんな事しなくても自然にその様に感じてしまいますからね。
納得です。

>思い入れ(と言うかラヴ度?)はやはりヤマトさんが一番強いでしょう。

これは、100%間違いないでしょう。(きっぱり)
冗談抜きで、例えば世界中、この1年間で、優子さんの曲を多く聴いているベスト10に
自分は、入るのではないかと密かに思っていますよ。(笑)


キケボウズさん、カメナカさん

音のエジソンのタップの事、色々と教えて下さってありがとうございます。
昨日、手元に来たので、夜に起きてから、繋いで、音出ししてみました。

ちなみに、これまでは、プロケーブルの重鉄タップを超えた重鉄タップ6個口というのを使っていました。

http://procable.jp/power.html

一聴目は、深夜なので、通常音量の確認はできなかったのですが、背景のノイズレベルが下がって、小音量でも音離れが良くなったように感じました。(^o^)

早く、昼間にもっと大きな音で、確認したいと思いをはせて・・・ 先程、確認しました。

少音量で、感じたままの結果が、通常の音量でも、確認できました。
『ん、これが、マランツレシーバーの音かな?』と思える位、静寂感を感じ、
音が前に出てくるためか、今までより、自然とボリュームを2ステップ位、下げて聴いている感じです。
大袈裟かもしれませんが機器を1ランクアップさせたような感じですね。
これは、投資した甲斐がありました!

あと、マイシステムで、もう一つ、大きな発展がありました。

この事については、後述させて頂きますが、今回の音のエジソンのタップの採用と合わせて、
私のグレ子オーディオを、大きく黒子オーディオに近づけてくれた様に思います。

キケボウズさん、カメナカさん、エジソンのタップ、おススメ頂いて、ありがとうございました。
本当に買って、良かったです。(^_^)/

2016/9/4 12:45  [1544-1603]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、こんにちは。

再び、ヤマトです。

さて、マイシステムでのもう一つの大きな発展についてお話させて頂きますね。

実は、キケボウズさんの所で、聴かせて頂いて、マイシステムとの一番違いを感じたのは、アナログ再生でした。
『付属カートリッジ、内蔵フォノイコで、あれだけの音が出るとは・・・』という感じです。

それで、多少の経緯はあるのですが、キケボウズさん宅の現状や、3人でのオーディオ談義での事を参考にして、
現時点で至った到達点が、家にある手持ちのアナログアンプと繋いでみるという事です。

http://pioneer.jp/corp/news/press/1998/0
827-1.html


私は、これのX−NT7MDのセットと+カセットデッキT-N901を持っています。

パイオニアの単品のミニコンポで、結構、音にこだわった造りをしています。
99年頃買ったのですが、レシーバーで、CD再生するとカタカタ音がする様になってしまい、
古くなったことも有り、更新を検討。
アンプとスピーカーは、リビングのTVに繋いで音楽DVD用として、使っていました。
カセットデッキは、ソウルノートに繋いであります。

この小型アンプをDP-300Fの近くに設置し、付属コードから、直で、LINE端子に繋ぎました。
併せて、NA8005も1mソニー赤白で、CD端子へ
そして、ラックスのスピーカーセレクターまで、4m強のストランダ79ケーブルです。

結果、なんかすごく良さそうな感じです。
私の好きな素直な音の中にもアナログチックな艶も感じられる、そんな出音です。

アンプの出力が、4Ωで、20W+20Wと低いので、それが少し心配だったのですが、
全くの杞憂でした。

標準の接続スピーカーが、84dbと低能率なのとまだ、アナログレコードやカセットテープもソースとして想定されていた事も
あってか、LINE入力が、CD等より、低めに設定されているようなのです。

実際にボリューム位置は、、610がアナログ再生では、通常60分の40以上で使っているのに対して
このA-N701では、当初の心配をよそに驚く事に10時位で十分な感じです。

家にある資料で、メーカーの開発者の話にもあったのですが、『出力より駆動力重視』と明確に言っていましたし
意外とスピーカーの駆動力があるのかも知れません。


ちなみにこのアンプ、サービスコンセントが付いているので、DP-300Fは、まずは、それに繋げて聴いています。

オプションとして、1万円位のフォノイコ内蔵アナログプレーヤーが紹介されている位なので、
案外、これは、ひょっとして、ひょっとするかも(笑)みたいにも思っていたのですが・・・

キケボウズさんのアナログ再生に大きく近づく事ができました。
附属カートリッジ+内蔵フォノイコで、ダメ出ししていた女性ボーカルモノも十分いける印象です。

加えて、トーンコントロールが、つまみ一つで行えますから、ソフトによって
多少の対応は、それで、できそうです。

また、NA8005もこれまでは、4mの業務用のケーブルを引き回していたので、
1mのソニーの赤白に変えた事により、本来の能力を出せるようになったのでしょうか、
実に素直で、透明なきれいな音を出しています。
例えば、ピアノの音色の余韻の響き等が、実に心地良く聴こえます。

NA8005は、AirPlayもできますし、DSDを含むほとんどのファイル再生が可能です。
その時の状況によって、610と少し違うアナログ的な良さを味わう事もできそうです。

まだ、少し聴いただけですし、今は、ちょっと、興奮気味で、大いにプラシボーがあるかもしれませんが・・・

前述の音のエジソンのタップの採用と合わせて、
私のグレ子オーディオを、大きく黒子オーディオに近づけてくれた様に思った次第です。

2016/9/4 13:29  [1544-1604]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、こんばんは。

引き続き、興奮冷めやらぬヤマトです。(^_^;)

先程、話題に出した、パイオニアの単品ミニコンポのFILLについてですが、
ネット上を調べていると、レシーバーで、CD再生をする際にカタカタいう
私と同じ不具合についての書き込みがありました。

そこには、機体を分解して、CDを取り付けているねじを締めつければ、直るとの事でした。
そこで、ダメ元でトライしてみると、なんとモノの10分足らずで、事は解決。
カタカタ異音は、ピタリと無くなってしまいました。(@_@)

そして、CDを聴いていると、このコンポの出音が、実に圧巻で驚かされてしまいました。
もちろん、セットのスピーカーを繋げての音は、以前に聴いていましたが、
こんな凄い音?は、出ていた記憶がありません。

パイオニアにしては、しっかりとした低音が出ている上に、高音は、曇りなく突き抜けています。
機器の素性が良いのでしょうか、P3ESRが、弾んでいます。
聴いていて、楽しい音です。

先程、家族が、外に出たのを見計らって、ボリュームを上げてみたのですが、11時以上は、
苦情が怖くて、回せない位に余裕があります。
出力の不安なんて、微塵も感じさせません。
圧倒的な駆動力です。

おまけにレシーバーとアンプを付属のシステムコードで繋げばリモコン一つで、
様々な連動操作が可能です。
またまた、マランツレシーバーに続いて、至って簡便なシステムの誕生です。

こうなると、今、手動で切り替えている、ラックスのスピーカーセレクター
(アンプセレクターとして使用中)を上級のリモコン付きに変えてしまおうかなんて
更なる簡便化に向けての考えを巡らせています。(笑)

音のエジソンタップにに変えて、まだ、マランツレシーバーは少し、ソウルノートに関しては
まだ、全く聴いていないのに、気が早いですね。
でも、もうこれで、十分と思わせる様な出音なんですよ。

今日は、家族に何か言われても、ステレオの前から離れたくない心境です。(笑)
これは、自己判定ですが、マイシステムも黒子オーディオになったと言って良さそうな感じがしています。(*^_^*)


そう言えば、このコンポ、当時のパイオニアの技術陣が相当力を入れていたみたいですね。

少し前にパイオニア主催のAVアンプの試聴会に参加した時、このコンポの話を少し担当者に
した所、『あの伝説のコンポを今もお使いなんですか?』
みたいな事を言われましたよ。

キケボウズさんの言われていた、『廉価な機器でも使いようですよ。』と言われたのを実感しました。

また、今回の一連のトライは、先日新潟に行っていなければ、多分、思い至らなかったと思います。
あらためて、お二方の所に行けて良かったと思いますし、お二人には、本当に感謝、感謝です。

それでは、また。
早く、演奏会場に戻らなくちゃ。(笑)

2016/9/4 19:46  [1544-1605]   

こんばんは、ヤマトさん。

なにか、新たな楽しい事がヤマトさんに立て続けに起こっているようですね。

今まで何気なく買ってみて、時には手放したり時には手元に置いておいたりした物が、なにかの
拍子に全て有機的に繋がって、改めて真価を感じているのでは?と思います。

パイオニアのFILLシリーズ、知っていましたよ。
当時の僕は買えませんでしたが、その当時の先輩がCDプレーヤーだけ持っていました。

やっぱり、なんだかんだヤマトさんは昔から「素性の良い小さな機器」を持っていたのですね。
だからやっぱり潜在的に、小さくて部屋に馴染む機器と、黒子的出音を求めていたのではないかと
思います。

そんな事をも含めて、小さな機器で小さなP3ESRをドカーンと鳴らすヨロコビって、なんか
カッコよくないすか?(笑)僕はすっごいカッコいいオーディオ遊びだと思っています。

その時代のパイオニア、良かったですよね。
僕も20代中頃のアパート生活の時、一時期でしたけど同時代のパイオニアレシーバーとオーテクの
フルオートレコードプレーヤー、セレッションの小型密閉スピーカーで楽しんでいた時期が
ありました。

レシーバーとフルオートプレーヤーと密閉スピーカー(笑)
今と全然進歩していないですね(笑)当時から僕のオーディオスタイルは定まりつつあったのかも
知れません。

2016/9/4 20:11  [1544-1606]   

キケボウズ さん  

2016/9/4 20:32  [1544-1607]  削除

レシーバー本体だけ入手して使っていた 格安で手に入れたセレッション5 お決まりのオーテクのフルオートプレーヤー、盤を選ばず音が良い

立て続けにスイマセン(笑)

久しぶりに若き頃のアパート生活のオーディオ機器の事を思い出してしまい、画像を検索して
見ましたよ。
なんと奇遇にも、レシーバーはフィルシリーズでしたよ。
こんな機器たちで楽しんでいたのですね。

毎日毎日使っていましたよ。
レシーバーとセレッションの相性が良く、凄く自然でいて、黒子的な音だったと記憶しております。

2016/9/4 20:35  [1544-1608]   

 荒神聖院さん  

みなさん こんばんは

楽しい黒子オーディオ
いいですね〜

実は…私も
音のエジソンさんのタップを使ってます

こちらで初めて知って興味が沸いてました
使いだして1年くらいと思います

みなさんと同じ印象かな〜って
電源口が足りなかったんです

また遊びに来ます
おやすみなさい

2016/9/4 22:22  [1544-1609]   

荒神さん、こんばんは。

いつもコメントを書いて下さったり、僕の縁側を読んで下さってありがとうございます。
荒神さんも密かにエジソンのタップをお使いだったのですね。
気に入っておりますか?

エジソンタップ、実は逸品だと僕は思っております。

2016/9/4 22:52  [1544-1610]   

 カメナカジジさん  

皆さん、こんにちわ。

こちら稲刈りが始まっちゃいましたが、今日はノルマを達成したので終わりです。

ヤマトさん。荒神さん。

お二人とも例のタップ使用して良くなったでしょう(と決めつける(笑))
音がまとまりますし温かい血が通う感じでカメナカジジは導入以来手離せないんですよ。
この方向で突き進んで行くと黒子にたどり着くと(既に黒子になってるのかも!!)思います。

さしづめエジソン・タップ同好会ですな(笑)

2016/9/6 15:00  [1544-1611]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、こんにちは。
つい最近、エジソンタップ同好会に入会させて頂いた、ヤマトです。
先輩会員の皆様、よろしくお願い致します。(笑)

キケボウズさん

>なにか、新たな楽しい事がヤマトさんに立て続けに起こっているようですね。

はい、お陰様で、日々、わくわくを感じながら過ごさせて頂いています。
楽しい音楽と共に・・・。

>やっぱり、なんだかんだヤマトさんは昔から「素性の良い小さな機器」を持っていたのですね。
>だからやっぱり潜在的に、小さくて部屋に馴染む機器と、黒子的出音を求めていたのではないかと
>思います。

そう言われてみると、このFILLを買った時に、このミニサイズのコンポの出音に感激して、
高校生の時から、使い集めていた、ダイアトーンの3ウェイのスピーカー、サンスイのアンプ
ソニーのカセットデッキ、レコードプレーヤー等々大きな単品コンポをまとめて処分したんでしたっけ・・・

このFILLをリビングに置いたのは、良かったのですが、自室には、更に小さなマイクロコンポなるものを設置したのです。
それが、今思うと、失敗だった。(^_^;)
CDの音に失望してしまって、音楽を聴くのが楽しくなくなってしまったんですね。
そして、段々部屋で、音楽を聴く時間が、少なくなって、仕舞には、オーディオ趣味も中断してしまいました。

でも、そんな経験があるからこそ、今の楽しい気持ちを満喫できているのかも知れません。


>そんな事をも含めて、小さな機器で小さなP3ESRをドカーンと鳴らすヨロコビって、
>なんかカッコよくないすか?(笑)僕はすっごいカッコいいオーディオ遊びだと思っています。

そうですね。あんな小さな機器から信じられない音が、出るんですからね。
狭い私の部屋には、こんなに素晴らしいモノは、ありませんね。
特に追及はしていませんでしたが、これは、カッコいいかも知れませんね。(笑)

>その時代のパイオニア、良かったですよね。
>僕も20代中頃のアパート生活の時、一時期でしたけど同時代のパイオニアレシーバーとオーテクの
>フルオートレコードプレーヤー、セレッションの小型密閉スピーカーで楽しんでいた時期がありました。

お〜、キケボウズさんもFILLを使っていたんですね。 奇遇ですね。
この当時は、各メーカーが今とは違って、ピュアオーディオにも力が入っていたんでしょうね。
この17年前の機器からパイオニアの凄さを感じられます。

まだ、ちょっと聴きですが、スピーカーの駆動力は、マランツレシーバーに勝るとも劣っていません。
具体的に言うと、例えば、低音が、ビシバシと響きます。
これは、セットスピーカーの時には感じなかったことなので、P3ESRと繋げた事により
FILLの潜在力が、開花されたのだと思われます。
キケボウズさんの表現をかりると、これは、暴力的な低音です。(笑)
従来、自分の中にあったパイオニアのイメージとは違って、なんか荒っぽいという感じです。
この低音に加えて、高音の方は、突き抜けて出ています。
リズムが、弾んで、音が、前に前に出てくるのです。

細かくみると、音の立下りや静寂感などは、マランツレシーバーに軍配が上がり、
良い所ばかりとは言えないのですが、とにかく聴いていて楽しい音です。(*^_^*)

まあ、前述したように、エジソンタップに変えてから、マランツレシーバーやソウルノートは、少ししか聴いてませんので、聴き込んで行けば、感想は変わるかも知れませんが・・・


荒神さん

いつも暖かいコメント、ありがとうございます。
荒神さんもエジソンタップをお使いとの事、是非、同行会にご入会を・・・

>知ってか知らずか…
>心のフローに気づくきっかけなんですよね

言われてみると、なるほどですね。
更にこのような、ネットでの出来事を含めてみると尚更かも知れませんね。
確かに、面白いですね。(^_-)


カメナカさん

>お二人とも例のタップ使用して良くなったでしょう(と決めつける(笑))

はい、悔しいですが、その通りです。(笑)

>音がまとまりますし温かい血が通う感じでカメナカジジは導入以来手離せないんですよ。
>この方向で突き進んで行くと黒子にたどり着くと(既に黒子になってるのかも!!)思います。

そのお気持ち分かります。
カメナカさんの仰る通り、このタップの導入を持って、
マイシステムも黒子オーディオ認定をしたいと思っています。
きっと、私も、手離せなくなると思います。(^_^)/

このタップについては、前々から気になっては、いたのですが、『自分もそこそこのモノを使っている』というつまらない思いが邪魔をして、中々導入まで踏み込めませんでした。

今から思えば、私の場合、キケボウズさんシステムを模倣にしているのですから、
それ程、負担の大きなコストではなかったのだし、もっとシンプルに考えて、早くに決断すべきだったと反省しています。

ところで、同好会の会長は、カメナカさんですか? それとも、キケボウズさん?(笑)

2016/9/7 10:42  [1544-1612]   

 荒神聖院さん  

みなさん こんにちは

9月になっても大阪の日中は暑いですね

ところで…
エジソンタップ同好会入会しますよ〜
ってそんなに絶大な効果は感じてないんですが…

冬場に部屋のコタツの電源を入れたら
CDプレーヤーの振動が変わって…
本体がビリビリと小さな振動が起こって
かすかにノイズが増えたんですね

そこでタップ導入
信頼できるこちらの縁側を参考に
って流れでした

最近は個人ブログを始めて
人に伝えるのってすんげ〜難しい
って文章能力のなさを痛感しています
いろんなこと気づきました

また覗きに来ます
それではまた

お○○○します〜

○○さま〜

あっらじ〜ん

2016/9/7 12:44  [1544-1613]   

 カメナカジジさん  

皆さん、こんにちわ。

皆さんそれぞれ黒子オーディオになってるようで素晴らしいですね。

特にヤマトさんはグレ子からあっという間に黒子到達ですよ。
これは凄いです。

荒神さんのエジソンタップは絶大効果が無いようですが、オーディオ機器電源全部を同一エジソンタップから取り、他の電気製品の電源は他のコンセントから取ってますか?
こうしないと効果半減以下になるようですよ。
全部同じタップから取ってて効果無しだとしたら、エジソンタップ以前の電源環境も大変良かったということですね。

>同好会の会長は、カメナカさんですか? それとも、キケボウズさん?(笑)

これはキケボウズさんに決まりでしょう。
何たって発掘者なんですから。
キケボウズさんのこういう眼力は特筆ものですしお若いですから永久会長が良いのではないでしょうか。

意義ありませんね(と、またまた決めつけちゃいました(笑))お許しを。

2016/9/8 14:27  [1544-1616]   

 カメナカジジさん  

↑ 

×意義ありませんね
   ↓
〇異議ありませんね

に訂正します。
大変失礼しました。

2016/9/8 14:34  [1544-1617]   

キケボウズ さん  

2016/9/8 23:00  [1544-1618]  削除

キケボウズ さん  

2016/9/8 23:31  [1544-1619]  削除

 ヤマト猛さん  

皆さん、おはようございます。

カメナカさん

折角、荒神さんも入会して下さったのに、キケボウズ会長が、出て来てくれませんね?

>お若いですから永久会長が良いのではないでしょうか。

>異議ありませんね(と、またまた決めつけちゃいました(笑))お許しを。

とか、キケボウズさんに少しプレッシャー掛け過ぎちゃったんじゃないですか。 大丈夫ですか?
などと言いつつ、私も異議はありませんが…(笑)



さて、冗談はさておき(で、大丈夫ですよね?)、基本的に聴き比べが好きでない私は、
スピーカーの設置条件を整えたりしながら、引き続き『FILL』をメインにして聴いています。
というか、音楽を楽しんでいます。

その後、自分の持っている資料を見たり、WEBで検索したりしたのですが、聴けば聴くほど、
調べれば調べるほど、この単品ミニコンポは、なんか良さそうな感じです!
思ってもみなかった、底力が、ありそうです。
内部写真付きの解説なども見ましたが、当時のパイオニアが色々と技術の粋を尽くしていた様です。
特に私の持っている初代のモノは、凝った造りをしているみたいです。

出音も聴き込むにつれて、荒っぽさが取れて、纏まって来た様に思います。
私が、本来持っていた、パイオニアのイメージになって来ました。
ただ、低音は、しっかりと出ていますし、高音は、相変わらず澄んで突き抜けて行きます。
多分、当初は、機器に久し振りに電源を入れて、鳴らした時の症状が出ていたのだと思います。

今日は、カセットデッキをソウルノートから繋ぎ換えて聴いてみたのですが、
さすがにセット品だけあって、音のまとまりが良いですね。
それにリモコンも一つで同調して使い勝手が良いです、。
これなら、カセットテープの活用も視野に入って来そうです。(^_^)/

使っていると、17年前当時のパイオニアの力の入れようが伝わってきます。
『小さくても妥協せずに良い音を!』という想いがきっとあったのでしょう。

また、このシステム全体に貫かれている『ナチュラルな音質』『ワイドレンジ思想』というのが、
まさに私にぴったり嵌まっている様です。
(なんせ私は、先日、キケボウズさんとカメナカさんに『高音フェチ』という称号も頂いた位ですからね。(笑))

『パイオニアにしては、ずい分低音が効いているな』という点なのですが、
これは、やはり、開発時点で、繋ぐスピーカーを小さなブックシェルフ型を前提にチューニングしているからなのだと思います。
それが、P3ESRという相棒を得たモノだから、尚更なのかも知れません。

FILLのアンプからしたら、『お〜、こんなに良いスピーカーを繋いでくれるのか?
それなら、こっちも、やったるで〜』
みたいに思っているのかも知れません。(笑)

今は、仮置き的に、以前、CM5が置いてあった集成材ボードに下からレシーバー、カセットデッキ、プリメインの順に積み上げて使っています。

でも、これでは、やはりFILLシステムには、失礼な感じですね。
もっと、きちんとセッティングしてあげないと・・・。

そこで、今は、レコードプレーヤーは、DP-300Fに絞って、DP-500Mを処分。
そして、空けたラックのスペースに『FILLシステム』を移設しようかなと考えています。
オーディオラックに、FILLシステム、NA8005、DP-300Fの布陣です。

これで、レコード、カセットのアナログソースから、DSDを含むデジタルソースまで、
幅広く、カバーできます。(更に、MDも使えます)
これは、アナログ接続端子が2つしかないマランツレシーバーでは、できなかった事です。
まあ、ラインセレクターを噛ますという手も無きにしも有らずですが、
それでは、レシーバーの売りの簡便性が落ちてしまいますからね。

因みにカバーできていない、PCソースとSACDには、マランツレシーバーとSA14S1が、あります。
もちろん、マランツレシーバー単体でも今まで通りCDやファイル再生は、楽しめますので、
『この構想は、私の使い方や部屋の条件などを鑑みても良いのでは…』などと、考えています。

『狭い部屋ながら、良い音で音楽を楽しみたい! しかも、できれば、簡便に』と
思っている私にぴったりのシステムが構築できそうな感じです。(^_^)/

2016/9/11 07:19  [1544-1620]   

カメナカさん、ヤマトさん、みなさまへ、おはようございます。

涼しくなってまいりましたが、日曜を楽しんでますか?

書くときは書くくせに、書かないときは書かないような、横着者でスンマセン(笑)
でも、きちんとみなさまの心のこもった書き込みは読ませていただいてます。
いつもありがとうございます。

あいにく本日も仕事でして、今は休憩中です。

また書き込みます。

2016/9/11 10:07  [1544-1621]   

 ヤマト猛さん  

これは、これは、キケボウズ会長、おはようございます。(と追い打ちをかけるヤツ)(笑)

日曜の出勤、ご苦労様です。

>涼しくなってまいりましたが、日曜を楽しんでますか?

