縁側 > ニュース > 危機的状態がつづく「福島廃炉センター」
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

紹介文

<日本の間違った安全文化> 安全最優先と安全文化を混同すると安全文化は破壊される。安全最優先と安全文化の混同は日本の未来を破滅に導く日本の未来へのテロ行為である。

<福島第一原発の核燃料は地下18kmにある?>
http://engawa.kakaku.com/userbbs/124/Thr
eadID=124-4125/


<福島原発事故により放出された放射性微粒子の危険性>
http://blog.acsir.org/?eid=31

<反省が足りない>
http://xwin2.typepad.jp/xwin2weblog/2014
/04/goyogakushasanotsu.html

http://www4.plala.or.jp/kawa-k/hihyou/li
fe14.htm


注)旧・福島第一原発はすでに発電所ではない。東電が仮称で用いた「福島廃炉センター」と呼ばせてもらう。

  • 危機的状態がつづく「福島廃炉センター」の掲示板
  • 危機的状態がつづく「福島廃炉センター」の投稿画像
危機的状態がつづく「福島廃炉センター」の掲示板に
危機的状態がつづく「福島廃炉センター」の掲示板に新規書き込み

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


NHKをはじめ多くの無理解な人たちが行ってきた理不尽な対応には強い怒りを感じつづけていますが、そいつらを機関銃などの殺傷兵器をぶっ放して皆殺しにできるわけでもなく、仮に皆殺しにできたとしても、それで安全文化が向上するとも限りません。安全文化がない状態で再稼動をつづけたら破滅的未来がまっているという確信は揺るぎありません。いくら注意喚起を強めても、NHKの「安全文化」に対する勘違いによる暴走はとまらない。間違い情報のクラスター爆弾を連発しつづけている。NHKには、電話、手紙、ファックス、電子メールのすべての手段で長年月に渡り繰り返し改善を求めているが、全く改善がみられず、こちらを怒らせるようなふざけた態度をしめしたり、いろんな形での嫌がらせをこちら側に加えて電話をガチャ切りすることが改善だと勘違いしているようだ。

NHKふれあいセンターに「NHKは安全文化の意味を勘違いしている」と電話すると「十分聞いた」といってガチャ切りする。

最近気づいたのだが、もし本当に「安全最優先」で物事を進めているのであれば、これで十分というのはあり得ないはずであり、改善もしないで「十分聞いた」といってガチャ切りするというのも経済優先になっているということの表れではないか。

それに、ふれあいセンターのオペレーターは「必ず伝えます」といっていいことをした気になっているが、ガチャ切りしたら何も伝えられないということは分かっているのか。

仮に伝えても、伝えた先に理解できるようには伝わらない。オペレーターの段階で最初の数語で瞬間で勘違いしそれから後の内容は滅茶苦茶な内容に作り替えられて伝えられている。

NHKのやり方は、安全最優先でも安全文化でもない。安全最優先と安全文化には雲泥の差があることも理解できない。これで原発の安全性について偉そうなことを言えるはずはない。それで安全デマを流すことで罪滅ぼしをしようとしているのかもしれない。

しかし、安全デマを押し付けられて放射能入りの食べ物を文句を言わずに食べろと強制されている国民の側からはNHKのやっていることは理不尽の一言につきる。

NHKの言っていることは1〜10まで間違っている。NHKのやっていることは1〜10まで理不尽だ。いくらいっても改善はみられず、改善する気もない。これではもうNHKは潰すしかない。

この核災害は、人災を通り越して、人的な意思をもっておこなわれる殺人行為である「戦争」の範疇に入っていると考える。NHKがいくらいっても改善しないのは、わざと意図的に悪意で行っているからだ。内閣府、経産省、東電本社、NHKは、国民の生命と生活を脅かす敵である。騙されて「食べて応援」とかしてると簡単に死んでしまう。騙されてはいけない。

NHKは日本を破滅に追い込む強力な思想的「病原体」である。NHKは多様かつ凶悪な無数のデマを毎日大量に報道し続けている。恐ろしいことだ。NHKを信じてはいけない。ネット情報などはほとんど当てにならないもののほうが多いくらいだがそれでも騙されるリスクを減らしながら有効に活用できている人もいる。リテラシーの問題だ。NHKはネット以上の悪質かつ劣悪な情報をどういうつもりなのかしらないが毎日大量に流している。自分たちが苦手な分野に関してはチェック機能が破たんしているのだろう。NHKの安全デマを信じてはいけない。福島の復興というのは経済の問題である。そのために大切な自分の命を差し出して死んでも一切文句をいうなとは・・・NHKは新潟に対する風評の責任もとってませんよね。福島第一原発からでた大量の放射能は新潟にもまき散らされてます。新潟県は二重の被害を受けています。NHKは責任をとってください。

