縁側 > ニュース > すべての書き込み
「縁側」-みんなが作る掲示板-からのお知らせ
縁側からのお知らせ

縁側をご利用いただく際のルール&マナー集を用意いたしました
ユーザーの皆様に楽しくご参加いただけるよう、主に投稿時の注意点などをまとめています。
ご投稿の前には必ずご一読をお願いいたします。詳しくはこちら⇒「縁側 ルール&マナー

  • ニュースの掲示板

「ニュース」

所属カテゴリにして 掲示板を作成する

このページのスレッド一覧

前のページへ次のページへ


https://www.youtube.com/watch?v=f0amw5Hr
le4


過酷な現実の中でもどこかで慰め励ましてくている人がいる。そのことに感謝せねばならない。

2017/9/23 16:50  [124-5309]   

誰かがスライドショーの画像と解説を付けた動画を作ってくれている。
https://www.youtube.com/watch?v=yzzF8QjM
gq8

2017/9/23 17:10  [124-5310]   



東電の原発運転の適格性 条件付きで容認 原子力規制委
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913
/k10011137431000.html


東京電力はオウム教やイスラム国と大差ない嘘つきの泥棒の殺人集団である。有罪を立証できないということは、仮に法的には無罪になったとしても、実際に殺していないということの証明にはならない。

東電は、90京ベクレル(実際はその数倍)もの放射性物質を環境中に放出し、100万人かそれ以上の人を殺したことを否定できない。

東電の社長は数年で変わっており、そこからの念書をとっても何の保証にもならない。オウム教から念書をとっても悪事はなくならない。

泥棒は被害者に別の窃盗行為で集めた金の一部を与えて賠償責任を果たすといっいている。こんな理不尽な内容を根拠に適格性があると判断することは、断じてあってはならない。

念書などで安全文化を測定できるはずがない。安全文化の測定の方法が杜撰(ずさん)すぎる。

2017/9/18 08:00  [124-5305]   

規制庁は、IAEAのGSRという要求書の中で、「検査精度を上げるように」と指摘されたと昨年6月ごろにNHKを含む大手のマスコミによって報道されていた。しかし、この「検査精度」の意味が非常に元の意味からかけ離れている。

日本で一般的に言われている「検査精度」という言葉の意味は、圧力容器や配管の溶接部分からの漏れがないかとかの原子力発電所の定期検査(定検と呼んでいる)の精度を上げろという意味になる。これが沢山の大きな間違いの発端の一つになる。

要求書の中で要求されているのはこのような「技術的」な安全性の検査の精度ではなく、「文化的」な安全性の検査の精度である。

要するに強く求められているのは、「技術力」ではなく「安全文化」である。「安全文化とは何か」すらわからない人たちがいくら頑張ってみたところで、「安全文化の測定の精度」を向上させられる見込みは微塵もない。

産経新聞とかの言葉のテロリストたちは、「安全文化は情でしかなく、法的根拠がない理不尽な要求だ」と主張しているが、実際は、安全文化を情としかとらえていない連中が再稼働することこそが理不尽である。東電の小早川とか産経新聞とかの言葉のテロリストが再稼働を主張していることは、理不尽である。

2017/9/18 08:12  [124-5306]   

今回の規制庁の説明で使われた資料にはGSRpart2というものの日本語解説版が含まれていた。昨年6月ころに報道された内容は、以下の資料の内容で指摘されているIRRSの指摘に関するものであったと考えられる。以下の資料においても、日本語訳する時点でかなりの誤訳が含まれているが、英語と日本語の意味は、厳密に一致することは本質的にあり得ないことであり、誤訳をゼロにすることは根本的に不可能であるため、誤訳をゼロにすることを要求すると翻訳そのものが不可能になる。

誤訳が絶対にあるということを前提に議論しなくてはならないのと、その欠点を補うために日本語ですべてがわかると勘違いしないように、何回でも繰り返し終わりのないIAEAからの意見聴取を行う必要がある。「これで十分だ」と言ってガチャ切りするようなNHKふれあいセンターのような態度は絶対に容認されていけない。

https://www.nsr.go.jp/data/000151548.pdf


GSRpart1の日本語訳の中で私のこの書き込みでの主張に一致する部分は最後のページにでてくる「施設及び活動の検査」という表現の部分である。今の規制基準は、「施設の検査」に基づく「施設基準」になってしまっている。「活動の検査」の側面が欠如している。安全文化とは何かをしらない人たちは、このよくわからない内容の言葉の意味を無視して文章を理解しようとする。

2017/9/18 08:46  [124-5307]   



北朝鮮のミサイルは、現時点では核弾頭を搭載していないと考えられるが、この調子でいくと、遠くない将来に核弾頭を積載する能力を獲得すると予想される。

日本政府は核ミサイルの攻撃に備えて、地下シェルターを用意しているという記事を見つけた。今の日本政府は、ますます大本営とよぶにふさわしい。見下げ果てた日本政府は日本国民の恥である。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/5260
4