はい、私の方は、今日は、日曜休みなので、早速、前述した、DP-500Mの梱包作業等をしようかと思っています。
相変わらず、この所のワクワクモードが、続いていますよ。(*^_^*)

それでは、お仕事、頑張って下さい。
またの書き込みを楽しみにしています。(^_^)/

2016/9/11 11:37  [1544-1622]   

 荒神聖院さん  

みなさん こんちわ〜っす

今日の大阪は比較的暑さはマシ?かな〜って感じです。

タップ同好会
キャプテンはキケボウズさんでしょ

あのタップは落ち着いていていい感じですね
部屋の別口コンセントからコタツの線をひっぱたのが…
あら不思議って

キケさん
ゆっくりやったらいいんじゃないですか

そんじゃまた遊びに来ますね

2016/9/11 11:38  [1544-1623]   

皆さま、こんばんは。

彼岸に向けて仕事が忙しく、へとへとになって帰ってくるのですが、最近趣味になりつつある
晩飯を自炊して腹が膨れ、自室で黒子オーディオで曲を聴きはじめれば俄然元気になれます。

今夜は石川綾子さんの「ボカロクラシック」を聴いております。

カメナカさんからCDを貸していただき、ipodにとり込んで聴いているのですが、とても鮮度が高くて
みずみずしいねいろで堪能してます。
こういった、古さと現代とが融合したような音楽もとても楽しめます。
次は「和楽器バンド」でも聴きますかね。

カメナカさん

エジソンタップ会長(キャプテン)ですか(笑)
もちろんご冗談とはわかっていますが、僕はこういう趣味のカシラ的な事は苦手だしキャラでは
ないですねえ(笑)
会長をカメナカさんにやって頂き、僕は「特命斥候キケボウズ」でお願いします。
斥候といっても敵を探るわけではないですよ(笑)
真理をついていて納得できる物を探す斥候という意味です。


ヤマトさん

フィル、想像以上に良いもののようですね。
僕も思うところがあり、さぞかしフィルはいいのだろうなあと思います。
思うところとは、僕の経験上ですが、2000年頃がいわゆるアナログな要素のオーディオの
ピークだろうと感じているからです。
それから、2005年くらいの機器からだんだんと音が薄くなり、音も遠くなり、ツマラナイ機器が
増えてきたと感じています。

なんか、いいですね。
フィルを買って17年間はそこまで意識をしてこなかったが、P3ESRやエジソンタップで黒子的な
要素を知ると、俄然フィルが輝いた感じで改めて嬉しいでしょうし、17年前にフィルに目を
付けて買った若い自分にも改めて納得。みたいな感じでしょうか?

荒神さん

エジソン、音が落ち着いてまとまるでしょう?
また、ただまとまるだけではなくて、音の上ずりが絶妙に上質にされて低音が音楽をつくる
印象です。
エジソンタップは見た目に怪しく、信じられない人にはとても信じられないでしょうが、僕らの
縁側に共感を少しでも出来る方こそ一度試して欲しいですね。
真空管システムのカメナカさん、シンプルトランジスタのヤマトさん、荒神さん、スイッチングの
僕んちと、様々なオーディオ環境でも効果がある事がわかりました。





2016/9/11 21:15  [1544-1624]   

キケボウズ さん  

2016/9/11 22:35  [1544-1627]  削除

ヤマトさん、こんばんは。

改めてヤマトさんの書き込みをじっくりと読み返してみました。

そうですか、DP‐500Mを手放す決意をされましたか。

益々黒子路線まっしぐらですね。

なによりも、実際に買って使ってみたヤマトさんがなによりもわかっていますよね。

2016/9/11 22:35  [1544-1628]   

 カメナカジジさん  

皆さん、こんにちわ。

皆さん黒子ステレオ調子良いようで素晴らしいですね。


キケボウズさん。

特に会長云々なんて決めなくても良いんですよ。
仕事がある訳でもないんですからこの件は曖昧にしておきましょう。
タップは黒子そのものでもありますし。

皆さんいいですよね(と、また決めつけちまった(笑))


ヤマトさん。

ところで、またお一人石川優子ファンが見つかりましたね。
結構ファンがいらっしゃるのかも・・・。

石川優子さんのはパーフェクトシングルの他にも黒子になるソフトが出たら教えて欲しいです。

2016/9/13 12:08  [1544-1630]   

 カメナカジジさん  

ヤマトさん、こんばんわ。

紙ジャケット仕様CDが音が良いのですね。

では、LPでも少しお気に入りの『ニュアンス』紙ジャケットをポチりましょうかね。
でもでも優子さん人気があるみたいでプレミア価格なんですねえ。

2016/9/13 18:36  [1544-1631]   

 カメナカジジさん  

ヤマトさん、こんにちわ。

ヤマトさんが良いというソフトなら間違いないと思ってるのにメタリストさんの縁側での確認作業誠に恐縮です。

この度発見された優子ファンsunachiさんの縁側にはカメナカジジも投稿したことがあるのですが、彼のアナログプレーヤーはデジタル貧者さんと同じ超弩級のLINNなんですよ。

私もちょっと訊いて(聴いて)みたいと思っていたのをヤマトさんが訊いてくださってありがたいです。

2016/9/14 14:52  [1544-1633]   

カメナカさん、こんばんは。

いつも我が縁側の盛り上げをありがとうございます。

僕が書く事を放棄している時でも、コンスタントにコミュ充(コミュニケーションが充実)さを
発揮して下さっていますね。

それと、僕はいつでもカメナカ団の斥候ですよ(笑)

2016/9/14 21:58  [1544-1634]   

 カメナカジジさん  

はキケボウズさん、おはようございます。

キケボウズさんの縁側使って好き勝手やって済みません。
キケボウズシステムは調子良いですか?
カメナカジジは今石川優子と共にモーツァルトヴァイオリン協奏曲と笠井紀美子がマイブームです(笑)


ヤマトさん、おはようございます。

恋愛孤独人LP聴いてみますと、私が持ってる優子LPの中でもまずまずかなと思える音なんですが、音が薄く少し霞がかかって音粒が見えない(聴こえない)んですわ。
声は暖色系で癖が無くて自然と言えば自然なんですが・・・。
やっぱりとりあえずニュアンス紙ジャケ買ってみますわ。
ありがとうございました。

2016/9/15 07:07  [1544-1635]   

 ヤマト猛さん  

こんにちは。

カメナカさん、こんにちは。

>ヤマトさんが良いというソフトなら間違いないと思ってるのにメタリストさんの縁側での確認作業誠に恐縮です。

>私もちょっと訊いて(聴いて)みたいと思っていたのをヤマトさんが訊いてくださってありがたいです。

いえ、私もsunachiさんのお話を聞いてみたいというのもありましたから。
でも、sunachiさんに直接お聞きするのも良いかも知れませんね。
カメナカさんの正体もばれてしまった事ですし・・・(笑)

>恋愛孤独人LP聴いてみますと、私が持ってる優子LPの中でもまずまずかなと思える音なんですが、>音が薄く少し霞がかかって音粒が見えない(聴こえない)んですわ。
>声は暖色系で癖が無くて自然と言えば自然なんですが・・・。

なるほど、カメナカさんのシステムだと、やはり、パーフェクト〜CDの方が、良いんですね。

>やっぱりとりあえずニュアンス紙ジャケ買ってみますわ。
>ありがとうございました。

プレミアムが、ついているので、おススメしにくいのですが、ニュアンスは、その中でも
低価格の方ですし、カメナカさんもお気に入りの様ですので、現在の選択としては最善かもしれませんね。

因みに私も、紙ジャケ盤CD全てをリアルで買ったわけではなく、
ほとんどを、後から、プレミアム付きで買っています。


キケボウズさん、こんにちは。

>フィル、想像以上に良いもののようですね。

>そうですか、DP‐500Mを手放す決意をされましたか。

はい、想像以上に良さそうです。
DP-500Mは、書き込みをした後、すぐにラックから撤去し、代わりにフィルが入りました。

ただ、一応、付け加えておきますが、フィルも良いですが、
ラックの移設作業をしている間、久し振りにマランツレシーバーを聴きましたが、やはり、良い音していますね。
あらためて、マランツレシーバーも負けていないなと思いましたよ。
タップを変えたりした効果も出ている様です。

また、時間に余裕ができた時に、レポートしますね。

2016/9/15 12:18  [1544-1636]   

 カメナカジジさん  

ヤマトさん、こんばんわ。

今『ニュアンス紙ジャケ』ポチりました(笑)

誰かに好きだねえって言われそうですね(笑)

届いたら試聴感想書きます。

ヤマトさんにはお手数掛けて申し訳なかったですね。

これからもよろしくです。

2016/9/15 17:14  [1544-1637]   

ヤマトさん、こんにちは。

なにか、立て続けに優子さんファンの方達とお知り合いになられたようですね。

共通の話題で盛り上がる事ほど楽しい事はありませんよね。


僕の方もですが、また一つオーディオの方で再発見がありました。
本物だと感じたらまた縁側にて書こうと思っています。

2016/9/15 20:10  [1544-1638]   

カメナカさん、こんばんは。

優子さんの紙ジャケ買われたのですね。
カメナカさんもパワフルですね。

僕んちも新たな試みをやっておりまして、なかなか音楽が弾んでおります。
音の角が丸いのに雄大に弾む、という、なかなかの音になっております(笑)

やっぱり我が家はクラシックのLPがヘビロテでしょうか?
ドビュッシー聴いたりチャイコフスキーを聴いたり・・・
昔買った盤たちが輝いてます。

2016/9/15 20:15  [1544-1639]   

 荒神聖院さん  

みなさん こんばんは
お久しぶりです

いろいろと忙しくって大変です
実家にいてるんで音楽も聞けてないです

家から好きなDVDをちょっと見て
気分転換ですね

そういえば…エジソンタップ
仰る通りでコタツは別の壁コンから電源をとってました

そんな影響あるんですね
あれは見るからに変化ありましたからね

それじゃ母親と一緒にテレビでも見て寝ます

明日は家に帰ってチビらと遊べます
楽しみっす

2016/9/15 20:34  [1544-1640]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、おはようございます。

最近、工事の音で、昼間に眠れず苦慮している、ヤマトです。(>_<)


カメナカさん

>今『ニュアンス紙ジャケ』ポチりました(笑)

お〜、まずは、第一弾行かれましたか。 優子さんの魅力がプレミアム価格に勝ちましたね。(笑)

>誰かに好きだねえって言われそうですね(笑)

既に、間違いなく、言われているでしょう。(笑)

>届いたら試聴感想書きます。
>ヤマトさんにはお手数掛けて申し訳なかったですね。

いいえ、別に大した事は、していませんよ、それに、自分の好きな事ですからね。(*^。^*)
『ニュアンス』は、ボーナストラックが、5曲も入っていますので、
アナログLP版とは、ある意味別モノと言っていいかも知れませんね。

因みにボーナストラックは、音が違う様に感じます。
ここに入っている、『デステニィー』アレンジが好きです。(『そう、何度も言うな!』ってか(笑))

それでは、試聴感想、楽しみにしています。


キケボウズさん

>なにか、立て続けに優子さんファンの方達とお知り合いになられたようですね。
>共通の話題で盛り上がる事ほど楽しい事はありませんよね。

そうですね。 こんな楽しい気持ちになれるのは、そうは無いですね。
自分の思いを常に発信し続けていたのが、良かったと思っています。(*^_^*)

>僕の方もですが、また一つオーディオの方で再発見がありました。
>本物だと感じたらまた縁側にて書こうと思っています。

『再発見』ですか、それは、何よりですね。
書き込み、楽しみにしています。(^_^)/

『再発見』と言えば、私の方は、DP-500Mをラインナップから外したので、
すかさず、DP-300FにDL-103を付けて、再生してみました。
私的には、付属より、圧倒的にこちらの方が、好みですね。

やはり、長い間、聴き慣れた音のためか、すごく安心して聴ける感じがします。
同じデノンですし、組み合わせ的にも多分十分考慮されているでしょう。
しばらく、これで、聴き込んで行きたいと思っています。


荒神さん、お疲れ様です。

>いろいろと忙しくって大変です
>実家にいてるんで音楽も聞けてないです

音楽聴けてなくて、大丈夫ですか?
私は、最近、音楽聴けないと、禁断症状が出そうな感じです。(笑)
それ程、今は、家で音楽を聴く時間が、楽しみでなりません。

>それじゃ母親と一緒にテレビでも見て寝ます
>明日は家に帰ってチビらと遊べます

私も今日は、母の所に会いに行こうと思っています。
荒神さんは、おチビさんとの時間を楽しみにされているんですね。
素晴らしいです!

2016/9/18 05:01  [1544-1642]   

皆さん、こんばんは。

やってしまった〜(-。-;
風邪をひいちまいました。

小学生の子供を持つ同僚が、子供から風邪をもらったと2、3日前より辛そうにしていたのです。
同僚はマスクをして気を使ってくださったっていたのですが、僕も疲れていたのでしょう、見事に
もらってしまいました。

とりあえず今は喉の痛みがひどいです。

皆さんも夏の疲れが出てくるこの時期、お身体を大切に。

2016/9/18 22:18  [1544-1644]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、おはようございます。

キケボウズさん

>やってしまった〜(-。-;
>風邪をひいちまいました。

やっちまいましたか〜。
季節の変わり目で、疲れが溜まっていると、風邪もひき易いですからね。

もう、ひいてしまったものは、仕方ないので、しばらく、無理をしないで、
ゆっくりと、優子さん じゃなかった、愛さんの歌声でも聴いて、身体を労わってあげて下さい。

日頃の酷使にからだが悲鳴を上げていた結果かも知れませんよ。
とりあえず、イエローカードの内に対処しておかないと・・・

それでは、お大事にして下さい。

2016/9/19 05:21  [1544-1645]   

 ヤマト猛さん  

あっ、そうでした、私の方も、この二日間ほどで、試した事がありました。

また少し、マイオーディオに変化が、現われそうな予感です。

ただ、今は、キケボウズさんもダウンしている様ですし、
もう少し検証を進めてから、こちらに書き込む事にしますね。

2016/9/19 05:29  [1544-1646]   

 カメナカジジさん  

おはようございます。

キケボウズさん。

それはいけませんね。

早く元気になってください。
そしたらスティング来日記念盤持って行きます。

2016/9/19 06:51  [1544-1647]   

皆さん、こんばんは。

いやあ、今回の風邪はしつこかったですね。
熱がドーンと上がるわけではなくて、のどの痛みと鼻水と軽い頭痛がずっとありました。
幸い食欲が落ちませんでしたから、仕事なども休むまでには重症化はせずに済みました。
今でもまだ軽い鼻づまりと、軽いのどの引っかかり感はありますが、もう治る気配がしています。


ヤマトさん。

またもや進展しましたか?

是非新たな情報を書いて下さいね。


カメナカさん。

スティングを早く聴いてみたいですね。
とても楽しみにしています。


今夜もまたマイ黒子システムで、名盤を堪能しております。
健康って素晴らしい。

2016/9/21 21:25  [1544-1648]   

 カメナカジジさん  

こんばんわ。

ヤマトさん。

ニュアンス紙ジャケ試聴しました。

パーフェクトシングルにもある曲は『涙のソリティア』(=この曲はLPにもあり)とボーナス・トラックの5曲ですね。

さて私の結論は・・・微妙にパーフェクトシングルに軍配を上げます。

何が違うかと言うと音圧です。
紙ジャケは音圧高過ぎでほんのちょっぴり平板になると言うか声の表情が乏しくなると言うか、なのです。

こういうのLPでもありましたね。
SN比を上げる為とか音質アップの特別性のレコードとか言ってハイレベルカッティングレコードが沢山出ましたが、総じて微妙なニュアンスが飛んでしまっててオリジナルレコードの方が良いじゃんってのがね。

今のCDも音圧上げ過ぎなのかも・・・。

2016/9/24 19:24  [1544-1656]   

 カメナカジジさん  

こんばんわ、ヤマトさん。

次にレコードと紙ジャケの対決(笑)です。

『涙のソリティア』は引き分けです。
この曲はパーフェクトにもあるんですが向上が殆ど無い!!
が、パーフェクトに軍配を上げます。
レコードはドンシャリが酷く声がシャリシャリヒリヒリしてていけません。
パーフェクトでもドンシャリ気味ですが歪感が減ってるので。
紙ジャケはオーバー音圧のためLPと低いレベルで肩を並べる(笑)

問題は2曲目『神々の少女』以降。
これはレコードに軍配を上げます。
優子レコードで唯一と言って良い低重心なのがこの『ニュアンス』でしかも2曲目以降は高音シャリシャリしてない!!
ただしレコードは乾いた音で優子さんの色気が十分出ないのが惜しまれる。
紙ジャケは重心が上がり音圧上がり過ぎなため『ニュアンス』のニュアンスが(笑)削がれちゃっててイマイチなんです。

紙ジャケは音圧をぐっと下げて再販すれば私は全部買うかも、です。

2016/9/25 18:16  [1544-1657]   

 荒神聖院さん  

こんばんは。

いろいろとお聞きになってるんですね。

また何か面白い音源あったら書いてみますね。

それではおやすみなさい。

2016/9/25 23:01  [1544-1658]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、おはようございます。

キケボウズさん

>またもや進展しましたか?
>是非新たな情報を書いて下さいね。

それでは、進展、というか現在、検討中の事を少し書かせて頂きますね。

結論から言いますと、パイオニアのD級アンプ、A-70を主とした、
パイオニア製品の導入を検討しています。

A-70は、デジアンで、割と速いアンプだと思いますし、駆動力もかなりある。
音色も私好みだし、おまけにフォノイコが、MM/MC両方ついています。

FILLで、丁度、パイオニアへのリスペクトも高まっていましたし、
A-70は、久しぶりに、パイオニアの渾身の逸機と言われていたようですから。

それなりに物量もかけているようで、それが、出音にどう出るのか?
黒子オーディオに関しては、それが、どうなのか私には、分からない状態でのトライです。(^_^;)


遡っての説明というか、キケボウズさんとここでお話する様になる少し前のマイシステムですが、
実は、自部屋は、スピーカーLS50にパイオニアのA-70、PD-30、N-50(NWP)というセットで鳴らしていました。

そして、リビングは、FILLが、壊れた(と思っていた)あと、オンキョーレシーバーを挟んで、
当時、センソール1をデノンの390、755、720(NWP)というセットで、鳴らしていました。

今から思うとなんて健全なシステムを使っていたんでしょう。(笑)

自部屋のパイオニアシステムに大きな不満は、無かったのですが、AVアンプが同じパイオニアのデジアンだった事もあり、『自室で、デノンの濃い音も楽しんでみたい』なんていう
遊び心が少し働いて、自部屋とリビングのセットをスピーカー以外入れ替えたのです。
これが、そもそも沼に嵌まった始まりでしたね。(笑)

ところが自室に持って来たデノンシステム。
390、755のセット自体は、結構、気に入っていたのですが、私にとってファイル再生の主力であるNWP720が、トラブル続きで、全く実用にならない。

デノンには、他のNEPの選択の余地はなかったので、仕方なく、
当時、鳴り物入りでデビューしたマランツのNA8005に変えた所、出音が激変。
この事を起点にして

じゃあ、アンプ変えたらどうなる?、390→L-505uX、
CDP変えたら?755→マランツSA14S1
という感じで推移してきました。

そして、キケボウズさんと知り合い、自部屋にP3ESRを導入した後、
LS50をリビングに移し、センソール1を処分。
リビングのパイオニアのセットは、そのままです。

それで、何を言いたいかと申しますと、多分、私、パイオニアの音って、好みなんですよ。
デノンもあれはあれで、良いと思うのですが、普段、毎日長く聴くには、
私には、パイオニアの透き通った音の方が、合っている様に思うんです。

キケボウズさんに教えて頂いた、マランツレシーバーという信頼できるエースがいるので、
その一方で、最近は、より自分の好みやオリジナリティーを出したシステムが、組めないかな等と
考えを巡らせています。

まあ、実際にパイオニアシステムを今のシステムに繋いだりしてみましたが、
例えば、NWPのN-50は、古いタイプなので、今となっては、どうも使い勝手やアプリ対応の面で、今一、今の所、圧倒的にNA8005に軍配です。

等々、一筋縄では、行きませんね。

因みに少し調べてみたら、パイオニアから、こんな単品のネットワークCDレシーバーなるもの(NC-50)が、
まさに今、発売されているようです。

http://pioneer-audiovisual.com/component
s/networkaudio/nc-50/


『お〜、今の私にピッタリかも』とか思いながら見ていました。
これ一つで、全て賄えるなら、何よりですからね。
ただ、欲を言えば、例によって、トーンコントロールつまみが、ない。(>_<)
これは、A-70に軍配ですね。

同じ様に小型のレシーバーもあるみたいです。

http://pioneer-audiovisual.com/audio_sys
/highres_minicompo/xc-hm86/



今は、こんな感じで、オーディオ弄りを楽しんでいます。
まあ、気長に構えて行きたいと思っています。(^_^)/

2016/9/26 09:22  [1544-1662]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、こんにちは。

カメナカさん

紙ジャケ『ニュアンス』聴かれたんですね。

>さて私の結論は・・・微妙にパーフェクトシングルに軍配を上げます。

これは、紙ジャケCDもまあまあだったという事で、よろしいんでしょうか?

>何が違うかと言うと音圧です。
>紙ジャケは音圧高過ぎでほんのちょっぴり平板になると言うか声の表情が乏しくなると言うか、なのです。

それとも、イマイチだったんですかね?

なんかカメナカさんのコメントの『ニュアンス』が分からずにいます。(笑)


マイシステムでも、よく言われている最近のJ-POPの中で、(特にアニメモノなどに)ちょっと、音圧上げ過ぎで、ボリュームを上げて聴きたくなくなる様な場面はあったりしましたが・・・

自分は、優子さんの紙ジャケCDに関しては、この点は、今まで、あまり気になった事がありませんでした。

カメナカさんが、この様にコメントされていたので、いつも聴いているファイル再生でなく
念のため、CDを聴き直したりしましたが、普通に聴いている分には、特に気になったりはしませんでした。(^_^;)


>問題は2曲目『神々の少女』以降。
>これはレコードに軍配を上げます。

>優子レコードで唯一と言って良い低重心なのがこの『ニュアンス』で
>しかも2曲目以降は高音シャリシャリしてない!!
>ただしレコードは乾いた音で優子さんの色気が十分出ないのが惜しまれる。
>紙ジャケは重心が上がり音圧上がり過ぎなため>
>『ニュアンス』のニュアンスが(笑)削がれちゃっててイマイチなんです。

この部分は、私もなんとなく分かります。
カメナカさんのシステムで、LPを聴かせて頂いた時、低音が、ばっちりと心地良く
且つ楽しいほどに効いていて『なるほど、優子さんの曲でも別の楽しみ方があるのだな』と
感じた事を思い出します。

多分、CDだとその辺の表現が、乏しくなっているのだと思います。

あと、カメナカさんのお話を聞いたりして、『ニュアンス』のプレミアム価格が、
他のアルバムに比べて、高くないのは、
もしかしたら、こういう所に要因があるのかも知れないと思いました。
(LPより俄然CDの方が良いという方が少ない?)