2017/3/31 23:47  [124-5102]   



http://www6.nhk.or.jp/special/detail/ind
ex.html?aid=20170415


NHKは福島第一原発事故の実態を甘く見ている。見えてきた”壁”とかいっているが、NHKにとっては、みえてきたのかもしれないが、そんなものは多くの関係者は事故が起きるはるか前から見越していたことでしかない。

そういうはるか前から今の事態が予見できていた人たちがいう事をNHKは無視している。無視するのみならず言論を弾圧して社会的に抹殺している。

廃炉とか言ってはしゃいでいる奴らの試みはすべて失敗するだろう。おそらく廃炉は、今から数百年くらいの間はできないと私は考えている。やることなすことが失敗して、犠牲者のみがふえてゆき、放置した状態になると私は予想する。無理してそんなことをしても意味ないと気づき、誰もそこにちかづかなくなり、そのまま価値のない土地として放置されるのではないか。

利用価値のある土地になるまでに、おそらく何百年もの年月を要するのではないか。南極や北極や砂漠の真ん中のとちのように、人を寄せ付けない不毛の土地として長年月放置される運命にあるのではないか。

そのような可能性も考えた時に、やはりNHKスペシャルの考察は浅いし、間違っている。

やはり、NHKスペシャルの思考レベルの限界は、奇跡のパンダファミリーあたりだということだろう。

2017/4/16 20:07  [124-5109]   

>廃炉も解体も出来ない原発い

 一九六六年に、日本で初めてイギリスから輸入し た十六万キロワットの営業用原子炉が茨城県の東海村で稼 動しました。その後はアメリカから輸入した原発で 、途中で自前で造るようになりましたが、今では、 この狭い日本に一三五万キロワットというような巨大な原 発を含めて五一の原発が運転されています。

 具体的な廃炉・解体や廃棄物のことなど考えない ままに動かし始めた原発ですが、厚い鉄でできた原 子炉も大量の放射能をあびるとボロボロになるんで す。だから、最初、耐用年数は十年だと言っていて、 十年で廃炉、解体する予定でいました。しかし、一 九八一年に十年たった東京電力の福島原発の一号機 で、当初考えていたような廃炉・解体が全然出来な いことが分かりました。このことは国会でも原子炉 は核反応に耐えられないと、問題になりました。

 この時、私も加わってこの原子炉の廃炉、解体に ついてどうするか、毎日のように、ああでもない、 こうでもないと検討をしたのですが、放射能だらけ の原発を無理やりに廃炉、解体しようとしても、造 るときの何倍ものお金がかかることや、どうしても 大量の被曝が避けられないことなど、どうしようも ないことが分かったのです。原子炉のすぐ下の方で は、決められた線量を守ろうとすると、たった十数 秒くらいしかいられないんですから。

 机の上では、何でもできますが、実際には人の手 でやらなければならないのですから、とんでもない 被曝を伴うわけです。ですから、放射能がゼロにな らないと、何にもできないのです。放射能がある限 り廃炉、解体は不可能なのです。人間にできなけれ ばロボットでという人もいます。でも、研究はして いますが、ロボットが放射能で狂ってしまって使え ないのです。

 結局、福島の原発では、廃炉にすることができな いというので、原発を売り込んだアメリカのメーカ ーが自分の国から作業者を送り込み、日本では到底 考えられない程の大量の被曝をさせて、原子炉の修 理をしたのです。今でもその原発は動いています。

 最初に耐用年数が十年といわれていた原発が、も う三〇年近く動いています。そんな原発が十一もあ る。くたびれてヨタヨタになっても動かし続けてい て、私は心配でたまりません。

 また、神奈川県の川崎にある武蔵工大の原子炉は たった一〇〇キロワットの研究炉ですが、これも放射能漏 れを起こして止まっています。机上の計算では、修 理に二〇億円、廃炉にするには六〇億円もかかるそ うですが、大学の年間予算に相当するお金をかけて も廃炉にはできないのです。まず停止して放射能が なくなるまで管理するしかないのです。