2017/9/17 15:49  [124-5304]   



前回は6時ころだったが、朝、早すぎて「なんだこんな朝っぱらから!」と顰蹙(ヒンシュク)をかったため、こんどは7時にしてくれた模様。

2017/9/15 07:04  [124-5302]   



http://www.sankei.com/column/news/170915
/clm1709150001-n1.html


産経新聞のこの記事をみてみろ。こういう連中が日本にいるから事故が起きるんだ。これでは、いくら規制をつくっても、すべて突破されて、事故を防げる体制は絶対に構築できない。必ずもっと大きな大事故が起きて日本は破滅すると私は断言する。産経新聞のような連中がいるおかげで、日本の破滅への一本道は盤石です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜以下は産経新聞の主張〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2017.9.15 05:02更新

【主張】
柏崎刈羽原発 審査は人民裁判の様相だ

 原子力規制委員会による東京電力柏崎刈羽原子力発電所6、7号機(新潟県刈羽村)の安全審査が終盤を迎えた中で議論の糸がもつれている。

 ただし、審査の事実上の合格証となる「審査書案」は、近日中にも了承される見通しだ。

 審査の申請から4年を経て、再稼働が視野に入ったことは歓迎できるが、審査書案の承認と引き換えに、規制委が東電に要求している変則的な条件が将来、不条理な混乱を招く火種になりかねない。その点が気がかりだ。

 規制委は、原発の安全対策が新規制基準に適合しているかどうかを科学技術の視点で審査して合否を判断するのだが、柏崎刈羽原発6、7号機の場合は、別の要件を設定したのである。

 その要件が「適格性」だ。福島事故を起こした東電に原発を運転する資格があるか、をただす重い問いかけだが、倫理的な範疇(はんちゅう)の課題である。法的根拠をどこに求めるのか大いに疑問だ。

 規制委は、東電がこれから作成する「保安規定」の中に「風評被害の対策に誠意と決意をもって取り組む」といった類いの決意表明を書き込ませようとしている。

 保安規定は法的効力を持ち、違反すれば、運転停止やそれ以上の措置につながる。認定方法のあいまいな感情論で将来、理不尽な原発停止が起きかねない。

 規制委が納得する決意表明を、東電が保安規定に織り込めば、原発事業者としての適格性を認めようという論理だが、権限の逸脱ではないか。これでは、法治から情治に傾いた人民裁判に近い。

 法的権限を欠く要求は、再稼働への立地自治体の同意においても既成事実化しつつある。新潟県の米山隆一知事は、柏崎刈羽原発の再稼働への同意に「3〜4年はかかる」と公言している。

 今回の規制委の審査方法が、他電力の原発の安全審査に準用されないという保証もない。

 こうした事態を国が傍観しているのは極めて不可解だ。技術面での安全審査に合格した原発の円滑な再稼働がなければ、国のエネルギー安全保障は成立しない。

 柏崎刈羽原発6、7号機の技術的な課題は、全てクリアされているとみられている。両機の再稼働の無為の遅れは、福島事故の処理の遅延に直結する。それを忘れてしまっては本末転倒だ。

2017/9/15 07:01  [124-5301]   

くりかえすが、無能な東電(本社)はおろか、安全文化とは何かすら知らない日本国に原発を運転する資格は全くない。

2017/9/15 07:11  [124-5303]   

100万人以上の活きた人間を人柱にして前に突き進む東電の原発の再稼働を容認するような日本国に明るい未来は存在しない。安全文化とは何かを勘違いしたままでの原発の再稼働は、日本の破滅への一本道だ。

2017/9/18 10:02  [124-5308]   



なにをどうしたら良いのか全くわからない状態になると、かならず「それぞれができることを精一杯やればいい」というような言葉の一人歩きが始まる。誰が言い出すのかしらないが、「最後まであきらめるな」とか「一人じゃない」とか「それぞれが精いっぱいやればいい」とかいう決まり文句が盛んにテレビとかでまくし立てられる。こういうのをパニックというんだと思います。

「それぞれができることを精一杯やればいい」という科学的な根拠は何もない。「安全最優先」で取り組めば安全になるという根拠もどこにもない。「安全軽視」では安全が損なわれやすいというのは、ある程度考えらえることではあるが、その逆が安全というのは明らかに「過度の単純化」という「病的安全文化」の特徴を備えている。

「安全最優先」という発想にも「それぞれが精いっぱいやればいい」という日本流の間違った基本仮定がどこかに含まれているように私には感じられる。

2017/9/10 19:34  [124-5300]   


「ニュース」

所属カテゴリにして 掲示板を作成する

ページの先頭へ