>紙ジャケは音圧をぐっと下げて再販すれば私は全部買うかも、です。

そうですね。
紙ジャケCDにしても、現在では、ほぼ全てがプレミアム価格になってしまっていますし、
是非、音質改善をし、適正価格で買えるように再販してもらいたいですね。(*^_^*)

2016/9/28 15:18  [1544-1663]   

キケボウズ さん  

2016/9/28 21:54  [1544-1665]  削除

ヤマトさん、こんばんは。

素晴らしいオーディオ遍歴をお持ちですね(笑)

特に、デノンの廉価機は素晴らしい音楽を聴かせる性能を持っているのですが、上位機への
興味を持たせる目的なのか、絶妙にかゆい所に手が届かない風な音づくりなんですよね(笑)

個人的には、PMA390REあたりをもう少しパーツを奢り、駆動力や筐体はそのままに、音の純度だけを
上げたモデルを出して欲しいですね。

話しが脱線しましたね。

パイオニアは昔から好印象なメーカーですよ。
なんとなく、「耳の良いメーカー」って印象です。
ご紹介して下さったレシーバーも良さそうですね。
そんな機器一つでマイオーディオを完結させられたら、さぞかしスマートですね。
メーカーの方もですが、単品機器を販売するかたわらこのようなオールインワン機器を
出してくれている事に好感が持てますね。

また選択肢が増えましたね。

2016/9/28 21:56  [1544-1666]   

カメナカジジ さん  

2016/9/30 22:27  [1544-1667]  削除

 ヤマト猛さん  

こんばんは。

キケボウズさん

>素晴らしいオーディオ遍歴をお持ちですね(笑)

はい、素晴らしい遍歴でしょう?(笑)

>特に、デノンの廉価機は素晴らしい音楽を聴かせる性能を持っているのですが、上位機への
>興味を持たせる目的なのか、絶妙にかゆい所に手が届かない風な音づくりなんですよね(笑)

まさに、そうですね。
J-POPやK-POPなど、濃ゆい音で、躍動感も有って、聴いててすごく楽しいんですよ。
だけど、ピアノとかバイオリンなんかを聴くと『あれれ?』みたいになっちゃって…
オールマイティーとは、言い難かったですね。
(残念ながら、私は、デノンの思惑通りの上位機には、行きませんでしたが…)


>パイオニアは昔から好印象なメーカーですよ。
>なんとなく、「耳の良いメーカー」って印象です。
>ご紹介して下さったレシーバーも良さそうですね。

お〜、キケボウズさんもそう思って下さいますか?
新生パイオニアになって、どの様になったのか。
フルサイズのオールインワンって、今までなかったと思うので、
今後の動向に注目ですね。

小型の方は、現行品のHM82というやつが結構、評判良さそうですね。
新型のHM86になって、高音質パーツを使用との事ですが、
それが、出音にどう出るのか?
黒子方向に行けば良いのですが…

前述しましたが、使い勝手の面で、N-50がボツですので、暫くはA-70+NA8005の体制で
行こうと思っていますが、今後は、A-70と組み合わせる、N-70Aもしくは、N-50Aの単品を追加するか、それこそ、上述の様なレシーバーに入れ替えすると思います。

2016/10/4 01:01  [1544-1669]   

キケボウズ さん  

2016/11/13 01:19  [1544-1715]  削除

久しぶりに洋服を一新(o^^o)

体型が変わって来てるのと、また世間の流れも変わって来ているという事で、実に5年ぶりに私服を買い換えました。
いやあ、最近はラクなパンツが増えましたね。
僕みたく、パンツのラインにはこだわりたいけど、腹回りが苦しいのはいやな人が増えてるのでしょうか?ストレッチ素材のパンツが増えていますね。
綺麗目なネイビーチノと、スキニーカーゴをゲット。
アウターも買いましたよ。
中綿入りのライダースジャケットも衝動買い。
もっと寒くなったら、トレンチコートとゴツいダッフルコートも欲しいな、あとは黒いブーツか。

おしゃれは楽しい。

2016/11/13 01:20  [1544-1716]   

最近の出費

「時計が好き」というスレッドで紹介した、セイコーの自動巻腕時計をオーバーホールに出してすぐ、今度は愛車デミオのエンジンルームから異音。
修理屋さんに聞いてみると、ファンベルトのテンショナーがガタガタになっていて、中のベアリングが磨耗して異音がしてるとの事。まだまだデミオには乗りたいので、修理に出しました。

腕時計が修理より上がってきて、スムーズな動作音を楽しんでいます。
この冬はこのダサかっこいい腕時計を使い倒すぞ。

次いでデミオも退院、とてもエンジンルームの音が静かになってました。

直す楽しみもなにかいいですね。

2016/11/23 23:20  [1544-1728]   

キケボウズ さん  

2016/11/30 00:02  [1544-1736]  削除

タワレコの思い出

若き頃のフリーター時代、バイトしてたところのすぐ近くにタワーレコードがありました。
なんでもこのタワレコ、日本出店一号店なんだとか。そのせいかとても広いフロアでした。
クラシックやジャズやロックの輸入盤の在庫が豊富で、マニアックなレーベルのCDもありましたね。
当時の僕はこのタワレコに暇があれば通っていました。

当時は今ほどSNSもふきゅうしてなかったし、スマートフォンなんかありませんでしたから、いい盤の情報なんか自分の勘で探すしかなかったですねえ。
加えて輸入盤ですから、特にクラシックなんかはドイツ語や英語は当たり前で、時にはそれら以外の国の盤もあったと思います。
それらの文章やらジャケットの写真やらから、中の音楽の雰囲気を読み取ってジャケ買いしてました。
ごくたまーにハズレをひく時もありましたが(笑)
基本的には当たりの盤を選ぶ事が出来ていたと思います。
今でも手持ちのCDコレクションの半数は当時タワレコでジャケ買いしたものですが、愛聴盤です。

まよったらジャケ買い、オススメですよ。

2016/11/30 00:10  [1544-1737]   

 荒神聖院さん  

みなさん

こんにちは

今年もお世話になりました
ありがとうございます

よいお年をお過ごしくださいね(^_-)-☆

2016/12/31 13:05  [1544-1761]   

皆さま、明けましておめでとうございます。

2017年もまたよろしくお願いします。

2017/1/1 22:58  [1544-1762]   

キケボウズ さん  

2017/1/3 00:15  [1544-1766]  削除

昔ちょっと縁側で書いた事なんですが、最近考えに自信がつきましたので、再度書きます。

皆さんは他人にオーディオを聴かせる時など、部屋を大掃除し「これぞ鳴る!」という愛聴盤を音量高めで聴かせつけてはいませんか??

俺の経験上、こう言った心理状態、どや心理では駄目なケースが多いです。

掃除なんかしなくていいんです。したとしても普段自分が座っている周辺をサラッと掃除機をかけるとか、コロコロでゴミをとるくらいでいい。ましてや、オーディオ機器周辺なんか構わない方が良いと思います。なぜなら、知らず知らずに溜まった綿埃などが、絶妙に音調を整えていてくれている事があるからです。

そして再生するソースも、訪れてくれた方がお持ちしたソースしかかけず、音量の選択も訪れた方に託す。これくらいの腹づもりが据わっていないと、有意義なオーディオ聴かせあいにはなりません。

自分の最良の音を聴かせつけるのではなく、自分の普段の音を聴いていただく、これくらいの心がまえでやると、不思議とお互いに実のある訪問になると、俺は思っています。

2017/1/9 21:56  [1544-1768]   

キケボウズ さん  

2017/1/24 06:46  [1544-1775]  削除

 ヤマト猛さん  

皆さん、こんばんは。 

寒中お見舞い申し上げます。 ご挨拶が遅れて申し訳ありません。
久し振りの書き込みになります、ヤマトです。

実は、年末12月に母が亡くなってしまいました。
天寿は、全うしていましたし、いつお迎えが来てもおかしくないと覚悟をしていたとはいえ
何か信じられないというか、もっと言うと、信じたくない感じでしたね。

先日、四十九日の法要、納骨を終え、とりあえず一息ついた感じです。

そんな中でも、やはり音楽を聴く事は、頻度こそ減れ、続いていますね。
今は、ジャスの名盤と言われているアナログレコード等を少しずつ買ったりしています。


キケボウズさん

デンオンコンポは、益々快調の様ですね。
既にオーディオ機器の事に関心が行かない所まで到達している様で、素晴らしいです。

私の方は、以前、断舎離を始めたとお話したかと思いますが、、母の遺品や部屋の片づけをしつつ、
もっとより快適に暮らせる様にモノを減らさないといけないなあと改めて思いました。
(もちろん、これは、オーディオ機器に限らずですが…)
私の場合、オーディオに関しては、少し他の事とバランスを取る必要があるなと思いました。
(まあ、前から自分でも分かってはいたので、『強く思いました』という事で…(笑))

これから、ぼちぼちと考えて行きます。

ただ、音楽は、これからも多分聴き続けて行くでしょうし、
この縁側でのキケボウズさんのソフト紹介は楽しみにしています。


それでは、皆様、本年もよろしくお願い致します。

2017/2/6 20:44  [1544-1786]   

 カメナカジジさん  

ヤマトさん、こんばんは。

ヤマトさんの書き込みがだいぶ無かったので何かあったのかなと心配しておりましたが、母上様が亡くなられたのですね。
ご冥福をお祈り申し上げます(合掌)

私も11年前に母を亡くしております。
いずれ来る別れとはいえ単なる悲しさとは違う儚さみたいな寂しさを感じましたね。

ヤマトさんも同じような心境になられたのではないかと思いますが、前を向いて行くより仕方ないので早く平常心になられるようこの場所(キケボウズさんの縁側なので厚かましいですがお許しを)に気軽に書き込みくださいね。


私のステレオも今絶好調の黒子です。
機会がございましたら是非また石川優子さんを聴きにおいでください。

今年もよろしくお願いいたします。

2017/2/6 22:28  [1544-1787]   

ヤマト猛さん、お久しぶりです。

ご心中お察し致します。

ここ一年程でしょうか、ヤマトさんとお母さまとの事についてちょくちょくこの縁側に書いて下さってましたよね。施設に入所された事とか、お見舞いの事とかです。

ですから、ヤマトさんの母を思う気持ちでお母さまは満たされた気持ちでずっと過ごされて来たと思います。

なんていうか、書き込みがまとまりませんが、ご報告をありがとうございます。

2017/2/7 09:25  [1544-1788]   

 荒神聖院さん  

こんばんは

ヤマトさん

大変でしたね

私も現在認知症の母親と一緒に実家で生活しています

結構大変なんですよね

特養などの施設で働いたこともあり

生活を支えるという楽しさと厳しさを何度も味わいました

関わって頂いた方々すべてが私の教師です

大体のことは覚えています

現実にヤマトさんとはお会いしたことはないですが

そんな経験をされたことを私は今後も覚えているでしょう

人は死に行く定めですが

ちょっとでも

よかったなぁ

そう言われたい一心で介護に携わりました

すこしゆっくりしましょうね

まだまだ生きてゆかねばならないのですから

固くなりましたね

すいません

こんなものでもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=e1Ug7BCW
Elc

2017/2/7 19:16  [1544-1789]   

キケボウズ さん  

2017/2/14 23:50  [1544-1796]  削除

 カメナカジジさん  

皆様、こんにちわ、お久しぶりです。

この冬はちょっと怪我しまして18日間入院の憂き目に会いました。
その間ステレオを聴けずじまいでしたので、退院してからその分取り返さんとばかりに聴きまくってましたが、そんな時思いがけない方から私のステレオを聴きたいとの連絡があり、半月ほど前に早速おいでいただきました。

私の手持ちソフトのリヴィングステレオの中からルービンシュタインのショパンやジャズフュージョンのフォープレイやマイルスなどを聴きました。

その方はピアノ調律師なのですが、近年の録音のピアノ音はクリアだけれどふくらみが不足気味で、古いルービンシュタインの方がちょっとセピア色の音だけれどふくらみがあって良いとのことでした。
また、CDはやはり欠落してる音があるそうでレコードの方が情報量が多いと言ってました。

私のステレオの音の感想ですが、ソースに記録されてる全てを余すことなく自然に鳴らしてる感じだそうです。
弦の音も良いなあと言ってました(この辺がJBL的じゃないと思われたのかも?)

ピアノの調律はそれぞれ周波数を合わせるのは当たり前だそうで、そこから先の演奏者の要望(例えば明るい音にとかしっとりした音にとか厚みのある音にとか)に応えて行くのが調律師の腕の見せ所だそうで、近年はそういう腕(耳とノウハウ)の無い調律師が増えてるそうです。

ともあれ良い耳を持ってる調律師を満足させる音楽を聴かせてあげられたのでホッとすると同時に自分のステレオ音にちょっと自信を持つことが出来た一日でした。

2017/3/25 16:58  [1544-1807]   

カメナカさん、お久しぶりです。
せっかく書き込んでもらったのに、言い訳がましいですが、年度末の定期異動やら引き継ぎやら、夜の宴などが続いていて、なかなか落ち着いて書き込みができないでいます。

なにはともあれ、退院おめでとうございます。
よかったですね。

俺の方も、また慣れ親しんだ仕事に戻れますから、きっと公私ともにもっと充実すると思います(笑)
またよろしくお願いします。

2017/3/28 13:42  [1544-1808]   

キケボウズ さん  

2017/6/7 17:16  [1544-1810]  削除

キケボウズ さん  

2017/6/7 17:15  [1544-1811]  削除

キケボウズ さん  

2017/6/7 17:15  [1544-1812]  削除

キケボウズ さん  

2017/6/7 17:15  [1544-1813]  削除

30代も半ばを迎えたら、日々の生活習慣と気持ちで顔も身体もつくられていくと思う

俺も学生時代は運動でならした方で、そこそこの上位の大会に出場できるレベルだった。
それに過信していたのか、20代、特に20代前半は身体を粗末にし過ぎていた。
強いタバコをチェーンスモークし、連日の夜更かしに偏食。コンビニのファーストフードや油ごってりの濃い味のラーメンを一日一食!という凄まじい生活を送っていた。
まあ、収入も限られていて貯えも僅かだったのだが(苦笑)
典型的なビンボーやさぐれ生活を送っていた。

そんな俺だったが24歳の冬にちょっとした転機が訪れた。タバコを止めたのだ。
理由は簡単。当時思いを馳せていた女子に「タバコくさいし老けて見えるし、オッサン臭がする」
と、一蹴されたのだった。
これには落ち込んだ。落ち込んだしそれと同時に世間ではじわじわと禁煙ブームが始まってきている風を感じた。
こうなると俺は強い(笑)
2004年のクリスマスイブ。信号待ちで愛煙していたマイルドセブン・ライトが切れ、その時にタバコに縛られている自分を再認識し、自分にどうしようもなく腹が立ち、そこで止める決意をした。
以来13年近く一本も吸っていない。

タバコを止めて3日経ち、一週間経ち、一か月も経ってみると、今度は自分の身体の緩さと、長年のヤニに侵された心肺を綺麗にしたくて仕方なくなってきた。
そして7年ぶりにスポーツ店に行ってみた。とりあえずウオーキングから再開してみようと。
ジョギングシューズを買い求め、近所を歩いたり時に走ってみたり。
そんな習慣は31歳までの6年ほど不定期で続き、おかげさまで大きな体重の変動や体系の変化は免れることが出来る習慣を身につけられたようだった。

2017/8/13 23:01  [1544-1824]   

子供の頃好きだったものは、やはり大人になっても好きなのだ。

小学生の頃、親にラジカセを買ってもらって音楽を聴きまくってテープをダビングしまくった
=オーディオが好きで今はシスコンで遊んでいる

中学時代はロードバイクを足にしていて、かつスキー部だった
=夏はクロスバイク、冬はアルペンスキー

高校時代は自炊とお洒落に目覚めた
=今に至る

おそらく、身体の自由が利く限りこのまんま老いていくのだろう。

2017/9/28 23:18  [1544-1845]   

キケボウズ さん  

2017/11/8 19:18  [1544-1853]  削除



ビユテフル

タグ:

「フルオートレコードプレーヤーで楽しむ往年のLP名盤の2」になります。

デノンDP-300Fでレコードを楽しむスレです。
簡単便利でいて音が良い事がこのプレーヤーのウリですが、どうもカートリッジやフォノイコの
導入などで、益々再生音が冴える可能性を感じてきました。

そんなことを書き残して行きたいと思います。

2016/7/23 06:16  [1544-1476]   

ヤマトさん、おはようございます。

ヤマトさんもパワフルですね(笑)
AT-F7といったややお高めのカートリッジや、合研ラボさんのフォノイコまで導入されましたか。
でも僕は、すごくこの考えもアリだなと思いました。
おそらくDP-300Fの資質が良いのでしょう、だから良いカートリッジやフォノイコを導入する
価値がありそうですね。

ヤマトさんのこれからの経過リポートを楽しみにお待ちしております。

2016/7/23 06:30  [1544-1477]   

RCAプラグのアタッチメントは、これです。

これは、ヤマト猛さんの今朝の書き込みになります。
スレがいっぱいになってしまっていて書き込みができなくなっていたものですから。
他のスレッドにヤマトさんが書いて下さったものです。
ヤマトさん、勝手にこちらに移してすいません。
僕が返事を書きやすくするためにこうさせていただきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キケボウズさん、おはようございます。

そうそう、大事な事を忘れていました。
今回アップされた大塚愛ちゃんの写真、かわええですね(笑)

でもって、この写真を見ながら改めて、愛ちゃんの『 愛 am Best 』を聴いてみました。

う〜ん、ビジョアルも意識しているせいか、この前聴いた時より更に歌声の可愛さが増してるかも?
これは、私の優子さんパターンですなあ。
(それにしても『黒毛和牛〜』とか、ちょっと、反則ワザ使ってないですか?(笑))

冗談は、さておき、実際、前のLS50の時も経験したのですが、アナログレコードを再生するとスピーカーの出音の深化が進むような気がするんですよね。

なので、ボーカルモノとか聴くとより生々しさや説得力が増して聴こえたりしているのではないのかと…

まあ、事の真偽はともかくとして、結果、オーライと思います。


それとプラグのアタッチメントは、キケボウズさんが言われていた様なもので、それが、1本づつに分かれているタイプのモノです。

今回、AT-F7の出音は、ケーブル間に外部フォノイコを使っていて、このアタッチメントの影響を受けてないという事も言えるかも知れません。

そう言った意味からは、(AT-F7の出音が、バッチリだったので、今の所あまり積極的にやる気は、していませんが)MMカートリッジを使って、DP-300F内蔵フォノイコをスルーして、合研ラボのフォノイコを使ってみるというのも確認してみる必要が有るのかも知れません。

ただ、以前、ソニー赤白の3mとゴッサム3.5mをアタッチメントを介せず、直接、CDPからアンプに繋いで聴き比べた時も同じ様な傾向でした。
そんな事から、アタッチメントの影響が多少はあるにしても、それが、決定的になっている可能性は少ないと判断しています。
また、仮にアタッチメントの影響が大だとして、それを防ぐのに外部フォノイコが有効だとしたら、
結局、カートリッジは、MMでもMCでもどちらでも良いわけですから、自分の好みのモノを使えば良いという事になります。

なので、今の所、好感触のAT-F7をしばらく聴き込んでみようと思います。
ちなみに今回AT-F7用にDP-300F専用シェルは、用意したので、付属カートリッジとシェルごと。すぐに付け替えられる状態にはあります。
デジタルの針圧計も持っていますし。(^_^)/
まあ、昨日の今日ですから…

それでは、今日の所は、この辺りで。
また、よろしくお願い致します。

2016/7/23 06:38  [1544-1478]   

ケンプによるシューマン

早速ですが、レコードプレーヤーのカバーを閉めたままレコードを再生してみました。

今更ながら、驚きの密度で鳴っております(笑)
ケンプによるシューマンのピアノ曲を楽しんでおりますが、壁面全体からピアノの濃厚な音が
軽やかに響いてくるではありませんか。

今までの僕んちでのLP再生の、いわば過剰な音場感はカバーが盛大に共振して造られた音場だった
んだと、今更ながら気がつきました。

新しいLPの楽しみ方を覚えました。

2016/7/23 07:41  [1544-1481]   

ヤマトさん、こんばんは。

そうですか、愛ちゃんの『 愛 am Best 』を聴いていただいたのですね。
というと、まさか、わざわざ愛ちゃんのアルバムを購入なさったのですか?
そこまでして頂いてありがとうございます。
とくに3点セットを通して聴くと、ただの“かわええだけの歌手”ではないと思いませんか?
歌唱力があるとか歌がうまいとかでは無いんですが、恋愛に気持ちを込めて歌って、その様を
表現しているのが凄いウマいんですよ。

まあ、『黒毛和牛〜』のように、狙いが露骨すぎる曲もたまにあるのが事実ですが(笑)
そんな事に気付いても、まだ可愛いと思わせるのが彼女の凄さかなと思っています。

どの曲も名曲だとは思いますが、『金魚花火』と『プラネタリウム』はいつ聴いても心が熱くなります。
とにもかくにも、共感して頂いてありがとうございました。嬉しかったです。


>アナログレコードを再生するとスピーカーの出音の深化が進むような気がするんですよね。

この事ですが、僕も以前から感じておりました。
なんとなくですが、より音楽が深くなるというか音楽の陰影が濃くなるというか、音楽の
表情が細やかにかつダイナミックになるんですよね。
カラフルさと馬力感が伴うというか。
おそらく、CDでは到底出ない領域の低域が出ている事で、スピーカーそのものを揺すっているのかも
ですね、それでこなれ方に拍車がかかるのかも知れません。
それと、CDでは出しえないレコードの音楽の流れのスムーズさが、スピーカーをより深い段階で
鳴らしてくれている事で、より深くスピーカーの馴染みがすすむのかも知れません。


アタッチメント、それ程害がなさそうですね(汗)
驚かせてしまったようですいません。

外部フォノイコにMCカートリッジ、ゴッサムのケーブルなど、様々な組み合わせでまた遊べますね。
また、色々と検証も出来るかと思います。

また何か、感じた事などありましたら、またいつでもいらしてください。
楽しみにお待ちしています。

2016/7/23 21:55  [1544-1482]   

右下より時計回りに、アッカルド、コーガン、ショルティ、ケンプ

引き続き、カバーを閉めた状態で様々なレーベルのレコードを聴いて楽しんでいます。

グラモフォン、デッカ、EMI、フィリップスなどを聴いていますが、それぞれの美音がたまらん
ですねぇ(笑)

僕は国語力が乏しいですから、それぞれの盤の聴きどころを書き連ねる事は難しいですが、
どの盤をかけてもゾクゾクと、時には鳥肌をたてつつ名盤を堪能しています。

本当にこれらの盤と出会えてよかった。

2016/7/23 22:15  [1544-1483]   

 ヤマト猛さん  

こんばんは。

キケボウズさん

新しいスレ立て及び私のレス移動、ありがとうございます。
ご推察の通り、昨日は、レス一杯で書き込めず、『ま、こっちで、いいか?』でやってしまいました。
お手数お掛けしました。

>AT-F7といったややお高めのカートリッジや、合研ラボさんのフォノイコまで導入されましたか。
>でも僕は、すごくこの考えもアリだなと思いました。

お〜、この様に言って頂けますか。 ありがとうございます。
ちょっと、意外というか、流石、変わり者ですね。 私と同じで。(笑)

昨日は、内容をかなり端折っている部分が有りましたので、今日は、その補足もして行きますね。

まず、合研ラボのフォノイコですが、これは、2年程前に導入したもので、以前からDP-500Mに使っていました。
そして、AT-F7は、メタリストさんの縁側で、デジタル貧者さんに相談等をして、実は、DP-500Mに使おうと思って、注文したモノです。
前述しましたが、DP-500M+DL103の出音が、少し面白くない様に感じたりしていたので、カートリッジを変えてみようかと思っていたんです。
いっその事、将来的にもAT33系までにしようかなとも思ったのですが、現状DP-500Mには、オーバースペックではないかという懸念と、AT-F7でも充分新しい設計としてDL103との違いが感じられるだろうと結論づけました。

当初の構想では、DP-500M+合研フォノイコ、そして、DP-300Fは、MMカートリッジを内蔵フォノイコを使っての2系統体制にしようと思っていました。
そして、行く行くは、DP-500Mを売って、少なくともリフトアップが後付けのできる上級プレーヤーに買い換えようかなと。

ところが、まず、DP-300Fが、付属のカートリッジだと、私のメインソースである女性ボーカルが、どうもイマイチ。
でも、これは、カートリッジを変える事によって、自分の好みに持って行けそうと思い、手持ちを含めて、3種程、MMカートリッジを選び付け替えてみました。
そうした所、付属のカートリッジより、私の好みに近づいたモノもありました。
しかし、音質は、其々違いますが、付属カートリッジと圧倒的な差というものは感じませんでした。
本当は、この比較的廉価なMMカートリッジの中で、『これは!』というのを見つけて、キケボウズさんに報告したかったのですが…
それで、
>自信を持っておススメできるモノが見つかったら、こちらでもご報告しますね。
位までしか、言えませんでした。

そうした所、このレスのすぐ後に、発注して、中々届かなかった、AT-F7が、うちに来たんです。

DP-300Fは、使い勝手も良いし、DP-500Mの寝落ち対策ができない以上、とりあえず、メインで使いたいのは、DP-300Fの方だし、MMカートリッジで、決定的なモノが見つかってないから、『当初の構想は別にして、とにかく、先にDP-300Fにつけて試してみよう』と思ったのが今回の経緯です。

まあ、何でもやっちゃえ的な…(笑)


でも、キケボウズも言われていますが

>おそらくDP-300Fの資質が良いのでしょう、だから良いカートリッジやフォノイコを導入する
>価値がありそうですね。

これ、あると思うんですよ。 私も感じていたんです。
それに、AT-F7って、自重も5.0gと軽いし、DP-300Fのストレートアームに合うんじゃないかって…
レビューでも音が前に出てくるとか躍動感があるみたいなイメージでしたし。

結果、試してみた、自分でビックリで、これは、レベルが違う!