 それが一〇〇万キロワットというような大きな原発です と、本当にどうしようもありません。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/page16.html

大事故を起こしていない通常の原発でも廃炉なんかできない。ましてや大事故を起こした福島第一原発の1〜3号機で廃炉なんかできるはずがないのだ。NHKは愚かにも「40年後の未来へ」とかいうタイトルの原発関連のウエブページを作っているが、40年どころか100年たっても廃炉になんかできないと考えられる。

40年で廃炉にできるなどというのは幻想だ。そういう作り話を作らないと銀行から金を借りられなくなるから、東電は嘘でもなんでもいってできるかのような作り話をでっちあげないとにっちもさっちもいかないという状態だ・・・ということなのだろう。

私は自分の一生の間に福島第一原発どころかそれ以外の原発も含めて「どれかの原発が廃炉になった」などというニュースを見ることはないだろう。廃炉になんかできない、できる見込みもない・・・という状態のまま、お先真っ暗のなかで死ぬ・・・ということを恐れている。

2017/4/24 02:36  [124-5111]   

廃炉作業の費用と期間に隠されている原発の真っ黒な現実。
http://www.magazine9.jp/osanpo/130821/

2017/4/24 02:53  [124-5112]   

>福島第一は廃炉にもできず、放射能を閉じ込めた「悲劇のモニュメント」として半永久的に残る。

>どれだけ巨大なふたで覆ったとしても、「悲劇のモニュメント」は今後数代にわたって日本人を脅かし続ける。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/worl
d/2011/08/post-2228.php


「数代にわたって」というのですらまだ楽観的過ぎる。千年〜万年単位の時間かあるいはそれ以上が必要かもしれない。半永久的に無理だと考えたほうが良いかもしれない。それ以前に、人類があと千年も万年もの間、破滅せずに存続できるのかすらも定かではない。ネアンデルタール人とかは2万年まえに絶滅したらしいが、何千年〜何万年も先まで、人類が存続できるのかなどということは誰にもわからないのではないか。廃炉とかができる以前に、今の人類が絶滅するほうが先になるのではないだろうか。おそらく「新人類」などは存在しない。今の人類は、現存する唯一のホモサピエンスとしての種であり、今の人類の絶滅は、人類そのものの絶滅を意味するということになるだろう。

2017/4/24 03:16  [124-5113]   

言葉による見当はずれな思考回路の暴走が人類を破滅に追い込む可能性もある。

コンピュータのプログラムを少しかじった人なら誰でも経験することであるが、プログラムの中にミスがどうしても入り込んでしまい、試作したプログラムが暴走してコンピュータがリセットボタン以外のどのボタンを押しても反応しなくなってしまって、リセットボタンを押さざるを得なくなったり、滅茶苦茶な文字や画像がでたらめにでてきたり、意味のないけたたましい音が突然出てきたりしていわゆる「暴走」状態になったりする。

人間の思考回路でも同じことが起きるに違いないのだが、人間の頭にはそれをある程度のところで判断し無意識の間に停止させる思考回路も組み込まれているのだろう。多くのコンピュータのプログラムでもそういう工夫は組み込まれている。

しかし、今回の福島第一原発以降に発生しているNHKの原発報道にみられるような、ハチャメチャに狂った言語の暴走が、6年たったいまも止まらない・・・ますます、力をつけて暴走が加速している・・・という現象を目の当たりにしている今、言語の暴走、思考回路の暴走というのは、止まる気配は感じられず、むしろこれからますます活発化していくと考えるのは妥当であろう。

思考の暴走を止めるために、言論の弾圧を行ったりするが、言論の弾圧をすること自体が、また別の弾圧している側の思考回路の暴走を許してしまう結果になるだろう。言論の弾圧によって暴走を止められると考えるのは甘い。言論の弾圧をしている側が常に正しいとは限らないから、言論の弾圧というもは、寧ろ思考の暴走を助長すると考えたほうがよいだろう。

ネット上では「炎上」という現象が問題になっていて、そのせいで、私のアカウントも取り消されてしまった。このような臭いものに蓋をするようなやり方は、本当の問題解決にはなっていない。非常に大きな問題が手つかずのまま残されているということを意味している。