レコードを聴くのが楽しくなりました。
操作も簡単、寝落ちしても安心、言う事ないです。

今日は、特にCDとして聴いてイマイチと思っていた、70年、80年代の手持ちのレコードを感動して何枚も聴き入ってしまいました。
P3ESRから濃ゆい音がバンバン飛んできましたよ。
お〜、なんて力強い!
現時点では、DP-500M+DL103より、圧倒的に楽しいです。

『DP-300F+AT-F7で、もう、いいんじゃない』みたいな感じです。

まあ、今は、ちょっと興奮気味ですから、少し落ち着かないとですかね。
これからじっくりと今後の構想を練り直したいと思います。

実は、この様な急遽の予定変更だったので、前述したように、少し良さそうと思っていたMMカートリッジを内蔵フォノイコではなく、外付けフォノイコで聴いてみるとかは、全く検討していません。
本当は、試してみるべきだとは思うのですが、『それは、今は、いいかな』と思ってしまう自分もいます。

まあ、あせらず、じっくりで良いですね。

2016/7/24 04:42  [1544-1485]   

 ヤマト猛さん  

キケボウズさん、おはようございます。

>そうですか、愛ちゃんの『 愛 am Best 』を聴いていただいたのですね。
>というと、まさか、わざわざ愛ちゃんのアルバムを購入なさったのですか?
>そこまでして頂いてありがとうございます。

ごめんなさい、残念ながらレンタルでございます。
ご存知の通り、私は、専らファイル再生なので、最近は、ほとんどレンタルですましてしまう事が多いです。
レンタルになくて、どうしても聴きたいものだけ買うスタイルですね。
『まさか』までは無かったです。(笑)

>そんな事に気付いても、まだ可愛いと思わせるのが彼女の凄さかなと思っています。

そうですね。
思わず、『こいつ〜』とかやって、笑ってしまいそうです。←(古くて分からないですかね?)


>どの曲も名曲だとは思いますが、『金魚花火』と『プラネタリウム』はいつ聴いても心が熱くなります。

さすがにベストだけの事はありますね。
良い曲が揃っています。
歌詞の情景、シチュエーションが浮かび上がってくる様で、それが、愛ちゃんのビジョアルと重なって、また可愛ゆく思って、たまらなくなって来るんでしょう?


>おそらく、CDでは到底出ない領域の低域が出ている事で、スピーカーそのものを揺すっているのか
>ですね、それでこなれ方に拍車がかかるのかも知れません。

あ〜、そうなんです。 思い出しました。
LS50の時、サランネットがないので、レコードを再生するとウーハーが、ブルブルといつになく大きく震えているのがもろに見えたんですよ。
『気になる様なら、サブソニっクフィルター使ったら』って言われたんですけど、L-505uXには、付いてなかったんですよ、上級機には、ついてるんですけど。(^_^;)
で、(多分、スピーカーが深化して)結果、オーライでした。


>アタッチメント、それ程害がなさそうですね(汗)
>驚かせてしまったようですいません。

いいえ、気になる事は、小さな事でも、遠慮なく言って頂いた方が良いです。
色々と参考になりますし、私もそれが、さらに疑問に思った時には、再度、聞かせて頂きますから。


>また何か、感じた事などありましたら、またいつでもいらしてください。
>楽しみにお待ちしています

はい、また、よろしくお願い致します。

2016/7/24 05:21  [1544-1486]   

カメナカジジ さん  

2016/7/25 18:24  [1544-1487]  削除

 カメナカジジさん  

ヤマトさん、こんばんわ。お久しぶりです。

DP-300F導入されたのですね。しかもAT-F7も・・・すごいです。

カメナカジジは30年以上アナログ機器の変化皆無です。
カートリッジも30年以上DL-103のみ。
以前は10種以上もカートリッジ持ってたんですが、今は空っぽのカートリッジ・ケースが2個残ってるだけ(笑)
103は物足らぬ飽きたと仰る方が結構いらっしゃいますが、103はカメナカジジの感性にフィットしてるんでしょうかねこれが最もカートリッジを意識させない黒子カートリッジなんですわ。

ソフトに素直に寄り添ってくれ、例えばキケボウズさん所有のビンテージLPメサイアはこの上なく優しく祈りの音を聴かせてくれますし、クライバー指揮魔弾の射手やウィー・ウォント・マイルス(いずれも輸入盤)など鮮烈に力強く迫ってきます。
マイケルのデジタル録音LPスリラーもデジタル臭さを再生させながらも嫌味はないし・・・というふうに楽しんじゃってます。


それとケーブルについてはカメナカジジにも一家言あるんですけど(笑)また後程。

2016/7/25 19:29  [1544-1489]   

カメナカさん、お久しぶりです。

そうですよね、ヤマトさんのパワフルさ、凄いですよね。

・・・話は変わってしまいますが、カメナカさん宅のレコード環境は全て「デンオン製」では
ないですか、だから、DL-103が最も黒子的になるのではないでしょうか。
デンオン時代のプレーヤー・DP-100に、昇圧トランスもデンオン製でしたよね。
それにDL-103ですから、音楽が合わないわけが無いですよね。

これは個人的な見方になってしまって、話す事は少し気が引けますが、僕的にはデンオン時代の
機器たちは好みを通り越して素直に凄いと思っています。
やはり設計の母体にNHKというのがあって、「盤に刻まれている内容を実直に間違いなく読み取る
のだ!」という執念が感じられるのです。
だから、カメナカさん宅で古いLPレコードを聴かせていただくと、好みとかそういった生やさしい
もんを超越した、盤を限りなく俯瞰的にかつ音楽的に読み取って堪能した満足感が得られるのです。
この、俯瞰的かつ音楽的というのが当時のデンオンの凄いところなんだと僕は思っています。

因みに、僕やヤマトさんのDP-300Fは、このデンオン時代の雰囲気を残す数少ないデノンの現行機
だと僕は思っていますよ。

2016/7/25 20:57  [1544-1490]   

実は持ってるDL-103 合研ラボのフォノイコ、あとはこれを買うだけなんだが

上記↑カメナカさんへの書き込みをしたところ、ムズムズとDL-103が気になってきましたよ(笑)
そこで、めっきり最近は寄り付かない「オーディオアクセBOX」を引っ張り出してみると・・・
ありました!若き頃使っていたDL-103です。

このカートリッジをDP-300Fにつけて、合研ラボのフォノイコを介してマランツレシーバーに入力
したらどんな音が出るんだろうか、なんて妄想をしております。

まあ、いつもの事ながらここから実際に買うまで、途方に時間がかかる僕なのですが(笑)
「せっかく素性の良いDP-300Fを得たのだから、どうせならDL-103でデンオンの良い音ってのを
追求してみたら?あとはフォノイコを買うだけだろう?」
とか・・・
「おいまてまて、フルオートのレコードプレーヤーにレシーバーなんだろう。そこにフォノイコを
かませたら、スマートオーディオでなくなってしまうじゃんか、それに2万のプレーヤーにそれ以上の金額の
MCカートリッジなんてアンバランスだろう」
と、思ったら・・・
「お前は実際に廉価レシーバーにそこそこの金額のスピーカーを組み合わせてみて、良い再生音を
獲られたではないか、自分の感覚を信じろ、価格バランスなんかに囚われていると突き抜けた音は
出せないのでは?」
などなど、自分の中の悪魔と正義が交互にやってくるのです(笑)
楽しい悩みだなぁ。

2016/7/25 21:49  [1544-1491]   

キケボウズ さん  

2016/7/26 02:37  [1544-1492]  削除

 ヤマト猛さん  

おはようございます。

カメナカジジさん、お久しぶりです。

お元気なんですよね?
全然、お見えにならないので、心配していたんですよ。
先程、ちらっと、農作業なる言葉を見ましたので、安堵していた所です。

キケボウズさんにお聞きしてみようかなとも思ったのですが、中々、切り出せずにいました。
縁側に行き来している様子も書かれていないようでしたので、果たして、聞いて良いモノなのか、悪いモノなのか分からなくて…(私、小心者なので)

>DP-300F導入されたのですね。しかもAT-F7も・・・すごいです。

そうなんです、DP-300F、またまたキケボウズさんに続いちゃいました。
カメナカジジさんのおススメもボディーブローのように効いていましたよ。(笑)
お陰様で、アナログ回帰で、ようやく、はじける事が出来ました。


>カメナカジジは30年以上アナログ機器の変化皆無です。
>カートリッジも30年以上DL-103のみ。

>これが最もカートリッジを意識させない黒子カートリッジなんですわ。

はい、キケボウズさんも言われていますが、カメナカジジさんの感性、そして、システムに103が、ピタッと合っている結果だと推察します。

30年以上もの長期間不動で、しかも、現在も楽しまれているご様子。
とても、素晴らしいと思います。
きっと、最高の相棒なんですね。

残念ながら、私は、思う所あって、現在、少し103と距離が空きつつあります。
後ほど、キケボウズさんにも私の思う事を述べたいと思っていますが、決して、お気を悪くなさらないで下さい。
103自体は、やはり、日本を代表するMCカートリッジの一つだと私は思います。

2016/7/26 02:39  [1544-1493]   

 カメナカジジさん  

おはようございます。

ヤマトさん。
全く気にしてませんので心配しないでください。
キケボウズさんも103所有してるんですけど使ってませんからねー。
ただヤマトさんのパワフルさに自分の若いころを思い出して懐かしんでいるだけなんですわ。
カメナカジジは今やステレオ機器に関心が殆ど無くなってる高齢者なんですから(笑)

ヤマトさん、そのパワフルさを活かして一度キケボウズさんとカメナカジジの所に聴きに来ませんか?
きっと楽しめると思いますよ。

2016/7/26 07:03  [1544-1494]   

 ヤマト猛さん  

キケボウズさん、おはようございます。

まずは、大事なご報告です。
本日、DP-300Fは、我が家でも4点システムの一員に認定されました。

ただ、私のシステムの環境下では、条件があって

『DP-300F with 合研ラボ』というカタチを取らせて頂く事とします。

残念ながら、DP-300F単体では、現況、4点システムと認定できない状態です。

詳しくは、後述しますね。



>このカートリッジをDP-300Fにつけて、合研ラボのフォノイコを介してマランツレシーバーに入力
>したらどんな音が出るんだろうか、なんて妄想をしております。

お〜、期せずして、キケボウズさんにもこの様なお考えが少しでもあるのですね?
実は、興奮状態を少し落ち着かせて昨日、今日と、また、少しアナログ関係の検証をしました。
一応、キケボウズさんの参考になるのではないかという事を念頭に置いて行いましたので、
多少は、参考になるのではと思っています。

ただ、限られた時間の中で、しかも、その検証の判断が私の駄耳や当てにならない記憶に基づく部分が有りますので、
その点を割り引いて、ご自身の感性を加味してみられると良いと思います。


ですが、その前に

>それに2万のプレーヤーにそれ以上の金額の
>MCカートリッジなんてアンバランスだろう

これ、キケボウズさん、本心から思っているんですか?

20万以上のスピーカーを4万円のレシーバーで駆動して、それを堂々と公言している人が…
2万円のプレーヤーに高々2、3万円のカートリッジを付ける事に対して?

他の人ならともかく、キケボウズさんが、本気で言っているんだとしたら、ちゃんちゃらおかしいですね。

こんなのアナログを少しやっているオーディオ店で、DP-300Fの専用シェルにDL-103を付けて普通に売っていますよ。
ユニバーサルシェルじゃないですよ、DP-300Fの専用シェルですよ。

http://www.a-sq.net/item/dl10336607case.
html



(お〜っと、まずいまずい、これは、きっと、また、私には、分からないジョーク、もしくは、何かのポーズなんだよな。
また、まともに言って、引っかかる所だった。
あぶない、あぶない。
早速、カメナカジジさんに窘められちゃうな。)


私の知っているキケボウズさんは、

>自分の感覚を信じろ、価格バランスなんかに囚われていると突き抜けた音は
>出せないのでは?

断然、こっちですからね。

2016/7/26 07:15  [1544-1495]   

 ヤマト猛さん  

さて、前置きが、長くなりましたが、昨日、今日で行ったマイシステムでの検証について、書きますね。

まず、一つ目、これは、先日、こちらで、言及していたので、意味はお分かりだと思います。

●仮説1
『AT-F7の音がいいのは、カートリッジ自体だけでなく、合研ラボのフォノイコを使っているという要因もあるのではないか?』
(もしくは『MMカートリッジ群は、RCAアダプターを使ってケーブルを引き回している事がマイナスに作用しているのではないか?』)

◎結果
合研ラボのフォノイコを外付けで使った方が、他メーカーのMMカートリッジはもとより、付属カートリッジを使用した時でも、内蔵フォノイコ使用より音が良い。 音に勢いが有る。
(もしくは、MMカートリッジ群は、RCAアダプターを使ってケーブルを引き回している事がマイナスに作用している。)

○考察
内蔵フォノイコ+RCAアダプター使用では、アンプに音エネルギーが十分に供給できない。
合研フォノイコを使うとアンプに音エネルギーが十分供給できる。

では、次です。
それでは、今までも合研ラボのフォノイコを使っていたのに、なぜ、今回の様な出音が得られていなかったのか?

それについて、まず、思い当たるのが、『今まで、アナログシステムは、L-505uXの方に繋いでいて、マランツレシーバーを使用していなかった。』という事です。

これを検証するため、DP-500MにDL-103をつけた状態で、以下仮説1同様で、合研ラボのフォノイコからマランツレシーバーにつないでみました。
尚、合研ラボフォノイコを使うと、音エネルギーがアンプに十分供給されている様なので、ケーブルは、ソニーの赤白に戻しました。


●仮説2
『今まで、今回の様な出音が得られなかったのは、マランツレシーバーを使っていなかったからである→マランツレシーバーを使えば今回の様な出音が得られる』

◎結果
『マランツレシーバーを使う事により、今までより、良くなっていると思うが、満足行くレベルまでは音の勢いがない』

○考察
マランツレシーバーは、音に勢いをつける方向に作用しているが、DL-103+DP-500Mが、それに十分に呼応していない。


更に次です。
カートリッジとプレーヤーを分けて考えて、まず、やり易い、カートリッジを替えてみる。
手始めとして、今までの経験上、勢いを感じていたシェアーのM44GをDP-500Mに使ってみる。
(好みの音でないので、普段聴きには、適さないと判断していたが音の勢いは感じていた)
また、M44Gは、合研ラボフォノイコのチューニングに使っているカートリッジである。

●仮説3
『今まで、今回の様な出音が得られなかったのは、カートリッジにDL-103を使っているからである
→M44Gを使えば、今回の様な出音が得られる。』

◎結果
『M44Gを使う事によって、出音に勢いがつき、満足の行くレベルに達した。』
音楽に躍動感があり、思わず身体がのってしまう。

○考察
M44Gは、音に勢いをつける方向の性質を持つカートリッジの様である。
M44G、DP-500M、合研ラボフォノイコ、ソニー赤白ケーブル、3点セットで、音が勢いがあり、前に出るシステムとなった。
カートリッジを専用シェルに付け替える事ができなかったので、DP-300Fでの出音は、確認できなかったが、恐らく同様の結果が得られるのではないか。


この後、何枚かのレコードを@DP-500M+M44GとADP-300F+AT-F7で、鑑賞。

@は、元気なJ-POP(サザン)やジャズ等で、Aと同じレベルでの満足が得られた。
出音に勢いがあり、躍動している。
但し、女性ボーカルモノでは、全く私の好みに合わない。
(特にさ行が安心して聴いていられない、設定の追い込みで改善可能か?)

Aは、ジャンルを選ばずに満足の行くレベルであった。

2016/7/26 07:24  [1544-1496]   

 ヤマト猛さん  

◇私見 キケボウズさんのシステムへの適用

マイシステムとキケボウズさんのシステムでは、DP-300Fから、マランツレシーバーまでのケーブルの引き回し方が違い、
マイシステムでは、合研ラボフォノイコの力を借りないとアンプに十分な音エネルギーが供給できていないようである。

キケボウズさんのシステムでは、現況では、その様なエネルギー不足は起こっていない様であるが
合研ラボフォノイコを使用する事により、更なるパワーアップをする可能性も考えられる。
(一定以上は、エネルギーが増えても効果なしというケースもあるかも知れないが…)

カートリッジは、付属が気に入っている様であれば、まず、フォノイコだけを導入してみても良いのではないか?

私とキケボウズさんでは、聴いているソース、好みが違うので、M44Gが第一候補かも知れない。
価格バランスも気にされているようなので…(笑)

個人的には、DL-103より、自重が軽くレスポンスの良いカートリッジの方が、向いていると思うが既に手持ちであるようなので、
それで、試してみるのは有りだと思う。
(何となく重りは、アームの端より支点側に有った方が良い様な気がする。)

ケーブルの引き回し、603対610、P3ESRの深化、設置方法、これら全て、キケボウズさんの方が、マイシステムより優れていると思われる。
DL-103使用でも、いけるかも知れない。

キケボウズさんのコメントに『レコードを再生していると思ったらCDだった』『レコード、CD、i-podで同じ様な再生ができている』といった類のコメントがあった。
これが、額面通りで、別の意がなければ、レコード再生の伸びしろは、まだまだ、あるのではないだろうか。
マイシステムでは、現状、レコード再生が、明らかにCD(ファイル)再生を音の勢いという点では、上回る様になった。



私は、今回、アナログ再生で初めて、音が、前に前に出て来る状態を体験できた様に思っています。

この事について、キケボウズさんは、既に答えを分かっていらっしゃると思います。
でも、直接お聞きした訳ではないので、それが、達成できた要因は、私の仮説としては、カートリッジ、プレーヤー、フォノイコ、アンプ、スピーカー、ケーブルそれらの機器が、総じて、速い、軽い、反応の良い、開放的、躍動感のある、プレーンといった言葉で形容されるもので、構成されているという事です。

これは、多分、キケボウズさんも普段からかなり、意識されているモノだと思います。
あるいは、自然とその様に感性で選択されているのかも知れません。

それを模倣していると言って良い私のシステムも自ずとその様になってきていたと思います。
ただ、トータルとして見ると、コーディネートしきれていなかったんですね。
所々、穴がありました。
だから、だめだったんです。

メタリストさんの所にも書いたのですが、私、価格コムのロムとか極端に減ったというお話を以前したと思います。

3点セットを得てから、生活の変化もありましたが、スピーカーとかアンプ、CDとかの項目は
全く、見なくなったんですね。
でも、何故か、アナログ関係の所だけはチェックしていたんですよ。
どうも、自分が納得できる出音が得られていなくて、自分でもやり切った感がなかったんですね。

『アナログってこんなモノなのかな?』
『やっぱり、DP-500M位じゃ、ダメなのかな?』って

でも、今回、アナログ回帰して、ようやく突き抜ける事ができたように思います。

これもキケボウズさんのお陰なんですよ。
私、本当に感謝してますよ。



え〜と、また、最初に戻りますが。

>このカートリッジをDP-300Fにつけて、合研ラボのフォノイコを介してマランツレシーバーに入力
>したらどんな音が出るんだろうか、なんて妄想をしております。


結果は、どうあれ、妄想なんてしてないで、まずは、試されたら良いんじゃないでしょうか。
命まで取られませんから。(笑)

キケボウズさんが、益々、前進していかれることを望んでいます。

また、これからもよろしくお願いしますね。

2016/7/26 07:25  [1544-1497]   

 ヤマト猛さん  

キケボウズさん、こんにちは。

あちゃ〜、もしかして、私、やっちゃいました。

すみません、今の今まで、全然、気づいていませんでした。

私の方は、大丈夫ですので、(言われているのもご尤もの内容ですから)
キケボウズさんの方で、まずいと思われたら、今朝のレスは、読み終わったら削除してもらって結構ですよ。

申し訳ありませんが、今は、時間がありませんので、失礼します。

2016/7/26 11:52  [1544-1498]   

ヤマトさん、取り急ぎすいませんf^_^;
消すことは無いですよ( ^ω^ )
安心して下さい。

2016/7/26 13:05  [1544-1499]   

ヤマトさん、こんばんは。

ボリュームたっぷりにヤマトさんから書き込んで頂きまして、ありがとうございます。
ひしひしと情熱が伝わってきましたよ。

特に、様々な実験と考察はここを見ている奇特な方々へはもちろん、ヤマトさんのオーディオ経験
にも、僕にもとても参考になるものだと思います。

しかし、現状では僕はDP-300Fをとても気にいって使っております。
正直、今でもこれと言った再生音の不満は無いんですね(笑)
目覚めよさんの書き込みからヒントを得て、カバーの開け閉めでの音場のコントロールも
知りましたし、音の品位はとりあえず置いておくとして、醸し出す音楽のバランスや余韻や間の
絶妙さや、嫌な音がしない有難さなど、自分の中でのレコード再生ではかなりのレベルで聴けて
いると自分では思っているんですよ。

要は、DP-300F本来の状態でいて不満が無い=弄るべきではない。という事なんです。

僕の今のシステムは、いわば僕にとっては至高なんです。
もし、これよりグレードアップをするとしたら、僕より高度な音で楽しめてるオーディオマニアとの出会いがあるか、しかるべき機器がポンと僕の前に現れる時なんですね。

僕の実弟でもある「墨田バックロードさん」や近所に住む「カメナカジジさん」そして
「目覚めよと呼ぶ声が聞こえるさん」などとの出会いで僕の音は確実にレベルアップしましたし。
加えて現状の僕の5点セットは、まるで向こうからやってくるように僕のところへ来たんです。


カメナカさんも仰っておりましたが、一度僕らと会ってみませんか?

2016/7/26 21:09  [1544-1500]   

魔弾の射手

ウェーバー

魔弾の射手(国内盤LP)

カルロス・クライバー&SKD

ドイツ語の歌と伴奏とがガッチリとかみ合った力強くもスカッと抜ける演奏です。
音が踊る!音符が踊る!

2016/7/26 21:40  [1544-1501]   

 ヤマト猛さん  

おはようございます。

カメナカジジさん

>ただヤマトさんのパワフルさに自分の若いころを思い出して懐かしんでいるだけなんですわ。

そうですか、パワフルですかねえ。
まあ、そう言って頂けて、悪い気はしませんね。 私もちょっと、歳ですけど。(笑)


>カメナカジジは今やステレオ機器に関心が殆ど無くなってる高齢者なんですから(笑)

きっと、もう、ステレオ弄りの段階は卒業されて、音楽を楽しむ方に次元アップされているんですよ。
私も一時に比べ、大分音楽を楽しむ方の比率は増えてきているとは思いますが…
まだまだですね。


キケボウズさん

カメナカジジさんと共にお二人から、お誘いを受けて、大変光栄に思っています。
ステレオシステムを聴きたいというのも、もちろんありますが、お二人には、
是非、お会いしてお話してみたいなと思っています。

『いつか』と言っていると中々その『いつか』は、来ないと思いますし、
大体、いつ頃で、何曜日が良いとかありますでしょうか?

2016/7/27 03:06  [1544-1502]   

 ヤマト猛さん  

おはようございます。

キケボウズさん

>ボリュームたっぷりにヤマトさんから書き込んで頂きまして、ありがとうございます。
>ひしひしと情熱が伝わってきましたよ。

キケボウズさんには、いつもgiveしてもらってばかりなので、
『今回は、少しでもお役に立てそう』と私なりにがんばって書いてみたのですが・・・

改めてみると、字数は、それなりでしたが、内容は、どうだったかなとか、
キケボウズさんの事情や他の書き込みに気づかずに思いっきり地雷を踏みつけていた様ですし…

あと、レポートを書いている部分は、もう、学生時代からの長い習慣で、
〜ですます調にはなっていません。
普段の会話調の時と違うので、『なんか偉そう』と感じるかも知れませんが、その様な意は、全くないです。
一つ一つ、語尾を直したりするの結構大変なんで、そのままにしちゃいました。
ごめんなさいです。

>特に、様々な実験と考察はここを見ている奇特な方々へはもちろん、ヤマトさんのオーディオ経験
>にも、僕にもとても参考になるものだと思います。

多少なりとも、そうなってくれると良いですね。
それにしても、多分、キケボウズさんならニュアンスとして分かってもらえるであろう
という事を前提に書いているので、普通の人が読んだら『なんじゃこりゃ』じゃないですかね。
キケボウズさんには、フォノイコからの音エネルギーとか伝わってますよね?
こちらの、奇特な方々なら、大丈夫かしら?(笑)


>しかし、現状では僕はDP-300Fをとても気にいって使っております。

>要は、DP-300F本来の状態でいて不満が無い=弄るべきではない。という事なんです。

はい、その件、了解しました。
今回は、少し、私の方が、空回りしてしまったみたいですね。
でも、いつ、気が変わるか分かりませんよね。 なんせ前歴がありますから・・・
まあ、その時は、また笑って許してあげますよ(笑)


>僕の実弟でもある「墨田バックロードさん」や近所に住む「カメナカジジさん」そして
>「目覚めよと呼ぶ声が聞こえるさん」などとの出会いで僕の音は確実にレベルアップしましたし。
>加えて現状の僕の5点セットは、まるで向こうからやってくるように僕のところへ来たんです。

そうですね、人とだけでなく、ステレオ機器とも出会い、縁ってありますね。
そう言った意味では、キケボウズさんには、良縁を取り持ってもらったという感じです。
そして、私の音も間違いなくレベルアップできている様に思います。
本当にありがとうございます。

2016/7/27 03:12  [1544-1503]   

ヤマトさん、こんにちは。

聴ける音楽に不満は無いのは本当ですが、一つ気になることがありました。
それは、DP300F内蔵のフォノイコを通した時のライン出力が低めなのか、レシーバーと組み合わせた時のボリュームの余裕が無いことなんですね。
マランツレシーバーはステップ式のボリュームなんですが、全部で60までありますよね。
iPodやCDの再生などではだいたい20がいいところ、30も出せばかなりの大音量です。
それが、DP300Fだと40くらいまで上げないと聴きごたえのある音量をとれない印象なんです。
マランツレシーバーは駆動力はある機器だとは思いますが、さすがにボリューム数値で45などを
超えてきますと、少しばかり音の質が悪くなると思っています。
プラスαの余裕をみると、せめて40は超えないようにして使いたいのが本音です。

僕、たまにですがオーケストラもののレコードを大音量で浴びることがあります。
ただでさえ録音レベルの低めなオーケストラものですから、音量が40でもイマイチ物足りない
ものもあります(笑)
こういうときなど、もう少し音量に余裕があればな〜って、思います。

ヤマトさんがお話ししていた、「合研ラボのフォノイコをかますと、音のエネルギーが落ちない」
みたいなことを仰られてましたよね。
ケーブルもソニーの赤白の方が良くなるとか・・・(笑)
ソニーの赤白にして良くなるというのは、それは真っ当に音楽のエネルギーが得られてる
証拠だと思うんですよ。

以上のことから、もし、DP300F本来の伸びやかで細やかな音質は損なわずに、出力ゲインだけを
合研ラボフォノイコが増幅してくれるようなら・・・(笑)

そんな上手い話は無いでしょうが、ちっと導入を考えてしまいます。

2016/7/27 10:57  [1544-1504]   

続いてお会いする件ですが。

ざっくり言ってしまうと、僕は月、水、金ならなんとか合わせられます。
冬になれば、週末でしたらいつでもオーケーです。
ただ、冬は当地の新潟県は雪の心配があります(笑)
もろに寒波にぶつかると、オーディオ遊びどころではないかも!?f^_^;

この、誰もが見られる縁側ですから、なかなか住んでる地域など書きにくいとは
思いますが、ヤマトさんのお住まいはどこでしょうか?
差し支えなければ教えて下さい。

2016/7/27 12:21  [1544-1505]   

キケボウズさん こんにちは

>DP300F本来の伸びやかで細やかな音質は損なわずに、
>出力ゲインだけを合研ラボフォノイコが増幅してくれるようなら

結論から言うと、合研ラボを入れても、悩みは解決しません。
DP300Fのカートリッジ出力はMMの中で最も低い2.5mVで
これが災いして、音が小さいのです。

あきらめるしかありません。


--------ご参考-----------

DP300Fのカートリッジと同じ音傾向で、出力だけを上げようと思うと
同社のAT−10Gがベストですがディスコンになっています。
https://www.audio-technica.co.jp/atj/sho
w_model.php?modelId=1988


AT−95Eでも上がりますが、これは楕円針で、音に力がありません。

AT−100Eは試してみても面白いと思いますが、高域エネルギーが強くて
くっきり・はっきりしますので、好みにマッチしないと思います。

2016/7/27 17:13  [1544-1506]   

目覚めよさん、こんにちは。

わざわざアドバイスありがとうございます。

そうですか、フォノイコを加えたくらいでは解決しませんか・・・
ですが、音量をとれない代わりに、MMなのに出力が低い事が幸いして、MMらしからぬ細やかな
音が出せている事に今改めて気がつきました。

このDP-300Fを導入していらい、音楽を聴くたびに何かと「間」とか「余韻」とか、演奏の中の
弱音をキチンと聴かせてくれるなどの表現をしてきました。
これは、今まで使ってきた高出力なMMカートリッジではイマイチ得られなかった事なんです。
出力が低い事で、音の引きの表現も巧みなんだと思います。

ピンときました。
鋭い示唆をありがとうございます。


ご紹介いただいたカートリッジたちは、これから先考えが変わったとして、もっと高級な
プレーヤーを導入した際など是非検討させていただきます。

2016/7/27 21:14  [1544-1507]   

 ヤマト猛さん  

こんばんは。

キケボウズさん

>以上のことから、もし、DP300F本来の伸びやかで細やかな音質は損なわずに、出力ゲインだけを
>合研ラボフォノイコが増幅してくれるようなら・・・(笑)

>そんな上手い話は無いでしょうが、ちっと導入を考えてしまいます。


この件ですが、『そんな上手い話』の、可能性が、あります。

というのも、合研フォノイコには『GK03APのSW設定 裏ワザ』というのがあるんです。
ホームページに記載もされていますが、GRADOなどのMMの低出力カートリッジ向けに
MM型入力を使いつつゲインを上げるという設定です。

GRADOの出力は、0.5mV程度らしいので、
これが、DP-300Fの2.5mVに対しては、どうなのかは分からなかったので、
一応、合研さんに問い合わせをしておきました。

と言いつつも私の旧式でも、可能なので、付属カートリッジを着けて、少し鳴らしてみました。

私の環境で、今まで40前後だったものが、30前後という感じでしょうか。
CD再生にかなり近づいたと思います。

音も特に問題ない様に思います。
もっと言うと、『これなら最初からDP-300Fに合研フォノイコを使う検討をしていたら、
もう少し付属カートリッジでも良かったかな』と思うるような出音です。(^_^;)

サポートの欄にありますが、1週間以内であれば、『音が気に入らない』
という理由でも、返品受付けますとありますので、とりあえず、試されてはどうでしょうか?

(ただ、目覚めよさんが、『あきらめるしかありません』と言われているので、
この事を知っている上で、何かもっと情報を持たれているかも知れませんね。)


この設定については、私も頭の片隅にはあったのですが、埋もれてしまっていて
キケボウズさんに言われて、はっと思い出しました。

実際に私もレコード再生の時は同様に40前後にまで上がってしまっている状況です。
ボリューム下げずに、ファイル再生に切り替えた時に突然爆音から始まってしまったりして
『これは、まずい』と思った事も何回かあり、
そう言った意味からも、何とかならないかと思っていました。
MCカートリッジでは、使えませんが、MMカートリッジなら、是非、使いたい設定です。


>ケーブルもソニーの赤白の方が良くなるとか・・・(笑)

これは、正確に言うとソニーの赤白とゴッサムを比較したわけではありません。
私の決め打ちです。(笑)

というのも、機器の素性を知るため及びキケボウズさんのシステムへの適用を目的にした場合、
ケーブルは、ソニーの赤白じゃなきゃ、お話にならないじゃないですか。(笑)

それに、最初に合研フォノイコ+ゴッサムの音を聴いた時、
『これなら、ソニーの赤白で行ける!』って、確信めいたモノがあったんですよ。

ゴッサムは、あくまでも、『このままのすっぴんじゃ恥ずかしくて外歩けないから
化粧しておこう』みたいな感覚ですね。
すっぴんで良さそうなら、素顔が一番ですよね。

なので、それ以後、今日まで、ゴッサムは、一切使っていないです。
(というか、私、短期間で次々と聴き比べたりするの本来は、好きじゃないんですよ。)(笑)

>ソニーの赤白にして良くなるというのは
>それは真っ当に音楽のエネルギーが得られてる
>証拠だと思うんですよ。

はい、多分、そうなのではないかと思っています。

2016/7/28 01:03  [1544-1508]   

ヤマト猛 さん  

2016/7/28 08:38  [1544-1509]  削除

おはようございます。ヤマトさん。

取り急ぎ、お会いする件だけ伝えます。

8月の盆明けの、22か29あたりではいかがでしょうか?
9月中頃になりますと、僕らは稲刈りが始まってしまいます。
もしくは9月の第一〜第二月曜あたりなら無難でしょうか。

2016/7/28 08:03  [1544-1510]   

ヤマト猛 さん  

2016/7/28 17:03  [1544-1511]  削除

キケボウズ さん  

2016/7/28 15:42  [1544-1512]  削除

ヤマト猛 さん  

2016/7/28 17:06  [1544-1513]  削除

ヤマト猛 さん  

2016/7/28 17:04  [1544-1514]  削除

ヤマト猛 さん  

2016/7/28 17:04  [1544-1515]  削除

キケボウズ さん  

2016/7/28 17:04  [1544-1516]  削除

ヤマト猛 さん  

2016/7/28 17:04  [1544-1517]  削除

ヤマト猛 さん  

2016/7/28 20:59  [1544-1518]  削除

ヤマトさん、こんばんは。

そうでしたか、合研ラボさんにはそんな裏ワザがあったのですね(笑)
まるで、「DP300Fみたいな簡便なプレーヤーを軸にLP再生を掘り下げる奇特なマニアが現れるだろう」と、合研さんが予測していたような見事な仕様ですね(笑)

こういう、ニッチ過ぎる用途だと大抵の機器は当てはまりませんから、余計そう思います。

とにもかくにも、有意義な情報をありがとうございます。

4点セットを得てからのヤマトさんの発言が、凄く自信に満ちていてかつ説得力が感じられます。
ヤマトさんの中でも何かが見えつつあるのではないでしょうか!?

良い音を出せて、かつ聴いて楽しめている証拠ですね。

2016/7/28 22:15  [1544-1519]   

 ヤマト猛さん  

こんばんは。

キケボウズさん

>そうでしたか、合研ラボさんにはそんな裏ワザがあったのですね(笑)

はい。
でも、裏技というか、この件については、合研ラボさんのお話を聞く限り、
DP-300Fへの外部フォノイコ導入は、ピュアオーディオで
良い音でききたいのであれば、使うのが普通という見解でした。

DP-300Fの内蔵フォノイコONの150mVというのは、通常、PCオーディオで使うのに最適なレベルで
あるとの事でした。

以下、合研さんからお聞きしたお話の要旨です。(例によってレポート調を容赦下さい)(笑)

1.入力レベルについて、
●5mVのMMカートリッジを使用した場合に、一般オーディオレベルの0.7V(700mV)で出力される。
カートリッジが2.5mVなら350mVとなる。

●裏技を使った場合、出力は、およそ2倍となる。
DP-300Fの場合だと700mV位と予想される。

●裏技を使っても、単にゲインを切り替えているだけなので、2.5mVで入力し続けても
フォノイコ自体は、全く問題ない。

●オーテク等で1万円位で売られている、アナログプレーヤーの場合、
内蔵のフォノイコで出力電圧が200mV位。
これは、一般オーディオ用というより、PCに入力する際に音が歪まない様に対応しているのだと思う。
当店では、PC入力対応として、逆にゲインを落とせるような仕様(150mV)のモノを作っている。


2.使い方、(スマート対応?)
●電源は、入れっぱなしでも、本体自体は、全く問題ない。
大抵の方は、入れっぱなしで使っている。(本体に電源SWなし)

●消費連力は、ほとんど無いに等しい。

●ACアダプターが2〜3年で、ダメになる可能性があるが、常にストックを持っている。
600円位で、送料なしで対応する。


3、その他

●GK03As(私の持っている旧型)と GK03AP(現行製品)について
旧型は、少しカチッとした感じ。
新型の方が、少し柔らかめ。
クラシックを聴かれ、弦楽器等がお好きな方等には、新型をお勧めする。
ボーカルモノなどでは、それ程差はないと思うので、旧型をそのまま使ってで良いのではないか。

●返品について
やはり、こういうステレオ機器については、好みの問題がある。
なので、1週間以内であれば、返品、返金は、全く問題ない。
お友達にも是非、おススメして欲しい。

合研さんのお話は、大体以上です。

最終的にTELで、お話させて頂いたのですが、丁寧に説明して下さって、
非常に好感のもてる対応でした。

『私も好きなので、オーディオ談義 大歓迎です。』とも言われていましたよ。


さて、合研さんのお話が正しいとすると

内蔵フォノイコの150mVに対して、合研フォノイコ通常仕様で、350mV


>内蔵フォノイコ+RCAアダプター使用では、アンプに音エネルギーが十分に供給できない。
>合研フォノイコを使うとアンプに音エネルギーが十分供給できる。

あながち、的外れではなかったかなと思っています。

あとは、キケボウズさんがどう考えられるかだと思いますが…

2016/7/29 00:35  [1544-1520]   

 ヤマト猛さん  

キケボウズさん

>まるで、「DP300Fみたいな簡便なプレーヤーを軸にLP再生を掘り下げる奇特なマニアが現れるだろう」と、合研さんが予測していたような見事な仕様ですね(笑)

え〜と、この点は、、特に奇特なマニア向けでなく、普通にやはり低出力の
MMカートリッジ使っている方がいるのでその対応らしいです。
MM専用のやつは、裏技を使わなくても 通常切り替えで、できます。
但し、MCカートリッジが使えないので、そうなると103の検証とかできないですからね。
合研さんも普通は、MM/MC切り替え型を選んで頂ければと言われていましたよ。


>4点セットを得てからのヤマトさんの発言が、凄く自信に満ちていてかつ説得力が感じられます。
>ヤマトさんの中でも何かが見えつつあるのではないでしょうか!?

そうですか〜。
キケボウズさんにその様に言って頂けると嬉しいです。
今回、合研さんのお話を聞いて、『私の駄耳や推察力も満更でもないじゃないか』
と多少、自信を持てましたよ。


>良い音を出せて、かつ聴いて楽しめている証拠ですね。

はい、これは、自信を持って。
キケボウズさんの表現を借りるとフライ級からバンタム級位に
階級が上がったのではないでしょうか?

今回も色々調べて、勉強になりましたよ。
『内蔵フォノイコが、PCオーディオレベル』って、キケボウズさんも知らなかったですよね?

お互いに疑問提起、情報交換等もしながら、レベルアップして行けたら良いですね。
って、私から言うのはおかしいですね。
圧倒的に教えて頂いてるんですから。
まあ、今回は、私も少しがんばったという事で・・・(笑)

これからもよろしくお願いします。

2016/7/29 01:06  [1544-1521]   

 カメナカジジさん  

こんばんわ。

ヤマトさん、お会いできる日を楽しみにしておりますがその節はお手柔らかにお願いします(笑)

その後石川優子さんのレコード探してみましたが見つかったのは「ラブ・フィーリング」の1枚だけでした。
このアルバムはどちらかと言うとしっとりと伸びやかに歌い上げる曲が多くて聴きごたえがありますね。
お会いした日にはこのアルバムと「ニュアンス」をメインにキケボウズさんとカメナカジジのステレオでお聞かせいたしましょうかね。


2016/7/29 20:29  [1544-1522]   

 ヤマト猛さん  

おはようございます。

カメナカジジさん

>その節はお手柔らかにお願いします(笑)

何を仰います、カメナカさん。
私は、キケボウズさんのミドル級、そして、カメナカジジさんのヘビー級の
パンチを続けざまに浴びて、ノックアウト必至だと思って、今から覚悟をしていますよ。
帰り道、ちゃんと帰れるか心配です。(笑)

でもね、見えているんですよ、その後、うちに帰ってからメラメラと燃えている自分が…
私これでも、結構、ファイターなんで。


>見つかったのは「ラブ・フィーリング」の1枚だけでした。
>このアルバムはどちらかと言うとしっとりと伸びやかに歌い上げる曲が多くて
>聴きごたえがありますね。

お〜、「ラブ・フィーリング」ですか?
前も言わせて頂いていると思いますが、マイベストですよ! 一番良いのが見つかりました。
そうなんです、優子さんの伸びやかさ、素直さが、すごく出ているアルバムです。(^_^)/

>お会いした日にはこのアルバムと「ニュアンス」をメインに
>キケボウズさんとカメナカジジのステレオでお聞かせいたしましょうかね。

是非、お願いします。
これなら、ノックアウトされても、多分、夢心地でいられそうです。(笑)

お会いする時の楽しみが、また一つ増えました。
よろしくお願い致します。

2016/7/30 04:28  [1544-1523]   

キケボウズ さん  

2016/7/30 22:16  [1544-1524]  削除

ソ連時代のレーベル、メロディア

本日は久しぶりの休日でした。

朝、「しばらく聴いていない、あまり気に入っていないソフトを処分しよう」
そう思い立ち、CD棚より、いらないソフトを抜き出しました。
数にして60枚でした。中にはSACDもXRCDもあります。

そして、愛車にて高速を飛ばす事2時間、行きつけのオーディオ兼レコード&CD店に遊びに
行ってきました。

CDの枚数がかなりですから、そこそこの小遣いにはなりました。
そして得た小遣いを忍ばせ、僕はLP売り場へ・・・(笑)

昔、レコード屋でバイトをしていた経験がありますから、「ストンストンストンストン♪」と
次々とジャケットを拝見して行きます。
邦楽〜洋楽〜ジャズ〜クラシック・・・う〜ん、目ぼしいものがない。
別の棚に移動します。
またもや「ストンストンストン♪」すると・・・なぜか妙に目につく色調のジャケットを
発見♪、しかもロシア語(笑)

ソ連時代のソ連のレーベル、「メロディア」です。
プロコフィエフのピアノソナタをゲットしました。
奏者はギレリスです。
このメロディア、音質も演奏もハズレが無いんですよね。

そしてまた自宅へ飛んで帰り、早速堪能しております。

良いです、良すぎます。
ただならぬ演奏が、ただならぬ気配と濃い音色で部屋に満ちています。
まさにLPで味わう音のご馳走。

また宝物になるLPが増えました。

2016/8/1 20:34  [1544-1525]   

ケニー君

ケニー・ドーハム

静かなるケニー(OJC米盤)

ややくすみつつも鮮やかなケニーのトランペット。
この過剰なシズル感(笑)
酒がすすむジャズです。

この黒さ、まさにジャズ。

2016/8/4 22:31  [1544-1535]   

スウィートレイン

スタン・ゲッツ

スウィートレイン(ユニバーサル重量盤)

なまめかしく滑らかで、ブラスくさいサックスがとても印象的なスタン・ゲッツです。
抒情的なピアノが終始流れて行きます。そのスムーズなピアノの下支えをベースがうたい、
ドラムもどっしりと弾みながら、カルテットの演奏が進んで行きます。

それにしてもこの生暖かい再生音の空気。

盛夏の夜を、更に感じさせる一枚です。

2016/8/11 22:22  [1544-1542]   

ジャケもどことなくさびしげ

ブラームス
 
クラリネット五重奏(デッカ、エース・オブ・ダイヤモンド英盤)

ウィーンオクテット

盆が終わりを迎えつつ、一時的に家族が増えてにぎやかだった身の周りがまた静かになり、
少し前まで頭のてっぺんを照らしていた太陽が少しまぶたに刺す様になると、心なしか
さみしさをおぼえてしまいます。

マイナー調の、ブラームスらしいメロディです。
オルガンの伴奏のようなチェロを下支えに音楽が進んで行きます。
時にやや不安げなビオラのさざなり、バイオリンとクラリネットはもの悲しげに対話をしている
ようです。

「夏も盛りをすぎたなあ」と、しみじみ感じる一枚です。

2016/8/14 21:19  [1544-1548]   

ジャケもお洒落

グリーグ

ペール・ギュント(デッカ、エースオブダイヤモンド英盤)

フィエルスタート&LSO

ジャケットに惹かれて購入した盤です。
クラ好きなら誰もが知るペールギュントですね。

この盤は、当時アルバイトをしていたクラシックLP店で、店主にお願いして買ったものです。
いくらで買ったかはもう忘れましたが(笑)

クラ好きで、僕なんかの縁側に目を通してくれてる奇特な皆さんへ。
一度でいいですから、こういったLPを自室で聴いてみて下さい。
きっと、おそらく、最近の演奏家やCDでは味わえない演奏の凄さや深さを味わえるはずです。

2016/8/17 22:02  [1544-1552]   

キケボウズ さん  

2016/8/21 20:00  [1544-1554]  削除

高級げな中庭

モーツァルト

交響曲31番(パリ)35番(ハフナー)36番(リンツ)38番(プラハ)
(セラフィム日本盤、音源はEMIです)

スイトナー&SKD

スイトナーとシュターツカペレドレスデン(SKD)による名演です。
小気味よくキレよく、弦のねいろは細やかでシルキー♪
スイトナーの軽快なテンポと、重厚で渋いSKDが相乗効果でとてもスンバらしいモーツァルトを
聴かせてくれます。

録音も良いです。
スピーカーの外側まで第一バイオリンが渦を巻くような音の動きで切れ上がり、第二バイオリンが
追従しているさまが“音から見えます”

やっぱりモーツァルトは格別に素晴らしい。

2016/8/21 20:03  [1544-1555]   

ドボルザーク

チェロ協奏曲

フルニエ&クーベリック&ウィーンフィル(ロンドン日本盤)

めっちゃメロディセンスあふれるドボルザークです。
どことなく上品でメロディアスなフルニエのチェロのねいろと、実直でややテンポが速めの
クーベリックの指揮とが絡み合い、耳に心地よいながら聴き応えのある、良い演奏が流れて行きます。

古い演奏こそLPが活きるのです。

2016/8/21 23:05  [1544-1562]   

ビル・エバンス・トリオ

ワルツフォーデビィ(米OJC盤)

さて、オーディオマニアさんなら必ず持っているであろう名盤中の名盤です。
今夜も針を落としてみましたが、いつもながら聴くたびに発見があります。
こういうところが名盤といわれる所以なんでしょうね。

A面の曲たち、ワルツフォーデビィなども勿論素晴らしいのですが、最近の僕はB面が特に気に入って
おります。
特にB面の一曲目『マイロマンス』が特に耳に心に心地よく響きます。
スイング感を感じるミディアムテンポで音楽が進んで行きます。
そして、エバンス、ラファロ、モチアンそれぞれの歌心と関係性、インタープレイがとても
心地よく聴こえてきます。
演奏の終盤に差し掛かるちょっと前、ベースのラファロがやや長いソロを奏でます。
その時のエバンスとモチアンの、ラファロをそっと支えつつ、よりベースが引き立つように
控えめに奏でる音楽の巧みさに思わず唸ります。

優しい音も明瞭かつ耳に届くように聴かせるDP300Fです。良いレコードプレーヤーですよ。

2016/8/31 21:35  [1544-1584]   

色あいが仏♪

ドビュッシー

海、イベリアなど管弦楽曲集(フランスフィリップス盤LP)