思考は暴走する。思想は悪に傾く。臭いものに蓋をしても悪の暴走は止まらなくなる・・・。このような腐敗構造はこれまでも何回も人類を危機に追い込んできた。

これまでもそうであったが、今回の原発事故では、原発そのものの危険性もさることながら、日本人の思考回路の欠陥が看過すべからざるほどまでに露呈されている。それでも反省も改善もしようとしない日本人には未来はないと考えたほうが良い。NHKの暴走は日本が内在する重大な思考的欠陥を顕在化したものであり、それは氷山の一角にすぎない。日本人が抱える問題の根は恐ろしく深い。

2017/4/24 03:52  [124-5114]   

「ペンは剣よりも強し」とか「暴力はいけない」とかよく言われるが、よく考えると、言葉の暴走による腐敗にリセットをかけるのは、最終的には「暴力」しかないのかもしれない。「戦争反対」とかいう言葉もよく聞くが、言葉の暴走による腐敗に最終的にストップをかけるのは「実力行使」しかないのかもしれない。

オウム教をいくら説得しても無駄だった。屁理屈で切り返してきて反省も改善も行わない。最終的には、部隊がサティアンに入り込んでいって家宅捜査をおこなったりして強制執行を行わないとオウム教は解体できなかった。アメリカが行っているテロとの戦いも同じような原理が働いていると考えられる。

NHKの暴走も似たようなところまで達している。私がNHKなんか潰すしかないといっているのはそういう趣旨だ。オウム教と同じで、いくら言葉で説明しても聞く耳をもたない。もうNHKは強制執行で潰すしかないと私は考えている。

2017/4/24 04:09  [124-5115]   

そのような、暴力をなくそうとして、いろんな小細工をしていた組織を暴力により破壊した・・・という話が、前述の「ストーカー」というコンピュータゲームの話だろう。

C-CONSIOUSNESSという装置を破壊し真のエンディングを迎えた。

正しさの基準そのものが破たんした狂った思想の中では何が正常なのかすらわからなくなる。そこで戦争が生じてくるが、答えは見つからない。そのまま全体が破滅する・・・ということが実際にあり得る・・・ということが現実的に想像できる世の中になってきたのではないか。

安全最優先と安全文化の混同という問題は、取り組むべき一つの練習問題としては、いい題材になるのではないだろうか。

2017/4/24 04:30  [124-5116]   



パンダの交尾する映像とかが流れていたようだった。NHKスペシャルの製作スタッフの知能レベルであつかえる内容は、この程度の内容が限界と考えられる。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/ind
ex.html?aid=20170408

2017/4/10 20:08  [124-5108]   



福島県は大量の放射能ですでに汚染されている。福島県だけではない、東日本全体は、事故前の常識の多くが覆ってしまう程に汚染されている。

復興庁や福島県は、除染を行えばすべてが昔のように戻るように言うが、間違っている。程度の差はあれ、厳密な意味ではもう以前の世界には戻らないと考えたほうがいい。

放射能汚染された地域では、放射能に関する知識を持たないと、予想外のことが次々に起きてきて、結局は、長くはそこには住んでいられなくなるだろう。福島の復興を考えるときには、IAEA安全文化の考え方をすべての土台に置いて議論する必要がある。そのことに気づくのが遅れると、それだけ真の復興は遠のくと考えられる。

IAEA安全文化というのは、単なる屁理屈ではない。非常に多くの尊い犠牲の上で獲得された非常に貴重な知識である。汚染地帯の中で、それを軽視するべきではない。

2017/4/7 23:16  [124-5107]   



東電新社長の小早川氏は東工大学出身だそうだ。吉田元福島第一原発所長と同窓ということになる。広瀬前社長や清水元社長などの経済学部出身者や関西電力の岩根社長のような法学部出身者ではなく、理系大学出身者ということは評価できる。しかし、それだけで簡単に原発のことを理解したり、安全文化を醸成したりできると考えるのは甘い。小早川氏は東電委の提言に沿った改革をしたいと述べているらしいが、その東電委の提言のなかの「安全文化」の解釈が、例によって「安全最優先」と混同したままになっている。これでは、安全文化は醸成されるどころか、ますます破壊されるだろう。原発は全く安全にはならず、今まで以上にますます危険になっていくということになると予想される。「安全文化」と「安全最優先の文化」の違いを理解するのは想定外の難しさを伴う。その難しさと比べると、safety-1とsaety-2の違いは非常にわかりやすい。このsafety-1とsaety-2の違いを突破口にすれば、なんとか「安全文化」と「安全最優先の文化」の違いにたどり着けるかもしれない。はたして新社長は安全文化とは何かを理解して「安全文化の破壊の歴史」に終止符を打ち、真の安全文化の復建をはかることができるのか。道は果てしなく遠い。そのまえに原発は、たぶん再稼働されないまま使い物にならなくなるのではないだろうか。

2017/4/3 21:35  [124-5106]   



>「風評被害」とは「根拠のない噂のために受ける被害」と定義される。しかし、福島第一原発の爆発も、放射性物質の拡散も事実だ。「根拠のない噂」ではない。自主避難者≠ェ被曝リスクを避けるために福島に戻らないように、消費者が内部被曝を避けるために福島産を避けるのも、本来は責められる行動ではない。生産者が被った損害の補償や怒りの矛先は、国や東電に向けられるべきだ。しかし、国や行政が「風評被害」と言えば言うほど、買わない消費者が悪者になっていく。
http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blo
g-entry-35.html


安心安全かどうかを、生産者側が決める権利はない。測定値の意味も分からないで、基準を下回ったから安全だと強引に言い切るやつらは、信用できない。基準そのものが便宜的に作られたものでしかなく、安心安全かどうかは分からない。基準を満たさないものと比べると比較的安心できるのではないか・・・という程度のものでしかない。

高速道路の制限速度が、時速300kmだったら、時速299kmではしる車は絶対安全なのか。100ベクレル/kgという数字がどのくらいの毒性を表すものなのかを農家も規制基準を作った人たちもわかっていないものと考えられる。

消費者もわかっていない人が多いと思われる。わかっていないから、余計に避けたいとかんがえるというのはあるかもしれない。知らないでものすごいガイガーカウンターの針がビンビン振れるようなものを食べたりしていた。生産者もそんなものを知らないで売ったりしていた。もう、絶対に同じ間違いは繰り返したくない。買わない。となるのは自然な流れです。

風評というよりは、自戒も含めて買わないという気持ちもあるのかもしれない。・・・これでいくら風評とまくし立てて咎めたてても、到底買う気にはならないでしょう。

2017/4/1 07:27  [124-5103]   

政府が「安心安全」といっても信用できない。NHKが「安心安全」といっているようなものは、むしろ余計に危険だ。生産者が「安心安全」とか言っているのも信用できない。生産者自身がそう思って作っているというだけの話です。何かあったら政府を恨めということでしょう。犬死にですよ。全く信用できません。

2017/4/1 07:42  [124-5104]   



福島県内の3町村 一部地域除き避難指示解除
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170331
/k10010931641000.html


「食べて応援しよう」と同じことです。騙されると簡単に死んでしまいます。騙されてはいけません。主権者である日本国民に対する冒涜です。許されてはなりません。

2017/3/31 23:39  [124-5101]   

NHKのニュースで避難解除された地域の農家が早速、稲作を再開する準備を始めたと伝えていた。本来人が住んではいけない場所のはずなのに拙速に避難指示を解除して、そこですかさず稲作を再開するとは、何たる理不尽な話だ。福島以外の人たちにとっては、これまで以上に大量の放射能入りのコメを無理やり食わせさせられるということですよ。最近、私は、せんべいとかの米菓を大嫌いになりました。原料に「国産米」と書かれた食べ物は気持ち悪くて見ただけでぞっとします。100Bq/kg以下なら安全だなどとは、まともな専門家は誰も言ってはいません。ちょっとくらい食べても気にならない程度の汚染度なのかもしれませんが、これだけ大量に流通しているというのも異常だし、そこにさらに上乗せしてどんどん増産していくという方針は全く狂っているとしか思えません。土を入れ替えても農業用水が汚染されています。米の含有放射能量が100Bq/kg以下でも量が増えれば国民が受ける被ばく量は増大していきます。

2017/4/2 07:30  [124-5105]   


危機的状態がつづく「福島廃炉センター」の掲示板に
危機的状態がつづく「福島廃炉センター」の掲示板に新規書き込み
全員投稿可
危機的状態がつづく「福島廃炉センター」
危機的状態がつづく「福島廃炉センター」をお気に入り登録
運営者:
happycommuneさん
設立日:
2010年3月5日
  • 注目度:

    19(お気に入り登録数:8件)

縁側モバイル

携帯からも「縁側」の閲覧と投稿を行うことができます。
以下URLまたはバーコードよりご利用下さいませ。 http://m.kakaku.com/engawa/ 縁側モバイルQRコード

ページの先頭へ