ポール・パレー(指揮)
デトロイト交響楽団

つかみどころがないですが、妙に耳に心地よく聴こえるドビュッシーです。
なんていうのかな、クラシックのLPによる道楽です。

フランス音楽を良く知らない方が居たら是非、我が家で聴いてみませんか?(笑)
きっとハマること請け合いですよ。

この、パレーという指揮者とデトロイト響のコンビですが、非常に軽快で痛快で小気味よく
フランスのクラシックが楽しめます。お奨めです。


2016/9/11 22:20  [1544-1626]   

ヘンリク・シェリング

2016年10月より、レシーバーとスピーカーを変更。
デノン、RCD-M40セットになった。

バッハ

バイオリン協奏曲集

シェリング(Vi)マリナー(指揮)アカデミー・オブセントマーチンインザフィールズ

シェリングの端正で艶やかなねいろで、バッハの音楽を堪能できます。
このレコードに針を落とした回数は数えきれませんが、なにか今夜はバッハの魅力にとり付かれた
感覚がしています。
このレコードを購入したのはもう十年前になりますが、今までは、「ただ何となく心地が良い」
という印象でした。

十年聴き続けてやっと知る、というのも、名盤ならではの楽しみ方なんでしょうね。

2016/11/1 21:06  [1544-1696]   

最近、本当にレコード再生がご馳走です。

なにかDP300fも、デンオンレシーバーを得たことで、ますます持ち前の伸びやかで艶やかな音に拍車がかかったかのように響いて歌ってます。

デンオンレシーバーとデンオンのフルオートプレーヤーの組み合わせ、オススメです。

2017/1/20 11:56  [1544-1772]   

キケボウズ さん  

2017/9/7 22:20  [1544-1834]  削除

秋の夜長を迎え、LPレコードを嗜む夜がご馳走だ。

秋はやはりクラシックが気分なのか、レコードプレーヤーに載る盤はクラシックが増える。
また、年齢やクラシックを聴きなれてきた事もあるのか、室内楽がたまらず心に染み入ってくる。

音楽ファンの耳になることが出来ると、なんでもないレシーバーとフルオートレコードプレーヤーで聴く、癖や誇張のない再生音が至高だと痛感している。

2017/9/7 22:21  [1544-1835]   



ビユテフル

タグ:

僕が究極のグッド・リプロダクションと考える、黒子オーディオです。
聴きたいソフトを選んで再生すると、音質なんかよりも先に演奏に意識が行く状態を言います。

なんて弾んで色っぽいベースなんだろう♪
ドラムも実直に刻んでいるけど、腕力があるなぁ、そしてさり気ないオカズが良いスパイスだなぁ♪
このギタリストはこんな表情で、こんな体勢で演奏しているんだろうな。
このボーカリストは最近恋をしたのかな?息のところどころが色っぽいぞ。

などなど、自分が過去に体験した生演奏、生ライブ、コンサートなどで味わった感動や情景が
ありありと容易に浮かんでくるのが、僕の考える黒子オーディオです。

そんな境地を体験出来たソフトを紹介したり、黒子オーディオの域に達したシステムはどういった
ところが僕の好み的に良いのか、など、書いていきたいと思います。

2016/2/9 19:57  [1544-1314]   

 カメナカジジさん  

キケボウズさん、こんばんわ。

さっそくスレッド立ち上げられましたね。

では、私から気に入った歌姫紹介しますね。
って言うか今キケボウズさんとこにCD行ってるジャズ・シンガー『サーシャ』ですが、この人2008年と2013年に1枚ずつのたった2枚しかCDリリースしてないのが実に不思議だなあと思っちゃうほど気に入っちゃってるんですわ。 

2008年のは28歳くらいになってたのかな。
それにしちゃけれんみのないキュートボイスでラテン系ジャズをのびのび歌ってて、私なんか聴いてすぐギュッとハートつかまれちゃいました。

2013年のは男を知った声になったなんてサーシャさんに大変失礼なことを言っちゃいましたが、色っぽさが加わり都会的になってニューヨーク・アフター・ダークというアルバムタイトルもピッタリだと思います。

私は一押しですが、キケボウズさんの感想は?

2016/2/9 21:09  [1544-1315]   

 カメナカジジさん  

付け加えると、

ニューヨーク・アフター・ダークの5曲目サ・チャ・チャを小学1年の孫(男児)が好きで、よくリピートさせます(笑)

2016/2/9 21:20  [1544-1316]   

サーシャ、左・2008年、右・2013年

カメナカさん、どうもです。

サーシャの旧アルバムと新アルバム、じっくりと聴いてみました。
確かにかなり声質が変わっていますね。

2008年盤はところどころスタンダードナンバーを交えつつも、ハスキーボイスで伸び伸びと朗々と、
健気に歌っていますね。良い意味で初々しい素人の良さが印象的ですね。
枯葉など、歌詞はフランス語でいながらも全体的なメロディはどことなくスパニッシュですし、
聴いていて不思議な心地よさがあります。

2013年盤は、都会のジャズクラブを本拠地にしているようなジャズシンガーの雰囲気ですね。
有名なダイアナクラールほどケブっていないところをウリに出しているようです。
「ケブるだけがジャズシンガーではないのよ!」とばかりに、少しばかり軽やかに、プリティに
、転がるように歌い抜けているのが印象的です。
プライベートもきちんと充実しているけど、歌う事もきっちりとこなせるシンガーの印象です。
このアルバムのラストナンバー、僕の大好きなスティングの名曲中の名曲「フラジャイル」でした。
ピアニストも僕の好きなピアニストが参加していますし、とても贅沢な今のアメリカの都会的な
アルバムですね。

良い音源の紹介ありがとうございます。

2016/2/9 22:55  [1544-1317]   

 カメナカジジさん  

キケボウズさん、こんばんわ。

『サーシャ』の深いところまで聴かれてますなあ。さすがです。
2008年盤は良い意味で初々しい素人の良さがあるってことですが、ホント初々しさが際立ってますもんね。

ただ「?」と思ったのはハスキーボイスと書かれてるところです。
この人ハスキーボイスですか?
私のステレオでは艶やかな張りのある若い女性の声に聴こえるんですが・・・。


さて、このスレッドのテーマ『黒子オーディオ』についてですが、このサーシャを聴くときも全くオーディオというものを意識しませんでした。
と言うか、普通の音になってからはオーディオに関心が無くなってましたね(笑)

で、キケボウズさんにそう指摘されてちょっとオーディオを意識してサーシャ聴いてみたらバックの音も良いのに気付きましたわ(笑)
例えばクライ・ミー・ア・リヴァーのピアノのイントロ、生々しくてクリアーで美しい音なのでビックリ。
全曲ドラムスやべースなども生々しくクリアーですねー。
なのに、ボーカルの邪魔をしてないどころか引き立ててます。って言うかでしゃばらないんです。
これ優秀録音じゃないかい、と言っちゃいますわ(笑)

と、こんな具合であらゆるソースが良い音に鳴るのでオーディオを忘れちゃうのです。

2016/2/10 20:33  [1544-1318]   

カメナカさん、こんばんは。

2008年盤の「シンプリー」を聴いています。

ハスキーボイスだと感じた件についてですが。
サーシャさん、確かに声量を抑え気味で歌う時の性質は、気持ちスモーキーで丸みと艶があって
よく転がる声だと思います。
ただ、声を張り上げた時など、気持ちスモーキーさが良い意味で声の荒れを生んでいる印象です。
気持ちスモーキーで張りがあり、少しばかり荒れた声が、中高域で心地の良い鼓膜に引っかかる
声質になっている印象なんです。
この、鼓膜に引っかかる事が僕のシステムではすごく印象的でしたから、ハスキーボイスだと
感じたのです。でももしかしたら、マランツの廉価CDプレーヤーとレシーバー+中高域の濃い
P3ESRだからこそ、この引っかかり感が強調されたのかも知れませんね。

確かにバックの演奏陣の演奏も音も良いですね(笑)
そこそこの広さのジャズクラブに迷い込んでしまったような空気になりますものね。
特にミドルテンポの10曲目の「マスカレード」の中間部分、サーシャさんが歌うのをやめて
ピアノ+ベース+ドラムのかけあいがとても巧みで、これだけでも超ハイレベルなインストの
フュージョンとして聴き入ってしまいます。
ピアノは終始流れるように弾いていて、ドラムとベースは気持ち引き立つ様に弾いているのです。
三者の一つがリードしてみたり、かと思えばいつの間にかドラムが寄り添っていて、かと思えば
ピアノがスローに、すると今度はベースが下から盛り上げるようにピアノのねいろを肉付けする・・・
ハイレベルっす。

2016/2/10 21:41  [1544-1319]   

かっけえオジサン、スティング

スティング 

ライブ・イン・ベルリン

2010年のスティングによるベルリンコンサートを収めた。CD+DVDの二枚組になっています。
イギリスのロイヤルフィルのオーケストラ演奏をバックに、時にジャズサックス奏者の
ブランフォード・マルサリス氏も参加していたりと、スティング独特のジャンルを超えた音楽
に浸れるソフトです。

ポップロックミュージックを母体としながらも、時にシャンソン風なアンニュイな感じ、ジャズ風味を
取り入れつつも、バックからのゴージャスなオーケストラサウンドが音場に肉付けをしていて、
聴いていてとても贅沢な気分になります。

CDとDVDを交互に鑑賞しましたが、僕のシステムでは圧倒的に映像無しのCDの方が
ゾクゾクとするようなコンサート会場の様子が容易に頭に浮かんできます。

レーベルはドイツ・グラムフォンです。
近年のスティングは様々な音楽ジャンルを取り入れつつ、自分の芸術として発信しています。
同じグラムフォンより、「シンフォ二シティーズ」というスティング自身の過去の名曲を
オーケストラでクラシック風にリメイクされたアルバムも出ているようです。

改めて、スティングの広大な音楽世界に注目です。

2016/2/14 22:18  [1544-1322]   

黒子オーディオの音量の上がり方について

黒子オーディオになると、ボリュームボタンやノブを上げるにしたがって、ふわーっと音楽のかまえが
大きくなる印象です。それにともなって、音にならない低域が吹くようになり、音にならない
低域が全ての音の下支えをしてくれるのです。
様々な音に、速くて吹く低域が備わる事で、出音の浸透力が段違いに増します。
高音主体の楽器や音にも、中域主体の楽器や音も、低音が備わってこそリアル感や生音感を
感じる事が出来ます。
そして、その低音域の輪郭をつくるのは高音域だと僕は思います。
だから、低域は音楽の躍動感とリアル感をつくり、高音は音の輪郭をつくってくれるのです。
この事を考えると、音楽を分解して聴かせる事の無意味さ不毛さを考えてしまいます。
音楽は一体感と混ぜ合わせる事が重要だと思います。

追記ですが、黒子になれないオーディオ機器のボリュームは、ノブを上げるとグワッと
スピーカーから音が乱暴に張り出してきます。
僕はこれだけでもうダメです。聴き疲れが早い機器とも言えます。

2016/2/15 21:53  [1544-1325]   

 カメナカジジさん  

私の黒子オーディオ感。

@オーディオが「これでどうだ」とばかりに出しゃばらないことかな(笑)

Aブラインドで聴いたとき、そのスピーカーの大きさが想像出来ないことかな(笑)
小型スピーカーは言うまでもないと思いますが、特に大型マルチウェイスピーカーはフルレンジのように鳴らないと黒子にはなれないと思うんです。

私が目指したのはどうやら『スピーカーの振動板が振動して出音してるという感じを出来るだけ少なくする』ということだったようです。
これはスピーカーが消える(黒子になる)ことと同じことですね。

スピーカーが黒子になると、どんなジャンルの音楽も楽しく聴けます。
他のシステムで音楽をいくら聴いていたとしても、その黒子オーディオをたった一日聴かないでいると、その黒子オーディオで聴きたい聴きたいという禁断症状が現れます(笑)

ですから黒子オーディオシステムは一式あれば十分です。
と言うか複数のシステムは不要になります。

2016/2/17 12:04  [1544-1326]   

 荒神聖院さん  

元ファンタです

中々そそられるスレッドを展開してますね
相方と言っていい存在と思われる
カメナカジジさん
いいアクセントを出してますね

ホントに楽しそうです
文面でそれが伝わりますね

どちらのシステムも満足できる再生が出来ている
そう思います

音は聴こえないけど…
文面で音がイメージできる

素晴らしいステレオを所持されているお二方
素敵です
関係性も素敵です

そんじゃ

2016/2/17 12:04  [1544-1327]   

ファンタさん、お久しぶりです。

縁側を再開されたようですね。まだじっくりとは読んでいませんが、
読ませていただきました。

唐突でアレですが、近所のリサイクルショップにCECのCD2100がありましたよ。
値段は覚えていませんが、高くはなかったと思います。
シャッツさんの真の音を知る為に、ドライブメカを修理する前提で購入されては
如何ですか?もしかしたらモヤモヤが吹き飛ぶかも知れませんね。

近所のリサイクルショップです。

ハードオフ 六日町インター店

ウェブなどで電話番号を調べて、問い合わせてみてはいかがでしょうか?


以下は個人的な雑感です。
シャッツさんのシステムは聴いたことがありませんが、アンプのつくりやスピーカーユニットの
つくり、箱のつくりなどを見てみますと、結構音がさらりと薄口な感じをうけてるんですが、
どうでしょうか?
さらりとしたシステムだからこそ、気持ちCDプレーヤーで濃い方向に味付けを加えてやると、
ガラリと聴きごたえが出てくるかも知れないですね。
CECとか、僕の使ってるマランツの廉価機のように中域のゴリっとした音のCDプレーヤーが、
なんとなくですが、良いように思います。

でも、あくまでも思いつきですよ(笑)
参考までに( ^ω^ )

2016/2/17 14:59  [1544-1328]   

カメナカさん、こんばんは。

>@オーディオが「これでどうだ」とばかりに出しゃばらないことかな(笑)

残念ながら、世の中に出回っている売れ筋の機器は大体このようなクセがありますね。
スピーカーから音離れがわるく、音がほぐれず、粉っぽい。
それでいて音が遠く、弱音時などなにをしているかわからない。
そのくせ「音量」だけはいっぱしにあるので、ウルサさだけは人一倍・・・てなオーディオですね。
強固な筐体でかつ内部の部品が多い機器は大抵こうですね。

>Aブラインドで聴いたとき、そのスピーカーの大きさが想像出来ないことかな(笑

まとまりがあるな〜って思ったら、実は4ウェイだった.
雄大でさぞかしデカいスピーカーなんだろうなと思ったら、実は小型だった。
という事ですよね。

>ですから黒子オーディオシステムは一式あれば十分です。
>と言うか複数のシステムは不要になります。

一つのシステムに全力投球しているからこそ、出せる音や境地があると僕も思います。
複数のシステムを所持している人や、複数のスピーカーを繋いでるケースなど、全然好みの音を
出せていない証拠だとも思います。
僕も経験があるのですが、過去に二つのスピーカーを鳴らし分けていた事がありますが、
結果として50%も機器の本領を引き出せていなかったと思います。いいところ25%でしょうね。
一つのシステムに全力投球していれば、そのシステムの150%から200%は引き出せると思います。
ですがこれが二つになれば25%、三つ所持していれば10パーセントも引き出せていないでしょうね。

音楽は、自由に響ける空間があってこそ思う存分響けるのです。
オーディオ機器もすぐ隣に浮気相手が居るようでは、存分に喘いで貴方に真の姿を見せては
くれませんよ(笑)

2016/2/17 19:58  [1544-1329]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん

情報ありがとうございます
ヤフオクでマランツのCD-5000を落としました
ある意味…ぶれてますね

貴殿のパイオニアも使ってます
ソニーと比べて高域が華やかです
楽しいです

シャッツシステムは
プリメインからスピーカーまでケーブルを含めて
足元が固まっているので
プレーヤーに左右されるんでしょうね
そりゃ CD-2100 動くなら欲しいです
というか…どんな音なんだろうって

実際はソニーで十分なんですね
ないものねだり なんです

そういえば
小澤征爾さんがグラミー取りましたね
あんまり聴いたことないんですが
ガッツリとした指揮者ではなく
どうやってオーディエンスに
素敵な音楽を聴かせるか…
自分の音というよりも
相手に合わせる指揮者のように感じます

だから個性が目立たない…
ようで やっと評価を得た
日本人らしい

素敵と感じるのは
間違いでしょうかね?

それでは

2016/2/17 23:00  [1544-1330]   

目覚めよと呼ぶ声が聞える さん  

2016/2/18 07:02  [1544-1331]  削除

こんにちは

>複数のシステムを所持している人や、
>複数のスピーカーを繋いでるケースなど、
>全然好みの音を出せていない証拠

こういう人いますねぇ〜。
当該本人はキャラの違うスピーカーだと思っているつもりが・・・
実は、十把一絡げのシステムを3つ持っているとかねぇ・・

目覚めよも3セット持ってますが、3セットがまったく違うキャラであり
それぞれに「頂上の音」を出していますので、上記には該当しません(笑

キケボウズさんは、分かっていらっしゃいますので、問題ないのですが、
ロム専などの方が勘違いするといけないので、あえて解説してみました。

2016/2/18 07:01  [1544-1332]   

ファンタさん改め荒神さん、こんばんは。

>ホントに楽しそうです
>文面でそれが伝わりますね
>どちらのシステムも満足できる再生が出来ている
>そう思います
>音は聴こえないけど…
>文面で音がイメージできる

荒神さんもこの様にイメージが出来ているという事は、荒神さんもこの感じが理解できるから
なんですよね。理解できない方はイメージがわかないと思います。

CD5000をちょっと調べてみましたが、悪くないのではないのでしょうか?
軽い筐体で内部DACは欧州製ですし、製造年代から中域重視のややまったりとコクのある
音が出そうですね。シャッツシステムにいい塩梅であぶらみを加えてくれそうですね。

小澤征爾さん、何枚かCDを持っています。
昔のアメリカ・ボストン響とのフィリップスレーベルでの作品群が有名ですね。
同じ日本人として、小澤さんの指揮が認められたわけですから嬉しいですね。

2016/2/18 19:38  [1544-1333]   

目覚めよさん、こんばんは、お久しぶりです。

そうですね。

最近感動した黒子的ソフトなどはありますか?

お時間と気持ちがのられた時でよいので、教えていただけると嬉しいです。

2016/2/18 19:42  [1544-1334]   

 荒神聖院さん  

寝れないのでちょっと遊びに来ました

最近新しいソフト手に入れてないなぁ〜
キケボウズさんが絶賛している
宇多田ヒカル でも借りてみるかな
デビュー当時 めちゃクラブでかかってたなぁ
大音量でノリノリで聞いてたから
今聞いたら新鮮かも

あと
ダイアナクラール
ケブッてる??
どんな意味なんでしょう
そんなボキャブないからイメージできません
解説をお願いできますか?

失礼します

2016/2/19 03:09  [1544-1335]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん

ROCKの優秀録音見つけました
Lenny Kravitz:Circus

音圧は作ってます
けど…素直なROCKです
ノリがあり
タメがあり
艶があり
生気があり
何にも増して…勢い

優秀録音ですよ
音は団子です
スピーカー幅広げたら…解像度 定位
上がるでしょうね
けど…音を混ぜないと

キケボウズさんなら…分かりますよね

エリック・クラプトンのアンプラグド
はまれば…あれを超えるかも

おススメです

2016/2/19 15:55  [1544-1336]   

ダイアナ・クラールのライブの様子 まさにスモーキー=ケブる

荒神さん、こんばんは。

宇多田ヒカルは僕は好きですね。
宇多田はどんなオーディオで聴いても良く聴こえるものですが、黒子システムで聴く事で更に
宇多田ワールドに浸れますよ。
やはり初期の方が良いかな?
打ち込みの低音でここまでボーカルをひき立てているんですからすごいと思います。

で、“ケブる”についてですが・・・
僕のイメージでは薄暗いジャズクラブなどで、煙草の煙が立ち込めていて目がしょぼしょぼする
ような環境で、やや年増美人な女性が酒に焼けた太くてスモーキーな声で情感たっぷりに唄うさまを
あらわしています(笑)
勿論ピアノは音数少なくマイナー調で硬質な音。
ウッドベースは太く、雄大でいて速い。
ドラムもブラシと真鍮のシャワーが降りそそぐ感じです。


レニー・クラヴィッツですか。
今度のCD購入の最右翼候補にします。
よい音盤の紹介ありがとうございます。

2016/2/19 21:53  [1544-1337]   

キケボウズさん

>最近感動した黒子的ソフトなどはありますか?

ありません。 

下記だけで、CD100枚を超えます。
一日1枚聞いて、年に3回しか聞けないのです。これ以上不要です。

@ユーミンの1970〜1980年のアルバム
A吉田美奈子さんの全てのアルバム
B加藤和彦さんの全てのアルバム
C佐藤奈々子さんの「Tears of Angel」
C井上陽水さんのポリドール時代の5枚のアルバム
Dプラグドニッケルのマイルスデイビス
Eクレンペラーのマタイ受難曲
Fハスキルのモーツアルト20番
Gケンプのベ―トヴェンピアノソナタ30〜32番
Hツェペリンの1〜6盤目のアルバム
I1950〜1980までの歌謡曲・演歌。


それに、最近、洋楽に対する考えが変わりまして、
歌詞の意味が分からないまま聞いても、その曲の本質に迫れない、
と分かりましたので、洋楽に興味が無くなりました。

どうしても聞きたい洋楽は、歌詞の意味を把握してから聞くようにしていますが
英語を一所懸命聞こうとすると、どっと疲れるので、たくさんは聴けません。

なにも、そこまでしなくても・・ と思われがちですが、
そのレベルで、話をしたいですね。

2016/2/20 01:45  [1544-1338]   

アルゲリッチとアバド

ショパン 

ピアノ協奏曲1番

アルゲリッチ(P)アバド(指揮)ロンドンシンフォニーオーケストラ

再生を始めた途端、サーとヒスノイズがスピーカーの置いてある壁面から盛大に聞こえてきます。
僕の中では、ヒスノイズの盛大さこそが名演奏&名録音の証しだと思っているので、期待が
膨らみます。

アルゲリッチ独特の、ハッキリとしたタッチで小気味の良い演奏が進んで行きます。
それでいて、弱音やピアノのペダルを踏んで音を膨らませつつ音を消すさまの絶妙なコントロールが
流石アルゲリッチ女史と感心します。

アバドの指揮も若々しく、やや暴れ気味なRSOをアルゲリッチと対等にわたり合うが如くうたわせて
いる感じです。

アルゲリッチとアバドの歌心を堪能できる盤です。

2016/2/21 18:46  [1544-1340]   

訂正です。

誤・やや暴れ気味なRSOを〜

正・やや暴れ気味なLSOを〜

2016/2/21 18:50  [1544-1341]   

雪と集落、地元の宝です

オーディオが黒子になり、心に染み入る音楽を聴く習慣が備わると、どんなチープな機器でも
音楽が染み入ってきます。

仕事中にふと耳にしたラジオから中島みゆきさんの曲が流れたのですが、ちょうど地元は雪が
降りまして、雪景色と中島みゆきさんの歌が見事な情景を醸し出していまして、しばしセンチ
メンタルな気分に浸ってしまいました(爆)
自分でも恥ずかしいくらい心が敏感になってしまうのです。

“安っぽい感性”と言われたらそれまでですが、僕の本音はこういう気持ちを持てる事が嬉しい
です。
黒子オーディオを知った人は、オーディオが無くても心や脳裏に素晴らしい音楽をいつでも
鳴らせるのかも知れません。
だから、黒子オーディオで共感できる人たちは、みなさんipodやウォークマンをイヤホンで聴く
事がそれほど好きでは無い人が多いのだと思います。

アタマの中に理想の音楽が鳴らせるのですから。


2016/2/24 21:54  [1544-1350]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん

紹介していただいた
宇多田ヒカル first love
聴いてみました

ノリやら低音 打ち込みハイハットのカチ〜ンという速さ
唖然…です
音圧が高いからダイナミックレンジが…関係ないね(恭平風)

しか〜し
シャッツシステムでは…
ボリュームが手回しなので
ビシっと合うポイントを探すのに格闘しました(バイ〜ん)
そういうところはリモコンで微調整できる機器がうらやましいです

兎にも角にも
いいソフトの紹介
ありがとうございます

2016/2/25 10:42  [1544-1351]   

荒神さん、こんばんは。

宇多田のファースト気に入っていただけましたか。
能力の高いオーディオシステムでこそ唖然とするような音楽を堪能できると
思います。

僕も少し前に、カメナカさんより宇多田のファーストのLPを貸していただきまして、
一気に饒舌な低音の虜になったんです。

2016/2/25 19:38  [1544-1353]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん

昨日 マランツCD-5000 を動かしました
なにか前よりも音が速く感じました
う〜ん そんなものか

部屋も寒い 湿度も高かった
本領発揮してないですね

春までのんびりです

2016/3/3 08:10  [1544-1364]   

荒神さん、こんばんは。

CD5000も古いものですから、1週間くらい毎日聴かないと本来の音が出なそうですね。
僕の本音を言わせていただきますと、シャッツとの組み合わせではソニーよりも濃い音楽を
聴かせてくれる気がしているんですが・・・

気長に、気が向いた時など相互に繋いでみたらどうでしょうか?
時間が決めてくれるとも思っています。

2016/3/3 19:59  [1544-1366]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん

ステレオ稼働は週2回くらいですかね
今は…そんなに根つめなくてもいいので
諸事情でなかなk聴けないんですがね

マランツ…勝手に高域が強いとイメージ持ってました
今回の導入では バランス型 という印象です
型式 相性 稼働時間 などで変わるでしょうがね

拙宅のSCD-XE800と比べると
ソニーがクッキリハッキリです…年式が違うか
中低域に重心があるので好みは分かれるでしょうね

お互いの機種 それぞれの個性が光ります
まぁ 気楽に楽しみます

こんなコメントも黒子オーディオなんでしょうか?

2016/3/4 13:32  [1544-1369]   

 荒神聖院さん  
MY LITTLE LOVER:re:evergreen

こんばんは
夜更かし全開中の荒神です
走り読みですが こちらの縁側を読み返しました

キケボウズさんは ミスチル 好きなんですね
小林武プロデュース
ミスチルは今のJ-ROCK?の王道かな

小林武つながりで…
My Little Lover
年末に出た re:evergreen
最新アルバムとファーストのリプロデュース
デビューして20年が過ぎ…
小林流の J-Pop 王道というか覇道ですね

それくらい 出来が素晴らしいアルバムに仕上がっています

Akkoのボーカルはおばさんになっても失われずに
今回のレコーディングはかなりのミュージシャンが入り乱れて
演奏者のパッションがあります
プレーヤーの手数も多くてテクニカルなんですが
バシっと心を掴むメロディーに覆われていて心地よし
音圧が高いのでダイナミックレンジがないとか優秀録音じゃないと言われるでしょうが…

素晴らしい世界が広がっています
黒子オーディオを開花させている方々に
是非とも聴いてほしい作品です

2016/3/5 04:05  [1544-1370]   

荒神さん、こんばんは。
スキー旅行を楽しんできまして遅くなりました。ごめんなさい。

マランツは年式で結構音調に差がある印象ですね。
個人的には2003年頃までのヨーロピアンサウンド調のマランツが僕は好みです。
2004年頃に今のニュープレミアムデザインに変わったと記憶していますが、いきなり音調が
箱庭風に、かつ中高域と低域が分かれてしまった風に変わってしまったと僕は思いました。
4桁の廉価機はまだマシなんですが、2桁機はややツマラナイいかにもな日本的サウンドに
堕ちてしまったと、僕は思っています。
僕の考える、世界で通ずる音調を維持しているのは依然マランツの4桁機です。

>こんなコメントも黒子オーディオなんでしょうか?

そうですねぇ(笑)
オーディオネタは雑談スレでお願いしましょうか。
黒子スレはあくまでもソフトが主役で、そんな、「ソフトが主役になれるようなオーディオシステム
とはなんぞや?」を語る場にしたいです。


マイラバ、昔好きでしたね。
20年程前ですが、僕が中学から高校の頃でしょうか、結構ヘビロテして聴いていました。
今でもラジオなどで耳にしますと、ほろ苦い青春のにおいにひたってます(笑)
ミスチル好きですね、でもやっぱり90年代のミスチルが好きですね。
比較的新しい曲ではHANABIが好きですかね?それくらいです。
マイラバもあらためて聴いてみる必要がありそうですね。



2016/3/7 21:51  [1544-1374]   

黒子システムは映画や音楽のDVD、BDでも黒子に

僕も昔は5,1CHシステムを導入してみた事がありました。
ですが、部屋を多数のスピーカーが占めている窮屈な感覚が嫌で早々に辞めた過去があります。

今はステレオで映画や音楽の映像ソフトを楽しんでいますが、正直申しまして過去の5,1CHより
満足度がとても高いと思っています。
ステレオで音場を突き詰めて行くと、音が飛んで疑似サラウンドのような効果を楽しめます。
スピーカーは前方なのに、何故か横から音が飛んでくる不思議な気持ち良さ。
勿論セリフも明瞭で、センタースピーカーがある時以上に登場人物の心情が伝わってきます。

ステレオもシアターも両立させたいのなら、それぞれ最低でも10畳以上の専用部屋を確保
するべきと僕は考えます。
それぞれの部屋を確保出来ないのなら、ステレオに尽力して数少ない機器の能力をそれぞれ120
パーセント引き出すように頑張ったほうが、トータルでの満足感は高いと僕は思います。

せまい部屋でステレオとマルチを同居させていると、いつまで経っても上は見えないと
僕は思います。

でも、ここまで書いておきながらも、最後は自己満足です。
狭い部屋に機器やスピーカーが密集していても、肝心の持ち主が満足できればそれは正解なんです。

2016/3/7 23:20  [1544-1375]   

ジュディ&マリー

ザ・グレート・エスケープ

僕が中学〜高校〜ハタチ過ぎくらいまでの時代に、一世をふうびしたバンドでした。
当時のイケてる女子たちが、こぞってボーカルのyuki風に、お洒落に可愛く歌っていたものです。

思い起こせば17年程前、高校を卒業してすぐの3月の中頃ですが、地元の有名なバンドグループが
、卒業パーティと称してジュディマリの曲を披露していたのを思い出します。
僕もその会場に参加していましたが、みんな学校も違うのに、同じ街で3年間を過ごした仲間として、
同学年として、異様な連帯感みたいなものを感じながら、彼らなりのジュディマリを僕らに
届けてくれた情景が今でも懐かしく浮かんできます。
そんな過去がありますから、特にこの3月の卒業シーズンになると、ジュディマリを聴いては
当時の青臭い空気に浸るのです(笑)

2016/3/9 00:35  [1544-1380]   

黒子オーディオになると、オーディオマニアでも音楽ファンでも誰に聴いてもらっても、誰とでも
音楽の楽しさ素晴らしさで盛り上がる事が出来ます。

妖怪ウォッチの音楽が好きな子供、洋楽に目覚めた中高生、クラシック好きな奥様、ジャズオヤジ、
メタルしか聴かない同僚、邦楽しか聴かない同僚、ブリティッシュロックしか聴かない先輩とか、
いわゆるオーディオマニアさんまで。

どなたに聴いても一様に、音楽を聴いていて楽しい、自然と体が動いてしまう、昔バンドを
やっていた時を思い出す、若いころのフジロックの空気だ、と盛り上がれます。

黒子オーディオは人と人とを繋げてくれ、かつ昔の良い思い出を呼び起こす心のオアシスのような
ものです。

2016/3/12 23:39  [1544-1383]   

SACDだけど、専らCDレイヤーしか聴かない

ニューイヤーコンサート2002

小澤征爾(指揮)ウィーンフィル


クラシックを本気で聴き始めて10年になりました。
最近になって、やっと小澤さんの音楽の凄さや深さの片鱗が、わかって来たような気がしています。

僕はニューイヤーコンサートのCDは他にカルロス・クライバーの指揮したものしか持っていませんが、
ぶっちゃけ、クライバーと単純に聴き比べてかつ乱暴なものの言い方をしてしまうと、小澤さんの指揮する
ウインナワルツはモサく感じてしまいます。
クライバーの指揮するワルツが、ズンチャッチャ♪ズンチャッチャ♪だとすると、小澤さんのワルツ
は、モン・・ツァ・ッツァ・・♪モン・・ツァ・ッツァ・・♪のような感じです。
休符の間のとり方も、クライバー独特の一瞬の静けさのようなキレもありません。
小澤さんの指揮は休符がとても長く感じます。聴いているこちらが待ちくたびれて、前へ頭が
つんのめってしまう程です。

そんな小澤さんの音楽なんですが、クライバーのような敏腕天才指揮者のようなキレやリズム感
を求めないようにして、ただ単純に小澤さんの音楽を聴いていると、キレやリズムとはまた違う
音楽の心地よさを感じてきます。
それは、時にクドい程の音楽のタメと余韻、低弦やティンパニーのパワフルさ、また高弦のキレ
上がる余韻や、時々見せる爆発的な盛り上がりなどです。
歴史あるヨーロッパの楽団の代表格とも言える、ウィーンフィル独特のややセピア調の美しいねいろ
を引き出しつつ、アメリカの楽団独特の爆発力や盛り上がりも兼ね備えている事に気がつきます。

小澤さんは若いころ、カラヤンやバーンスタインに師事し、ウィーンフィルやアメリカの
ボストン響を専属に振っていた経歴もありました。

ヨーロッパとアメリカ、両国を知る日本人だからこそ奏でられる音楽なんだと、改めて知りました。

小澤さんをこれからも応援していきたいです。

2016/3/19 19:51  [1544-1387]   

 カメナカジジさん  

キケボウズさん、こんにちは。
オフ会楽しかったです。

小澤征爾・ウィーンフィル・ニューイヤー2002のSACDお貸しいただきありがとうございます。

聴かせていただいて私も日本人なんだよなあと気付かされる日本人・小澤さんのリズムですね。
クライバーとはまるで違うのになぜかしっくりくるリズムなんですよ。
指揮棒が相当撓ってる感じのリズム(笑)

でも、ウィーンフィルがなんでこんなリズムを刻めるのでしょうかね?
小澤さんの強力な説得なのか?コンサートマスターが小澤さんに共鳴したのか?な?
楽しいです。
オフ会での演奏時も思わず笑みがこぼれてきましたね。

あっ、それから私のもSACDではなくCDレイヤーの方が完全黒子オーディオになりましたよね。
SACDだと音がちょっぴり遠くなって黒子加減もちょっぴり減少する感じです。
面白いもんです。

2016/3/22 17:52  [1544-1391]   

カメナカさん、こんばんは。

貴重でとても楽しい時間をありがとうございました。

しかしながら、カメナカシステムはクラシックオーケストラの再生がとても素晴らしいですね。
演奏を始めると、まさに部屋の空気とソフトの中の空気が繋がって、その指揮者や楽団員や演奏
している会場に居る気に“自然と”なっていました。本当なんですよ。
演奏を楽しみ、指揮者の解釈に唸らされたり笑わされてみたり、楽団員の技量に感心したり感動
したり、時には楽団員のイマイチな技量もわかってしまって、つい笑いが出たり(笑)
何枚かのCDやSACDを聴かせていただきましたが、全て指揮者の違いや楽団員の違いを克明に楽しませ
てくれました。ここら辺、違いをあばくのではなく楽しませてくれるところがとても良いのです。

指揮者が演奏会場の響きなども考えた上で残響までも指揮している様子が見えてきますし、
楽団員がそれぞれの楽器をどのような体勢や表情で演奏しているかなど、次々とそれらのシーンが
アタマに浮かんできました。

小澤さんニューイヤーは、普段は流麗なウイーンフィルが見事に小澤節を表現していましたね。
大抵ニューイヤーコンサートは同じように聴こえてしまいますが、小澤さんのニューイヤーは小澤
節全開で、とても楽しげな空気が吹き出してきていました。

ベートーベンの第九もとても考えさせられましたし、楽しめました。
ワルター&コロンビア響のものと、コリン・デイビス&シュターツカペレ・ドレスデンの二枚を
聴かせていただきましたが、今までに体験した事のない程、それぞれの指揮者と楽団の違いを
知る事が出来て、とても楽しくクラシック音楽を学べる事が出来たと思っています。

と、ここまで書いてきて、最後にカメナカシステムの音質のハイレベルさに気がつくのです。
先ずは演奏に耳がいき、たっぷりと楽しんだうえに最後にオーディオの凄さに気がつくのです。
JBL4341という大型スピーカーを使いながらも、ハーベスのようなまとまり、タンノイのような
余韻とねいろを加え、音の輪郭はJBLらしさを程よく残したような、何とも不思議な出音です。

今まで色々な方のご自慢のシステムでクラシック音楽を聴かせていただきましたが、ちょっと、
ここまでの音楽性と音質を兼ね備えたシステムははじめてです。
もちろん僕のシステムもクラシック再生には自信がありますが、カメナカシステムが横綱級だと
すると、僕のは前頭クラスに思えてしまう程の格の違いや深さの違いを感じてしまう程です。

皆さんも一度はカメナカシステムでのクラシック・オーケストラ再生を聴いて頂きたいです。
オーディオメーカーの音色とか、システムの大きさなど、そのような観点をを超えたモノを
感じられるはずです。

こんな音楽、なかなか聴けるもんじゃないですよ、僕は保証します。

2016/3/23 01:16  [1544-1392]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん
カメナカジジさん

お二方とも仲良しですね〜

小澤さんのウィーンフィルは1枚だけ持ってます
ドヴォルザーク:交響曲第9番<新世界より>

ふわ〜んとどこかBGMっぽいですが
物腰が柔らかく 凛としていて 
大和撫子(いい意味でとらえてください 嫌な言葉と感じる人もいるようで…)

なにかで読んだのですが…
小澤は楽団の邪魔をしないので丁度いい とその楽団の人がコメントしていたようです

私は それが 小澤マジック に嵌められているんでは? と考えてしまいます

2016/3/23 11:04  [1544-1393]   

 カメナカジジさん  

荒神さん、こんばんは。

亀レスでごめんなさい。

キケボウズさんとの仲良し度(笑)が高いのはやはり音楽と言う共通語があるからですね。
加えてオーディオという共通項もありました。
親子ほど歳の離れてる赤の他人が仲良しになるなんてことはあまり無いでしょうが、そこにはお互いのステレオをリファレンスにする機会もあり結果として切磋琢磨もありましたから自然と近しくなりましたね。

二人のステレオは今や双方とも黒子になったけれど、まるで違うシステムですから音楽表現に違いは当然あるんですよ。
キケボウズさんのはクラシックであろうがジャズ・ロックであろうが音楽のメインストリームを捉えるのがやっぱり上手いですから聴いてる私まで演奏に参加する(参加してる)感じを演出するんですね。
スピード感も半端ないですからハード系ロックなどはキケボウズシステムの方が上手(うわて)だと私は今でも思ってます。

これからもお互いのシステムをお互いのリファレンスにし続けるでしょうね。

2016/3/28 22:22  [1544-1395]   

皆さん、こんばんは。

連日連夜この時間まで働いているキケボウズです(笑)
そろそろ青年から中年に差し掛かっていますから、正直堪えますね〜(汗)

「シェエラザード」を流しつつ、つかの間のプライベートを楽しんでいます。


カメナカさんとは仲良くさせて頂いております。
ですが、僕が言うのもナニですが、お互いにおべっかを言い合うような生ぬるいお友達ごっこは
しているつもりはありません。
そりゃあお互いに言葉や態度は選んでいますが、あまりに出音がイマイチな時は指摘しあえる
関係だと思っています。

カメナカさんと僕、お互いに本当にオーディオと音楽が好きなんですよ。
だからこそ、お互いにお互いの強みを出し合って、刺激をお互いに与え続けられる関係で入れたら
いいなといつも思っています。

カメナカさんと僕は親子ほども歳が離れております。
だから、オーディオ探求も親子でやっているような感じなのかも知れませんね。
オヤジのカメナカさんのつくりあげた盤石な店を、ところどころツッコミをいれながらかき回す
“せがれ”の様な気で僕はいるのかも知れませんね。

最近思います。カメナカさんの盤石さがあってこそのものだと。

2016/3/29 23:23  [1544-1396]   

マイルス・デイビス

ウィー・ウォント・マイルス

こんな夜中にウイスキーロックをちびちびやりつつ、マイルス世界に浸っています。
黒子システムのとても刺激的な出音にゾクゾクとしてしまいます。
再生音のくせに、生温かい、人のやるライブ会場の気配がそこにあるのです。
音が人の気配や人のちらつく影をそこにあらわすといいますか、例えばマイルスのトランペット
でも、絶妙なミュートトランペットの息吹が気配となって、その出音がマイルスその人の
気配となって部屋に現れています。

出音から、それらを演奏している人の気配や動きがありありと浮かんでくる楽しさと気持ちよさ。
音楽鑑賞しています。

2016/4/1 01:16  [1544-1399]   

 カメナカジジさん  

キケボウズさん、こんにちは。

昨日はキケボウズ邸でのオフ会ありがとうございました。

システムがこなれて益々黒子ぶりが深まりましたね。

キケボウズシステムがカメナカジジのそれより優れてるところ・・・
特にライブソースにおいて、
演奏が始まるとすぐ演奏会場にワープしちゃう。
演奏者(会場)の熱気に圧倒される。
やはり勢いが半端ないので質の良いPAのよう。
などを感じましたね。

カメナカジジシステムのちょっと俯瞰的な感じも良いのですが、キケボウズシステムのどっぷり音楽に浸るれるって言うかぐいぐい引き込んじゃうってのもやっぱり良いですなあ。

音楽が楽しいです。

また聴かせてください。

2016/4/3 12:56  [1544-1401]   

カメナカさん、こんばんは。

わざわざ拙宅へ来ていただきありがとうございました。
普段自分では手に取る事がないようなソフトをお持ちいただきまして、新鮮でとても楽しい時間
でした。

>質の良いPAのよう〜

こう評していただき、実はとても嬉しかったのです。
昔、仕事でコンサート会場やライブ会場へ行き、その日出演するアーティストのCDやグッズなどを
その会場で販売していた時期がありました。
コンサートホールや年金会館などの大きな会場ではロビーで店を構えていましたが、小さなライブ
ハウスなどでは演奏しているステージが直接見えるフロアの後方で店を構えていたのです。
開演時間の2〜3時間前に会場入りし、商品を並べたりなどの店づくりをするのですが、その間など
ミュージシャンやPA屋さんが音づくりをしているところを見かけたものです。
同じフレーズを何度も何度も演奏をし、一番効果的に音が隅々まで通り、かつ音が瞬時に飛ぶところ
を探ってあれやこれやと彼らはやっていました。

僕は当然店の準備にいそしんではいるのですが、そこは当然音楽&オーディオ好きですから、耳の
意識は彼らの音づくりにいっている訳です(笑)
最初は音が不明瞭だったり、音量のわりに音にバラつきがある印象なんですが、だんだんと音の
ピントが合ってくるのがわかるのですよ。すると「スコーン」と演奏と会場に響く音が揃う時が
来るんですね。そうなるとたまらず音が快感なんです。気持ちいい。
思うに、この時の快感が僕のオーディオの音づくりの原体験だと思うのです。
以前にもどこかで書いた記憶がありますが、「上質なPAのような音が目標」と思ってやってきました。

だから、とても嬉しいのです。

音楽、とっても楽しいですよね。
僕の中での意識の変わった事なんですが、カメナカさんに出音を聴いて頂く時など、以前の他者
とのオーディオ聴かせ合いのように「どうだ!これが俺の良い音だ!」と言うあざとい根性が
芽生えてこないのです。
音量を必要以上に上げる事もないですし、選りすぐりの高音質盤をかける事も無いですしね。
お気に入りのなんでもない通常盤を持ち合って、ただ二人でそのアーティストから感じた事などを
面白おかしく冗談交じりにおしゃべりしていますしね。
南米のフォルクローレの「コンドルは飛んで行く」を聴きながら、「新潟の田園を颯爽とトンビが
飛んでいる光景が浮かんでくる、時に多数のカラスにいじめられるけど(笑)」などなど。

こういった、楽しい想像、イマジネーションが次々と浮かんでくるようになりましたね。
全ては黒子システムを得られた事からだと思っています。

2016/4/3 20:00  [1544-1402]   

真面目に音楽鑑賞をすると、とても疲れますよねf^_^;

疲れると言っても、「もう嫌だもう聴いていたくない、いち早く音量下げたい」
というようなうんざりする方向の疲れではありません。
例えると、真面目に遊んだ日の夜など自宅で足を伸ばした時の、「ああ、疲れたなあ」
のような、満足する疲れといいましょうか。

特に、黒子システムのような生演奏を疑似体験するようになりますと、
聴き終わると脳が考えたり快楽を処理しすぎた時と同じような、ポーッとした疲れを覚えるように
なります。
あの、コンサート会場やライブ会場から出た時の、ちょっと眩しくて、自分の身体がまた街に馴染む
までの独特の浮遊感(笑)
自宅で本気で音楽鑑賞をする度に感じています。

2016/4/12 14:30  [1544-1407]   

参考にして下さい。

2016/5/28 22:30  [1544-1420]   

キケボウズ さん  

2016/6/11 22:14  [1544-1422]  削除

みなさん、こんばんは。

ヤマト猛さん。

今は出張中にて、パソコンの前に座ってのじっくり書き込みが出来ないので、ウチに戻り次第お返事させていただきます( ^ω^ )久しぶりの書き込みをありがとうございます。

ところで、僕はこんな音で聴いています。

https://twitter.com/audiokuroko/status/7
42705036656967684


アイフォンやMacBookなどでしたら再生が出来るようです。
ウインドウズ系のパソコンだと再生が出来ないケースもあるようです。

ボロ屋がバレてしまいますがf^_^;
中低域が弾んで音楽を引っ張っている感じが伝われば良いのですが・・・
音を聴く人だと、一瞬こもって聴こえるでしょう。
でも、僕的には音楽の流れがとても心地よいのですよ( ^ω^ )

2016/6/17 02:09  [1544-1427]   

今夜も床につき、我が黒子システムで音楽を再生しているのですが。
我がシステムは再生というより、今そこで音楽が生まれている。という感触です。
もしくはレコード会社が、最終の音楽の仕上がりをチェックしてるような想像も
浮かんできます。
再生ではなく、今そこで生まれた音楽を製品にするか否かを確認する音楽を聴いている
ような印象が浮かんで仕方ありません。

2016/6/17 22:43  [1544-1429]   

 アキュタン360さん  

キケさん
こんばんは〜

私もハーベスの音は嫌いではないですよ〜
フルオケもしっかりと鳴らしますからね!(笑)

2016/6/18 19:19  [1544-1432]   

アキュタンいらっしゃい♪

色々とオーディオで試行錯誤しているみたいですね。
いろんないい音を知れているのではないですか?

ハーベス、良いっすよ(笑)
ハーベスは、音や音楽を楽しむには、なによりも機器やモノでは無くて、聴き手の意識が
一番重要だと気付かせてくれます。
だから、ある意味オーディオ年寄り向けとも言えるかも知れねっすね(笑)

2016/6/18 19:57  [1544-1433]   

 アキュタン360さん  

キケさん
私が実際に試聴して気に入ったスピーカーのメーカーは
タンノイ、ハーベス、KEF、JBL(スタジオシリーズ)、ウィルソンオーディオなどです。

特にタンノイの音は好きですね〜
あの柔らかい音は癒されますね〜(笑)

2016/6/18 22:11  [1544-1436]   

 ヤマト猛さん  

皆さん、こんにちは。

今日は、朝から、ちょっと疲れ気味だったのですが、目が覚めた時に布団に入りながら、昨日、こちらで書き込んだ、石川優子さんの『パーフェクト・シングル・コレクションplus』を聴いてみようと思いました。

3枚組のアルバムなのですが、i-padで、マランツアプリを使い、Disc1、2、3と順番に選択して、キューに登録して行きます。
それで、全ての操作終了! あとは、そのまま布団に横になっていて何もしなくても約60曲を連続再生してくれます。
何て楽ちんなんでしょう。

加えて出音が、これまた素晴らしい!
前から、スピーカーの存在は、あまり感じないシステムだと思っていましたが、最近は、更に一段レベルが上がった様に思います。
4月に聴いた時と明らかに印象が違います。

本当に優子さんが、近くで、こちらに向かって唄ってくれている様な感覚です。
そして、細かいニュアンスもより伝わって感じるんです。
何て言うんでしょうか、『そこに優子さんがいるぞ感』みたいなものが…
お〜、感激!
そして、心身が本当に癒されて行きます。

もちろん、上には上があるのでしょうが、私的には、『これ以上、何を望むんだろう?』みたいな感じになりました。

ハーベスが、購入して1年を超え日々深化している事などは感じていましたが、実は、ごく最近、CM5を売却したので、その下に敷いてあった厚さ30mm程の集成材ボードをハーベスの下に敷いたのです。
今までは、23mm厚位のボードで、面積も小さかったので、以前より足元は固まったと思います。

まあ、プラシボーとかエージング効果とかも考えられますが、自分的には、聴いているソフトが同じでも明らかに以前とは違った印象で聴こえます。

こんな事もキケボウズさんが言われているお気に入りの機器を絞り込んで使う事の効果なんだろうなあとふと思いました。

私のシステムが、黒子オーディオといえるかどうかは分かりませんが、とにかく日々使っていて、
使い勝手も良く、パフォーマンスが優れているモノは中々ないですね。
自分にとって、手放せない相棒になっている事は、間違いないですね。
満足度は、とても高いです。

今日は、いつもより、ちょっと、感激したので、キケボウズさんにも報告したくなってしまいました。
まあ、3点システムを聴いていて、感激する事は、ままあるのですが・・・(笑)

2016/6/19 17:37  [1544-1438]   

キケボウズ さん  

2016/6/19 23:04  [1544-1439]  削除

大塚愛 夏歌

ヤマトさん、こんばんは。

いいっすねえ(笑)ますます変態的になりましたね(笑)
同じように日々音楽を満喫している僕としては、共感でき過ぎてつい笑ってしまいます。

僕も一番多い聴き方が、寝る時と早朝に布団の中で音量低目で聴く聴き方なんです。
大体ポップスで音量数値が6〜8、ジャズで8〜10、クラシックだと10〜12くらいでしょうか。
ヤマトさんはアイパッドとの事ですが、僕はアイポッドです。
アイポッドの画面にて聴きたいアーティストの全アルバムを選択し、全再生をしています。
時々はシャッフル再生を楽しむ事もありますね。

3点セットは音量が低くても、実に部屋に染み入って心にも染み入る音を聴かせてくれますよね。
布団に寝転んでいても、天井や壁から、聴き応えはあるけれども耳に優しい音が降り注いでくる
気持ち良さ、心地よさは最高です。

ヤマトさんは石川優子さんがツボとの事ですね。
同じように、僕は大塚愛さんがマイツボなんです。ずっと。
大塚愛さんの曲は夏をモチーフにした恋愛ソングが多いのですが、好きな曲のイントロがかかると
夏の様々な景色や情景が脳裏に浮かんできて胸が熱くなり、今までの経験や記憶などが頭の中で
次々と浮かんできて、毎晩様々な思いを抱いて眠りについています。

花火大会に行った帰りの満点の天の川を見上げた河原、夕立後の公園で濡れた葉っぱ越しに見た顔、
かわいいサンダルに目を奪われた白い足首、ほんのりと汗の匂いが混じったあいつの匂いなどが
僕の頭の中で走馬灯の如く浮かんできます。

おそらくですが、ヤマトさんの3点セットないしは4点セットももっともっと、年月を追うごとに
良くなって深化していきますよ。
お互いに、音楽を聴く時間が本当に至福な特別な心のリフレッシュな時間になれば良いですね。

>本当に優子さんが、近くで、こちらに向かって唄ってくれている様な感覚です。
>そして、細かいニュアンスもより伝わって感じるんです。
>何て言うんでしょうか、『そこに優子さんがいるぞ感』みたいなものが…
>お〜、感激!
>そして、心身が本当に癒されて行きます。

この心境を抱けたという事は、まずもう黒子オーディオだと思いますよ。
黒子オーディオはまず感動が第一に来ます。音質は最後に気がつくのです。

僕も今、古い倖田來未のアルバムを聴いているのですが、ボーカルが熱くてハスキーなのは
当然ですけど、バックの打ち込みの音が実に闊達に部屋を踊る様に、「こう聴こえたら気持ちいい
だろう?」と僕の好む鳴りかたを熟知しているように鳴るんですよ(笑)
まるで、5点セットが僕の好む音楽を自動補正して脳に快感ホルモンを直接注入しているかの
ようです。

本当に、全ての手持ちのソフトが宝になりました。

2016/6/19 23:08  [1544-1440]   

キケボウズ さん  

2016/6/22 20:53  [1544-1441]  削除

キケボウズ さん  

2016/6/23 06:58  [1544-1442]  削除

たまには、オーディオに関する事を書いてみます。

今更改めて紹介するのもなんですが、僕の愛スピーカーは、ハーベスのHL-P3ESRです。
この一台で音楽鑑賞はもちろんテレビの音声も、DVDやブルーレイの音声も楽しんでいます。
P3ESRを導入して三年経とうとしていますが、今でも「本当に良い買い物をしたなぁ」と、
思えます。
今の僕がもう一度スピーカーを検討するとしたらやっぱりP3ESRにしますし、僕と近いと思われる
価値観の方にスピーカー導入の相談を持ちかけられたら、やっぱりP3ESRを奨めます。

このP3ESRのどこが最高なのかと言うと、それはもちろん音楽表現力なんですが、ここは最後に
言います。
では、それ以外にどこが素晴らしいのか、気に入っているのかです。

まずは普通過ぎるデザイン(笑)A4サイズのバッフルに、木の色のエンクロージャー、加えて黒い
ネット。おそらく、オーディオに興味のない小学生からお年寄りまで、「スピーカーというものを
書いて下さい」と問われれば、誰もが思いつけるデザインです。

加えて密閉で低能率という、絶対に一般的なマニアさんは買う気になれないスペック(笑)
どう考えても割高ですもんね。

それと、騒々しい店頭で、かつ軽く興奮している状態では大人しすぎる出音の印象。
まず、「良い音」を求めているマニアさんには物足りなく感じます。

最後に、組み合わせるアンプによっては、いわゆる「ハーベスらしく」ない肉食的なボクサーの
ような、鍛え上げられた音楽を聴ける事です。
世間一般のハーベスの音のイメージは、「響き、余韻、たおやか、お上品、音楽を俯瞰的に
あらわす」などでしょうか、特にスーパーHL5やHLコンパクトなどの兄貴機種はですね。
それが一転、この末弟のP3ESRは、腰の据わった濃くて質量感のある音を、ビシバシと空間に
放ってきます。

特に、マランツのレシーバーと組み合わせたP3ESRは余計そう感じます。
おそらく、一般的なアナログアンプと組み合わせたとしたら、兄達と同じ印象になってしまう
のでしょうけども。

僕は、手持ちの3点セット(M-CR603、P3ESR、QEDの79ストランド)の出音やふるまい、スマートさに、
理想のヒトを重ね合せているんでしょう。
だからこそ、ここまで自分の機器に惚れられるのですね(笑)

自己マンカキコ失礼しました(笑)

2016/6/23 07:01  [1544-1443]   

 アキュタン360さん  

キケさん
こんばんは

J-BILLYさんの縁側では、お話しないんですか?
オーディオ等の話で盛り上がりましょうよ!(笑)

2016/6/23 17:37  [1544-1444]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん
ご無沙汰しています

3点システムを丸ごと受け入れて
とても大切にされているな〜
また音楽に対しても
音質がどうのこうのというよりも
奏でられる音のつながりを感じて
音楽の素晴らしさを体感されているだな〜

って思いをはせてしまいました

貴殿のシステムから奏でられる音楽がとても素晴らしいんだろうな〜
って羨ましく思います

私の方は
オーディオについては特に進歩もなく
ただ在るがままに
シャッツシステムから奏でられる音楽に魅了されています
エラ&ルイのPoggy & Bess
が最近ではすげーって心が動かされましたね

素敵なオーディオライフをお過ごしください

2016/6/25 17:30  [1544-1445]   

キケボウズ さん  

2016/6/28 07:11  [1544-1446]  削除

キケボウズ さん  

2016/6/28 13:07  [1544-1447]  削除

ファンタジスタさん、ご無沙汰しております。

>3点システムを丸ごと受け入れて
>とても大切にされているな〜
>また音楽に対しても
>音質がどうのこうのというよりも
>奏でられる音のつながりを感じて
>音楽の素晴らしさを体感されているだな〜

はい、そうだと思います。
また、こういう気持ちをご理解出来るファンタさんにここまで書いて頂けて、
二重に嬉しく思います。

ファンタさんこそ、僕なんかのこんな縁側の書き込みに共感して、かつ書き込んでいるのですから、
シャッツさんのシステムがファンタさんの至高なんでは無いですか?
僕はそんな気がしていますよ。

2016/6/28 07:12  [1544-1448]   

バストウエストヒップ

ザ・ブルーハーツ

バスト・ウェスト・ヒップ

もう二十数年前に購入したアルバムです。
以来、少しでも心が風邪っぽくなる度にラックから取り出して聴いています。

朗々と太く抜けるヒロトのボーカル。
ソリッドに金属質に彩るマーシーのギター。
粛々とメロディラインを彩りつつも下支えが見事な
河ちゃんのベース、ギターが上昇すればベースが下がるように、うねりを加えています。
浅めのタムを、どっしりとやや後ノリでビートを刻む梶君のドラム、重厚なシンバルのドシャーン
が、なによりもロックです。

♪くだらねえ仕事でも仕事は仕事、働く場所があるだけラッキーだろう♪

♪どっかの坊ずが親のスネかじりながら、原発はいらねえってよ♪

2016/6/28 13:10  [1544-1449]   

 荒神聖院さん  

キケボウズさん こん○○は

私にとってシャッツシステムから流れる音楽が「至高」かどうかは分かりませんが
音楽が心を充足させてくれているのは感じ取れます。
そんな音楽を奏でてくれるシャッツシステムに対して「ありがとう」と思っています。

ステレオの価値基準が変化したんでしょうね
極端ですが
原音ではないことを理解し音そのものを受け入れて
その状況を楽しんでいる っていうことかな?
相対化したということですかね
ま〜そんな感じです

だからなのか?オーディオが黒子になったんでしょうね

最近は時折ですが
クラシックやジャズ、ポップスなどなどを
少しづつ聴き直しています
どれもこれもが「素晴らしい」
音楽のどこかを集中して聴くのではなく
どこにも集中を置かないように集中して音楽を聴くと
各パートの音の調和が感じ取れ
音楽の流れが見事に「生きている」と感じています

このスレッドでは不似合いでしたかね?

では作品提示ですが
カラヤンのベートーヴェン交響曲 70年代録音 グラモフォンレーベル
音の広がりというよりも煮詰めた感じがまたいいですね
パート毎の主張をカラヤンがドカ〜ンと爆発させているような
面白いですね

それでは

2016/6/29 11:37  [1544-1450]   

アキュタン360 さん  

2016/7/26 17:47  [1544-1451]  削除

アキュタンさんこんばんは。

僕はビリーさんの縁側に認定して頂きましたが、殆ど参加できないでいます。
もちろん会話の流れにもついていけていません。

おそらく、これからも、よほど時間と気持ちの余裕がない限り難しいでしょう。

その事から、わざわざ出しゃばってあいさつに向かう事は必要ないかと。
また、その事を貴方に求められる立場でもないです。

2016/7/6 20:36  [1544-1452]   

あと、ここは一応黒子オーディオスレですので、雑談は他に書いて下さいませんか?
堅苦しくて申し訳ないすけど、書いてあることは守って下さい。

2016/7/6 20:56  [1544-1453]   

夏は良いですよねえ( ^ω^ )
風呂上がりに汗をかきつつ、ビールに喉をならしつつ、お気に入りの曲を音量そこそこで流すのです。
冬は空気が乾燥しているのか、我がハーベスの出音も乾いてどこかよそよそしいのですが、
夏場は夏の重い空気を味方にするのか、実に聴き応えのある濃ゆい音楽が部屋を満たします。
多少気持ちが滅入った日の夜も、我が愛機の発する音楽を聴いていると、不思議と明日も頑張る
気力が湧いてくるのです。
僕の人生、日々の生活の活力を得られる至高のシステムを得られました。
オーディオ趣味に出会えた事に感謝しています。

2016/7/19 23:36  [1544-1463]   

キケボウズ さん  

2016/8/14 00:21  [1544-1543]  削除

大塚愛

クラゲ、流れ星

イントロのピアノが流れたとき、さーっと部屋の空気が、夏の満天の星空を見上げているような、
そんな情景を見ている気になります。

そしてまた、黒子オーディオは打ち込みの音も素晴らしく聴かせてくれます。
「キラキラピチピチ」とした装飾音が瑞々しく、瞬く星々と頬を撫でる風を現しているのがわかります。音楽の中盤から「ドーン」とした低音の打ち込みが見事に音楽の下支えをして行くのですが、
奥の方でストリングスの細やかな音が鳴いているのが聴こえてきます。
草木が風に揺れる情景を現しているのでしょう。

ホントに見事な情景描写です。
加えて大塚愛さんの歌と歌詞が加わるのですから、もう、素晴らしい過ぎます。

黒子オーディオは、アーティストが伝えたい事を簡単にわからせてくれます。
これこそ本当の意味でのモニタースピーカーだと僕は思うようになりました。


2016/8/17 12:52  [1544-1551]   

床につく前に、iPodにて再生したいアルバムを選び、小音量で流しつつ横になります。
極小音量なのに、実にそこに気配や温度感のある声が現れます。
まるで、好きなアーティストの気持ちというか魂が自室に現れてくれてるような・・・(笑)
またもや妄想放言をすいませんねf^_^;
でも、そう錯覚してしまうほどだからこうやって書いているんですよ。

音が壁や天井に響き、僕の体に降りそそいできます。
頭の中にそのアーティストの像を描きながら、足首で布団を叩いてリズムを楽しんでいるうちに、
いつの間にか寝ている毎日です。

黒子オーディオはもはやかかせない。

2016/8/20 00:32  [1544-1553]   

黒子オーディオは賢いヤツだ。

僕が毎日毎日起きている間中、我が黒子オーディオで音楽を聴き続けていますが、ふと思う時が
あります。
「なぜ飽きないのだろうか?」と。

そこで、飽きない理由を探す事を第一に意識しながら、曲を聴いてみました。

それからわかった事は、我が黒子オーディオは曲をただ再生するのではなく、曲の流れなどに
応じて聴かせるべき音をその都度その都度クローズアップして、更にその曲にのめり込める
ようにやっているようなのです。

その曲を知り尽くしたカメラマンがライブ映像やPVを撮影しているように、全体で演奏している
時はやや俯瞰的に全体を表現し、そのうちギターが印象的なフレーズを繰り出したり、ボーカルが
ソロで歌う場面になると、まるでスポット的にその奏者やボーカルを拡大ピックアップして、
よりソロが際立つ様に聴かせる印象なんですね。
だから黒子オーディオと言うのは、映像がないCDの再生でも、まるで今そこで音楽が生まれている
ような錯覚をおぼえてしまうのでしょう。

ロックなどのポピュラー音楽だけではなく、クラシックもそのように楽しませてくれます。
合奏時にはやや俯瞰的に、楽器群がメロディを受け渡して音楽が進む時などは、マスゲームを目で
追っているような音が見えます。
そして、ティンパニーや管楽器がソロを奏でると、一瞬カメラがその奏者を切り取るがごとく
その映像を音としてピックアップしてくれます。

なんていうのか、音楽が好きで好きでたまらない人達がつくったプログラムが我が愛機たちには
組み込まれていて、演奏するソフトに応じて音楽をこれ以上ない程満喫出来るように聴かせてくれる。
ような感じなんですね。

たかが機械ですが、ここまでだと魔法的な要素を感じる我が黒子オーディオです。

2016/8/22 21:52  [1544-1569]   

モンゴル800、略してモンパチ

モンゴル800

メッセージ

2000年ごろ一世を風靡した『青春パンク』です。

『あ〜な〜た〜に、会いたくて〜え〜会いたくて〜え〜♪』

とは洗剤か何かのCMで使われていましたが、耳に覚えのある方もいらっしゃるのでは??

『ほら、あなたにとって、大事な人ほどすぐそばにいるの、ただ響け恋の歌♪』

すっげえ大切なことが込められている詩だと思いますよ。



2016/8/31 22:21  [1544-1585]   

BGMとしてながら聴きのときは、iPod再生が重宝します。
マランツレシーバーとP3ESRの「聴かせる力」がありますから、ただ部屋に心地よい音楽を
鳴らすだけなら、ビットレートがAACの320程度でも充分すぎるほど聴かせてくれます。
そんなお気楽オーディオです。

プッチーニ

オペラ「ラ・ボエーム」

テバルディ他

大好きなラ・ボエームです。
最後は悲劇ですが、このオペラはアリアがとても綺麗で優しくて大好きっすね。
部屋と心に染み入るアリアです。

2016/9/3 00:23  [1544-1600]   

小さなテレビの中の世界へ

大塚愛

2007コンサート「ベストなコメントにめっちゃ愛を込めんと!!!」
ライブDVD

今夜は大好きなアーティストの大塚愛さんのコンサートDVDを堪能しております。

再生をはじめた途端、スピーカーが消える!テレビが消える!自室にいる意識すらも忘れる(笑)
僕の意識は2007年当時のコンサート会場にタイムスリップしております。

黒子オーディオは、アンチエイジングの効果もあるのかも知れません。

2016/9/15 21:48  [1544-1641]   

 ヤマト猛さん  

再び、ヤマトです。

>黒子オーディオは、アンチエイジングの効果もあるのかも知れません。

私も自分が若い時の音楽を聴いていると、その時代にあった出来事が、次々と脳裏に浮かんできて、
更に気持ちまでもその時にタイムスリップして行きます。

何か体内に『若返りホルモン』の様なものが、ドバっと流れ出ている感じですね。

私は、若返り効果は、、確実にあると実感しています。

これは、通常の音楽を聴いていてもそう感じていたので、
黒子オーディオだと、その効果が更に、倍増しそうな感じもしますね。

新しい商売でも始めますか。(笑)

2016/9/18 05:14  [1544-1643]   

ヤマトさん、こんばんは。

そうですね、これについてちょっと興味深い事が実はあるんですよ。

いきなりでナニですが、僕は実は20代後半までは常に老けて見られていました(爆)
常に実年齢のプラス5歳くらいの歳に見られていたんです。

それが、色々な要素はあるとは思いますが、30歳を超えた辺りから実年齢より若く見られる
事が増えてきたのです。
今度は逆に実年齢よりマイナス5〜6歳は若く言われることもある様になりました。
これは老若男女問わずの方々からですし、自分よりも一回りも下の若者からも言って貰えましたよ。

まあ、「若い」と言われて舞い上がっている事がすでに歳を重ねている証拠なんですが(笑)

話しが少し脱線しましたけれども、僕が30歳を超えた頃というのは、ちょうどオーディオ趣味も、
「好みの機器で音楽を楽しむ」という事に気がつき始めた頃と重なるんですね。
今思えばこの頃から黒子的な音を出せていたと思っています。

それから私生活で色々な事があり、結果としてマランツレシーバーを手にし、今に至っている
わけです。

日々のストレスから来る「老い」を、良い音楽とか黒子オーディオはブレーキをかけてくれている
のかも知れません。

まあ、全てが全て黒子オーディオのおかげとは言えませんが、少なからず影響はあっただろうと
思うのです。

2016/9/21 21:49  [1544-1649]   

ヤマトさん、続けて書きます。

>新しい商売でも始めますか。(笑)

黒子オーディオでもっともっと音楽ファンを増やしたいですよね(笑)
音楽ファン同士で変態妄想を語りあう・・・最高すぎる!!!(笑)

黒子オーディオが一般的になった社会、理想郷ですね。



2016/9/21 22:01  [1544-1650]   

 ヤマト猛さん  

キケボウズさん、おはようございます。 続けて書きます。

>>新しい商売でも始めますか。(笑)

>黒子オーディオでもっともっと音楽ファンを増やしたいですよね(笑)
>音楽ファン同士で変態妄想を語りあう・・・最高すぎる!!!(笑)

>黒子オーディオが一般的になった社会、理想郷ですね。

なるほど、さすが、キケボウズさん、高宗です。 そっちですね。(笑)


実は、私は、もっと下世話に『アンチエージング オーディオ』みたいなモノを想像していました。

特に世の中の女性は、『若返り』『美肌』には、いくらでもお金や労力をつぎ込む様に思えます。

うちの家内をみているとつくづくそう思うのです。
美容に効くという様々な食品やサプリを試し、色々な化粧品を塗りたくり、
何やら、マッサージ器だとか髪に良いというドライヤーをえらい時間をかけてやっている…
きれいになって、一体誰に見てもらいたいんだろうか?(笑)

なので、こんな商売をしたら、すごい事になるんじゃないかななんて・・・
女性客が、圧倒的に多いでしょうし

そうなったら、実は、カメナカさんが、一番喜ぶんじゃないかな?
なんて妄想していました。(笑)

2016/9/26 08:13  [1544-1661]   

 ヤマト猛さん  

こんばんは。

更に続けて、ヤマトです。


キケボウズさん

私も小さなテレビの中へ入ってしまいました。
今の5.0chスピーカーに代えて、P3ESRをテレビの両サイドに置いて、2.0chで、視聴してみました。
実は、もう、一週間以上前になりますかね。

>再生をはじめた途端、スピーカーが消える!テレビが消える!自室にいる意識すらも忘れる(笑)
>僕の意識は2007年当時のコンサート会場にタイムスリップしております。

この感覚、分かります。
スピーカーが無くなるのは、今までの経験から予想できていたのですが、
2.0chなのに、本当に音が、サイドや後ろから聴こえたりするんですね。(@_@)
思わず、リアスピーカーが入っているのではないかと確かめちゃいましたよ。

これなら、5.0chは、いらないなっていうか、今まで、何をしていたんだろうって感じですね。
音楽ソフトは、もちろん、映画やドラマもリアル感、そこから得られる感動が今までと全然違います。

FOSTEXのGX100シリーズ、特にフロントは、GX100LTDとそこそこのスピーカーを奢っていたつもりだったんですがね。(>_<)

これは、流石、ハーベス、流石、P3ESRとしか言いようがないですね。

これを味わっては、もう、元には戻せません。
でも、テレビの両サイドにハーベスを置いて、ピュアオーディオと兼用は、試聴位置の関係からもしたくない。

成り行き上、しばらく、フロントに使っていた、GX100LTDをピュア用に使ってみましたが、
やっぱり、P3ESRを知っちゃっているとダメですね。

出音自体は、決して、悪くないんですよ。
良い音してるんです。 って言うか、かなり良い水準行っていると思うんですよ。
でも、スピーカーから音が出ているって感じで、スピーカーが消えないんですよね。
これでは、黒子オーディオにならない。

という事で、まずは、センタースピーカーのGX102を処分。
そして、P3ESRをもう一組ヤフオクで、丁度、13万円で程度の良さそうなのが出ていたので、
落札・・・できませんでした。(^_^;)

さてさて、どうしたもんじゃろうのう。

それでは、今日の所は、この辺で・・・

つづく

2016/10/4 02:06  [1544-1671]   


ビユテフルの掲示板に
ビユテフルの掲示板に新規書き込み
全員投稿可
ビユテフル
ビユテフルをお気に入り登録
運営者:
キケボウズさん
設立日:
2014年5月11日
  • 注目度:

    71(お気に入り登録数:19件)

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